私がローマで独りで始めたわけ 

本を読もう


ジェノヴァで 一人の老人が生活を苦に7階から飛び降りて亡くなりました
その方の亡骸を処理している間
人々はそんなことはお構いなしにそのすぐ近くのBarでお茶を飲み談笑しつづける

昨年の夏も
ナポリで一人の老人が海で心臓発作を起こして亡くなった
警察が来る間 その方の亡骸はビーチパラソルの下に放置され
その横で人々は海水浴を続ける

異常な光景だとニュースで取り上げられた

野次馬がいいとは言わないけれど
この異常なまでの無関心がむしろ空恐ろしい


所詮

                創造力の問題   でしょ?

想像力があれば

他人が抱えてる問題や
他人の悲しみが

そして他人の嬉しい気持ちも

自分のことのように   想像でき
自分のことのように   胸を痛め
自分のことのように   喜べる

だから 他人がやってもらって嬉しいことをし
やられて嫌なことはやらなくなる


テレビ、ビデオの映像のラッシュで
文字を読むことをないがしろにし
私たちの脳ミソは映像ぼけし
見てるモノの裏に流れるものへの思いを   探ることを 忘れた

人が言葉で語らない事を  思い図らない

この 乾いた無関心 が大手を振って歩くこの世の中

本を読もう

b0150335_19463956.jpg

[PR]



by cocomerita | 2010-04-23 19:39 | | Trackback | Comments(21)
トラックバックURL : http://cocomerita.exblog.jp/tb/13196696
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nature21-plus at 2010-04-24 20:11
じいです。
かっちょいい!!。
えっ!黒いおねえさん…彼女のファッションは10年も前のおいらだは。。
このかっちょいいおっさん、なんかのパフォーマーですか!。
うむー!この夏、おいらもこれにしよう。。(笑)
えっ!本ですか~
最近、本も商品だから、本屋に行ってもゴミしかないし、読みてえ!と思う本は、やたらとデザインされてて高すぎです。
まともな本を、もう少し、若い人が安く読めるようにしてもらわねえと…。
Commented by cocomerita at 2010-04-24 20:23
Ciao じい
この人は石像のふり のパフォーマー 笑
この日は透明人間もいたよ

イタリア人って、姿かたちはよいので、どんな格好をしてもそれなりに決まってしまう、というお得な国民でもあると思っています。

ぇ??私の大好きなBook Offは??
あそこの一冊105円コーナー
日本に帰ったら、最低3回は通う 楽しいよ――
私もね読むの速いから、いちいち定価で購入してるととんでもない騒ぎになる
じいの風の谷に図書館なんてどうです??
Commented by saheizi-inokori at 2010-04-24 20:30
粗忽長屋、ご存知ですよね。
行き倒れに黒山の人だかり、人の股の間くぐっても見に行く八つあん、ああ、こいつは熊公だ、本人を連れてくるから待ってろよ!
ヤジ馬は本音は優しいんです。
Commented by shinn-lily at 2010-04-24 22:54
そうなんです、そうなんです、
想像力が希薄になっていると、よく感じます。
人の気持ちに対しての想像力が希薄なのです。
私自身、ああこの気持ちはこの年齢になって初めてわかったということもあるから大きなことはいえないのですが。

本は大好き、というよりも読む本が手許にないと恐怖。
でもブログも同じだと思うの。
皆さんの記事を読んで、想いを一緒にしたり、その想いを想像したり、・・・本よりもっと臨場感があるでしょ。だってコメントにお返事もいただけるのですもの。
自分の想像力がぴたっとつながると、とても嬉しいし。
だから私、迷いながらも、ブログを続けているのだと思うの。
自分の記事をupするより、皆様をご訪問するの方が好きなのも、そんな気持ちからかもしれません。
Commented by m_benten at 2010-04-24 23:24
身近にもこういう人がいて 人の心の動きに無関心、というより
考えが及ばない。
時々悲しくなりますね。
今日も悲しく感じたです。
けんか売っても本人は判っていないから何にもなりませんわな。。

コメ返事遅くなりました。
娘宅で家事にいそしみ お手伝いさんをしていました^^
Commented by nature21-plus at 2010-04-25 00:47
junkoさん ごめん!
写真のパフォーマンスに引き込まれて記事の冒頭の部分を見過ごしてしまった。(反省です)
しかし、おっしゃることよく分かります。
そして、たぶんイタリアだけの問題じゃあないだろうことも!。
おいらは基本的に野次馬は嫌いです。と言うか、冷静な判断を出来ずに自分が悲劇のヒロインになってしまうタイプの輩と言うべきでしょうか。
二十代の終わり、頃山岳遭難救助にずいぶん関わりました。大半が岩場の遭難ですけど、30人ぐらい下ろしたでしょうかね。居ましたね。ずいぶん…
普段、さほどの付き合いも無いくせに、少し面識があるぐらいで現地にのこのこやってきて半狂乱。逆に遺族に慰められているような馬鹿。そのくせ、何もできなかった(遭難対策の技術などまるでない)に関わらず、ちゃっかり足代などを請求したりして遭難対策経費を膨らますようなことには無頓着。
まあ、おいらの体験はすこし尋常じゃ無いのかもしれません。また、無関心が良いなどと言うつもりも毛頭にありません。多分、無関心はさらに危険でしょうから…。
Commented by nature21-plus at 2010-04-25 00:48
しかし、無知と無責任の極みみたいな野次馬もおなじレベルにどうかなと思います。
しまね自然の学校はボランティアを一切使いません。理由は、うちなどでボランティアをしたいという人の大半は、その野次馬レベルの認識しか持ち合わせていないし、子どもたちの「冒険」(心的な理解の)を考えればこれは危険極まりないからです。
junkoさんの「本を読め!」が、つまり「教養」や「社会倫理」をもっと身につけろと言うことなら、多分おっしゃっていることが正しいのだと思います。
取り合えず、自分のことは棚に上げて、そんなことを考えてみました。(笑)
Commented by coco at 2010-04-25 01:38 x
うん、想像力が失われ回りへの配慮もなくなり他人に
無関心なくせに自分にかまってくれない、評価されない
とぼやいては新型ウツ病になってみたり。。
みんな自分勝手で自分の事しか可愛がれない人間に
なった。私もその1人に等しいけれど、相手を思いやる
気持ちを育てて持ち続けたいって思う。
因みに想像力は少ないけれど妄想力は大きくて会社で
最近、妄想族って言われてる(苦笑)
Commented by junko at 2010-04-25 02:47 x
Ciao saheiziさん
ふふふ、その落語は知らないけど、想像はつく。
そうなんですよ
長屋って、みんなおせっかいの野次馬だらけ
でもさ、よその家で火事があったりするとせっせと火の粉の中を一緒にタンス運んであげたりするのよね
そういう社会はあったかいなあと思う
Commented by junko at 2010-04-25 02:54 x
Ciao shinn-lilyさん
ふふふ、確かにブログは下手な本より面白いかも、、
自分の書いたことに、そうだそうだ!!と言ってもらってさらに勇気づいたり、別な方向から光を当ててもらって、そうだなあと感心したり、、
誰かの食べたものを食べた気になり、行ったところに行った気分になったりね
スピードの早い文通、もしくは交換日記みたいなもんだもんね

でも本を読む。という行為は、創造力を養うには絶好だと思うのよね
だってさ、映像で見せられてしまったら、そのバージョンしかないわけだけど、本で読めば読んだ人の数だけ、主人公なり、景色なりの種類が広がるわけでしょ?
今の子が平気で人を殺しちゃったりするのもね
殺したらどうなるか?ということにまで想像が及ばないからだと言ってる人がいて、まさにそうだと思ったのですよね。
Commented by junko at 2010-04-25 02:57 x
Ciao bentenさん
わ―お母さんやってたんですね
お嬢さんにとっても、bentenさんにとっても、さぞかし幸せなひと時だったでしょうねえ
結局母と娘ってのは一番気を使わない関係なんですよね。 笑

あのね、bentenさん
もう そういうのはしょうがないね
相手を治してあげることはできないから
あっちが自分で気づいてくれないと
要するに、全く違う言語をしゃべってるようなもん
もしくは、私たちが皮膚の上に何もかぶせてなかったとしたら、あっちは気ぐるみ2-3枚着こんでるようなもんで、触ってもわからない。
Commented by junko at 2010-04-25 03:08 x
Ciao じい
ご丁寧にわざわざどうもね
いやーじいって律儀だから、、恐縮します。
ところで、
あーーそういう野次馬野郎は、最低ね
人の迷惑になる
いますよね、こう人さまの関心の集まってるところに交じりたがる人々

野次馬と無関心を並べてどっちがいーか?と言っても難しいけどね
でも、どっちがと言うのなら、野次馬を取る
何故ってあの人々の無関心は、、私怖いのよ
氷よりも冷たいと思うね
要するにさ、ヤジ馬の場合、それが好奇心からでもなんでも、とにかく心には響いてるわけでしょ?
無関心っていうのは特にこういう場合、心にさえ響いてないわけよ
叩いても鳴らない太鼓、響かない鐘
こわいよー
つまり私はマヒするくらいなら痛みのがいいと思うわけです。
生きてる証なのだから

私いつか時間ができたら、
一週間ほど、ボランテイアさせてもらいたいなあ、、じいのとこで、、
石積みでもいいんだけど、、だめ? 笑
Commented by junko at 2010-04-25 03:20 x
Ciao cocoちゃん
えーー?!!
ほんとー??
なんで妄想族なのーー??
ハハハ、その妄想覗いてみたいわ
おいしいものだらけだったりして、、 ふふふ

だよねーー自分のことしか考えてない人多そうだもんねー
満員電車に乗ったりすると、ちょっと怖い
電車が揺れたから、押しちゃったのに、それですみませんと言っても睨みつける
なんなんだこれは?!と思うもんね。

でもcocoちゃんは大丈夫だよ、絶対ああはならない。笑
Commented by nature21-plus at 2010-04-25 09:29
>つまり私はマヒするくらいなら痛みのがいいと思うわけです。
>生きてる証なのだから
理想を言えば、この台詞を一字もらさず理解するってことなんでしょうね!。で、そうした自分は、隣人との関係にこそ生きていられるのだと想えと言うこと。。
考える機会があれば、一応、言葉だけは思い出すのですが…!(笑ってごまかす)

>私いつか時間ができたら、
>一週間ほど、ボランテイアさせてもらいたいなあ、、じいのとこで、、
わがままじゃ無い人はだめよ!。「今日は、高い参加費を払って、おいらのために遊びに来てくれてありがとう!」ぐらいを、子どもらにちゃんと言えるぐらいわがままの人じゃないと。。(笑)

>石積みでもいいんだけど、、だめ? 笑
ええーーッ!おらの楽しみ奪るんですか〜!!。(笑)
昨夜、夜中に目地の掃除をしてて思い出しました。スペインだったと思うのですけど、石だらけの田舎町の古い石の坂道を一人で雑巾かけていたおばあさんのこと。。
Commented by cocomerita at 2010-04-25 17:01
Ciao じい
ハハハ、任せて任せて
わがままと威張ることにかけては天下一品

ぇ??
だってさ、じい
塀が高くなったら、一人では無理よ
いくら独りで楽しみたくても、、むふふふ

ええ?!
坂道にぞうきんかける??
これまたすごい風景に出会ったもんですねえ
じい、お手伝いしましょうか?って言わなかったの?? 
スペインでおばあさんと一緒に石畳をぞうきんがけなんて素晴らしい経験だよね― 笑
Commented by nyanmyupurin at 2010-04-25 18:27
テレビ・ビデオは、ほんと想像力を失う魔物ですね。私も、いつもjunkoさんと同じようなことを言ってます。
そうそう映画化された本など、私などガッカリすること多いです。まず俳優さんが自分の想像と違う、格好よくなかったり(笑)、どこまでも妄想して広がっていた世界が映像になったのを見ると「そっか、こうなったのか。」としぼんでみたり。時には、自分の想像を超えて「おぉぉぉ!」というのも、勿論ありますが(笑)。
話が逸れてすみません。
無関心って、テレビやビデオだけの原因じゃないような気がします。自分さえ良ければという自己主義の蔓延は、物があふれ今ある生活が当たり前になってしまい「有り難いな」と思うこともなく、心が麻痺していることから始まっているように感じます。思いやる気持ちが持てない人が多いのは、常に自分の欲求を満たされていることが当たり前と思っていて、心の幼児化といか後退というか…。これ、考えると悲しくなります。
見て見ぬふりが出来ない野次馬って、実は超お節介なやさしい人達なのかもしれませんね。
Commented by cocomerita at 2010-04-25 18:38
Ciao nyanmyupurinさん
野次馬で、で手も貸せばさらにいいんだけど
見ると言うことも一種の他者へのアプローチのような気がするのよね
それさえもせず、今自分のいるところから動かない、そこに完全な無関心を感じてぞっとする。
なんだかよくわかんないけど、人々先進化どころか後退さえしてるような気がする。
自分さえよければ、というのは、自分の世界を他者や動物や木をも含め、想像できないところから始まってると思うんだよね
想像力は世界を広げる。
そうじゃない??
私やnyanmyupurinさんだってさ、猫達の世界や思いを想像する(ま、私は理解してる気がするけど、笑)そっから彼らの世界が私たちの世界に組み込まれる、だから動物に優しくなる。んじゃないかなあ
自分も年寄りになる、そうなったら??  とか
自分もああいう境地に立たされたら?と思えば
こうしてもらったら助かるだろう、嬉しいだろうと言うところにまで想像はおのずと広がる。
だからね私は、諸悪の根源全部とは言わないけど、想像力の欠如によるところ大きいと思うのです。
Commented by kanafr at 2010-04-26 00:07
思いやりってそういう想像力がないと生まれないよね。
「思いやり」→「思いやる」は「思いをあげる」が語源だそうだけど、自分の思いを他人にあげる前に、他人の思いがどうなるか考えないとできないものね。
想像力が足りないっていうのは、今の子達って何でもありで一見経験は豊富そうなんだけど、何でもありすぎて親も何でもやってあげるので自分で想像しなくても済む。想像しても所詮バーチャルな世界で終わり、見て触って考えてからの思考である疑問や工夫をうむような実経験が足りないから、想像できないって事もある。
想像できないから益々考えなくなるっていう悪循環をうんでいるよね。
想像力の欠如や無関心はあっさり人を殺すと思うわ。
確かに本の世界も想像の世界だけど、読みながら自分の実体験と比較して想像し読みくだいていこうとする。そして全く想像もできない事もそれは脳に残って、ある日あれってそういう事だったのか!って分かる事もあるものね。
昔「書を捨てて街を出よう」と寺山修二が言ったけど、あれは本を読むのが当たり前だった時代だったから。今の時代、「書」は捨てちゃいかんですよ!今なら
「TVゲームを捨てて街を出よう」ですね。

Commented by junko at 2010-04-26 05:23 x
Ciao kanafrさん
なるほど、、「思い」をあげるね、
そうだよねえ、
素敵な行為だよね
今の 特に日本は考える時間を子供にあげないね。
どっちがいい?って子供に聞いて、子供がせっかく考えてるのに、途中で親が待ち切れずに口出してくる。
だから考えなくなるのは、当然かもね
最終的に誰かが考えてくれるのは、楽だもん
まあ、私たちみたいな人は別として、、苦笑

本は大事だと思うわ
私的にはまず本の時間が一番、それから時々外に出て、外の世界も、、って感じかなあ
TVゲームは、やっぱね、弊害のが多いと思うわ
Commented by coro at 2010-04-26 15:06 x
確かに本は大事!読むっていうのは本当に大事!
でも、大体、いい大人になっても本を読まない人は多い。
だから話題も少ない。
広がりがりもないから、薄っぺら・・・
でもね、これがほとんど普通の世の中だから、
なくてもいいって思ってる人も多い。
私は普段テレビを見ないので、流行はわからない・・・
わけではない。
むしろ、本さえあれば、流行なんていちいち追わなくても、
不自由もなく、少しは先を見通せることさえできる。
想像力を養えば、人の悲しみも、哀れさも、喜びも楽しみも、
素直に受け取れると思う。
本がなければ、世の中は渡っていけないはず・・・なんだけど、
これが普通っていうところが、今の世の中なんだよねぇ。

ちなみに私はゲーム大好きだよ^^
なくてもいいけど、あった方はいいなぁ〜
Commented by cocomerita at 2010-04-26 15:19
Ciao coroちゃん
あのさ、ああいうおバカな笑いが流行と呼べるのなら、私は時代遅れであることを選ぶねえ
そうそう、話題少ないよね
っていうか、話題の作り方、つなげ方がわからないではないかと..
空がきれいねー 
でそっから話なんていくらでも始まっていくもんだけどね
これも想像力のあるなしに関与するのではないかと私は思ったりする。
本を読まないと語彙も少ないから、言葉の遊びもできない。
ああ、つまんない

私テレビゲームは嫌いだけど、家庭版(紙でできた奴ね、アナログゲーム)は好きです。 笑
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
黒い森の白いくまさん
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live
明日をもっと楽しく!した...

最新のコメント

ciao pop up ..
by cocomerita at 18:52
ciao hisakoさ..
by cocomerita at 17:56
ciao sideさん ..
by cocomerita at 17:50
junkoさ〜ん。リンク..
by hisako-baaba at 17:18
ありがとうございます。 ..
by sidediscussion at 16:54
東京に戻ってきました^^..
by pop_up_pump_up at 13:48
ciao noboruさ..
by cocomerita at 16:52
民度が低すぎて何ともなり..
by noboru-xx at 09:46
ciao saheizi..
by cocomerita at 00:41
ciao ebloさん ..
by cocomerita at 00:37

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル