私がローマで独りで始めたわけ 

始めに

いわきに行ってきました

ボランテイアに行く前に
自分の知ってること 思ってることは 何も言うまい

と 心に決めて行った のだけれど

そんな覚悟は無駄だった

救援所の中にいても
わたしは単なる部外者で
彼らの心の中に まだぽっかりと口を開け 
まだ血を流し続けている傷口が
どんなに痛むのかなんて

想像できるわけがない

だから私は
ただ 黙々と作業をした

彼らが処理しなけれないけない
片づけなければいけない 莫大な量の 困難という瓦礫
その周りに散在する 小さな瓦礫を そのかけらを
わたしは一つづつ 黙々と取り除く

それしかできないのだから

毎日 毎日
その作業をずっと続けていれば
彼らが 今抱えているその苦難の重みの 何グラム かは
取り除いてあげることができるのではないかと

そう思うことしかできないのだ

先が全く見えないのだから

がんばってください
なんて言えない

わたしにできるのは
今 微笑んでくれたその人に 微笑み返すだけ

物資を選ぶ その背中に
幸せになってくださいと 祈るしかない

被災という現実に近づけば 近づくほど
その被害の規模の大きさ、深さに
言葉を失う

わたしがいま見ていることは
その巨大な被害の 膨大な悲劇の
ほんの ミクロのかけら でしかない

だからなおさら
何も言えなくなるのです

そのかけらにも満たない小さなものを見た その印象からの言葉が
彼等に対する風評を生んではいけないし
彼等の歩みを邪魔することがあってはいけないと 思うから

なんと言われようが
どんな歩き方であろうと
どんな立ち止まり方であろうと

あんだけの事をこうむった人達

なんでもいいじゃあないかと私は思う

前の私なら
簡単に あーでもない こーでもない 
こうしたほうがいいとか なんだとか

言ってたかもしれないが

表面的にちょっと見たからと
偉そうに 発音できる

そういう簡単なものではないと 思いました


b0150335_15264236.jpg


b0150335_1527012.jpg

[PR]



by cocomerita | 2011-06-02 01:12 | | Trackback | Comments(30)
トラックバックURL : http://cocomerita.exblog.jp/tb/15673273
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hisako-baaba at 2011-06-02 17:41
junkoさん
お疲れ様。有難う。
謙虚な気持ちで応援してこられたこと、junkoさんらしいですね。
ウチの息子も、現地の個人が欲しがっていらっしゃる家電などを、近隣地域で募集して、現地の運送屋さんを呼んで来て送るプロジェクトをちょっとだけ手伝ったようです。
欲しい人に欲しいものをマッチングさせて、品物と一緒に運送費もカンパして貰って、個人から個人への橋渡し。
とりあえず4トン車1台分送ったそうです。仕事帰りに近所で出来るちょっとしたボランティアでした。
Commented by marsha at 2011-06-02 18:01 x
junkoさん、
お疲れでしょう。 日が経つに連れて疲れが出て来ると思います。
それに心に受けた傷も。 これはなかなか癒えないでしょう。きっと沢山の我慢と辛抱の連続だったでしょうね。 疎外感ねー、そうだと思うわ、きっと。 日本人って、そういうところ凄くあるわね。 知らない人だとか、少し肌合いが違う人とか、直に仕分けして、なかなか笑顔を見せない人種ね。 自国の人に時々嫌悪感を持つ事がありますもの。 

junkoさんにはどれだけ有り難うを云っても云い足りないです。
日本赤十字がどうもあんまり信用出来ない組織みたいですから、junkoさんのように個人で善意を届けて下さる方が一番信用できます。 junkoさんは赤十字以上の人です。 
Commented by nob at 2011-06-02 18:17 x
そうだねー「被災者」って言葉で誰かをカテゴライズしちゃった時点で
もうその誰かは誰でもなくって60万人の「被災者」の1人になっちゃうんだよね。
60万分の1じゃなくって、1X60万だってことをつい忘れちゃいがちだけど。

ただワタシ思うんですが。安易に自分の苦しみで誰かの悲しみに手を伸ばしちゃいかんのです。
マイナスでマイナスは打ち消せない。そんなことしたって誰も救われない。これ、わかりますよね?
届けるなら問答無用のハッピーを!って芸もなく毎度同じこと言ってますけど(笑

そういうことだと思います。
Commented by melodynelson-2812 at 2011-06-02 19:09
junkoさん

 お疲れ様でした~。少しは休めるような感じですか?
前回のコメント見てわかる~と一人苦笑しました。私はすでに
結婚指輪とお財布(といってもカード類は別にしてます)を
失くしました!!もともと不注意なのに、疲れているともうほぼ
記憶喪失状態になるみたいです。
私は今日から3日くらいはのんびりする予定ですが、junkoさん
は?休んで欲しいな~・・。

本当にね、無力感感じますよね。もう理想論とか数値の羅列が
空しく感じますよ。あの状態だって、毎日毎日生きていかない
といけないんですもん。メールでも言いましたが、津波被害の
度合いよりもやっぱり放射能被害の重しっていうのはちょっと・・
その場にいかないと分かりません。
Commented by melodynelson-2812 at 2011-06-02 19:09
>> 続き
無力感に打ちのめされてもでも、その絶対的な不条理を目前に
した事は自分という人間を強くしてくれていると思います。自分を
謙虚な人間にしてくれたと思います。
南三陸の町長が”とにかく現状を見に来てくれるだけでいい”って
言ってました。東京から復興ツアーも出るらしいですよ。

私は大雑把に言えばやっぱり”行くことに意味がある”って思って
います。地元の人間でもないのに遠くから駆けつけてくれている
junkoさん達のような方たちには本当に頭が下がります。
Commented by hanarenge at 2011-06-02 19:17
現地でしか解らない事、現地の人にしか解らない事、こんな当たり前の事が、ニュースの媒体に一つ載るとさも全部がそうであるかのように観てしまいがちです、これは受け取る側にも問題があると思います。
さも、解ったように言う人の言葉で自分も解ったように思ってしまうんですよね。

あーしろ、こーしろ、今は少なくなりましたが(と、思います、テレビあんまり観ないから)流れていました。

何処の国も似たり寄ったりかもしれませんけど。

マクロからミクロまで、それぞれ事情が有って、それぞれ皆違うんですね。
私に今出来る事は、こつこついつまでも募金する事です^^:
Commented by coco at 2011-06-02 22:47 x
結局私は部外者なのだ・・とこの記事を読んで思った。
どれだけ“一緒に頑張ろう”と国中が叫ぼうと頑張る度合い
はまったく比べようがないのだと。
junkoさんのようにただ黙々と協力すること、それは
きっと彼らの力となったに違いないと思います。
不安はあれど今ある暖かいベッドと確保できる自分の
スペースと生活に心から感謝しています。
junkoさんもゆっくりそのスペースで休んでください。
Commented by ank-nefertiti at 2011-06-02 23:29
Ciao junkoさん
本当にお疲れ様でした。

現地でのさまざまなことは、言葉に出して言ってしまうと、もうそこですべてが止まってしまうということなのかも。
夫が4月の頭に岩手に行ったでしょ。
帰ってきて何も言わなかった。
あれは言えなかったのだと思います。
うちの夫は、まあ修羅場には慣れている男だけど、それでもきっと何も言えなかったんだろうなぁ・・・

junkoさんがひたすら作業をしていたというのも、よくわかります。
私もきっとそうだろうと思う。
だってそれしか出来ないよ・・・

ゆっくり休んでね。
我が家の夫は今月の半ばにまた岩手へ行きます。
今度は前回行けなかった山田町や大槌へも行くと言っていました。
今回は夏物を持っていきます。
日々必要なものは変わっているから、現地から情報をもらって、持っていくの。
私は、また子どもたちへノートやお菓子をって思っています。
今、出来るのはそれくらいだからね・・・私。。。
Commented by cocomerita at 2011-06-03 01:36
Ciao hisakoさん
そうだよねー
家電も必要でしょうねー
まあ、救援所では、そこまでできないのが現状だから、個人でやってもらったら有難いかもね

あのね、今回行ってわかったことの一つ
「欲しい人に欲しいもの」
やっぱりみんなにできるだけ平等に、と思うでしょ?
それがすごく難しい
だから結局最終的にはご縁でつながった人達を個人的に助けて行くしかないってことになるのかもしれません
Commented by cocomerita at 2011-06-03 01:53
Ciao marshaさん
あのね、ちょっと違うんですよ
そういうことではなくて...ぁ――文字にするのは難しい!!
彼らが拒否するのではなく、
疎外感というのは、私は所詮彼等と同じ立ち位置には立ってませんから、そこでのこのこ私の方から、大変でしたね―とか頑張ってくださいとか外に感情を出せなくなるってこと
つまり、陽気にも陰気にもなれないってことなんです
こう自分の存在をなるたけ、壁紙のような状態にする
そこで壁紙以上にしたら、なんかそれは自分の思い上がりに通じやしないかと...なんか考え過ぎかもしれないんだけど、
私は彼等の様な経験したことないから、妙にわかったふりなどできない ってことなんです
疎外感というのは、適当でなく、壁紙になったってことです
それでも、皆さんとのつながりはあったし(また書きますけど)
心の傷って言うのも、不適当なんですよ ごめんね

Commented by cocomerita at 2011-06-03 01:53
つづき
わたしは、傷つきませんでした
むしろ、事の重大さに、そしてその規模の大きさだけに、
人間がそれをマネージしきれてないってことも感じて、もっとなんかやらなきゃいけない!って気になって帰ってきました
事が大きいから、それを大きく括ってしまうと、個が救えなくなる
個は、個の単位でコツコツ関わっていかないといけないと思ったのです

わたしはまた行きます
今度はいわきじゃあないかもしれないけどね
そうやって個の単位でずっと彼等の困難と関わっていきたいと思っています
そして、少しでも多くの人が関わってくれるといいなあと思っています

赤信号みんなで渡れば怖くない
日本中で取り組めば、きっとこの被災も乗り越えることができるだろうし、
日本をいい方向に向けることができると思っています
Commented by cocomerita at 2011-06-03 02:01
Ciao nobさん
そうなのよね
ただね、私の書き方が悪かったのかもしれないけど
あそこには、少なくとも救援所には、悲しみとか苦しみはなかったです
私も苦しんだり、傷ついたりはしなかった
目の前にあるやることを淡々とこなしてる
他の人もそうです
むしろ、みんな驚くほど淡々としてるし、明るかったりする
でも、ちょっと話を聞くと、失業してたり、家を失くしてたり、そ
れもローンが残ってたりして、一緒にズボンをさがしたおじさんの着てたウインドブレーカーになんとか丸ってお舟の名前が刺しゅうされてたのを見た時は、何とも言えなかった
それはわたしがきっと彼らよりも放射能の状況を知ってるから、
より彼等の生活のその後を案じてしまう故に起きる、懸念かもしれないんですけどね
問答無用のハッピーは..まあこれも受け取り方だけど
わたしは、普通はそう思うんだけど、今回はね、思えなかったですね
心からの祈念というか、幸せになってほしいと言う思いだけ、声に出さずに送る。って感じかなぁ...
Commented by cocomerita at 2011-06-03 02:15
Ciao melody-nelsonさん
いや―そうなのよ
もともと私って謙虚って言葉からはほど遠い人間なんだけど
謙虚にならざるを得ない。 お座敷が前にあってさ、相手からどうぞといわれるまで上がれない そういう感じだよね

そうそう、いわきから帰っての3日間の東京
ホントもがいてるって感じで、疲れてるからもっと効率よく動けばいいのに、忘れ物をしたと引き返す、私そういうとこ自分のものに執着あるんで わははは って言うか、忘れ物ってその子を置いてったって意識があるんで、見つけて迎えに行かなきゃ!なんと思って必死になり、また疲れる
福島原子力発電所に送る荷物もさ
間に合わないんじゃあないかとひやひやしたし
で、こういう時に限って、叔父が入院するし、具合の悪かった友人がちょっと調子がいいから会わないかと言ってきたり
そういう時に、この性格で、どれ一つおざなりにできない
選べないでしょーー
だから全部やる 苦笑


Commented by cocomerita at 2011-06-03 02:16
続き

疲れは正直言って、日に日に増します 笑
今日うっかり友人に誘われて、展覧会に行っちゃったんだけど
むちゃくちゃ後悔しました わははh
明日から、ちょっと籠ります

>私は大雑把に言えばやっぱり”行くことに意味がある”って思って
います。地元の人間でもないのに遠くから駆けつけてくれている
junkoさん達のような方たちには本当に頭が下がります

あのねー私は日本人というくくりで考えます
同じ日本人があんだけ大変な目に遭ってる
私的には家族みたいなもんです
行かないわけには行かないのです
それは、えらくもなんともないことです
私もね、時間とお金の許す限り、また行くつもり
今度はいわきじゃないかもしれないけど
何かをさせてもらいながら、自分の目でしっかりと現実を見て、自分で感じ、そこの人達に触れあい、その中から、彼らが一番必要としてるものを真摯に差し出すことができたらと思っています
今度はご一緒できるといいね ^^
Commented by cocomerita at 2011-06-03 02:20
Ciao hanarengeさん
そうなんですよ
景色と一緒で、近づけば近づくほど、全体の大きさのその規模に唖然として、把握できなくなるのです
この被災は、この規模の大きさの中に、一個一個の個の悲劇、不幸があります
それはとてもじゃぁないけど、一言で語れません
そうそう、だから自然とコツコツ石を積み上げるような作業になるわけです
全体を見ようなんてしても無駄なわけで、だからいま私の目の前にあることをやるっきゃないって感じ
そういう意味で、コツコツ募金も非常に大事なことであると思います
一人一人が、コツコツ小さなことでも参加する
それが集まれば大きな力になって、彼等の後押しになると信じています
Commented by cocomerita at 2011-06-03 02:26
Ciao cocoちゃん
そうね、そういう意味では、みなあの悲劇を体験していない限りは部外者です
そうそう、一緒に頑張ろう!と叫んでいるだけではね
まあ、それでも思いは届くと思うので、考えてあげるだけでもいいかもしれないけど...
でも、部外者の立ち位置で、つまりずかずか中に押し入ることなく、
関わりを持ち続けることはとても大事だと思っています
つまり押し付けにならない協力
彼等を彼等の困難の中で孤立させないこと

なんでだか自分でもわからないんだけどね
震災があってから、そのことしか考えない自分がいます
だから次にはなにをしようか考えています
自分の家のベッドで何の心配もなく、明日への不安もなく眠れる幸せをかみしめながらね 笑
Commented by cocomerita at 2011-06-03 02:33
Ciao ankさん
そうなのよ
簡単に言葉にできないんだよね
あまりに複雑で、余りに大きくて、それに値する語彙が見つからないし、語ろうと思っただけで疲れてくる
誤解もしてもらいたくないのでね
多分、otosanもそういう気持ちだったと想像します

救援物資は日々変わりますよ
まあ、otosanの様に個人的なつながりでやってらっしゃるのなら、大丈夫かもしれないけど、救援所は、毎日変わる
これは行ってみないとわからなかった感覚でした
あのね、夏服というのなら、なるたけ大きなサイズを持って行ってあげてください
岩手と福島は違うかもしれないけど
いくら若い女性でも、東京の様にぴったりしたTシャツを着るのをためらう人が多いのです
あと、下着
下着の人気は高かったです
それも大きめが人気でした 笑

otosanによろしくお伝えください
気をつけて、と

私もね、もう次に行くこと考えてます
長く続けて行きたいですね
Commented by viespa at 2011-06-03 05:46 x
junkoさんお帰りなさい、そしてほんっとうにお疲れ様でした!ここのところずーーーっとバタバタしていたので、こちらにも訪問できていませんでしたが、そのせいでメッセージボードの記事も読み逃し、、、(涙)。次回機会があったら絶対お願いしたいです!
思った以上に疲れが溜まっているでしょうし、今はゆっくりと休んでくださいね〜。また遊びにきます(^^)
Commented by シボちゃん at 2011-06-03 08:41 x
オッス、junkoさん、本当にお疲れ様でした
本当にな、彼らの気持ちはオイラ達にさえ分らねえ
でも強く生きようと動き始めた彼らには
オイラ達は心で祈るしか出来ねえ・・・それで良いんだと思う
風評被害なんて負けるな!オイラ達も負けねえぞ
そう言ってあげたいぞ
Commented by kanafr at 2011-06-03 10:35
経験した事や見た事を言葉にするような言葉が見つからないのね。
それだけで十分伝わってくるよ。

9;11は小さき力がそれまで世界を大きく支配していた価値観をひっくり返したけれど、憎しみと報復が生まれるしかなかった。
でも3;11は小さき力も大きな力もない、それこそ人間の存在という根底を揺るがし、人間の本当の価値や幸せは何か!って大きくつきつけられた気がするのよね。
そんな頭で考える事も必要だけど、現実の状況はそんな時間さえ与えない位切羽詰まった状況なんだってよくわかる。

国会で審議してる暇があるなら、議会すっぽかしてもいいから代議士達、瓦礫の片付けでも炊き出しでもして、身体動かせ!って言いたい。議員椅子でふんぞり返ってメタボってる場合じゃないね。
Commented at 2011-06-03 10:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cocomerita at 2011-06-03 14:13
Ciao mayumiさん
ただいま
わたし今まで偉そうなこと書いた覚えないんだけどーーなーー
まあ、人の感じ方はそれぞれだからね
だから、また偉そうに響くこと書くかもしれないよ
たとえば今日とか...はははh
その時はそっとスル―してください 笑

いや、お言葉返すようですが
焦燥感も無力感もはっきり言ってないです
コツコツやれば、最終的にはどっかでまとまるに違いないと信じてますし
むしろこれからもどんどんやろうと意欲的になっております
神様はできない宿題は与えないと思ってるんで
mayumiさんも募金とかやったみたいで、お疲れさまでした ^^
Commented by cocomerita at 2011-06-03 14:16
CIao viespaさん
ありがとう
でも思ってくださってるのなら、その思いは色紙に乗って届いてるはず
海外在住の日本人を代表して...ってのもあったし 笑

また行きます
その時はよろしくね

なんでもまとめて...しかできない私
家のお掃除然り...涙
それが今回は効を奏して、日中は思い切り活動し、夜の9時になるとお子ちゃま時間で突然意識不明になり、朝まで爆睡
という生活
疲れは取れてるはずです ありがとう
Commented by cocomerita at 2011-06-03 14:18
Ciao シボちゃん
そうなんだよね
そして、そういう周りからの風を気にせず、立ち上がってがんばろうとしてる彼等には応援の思いしか湧かないよ

シボちゃん地方もまだまだ大変だろうに...
あとで遊びに行くね ^^
Commented by cocomerita at 2011-06-03 14:23
Ciao kanafrさん
国民同士で、力を合わせて頑張ってる人がたくさんいる中で
いまだにてめーらの執着に時間を費やしてる馬鹿な政治家どもには、言葉がありません
管降ろしも私には原発推進のロビーの力が後ろにある気がしてなりません
だからこそ、ここで降ろされちゃあ困ると思うんだよね
川を渡ってる途中で馬を変えるなかれ
駄馬だろうが、老馬だろうが、使いこなすっきゃない
それよりも、駄馬も老馬もいっしょになって車を引っ張っるくらいの普通の意識は持てないもんだろうかね
まあ、そういう馬鹿な政治家集めちゃったのも私たちの責任
だからその現実も見極めたうえで、さらに国民頑張るっきゃないと思ってるよ
Commented by cocomerita at 2011-06-03 14:24
Ciao 06-03 10:38 鍵コメさん
ありがと――

大丈夫だよー
集中して休んでるから 笑
Commented by minmei316 at 2011-06-03 15:43
junkoさんお疲れ様です
世界各国から沢山の愛情が東北に集中している
東北はなんて幸せなんだ
ありがたやありがたや
junkoさんのさりげなく返した微笑だって
返された人はきっと忘れませんよ
ほんの小さなことに過ぎないかもしれないけれど
わたしだったら絶対忘れませんから・・・


Commented by cocomerita at 2011-06-03 16:04
CIao minmeiさん
東北に被災が集中したからってことで、凄く残念なことでもあるんだけどね
日本中の善き思い(思ってない人もいるだろうから...)物凄い勢いで集まってるってのも確かです
日本がいい方向に変われる唯一のチャンスであると思っています
これで駄目なら、もう駄目でしょうからね

思いの力があるとしたら
(私は信じてるけど)絶対に大丈夫だと思っています
て言うか、ほかの選択はないのですから
やるっきゃない
わたしはそれを彼等には押しつけたくないけど、
相当傷ついて疲れてるはずなのです。
でも、傷ついてない身である外側からの意識としては、そう思っています
Commented at 2011-06-03 18:53
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cocomerita at 2011-06-03 19:13
Ciao 06-03 18:53 鍵コメさん
確かに...
聞くと見るとは大違いだし、見ても見るのと実際にその目に遭うのとは大違い

...歩くしかないでしょう
でもね、そこで彼らを彼らだけで歩かせたくはないのです
議員とか政治家とかはもうどうしようもなくひどいです
助けるどころか足を引っ張る
まあ、それも被災の一部であると私は思ってます 苦笑
要するに現実だから、それも含めて対処するっきゃない 悲しいね― 涙
まあ、だからこそ
国民のやることは大きいってことです
一人一人の小さな参加が大きいです 笑
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
黒い森の白いくまさん
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに。。 しかし...
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
オトナの社会科・中東から...
俺の心旅
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live
明日をもっと楽しく!した...

最新のコメント

Ciao sideさん ..
by cocomerita at 17:05
たまたま他のサイトで読み..
by sidediscussion at 12:35
Ciao saheizi..
by cocomerita at 02:35
けいさん、続き。 この..
by cocomerita at 00:48
Ciao けいさん そ..
by cocomerita at 00:36
私の長男にどことなく似て..
by saheizi-inokori at 15:32
目をつむることなくシッカ..
by けい at 08:59
大袈裟じゃなく、彼らのこ..
by cocomerita at 08:44
Ciao hisakoさ..
by cocomerita at 08:25
途中で送信されちゃいまし..
by hisako-baaba at 07:09

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル