私がローマで独りで始めたわけ 

いっそ捨ててしまえばよい

役に立たない

むしろ

害しか及ぼさない

そんな過去の記憶など

さっさと手放してしまえばよい のに



そういうものを抱え込み

時々取り出して まじまじと眺め

放つ悪臭を嗅ぎ 過去に  
あくまでも過去に  味わった いやな思いを反芻 する

なんで?

友人のMauraと久しぶりにランチ

亡くなったお母さんの話が出て

私も可愛がってもらったんで

そうしたら自分のトラウマの話を始めた

小さい頃に、お母さんが本当は男の子が欲しかったと言った と

だからあなたが生まれた時には、だれも訪ねてこなかった と 

それから ずっと良心の呵責に悩んでいた と

ねえ、最終的にはお母さんとうまく行ってたよねー

 
だったらそれでいいじゃない?



終わりよければ、すべてよし
そんな遠くの過去に起きたこと
それもその本人もすでに亡くなっているのに

なんで今だにそんなゴミみたいなもの 大事に抱えてるわけ?

それはね
腐った魚を 腐ってるから 
取っておいても お腹が空いた時に食べるわけにもいかない
ましてや、悪臭を放ってて今の生活に不快を与える だけ

そんなモノを後生大事に取っておいてるようなもんだよ

さっさと 捨てればいい

  そんな簡単なもんではない と彼女

それは
あんたがいつまでもそれにしがみついてるからでしょ
そのがっしり 抱えてる手を離せばいいんだよ

私の父もそうだった
子供のころの苦い思い出のために
一生 心から人生を楽しめなかった人だ
一体 何回そのことで彼と喧嘩をしたことか

 お前にはわからない

 わかるわけもない
 わからなくて結構だ

人は 結局自分の手によってでしか
自分を幸せにできない

無駄で有害なものをしっかり掴んでる
その手を離すのも 自分しかない


b0150335_18595666.jpg
待ち合わせのレストランに行くのに、ポポロ広場を通る
私の日常にこんな遺跡たちが、こんな間近に入り込んでくるなんて
夢にも思わなかったなあ 
と思いながら

[PR]



by cocomerita | 2010-08-11 16:30 | | Trackback | Comments(47)
トラックバックURL : http://cocomerita.exblog.jp/tb/13744053
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cocomerita at 2010-08-11 20:04
Ciao nobさん
毎度!笑
いや、結構多いんじゃない?こういう人
その抱えてるもんが、どんだけ大きいか小さいかは別にして..
恨みとかってその類でしょ?
私は、何よりも自分の気持ちが不快になるから、すぐ忘れることにしてる
教訓だけ胸に秘めて
つまり、こいつはこういう奴だ二度と何もしてやらね―ということだけ覚えておく

そうだね、ちょっとうっとりしてるかもね
そういう時こそ自分が主人公、みたいなネ
どうせなら、美しいロマンスやかっちょいい冒険物語の主人公になったらいかがですか?と私は思う

いやしかし、なんでかね
離さないんですよね、こういう人たち
うちの父もそうだったんで
それがフィルターになっちゃって、現実の楽しいことを幸せなこととして受け取れない
いや、一番不幸なのは本人だから
もったいないなあと思うわけです。
Commented by cocomerita at 2010-08-11 20:06
nobさん、私にコメント書かせた後で、自分の本チャンコメントいきなり消さないでほしいんだけどーーー!!

取り残された思いで、junko淋しい.. って わははは
Commented by cocomerita at 2010-08-11 20:07
nob-----早く戻ってこい――
コメントレスから始まるブログなんてどこにもねーーっつ――の!!
Commented by nob at 2010-08-11 20:14 x
あー、あるあるー。アレですよねー。記憶の腐敗臭が甘いものに感じられる種類の人っているんですよね。精神的リストカッターさん、みたいな感じで。
そういう人っていかにも大事そうにそういう記憶を話しませんか。腹割って話すってのをどっかで勘違いしてんでしょーね、つかオマエのトラウマとか俺関係ねーし。あとそれ普遍的な広がりとか一切ないから。
まぁ基本甘ったれのかまってちゃんとかかまって君なんですよーそーゆー人は。

まぁーそういうのはウチに帰ってリカちゃん人形相手にしゃべるか、もしくはブログかなにかに意味不明な毒ポエム垂れ流すぐらいにしといたほうがいいんじゃないかなー?つか俺にしゃべんなキモいから。

みたいにして突き放せない場合は耳スルーした上でソウカーナルホドナー、カナシイハナシダナーぐらいの棒読みで相づち打っとくぐらいにしといたほうがいいですねー。キリないっすからねー。
Commented by nob at 2010-08-11 20:16 x
うわぁぁぁぁごめんなさーーーーい!
なんかエントリの順番おかしかったからexciteバグったか、とか思って入れなおしちゃったあぁぁぁぁぁい!

許してね、てへ♪
Commented by naou7 at 2010-08-11 20:16
実のところ、それが原動力だったりする場合が多くないですか?
私も、トラウマがなかったら今の自分がいないと思ってます。
ただ、マイナスをマイナスのまま、抱え込むのは非常に疲れます(;_;)
どう浄化するか生産性を問われるところですね
Commented by shinn-lily at 2010-08-11 22:10
なんか、今日のコメ欄、junkoさんの新しいスタイルかと思って目を白黒させてしまった。
レスを先に書いて、意中の人を呼ぶっていうスタイルかしらと(笑)

はたから見ても、お荷物づっともっている人っている・・・自分でそのお荷物を楽しんでいるのかなって思うけど、そのたびにお荷物を一緒に持たされるとなると、だんだん会うのがおっくうになってきてしまいます。
それにしても、Junkoさんやわたしには捨てられるお荷物も、捨てることができないで持ち続ける人々・・・人間のキャパシティーってその人次第だからね、はたから言ってもだめかもしれない。
Commented by kuruta96 at 2010-08-11 22:23
そういうのってふとした拍子に思い出すんですよね。
そういうのがうまく消化できないヒトってやっぱりいて、それを何となく他のヒトに話して、相手を落ち着かない思いにしてくれて。

泣いても一生笑っても一生とかって言いますのにねえ。
Commented by hisako-baaba at 2010-08-11 22:34
私も都合の悪いことはきれいさっぱり忘れちゃう、トクなタイプ。
それでもトラウマもちょっとは残滓が残っているらしく突然思い出して苛々して、あれっと気が付いて笑っちゃう。
劣等感にさいなまれたり、その裏返しで虚勢を張ったり、命長ければ恥多し・・・ってあったり前でしょ・・・と開き直っておしまい。
自信をなくすことはありません。ネガティヴのままではいられないのよね。
Commented by junko at 2010-08-11 23:30 x
Ciao naouさん
そのトラウマをうまく消化できればね
まあ、その人次第
でも私の周りにはそんな思いものをいつまでも抱えてるから、軽やかにスキップできない人が結構多いのですよ
もったいないなあといつも思うの
Commented by junko at 2010-08-11 23:32 x
ぁ、nobさん
やっと帰ってきたか
も―――しょうがないな――
気をつけてよ―  プン ♪
Commented by junko at 2010-08-11 23:35 x
Ciao shinn-lilyさん
ゎハハハ、そんなに奇にてらったことしませんよ――
でも、こういう偶然も楽しいけどね

確かに、何でも自分で決めないと何も変わらないと思いますけど、でも私にこの話をし続ける以上,私は懲りずに同じことを言い続けるでしょう...
私が何らかの形で関わった人たちには、少しでも気持ちよく生きてもらいたいもの
私も彼らのいってくれることに発奮して頑張ることもあるわけだから...^^
Commented by junko at 2010-08-11 23:37 x
Ciao クルタ母さん
そうなのよね
泣いても笑っても一生
まあ、もしかしてその人はちょっと泣きたいのかもしれないけどね

まあ、私は所詮話を聞くだけだから、いいんだけどね
ずっと抱えてるその人がさ、重くないかな~と..
Commented by junko at 2010-08-11 23:41 x
Ciao hisakoさん
ハハハ、本当に私たちは似てるわね―
私だって、ありますよ
いろいろ考えることは、あーあーあんなことしちゃって申し訳なかったなあとか
未熟だったなあとか
でもさ、やっちゃったことは仕方ない
間違いのない人生なんてありえないし
心の中で、ごめんねをして引き出しにしまう
私の場合は、そういうことを繰り返してると、
次に引き出しから出す時や出ちゃった時にそれが前よりほんの少し小さくなっている。
やったりやられたり、それでいいのではないかと
でもさ引きずるのはいやだなと..
Commented by pibimpang-i at 2010-08-11 23:43

さっさと捨てたはずが、まだ残骸が残ってしまっているとか、
さっさと放したはずが、またいつの間にか自分の元に戻ってきているとか。

この「重い思い」は切っても切れない縁なのかしら?
逆にそう吹っ切れて「仕方ないね」と開き直った知人がいました。
仕方ないから、ずっとその「思い」と付き合っていくわ、と・・・。
でも、それは自分の中にそっと仕舞い込んで、もうクヨクヨしないわ、とも。

マイナスのまま生きていくか、プラス思考で前向きに、そして(例えば)「世の為人の為」生きていく事で自分を変えていくか。
どっちがいいかはおのずとわかるはず。
ただ、きっかけがないと、人間なかなか前に進めないかも・・・。
難しいですね。

「腐った魚を取っておいても」・・・の言葉に、暫し色々と思い出し、
そして考え込んでしまいました。

(-。-)y-゜゜゜
Commented by mayumi-roma at 2010-08-11 23:46 x
人の心は難しいね。
誰にだって、大なり小なりトラウマはある・・
なんだかとても考えさせられました。
あ、写真、いかにも夏!のポポロ広場ですね!
懐かしい~~
ローマ、人少なくて、暮らしやすいでしょ!?
Commented by junko at 2010-08-11 23:52 x
Ciao pibimpangさん
自分のさ、生きてく中で起ったことって、起こるべくして起こってるわけだから、そんな簡単に「はい、さようなら」と切れるもんではないと思うんですよね、
だから、その人のようにいっそのこと開き直って、
「もういいわ」としてしまうことこそ、そのことを消化した、ある意味、自分の日常の思いから切り離した。と言えるのではないかと思います。
そうそう、くよくよしなければいいんです。
くよくよしないということは、もう処理したということだからさ

私は、やっぱり気持ちよく行きたいと思っています。
それは問題がない人生という意味ではなく、
自分の全部でもって、裸一貫、枯れ尾花の影におびえることなく、堂々と歩いて行くということです。

後ろを振り返るのは、いい思い出を思い出す時だけにしたいなあと、簡単ではないだろうけど、そう思います。
なぜかって後ろばかりを振り向いて、思ったり悲しんだりしてると、今が十分に生きられないからです。
Commented by junko at 2010-08-11 23:56 x
Ciao mayumiさん
忙しそうだね
お身体ご自愛くださいよ――

いや、そうなのよ
トラウマのない人なんていないと思うの
でもさ、その「過去に起きた」こと
だから決してもう変えることも消すこともできないもの。のために今を犠牲にするの?と
それはもったいないんじゃない?と
怒りをぶつけられて、なんであんなことしたの?と説明を聞くこともできない、亡くなってしまった人のやったことを、なんで今になってもくよくよ考えていやな思いをしなきゃいけないの?と

基本的に、合理的なんで、無駄なこと嫌いなんです。わははは

ローマ、うん、観光客はいるけど
やっぱりすき間が多くて気持ちがよい^^
Commented by sen626 at 2010-08-12 01:37
小学前かな・・母と一緒にジェットコースター乗ったの
こっれがまあ 怖いのなんのって
泣き叫んだのをおぼえてる
以後 今もジェットコースターに乗れない・・
ちょっとズレたトラウマ?^^;

誰かに話すことによってちょっとだけ
楽になることあるような・・
聞かされる方はしんどいけど・・

 
Commented by hitomille at 2010-08-12 02:25
私はトラウマを聞くのはぜんぜん苦じゃないんですよー(笑)
重い、とかしんどい、とか思ったことは一度もないです。
どっちかというと、当たり障りのない話の方が苦痛。
濃厚なお話、結構好きですからね^^何より、それを話ししてくれるのが、嬉しいしです。確かに、ことある度に、同じ話をされると「またかー」とは思うけど、、それでも、きっと吐き出すことによって、その度、消化されてるんだろうな、と思って、、やっぱり、いやじゃないですね(笑)
私もそうなんですけど、人に話して、言葉にするうちに自分を客観視できることもあるので、、。

どっちにしても、過ぎてしまえば、笑い話にもなるし、すべてが、いい思い出です。・・その時は、死にたくなる程辛くてもね。
Commented by chihirock_uk at 2010-08-12 02:52
そういえば、ニルバーナの曲の詞で"I miss the comfort in being sad"ってのがありますね。私が人生で2番目に精神的に辛かった時代の後半に、カート・コベイン(コバーン)の本でこのことについて書かれてたのを読んで、「はっ」とさせられたことを思い出しました。「あ、私、ホントは毎日毎日死にたい気持ちでいるほど辛くはないのかも」と思ったのです。そこからあっという間に元気になりました(笑。
おかげでその何年も後に人生1番の辛い時期を過ごして、それはそれは辛かったのですが、なぜか2番目のときみたいな落ち込み方はしなかったんですよね。今思い出しても「あのときはしんどかったな」と思うけど、だからこそ今の自分がいるような気もします。

お友達もはやくなにかのきっかけを掴んで消化できるといいですね。

あ、私も当たり障りのない話のほうが苦痛かも。「そうですよねー」とか作り笑顔で答えてる自分に「なにやってんだかなー」と微妙に虚しくなります(笑。
Commented by 双葉 at 2010-08-12 05:20 x
おはよ。junkoさんのおっしゃることは正論。
心のお掃除の上手な人ほど、楽しいことを探し生き方上手だと思う。
かくいう私はトラウマに何年も悩まされ続けたんだけどねー。わっはっは。
時が来れば解決してくれると思いますよ。そのお友達も。
みんなそのスピードが違うだけで、頑張ってるのは同じだと思うんだけれど。
あ、だけれど主婦のつまんない愚痴は苦手な私σ(・・*)
Commented by junko at 2010-08-12 06:05 x
Ciao senさん
ハハハ、そういうトラウマなら可愛いよねー

あのね、聞かされるのは、別に大して苦じゃないのよ
でもさ、そういうものをいつまでも抱えてる人がね、気の毒だな~~もったいないな~と思うだけ
Commented by junko at 2010-08-12 06:09 x
Ciao hitomilleさん
私も聞くのは全然苦じゃない
繰り返されるのはいやだけどね ^^
でもね、そういうトラウマが根っこのところで結晶化しちゃってて、彼女やうちの父のように彼らの生活や考え方全体に影響を及ぼし続けるって場合もあるわけです。
それを見てるのが辛いのです
人に話して、客観視できたり、消化できるのは若い、新しい思い出だと思う
こういう古いのは根っこが深いのよ
Commented by junko at 2010-08-12 06:14 x
Ciao chihirockさん
私もね、何度か非常につらい時期があり、大変だったけど、でもそれがあるからこそ今の自分があると思ってます。
で、そう思える人ってのは、そういういやな思いを消化できちゃった人だと思うのね
自分自身との闘いである苦しかった時期とか経験は意外に納得、消化しやすいのだと思うのよ
でも
誰かに何か嫌なことされて、いつまでも恨みに思ってる人は消化できない人でそういうことのほうがいつまでも残る気がします。

まあ、当たり障りのない話も、深刻な話も、語り手によって随分変わるなといつも思っています。
だって、何の話してもおもしろい人がいるかと思えば、何の話されても面白くない人もいる
そうじゃない??^^
Commented by junko at 2010-08-12 06:19 x
Ciao 双葉さん
彼女、一体何年このこと抱えてると思う?
50年以上
だから、自分でしっかり握りしめちゃってるわけよ
だから、それを緩めないと、こういうのは一生続くと思うから、だからこそ、そんなモノを後生大事に取っておく必要はない。と言ったの
双葉さんは、そうだね
見事に消化したよね、
時も解決してくれるかもしれないけど
でも自分で決心しないと、時も助けてはくれない気がします
冷たいようだけど、私が馬鹿馬鹿しいと思っていくつものいやなことを手放してきたから言うんだけどね...

ぁ、主婦の愚痴ね
いやです ははは
Commented by kanafr at 2010-08-12 07:00
人間誰でもトラウマはあるんだけどね、
こういう話を聞くたび思うのは、子供の時代に本当は両親の方がいいんだろうけど、親のどっちか、親がいない人は他人でも、その人を思いっきり愛してくれる人がいたかどうかで、その後の人生引きずらずに生きていけるかどうかが決まる気がするの。
友人は今も母親がお姉さんの方を自分より愛したと言う事でずっとjunkoさんのお友達のように抱え込んでいる。
聞いてあげるのはいいんだけどね、そういう人って大概、人の話は聞けない人が多いのよね。
人に愚痴や悩みを言いながら解決方法を見つけてくれるならいいんだけど、「わかるけどね」って相槌打った途端、「イヤ、あなたにはわからない、だって...」と不幸満載の話がこれでもかって位並べ立て、さらにがんじがらめになって抜け出せなくなっていく。

難しいよね、結局は自分自身で何とかしなきゃだから。

Commented by nob at 2010-08-12 07:55 x
もぅーjunkoさんったらなんて素敵な男前。思わずリスペクトしそうになります。
この話の根幹てようするに「依存」の話なんすよね。トラウマの有無なんてのはいわば仔細な問題。
人はそれぞれの頭の上に天を戴く。人と人が理解しあうことはできない、これが大前提で。
だけど一緒に歩いたり笑いあったりときに手を貸したり時に支えることはできる。だからこそ人は誰かと一緒に生きるわけで。
そういう関係の中で、自分の中でしか処理しえないものを誰かになすりつけるような行為って何なんだ?
理解してくれと言いつつカバンの中の腐ったもんを見せつけようとするやつって何なの?つかそれをどう理解すればいいの?大事なもんならずっと仕舞っとけ人に見せんな。
転んだならドロを拭ってもやろうさ、立てないなら手を貸してもやろうさ、痛くて歩けないならしばらく背負ってやることもできないことじゃない。
でもそれは違うだろ、と思うわけです。
まぁjunkoさんは優しい男前だから辛抱強くつきあってあげるんだろうけどね。
Commented by cocomerita at 2010-08-12 08:02
Ciao kanafrさん
私のこの友人もお母さんに自分の誕生を喜んでもらえなかったということで、ずっと良心の呵責を覚えてたって..は~~と思ってしまう
だってさ、男の子が欲しいと思われたって、女に生まれてしまったことは、自分ではどうしようもないことじゃん
そして、晩年お母さんとも上手くいってたんだよ
それなのに、その晩年よりもはるか昔のことで今だに悩んでるって
そのお母さんも亡くなっちゃってるって言うのに

そうなのよ
実際に経験してないんだから、私にわかるわけもなく
でも、残念ながら、無駄な苦しみだってのはわかるから、そんなのは手放しなよというと、難しい。と言う
こういう人はすぐに難しい。と言うのよね
難しいかもしれないけど、不可能ではないわけで
難しいといわれた時点で、もしかしてこの人これを抱えていたいのかな?とさえ思ってしまう

幸せになりたくない人なんていないと思うんだけど、気持ちよく暮らしたくないのねとつい思ってしまう
私は気持ちよく暮らせるためには、人がいいということは何でもやるからさ
Commented by cocomerita at 2010-08-12 08:12
Ciao nobさん
kanafrさんのコメレス書いてたら、ドカーーンと入ってきた
いっつもどうもねーー
嬉しいよ ^^
>思わずリスペクトしそうになる?
ってことは、まだしてくれてないんっだねっ

そだね、依存とか自分に対するエクスキューズとも言えるかも
一生懸命なんでもやってみて、
それでも不幸だと恥ずかしいから、実はこんなことを抱えてるんです、
だから私は苦しいんです、と言い訳にしてる、ようなそんな気もしないでもない..

助けてほしいとも思ってないんだろうねえ
ただ聞いてほしい
で、大変ねえと言ってもらえばそれでいい。みたいなのはあるかもね
私は、合理的だから、問題とか悩みをか聞くと、
おお、それは大変!とすぐに解決モードに入っちゃうわけよ
それはこういう人たちにはむしろ都合が悪いのかも、、と思えてきたわ

続く
Commented by cocomerita at 2010-08-12 08:13
続き

私はさ、何かのご縁があって、袖すりあってるわけだから、少なくとも私の周りにいる人は、気持ちよく呼吸して、頭もちょっとすっきり軽く暮らしてほしいと願うんだけどさ
ほんと、グリコのおまけを集めるように
自分のトラウマ、これもこれもほらこんなのもあるんです。と集めて、しっかり離したくない人っているんだよね――
人の心の中は、ホント難しいわ
男前というよりは、前にnobさんにも言われたけど、ただのおせっかいなの。わたし わははは

ぁ、すっごく長くなっちゃった ^^
Commented by nob at 2010-08-12 08:44 x
えー、げふんげふん。尊敬するjunkoさんへ(笑)

意外と根に持つタイプなんすね(爆
いや、そんなことはどうでも・・

自分もお助けモードに入りやすい人なので、出口のない話を希望もなく聞かされるとイラッとくるんですよねー。何がしたいんだ、どうなりたいんだと。
逆に人が抱え込みつつ自分でなんとかしようと思ってるモノを、ほーら人に話すとラクになるわよぉ~アナタを理解したいの、だから何でも打ち明けて、ね?
みたいに興味本位丸出しで覗きにくるバカも同類っすけどね。

休み中オフラインになりますのでワタシのウザコメも
これでしばらくお休みです(笑)
piu' tardi~~~
Commented by saheizi-inokori at 2010-08-12 09:55
ポポロ座事件というのがあったなあ。
半世紀以上も前のことです。
Commented by hitomille at 2010-08-12 10:14
確かに。。根っこの深いのは問題ですよねー
実際、その人の人生全般に影響を及ぼすのは間違いない。
でも、そういう私も、表面的には笑って話をすることも、今だに昔のいやだったり、苦痛だったりしたことと、同じ設定の夢を見るんです。 で、その時は、やっぱり当時と同じ気分(またはそれ以上)になってる。 ・・自分でも意識できない自分、ー根っこはすごく深いのかも(苦笑)
Commented by junko at 2010-08-12 15:04 x
Ciao nobさん
根に持つというよりも、重箱の隅をつつきほじくるタイプです。ははは

ぁ、夏休みですか――?
いいですね――
どこへお出かけでしょうか?
あ~~ら、淋しくなるわ~~
早くお帰りになってねえええ 笑

楽しい夏休みを!
a presto!
Commented by junko at 2010-08-12 15:05 x
Ciao saheiziさん
へ――どんな事件だったんですか?
Commented by junko at 2010-08-12 15:12 x
Ciao hitomilleさん
なんかさ、そのことが堤防のようになって、すべての特に嬉しいとか楽しいという感情を素直に感じる部分をフリーズしてしまうような気がします。
だから、今起きてることをどこか心から味わえない
つくづくもったいないと思うのです。
私の父がそうだったのでね

でもさ、hitomilleさんは最近とても楽しそうで、いい感じよ
なんか消化しはじめてるんじゃないかな?と思うけど...
違うかな ^^
Commented by marquetry at 2010-08-12 21:01
たぶん、一番捨てたい物に、一番の思いが有って、捨てられないのよ...きっと。キライとスキが表と裏でくっついてるみたいなもの...。
私も、女だけの3番目で、男の子を期待してたらしい...なので、小さい頃から、よく言われてました『○○ちゃんは、お腹の中に、オチ◯チ◯忘れて来たのよね〜』小さいながらに、ほっといてくれ!と思いながら、『お腹の中で、食べちゃったの〜』と、愛嬌。
捨てられない物を、腐らせるのも、宝物にするのも、自分次第。
捨てても、忘れられる物でもなければ、切れる縁でもない...ならば、いっそ抱きしめられたら、楽になるのに....むずかしいね。
Commented by nyanmyupurin at 2010-08-12 21:40
この方は、自分が満足するほどにはお母様や、それが叶わないならもしくは身内に愛情を十分にもらえなかった(または愛情を掛けてもらっていることに気付けなかった)のではないでしょうか。だから、いつまで経ってもシコリのように心に残ってしまって手放せないんじゃないかなあ。全ては自分の心が決めることなんだけど、まだ時間がかかるのかもしれませんね。このご友人も、私の身内にいる求めるだけの人なのかも…とも思いました。損なのは自分自身なのにね、そばで見ているjunkoさんは、きっと残念でならないでしょう。
Commented by mimizu-1001 at 2010-08-12 23:14
役に立たない。むしろ、害しか及ぼさない、そんな過去の記憶
ってのは客観であって、本人もまた頭では同じように考えてるとしても、心の深いとこではそうは思ってないって場合はよくある話で。
だったら、当事者にとっては簡単じゃないのも納得はいきます。
でも、はたから見てる分には、そんなもん後生大事に取っとかんでも、、、と思うことってけっこうありますね。
Commented by ddeneuve at 2010-08-13 00:33
子供の頃に何気なく言われた言葉がずーーーっと心の奥底に残っていて、インナーチャイルドが愛を求めているのでしょうね。
その言葉によってどう傷ついたのか、どういう言葉を受け取りたかったのか、その感情と向き合ったら、
彼女には愛される価値があるんだよってことに気づいて欲しいですね。
その痛みは手放すことができるということに気が付いたらあとは前を向いて歩くのみ。
むかし私もそんな時期があったので気持ちはわかるんです。でも私達は今を生きなきゃ!ですよね。
Commented by junko at 2010-08-13 01:35 x
Ciao marquetryさん
あーあーあるねーーそういうの!!
キライとスキが裏と表でくっついてる
旨い事言うなぁ~~marquetryさん

人のことだからなんとでも言える、と思われるかもしれませんが、でもね起きたってことは理由があるから起きたと思うんです、私は
だったらばさ、腐った魚でもいっそ肥やしにしてやろう!と思う私は、しばしば関西ぽいといわれます。

ちなみに
「チンチン食べちゃった」marquetryさん
私はこっちでチンチンのある女と呼ばれていますが... わはは^^
Commented by junko at 2010-08-13 01:44 x
Ciao nyanmyupurinさん
本人が、や―めた!と決心しなければ
一生抱えて行くのだろうと思います。
所詮は自分の心が決めること
でもさーもったいないなーと思いますよ
Commented by junko at 2010-08-13 01:46 x
Ciao mimizuさん
「簡単」じゃないことは山ほどあり、
でも「不可能」でない限り、できると私は思うんですけどね
「簡単じゃない」という人に限って、試してもみない。ことが多いように思います。
Commented by junko at 2010-08-13 01:51 x
Ciao ddneuveさん
そうそう、そのインナ―チャイルドは、彼女に愛して、抱きしめて、遊んでもらいたがってるのに
彼女がそこの子と一緒に、愛が―って言ってるから、結局どっちも癒されない
愛の足りない人は、愛が足りない足りないと求めてばかり、でも本当は、そんな中で自分からあえてその愛を差し出すことによって、自分の足りなかった部分が反対に癒され満たされるのに、と思います。
私もこれ自分で経験してわかったんだけどね
やってもらいたかったら、自分がまずはやってみればいいんだよね
Commented by marquetry at 2010-08-13 11:58
私も、あきらめの悪いたちなので、腐ったら肥やしにしてやる!と、もがくタイプです。たまに、肥やしまみれになって、泣きたくなりますが、時間とバランスさえ間違わなければ、堆肥は、食べられる程の土に還ります。これは、すべての力の源になります。腐る...のは、過程の一部、そのあとゴミとして放置するのか?手間をかけるかですが、この手間には、自分以外の力が必要です。虫や菌類、バクテリアに、温度に湿度...様々な要素が、腐っても無駄にしない働きに不可欠。...問題は、虫や菌類がついた時に、迷惑だと感じるような悪臭や、見た目がある事...これを、拒否しては、肥やしになりません...案外、あえて、手を加えず、見守る(直視しない)...という事が、大事だったりします。...腐っても食うほど、強いとイイのですが、出来ないひとは、じっとその時を待つしか無いのかもしれません...。ちんちんの有る女には、それが、マドロッコしくって、痛かったりしますが、同じ所をぐるぐるするタイプの人は、辛いと言いながら、その慣れてる辛さを手放すのが怖かったりする物です。
ちんちんの有る女には、そうゆうタイプを前に、忍耐有るのみです。
Commented by junko at 2010-08-13 17:36 x
Ciao marquetryさん
わははh、エコロジー堆肥を作る講座
まあ、農業は人生のようなものだと私は思ってるから、確かにそうだ
ただね、しつこいようですが
この腐ったものを、堆肥にする虫や菌やバクテリアや湿気などはその本人がこの腐ったものを何らかの形で受け入れないと発生しないと
つまり、いやだいやだ あー辛かった何であの人は..と外部に振ってるうちは、それらの堆肥にするべき要素が発生しないと私は思っています。
私も、いくらちんちんあっても 笑 喰らうほどの元気も私にはないけど、すべてわが身のためと観念し受け止める。
すると、これは恐ろしく早く堆肥に変わるということは知っています。 ははは

農業も忍耐
人生も忍耐ですねー
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
黒い森の白いくまさん
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live
明日をもっと楽しく!した...

最新のコメント

ciao 草子さん 私..
by cocomerita at 17:14
お母さん、お父さんに、逢..
by green-field-souko at 15:02
junkoさん、こんにち..
by green-field-souko at 14:53
ciao saheizi..
by cocomerita at 10:46
ciao saheizi..
by cocomerita at 10:44
ciao noboruさ..
by cocomerita at 10:41
動画拡散しますね。
by saheizi-inokori at 10:26
「痛い、助けてえ」見てい..
by saheizi-inokori at 09:35
2年前、核兵器禁止条約締..
by noboru-xx at 07:29
ciao pop up ..
by cocomerita at 18:52

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル