私がローマで独りで始めたわけ 

葉室宮司さんと私

何年か前に一冊の本に出会いました。
そこにはこんな一節が書いてありました。

 神のお恵みはみんな平等にいただいている。
 でも、ある人は不幸になり、ある人は幸せになる。
 なぜか、感謝ですよ。
 神の波動は感謝しなければお恵みとなって出てこないんです。
 だから宇宙の仕組みが科学でわかったら、宗教がわかると説明している。

 お陽さまは明るくて暖かいとみんな思っているでしょ
 これが間違いです。 
 太陽の光は暖かくもなければ、明るくもない。
 それが証拠に太陽がここにあって、地球があって、
 太陽の光が地球まできているわけでしょう。
 太陽の光が明るくて暖かいんだったら、
 太陽と地球の間の宇宙空間は明るくて暖かいはずです。
 ところが、ここは真っ暗で、冷たい。なぜかということです。
 地球の周りに空気があるからです。
 空気で反射すると光と熱が出てくる。
 反射しなければ光も熱も出てこない。
 空気がなかったら明るくも何ともない、
 これと感謝は同じことですよと言っているんです。
 反射したら光と熱が出るということがわかったら
 感謝したら神のお恵みが出てくるということがわかるわけでしょう。
 これは本当のことだから、だから人間も感謝しなさいと言うことです。
 そうしたら神からいただいているエネルギーが出てきますよ。

                         「神道の心」春日大社 葉室頼昭著
        
目からうろこが落ちた気がしました。
長い間私が胸に貯めてきて、悩んできたことの答えが
そこにありました。
あんまり有難くて
  とても素晴らしいことを教えて下さってありがとうございました。
と手紙を書きました、

2週間ほど経ったある日、春日大社と書かれた封書が届きました、
春日大社のパンフレットでも送って下さったのかと思い開けてみると
そこには宮司さんの直筆の手紙が入っていました。

それから私たちの文通が始まりました。

一度お土産を持って春日大社に訪ねたことがあります。
あいにく宮司さんは来客中で、でも彼の秘書の方をよこして下さり
春日大社を案内してくれました。

その時に買わせていただいた宮司さんの新しい本がもとで
その後私たちの文通は途切れました。
そこに書かれていたあることがどうしても納得できなかったのです。

 そうではないと思います。

と手紙を書きました。
出す前に何度も迷い、
なんと言ってもあちらは私とは学識も全く違う偉い宮司さん
そして80歳を超えられている方に失礼ではないか  と

それでも言わないわけにはいかず
大好きな人だからこそ言わないわけにはいかず

でも、そのあと、宮司さんから手紙が来ることはありませんでした。

そのうち又 こんにちわ とたずねてみようと思っていました。
が、先日
やっぱり宮司さんのお話が大好きな知人から彼が亡くなったと聞きました。

2009年1月3日に逝かれたそうです。
お正月に逝かれるなんて全く宮司さんらしいと
悲しい思いの中にポッと小さな花が開いたように暖かく感じました。

今日、たまった書類を整理していたら
宮司さんからの手紙が出てきました。
胸が痛んだけど
思い切って読みなおしてみました。

手紙のことは気にしていないよ。と宮司さんが言ってる気がしました。

b0150335_2451669.jpg

[PR]



by cocomerita | 2010-01-19 00:36 | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://cocomerita.exblog.jp/tb/12692674
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by usagi at 2010-01-19 07:16 x
色々と。ほんとに色々と考えさせられました。

「空気で反射すると光も熱も出てくる」
そっか。。。。。そうですよね。
Commented by cocomerita at 2010-01-19 08:46
Ciao usagiさん
当時少しづつ変わりつつあった私の人生との向い合い方が、この本を読んで最終な方向を定められたのは確かです。
だから、すごく有り難いことだといまだに宮司さんには感謝しています。
いずれにせよ、素晴らしい出会いをさせてもらったと思っています。
Commented by vialetto at 2010-01-19 09:56
冒頭の葉室宮司さんの言葉は、私も素直に受け入れられました。
物事を、当然や偶然として捉えると味気ないけれど、自分に意味あることと感謝の気持ちで受け止めれば、いろいろと見えてくるものがあると思います。
そんな風に思いながら人生を送りたいと思います。
冒頭の言葉は、プリントアウトして私の「ことば帖」に貼っておく事にします。
Commented by saheizi-inokori at 2010-01-19 10:13
感謝の心は謙虚な心に芽生えるのでは二でしょうか。
なかなか頭で分かっていても傲慢・不遜、だからいつも寒い寒いと言ってるような気がします。
Commented by junko at 2010-01-19 18:44 x
Ciao vialettoさん
そうなんですよ
宮司さんの説明の仕方は、無理がないの。
だから、カソリックの神父さんになんか言われて、そんなことできるか―生身の人間だーという気持ちが湧いてこない。
ホントにす―とは言ってくるのよね。
そう、、感謝の気持ちって大事なんだよねえ
Commented by junko at 2010-01-19 18:47 x
Ciao saheiziさん
おっしゃる通り、
謙虚な心ですよね。
やっぱり癖でね、いま私の周りにあるものをつい当たり前だと、そしてもっとと思いそうになる。
そんな時、この言葉を思い出します。
暑くても、雨が降っても、お陽さまが照ってても、有り難いなあと思ってみると、そうそうなんかそのものが光を増す感じがします。
Commented by kanafr at 2010-01-20 00:20
不幸な時って、どうしてこんな事に..あんな事しなければ...の後悔の言葉か、時にはあの人があんなことしたから..っていう他人のせいにして自分が楽になる言葉はでてきても感謝するって言葉はなかなかでてこないなあ。
この宮司さんのお言葉すごく響きます。
フランス語にしても英語にしても有難うの言葉の語源は、慈悲と思いやりだそうだし、有難うもあり得ることが当たり前ではなく難しいことからきているので、それに感謝するって、昔、現国の教師が言ったような気がします。
なんか色々な事が当たり前で、有難うの言葉もとりあえず言っておこうで、気持ちこめていなかったなあって
反省しました。
Commented by lilia109 at 2010-01-20 01:02
この本、真似っ子させて頂きます!!

ハワイの仕事を始め、ハワイの文化や歴史を学び、ハワイ人の神様に対する考え方を知って→日本の「神道」へと戻ったのが数年前。

それからのわたくしは、何かが開けた気がします。

「神道」とは、宗教の括りで纏められません。道徳的な「教え」、人の「道」ですよね。

来月からわたくしも、月に一度、「神道」の勉強会に行くことになりました。
日々感謝、死ぬまで勉強ですね。。。

良いお話、ありがとうございます☆
Commented by cocomerita at 2010-01-20 09:48
Ciao kanafrさん
私は、何でも自分に起こることは、それが好きでも嫌いでも自分の成長のために神様が仕組んでくれてるのだと思うようにしています。
これが又難しいけどね。 ははは苦笑
でも本当のことなんだと思っています。
いやーなことでも、これも勉強と思って無理やりにでも感謝するようにすると、何となく嫌なことの重みが軽くなったり、それが思っても見ないほど早く終わったりします。
何か起こるってことはまず自分に何かあるのだからさ、自分を責めろってわけじゃなく、自分の中に一回入れてみると結構受け入れ易くなったりするような気がします。
こうやって工夫しながら生きてる私。ははは
Commented by cocomerita at 2010-01-20 09:52
Ciao liliaさん
いえいえどういたしまして
ほんのお返しです。笑

たぶんliliaさんは好きだろうなあと思ったのよね。
私は不思議と小さい頃から日本の神話が好きだった。そうそう、神道って古代日本人の暮らし方考え方。宗教とはちょっと違う気がします。
ただ神様の存在を自分の生活の中に入れると、不思議と自分のどこかがふっとまろやかになる気がします。
きっとその瞬間つながるんだろうなあ、、
目に見えないものも大事にして暮らしたいなと思います。
Commented by coco at 2010-01-20 11:18 x
丁度さ、今読んでる本によって神様の存在ってのを否定
したくなるような感情を持ってしまったのね。。
またブログで紹介もすると思うけれど、存在はどうであれ
それを信じる信じないは人それぞれだよなぁぁとも・・
感謝の心をもって生きていれば何もかもが恵みに感じられる
だろうし、神の存在を否定してれば奇跡が起きてもそれは
自然や偶然のなした業だと思うだろうし。。

それとは別に、この方との文通。残念な終り方しちゃったね。。
実は秘書の方が1度目通しして良いものだけお渡ししてたりして
ね・・
Commented by naou7 at 2010-01-20 20:25
色々と考えさせられました。良い事は勿論感謝できるのですが
逆にマイナスな事の方が、後々になって感謝させられる要因が多いなって...
負な出来事にどう向き合って行くか、その結果の後に大きな花が咲くような...
ってそんな経験あまりないですけど^^:
そこには、佐平次さんがおっしゃるように『謙虚』という言葉が重要なキーポイントだと思います。
Commented by junko at 2010-01-20 20:38 x
CIao cocoちゃん
私は、やっぱり私たちの上に何かとても大きな力のような、そういうものがあると思っています。
そうでなければ、私たちの体の機能一つとってみても不思議すぎるもん。
そね、確かに最終的にはひとそれぞれ
でも何かを信じられる人の方が私的には幸福な気がします・
Commented by junko at 2010-01-20 20:43 x
Ciao naouさん
私がいつも思うのはさ、嬉しいことがあって「ありがとう!!」って感謝するのは当たり前、、じゃないかと
辛いことがあってもさ、神様の下心みたいなのを信じて、それでもありがとうと言えたら、と思っています。
私,実は去年一年すごく大きい問題抱えててね。
時々神様はなんで私に?って思ったけど、でも人の悪意に負けて私の信条を曲げてはいけないと目に見えないお仕組みを信じて頑張って、
去年の暮に、なんとなくそれが解決してね、そして今また一つ自分が大人になった気がしてる。
だから、naouさんの意見に大賛成
負のことからの方が人間は学ぶ。

謙虚は忘れたくないよねえ、
Commented by hanarenge at 2011-10-25 09:40
jyunkoさん
今朝ブログを開いたらjunkoさんのコメントがありました

わざわざ教えて頂いて有り難うございます。

宮司さんも素敵ですが、junkoさんもとっても素敵ですよ
Commented by at 2013-02-16 07:03 x
はじめまして。どのような内容に納得がいかれなかったのでしょうか?
Commented by junko at 2013-02-17 01:10 x
Ciao あさん
初めまして あさん
宮司さんがすでにご逝去されてることから、
彼の文章の批判になってしまうようなので、あえて書かなかったのですが、
男、女であるという性別に関わりなく私達はまずは人間であると。私はそう思っています
だから、神というものがいたとして、人間としての義務、お役目の様なものが、男としてのお役目、女としてのお役目以前に存在すると思っている
そういうことです
ちゃんとした説明になっていないかもしれませんが、、苦笑

古い記事を読んでくださってありがとうございました
Commented by cocomerita at 2014-02-15 16:42
Ciao hanarenge さん
昔の記事を読んでいたら、お返事してないコメント発見
ごめんなさーい
失礼しました
今さら、もうごらんにはならない、と思うけどお返事します

優しいお言葉をありがとうございます
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
黒い森の白いくまさん
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live
明日をもっと楽しく!した...

最新のコメント

ciao noboruさ..
by cocomerita at 16:52
民度が低すぎて何ともなり..
by noboru-xx at 09:46
ciao saheizi..
by cocomerita at 00:41
ciao ebloさん ..
by cocomerita at 00:37
ciao taichoさ..
by cocomerita at 00:20
まったくだ!
by saheizi-inokori at 20:55
2+2、わざわざ高い兵器..
by eblo at 18:35
完璧なコメントですね。久..
by 2006taicho at 18:14
ciao 2017-08..
by cocomerita at 15:13
ciao anohiwa..
by cocomerita at 16:43

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル