私がローマで独りで始めたわけ 

「二人の少年兵」に涙する

二人の少年兵
人間魚雷?
神風特攻隊??

  ふざけんじゃない!

一人の人間の命を
その彼らの生活を

なんだと思ってるんだ!!


国のため
天皇のため

と 根も葉もないことを 吹き込まれ
最後まで嘘をつかれ  騙され

本当は 何よりも大事な家族を守るため

戦争で大事な命を落としていった人たち

戦争で犠牲になった人達の話を聞くと
鳥肌が全身に ざわっ と広がり
いいようもない怒りがこみ上げる


だから 正直言うと 日の丸は嫌い

戦争は 国をあげての国民に対する 巨大な詐欺行為

だから 正直言うと 天皇も嫌い

悪いことをやったり
故意でなくても 間違えてしまったりしたら 
まずは その迷惑をかけた人に 謝る のが普通の行為でしょうよ
いくら自分のお父さんがやったことでも 天皇は殉死した方たちに、詫びを入れるのが
人間の筋 だと思うのよね

なんかね
日本復興 っていうのもそっからな気がするのよ
過去に行った悪いこと ずるいことを なぁなぁ で 
ごまかしながらここまで来たから
国の礎が そっから腐り始め 崩れ 異臭を放つ

天皇の事を好きな方もいるだろうが
天皇制を否定してるのではなく

天皇が国の象徴というのなら
彼が まず誰よりも 天に正しい人 なり のお手本
示すべきじゃあなかろうか

そうすればね
ただそれだけで

多くの英霊の魂が 救われる と思うのです

一人の国民の命は
一人の天皇の命と
全くその重みを同じくして

                 尊い


b0150335_1924589.jpg

[PR]



by cocomerita | 2011-01-29 19:29 | | Trackback(1) | Comments(57)
トラックバックURL : http://cocomerita.exblog.jp/tb/14827862
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 七十代万歳! at 2011-01-29 22:41
タイトル : 二人の少年兵
私は日の丸が大好きなんですが・・・ 日の丸に振り回されて戦争の犠牲になった人は、複雑な思いがあるのですね。 兄と弟、二人で少年兵になり、兄は帰らず、弟はシベリアに抑留された。 猪熊 得郎さんが11年前に書かれた詩です。   兄と弟       二人の少年兵            猪 熊 得 郎 (「不戦」2000年2月121号) 一九四三年冬 二つ上の兄は 「国難ここにみる」と「元寇の歌」を歌って 「予科練」を志願...... more
Commented by keymyall at 2011-01-29 20:19
仰る通りだと思います。
ただ、天皇は、一人の人間なのに、一人の人間でない立場であるようです。
父が、官僚だったので、少し情報があったのですが、自分の考えすらいえない状況が多く合ったらしいです。
周りの人間が、、、、、悪かったのではないかと、私は思っているのです。

それにしても、『戦争』は、たくさんの命を奪う戦いであり、人間の悲しみを増幅させるものですね。
Commented at 2011-01-29 21:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by saheizi-inokori at 2011-01-29 21:34
一介の兵士までもが神・天皇の為に死に、または戦犯として死刑になりました。
その天皇は神から人間になることで法廷に立つことを回避しました。
これを差別と言わなくて!
Commented by もやこ at 2011-01-29 21:39 x
ごきげんよう。
戦争に悪も正義ないわよ。
どの時代のどこの国も国民を騙して煽って戦争してるわよ。
どの国も戦争時には非道の限りをつくしてるんだから。
終戦間際の韓国・ロシアの非道ぶりは全然表に出ないわよね。
所詮、戦勝国の論理だからね。

日教組の自虐的教育を受けて団塊の世代の左巻きの両親に
育てられてあたしも思いっきり左な人間だったわ。。。
ただただ日本は悪いことしたってね。
でもいろいろ知識を得て自虐教育の呪縛・洗脳がとけたわ。
南京大虐殺も従軍慰安婦も強制連行も左巻きな日本人記者の捏造だしね。
なんで日本人が日本人を貶めるのよ。
意味不明だわ(笑)

メディアは報道しないけどアジアは親日の国の方が断然多いのよ。
歴史を捏造してる韓国と中国だけヒステリックに騒いでるのよ。
あたくし右でも左でもないし天皇制に特に思い入れはないけどね
国旗、君が代が嫌いな総理、日教組の狂った連中。。。
反日教育で日本に干渉して日の丸を燃やす韓国・中国。
最近、嫌でも愛国心が芽生えてきたわ♪
ほんで日の丸好きになったわ♪
だって日本人だもん♪
Commented by hisako-baaba at 2011-01-29 22:52
もやこさん
南京大虐殺も、(規模はともかく)従軍慰安婦も、決して捏造ではありません。
それを見た人にとって、疑いようのない現実でした。

しかしそういう残虐行為は、戦争をした国々のすべてがやったこと。日本だけがやったわけではありません。
喧嘩両成敗ってわけに行かないから、勝ったものの理屈が通るんだけどね。
戦争そのものが悪だから、市民はたまったもんじゃあありませんでしたよ。多くの家庭が崩壊させられた。
Commented by mimizu-1001 at 2011-01-29 23:03
政治ネタを書く人は必ず1度はネタにする話題ね、今日の記事。
僕も4年位前に記事にしたことあります。
2年くらい前にはロシア映画「太陽」をネタにしたこともあります。

例えば南京大虐殺の「大」はないかもしれないけど、戦争なんだから虐殺は間違いなくあったわけで。
それを忘れちゃならんと思うし、それを基本に考えなきゃ戦争なんてなくなるわきゃないと思われ。
たくさん殺すのは悪いこと。でも一人二人が犠牲になるのはしかたないとか言うとしたら、戦争なんてなくならんわな。
Commented by marquetry at 2011-01-30 00:17
天皇が、軍を止められなかった事を一番悔いている...というのは何かで読んだ事が有ります。また、国家神道として天皇を祀りあげたのは,天皇自身ではなく、陸軍が作り出したもの...。虐殺や強制的な性の対象など実際に有ったと思いますが、戦後に名前のついた南京大虐殺や従軍慰安婦は事実の上に脚色された中国側の思惑があると思われます。もっと残酷に攻め立てたロシアの事を中国は非難しません。ロシアから中国を守るべく日本が大陸に乗り込んだ事も語られません。
戦争を肯定する気はありませんし、建前と本音と現実がかけ離れた当時の姿に、フツフツするのは避けられません。
違う考えや信仰など出来ず、命令に従うだけを求められ、命を捨てる事が当たり前の時代...少年達に選択の余地等有るはずも無く、また、国民にも選択の自由等無い...情報も今の中国の様に操作され、都合のいい事だけを信じ込まされていた時代...戦争とは本当に残酷なこと。...そして、今も、まだ人は争いを止められない...。
Commented by junko at 2011-01-30 03:43 x
Ciao keymyallさん
当然天皇は天皇ですから、私達とは立場も事情も違うでしょうが、でも、だからこそその自分の名のもとに、たくさんの人が命を失う羽目になった戦争が執り行われたとしたら、勝手に自分の名前を使われた。だから責任はありませんでは済まされないでしょう
天皇が神様でも、人間でも、国を代表し、こういう生活を送っている以上、彼は国民を守るという立場にあると思うのですよ
だからこそ、あなたが決めたことでなかったとしても、あなたの名のもとにサインをされたことはあなたの責任であり、それについて謝罪をする、それを本当に悪かったと思っているのなら、なおさらのこと
それさえもできないのなら、国の象徴でいる価値もないと私は思います。
Commented by cocomerita at 2011-01-30 03:52
Ciao 鍵コメさん
志木まで行くんで、まだ時間調べてないんだけど、
大丈夫かな―
私その辺の地理に疎いんで、また調べたら連絡するね
Commented by cocomerita at 2011-01-30 03:53
Ciao saheiziさん
そうなのよね
決めるのはてめーで、その結果の責任取らないっつーのはさ
なんなの?
私はそういう人に人の上に立つ資格はないと思うんです。
Commented by cocomerita at 2011-01-30 04:00
Ciao もやこさん
>国旗、君が代が嫌いな総理、日教組の狂った連中。。。
反日教育で日本に干渉して日の丸を燃やす韓国・中国。

こういう全く過激に反対側にいる人を矢面に揚げて、それでもいいのか?と言われてもねー
ジャッジに困るけど、悪いことは悪いわけよ
他の国がやっても、自分の国はしてほしくないわけよ
過去の責任を追及するとか、そういう問題よりもね
人間として、謝れないもんかと
間違えたんだからさ
迷惑かけたんだから
騙したんだから

>南京大虐殺も従軍慰安婦も強制連行も左巻きな日本人記者の捏造だしね。
ドイツには、今だにあのヒットラーのユダヤ人大虐殺をねつ造だと言ってる人が何人もいます。
笑うでしょ?
私がその場にいなかったから、真理のほどは言えないけど、被害者がいるんだから、あったんじゃない?と思うのが、妥当なんじゃないの
だって自分が被害者でよ、そんなことなかったって知らんぷりされたら、被害を受けたこと+余計腹立たない?
真実を責任を持って語れない人達は、謙虚に口を閉ざすのが私はせめてもの人間同士のエチケットだと思います。
Commented by cocomerita at 2011-01-30 04:05
Ciao hisakoさん
そうなんだけどねー
ほかの国もやってるから、うちもいいだろう、ってのは理屈にならない
確かに戦争の中では人の心理って、激しく狂うと思うわけよ
だけど、やってしまった後で、ふと我に帰ってみて、悪かったなと思ったらさ
未来に進む前に、自分の罪や過ちと真摯に認めて、まずはその方たちに謝罪して過去の清算するのが、未来への始めの一歩を踏み出す最上の方法だと思うんです。
汚れた土壌はまずきれいにしてからでないと、良い作物など育つわけがないのよ
それが今の日本って気がする
国を、国民を守るべき天皇が決めたことが、国民の不幸に繋がったのなら、まずはごめんなさいじゃあないの?
威張ってるだけで、責任もとれないそんな人なら、上にも下にもいてほしくないし、そういう人を天皇というタイトルだけで、旗振ってリスペクトする気にはならないわよね
Commented by cocomerita at 2011-01-30 04:09
Ciao mimizuさん
私は天皇が嫌いです
天皇制がどうのと言ってるのではない。
だからこのことはもうず――っと考えてて、前にも何回か書いたことがあるんだけどね
戦犯だ――とか、責任とって、賠償金だせ―とかそういう問題じゃなくね、
モラルの面で、人間として、一言さすまなかった。と言ってほしいわけよ
そんなこともできないのなら、私はそういう人をただ日本人だからというだけで頭上に掲げる気は全くないってこと

>たくさん殺すのは悪いこと。でも一人二人が犠牲になるのはしかたないとか言うとしたら、戦争なんてなくならんわな。
その通り!!
Commented by cocomerita at 2011-01-30 04:18
Ciao marquetryさん
私たちは、物質の世界に生きてるわけで
何かを認識するには、見ないと認識できない
だからね、「思った」ってだけでは 全く不十分
悔いてるっていうのなら、態度に出してみてよ
そうしたら本当に悔いてるのねと信じてあげる
そういうことでしょ?
>...中国側の思惑があると思われます
二人の泥棒がいました
盗まれた人が片方を非難し、片方を非難しなかったとして、それは被害者の勝手であって、同じ罪で非難されない人がいるからと言って、もう片方の罪が消えるってことはありえない。
ロシアも何も関係ない
日本人は自分がやったことが間違えてたとわかったら、潔く謝罪する国民なのだ
私の言いたいのはそういうこと
実際に、被害者がいる中で、日本の国民も被害者だしね
そういう人たち前にして、実際に真実を知りようもない私たちがねつ造などというのは、全く全く失礼な話だと思うよ

続く...

Commented by cocomerita at 2011-01-30 04:18
続き
>違う考えや信仰など出来ず、命令に従うだけを求められ、命を捨てる事が当たり前の時代...少年達に選択の余地等有るはずも無く、また、国民にも選択の自由等無い..

だからこそ、そういう時代の天皇のジャッジの責任は重いわけよ
そしてそこを利用した罪も相当重いと私は思う
Commented by nmariomama at 2011-01-30 05:50
こんにちは^^
私の父もシベリア抑留組で、帰還できたのは、ほんとに奇跡だったと言われたようです。
そして、その抑留期間中、どれだけの仲間が死んでいったのを見たのかと思うと父の苦悩は計り知れないと思いました。
そして、父は50歳で亡くなったの。
今考えてみると、この抑留体験が深く彼の人生に影を落としていたなあ、、、と思います。
早死にしたのも、どこか生きることに希薄になっていたのではないか、、、とも。
まあ、それでも、それを天皇のせいにする気にはなれず、せめて未来において、私たちが繰り返さないようにする、これしかないかなあ、、、、と思うのよね。
あの時代はしょうがなかったのよ、、、、ですまされないことはわかっているけれどね。
Commented by junko at 2011-01-30 07:02 x
Ciao まりおママさん
そうなんだ、お父さん大変だったね
大変なんていう言葉では言い表せない
地獄よりひどかったと思う
そういう経験すると、きっと価値観なんかも全く違ってきてしまうんでしょうね
シベリアでも辛かっただろうけど、そのあとも辛かっただろうなー
今は幸せでいてくれると思うけど..
50才じゃぁ早いよね...

でもね、天皇のせいとかそういうことではなく、
確かに平和な未来を構築していくのは私たちなんだけどね、でも歴史って一個一個区切って終止符をつけて行かなければいけないところがあると思うのね
その終止符ってさ、私は..まあ、ありえないだろうが天皇の謝罪だと思うわけよ
肝心の責任者が終戦になってもうやむやにされて責任とってないわけだから、天皇の天皇であるがゆえの神々しい正しさをここで国民に見せてほしいと思うわけです
それは、何にも知らない私たちなんかのためじゃなく、重ねて言うけど英霊の人達、戦争で亡くなった多くの国民の人達のため、そしてまだ戦争の傷跡を引きずって生きてる人のため
そういう人達がそれによって、心の中で自分のやるせない思い、悲しい過去にある意味終止符つけられて、先に進みやすくなるんではないかと思うんで
Commented at 2011-01-30 09:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kanafr at 2011-01-30 10:18
天皇に戦争責任はあるのか!って言うのは私と母との間でいつも論争の元になっていたの。
私はjunkoさんと一緒。どんなに実際は軍部のお飾り天皇だったとしても、天皇の為と言って死んでいった方達の赤紙にはあなたのお名前がはっきり書いてあった筈って思うのよね。
それでも母はやはり天皇には戦争責任はないと言い続けていたけれど、晩年、アルツになり、本音で語るようになったら、はっきり昭和天皇に戦争責任はあると言っていたの。
病気にならないと言えないかった本人の意識の中に根付かせた天皇=現人神の教育っていうのは凄いなあってある意味感心したわ。
Commented by kanafr at 2011-01-30 10:22
実際に戦争に行った方達は、戦争と言う名の下で自分が犯した殺人を悔いて苦しんでいる方も大勢いる。

でも実際に目の前で殺人を犯さずに済んだ昭和天皇に彼らの苦しみは永遠に分かる筈がなく、多分、実感はないまま亡くなってしまった。
だからと言って今の天皇にこの事を謝罪しろと言っても無理でしょう。
天皇の名の元の赤紙は明治時代からだから、そしたら日清戦争の時代からの謝罪をしなきゃいけなくなる。
今では謝罪をしたくない人が多いからなのか、戦争で苦しまなくてすむように、コンピュータでゲームのように遠隔操作で殺人ができる兵器もできている。
恐ろしいよね。
2人の少年兵の詩私も読んだわ。
愛国心という人の心の痛い部分を利用する人達に対し、疑問を感じる日本人にならなければ永遠に終わらないと思う。
Commented by vicolos at 2011-01-30 12:04
どうしましょっ!
私は皇室ひいきなのよ。
今生天皇は皇太子時代から慰霊のためにアチコチ出向いてらっしゃるよね。
そういう責任の取り方じゃ、junkoさん的には甘い?
オロ、オロ・・・(汗)
Commented by kiyotayoki at 2011-01-30 13:02
先の戦争で空しさを感じるのは、
靖国神社が今も当時と同じ存在価値を有しながら、東京の地にあるということです。

国に命を捧げる対価が「死んでも靖国で会える」だなんてとんでもない罪作りな仕掛けを作ったものだと思いますし、「英霊を弔うため」を金科玉条にして、というより、死んだ人々を人質にとったような形で今も存在し続け、しかもその存在を当然のごとく支持する人たちがいることに空しさを感じるのは僕だけではないと思います。
救いは、8月15日に天皇家が靖国神社を参拝しないことぐらいでしょうか。
Commented by marquetry at 2011-01-30 13:03
天皇の謝罪の言葉は、たぶん報道の中でニュースには出なかったかも知れませんが、実際は、謝罪行脚を天皇はしている...と私は認識してる。中国には89年だったかな?あの時は角栄が表に出てて、天皇の話はちっとも話題にしなかったのは、中国側が謝罪の事実を隠したかったからだと私は考えてる。天皇は2.26事件以降信頼出来る幹部を失い、皇室に情報も事実が伝えられる事が無かったと聞いています。終戦を迎える時、天皇は軍を騙した形で調印に出向いたとも聞いています。...国民の命とひきかえにするには、だいぶ遅かった決断かも知れませんが、もし、もっと早い時期に白旗を揚げていたら、今の日本は中国やロシアの物になっていたでしょうし...そうならなかったことを、私はよかったと感じています。戦争を経験した人達の思いは、語り尽くせない物が有ると思いますし、それを、わかってあげる事も,私には出来ないと思いますが、こうゆう話を、残して行く事が、私に出来る精一杯の事なのかも知れません...cocomeritaの怒りは、大事だよね。その怒りを忘れないようにしなきゃね...。やっぱり、cocomerita党つくって、日本で吠えてもらった方がいいかもしれない?
Commented by ましゅまろ at 2011-01-30 13:13 x
人間魚雷や、特攻隊、今でもやはり、この言葉を聞くだけで
寒気がします、私も。
その時代に、たまたま生まれて、人格もへったくれもなく、
そんなものに入れられて、ただ死ぬ為に送られるなぞ、戦争だから仕方なかった、などという言葉では済ませられない。
戦争で散った命、などと軽々しく言えない。
散ったんではなく、自分の国に殺された。
始めた責任、終わらせる決断、今や終戦記念日にだけ、取り沙汰
されるけど、確かにうやむやに。
それらの責任、今、生きている私たちが見届けなくてはいけない、それが、死んでしまった人たちへの私たちの責任では。。。と、思います。



Commented at 2011-01-30 13:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cocomerita at 2011-01-30 19:24
Ciao 鍵コメサン
ハハハ、確かに、
彼女は私たち同様熱いんです
でも一番本当の事の近くにいる人だと思いますよ

でね、鍵コメさんの動画観ましたよ
でもね、私の言いたかったこととちょっとずれるんですよね
まあ、動画の話に戻ると私はデーブの立場に賛成。
なかったと言ってる人、論旨も根拠もなくて弱いわ 笑
要するに、日本が嫌いな中国人と中国が嫌いな日本人が単にお互いを非難するためにこの話題も引き出してる気がする
ないって言ってる人は、単なる自己弁護
鍵コメさんは日本人が日本人を戒めるのはけしからんとよく言うけど、私はそこが大事だと思うのよ
自国が犯した間違いは自国の人間がまず認め正すべきでしょ――
中国人になんと言われようが、誰になんと言われようが、どんな情報を肥大化されようが、日本人は常に自分の歩んできた道、自分のしたこと、することを自分らの目で冷静に見、検索して行かなければいけないんじゃないの?
20万であろうが、1万であろうが、100人だって私は虐殺だと思うもん
Commented by cocomerita at 2011-01-30 19:25
続き 鍵コメさんへ
戦争のときは...あの時代に今の感覚で考えるのは違う??
どこが違うの?
悪いもんは悪い
迷惑かけた人がいるならまずは謝るのが筋でしょ
でね、私が言いたいのは、南京事件があったかなかったかってことではなく、戦争責任の事を言ってるのよ
外国に行くたびに謝罪してるとしたら、なんで自国の民に謝れない?
それじゃあ、外にはいい顔するけど、うちは家族で内輪だからいいじゃない―っていう事になる
さらし首なんて私だった望んでないわよ
無意味だもん
でもね、あの戦争の傷跡を抱えている人はまだいるわけだし、南京事件でなく、参戦を決めたのは彼なわけで、徴兵も彼の名前で行われてるわけよね
だからね――南京事件はともかく、そうやって自分の愚かなジャッジで悲惨な意味のない戦争に引き込んでしまった国民に何故謝罪ができないか?ってことを言ってるの
それが、彼の父の名のもとであったとしてもね

続く
Commented by cocomerita at 2011-01-30 19:26
続き
過去に自分の家族や、自分の同国人が犯した過ちを修正する(事件を修正するのではなくね)
当事者との関係を修正する、と言うことも現代に生きる私たちの責任であると私は思ってるんで、戦時中にはみんなが狂気に走るから仕方ない。と言って終わらせたくないし、それしちゃいけないと思うんです。
長くなっちゃったけど、最後まで読んでくれてありがとう。
Commented by cocomerita at 2011-01-30 19:52
Ciao kanafrさん
そうなのよね
その現人神というところを、まあ言わせてもらうと利用した
その現人神に口答えなどできるわけもなく
彼がやったか、その周りにいた奴らがやったかはともかく、彼等の作った戦争賛歌にそんな国民をまんまと引きずり込んだ
その罪はね、重いと思うんです
大体、神は守り、導くべき民にそんなこと強要しないっつ―の!!
っていうかさ――
人から謝れと言われなくても、自分の心に重くないかな――と思うんだよね
天皇と名乗り、ともかくも国民に崇められ、敬われる立場にいるのなら、それに値する人間性を見せてほしいわけ

Commented by cocomerita at 2011-01-30 19:52
続き
>昭和天皇に彼らの苦しみは永遠に分かる筈がなく、多分、実感はないまま亡くなってしまった。
冗談じゃないですよ
今、記事で読んだだけでも、胸が痛くなり怒りがこみ上げるっつ―のに、自分で体験してないから罪の意識わかりませーーん
なんて言わせない
だからね、それじゃあ天皇たる天皇じゃないでしょうが!と思うわけよ
日清戦争から謝らなければいけないのなら、歴代の天皇の名のもとに、謝ってもらおうじゃないの!と思うのよね
実際に手を染めたから戦争の苦しみがわかり
それじゃあ実際に手を下すと苦しむから遠隔装置で..
一発ボタンを押せばそれで自分の手を下さないから罪の意識がない?
それじゃあ私らの想像力はどこにあるわけ?
そういうもんではないと思うし、
やっぱりもとを正せばさ
人の命がいつ始まり、いつ終わるかは神様しか決められないわけで、それをいかなる理由があっても人間がしてはいけない
それから、人の持ってるもん欲しがるな
テリトリーにしても、資源にしても

ぁ、なんか十戒みたいになっちゃったわ ははは
Commented by cocomerita at 2011-01-30 19:56
Ciao vicolosさん
わははh、おろおろしながらも
スル―せずにコメントを残してくれてありがとう
>今生天皇は皇太子時代から慰霊のためにアチコチ出向いてらっしゃるよね。
そういう責任の取り方じゃ、junkoさん的には甘い?
甘い!!
それはそれで大事なことだけどさ
それならなんで公に謝罪できない?
この公ってとこがポイントなのよ
こそこそ慰霊されても、十分じゃないな、と私は思う
この公に堂々と、というところが私が彼にとってもらいたい態度なのよね
そんなこともできないのなら、
いくら非災地に慰問に行こうが、天皇なんてその程度のもん、要するに表面的なお飾りなのね、と思わざるを得ない
Commented by cocomerita at 2011-01-30 20:02
Ciao kiyotayokiさん
要するに、まあ戦争って何でもそうなんだけどさ
始めから終りまで、嘘の塗りたくり
死んでも、そういう嘘に突き合わせれ、祀り上げられるなんて、ここまで人を馬鹿にした態度もないわけよ
ただね
本当の参拝、悼む心というのは、参拝するしないと言うそれだけで語られるものではない気がするんです
8月15日に参拝しないことがなんで救いなのかわからないけど
自分のミスジャッジで、あんだけ苦しい思いをさせ、彼らの人生台無しにした、それは戦争に行かなかった市民の人も同じくね、それを償うのに、参拝だけでは到底足りないと私は思うのです。
Commented by cocomerita at 2011-01-30 20:16
Ciao marquetryさん
彼が中国で云々ってのは記憶にあるけど、
そんなの当たり前
中国孤児を育ててくれた中国人の人にお礼もしろ!!の世界よ
だけどここでいいたいのは、体外への謝罪ではなく内輪だから――ってことでなぁなぁにすることなく、その内輪である国民に謝罪しろってことなのよね

>天皇は2.26事件以降信頼出来る幹部を失い、皇室に情報も事実が伝えられる事が無かったと聞いています
それは彼のマネージが悪いってことよね
そんなことは言い訳にもならない
言わせてもらえば、てめーの名前で始めた戦争、何があっても、どんなことも残らず把握しようとする努力っていうのも彼の責任の一環だと思うから

>もし、もっと早い時期に白旗を揚げていたら、今の日本は中国やロシアの物になっていたでしょうし...そうならなかったことを、私はよかったと感じています。
あのねー―どうしてそこまで弁護するかな――
白旗云々じゃなくやるべきじゃなかったのよあの戦争は!

続く
Commented by cocomerita at 2011-01-30 20:16
海外の情報をもっと把握してたなら、
いまだに日本の対外の情報を把握しようとする意思、超希薄だけどね
欧米にたてつこうってこと自体がそもそも無理な話で、中国の領地に手を伸ばすんでなく、日本国のこの島で満足してればよかったじゃない
そもそも、自分のもんじゃあないんだからさ

本当は怒るだけでは全然不十分
今の日本は世界のどこの国からもリスペクトされてない
リスペクトされてるように、日本人が勝手に思い込んでたのは、バブルでお金が有り余ってた時のこと、それだって陰では笑われてたけどね
今こそさ、本当の日本の立ち位置ってのを、世界に対しても確立してもらいたい
でもそれには、過去の汚点を認めて、謝るべき人には謝り、お礼する人には感謝する、そっからじゃあないかと思うわけです
私が総理大臣になれたら...
まずはそっからだね
そうでないと日本人の人達自身が、自分の国籍に誇りが持てなくなる
誇りの持てない国のために、だれが頑張れるか?
そういうもんでしょ??
Commented by cocomerita at 2011-01-30 20:23
Ciao ましゅまろさん
そうそう、そうなのよ!
私もそれだけで、鳥肌が立ち、むら―っと訳のない怒りがこみ上げてくる
散った??冗談じゃない
日本語ってホント便利よね
殺されたとまでは言えなくても、死んだと言おうじゃないの
一体どんだけ気が狂えばさ
一人の人間魚雷に入れなどと言える??
それも人間使わなきゃいけないってことはその時点でもう負け戦なわけよ
馬鹿にするんじゃないよ、そんじゃぁ、人にいう前にあんたが入ってみろ!の世界
これはもう人権問題
その時点で、日本人情けね―なと思うけどね
都合のいい時は責任者ぶり、都合が悪くなるとその地位を利用して真っ先にすたこらっさっさと逃げる
本当の責任者というのは、最後まで部下を守るからこそ責任者なわけで、それができないのなら、責任者の資格ないわけで
だから天皇も同じこと
そこまで、国民の意識の中に降りてこれないのなら、私は今迄通りお飾りという認識しか持てない
でもね、今の日本に必要なのは、損得考えない、心からの行為だと思うのよね
それをまずやってくれるのは、天皇と名乗り、あそこに鎮座する彼なのではないかと
そのための天皇なのではないかと思うわけです。
Commented by cocomerita at 2011-01-30 20:25
Ciao 鍵コメさん
うわ――そうなんですってね
伺いました
それでは、何よりもお家にいなくてはね
又の機会にね
お嫁さんの安産をお祈りしています ^^
Commented by mink330 at 2011-01-30 22:36
う~ん、なんとも言えない問題ですね。
jyunkoさんの言うことも正しいし、その時は
それでしょうがなかったんだとも思えるし・・・

ただ一つ言えるのはもう二度と戦争はしていけない
ということだと思います。
Commented by pinkfleur at 2011-01-31 00:01
junkoさんは何を間違いだと言っているのですか?
戦争そのものですか?
それぞれの国にはそれぞれの正論があり
合意できないから戦争に至るわけです。

>根も葉もないことを 吹き込まれ
最後まで嘘をつかれ  騙され
>戦争は 国をあげての国民に対する 巨大な詐欺行為

私はそうは思いません。何を騙したのでしょうか?
先の戦争はロシアひいては白人世界に日本が呑みこま
れるのを阻止しようとした戦争です。

白人の植民地下になりたくない、凌辱されたくないから
一丸となって戦ったのです。
しかしながら日本は負けました。
終戦後7年間アメリカに占領統治され
言論の自由は奪われマスコミ全てに検閲が入り
日本は間違っていた、日本が悪かったという
自虐史観教育をされました。
負けた日本が悪い。アメリカに歯向かった日本が悪い。
勝者の理屈です。 
つづく
Commented by pinkfleur at 2011-01-31 00:09
つづき

>過去の行いの悪い

これは正しく戦後自虐史観教育から出た言葉だと
私には聞こえます。
白人世界相手に戦ったことが悪い行いですか?

南京のこともそうです。
どうして中国人や欧米人の一方的な言い分だけを
鵜呑みにする人々が多いのか全く理解できません。
「見た人がいる」というただそれだけで。
南京事件
南京の中国軍には当時トップがいなかったため大混乱
指示命令系統に支障をきたし中国兵が民間人を装って
襲ってきた。それに日本兵は応戦した。

日本が勝っていたら南京の話は正当防衛で負けたので
虐殺ですか?

今のイラクを見て下さい。日本と同じです。
今のイラクのマスコミが「サダム・フセインはよかった」
とは決して書きません。もとい書けません。
我々が見聞きするニュースでもイラク国民が口にする
のは「アメリカのおかげ」の一辺倒です。
つづく
Commented by pinkfleur at 2011-01-31 00:15
つづき
junkoさんは謝れとおっしゃる
負けてそれは間違っていたと?勝っていたら正義ですか?
それではたんなる勝者の理屈です。

勝っても負けても行ったことには変わりなく
勝ち負けで正義までもが決まるのなら
守るべき信条など存在しなかったことになります。

>日本復興 っていうのもそっからな気がするのよ
過去に行った悪いこと ずるいことを なぁなぁ で 
ごまかしながらここまで来たから

私は真の日本復興は自虐史観を正すことからだと思っています。
勝者から押しつけられた誤った史実で
日本や日本人を貶めたくはありません。
このままでは日本の戦争は単なる侵略戦争で
全日本人は極悪非道の烙印を押されたままです。

私は靖国神社にお参りしたこともありますし
実家のお墓の戦没者碑にもいつも手を合わせています。
おわり
Commented by cocomerita at 2011-01-31 04:49
Ciao minkさん
もしかしてここまで掘り下げることではないのかもしれないけど、その時はしょうがなかったで終わらすことではないと思います

戦争には、正当な理由など存在しないと思うので、本当に二度とするべきではないと思います、
Commented by cocomerita at 2011-01-31 05:06
Ciao 鍵コメさん
鍵コメさんもおっしゃってる通り、互いに折れることはないと思いますので、あえてまた再び反論はしません
鍵コメサンが私の考えを理解できないのと同じように、私もできませんから 
ということで...これは終わりにしたいと思います
わかりあえないこともあるってことですね
ファシズムってところがわからないけど
ファシズムってこういうことではないと思うけどね
まあ、いいです...

何回もありがとうございました
Commented by cocomerita at 2011-01-31 05:15
Ciao pinkfleurさん
ごめんね
長々と丁寧に書いていただいたけど
pinkfleurさんが、>で掲げてるところ
全く私の言いたいことをわかっていらっしゃらないと言うことが明白なので、
それにいちいち反論してると、泥沼になりそうなのでやめておきます
ただ、詐欺というのはすでに敗戦とわかっていたにもかかわらず、兵士を神風という名のもとに死に至らしめた、援軍を送るから頑張れと言っておきながら、多くの戦地に兵士を見捨てた
そういうのは、詐欺じゃないの?
そして戦争を始めた理由は、私の記憶が正しければ、そういうことではないですよ
ムッソリーニが何で日本までわざわざ来るわけ?
まあ、こうしていろいろ読んでるとね
考え方がもう出発点から違うから、私もそうなんだろうが、そちらも先入観の様なものがあって、わかりあえることはできないと思いますよ
だってさー 自虐史観ってなに?
自虐なんてかけらも持ち合わせてませんし
そういうことではないんだよね
それならなんでマ逆の報道信じるの?と私は問いたいし

まあ、それぞれ、それぞれの考え方があるってことにしておきます
おわり
Commented at 2011-01-31 05:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-01-31 06:00
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cocomerita at 2011-01-31 07:50
Ciao 鍵コメさん
全くその通り
でもそう信じてる人に、何を言っても多分伝わらないだろうと思いました
私が言いたいのは、中国が――とかロシアが――とか、アメリカが――とかそういうもんではなくね
とりあえず自分のジャッジでたくさんの人がものすごい不幸の中に巻き込まれたわけよ
で、みんな一緒に苦しんだってのならまだ納得するけどさ、いつも例に従い、えらい人っていうのは、そんな苦しみの端っこさえ舐めてない気がしてね
で、その高見の見物に近い人々が、国民の自由な意見や選択の権利も押しつぶしたわけでしょ?
憲兵につかまったら死
戦争に行かなかったら、家族もろともひどい目にあう
そうやって、半ば強制的に人々をかりだした戦争の中で、たくさんの嘘、つまりプロパガンダがあるわけよ
それをまず私は詐欺と呼ぶしね
まあ、済んだことは済んだことなんだけどさ、
彼等の中に、すまなかったっていう気持ちは少しでもないのかなあと
だったらさ、ごめんねと一言いえば、自分も相手も気持ち良くなるのになあと
ただそういうことを言いたかっただけで
はっきり言ってなんで南京大虐殺、ファシズムの話にまでなってしまうのか、私には正直言ってわからないのよね

Commented by cocomerita at 2011-01-31 07:52
そういうことがなかったと言うのなら
そういうことがあったかもしれないっていう可能性も考えるのが、公正な考え方だと思うしね

戦争は、まずは始めた奴が一番悪い
...と思います

わざわざlコメントをありがとうございました
戦争の始まったきっかけはね
↑にも書いたけど、私の記憶が正しければ、ああではなかったわけで、私の記憶が正しかったと証明できてよかったです。
Commented by cocomerita at 2011-01-31 16:19
Ciao 鍵コメさん
それがファシズムというのかどうか...
私の認識では、それもまた違うと思いますが  困’
真剣に返信してると、そうなるのかもしれません
さらし首的などと思ってお返事したことは、今まで一度もありませんし
鍵コメさんのコメントってそうやって鍵コメさんいうところの「攻撃される」意見だったの?
こういうのは、あくまでも意見の交換だと思ってますけど?
それが若干熱くなろうがね
個人的な云々は一切入ってないつもりだけど
自分のブログを利用??
まあ、自分のですから,使用かつ利用はしますけど
このコメントももしかして、赤裸々過ぎて鍵コメへの返答になってないかもしれないけど
そうだったら、すみません
大体鍵コメってもの自体、いつも変なの?と思ってるんで
表面的に、だれだかわからないようにお返事するほうがお好みだったのでしょうかね??
表面的な返事ほど失礼なものはないと思っています
民主的でない??
褒めてくださってありがとう
現在の様な民主的などではありたくないといつも思ってますから 笑

毎回お知らせいただきありがとうございます
...別にあえて別途にご連絡することはないと思います
Commented by coro at 2011-01-31 17:08 x
私は難しいことはわからない。
わからないけど、ひとつ言えるとしたら、
命は誰のものでもなく、
自分だけのもの・・・
時代に翻弄されて、命を捧げてしまったことに、
本当は誰もみな後悔しているじゃないかと思う。
後悔っていうより、後悔すらできなかっただろう。

私は戦争の話が嫌いです。
特攻隊の話も、どんな思いで臨んだかなんて、
想像すら出来ないけど、
特攻する前日に撮ったであろう写真は
なんて清々しいのかと思うぐらいの笑顔で、
その笑顔が何を意味するのかも、
やはり本当のところはわからない。
でも今の時代と違って、
まっすぐに国のために戦ったんだと思う。
この国がよくなりますように、
家族が幸せになりますようにと。
その願いも虚しく、
今の日本も今の政治も、今の世の中も
みんな彼らが一生懸命戦ったのに、
何が反映されているのだろう、
そう思うと、
戦争の話は本当に虚しくてキライ。

私は何も出来ないけど、
もし自分がその立場だったら、
最後の最後は「バカヤロー!」って
思いっきりさけんで、突っ込んでいったかもしれない。
きれいな思い出も何もかも吹っ飛んで。
悲しいじゃないですか・・・虚しいじゃないですか・・・
Commented at 2011-01-31 22:13
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by coco at 2011-01-31 23:42 x
つい先日も戦争の本を読み終えたばかり。。。
ちょっと想像するだけで辛いです。。
日本映画ってさー、“愛の為に”“国の為に”
“自分達の為に”戦ったっていうナレーションを
入れて戦争映画をものすごいお涙頂戴の感動作に
仕上げようとするんだけどさ、、、そんな美しいもの
のように取り上げるのはいいかげん止めて欲しいと
思う。何一つ美しくないんだよ。。みんな命令されるが
ままにまっすぐな心の人たちが洗脳されて借り出されて
命を失い、残した家族は悲観にくれて暮すという状況
に他ならないんだからっ!もうウンザリです。。
Commented by coco at 2011-01-31 23:43 x
続き
私が通ってた学校は古くからあるミッション系で
天皇制に反対だったし家も日の丸を上げた事のない
家だったから(昔は祭日とか田舎はあげてたんだぁ)
何の敬意を払うことなく生きてきたんだけれど反対に
悪意もなくて存在なしって立場だったんだけれど
そういうわけにはいかないんだよね。。。そう、彼らは
権限がなかったとは言え当時この国のトップのトップ
だったわけなのよね。。。私のせいではございません
って態度では居られないと思う。たとえ、一言一句が
全てコントロールされててもどこかでその機会を
作るべきだと思うなぁ。。
Commented by cocomerita at 2011-02-01 21:49
Ciao 鍵コメさん
とげがある??
ってますますわからないわ
そう言われたから全部のお返事もう一回読み直したけど
私的には、一番最後のお返事を除いては
とげのかけらも見当たりません
まあ、感覚の違いなんでしょうね
特定の相手ではなく、特定の意見にお返事してるつもりで、同意できないことがとげになるとは思わないし
最後のお返事にとげらしいものが存在するのは、とげのあるコメントのお返事だったからです 笑

まあ、こういうふうなことになると、それじゃあ あたりさわりなく猫の話やごはんの話してれば誰とももめずに済むのね―とは思うけど
そういうブログには個人的に興味ないんで
鍵コメさんも多かれ少なかれそういう方だと思ってましたけど
ということで、こちらこそ長々と有難うございました
鍵コメさんはどうかわからないけど
こうして本気で来てくれる人は、最終的には有難いと思います 
結局、本音にしか興味ないんで...笑
Commented by cocomerita at 2011-02-01 21:58
Ciao coroちゃん
私も嫌いなの
今の世の中さ、腹の立つ事、矛盾が満ちあふれてて、ただでさえむかっと来るのに
でも現在のそれは、もしかしたら個人の努力で改良できるかもしれないけど、過去のこの巨大な矛盾に対しては、もう何もできないわけで
亡くなってしまった人達にも何もできないわけで、
そしてcoroちゃんも言ってる通り、彼等のまっすぐな純粋な心を利用した。と思ってるんで、余計にいいようのない怒りがこみ上げて来て自分が辛いんだよね
特攻隊の子だってさ、なんであんなに清々しい顔で笑えるのよ――
と涙が出てくる
人間の一個の命も動物のそして木や草花の一個の命もそれぞれ自分と同じくらいにリスペクトすべき大事な命だと思うんですよね
それをさ、なんだかわけがわからないまま踏みにじられた、ホントやるせなくなるよね
だからさ、せめてこうしていつまでも忘れないで、こういうことがあった、こういう人達のおかげで今の私たちの生活があるってこと、伝えて行きたいと思います。
Commented by cocomerita at 2011-02-01 22:08
Ciao cocoちゃん
そうなのよね
それでもさ、最近はだんだんそういう傾向も変ってきてるからまだいいけど
当時は本当に国民は何も言えなかったんだよね
何か言えば自分だけでなく、家族まで憲兵に引っ張られたりする
一番やるせないのは、終戦直後にトップはほぼ敗戦がわかっていたのに、それでも兵士たちを闘わせ、硫黄島でもあったように、援助も送らず、ってか送れず
見捨てたこと
いざとなったら、そのトップが、その権威を利用して真っ先に逃げた
そうなのよ
天皇も操られたとか、それもあったと思うけど
でもさ、大の大人が自分の名のもとに合意したことは、やっぱその人の責任だと思うのよね
今の政治家然り、威張ってばかりでキチンとその地位ゆえの責任を取ろうと言う気概のある人が全くいない
威張るのなら、権力をある意味振り回すのなら、
そのメリットの対岸にある責任ということにも、きちんと対峙しなきゃあいけないんじゃあないかなあと。
っていうかさ、天皇ならさ
それくらいやってほしいわけよ
ちょっと人間離れした業を...
Commented by ddeneuve at 2011-02-06 23:58
他界した明治生まれの祖父の遺品の中から日記のようなもの(毎日つけていたわけではないよう)を見つけたの。そこには戦争への思いも綴られていて、
それを読んだ時、私が幼い頃に祖父母から戦争の話を聞かされた時の衝撃的な感情が思い出されてなんともいえない気持ちになったんです。
上手く表現できないけれど 過ちは二度と繰り返してほしくないし 歴史から学んで欲しいと思います。
Commented by cocomerita at 2011-02-07 04:03
Ciao ddeneuveさん
私の大好きだった祖父母も明治生まれで
母が働いてたから、いつも一緒にいたけれど、彼等から戦争の話を聞いたことがありません
一度だけ、終戦の時にラジオで天皇のお声を始めて聞いて、戦争に負けたと言うことよりも、初めて聞く天皇の声に涙が出たと言っていた祖母の
戦争を語れなかった気持が感じられ、子供心に心が淋しかったのを覚えています
結局苦しみや憎しみしか生まない戦争
二度と起こしてほしくないと思います

いつか知覧に行きたいと思っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live

最新のコメント

ciao junjunさ..
by cocomerita at 13:55
🎵読んで..
by ♥ junjun at 11:11
ciao sinkさん ..
by cocomerita at 17:06
続き そして 日本の政..
by cocomerita at 16:59
ciao stanisl..
by cocomerita at 16:51
哀れな男。そうしてまでS..
by stanislowski at 16:33
ciao junkoさん..
by sink_jpn at 12:30
ciao antsuan..
by cocomerita at 00:01
ciao antsuan..
by cocomerita at 23:58
あれっ? 最近皆さん、わ..
by antsuan at 20:11

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル