「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 安倍マリオ総理 外ヅラより内ヅラです   





この 子供でもあまりのダサさに失笑し
猿もあざけ笑い (猿に教えを乞いなさい)

豚も木から木から落ちる


この マヌケ な道化に 使った国費が


12億円



「安倍マリオ」などリオ演出費 総額12億円 " 言うまでもなく "東京新聞





総理!

この大金

福島を始め 東日本大震災の 被災地のためには
使えなかったのですか?











安倍晋三首相は27日午前(日本時間27日午後)、ケニアの首都ナイロビで開幕する第6回アフリカ開発会議(TICAD6)で基調演説し、今後3年間で民間資金を含めて


総額300億ドル(約3兆円)
規模でアフリカに投資する方針を表明する。



アフリカに3兆円投資 官民・3年で 毎日新聞




豊富な資金力でアフリカに進出する中国を念頭に
首相は
「日本は太平洋とインド洋、アジアとアフリカの交わりを、力や威圧と無縁で、
自由と法の支配、市場経済を重んじる場として育てる責任を担う」と述べた



総理!!

この大金


福島を始め 東日本大震災の被災地のためには
使えなかったのですか?




えーと
とりあえず
この二件だけでも


トータル 三 兆12億円なり



総理!!
この予算


福島を始め 東日本大震災 被災地のためには
使えなかったのですか?
熊本だって まだまだ支援が必要だってのに



追記

再び 新たな 公金無駄遣い 発覚


新国立競技場
旧計画「白紙」支出68億円 ザハ氏側へは13億円

日本スポーツ振興センター(JSC)は26日、2020年東京五輪・パラリンピックの主会場になる新国立競技場の、昨年7月に白紙撤回された旧計画に対する精算作業が終了したと発表した。
撤回で無駄になったデザイン監修、設計、施工業者らへの支払総額は68億5930万8216円で、各業者との契約金総額(約123億円)の約56%相当になった。【熊田明裕】



詳しくは

68億円の責任はどうするのか? 隊長ブログ




2020東京オリンピック 買収から始まり まさに悪の温床となっているけど


これが健全な スポーツマンシップの宿る スポーツの祭典が行われる 土壌なわけですか?



もうやめればいいのに


即刻 辞退していただきたい





性能も性格も悪い アメリカの操りボロット晋三


そのお値段 20円なり
お金もらっても 要らないが、、






総理!
まずは 外ヅラ よりも 内ヅラ じゃね?


国内で 使われるべき大事な予算を
国外で ばら撒くのは

お止めください

[PR]

# by cocomerita | 2016-08-29 15:44 | Trackback | Comments(13)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 茶番劇 ~ リオ オリンピック閉会式のブザマ   

アンダーコントロールの茶番劇






しかし
この人 ほど何をやっても 様にならない男はいない


こんな不器用な男がこれだけの悪事を企めるって
人の心の闇は怪奇に満ち溢れている


おまけに この中途半端な パフォーマンス
学芸会だって もう少しましな企画ができるはず


東京オリンピック買収に暗躍した電通 作品ですか?








誰だって自分の家が一番良いのだ
ましてや 年取ったら なおさらでしょう


そのお年寄りの自分の家への郷愁利用して
人が住んではいけない劣悪な環境に 愛想笑いで 押し戻し


さあ、これで補助金は払いませんよと


財布の口を がっちり締める


鬼も呆れ返る 冷酷ぶり





[PR]

# by cocomerita | 2016-08-25 07:03 | 愚政府に物申す | Trackback | Comments(18)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 消え行く声 ~平和への関心 忘れないで 94歳 元海軍兵の訴え   

人とは実に愚かなもので


失ってから 失ったものに大事さに気づく


平和も
戦争をして 苦しんで 痛い目にいやっと言うほど逢わなければ



その大切さ 有り難さが わからないのでしょうか?




瀧本邦慶さん 94歳 は、 1921年 香川に生まれ、1939年 17歳 で海軍志願
1941年 12月、一等航空整備兵として空母「飛龍」に乗り組み、真珠湾攻撃に参加した
その半年後、瀧本さんが乗った飛龍はミッドウェー海戦で米軍機の猛攻を受け沈没。
乗員1500人のうち、戦死者は1000人余り。
瀧本さんも米戦闘機の機銃掃射で弾丸の破片を肩甲骨に受けていた。



佐世保に帰還した負傷兵は一つの病棟に収容され、外出も面会も一切禁止された。
当時の大本営はミッドウェー海戦での戦果を大々的に伝え、
損害については、
“我が方の損害は航空母艦1隻喪失、同一隻大破、巡洋艦一隻大破、未帰還飛行機三十五機”(42年6月11日付朝日新聞)と過小報告していた。
実際は、瀧本さんが乗艦した飛龍を含め、4隻が撃沈、300機以上の飛行機が空母に着艦できずに海へ沈んだ。





ミッドウェー海戦の大敗は、当時の「特定秘密」。
生き残った兵士たちは新たな部隊に配属されて最前線へ送られていく。
瀧本さんは44年2月、トラック島(現ミクロネシア)の竹島基地へ配属された。
南方作戦の重要な補給基地だったため、連日にわたって米軍の大空襲を受け、
補給路が断たれてしまう。食べる物も武器もない。
仲間や部下が栄養失調や疫病で次々と亡くなっていく。

「食べ物がないためにやせ死ぬほど、苦しい死はありません。お国のために死ねと教えられ、心からそれを信じてその通り行動してきた。
その結果、南洋の小島で人知れず餓死してヤシの肥やしになって消えていくのかと思ったとき、国に騙されていたと気づいたのです」


トラック島の守備隊4万人のうち2万人が犠牲となった。



奇跡的に生還した瀧本さんは生き残った者の責任として、
小中高校などで「戦争の語り部」を行っている。
瀧本さんは、「太平洋戦争前の世相」「ミッドウェー海戦の実相」「トラック島駐留」を紹介したあと、自らの考えを語る。
押し付けることはない。どう考えるか、自分で考えることが大切だと語りかける。
そして、こう締めくくる。


「これから生まれてくる子どもさんの命を守る話です。
少しでも心に響くことがあれば、ご家族やお友達に伝えてください」



平和講演の多くは、真夏の体育館で児童・生徒たちに向かって1時間余り。
瀧本さんは一度も座ることなく、どんな質問も立ったままで答える。
今年で94歳、まさに命を削るような活動である。



その平和講演を、瀧本さんは8月末で止める。理由は二つだという。


一つは、今回の参院選。
瀧本さんは
「いくら講演活動を続けても何も変わらない。
いや、時代はますます悪い方向へ向かっています
」と嘆く。


二つ目が、参院選の結果を受け、近い将来、集会の自由が奪われる時代が来るだろうと思うからだ。

「戦争が近づくと、特高警察が700人近くの反戦主義者を次々と検挙していきました。今の政権はそれと似たことをやると思いますよ。
当時よりも戦争に反対する人は多いから取り締まりも大掛かりにやるでしょう。
平和講演をやっていることで逮捕されたら、息子夫婦に迷惑をかけることになりますからな」



大げさな話だと一笑に付すことはできないようなことがすでに起きていた。


瀧本さんが大阪府内の高校で講演したとき、後日、学校から感想文が送られてきた。
その中に、「左巻き(左翼の意味)のじじいが政権を批判するなんて許せない。話を聞いて無駄な時間を過ごした」と書いた一文があった。
語り部活動を始めて10年以上になるが、そんな感想が寄せられるのは初めてのことだった。


さらに、数日前、大阪市内の中学校から依頼された講演をキャンセルされた。
講演担当の女性教諭が打ち合わせに来てくれ、どのような話をするか説明した。
その教師から報告を受けたのであろう校長が電話で
「政権を強く批判したら困る。瀧本さんの話は都合が悪いので」
と説明したというのだ。



「誰が困るというのでしょうか。校長自身なのでしょう。
大阪市内はかなり締め付けが厳しくなっています。校長が『事なかれ主義』から断ったとしたら、生徒たちに戦争とはどういうものか、人が死ぬとはどういうことか、想像力を働かす機会を奪ったことになりませんか。
秘密保護法が成立し、安保法制が施行され、戦場へ行かされるのは今の若者です。
米軍の『弾除け』にされかねないのですよ」




参院選の最中、毎日新聞の川柳欄にこんな一句があったという。
「戦争は年寄りが決めて若者が死ぬ」――。


瀧本さんは、腹が立ちすぎて眠れない夜があるという。
「国は国民を騙す。
国のウソを見破る力をつけないと、また騙されてしまう。国のウソを見抜く力を投票にあらわさなければならないのだが、忘れてしまうのか。日ごろから関心が薄いのか……。
もっと賢くならないと、子どもや孫たちを守れませんよ」



(矢野宏/新聞うずみ火)


この記事は
いつも貴重なことを伝えてくださっている" 健康になるためのブログ"さんのところで 教えていただきました
コメント欄のやり取りが 興味深いです





自分で 味わわないと 怖さも痛みもわからないのでしょうか


人の痛みや苦しさを 我がことのように感じ 悼む ことのできる 人間の想像力は
もはや 枯死してしまったのでしょうか


また 一つ
戦争の恐ろしさ 残酷さ そして無意味さを 私たちに伝えてくれる生の声が
消えようとしています


自分で経験していないから経験した人たちに教えてもらう以外ないって言うのに、、



もう一つの生の声




久子さんがおけいさんの体験を書き起こした

96歳の遺言 ~戦争だけはやっちゃだめ




耳にタコができるまで 繰り返し 繰り返し 聞きましょう

[PR]

# by cocomerita | 2016-08-20 04:20 | 戦争反対 | Trackback | Comments(24)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 忘れてはいけないことがある ~敗戦記念日に   

国とは いったい 何なのかと考えます



民あっての 国であり


国とは 民の良かれを 一番に考え 民の一人一人の 暮らしの安全を保証するものであるはず


しかしながら


国が その本来の役目を忘れ 自らの権力欲 金欲に走ったとき


国は 国民にとって ただのえげつない 搾取者となる


それは 国民が 自らの権利を 疎かにしているから でもあり


権利を得るためには ある時は嫌でも闘い、 勝ち取らなければいけないのであり


国民によって 成り立っている 国に、肝心の国民が 遠慮し へつらう理由などどこにもない



第一次 、 第二次世界大戦で 国民を ただの駒のように戦場に送り
そのひとつひとつの大事な命 軽く扱い
敗戦したらしたで、戦争を始めたことによって国民に与えた大きすぎる犠牲を考慮することなく
謝罪することなく
よって その責任も取らず


そして 見捨てた


それは 戦後 70年経っても 何一つ変わっておらず


国は 電気事業社と組み 原子力発電所を 我が国の 限度を無視して 促進させ


自分達のメリットのみ優先させ 国民へのリスクを軽視した


そして その結果 起きた福島第一原発 爆発事件で


福島 およびその近郊に住む人々の人生を根こそぎ破壊し


しかしながら 再びその責任を取ることもなく



国民を見捨てた


そして今


米軍に おもねるために 沖縄の辺野古を そして 高江を いとも簡単に 差出し


そこに住む国民を捨てた





忘れてはいけないことがある。と思います


日本を守るために 真実を知らされないままに


ただ戦わされ ただ死んでいった 日本人の人たちがいた。ということ


命長らえても その後遺症 や 良心の呵責にまだ苦しみ続けているたくさんの人たちが未だにいる。ということ



彼らの語る言葉を
そして 彼らの瞳の奥に宿る 癒えることのない深い悲しみを




魂に刻みつけるのに、一度で足りないのなら


何度でも 繰り返し 聞き 読み


戦争の無意味さ 戦争がもたらす 悲劇を 日々確認しなければいけない







原爆救護 ~被曝した兵士の歳月

見てください
そして 彼らの目の中にある言葉にならない様々な思いを読み取ったら


あなたも戦争など二度と行なってはいけないと


再び魂に刻むことでしょう


神妙な その顔の後ろに 計算高い小狡い面隠して
ノコノコ やって来た エセ ノーベル平和賞のオバマ を 筆頭とするアメリカの権力者たち


彼らに ヒットラーを 非難し 裁く 権利は全くないのです


殺し方は 違っていても


広島で 長崎で 武器を持たない市民を 大量に虐殺し 後遺症に死ぬまで苦しむ大量の市民を作った
のは 他ならぬ 彼らなのですから



原爆症と 認定されていない 人たちが
せめて 亡くなる前に 認定の朗報を 聞く日が来ること祈ります


そして 亡くなった方たちのご冥福と魂の平安を



[PR]

# by cocomerita | 2016-08-13 07:30 | 戦争反対 | Trackback | Comments(16)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 天皇のお気持ちを読む   

天皇お気持ち会見が 行われた



生放送だと なにを言われてしまうかわからないと わざわざ録画にさせた



天皇より上に立ち、天皇を御しきれると思っていた宮内庁の狼狽ぶりが 窺われる



もっと 苦々しく 慌ててるのは 改憲急ごうとしてた安倍総理でしょう



さて 肝心の天皇のお気持ち とは

戦後70年という大きな節目を過ぎ、2年後には、平成30年を迎えます。
 私も八十を越え、体力の面などから様々な制約を覚えることもあり、
ここ数年、天皇としての自らの歩みを振り返るとともに、この先の自分の在り方や
務めにつき、思いを致すようになりました。
 本日は、社会の高齢化が進む中、天皇もまた高齢となった場合、どのような在り方が望ましいか、天皇という立場上、現行の皇室制度に具体的に触れることは控えながら、私が個人として、これまでに考えて来たことを話したいと思います。

 即位以来、私は国事行為を行うと共に、日本国憲法下で象徴と位置づけられた天皇の望ましい在り方を、日々模索しつつ過ごして来ました。伝統の継承者として、これを守り続ける責任に深く思いを致し、更に日々新たになる日本と世界の中にあって、日本の皇室が、いかに伝統を現代に生かし、いきいきとして社会に内在し、
人々の期待に応えていくかを考えつつ、今日に至っています。

 そのような中、何年か前のことになりますが、2度の外科手術を受け、加えて高齢による体力の低下を覚えるようになった頃から、これから先、従来のように重い務めを果たすことが困難になった場合、どのように身を処していくことが、国にとり、
国民にとり、また、私のあとを歩む皇族にとり良いことであるかにつき、考えるようになりました。既に八十を越え、幸いに健康であるとは申せ、次第に進む身体の衰えを考慮する時、これまでのように、全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないかと案じています。

 私が天皇の位についてから、ほぼ28年、この間私は、我が国における多くの喜びの時、また悲しみの時を、人々と共に過ごして来ました。
私はこれまで天皇の務めとして、何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えて来ましたが、同時に事にあたっては、時として人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うことも大切なことと考えて来ました。
天皇が象徴であると共に、国民統合の象徴としての役割を果たすためには、
天皇が国民に、天皇という象徴の立場への理解を求めると共に、天皇もまた、自らのありように深く心し、国民に対する理解を深め、常に国民と共にある自覚を自らの内に育てる必要を感じて来ました。
こうした意味において、日本の各地、とりわけ遠隔の地や島々への旅も、私は天皇の象徴的行為として、大切なものと感じて来ました。皇太子の時代も含め、これまで私が皇后と共に行って来たほぼ全国に及ぶ旅は、国内のどこにおいても、その地域を愛し、その共同体を地道に支える市井の人々のあることを私に認識させ、私がこの認識をもって、天皇として大切な、国民を思い、国民のために祈るという務めを、人々への深い信頼と敬愛をもってなし得たことは、幸せなことでした。

天皇の高齢化に伴う対処の仕方が、国事行為や、その象徴としての行為を限りなく縮小していくことには、無理があろうと思われます。また、天皇が未成年であったり、重病などによりその機能を果たし得なくなった場合には、天皇の行為を代行する摂政を置くことも考えられます。しかし、この場合も、天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま、生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはありません。

 天皇が健康を損ない、深刻な状態に立ち至った場合、これまでにも見られたように、社会が停滞し、国民の暮らしにも様々な影響が及ぶことが懸念されます。
更にこれまでの皇室のしきたりとして、天皇の終焉に当たっては、重い殯(もがり)の行事が連日ほぼ2ヶ月にわたって続き、その後喪儀に関連する行事が、1年間続きます。その様々な行事と、新時代に関わる諸行事が同時に進行することから、
行事に関わる人々、とりわけ残される家族は、非常に厳しい状況下に置かれざるを得ません。
こうした事態を避けることは出来ないものだろうかとの思いが、胸に去来することもあります。

 始めにも述べましたように、憲法の下、天皇は国政に関する権能を有しません。
そうした中で、このたび我が国の長い天皇の歴史を改めて振り返りつつ、これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり、相たずさえてこの国の未来を築いていけるよう、そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことをひとえに念じ、ここに私の気持ちをお話しいたしました。 
 国民の理解を得られることを、切に願っています。






彼が お話のなかで 何回も 国民 もしくは人々という表現を繰り返されていることに気づいただろうか


そのなかで 国 と発音なさったのは たったの一回である


現在の日本で 民の公僕でありながら
国民を思わず、国民のために祈るなんてことは脳裏にもかすらない 現政府に
国民がその国民の権利をことごとく しかも 著しく 踏みにじられている。


その現実を深く 憂い 心を痛めておられるであろうことが

私には伝わってくる


国の中心は あなた方である。忘れないでください。 と
自分の権利を踏みにじられたままにしてはいけない。

と 私には聞こえる


顕著な例では
福島で
沖縄の辺野古 、 高江で
そして
祝島 などの地域での原発誘致 および 原発再稼働強行にあたり
憲法第九条改憲にあたり
団体自衛権発令にあたり


国民の意志に寄り添うことなく、権利を尊重しないばかりか
おおっぴらに 高飛車に 不遜な笑みを浮かべながら 国民の尊厳までをも 踏みにじっている政府の悪業に


ひどく 心を痛めておられるのが 伝わってくる



国民に
長いものに巻かれるのではなく
強いものに折れるのでもなく
自尊心に目覚めよと
日本人として 強く 潔くあれと言っているように

私には聞こえる


ここで 彼のお心に答えなくては
彼が身を呈して守ろうとしている国民の名に恥じる




宮内庁に パブリックコメント送りませんか



コメントはこちらから

***宮内庁と指定してください


天皇の生前退位 に心から賛同します。と
お疲れ様でしたと
そして
ありがとうございました。と


天皇が もし今の日本の現状をここまで憂いていなかったなら
この方は きっと力尽きるまで 国民のための天皇でいらっしゃったと思うのです


現状を懸念するからこそ
天皇として 国民を守るために 最後の一矢を放ってくださった


その思いに答えたいと考えます


真の言葉と偽りの言葉
愛と偽善の見分けがつかなくなったら


そして 感謝を感じ
ご恩に報いようという思いが 涌き出なくなったら



人間やめた方がよい


もう一度 心して 天皇のお気持ちを真摯に聞いてみてください


伝わってくるものがあるはずです


天皇陛下がその老化に言及したことで 人間天皇 と 評している人たちもいますが
私は むしろその真逆であると考えます


この事によって
彼は、彼の天皇としての神性を際立たせた と


国民に一礼をして言葉を終えた天皇と
言いたいことだけ吐き捨てるように言って立ち去った安倍総理と


ここに 日本の明と闇を
そして品と下品を 明らかに見いだします


怒濤のように 宮内庁に国民の 賛同の意が 届き
今度は国民が天皇の深い愛情に答え
天皇のご意志をお支えすることができるようにと


心から 祈ります











[PR]

# by cocomerita | 2016-08-10 16:30 | 天皇 | Trackback | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 こんな男を推薦してしまって 申し訳ありませんでした   

こんな人に 参院選での 皆さんの大事な一票を 入れてくださいと



推薦してしまって 申し訳ありませんでした



所詮 政治家とか 政治家になろうとする人々など
海千山千 狸に狐


信頼に値する人間などほとんどいない のですから



他人にこの候補者をお願いします。
とお薦めする などという
つまりその本人が 当選しても落選しても
その 選挙活動中に彼が語ったその公約とは全く違った行動を取り始めると言ったような
つまり私自身が その公約不履行 の結果 の 責任が取れないようなことは



もう二度とやるまいと 心に誓いました


すみませんでした



彼は
参院選で 彼を信じ 彼に期待し その大事な一票を入れた人々を 裏切り


沖縄の高江で オスプレイ ヘリパッド建設反対の抗議運動を
毎日身体張って 続けてる人を


のほほん と 裏切り



何が悪いの?と 問い返す




三宅洋平 安倍昭恵夫人と 沖縄の高江 訪問
~新ヘリパッド強行建設工事に反対する市民からは戸惑いの声
IWJ independent web journal







偉そうなこと や きれいごと 並べ立てても
所詮 肩書きや権力の前には 平気で 揉み手 尻尾を振る ちゃちな政治パフォーマーと



芸能人に イケメン大好き 夫人が



三度も一緒に 杯 交わしたあげく
この機会にと 公費を使って 神妙面の 訪問


恥を知らず
分をわきまえず


頂いた信頼 よりも 自分に美味しい餌を選ぶ


品の薄い人ですね
三宅洋平さん 目が泳いでますよ


ということで
期待外れは どんどん切り捨て



引き続き
私たちができること




高江 ヘリパッド建設中止を求める 署名
こちらから




内閣、防衛省、防衛局に抗議をお願いします。
 *沖縄防衛局 TEL 098-921-8131 FAX 098-921-8168
 *防衛省 03-5366-3111
 *内閣官房 03-5253-2111



[PR]

# by cocomerita | 2016-08-10 06:59 | 愚政府に物申す | Trackback | Comments(8)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 再び高江 ひととして、、   

大半の人が


海や川で遊び 山を歩き
キャンプやったり バーベキューやったり サーフィンに ダイビング

その寛大なる自然の懐に 抱かれ 遊ばせてもらったことがあるはずです


私たちが 健やかな時も 悲しいときも 寂しいときも
そして疲れている時も


自然は その懐に私たちを迎え入れ、抱き癒してくれたっていうのに



彼らが 助けを求めているときは



しらんふりですか? 人間たちよ





人間の都合で勝手に植えられ
人間の都合で勝手に切られ


人間の都合で その山肌に 痛いシャベル を 突き立てられ
壊され崩され 宅地にされた

人間の都合で そこに生きてる生き物もろとも 埋められた 潟

遊ばせてもらってるくせに
その海で 山で 当たり前であるかのようにそこで排泄までした人間は


数えきれないでしょうね


自宅の居間で 排泄する人は 一人もいないでしょうに


そこまでされても
自然は沈黙する


沈黙してるのではなく
私たちが その声を聞こうとしないのです


お世話になったら ご恩返しを と思うのが
私が認識するひと というものだと 考えますが


他者の災難 無視し
ただ自分の便利と都合しか考えない暮らしに埋没して


それで幸せですか?


悪政だと 罵りながらも
その悪政 止めるために 全力も尽くさず 見てみぬ振りの政治家たちも


悪政 やってるやつと同罪で


ということは
政府の沖縄に対する 人権無視の蛮行 を ただ眺めて何もしない人々も 同じく 同罪で


ひとの部分が 全く 足りない



人は色々 でも
色々で片付けられないことがある


色々でも
守らなければいけないものは
ひととして やらなければいけないことは


そんなに色々ありません



私だけは大丈夫教の信者の皆さん


明日は我が身 ということわざ ご存じですか?


惰眠 から目覚め
お茶の間から 立ち上がる時です


立ち上がらなくても
指一本で 署名くらいはできますよね


ひとでありたいのなら、、


高江の生き物たちの 叫びが聞こえてきます



第一次締め切り 過ぎましたが

引き続き 署名をお願いします


署名はこちらから














沖縄の新聞は 本当に(偏向)しているのか? 安田浩一
[PR]

# by cocomerita | 2016-08-04 07:04 | 生き物を救え | Trackback | Comments(8)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 高江を守る ~高江に棲んでるのは 人間だけじゃない   

何も言わないからといって


彼らが苦しんでいないことにはならない


目に見えないからといって
聞こえないからといって


彼らが 悲痛な叫びをあげていない ことにはならない のです






目に見えない 酸素のお陰で 生きてる 人間のみなさん



高江の自然を 絶対に守らなければいけません


高江に棲んでるのは 人間だけじゃない のです


高江は 魚たちの 動物たちの 虫たちのそして 植物たち 微生物たち
そして 精霊たちの



そして そこに住む人々の みんなの大事な棲み家です



リュウキュウツワブキ


ハナサキガエル


マダラゴキブリ


リュウキュウルリモントンボ


オキナワキノボリトカゲ


ホントウアカヒゲ


ノグチゲラ



声を出せないものを
その声の小ささゆえに
思うがままに 搾取 蹂躙 迫害 殺害 する


国益よりも
国民の意思よりも


アメリカの意向を 尊重する



アホで腰抜けの 現政府を心から非難し
沖縄の意思に 賛同します




権力を持たない私たちの声もまた
生き物たちの それと同じように 小さく それゆえ 私たちの権利もあっけなく踏みにじられているのです



今まで辛酸しか 嘗めさせられて来なかった 沖縄の人たちの 権利を守るべく



彼らの叫びに
そして 他の生き物たちの音にならない叫びに



耳を澄ませ
そして 一緒に闘うべく


行動するときです




沖縄タイムス



高江 ヘリパッド建設中止を求めます




署名お願いします






署名はこちらから



第一次 締め切り 2016年8月3日 朝09:00



皆さん それぞれのブログで
メールで
口頭で



あらゆる手段で 拡散 お願いします



追加:

内閣、防衛省、防衛局にも抗議をお願いします。
 *沖縄防衛局 TEL 098-921-8131 FAX 098-921-8168
 *防衛省 03-5366-3111
 *内閣官房 03-5253-2111


抗議のファックスでも じゃんじゃん送りましょう



Almost anything you do will be insignificant, but you must do it.
We do these things not to change the world, but so that the world will not change us.


あなたがすることのほとんどは無意味であるが、それでもしなくてはならない。
そうしたことをするのは、世界を変えるためではなく、
世界によって 自分が変えられないようにするためである

マハトマ ガンジー





[PR]

# by cocomerita | 2016-08-01 15:46 | 生き物を救え | Trackback | Comments(6)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 都民の皆さんへ ー 騙されないための東京都知事選   

小池ゆり子に ご注意






この顔に 騙されないでください

大体 いつも半開きの虚ろな目
突っ張った面の皮


怪しすぎ



彼女は女性の味方でも
弱い者の味方でも なく
クリーンで国民の立場に立った都政を行いたいのでもなく



むしろ女の風上にもおけない 冷酷で 権力欲 のみ旺盛なだけの人物 なのですから


本性が露呈された小池百合子と選挙パフォーマー三宅洋平 :カレイドスコープ




自民党は
彼女を応援したら離党だと言いながら
なぜ 肝心の彼女は 離党させないのか?



それは
彼女こそが、 隠れた 真の自民党推奨候補 であり
裏では 自民党と きっちり繋がっている からだ



彼女は 自民党を忌み嫌う都民の票を集票するための候補者 です



オフィシャルな 自民党推奨 どろどろに 原発推進派 増田寛也 は 当て馬






岩手に残した借金1.4兆円 自民が担ぐ増田寛也氏の“正体”. : 日刊ゲンダイ



どっちに転んでも 自民党に良いように仕組んである のだ



国民には どっちに転んでも 悪夢である




自民党
クリーンでより良い国政には、ない知恵 まったく絞らないくせに
国民搾取 国民への圧政 私腹肥やし
となると 盛んに 彼らの微小にして腐敗なる脳ミソ活性化するのは なぜでしょうか



東京都政の 、 そして 資金たーぷりの 東京都が 安倍内閣なんかとつるんで



更なる悪政に 盛り上がるのだけは 止めなければいけない から



そうなったら 鳥越俊太郎氏 しかいないでしょう








投票場に行く前に sidediscussionさん




皆さん 安倍に一泡吹かせて ください


お願いします




なお、 投票には フェルトペン か ボールペンを 携帯し
それで候補名書き込んでください

鉛筆では 書き換えられる可能性があります


念には念を

[PR]

# by cocomerita | 2016-07-29 21:34 | 選挙 | Trackback | Comments(21)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 沖縄の高江は 明日のあなたの町である   

子供が 出来が悪いのは 親の責任



我が国の政府 及び 政治家が
どーしようもない出来損ない の悪党集団になり下がったのは



国民が 甘やかし ちやほや し過ぎたから



先生 先生と 先生と呼ばれるのに値する 人格も品格もない輩に



ひたすらの低姿勢 に 揉み手 作り笑い



普段は非難してても いざ目の前にこの エセ先生が現れると



途端に手のひら返したように おとなしい羊に成り下がり



握手なんか "してもらって"頬染めて喜ぶ



そんな 愚かな国民のせい



公僕を 付け上がらせると こういうことになるのだ



今 沖縄で起こっていることは 単なる沖縄の問題の延長なんかではなく



私たち国民全体の問題である





国民が 国家の言うことを聞かなければ 国家権力が 国民に平気で実力行使するってことだ



つまり
日本の国家は、日本 国民に国民の権利など認めていないということだ







お前らは 黙って ただ 言うことを聞け



ということだ



これが 私たちが お任せし過ぎた 信用しすぎた 甘やかし過ぎた 公僕の成れの果てだ


重ねて言うけど



これを沖縄の問題だと 高みの見物に甘んじてたとしたら 大きな間違いだ



150人の村落で起きることは 明日は500人の村で
そして 2000人の町でも起こりうることなのだ




これは 日米安保条約の名を借りた アメリカの侵犯行為



そして アメリカに迎合することをなんにおいても 優先させる 我が国の国家の暴挙



日本の国家が 民主主義を語りながら その実 ただの独裁政治国家だという その正体
包み隠さず 露呈してるだけ



もはや 国会の過半数 占めた現政府が 国民にたいしてもはやその正体 隠す手間など必要ないと



見切った 驕った紛れもない証拠である





琉球新報















最後に
大橋巨泉さんの遺言

〈今 のボクにはこれ以上の体力も気力もありません。だが今も恐ろしい事や情けない事、恥知らずな事が連日報道されている。書きたい事や言いたい事は山ほどあるのだが、許して下さい。しかしこのままでは死んでも死にきれないので、最後の遺言として一つだけは書いておきたい。
安倍晋三の野望は恐ろしいものです。
選挙民をナメている安倍晋三に一泡吹かせて下さい。
7月の参院選挙、野党に投票して下さい。最後のお願いです〉

「週刊現代」(講談社)7月9日号掲載の連載コラム「今週の遺言」最終回








[PR]

# by cocomerita | 2016-07-26 10:38 | 愚政府に物申す | Trackback | Comments(2)