私がローマで独りで始めたわけ 

島唄

音楽
ニュース・評論
河童のク―の歌がお気に入りで毎日歌っている
ファビオも気に入ってるので、別の日本の歌を歌ってあげようと思い
島唄 を思い出す
you-tubeで探すと



島唄の意味ってこういうことだったのだ
とわかって 涙が出る

特攻隊で生きて帰ることはないとわかっているのに
さわやかに笑う彼らの笑顔に 涙が止まらない

今米軍基地移転問題で普天間関連でもめているけれど

日本人のみなさん
どこか他人事と思ってやしないだろうか?
どうせ、本島に米軍基地を持ってくることなどありはしない
と 対岸の火事 のように思っていないだろうか?

日本の政府が米軍基地を完璧に日本から撤廃する了承を
米国から引き出すまでは
この米軍基地問題は、沖縄の問題なのではなく
日本人全員の問題だ
そして、私的には
沖縄は十分に彼らの債務は果たしたと思うのだ

これ以上彼らの犠牲に甘えるのは
虫が良すぎる話というものだ

鳩山首相が 海兵隊の重要性がやっとわかった とか言って赤恥かいてるが
それなら日本の戦争の歴史も 誰かに教えてもらって 恥をかく前に
ちょっと お勉強してみたらどうだろうか
あなたの先輩である 太田実少将司令官はこう言い残しているのである

沖縄県民に対し 後世特別のご高配賜わらんことを と

[PR]



by cocomerita | 2010-05-20 01:44 | 愚政府に物申す | Trackback | Comments(40)
トラックバックURL : http://cocomerita.exblog.jp/tb/13330692
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ank-nefertiti at 2010-05-20 21:47
高校の同級生に沖縄から大越境入学してきた人がいました。
私が高校3年のときに、沖縄は日本へ返還されましたが、彼の家は今の沖縄市、かつてのコザ市。
コザは基地の街で、同級生の家は米兵がよくやってくる飲食店でした。
返還は嬉しい、だけど、これからの沖縄の立ち位置は本当に難しい、とそのとき同級生が言っていたいことを昨日のように思い出します。
その同級生とは違うけれど、今の沖縄に友人が何人か暮らしているの。
一人はいわゆる本土から激戦地であった糸満、米須にお嫁に行った人、あとのお友だちは純粋に沖縄の人たち。
米須にお嫁に行った友人は、沖縄の人の心の温かさにいつも助けてもらった、と言います。
それは彼女だけでなく、日本人全員に言えることなんだな、と私は思うの。
Commented by ank-nefertiti at 2010-05-20 21:47
長いってエキサイトに怒られちゃいました>苦笑
続きです。

沖縄の人たちの優しさに、私たち日本人は甘えるだけ甘えてきてしまった。。。
もう私たちがその重荷を肩代わりしてもよいのじゃないか、と思うのですよね・・・
やさしい人に甘えるのは楽で、簡単で、甘えるほうはよいけれど、甘えられる方の身になって考えるときが、あまりにも遅いとは思うけれど来ていて、それを知らん顔することはもう許されないって私は思う。

今までありがとう、これからは私たちがっていう時なのだわ。
基地がいらないというのであれば、安保そのものをやめるなりなんなりしなければならない。
その覚悟が今の政治家、そして日本人にあるのか、あの戦争で私から見ると無駄に死なねばならなかった人たちから問われているとも思えます。
Commented by みみずすまし at 2010-05-20 21:48 x
携帯なのでようつべは見ていないのですが。
橋下さんは好きになれないのですが、基地を大阪が引き受けるという発言をした時は拍手をしました。
みんな自分ところで引き受ける覚悟もないくせに、好き勝手言ってるよなぁと、実は内心腹が立っています。
Commented by hisako-baaba at 2010-05-20 22:16
島歌は大好きで、おおよその意味は察していましたが、ここまで詳しくは知りませんでした。
「ぬちどたから」真尾悦子さんが沖縄のおばあたちから聴いて書いた本も読みました。
沖縄だけが酷い目に遭い続けている、この現状をいつまでも続けていいわけがない。防衛上の必要性なんて怪しい。
憲法九条を世界に輸出出来たら・・・
いろいろ考えます。非力な民はどう働きかけたらいいものか?
もの言う有権者でありたいです。
基地は国外に・・・誰も思うことなんだけど・・・もっとずけずけアメリカに言えないのかな。
Commented at 2010-05-20 22:26
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cocomerita at 2010-05-20 23:53
Ciao ankさん
全くその通りだと思います。
私も沖縄に友人がいて、昔は一年に一回は沖縄に行ってた、
あそこの人たちは、本当にいい人でもくもくと黙ってなんでも受け止める
吸い取り紙がもくもくと色を吸うようにね
だからこそ、そう言う人の良さを利用しつづけるのは人間として恥ずかしいことだと思います。
日本の問題なんだから、その責はみんなでしょわなくちゃ
だから彼らはもう十分過ぎるほど自分たちの分は背負ってくれたからね
今度は私たちの番でしょ
それをさ、さも自分らには関係ないような顔しちゃって
みんなずるいなあ そう言うとこ と思ってさ
ankさん、私最近頻繁に戦争問題に行きあたるのね
ヒロシマのこととか
私若干そういう勘があって、あっちからの声がわかっちゃったりするの
だからね、あっち側に行った人が、自分たちの苦しい、悲しい体験を忘れずにこれを教訓に新しい明るい、そして公平で偏った犠牲のない世界を築いていってほしいと言ってるのではないかと思うのよね。
Commented by cocomerita at 2010-05-20 23:56
Ciao みみずすましさん
ホント、そうなんですよねえ
ずるいなあ、、と思う
橋本さんねえ、
彼もいいとこ悪いとこあるだろうけど
そういう世間のずるさを見抜いて、わざとそういう発言しちゃったりするとこ、きらいじゃないですね 笑
少なくとも、てめーには感情ってものがあるのか――??と言いたくなる小鳩達よりは、ずーーーとまし。 じゃない??
Commented by cocomerita at 2010-05-21 00:02
Ciao hisakoさん
もの言う有権者の言ってることが、社会にきちんと反映される世界であるべきだと思います
だいたいもの考えぬ馬鹿政治家に国政を任す羽目になってるから、こういうことになる
アメリカと対等に、英語でとは言わないけど、日本語でさえも言えない奴らに国の未来を任していると思うと、不安と情けなさ、憤りがわきあがる
英作文したっていいわけでしょーが―
でも日本語の頭の中でさえも意見がまとまってないんだから、作文などできるわけもないけどね
アメリカにおべっか使うのが彼らの責務ではなく、国民をまず守ろうとするのが本当じゃないかと
沖縄に県民の人たちの思い、重荷を配慮する前に、アメリカの思いを配慮してどうすんだっつ――の!
どんだけ、あの戦争で人民が苦しんでるか、一週間戦争のドキュメントフィルムでも見続けてみろ!といいたい
まあ、それでもあの不感症極まりない、おバカたちはわかんないかも知れないけど
この完全なる不感症は問題だよね
Commented by cocomerita at 2010-05-21 00:04
Ciao 鍵コメサン
ありがとうございます
メイルしますね
で、せっかくですから鍵コメさんもご存じのあの方や、あの方にも声をかけてみましょうか 笑
その世界一楽しみです ははは
Commented by 中条 at 2010-05-21 01:10 x
junkoさんこんばんは
島唄にこんな意味があったなんて初めて知りました
涙が止まらないです
短大に沖縄出身の友人がいますが、沖縄らしくのんびりして優しい子です
お酒はめちゃくちゃ強いです
そんな素敵な彼女たちの故郷でみんなが笑っていられたらいいですね
Commented by mayumi-roma at 2010-05-21 01:22
沖縄・・
大好きなところです。
私は、米軍が最初に上陸した慶良間諸島の渡ヶ敷島に長く滞在したことがあって、そのときに集団自決を強いられた悲惨な歴史、船の特攻隊版の存在を知りました。
地元の方とも親しくなって、集団自決の生き残りの方のお話も伺いました。
さらに村役場で分厚い村史まで買って、いつかこの村のことを本に書こうと思うほど、この島が大好きになりました。
沖縄の人ってちょっとのんびりしていますが、優しいですよね~

沖縄の問題は・・
しょせんアメリカの言いなりにならざるを得ないのでは!?
そういう点で日本はまだまだです。

いつもたくさん考えて問題提議してくれるocomeritaさんには感謝です。
私のは日常ブログなので、頭使うような書いていませんが、これからもよろしくね~
Commented by junko at 2010-05-21 01:44 x
Ciao 中条さん
彼らはもう十分苦しみましたから、もうこの辺で肩の荷をおろして楽にしてあげたいのです
戦闘機の爆音の聞こえない日々を送ってもらいたいと思います。
戦闘機の影さえない青い空を見上げてもらいたいと思います。
そして、笑ってもらいたいです、大きな笑顔で
Commented by junko at 2010-05-21 01:54 x
Ciao mayumiさん
へ―渡ヶ敷島にいらっしゃったんですか?
それってイタリアに来る前?
いいなあ、素敵な経験でしょうねえ
沖縄の人たちの素朴な笑顔が好きです
そして穏やかなんだよねー
だから、もっとむしろ強く出てほしいなあなんて過激な私は思うのです へへへ

日本の政治家たちが、第二次世界大戦敗戦で負わされた鎖を断ち切ろうとしない限り、続くでしょうね
やろうという意欲があっても もともと難しい問題
で、やろうとさえしないから、改善されるわけがない
過去の政治家で、そろそろ軍備を引き上げるか、縮小してもいいのではないかとアメリカに打診した人が一人でもいるのかなあと疑問にさえ思います。
根性無しだからね、日本の政治家
おまけに知性もないときてる
あるのは痴性
レベルの低さはイタリアと競う

こちらこそ、過激なブログですが、、よろしくお願いいたします。 笑 ^^
Commented at 2010-05-21 06:57
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by saheizi-inokori at 2010-05-21 09:40
沖縄を護るために戦ったのではなく降伏することを日延べし軍部のメンツを保ち本土を護るために沖縄を犠牲にしたのです。
今もまた。
Commented by kanafr at 2010-05-21 10:00
「島歌」にこんな意味があったなんて知りませんでした。そして戦艦大和までが片道の燃料で沖縄を守る為に行ったなんて知りませんでした。
日本の未来を信じ自分の命を国を守る為にささげた若者達、そして太田実少将司令官の言葉、涙が止まりませんでした。
もう冷戦時代は終わったというのに、世界の警察国家アメリカは、次々と仮想敵を作ってアジアを守る、日本守ると言って日本を巻き込む。
グアム移転の時も国税から彼らの引っ越し費用を捻出し、さらに辺野古のジュゴンの生命を脅かし、普天間の問題も元首相麻生氏は、あれは沖縄の人達も承諾したことなのに、民主党がひっくり返した、歴代の政権の中で米国と一番関係を悪くしてると、騒ぐ。
そして民主はあわてて米国におべっかを使う。
自民も民主も一緒、結局は沖縄を犠牲にしている。
爆弾で地球が汚染されるのは分かるのに、人の命は何よりも大事と知っているのに、なぜいつか来るかもしれない敵の為に軍備強化しなければならないのか、戦争なら人を殺してもいいのか、戦争なら..という言い訳はどこまであるのかオバマや日本の政治家達に是非聞いてみたい。
Commented by shinn-lily at 2010-05-21 13:39
私は沖縄に行ったことがないのです。
なんとなく、物見遊山で行くのに、気が引けるのです。
娘は小学生の時、平和学習で沖縄に行き、事前学習で一緒にいろいろ見聞きしたのでなおさらです。
でも、経済効果のためには、観光でも行って、お金を使ってあげたほうがいいのかもしれない?
先日箱根の旅館で仲居さんが沖縄の娘さんで、今ニュースを見るたびにいろいろ言いたいことがあってと言っていました。
「政府はアメリカが日本を守るために日本に基地を置くのはしょうがないというけれど、本当に守ってくれるのか?
それを考えたら、沖縄でなければいいというのではなく、日本から基地を減らして欲しい」と可愛らしい顔で急に雄弁になりました。
たしかに、核を使われたら、守るもなにもないですよね。
そう言ってから、またはにかみながら、お膳を下げてくれました。
Commented by vialetto at 2010-05-21 14:54
「島歌」の意味は初めて知りました。
知ってしまったから困ったよ。
どうすれば良いのかわからないから途方にくれるばかりです。

私が幼少の頃は「立川基地」だとか「横田基地」だとかにまだ米軍機が飛んで来ていて、TVは時々電波障害があったし、小学校は二重窓でした。学校には、日米の両親を持つ子も通っていたっけなぁ。
基地があったことで嫌な思い出はないから、今、もし、ウチの市長さんが基地をここに誘致したら、それは甘んじて受け入れましょう。沖縄の人に贈れるものは、その決心くらいかなぁ。
自分勝手ではございますが、安保を止めてムスコをお国にさしださなけばならなくなるのだけはご勘弁を・・・
Commented by cocomerita at 2010-05-21 15:36
Ciao saheiziさん
硫黄島もそうでしたよね
ただ、真実はどうであれ、そう思いこまされたにしろ沖縄の人々や戦争に駆り出された末端で闘う人々が国のため、自分の村を守るため身を投げ出したのは、事実で、彼らの思いは尊いと思います。
政治家がどうのこうのではなく、
(もはや政治家には何の期待もしていないので、、)
でも国民レベルとしては、沖縄に押し付けっぱなしで知らんふりするのではなく、日本人として一緒に背負うべきものだと、せめてその思いだけでも国民に感じてもらえないかなと思うのですよね
Commented by cocomerita at 2010-05-21 15:44
Ciao kanafrさん
米国におべっか使う前に、自分のところの国民におべっか使うべきでしょ?
結局あの能無しな政治家を養ってるのは国民なんだからさ
むしろ国民は政治家の雇い主なわけよ
どっか勘違いしてるんだよね、あの品のない人々
頭が悪いし感性鈍いから、全体も見えなければ、歴史を変える勇気さえない
タダの月給泥棒だから、始末に負えない
てめえらの都合でああだのこうだの言う暇があったら、ほんの一冊でも読めば見えてくるものもあろうってもんだが、そういうことさえ思いつかない、
エゴという毒がもう全身に回っちゃってるから
あのさーー今朝思ったんだけど
戦争をするってことは、自分の決断で多くの人を前線に送り込み、いのちを脅かすわけよ
どこのだれが、そしてどうしたらそんな無責任なことできる??
人にあんたの命を賭けろと言うのなら、まずは自分でやってごらんの世界でさ
そう思うといったいどこがどう狂うと、戦争をおっぱじめて、顔も知らない人々を銃弾の降る中に送り込むことができるのか、もうそっからわからなくなるのよね
Commented by cocomerita at 2010-05-21 15:49
Ciao shinn-lilyさん
沖縄の人には、私たちなんかには到底分らないいろんな思いがあると思うのです。
だから彼らが「もうたくさんだ!」と言うのは、むしろ当たり前のことで、まずはそこをきちんと理解することから始まるのではないかと思うのです。
一体過去に彼らがどれだけの犠牲を払ってきたか
そうしたら、またもう一回お願いしますなんて、口が裂けても言えないよね
Commented by cocomerita at 2010-05-21 17:15
Ciao vialettoさん
思うにね、今戦争が始まったら闘ってる時間などないと思うのです
だってみーんな多かれ少なかれ原子爆弾持ってるじゃない
だから本当に勝ちたいと思ったら、簡単なわけ
じゃあ、なんで中東とかでだらだら闘ってるのかと言ったら、私はあくまでも振りだと思うのです。
要するに、国のお金で、つまり税金から軍事費、爆弾のお金を調達し、自分たちのポケットにはその莫大なマージンが転がり込む
だってこれもビジネスでしょ?
戦争には、兵器も含め多くのものが動き、莫大な利益を企業にもたらす
軍事産業には飛行機やら爆弾やらが商品で、
コカコーラもしかり、それをたくさん売るお手伝いをしてくれた人には、お礼をします。
戦争なんて、大元の理由はそこでしょ?
戦争、守ると言う理由をつけて国費を動かし、そこからマージンを取る。
安保をやめるとかやめないという問題ではないと思うのです。政治家が、そう言う小汚い手で私腹を肥やすのをやめればいい話
そうしたら戦争も自動的になくなる
Commented by cocomerita at 2010-05-21 17:16
続き...
あの澱んだ歪んだ人々は自分の儲けにならないことのためには指一本動かそうとしないのだから、戦争が利益につながらなかったら、だれもやらないと思います、 ははは つくづく変な話
それに万が一今、戦争起ったって誰も行かないって
政府にはもうそれだけの力はないって 笑

Commented by cocomerita at 2010-05-21 17:22
Ciao 鍵コメさん
おおよそ決まったので、メイルします
わくわくしますね 笑
Commented at 2010-05-21 23:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chi at 2010-05-22 00:59 x
ciao,Junkoさん、
久々にブログを訪れて、沖縄の米軍基地の事でJunkoさん達が熱くコメントをひろげているのを読んで感動しました。沖縄を応援してくれて有難う、と沖縄出身の私は言いたいです。23日に首相がまたここに来るの。変なコメント運んでくるのよ、きっと。
名護市長は「海にも陸にも基地は作らせない」と言っています。しっかり伝えてくれるといいな。
Commented by cocomerita at 2010-05-22 01:07
Ciao 鍵コメさん
そっか――忙しいからねえ
何人かもまだ全然わかってないの
いらっしゃれるかなぁに引っ掛けての質問だから、、じゃあこっちでちょっと探してみますね
どうもありがとうございました 笑
Commented by cocomerita at 2010-05-22 01:13
Ciao Chiさん
大変だったね
お疲れ様
疲れが出ないように、お父さんもちょっとゆっくりしてください
お母さんも今頃のんび―りなさっていることと思うから、、

当たり前でしょーー応援するのは
沖縄だけの問題じゃないんだから
日本の問題なんだからさ
あのね、結構こう思ってる人いるんじゃないかと思いますよ
みんな言うきっかけがないだけでね
今回の沖縄の事は、政治家のごうたくを抜きにして日本人が団結するいい機会だと私は思うんだよね
名護市長頑張ってほしいなあ―
本当に沖縄の人はもういいんだよ
十分やったんだから
署名運動でもなんでも、何かしたほうがいいと思ったら言ってね
こうなったら、日本の汚点を暴露してイタリア人の署名も集めるからさ
こっちも馬鹿政治家の行う愚政にみんなうんざりしてるから結構集まると思うよー
Commented by convenientF at 2010-05-22 07:14
>沖縄の人々や戦争に駆り出された末端で闘う人々が国のため、自分の村を守るため

実弾がビュンビュン飛んでくる中、そんなこと考えてるヤツいませんでしたよ。
Commented by usaginounojiha at 2010-05-22 11:01
島唄の本当の意味というのを、私は中学生の発表で知りました。
うちの娘の修学旅行は沖縄で、戦争や平和について考えることをクラスで取り組んでいました。
その中に、この島唄の話がありました。
発表を聞いている保護者はわずか3名でしたが、私はこの事実にとてもおおきな痛みを感じました。
泣くことしかできない私の無力感。
それでも、どうにかしたい、どうにかしなければという気持ち。
みんながちょっとだけ、今よりもちょっとだけ優しい気持ちになれば、といつもおもうのですが。
甘いよと言われても、私がまずできることは優しい気持ちになることですから。
Commented at 2010-05-22 12:28
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cocomerita at 2010-05-22 13:19
Ciao convenientFさん
そりゃあ実弾がびゅんびゅん飛んでくる中、そんなこと考えてる暇はなかったと思いますけど、
そして一体何人の人が本当の意味で国のためと思っていたのかわからないけど、最終的に心の中で折り合いをつけたのはそこのところだと私は想像します。あくまで想像ですが、、
だって国や村を守るってことは引いては自分や自分の家族を守ることにつながると、自らの意思でいやだと言えない庶民はそう思うしかなかった気がするのです。
Commented by cocomerita at 2010-05-22 13:23
Ciao usaginounojihaさん
私の姪も、確か高校だか中学の合唱コンテストでこの曲を歌いました。
初めてこの曲を聞いたのはその時です。
だから、ついこの間まで、島唄は島のロマンスの歌だと思っていました。(恥’)

忘れちゃいけないと思います
沖縄の人たちを始め、理不尽に戦争に巻き込まれ、自分の意思で選ぶことができずに亡くなっていた人たちのこと
いつまでも覚えていないといけないと思います。
まずはそこからじゃないかなと思います。
Commented by cocomerita at 2010-05-22 13:24
Ciao 鍵コメさん
笑 心配ご無用です
わざわざどうも、、
Commented by m_benten at 2010-05-23 04:00
悲しいね、ただただ 悲しいね。。
涙が止まらないよ、
辛く悲しい事です、戦争は。

沖縄のハーフの男性とつきあっていましたが
彼も悲しい面 いっぱいありました。
少し沖縄本島に住んでいて 思い出すとあちらの方達はまだたくさんひきずっていながらも、
明るく 人を思いやる気持ちが強かった。

再確認は大事です。
junkoさん ありがとう。
Commented by junko at 2010-05-23 06:58 x
Ciao bentenさん
戦争は、何もいいことはもたらさない
絶対に二度と同じこと繰り返してはいけないよね
そのためには、どんなにいやでもやってしまった間違い、起こしてしまった過ちはしっかり見つめ、次の世代に伝え、記憶していかないといけないと思います。
人生をある日突然断ち切られてしまった多くの人たちの御霊のためにも、、
そして沖縄の人の人の良さ、寡黙さに寄りかかり、それを利用し続けるのはもうやめにしたい
彼らたちに悲痛な叫びをあげさせる前に、私たちが気付いてあげるべきだと思います。
この夏は沖縄だね
bentenさんの明るい音色を沖縄の空に響かせてください
そして米軍基地が沖縄に居座ることのないよう、私たちの思いを音色に載せて運んでほしい
島唄逆バージョンだね ははは
Commented by coco at 2010-05-23 15:11 x
日本の身勝手さでいつも犠牲になり振り回されている
沖縄。。この唄にこんな意味が込められているなんて
知らなかった。それでもこんなに明るく“内地”の人
を受け入れてくれて優しい対応をしてくれてるし生計を
立てるためとは言え、ベースに働きにいったりその恩恵
を受けながら暮らしている彼らのなんと懐が深い事か。
恨みがましくもない、不平不満を訴えるばかりではない
前向きで穏やかな人たちが多いと思う。嫌な事ばかりを
押し付けるこの国にもっと反旗をひるがえしてもらいたいと思う!!!
Commented by berrypafe at 2010-05-23 16:10
久しぶりにお邪魔しました。junkoさんのブログは読みごたえがあって大好きです★
今回は、「島唄」にピピッときたのでコメしています!
というのが、島唄の作詞作曲者であるTHE BOOMの宮沢和史さんのファンだからなのです~ホホホ。
この唄は、彼が初めてひめゆりの塔に行って衝撃を受けた後、集団自決や沖縄での戦時中の生々しい話を聞いて感じた事をまとめた詩なんです。本当はとっても悲しい唄ですよね。
私、沖縄の民謡が好きなのでよく聴いていたけど、悲しい歌詞ばかり。方言だから意味がわからず、音がよいから「きれいだな~」って軽く感じちゃうけど、島唄には当時の沖縄の人々の暮らしや苦しみが詰まっているのでした。勿論、苦しいばかりの詩じゃないけども・・・。
あと、神風特攻隊のことも、鹿児島にドライブに行った際、「知覧特攻平和会館」に寄った事があるんですけど、特攻隊員たちの遺影や遺書、手紙、遺品等が展示されていて、読めば読むほど涙が出ます。そして、みんな若い。若すぎる。
ちょっと薬品臭い記念館ではあったけど、また行きたいなぁ。
Commented by junko at 2010-05-24 00:56 x
Ciao cocoちゃん
うん、そうだよね
私もねもっと強く「いやだー!」と言い続けてもらいたい、政府があきらめるまで
でも、そのためには沖縄県をサポートする私たち日本人の理解と協力が必要だと思うんだよね
また沖縄の人たちを一人で戦わせるなんて、恥ずかしいことだよね
Commented by junko at 2010-05-24 01:06 x
Ciao berrypafeさん
そうなんですよね
優しい半音交じりの多い音楽はなんだかすごく心を癒してくれる
だかたそこに語られてる苦しみとか悲しみなかなかわからない
なんたって私も、島唄は沖縄のロマンスの歌だと思っていたんですから (恥)

理不尽なことを受け入れなければいけない辛い気持や悲しさを直接表すことが叶わなかったからこそ、こうして歌に託したのかもしれないなあという気がします。
広島長崎のこともそうだけど
恨みを持ち続けるというのではなく、でもこの悲惨な事実は、キチンと公正に語り継ぎ、覚えていなければいけないことだと切に思います。
歴史の教科書が、開国あたりから妙にペースが速くなる。
戦争がどうして起きたのかさえ説明しない。
弥生時代のこととかより知っていなければいけないことなのに、
へんに隠さないで、どんどん表に出していかなければ、子供は子供の感性と賢さで然りその事実を受け止めるはずなんだからさ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live

最新のコメント

ciao junjunさ..
by cocomerita at 13:55
🎵読んで..
by ♥ junjun at 11:11
ciao sinkさん ..
by cocomerita at 17:06
続き そして 日本の政..
by cocomerita at 16:59
ciao stanisl..
by cocomerita at 16:51
哀れな男。そうしてまでS..
by stanislowski at 16:33
ciao junkoさん..
by sink_jpn at 12:30
ciao antsuan..
by cocomerita at 00:01
ciao antsuan..
by cocomerita at 23:58
あれっ? 最近皆さん、わ..
by antsuan at 20:11

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル