私がローマで独りで始めたわけ 

歳を重ねるということ

わたしの定宿のある武蔵小山で

有る異変 を 発見した

このあいだの6月に 帰って来た時は いなかったのに

駅の周りに ホームレスの御老人たち がいる

何人かで たむろしておしゃべりしてる時もある

ご老人のホームレスは

気になる

これからどんどん寒くなるから 

よけい 気になる

不況だから お家賃払えずに 追い出されたのだろうか?

若いうちには なんとでもできると思うけど
歳をとって 家を失い
路上で暮らす羽目になった 

その思いは如何ばかりか

老人が 安心して暮らせない


そんな社会は最低 だ

実力主義も いいけれど
社会は

最低限 人間らしい生活を送れる

その最低の一線は 全ての人に 保証すべき

じゃない?

歳を重ねた人たちが安心して暮らせない国など

先進国だなんて ちゃんちゃらおかしくて 呼べないでしょ?



どこの国でも
歳をとると言うことは 何か 嫌なことのように 淋しいことのように思われてるけど

私たちの人生は

生まれてきて
乳児の時を過ごし
幼児の時を過ごし
少年 青年 壮年
そして 老年を迎える

それは 人間が生き物である限り 当たり前のプロセスで

老年のその時期も 
生まれてきたことと同じくらい 私たちの人生の大切な一部だ

愛さないわけにはいかないでしょう

初めの部分はいいけど あとはだめ
ここはいいけど あそこはだめ

自分自身の一部を認め 一部を否定する

そんな都合のいいようには 行かないでしょう



             

                          だよね?



友人と 土佐料理屋さんに行く

味の薄い私には ちょっと味が濃すぎたけど

b0150335_23573472.jpg


このカツオの藁焼きは 最高――だった

b0150335_2358099.jpg


    うめ――!!


あ~~あ~~~
この日本食三昧も いよいよ秒読みに入りました...

[PR]



by cocomerita | 2011-11-21 23:59 | | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : http://cocomerita.exblog.jp/tb/16900738
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pop_up_pump_up at 2011-11-22 00:36
土佐といえば鰹、鰹といえば土佐!
藁焼き~~、美味しそう!
目の前でファイヤーしてるの私も食べたいです~!
Commented by marsha at 2011-11-22 01:05 x
戻り鰹、たっぷり脂がのってさぞ美味しかったでしょう。サンマも鰹も、これからは鰤も鰆も美味しくなります。 茶案蒸しなども如何でしょうか? 残り後二日しかないのね。次回の御来日迄の分、存分に和食を召し上がってお帰り下さい。

高齢者のホームレスって気になりますね。 長引く不況で職がないのでしょう。 日雇いのジョーブも年寄りに迄は回ってこないらしいし。 社会保障のセーフティネットだけはきちんと整備してほしいけれど、何せ国が借金漬けだし、今や医療保険も崩壊しているし、この先は暗い話ばっかりです。 年金だって七十歳まで支給を遅らせようなんて、そんなナンセンスです。 

税金の無駄遣いばっかりしてきて、予算が無いと云われてもねー。 些か遅きに失していますが、国民はこれからは、いままでより更に真剣に政府のやることを監視して、声を上げて行かねばと思っています。
Commented by mai-obachan at 2011-11-22 04:16
子供達は自分が来た道、お年寄りは自分が行く道。
でも、そんなのをすぐ忘れて、子供、お年寄りをないがしろにしてしまう社会に住んでいれば、将来自分にツケが返ってきてもなにも言えませんね。

鰹!!厨房の火の上がりの豪快さ!
食欲増すなぁ。
Commented by keymyall at 2011-11-22 16:58
どこだったか忘れたのですが、ヨーロッパの国には、老人が安心して生きていかれる国がありましたよね?
スウェーデン?
その為に、税金は高かったのですが、国民は、皆納得している。
それで良いんじゃないかと思うのですが、日本は、まだまだですね。
若くて、働けるうちには、どんどん働いて、歳老いたらゆったりできるのが理想なのに、、、、、

junkoさん、、、、、、好きなだけ食べて、お腹を満足させてあげてくださいね。
いつお帰りになるのでしょうか、、、、、
どうぞ、気を付けてください。
Commented by 40ansparis at 2011-11-22 19:02
Ciao Junkoさん、もう思いっきり日本食三昧してきて下さい~!
点が線に繋がって、、、人の縁も繋がって、、、、今回の炊き出し、エスプレッソだって、もう素晴らしいことです。読ませて頂いて感動しました。
お疲れ様でした。でもきっと心の中がみっちり充電されたことでしょうね? 年を取って安心して生きていける、、、、それは本当にどこなのでしょう。。。。どこに居ても不安な気がしてしまいますね。
ま、まずは残りの時間をたっぷり日本食で楽しんできて下さい。
Commented by junko at 2011-11-22 23:50 x
ふっふっふ
多分初めてpop upさんからうらやみのお言葉をいただいた...

...気がする ぞ

いつも私がpop upさんちで叫んでる言葉だからね...



よっしゃ~~~~!! 笑
Commented by junko at 2011-11-22 23:56 x
Ciao marshaさん
本当にお年寄りのホームレスは、胸に痛いです
お風呂だって浸かりたいでしょうに

政府の不手際で、被害に遭うのはいつも弱い人達
なんか解せないんですよね
自分らのあやんちで空けた財政の大きな穴
いつも国民に肩代わりさせるってにも大きな不満
いいかげんにしろ!

この3週間で完全に体重増えてます
イタリアで、超ダイエットしないとーー!!
でもね、最後まで食べ抜いて帰りますよ――― 笑
Commented by junko at 2011-11-23 00:01 x
Ciao mai-obachan
おお――お待ちしておりましたーー!!
お久しぶりーー
そうなのよね
これはよくて、あれはだめ
そんなうまいこと行くわけない
やっぱ酸いも甘いも丸ごと抱きかかえる余裕と覚悟が必要だよね

いやいや、うまかったんですよ
たったの四切れだったんだけど
生のニンニクスライスも添えて
これだけ大盛り食べたかった~~~  (絶叫)

Commented by junko at 2011-11-23 00:07 x
Ciao keymyallさん
北欧は、老人の福祉が充実してるらしいけど
それでも、国民が凄く満足してるように思えないのはなぜだろう
スエーデンに行った時も、アルコール中毒者は多いし
日本ほどじゃあなくても自殺する人も多い

厳しい世の中になりましたよね....溜息
一体どうしたら皆が幸せになれるんでしょうねえ...

明後日帰ります
いや―太っちゃいましたよー
日本ってごはんおいしいんだもん...汗’
Commented by junko at 2011-11-23 00:12 x
Ciao ラパンさん
正直言って疲れました...
胃腸もお疲れ気味
そろそろ、
このおいしい日本食生活にもおさらばする時期かもしれません
太ったしね―― 汗’
あーーイタリアに帰ったら大変だわ――

どこに行っても
最終的に自分の身は自分で守らないと行けない
それが基本のような気がします
なにもあてにしてはいけないって考えるのも、淋しい話しですがね...
Commented by penedescat at 2011-11-23 01:51 x
前に大阪の釜ヶ崎にある、ホームレスの人を助けるボランティア団体の活動をTVで見ました。色んな事情で家を手放すことになった人達、たいていは日雇い労働で食いつないでいくけれど、60歳になるとパタリと仕事がなくなるの。栄養状態も悪いし医者にも行けず、冬を越せない人達も多いです。きっと日本中、ああいう状況の人が増えてるんでしょうね。しかもその番組が終わると今度は東京のきらびやかなシーンが映って、最新の電子機器とかグルメとか、なんだかもう社会の格差をしみじみ思い知らされるわけですよ。ああいうのたまんない。

それから私昔から不思議に思ってるんだけど、炊き出しとか教会関係の人は積極的に行うけれど、お寺さんがそういうことしてるの見たことない(あるのかもしれないけど)。仏教はそういう場合、困っている人に手を差し伸べることはないのかなあ、と。 仏教の宗教倫理みたいなものなのかしら?謎です。
Commented by marsha at 2011-11-23 08:26 x
↑宗教法人って税金は免税されるのでしょ? 日本のお寺さんなんか凄い額のお布施を取っておいて無税。 京都祇園で大金使って遊んでいるのはお寺さんだって、いつか週刊誌に書いてありましたね。 医療法人も、宗教法人も税金はやっぱりきちんと徴収するべきですね。 

junkoさん、最後の日本、荷造りで忙しいかもですが、さて、最後の日本食は何を食べる? やっぱ、お作りかな? 

夕べjunkoさんの夢を見ました。あんまりリアルだったので夜中に起きちゃったー。 
Commented at 2011-11-23 08:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kiyotayoki at 2011-11-23 10:07
僕の友人に病気で入院したのが原因で生活保護を受けて生活している人がいますが、退院した今も「また病気が再発したら」という不安があって、なかなか生活保護の受給を断ち切れないでいます。
その彼は、親からの援助もあるので案外リッチな上に、仕事も役所に隠れて月に数日するだけなので時間的余裕があり過ぎて今度はアル中になるんじゃないかと心配になるほど。
そういう暮らしぶりを端で見ていると、生活保護が本当に必要な人、特にご老人が沢山いるのにと、人事ながら悩んでしまいます。。。

ああ、日本滞在ももう残り少ないんですね。
でもまあ、今回も日本を思い切り満喫されたみたいですし、
そろそろ、留守番をしてくれているファビオさんや猫たちのことが気になって気になってって感じかもしれませんね(^^ゞ。
Commented by Gloria-x at 2011-11-23 20:51
大阪市内のど真ん中に住んでいるので
ホームレスの存在は日常風景です。
わたしのウオーキングコースである歴史的に由緒ある
坂の途中にも最近一人の老人が・・・
子供の頃、親から「あの人たちは好きで社会から逸脱した人」
だと教えられたけれど、そうではない事実もわかった今、
彼らの姿を見るたびに心が乱れます。
日本という国の在り方が問われていると思います。
Commented at 2011-11-23 23:57
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cocomerita at 2011-11-24 01:07
Ciao penedes catさん
そうね―そういえばお寺が..って言うの聞かないね
仏教が宗教的にこういう時どういうスタンスをとるのかわからないけれど
困難にある人を助けるってことは、人間としてごく普通のことであると思うけどね
でも、カソリックはそういうとこ、普段の宗教より一歩抜きんでてるとは思いますけどね

ただね―人間として守られるべき最低の一線ってあると思うのですけどね
こうく社会的に不安な時に、さらに不安定な環境を強いられるのが、社会的に弱い人達だってことに、欺瞞を感じます
Commented by cocomerita at 2011-11-24 01:11
Ciao marshaさん
そうだよね
大体なんで宗教法人だと免税になるのか、訳わかんない
私もいろいろ聞きましたよ 坊主の放蕩 苦笑
彼らをそういう意味で保護する意味がないですよね
保護されるべき人々ではないから

最後の晩餐は、友人が作ってきてくれたお弁当
に 思いきり食べたくなった たらこを買いました
最高の晩餐です 笑

そかーー
とうとう夢の中にまで登場ですか
悪夢でないといいけれど...苦笑
Commented by cocomerita at 2011-11-24 01:14
Ciao 2011-11-23 08:32 鍵コメさん
わははは
それはきっと私が夢の中でも事足りてますから大丈夫ですよ
って言ってるのかもね
つくづくしつこいわたくし...わははは

いますよ
そういう方
残念ながら、彼女はしょっちゅう日本に来てるけど
ご近所ではないので...

ほんと夢って面白いよねーー
Commented by cocomerita at 2011-11-24 01:24
Ciao kiyotayokiさん
そうなんですよねー
その方の不安ってのもわかる気がするけど
それでも、まだ働ける可能性のある人はやっぱ自分でがんばってみてほしいなあと思いますよ
生活保護を受けるべきでない人が結構受けてるケースがあるみたいで
、この不況で生活保護が新たに必要な人って、また発生してきてると思うから、た変だろうけど、ここのところで洗い直しって必要じゃあないかなあと思います

確かに...苦笑
で、疲れきってます
早く飛行機の、狭くて硬くてもあの座席に身をうずめたいと
楽しみです 笑
Commented by cocomerita at 2011-11-24 01:36
Ciao Gloriaさん
確かに、自分のチョイスでホームレスに入った人もいるのだろうとは思いますけど...
ローマで一人知ってるので

でもねー
人間として暮らすと言うことの最低の一線ってあると思うし
それが人間の尊厳である気がするので
自分の尊厳が大事なら他の人の尊厳も、社会の中で守られる
それって大事なことであると思うのですよね
ましてや、なすすべもないご老人が...ってのが
心にムラッといやなものがね...
ほんと、改めて国のあり方私たち一人一人に問われていると思います
Commented by cocomerita at 2011-11-24 01:38
Ciao 2011-11-23 23:57 鍵コメさん
こんにちわ
ぜひぜひ、一度書いていただきたいと思います

今日は もう疲れがピークに達した気がします
首長くしてる...多分...猫や人がいると思うけど 苦笑
日本にいると、動き続ける自分がいるので
私自身が、自分の巣に戻りたいと心から思ってます ははは

どうもありがとう
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live

最新のコメント

ciao junjunさ..
by cocomerita at 13:55
🎵読んで..
by ♥ junjun at 11:11
ciao sinkさん ..
by cocomerita at 17:06
続き そして 日本の政..
by cocomerita at 16:59
ciao stanisl..
by cocomerita at 16:51
哀れな男。そうしてまでS..
by stanislowski at 16:33
ciao junkoさん..
by sink_jpn at 12:30
ciao antsuan..
by cocomerita at 00:01
ciao antsuan..
by cocomerita at 23:58
あれっ? 最近皆さん、わ..
by antsuan at 20:11

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル