私がローマで独りで始めたわけ 

ローマ 反原発と情報の透明性を求めるデイベート その1

あー――疲れた 疲れた 疲れた




カンカン照りのお陽様の下で
溶け始めてるアイスクリームってのは まさに こういう感じだろう と 

ふと思うくらい 力が入らない




疲れた....





さて 5.21のディベートは
イタリアのNGO Passion And Action For Peace 主催の元に企画されました



b0150335_2228274.jpg




その趣旨は


La cortina di fumo. Incidenti e contaminazioni nucleari: quale informazione?" .
Scopo del dibattito è mettere in evidenza come, a partire dalla tragedia del peschereccio giapponese Daigo Fukuryu Maru (all’epoca dei test atomici negli atolli del Pacifico), passando per Three Miles Island, Chernobyl e Fukushima, l'informazione sugli incidenti e sulla contaminazione nucleare non è mai trasparente, anzi è spesso falsata, con enormi danni per la salute dell'uomo e dell'ambiente.


煙のカーテン
原発事故に放射能汚染 真の情報とは?
このディベートの意図は 
日本漁船第五福竜丸の悲劇から(太平洋のアトッリでの原子実験)
スリーマイルアイランド、チェルノブイリ、そして福島 いずれの場合においても、
自然および人類の健康に甚大な被害をもたらした、
その事故や放射能汚染に関する情報の数々は公開されず、不透明なまま、
むしろ偽造 捏造されたという その現実にスポットを当てる


というもの


出席者は

Shirin Ebadi女史 ノーベル平和賞を授賞イラン弁護士

Andrea Molino氏 作曲家でありオーケストラの代表 
         デイベートのあとのコンサート"Three Mile Island" を制作指揮

Paolo Salom氏 イタリアの新聞「Corriere della Sera」 のジャーナリスト
        「福島と魂の津波」の作者

Karl Hoffmann氏 作家, ジャーナリスト 
         Three Mile Island事故での生き証人である気象学Ignaz
         Vergnie氏存命中に彼からの様々な有益な証言を集める

Antonino Abrami氏 ベニスインターナショナルサイエンスアカデミー代表

Arnie Gundersen氏 放射能工学士 
         アメリカの70基の原子力発電所設計に携わるも
         2008年 放射能及び大体エネルギに関する透明感のある情報
         の公共への開示を目的に
         アソシエーション「Fairwind」を立ち上げる

Giuseppe Onufrio  グリーンピースイタリア 代表

そして 私




ディベートに出席してもらえませんか? 声をかけてもらったのが 4月26日
正式にご招待を受けたのが 5月07日


そして

わたしの 苦しい原稿作り が始まる


福島のこと 日本の現在の状況を話したら
一日 語っても 足りないくらいなのに
それを 20分で話せと言う方が 無理な相談というもの


それでも



      これも 何かのご縁だ




福島の人達の叫び を 国外に響かせる いいチャンス



     
      諦めるわけには いかない


わたしの中には この一年の理不尽な 非人道的な数々の行為に対する怒りが
おりの様に ふつふつ 溜まっている



      そのまま出したら 爆発 するに決まってる



震災が起きた時 に さか戻り


記事を読み 本を読み返し 動画を見直し


正確な数字を確認しつつ 自分自身の思いを整理する




この原稿作りに 1週間以上を費やす ことになる


そして 


その原稿を イタリア語の先生のアデルキとファビオに チェックしてもらい


これが また大変だった 汗;



今度は 原稿見ないでしゃべる練習


これも また大変だった 汗 汗:




最終的には 原稿通りにしゃべろう。  ってのは



     諦める




でき上がったものに添うってことが 大の苦手な私だから



     出たとこ勝負で行きましょう!




さて


ディベートを控える金曜日



La Rai(日本でいうところのNHK) の「ラジオ3 サイエンス」から コンタクトがある



月曜日の放送に出演してくれないか? とのこと



   こうなったら なんでもやりますよ

    矢でも鉄砲でも持ってこぃぃぃ―



ってことで 引き受ける



放送は朝の11時 10時45分に来てねと いわれ



本来なら 一時間もあれば十分行ける距離なんだけど



あえて私は 2時間前に家を出る



この私たちが住む現界と 目に見えない世界とは、
私たちが思ってる以上に密接につながり合い
いいも悪いも 互いに 影響し合っている


だから 今 現界で行われてる この両極端の意識の闘いは
当然 目に見えない世界でも行われてるに違いない って のが 私の考えで


っていうことは
当然 今回も 目に見えない世界からの邪魔 が 入るだろうと



案の定
バスの停留所に行くと 山のような人
いつも うんざりするほど走ってる280番が もう40分以上も来ないと大騒ぎ



   やっぱりねえ~~



そんなわけで


ありがとう わたしの第六勘


お陰さまで 冷や汗 かくこともなく
ダッシュすることもなく


Radio3 に 穏やかに 到着
その前に しっかり Barで エスプレッソを飲む時間まであった




La Rai radio3 に到着し


許可証を発行 してもらい


入り口で 担当のRosellaさんと話していると



そこに現れたのは You tubeでおなじみ Arnie Gundersen氏 と 
奥さまの Maggieさん



アメリカの科学者の方が参加する と 聞いてはいたのだけど


まさか 彼に会えるなんて


    ちょっと嬉しい



二人とも 凄くいい方で すぐに意気投合する




さて 放送時間は30分
イタリアで地震があったので 20分に短縮


Gundersen氏は スリーマイル島の事故が起きてから 反原発に転向した 
小出先生のような人



原発がいかに危険で もはや時代遅れの産物 であり
原発に注ぐ資金があれば いくらでも 代替エネルギーを開発できると 語る


私は

福島の状態を語り
人々のそして子供の健康を守るべき処置がなにもなされていない こと


そして

Gundersen氏の
日本の30%の電力が原発によって賄われているのはなんとかしない と

の 言を受け



日本の電力は すでに足りていること
原発の有益性を示すために
火力、水力の電力の生産量を わざと落としていること
 を 語る



今何が問題なのか? の質問 に



    LE MENSOGNE 

嘘の数々



と 一言


司会のMarcoさんが ひるむ


実際にやってみると



20分は短い



放送終了後 スタッフの人達がみんなで出てきて



よかったよ と 口々に褒めてもらい...

私 胸を撫で下ろす...



友人のジャーナリストにコンタクトさせるね とか いろいろ....



お陰で Gundersenさん夫妻 放ったらかされた 苦笑


b0150335_0224731.jpg


さて La Raiを出て



次は 



NGO Passion and Action For Peaceの代表 Grandiさんの待つパリオリ地区の
ホテルへ


向かっている間に


放送を聞いた友人たちから メッセージが入る


   いい介入だったわよ
    それにしても 勇敢だったわね
    あなたの身の上が、ちょっと心配 




Grandi氏とは 電話で何回も話してるけど 実際にお目にかかるのは初めて


そこで 彼とノーベル平和賞を受賞したイラン人のShirin Ebadiさんと彼女の通訳の方と昼食をする


Shirin Ebadiさんは とても穏やかな 
でも その中に山をも動かすかのような強い意思と
白い炎のような情熱を感じさせる人だ

b0150335_0441367.jpg



Ebadiさんが 
イランの問題 パレスチナの問題を語り
そして私に 

こう言った

日本に落とされた長崎の原爆は無意味以外のなにものでもありませんね
広島に投下された時点で 日本国は降伏していたのですから


私 こう返す


広島も長崎も 彼らの言うところの 
「あれがなかったら戦争は終わらず もっとたくさんの人々の血が流されていた」 

なんていうのは 真っ赤な嘘 で

彼らにとってみれば 開発したての原爆の単なる実験 だったのですよ


そうでなかったら

広島と長崎に 二発の別なタイプの原爆を落とすわけがない

日本人はアジアの猿だから 人体実験に使っても いいと判断したのでしょうね

そのあと ちゃっかり 検査に使うサンプル取りに来てますからね




Ebadiさん 言う

日本人の過去のことに対して恨みを持たないあり方は 素晴らしいと思います



そこで 私 

真実を知らされなければ
恨みを持つことさえ許されない
恨みと言うのは 種を植え付けられて 成長していくもの
その種となる真実を知らなければ 恨みさえ 生まれないと思います

そして 
被害者が恨みを持たず おとなしくしていることを逆に利用されるのであれば
被害者もそろそろ頭をあげ 声を上げなければいけないとそう思っています




Ebadiさん
でも、日本人はそのあと アメリカに助けられてるでしょ?
それには感謝しないとね
彼らはパレスチナ人にしたほどの悪行は 日本人に対して行っていませんよね?


再び 私

日本がアメリカのサポートで成長したのは事実です

でも
アメリカ人の 特に世界の経済を牛耳り、もっと牛耳りたいと画策するロビーに属する人々は

下心がなければ 人になど 親切にはしない と 思っています
つまり 日本を育て 経済大国にしておけば 
自分たちに なにかの見返りがある と思ったから こそ 行なった援助だと
つまり 一種の投資であると 私は 考えます




Ebadiさん 苦笑しながら 首を振る



アラブ諸国が 弾圧、搾取されてるのは悲惨な そして変えなければいけない真実であるけれど


デモクラシー 自由国家の名の元に
堂々と お天道さまのしたで 行われる搾取 迫害 もあるのです

それが 現在の福島の人達です

どちらが 過酷かは だれにも わからないと思います
両方とも 無くさなければいけない




昼食をすませ 彼女達は自分の部屋に休憩に


わたしとGrandiさんはロビーに残り おしゃべり



Grandiさんは 

イタリアゴルバチョフ財団の発起人でもあり
ゴルバチョフ財団の秘書長官を10年務めた人であり
1998年から2006年まで ノーベル平和賞世界サミットを開催した人だ


ゴルバチョフ氏にまつわる話 を いろいろ話してくれた




....が





      ..... ここでは言えない 苦笑




さあ 


彼の運転手さんが車を回してくるのをまって




次は Via dell'umilita' にある 外国人記者クラブに 行きます


[PR]



by cocomerita | 2012-05-27 01:06 | 原発止めろ | Trackback(1) | Comments(60)
トラックバックURL : http://cocomerita.exblog.jp/tb/18345080
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 掬ってみれば無数の刹那 at 2012-05-27 06:12
タイトル : どうもありがとう、そしてお疲れさま
ローマ 反原発と情報の透明性を求めるデイベート その1 なんと、我が同志 junko さんが5月21日にイタリアで開催されたディベートに参加し、 意見を述べてくださった。 ディベートの趣旨はLa cortina di fumo. Incidenti e contaminazioni nucleari: quale informazione?" . Scopo del dibattito è mettere in evidenza come, a partire dalla traged...... more
Commented by marsha at 2012-05-27 04:28 x
お疲れさまでした。(アイスクリームが完全に溶けちゃうと、食べられたものじゃないけれど、溶け始めは案外美味しいのよ−、笑)

そうそうたるメンバーとのディベイトやラジオ出演でしたね。
こんな超一流のメンバーと一緒だとは思いもしませんでしたが、
どういう方がディベイトに出られるのかとは思っていました。
そりゃ−緊張したでしょう、でも、やっぱりjunkoさんは適役だったと思います。

原稿書きも大変だったでしょう。 でも、この事故の最初からブログの事もあり非常によく勉強をされていたから、もう一度原稿を書くにあたって
復習したにせよ、そのことも、とても良かったですね。 それに現地にも赴いていての見聞も、自信になりましたね。

ガンダーセン博士やゴルバチョフの運転手との話も是非聞きたいですね。
Commented by marsha at 2012-05-27 04:51 x
junko さんは能力があり、それに加えガッツがある、それがとても大事な事ですね。 まさに鬼に金棒でした。 

これだけの重責に堪えたのだから、今暫くの休養も必要ですが、あなたは未だ十分に若いからもっともっとこれから活躍して頂きたいと思います。 福島の人達を、全日本の人々の代表として頑張って下さい。
お願いします。 

われらがjunkoよく頑張ったねー。 ありがとうね。
Commented by marsha at 2012-05-27 05:45 x
↑訂正します。
ゴルバチョフ財団の秘書官を10年も務めた人でしたね。
運転手じゃなかったー。
Commented by antsuan at 2012-05-27 06:39
そちらでも声をあげて下さったんですね。有り難うございます。

ペンや剣を使う前にまず声をあげる。これが基本ですよね。日本人はこのことを忘れていたように思います。
Commented by cocomerita at 2012-05-27 07:25
Ciao marshaさん
ご報告遅くなってごめんね
いや、疲れて疲れて 全く身体がいうこときかず、そういう時には筆も進まないのです 苦笑

いくら一年追い続け、書き続けたとはいえ 改めて原稿、となると苦しいものがあります
頭の中に入ってる記憶の整理も必要だし
実際の数字も正しいものを報告しないといけないしね

ただ、現地に行っていると言うことは、確かにわたしの後ろ盾になったとは思います
てか、いくらブログで書いてても、現地にさえ行ってなかったら、引き受けてませんでしたけどね 苦笑

ガンダーセン氏の話ねえ
正直言って、すごく緊張してたから
自分の言ったことさえよく覚えてないのです ははは

ゴルバチョフ関係は、覚えてるけど、他言できません 
ソーリー 苦笑
Commented by cocomerita at 2012-05-27 07:31
Ciao marshaさん 再見
いや―能力と言うよりも、思いの力と勢いでしょうね
私それだけで生き抜いてますから.... ははは

これからどうなるか?
小石を投げてはみましたが...その波紋がどう広がるか?
全く見当もつきません
でもねえ、私震災があってから、明日のこと とか先のことを考えなくなりました
今、できることに力を注いで、明日にはまた明日起きたことに力を注ぐ
自分のべストを尽くしたら、あとは天に任せる
ますます、そういうふうに考えるようになりました

ただ
同じ方向性の同じ思いの方たちとこうしてつながれたことは、非常に大事なことだと思っています

marshaさんのテレパシーにも、助けてもらったことと思いますよ
ありがとうございました ^^
Commented by cocomerita at 2012-05-27 07:32
Ciao marshaさん 再々見
笑 そうそう、一瞬ドキッとしたよ

凄く気さくな人なんだけどね
相当凄い位置にいた方のようです
Commented by cocomerita at 2012-05-27 07:35
Ciao antsuan
どういたしまして 笑

書くだけでは足りないと思っています
思ったら書き、書いたら行動してみる
そうすると、動くべく道がでてくるように思えます

剣はねえ...
使わずに闘いたいものです
ガンジーのように、、、
そして福島の女性達が、踊って 彼らの意思を表明したように...
Commented by viespa at 2012-05-27 08:13 x
まずはお疲れさまでした、junkoさん。
この間とある会議に招かれて原発の事を話すから色々準備してるって書いてあったけど、まさかこんな大仕事だったとは!さらにイタリア国営放送のラジオ出演までこなしたのですねー。

>でき上がったものに添うってことが 大の苦手な私だから出たとこ勝負で行きましょう!

肝の据わったjunkoさんらしい発言^^ 
震災以降の事をたった20分間でまとめるっていうのはすごく難しかったでしょうけど、それをしっかりこなし&福島の現状を吠えたjunkoさんは素晴らしいわ。
そりゃアイスもドロドロに溶けちゃいますって。しかも最近暑いでしょう(スペインは今週から急に気温が上がって夏の陽気)?しばらくはニャンズとゴロゴロ、のんびりしてくださいよ〜。
Commented by hisako-baaba at 2012-05-27 09:05
junkoさん
お疲れ様。そして有難う。
やりましたね、これからますます忙しくなるでしょうね。

不二子ちゃんの喘息も心配ですが、あなた自身本来いくら強靭でも、
呉々もお体お大事に。
全身全霊を傾けた仕事のあとは、疲れが長引きますからね。

それにしても、素晴らしい人脈を得ましたね。
Commented by kiyotayoki at 2012-05-27 10:40
本当にお疲れになったでしょうね、junkoさん。
これをきっかけに、ますます発言の機会が増えるかもしれませんから、ファビオさんや猫ちゃんたちに癒してもらって、ゆっくり充電なさっておいてくださいね。

ディベートの依頼がきて以来、考えや言葉がどんどん研ぎ澄まされていった様子が見てとれて、すごいなぁと思いましたし、頼もしくも感じました。
自分の考えを別の国の言葉に置き換えるという作業も、自分を客観視するのに大いに役立ったのではないかしらん(と、外国語に不慣れな自分は思ってしまいましたが、同時通訳もなさってるjunkoさんはいかがだったんでしょうか)。

本当にお疲れ様でした。
Commented by sidediscussion at 2012-05-27 10:40
お疲れ様、しかしこのお疲れは価値あるお疲れでしたね。

ジュンコさんに能力あっての成功です。 おめでとう。 ただの人じゃぁないよ。 これだけ堂々とやってこれるのは。

代弁者として有難う。感謝感謝。 次また機会が広がってくると思います。膀胱炎なんてやってられないよ(笑) 健康で次への進展に備えてね。
Commented by junko at 2012-05-27 16:26 x
Ciao viespaさん
私も蓋を開けてみるまでは、このデイベートが一体何者なのか?ちゃんとわかってませんでしたよ 苦笑
それでも、当然なにが起きるかわからない
全力は尽くして用意しましたけどね

用意した原稿は、10枚
持ち時間20分と言われたので、それに合わせて用意したんだけど、言いたいことがあり過ぎてホント困ったわ
要約するのに凄く苦労した 汗;

時間の制限もあり、そして当然進行役の人のリードに沿わなきゃ出し、ほかの人との話にも添わなきゃで、起きてることのすべてを語れたとは思ってないのですが
でも、石は投げてきました しっかりと... ^^

こっちはね―今だ変なお天気
突然雷雨が来たり、まあ気温的には上がってるから
終わったと思ってほっとしてたアレルギーが、ちょっとぶり返し模様

..んだね だらだらします
ありがとう!
だけどね――宿題がーーーー 汗;汗;
Commented by junko at 2012-05-27 16:30 x
Ciao hisakoさん
ありがとうございます
無事になんとか大役をこなすことができ、ほっとしています ^^

同じ思いのそして同じ方向を見ている人達が、こうして一同に介してその思いを発音する
もしかしてこれがなにかの始まりかも?なんて思いました
いずれにしても、善き思いの人達と共に過ごす時間は、貴重です

そうですね
この人脈がどう育っていくか...
あとは神様にお任せです 笑
Commented by junko at 2012-05-27 16:38 x
Ciao kiyotayokiさん
ありがとうございます

いつもブログで字数制限なしで言いたいことをだらだら言いたい放題吠えてるので...
はい、20分以内だよ と言われると非常に苦しいです 
なんせ、制限されると言うこと自体が苦手なので...ははは 苦笑

日本語でいかに効果的にまた無駄な表現なくとまとめあげるのも大変だったんですが...つい感情が混ざるのですよ 笑
で、そのあとのイタリア語の変換、校正がまた大変でした
全てを知ってる日本の人に話すつもりで語ってると、説明しきれないし、そして語彙がね...
適切な語意に直してもらったり...
なんか大げさでなく全身全霊で苦しみました ははは
書くって、産むの作業で、苦しいものなのだなあと改めて作家の人達の苦労がわかった感じです

話す、と言うことも同じだと思いました
書くと同じように、言葉を選んで、無駄な表現を省き、でも感情や人間の持つ体温をなおざりにすることなく...

大変勉強になりました 笑
Commented by junko at 2012-05-27 16:45 x
Ciao sideさん
sideさんには、椎名さんとのことでご尽力いただいたのに、報告が遅れててごめんね
本当に疲れてて、書く気力さえなかったのですよ
通訳で一日中動きまわるなんてこと、しょっちゅうなのに
なんでこんなに疲れてるのか? ちょっと不安になったほど 笑

ありがとうございます
私も福島の人達のそしてそれに心を痛めている日本の人達の代弁を無事済まさせていただき...ほっと胸をなでおろしています
そうね、心地よい疲れではあるかもしれません

それでも、完璧主義の私
未だに、ちゃんとできたのだろうか? あれでよかったのだろうか? と思い返し
不安になったりしますよ
必死だったから、自分の言ったこともあまり覚えていないのでね、余計です ははは 苦笑

ありがとう
おしっこ我慢しないようにします 笑
Commented by tonkid at 2012-05-27 18:58 x
出先から・・・・
junkoさん 大きな会議での福島の現状を発表してくださって心からありがたく感謝申し上げます。
さすがjunkoさん 福島人としてたくさんの力と勇気をいただきました。
同じ日本でも関心のない地方の人のために私なりに吼えまくっております。
お疲れ様でした。ゆっくりお休みください。
Commented at 2012-05-27 19:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cocomerita at 2012-05-28 07:08
Ciao tonkoidさん
Rai radioのmarcoさんに、お電話をいただいた時に簡単なインタビューをされました
それは、なんと40分以上、だから、20分の放送時間で全てを語れと言う方が無理なんですけどね―苦笑

でも他にもわたしの放送を聞いた方から、ファビオがjunko凄い事言ってたわよ、と言われたそうなんで
多分それなりにインパクトはあったのではないかと思っています

海外に福島の叫びを響かせるのは、イタリアにいるわたしのお役目なのでしょうね

お互いに休憩、息抜きしながら吠え続けましょう 笑
Commented by cocomerita at 2012-05-28 07:18
Ciao 2012-05-27 19:39 鍵コメさん
こういうことがあるとね、やっぱり神様はいるよね。なんて思います 笑

私は震災が起きた時から、この苦境にわたしたち人間がどれだけ自分の都合を捨てて、一つになれるか見せてもらおうじゃないか! と神様に言われてる気がしてね ははは
次になにをしようかなあ..と思ってるとほぼ三カ月置きになんか宿題が生まれます
そして神様がいるのだったら、善意が勝つに決まってるんです

どれだけのことを伝えられたか、実は心もとないのですが
(語ったことを覚えていない...苦笑)

上にも書いたけど、石を投げたのだから、それがほんの小石であっても 水紋が静かに広がっていくのは自然の成り行き
私は私の...多分出せる以上のものを出したから
あとは天に任せます 笑

情報規制されてるのは日本だけではなく
今、世界中の人々が情報の透明性を求めています
なんかね、世界中が 民が 少しづつ動きだしている
そんな実感を感じさせてもらいました

福島の人達が、一日も早く心安らかな日々を過ごせるようになりますように...まだまだ頑張らないとね
鍵コメさんもよろしくお願いします ^^
Commented by marsha at 2012-05-28 07:31 x
junkoちゃん、頑張ってるね。
ブログを書いた後、脱力感でどうかなっちゃうかと心配もしているけれど、
大丈夫だよね。 凄い仕事を引き受けて頂いて本当に有り難うね。

達成感と脱力感が交互に来るでしょう。
junkoちゃんは凄いパワーを持っています。

最初から人目惚れだったよ。
ブログを催促しちゃったけど、
ご免、暫く休憩しても良いよー。
なんちゃって。
Commented by marsha at 2012-05-28 08:41 x
さっきワンセグのちっちゃなテレヴィをニュースの為につけたら、何とガンダーセン博士が出てきたのです。
思わず、「今日は、ミスターガンダーセン」、と云ってしまったわ。 私まで先日会ったような気になってるのよね。

早速、junkoパワーが功を奏して来たみたいな感じですよー。 
外国では、日本の政府以上に福島の現在を非常に心配していて、特に四号基は危険この上なく、どうしたものかと苦慮していると云っていました。 

日本人だけで解決出来そうにないので、ここは是非とも外圧に期待したいです。 ガンダーセン氏は福島から二百五十キロ、三千万人が避難しなければならなくなるのでは?とも云っていました。 これから益々海洋汚染や大気汚染が問題視されてくると思います。 どうするの?日本! 

日本は分かり切っていることに、どうしてこんなに時間が掛かるのか、ちっとも解決にむけて進んでいません。

日本人は馬鹿が多いの?慾に目が眩んで大事な事が分からなくなっているのでしょうかねー。  経団連の馬鹿ジジィ共とか、地方自治体の馬鹿議員とか、馬鹿ばっかり。あー、腹立たしい!

junkoさんのディベイトやラジオ出演での発言が早速効いていたわ。
Commented by saheizi-inokori at 2012-05-28 12:46
すごいすごい!もっともっと、大きくなるぞ~!
がんばれ!
今度来たら浅利ご飯でも牡蠣ご飯でも好きな者ご馳走するからね^^。
Commented by keymyall at 2012-05-28 13:30
junkoさん、お疲れ様でした。
junkoさんの活躍を知る度に、我が事のように嬉しく、なんとなく偉くなったような気になって、夫や娘に演説をしてしまう私です。 そして、『こんなにすごい人と知り合いだよ』と、鼻をふくらませます(笑) 勝手に、"知り合い"にしてしまってゴメン。
私が、被災地や、原発に付いて話す事は、家族への新しい知識になると思っています。 とんとんなんてすぐに影響を受けちゃうし(笑)
少しでも、良い影響が広がりますように(願)
Commented by ひやしんす at 2012-05-28 15:57 x
Junkoさん  数々、お疲れさまでした
迫真のレポートで!
Junkoさんの発信されたメッセージが、多くの受け手のストライクゾーンに
バシッと入った音が聞こえましたよ~
嘘という言葉をきっちり使われた勇気に感謝します 
ありがとうございました  
少しの間、ゆっくりだらりとなさって下さいね 
Commented by nmariomama at 2012-05-28 16:41
本当に、おつかれさまでした。
いやいや、良いお仕事をなさったわあ。
記事をツイッターのほうにリンクさせていただきたく、
よろしくお願いします。
みんなに読んでもらわなくちゃ!

La Rai「ラジオ3 サイエンス」
これって、ひょっとしたら、こちらでも聴けたかもしれない。。。
って、イタリア語、わからなきゃしょうがないですよね。
でも、Junkoさんの声が聴けたかもしれないなあ。。。へへ
Commented by marsha at 2012-05-28 17:12 x
junkoちゃん、大丈夫?
此処に来る人はみんな良い人だねー。
何度も皆さんの書き込みを読み返しているうちに
感極まって泣けて来ちゃったー。
junkoちゃん、みんなが応援してるわよー。
完全主義は好きよ、亡夫もそうだったけど、
疲れないようにね。 
一週間以上も脱力状態になってるぅー。

今ごろは毎日反響が入ってきてまたまた興奮の渦の中にいるのかな?

あのね、度々お邪魔してるから、そんなに几帳面に一つずつコメ返書かなくても良いからね。 パスして良いのよー。もう分かってるもん。
Commented by junko at 2012-05-28 18:04 x
Ciao marshaさん
昨日あたりから 楽になってきました
ヨガをする元気も出てきたし...
ありがとうございます

いやお話しが来た時には どんなものか想像もつかず
ただめぐり来るチャンスは一個でも有効にと思ってるんで引き受けましたが、まさかこんな大層なものだとは想像してませんでした 苦笑
友人がミラノから駆けつけるって言ったのも断ったくらいだしーー ははは

やっと暮らしが普通のリズムに戻りました
デイベート終わるまでは気が気じゃなかったんですよ 
道歩いてても ごはん食べてても ははは
こう見えても 気が弱いんです ^^
Commented by junko at 2012-05-28 18:37 x
Ciao marshaさん
目に見えない世界を信じてる私としては,
現界で投げた小石もその波紋を多かれ少なかれあっち側にも広げるものと思っています
あっち側でも クリック クリック といろんなご縁がつながってるかを思うと...
楽しくない?? 笑
で、あっち側での影響がまたこっちに伝わる
行ったり来たり 波だねえ

日本人の政治家たちの、地方議員、市議会、市長もふくめ
頭がおかしいとしか思えません
昔 幽霊を怖がってるわたしに、母が一番怖いのは馬鹿な人間だと言った言葉をふと思い出しました ははは
うちの母は、こういう比喩に関しては天才的でしたっけ

欲と言うのは恐ろしいものですね
ここまで人間を操り、堕落させる
欲を持って生まれてこなくて それだけで自分は幸福だと思います
なんたって ないんだから 闘わなくともよいのです ははは
Commented by junko at 2012-05-28 18:37 x
Ciao saheiziさん
う~~~~ん、嬉しい!!
ご褒美大好きです ^^

今からわくわくするねーー
Commented by junko at 2012-05-28 18:41 x
Ciao keymyallさん
ありがとうございます
じぶンの事のように喜んでくれる 朋がいる
幸せなことです
こう云う思いがまた次へのエネルギーになるのですよね
みんなの思いを終結させて、その代表でやらせてもらってると思ってますから...笑

トントンちゃんは非常に感受性が強い奥行きのある素敵な子だと思っています
彼女らの世代に、真実の大切さ それをキチンと語ることの大事さを知ってもらうのは、大事なことだと思います
Commented by junko at 2012-05-28 18:43 x
Ciao ひやしんすさん
こんにちわ~
ははは
パシッと入った音聞こえましたか~~? 笑
そりゃあ心強いわ 

こういった大きな場でも そして小さな日常でも
弛まなく本当のことを伝えていきたいと思います

風通しのよい社会に早くなるといいですね
Commented by junko at 2012-05-28 18:46 x
Ciao まりおママさん
ありがとうございます

多分ね~~
モロッコだったら聞けたでしょうねえ
ふふふ まあそのうち直接お邪魔しますんで
声と言わず、顔も眺めてくださいまし 笑
せっせとアラブ語勉強してますから...
しかし難しいね
まりおママさん尊敬するわ~~
Commented by junko at 2012-05-28 18:51 x
Ciao marshaさん
たびたびありがとう

いや一個一個のコメントとても嬉しいですから
お返事書かないわけにはいかないんですよ
それがブログの楽しみかも?ってなくらいなんだから 笑

今は、必死でイタリア語とアラブ語の遅れを取り戻しております 苦笑
家の掃除もしなきゃだし...

わたしのところに来て下さる人達はみんな本当にいい方ばかりです
何人かにはお目にかかったこともあるんだけど
いや、ブログがなければこういう方たちと巡りあってないと思うと、空恐ろしくなるほど、出会えてラッキーと思える方ばかり
marshaさんもその一人だよ
まだお目にはかかってないけどね

いつも 暖かく いや 熱き だな... そして力強いサポートをありがとうございます

今日はこっちは雨です
猫達はテラスで雨を眺めています
ひねもすのたり のたり... 笑
Commented by yumiyane at 2012-05-29 00:13
junkoさん、凄いね。埋もれていたものが一気に登場してきた感じ。
今までどこにいらしたのですか?って誰かに聞かれそう。
慎重に、真摯にでも確実に現状をあぶりだしていただいて、有難うございます。
Commented by dankkochiku at 2012-05-29 00:25
Ciao Junko さん やりました!おめでとうございます。 今回だけでは済まず、ご当地マスコミからも声がもっと掛かってきますよ。それに気付いた、暇な日本大使館員から日本へ送信し、こちらのマスコミも黙ってはいないでしょう。

ところで、visitatore J‥とあるのは、被災地訪問者の報告の意味でしょうか?
Commented by junko at 2012-05-29 02:33 x
Ciao yumiyaneさん
もともと人前に立つのは苦手なんですが...そうも言ってられないよね
日本政府の愚行は もうどおおおにも止まらない!!だからさ
この際外圧でも利用しないと...

まあ、イタリアも日本に負けず無関心の国なんですが
それでもなにかのメッセージは伝えられたと思っています
福島の人達の叫びが外に出れたと言うことだけでも、よかったと思っています
Commented by junko at 2012-05-29 02:40 x
Ciao dankkochikuさん
日本大使館がそれに気づき、日本に報告。なんてしてくれたら
それこそ願ってもないことですがね
きっとまだまだ圧力加えないといけないでしょう
なんたって、大使館員 のらりくらり 大使館と言う檻の中でのんびり、暇太りしてますからね
イタリアでなにが起きてるか?なんてことに注意など払ってないと思いますよ

Visitatore というのは Visitorと言う意味です
La Raiに入るための許可証なのです
Commented by getteng at 2012-05-29 08:39
junkoさん、
広島市のgettengです。
昨日はお立ち寄りありがとうございました。
今後ともご教導願い度く。

ところで、ついでに下らぬことを質問しますが、
当地にレストラン「ScENA」というのがあります。
イタリア語だとは思うのですが、意味となぜcが小文字なのか教えてください。

ちなみに、うちの女房もjunkoです。
Commented by shinn-lily at 2012-05-29 08:44
junkoさんが震災以来、力をこめて発信してきたことが、非常に素晴らしいことだと、最近改めて感じています。
とうとう原発はひとつも稼働していない状況へ、たとえ再稼働したとしても、なくさなければならないという道に繋がっていくと思います。
ひとつひとつの声が形になっていくということはこういうことなのだなと、junkoさんの活動を見て確信しました。その中ではいやなことも、悲しいこと、つらいこともたくさんあったでしょう。でもこうして、また新しい、大きな発信の場をもち、支援の輪も広げているこの事実に頭が下がるばかりです。
なにも出来なくて恥ずかしいけれど、気持ちだけは寄り添っていますから。
Commented by hanarenge at 2012-05-29 12:20
junkoさん、こんにちは。
もう☆☆☆☆☆と幾つ書いても書き足りません。
ありがとうございます、junkoさんにいっぱいお礼を言いたいです。
皆さんが概に書かれておられますけど、junkoさんの思いに新たに感動を噛み締めています。
小さな一歩が大きな一歩に、この思いがどんどん膨らむ事を心から願いつつ・・・・本当にjunkoさんの事嬉しいです。
Commented by junko at 2012-05-29 17:37 x
Ciao gettingさん
こんにちわ
おお―広島市なのですか?
今回イタリア人に日本人だったら一度は広島に行くべきだと言われ、そう言う私はまだ訪れておらず、そのうちお邪魔しなければと心新たにしております 
死ぬ前にナポリを見ろと言うイタリア人に言われるとなおさら ははは
一度計画したのですが 予定外のハプニングでぽしゃりました

えーーと
ScENAですね?....
イタリア語には、こうして字を小さくして使うことってないのですし、これだと発音もできない
多分オーナーの方が何らかの思い入れで、言葉遊びをしているのではないかと思います
わかったら教えてください

おおーーーーーjunkoさんですか??
さぞかし素敵な方だと....笑 想像します
そして同じくらいたくましい...くない?? ははは

こちらこそよろしくお願いします ♪
Commented by junko at 2012-05-29 17:48 x
Ciao shinn-lilyさん
私ね、震災が起きた時に余りのひどさに絶望しながらも
でもその時すぐに思ったのが、神様が人間につながれと言ってるなあと...
わたしたちはアメリカの文化にまんまとはめられ、競争ばかりでみんなで助け合うと言う凄く大事なことを忘れた
だからね、わたしたち人間が目覚め、気づいて、つながればその時奇跡は起こるのじゃあないかと思ったし、今だにそう思っているのです
人が自分のことでなく、他者のことを思った時、そしてそのために動いた時にはもの凄い力が生まれるからです
それを私はお陰で何回も見せられてきました
今回もしかり
もの凄い心地よい空気が会場に流れていたのですよ

>その中ではいやなことも、悲しいこと、つらいこともたくさんあったでしょう

笑 いやむかつくことは有りますけど、嬉しくて楽しいことのが断然多いです
そしてむかつく人々は無視しますから、余り心に障りません ははは
お陰で、福島にそしてほかの地方に親戚みたいな人々が生まれ...今度どこに行こうか?? それを考えるのが楽しみです

いつもありがとうございます ♪
Commented by junko at 2012-05-29 17:58 x
Ciao hanarengeさん
わたしの大好きな奈良からの応援はいつもひときわ嬉しく受け止めさせていただいております 笑

私は超個人主義なのですが
やっぱり人間て、つながってなんぼのものだなあとふと思います
群れるのは嫌いだけど、つながるのはね
いいです 笑

そして同じ思いは互いに引き合うのだなあと思っています
こうして同じ思いを語りあえるブログ朋たち然り、今回のデイベートで集まった方々然り
たくさんの人がいて、その人達が一人も自分のことを考えず、社会のこと、民に自由と力をと考えている
そんな空気の中にひたれたことは、又新たな元気を与えてくれました

震災が起きた時から、大海も一滴の水からと自分に言い聞かせ続け
確かにその一滴がこうして集まることを認識するのは嬉しいことですね
てか、わたしがやったってことじゃなく
世の中に、「こんなにいたんじゃなぁぁーい」と思えるのが嬉しいです ははは

ありがとうございます ♪
Commented by デコ at 2012-05-29 19:29 x
そういう場所に出向かれても堂々と発言することが出来るのですね。やはり普通の人ではないのですね。すごいなあ羨望の眼光ですよ。人は持って生まれた資質があるのでしょうね。私はあがり症なので人前で話すことは苦手です。大役お疲れ様でした。
Commented by junko at 2012-05-30 00:33 x
Ciao デコさん
いやいや私もしごく普通の人間です
人前に出るの苦手だし、当日だって どきどきどきどきしっぱなしだったんだから...!
ただねえ、降りかかった火の粉は払わない。つーか
来るもの拒まずなんで、こういうことになります ははは
なによりも、福島のためにいい機会だと思ったので、受けて立つしかない
そう言うことなんです 苦笑

はい、もの凄く疲れました まだまだ駄目だね ははは

ありがとうございます 
とりあえず 大役果たしてほっとしてます♪
Commented at 2012-05-30 06:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cocomerita at 2012-05-30 18:55
Ciao 2012-05-30 06:22 鍵コメさん
いやその通りでしょ?
今回のデイベートでも、Corriere della seraのジャーナリストのSalom氏が同じことを言ってましたよ

政府と官僚、大企業の悪しき癒着は、山のように高く、深海のように深く、そこで勝手に行われることは、残念ながら私ら一市民には手が届かない
だから私は、そこで憤ることをやめました
コツコツ石を積みます
山に届くように 深海を干上がらせるように
国民あげての人海戦力しかないのです

でもね、その国民が、今福島の人達が味わってる苦痛や悔しさや絶望、苦難を見て見ぬふりするのであれば、
政府がやらないと責める権利はないと、
それこそまた下駄を預けてるじゃあないですか?
と言わないわけには行きません
Commented by issyonimakimaki at 2012-05-30 23:02
junkoさん、お疲れ様でした。
junkoさんの果敢なスピーチ姿をぜひ見たかった。聞いても分からないのでね笑)

諦めないjunkoさんのその姿は、忘れてはいけない忘れそうなことを思い出させてくれますね。
小さくてもわたしにできることを…わたしたちにできることを…と思っていても、この頃のガレキ処理のすったもんだを見てるとほんとにやりきれなくなります。

でも、そうですね、負けてはいけない。諦めたら負けですね。
いつもありがとう。
Commented by ましゅまろ at 2012-05-31 01:25 x
Ciao junko さん!

とうとうjunko さんの想いを、外に投げかける時が来たんですね!

いや、お疲れさまでしたと一言で済まされないぐらい大変だっただろうと思います。
junko さんは何でも全力投球、その全力ぶりが半端ない!
私が尊敬してやまない、素敵な大好きなところです。

ディベートで、原発に資金を注ぐなら、代替えエネルギーに変換出来る、いう話、私もいつも強く思うこと。
安全を確かめて、、、
この基準なら安全云々、、、
どこをどーしたって、もう原発に
安全なんて文字は使えないのに、
延々と稼働か否かに集中する。
これにイライラが募ってくる。

いつまでも、そんなことで金と時間を費やしている場合でない。

junko さん。今回のLa Raiの出演、又、次へのステップがありそうですね。
ほんとにほんとに、お疲れさまでした!
Commented by marsha at 2012-05-31 04:24 x
junkoさん、お早うございます。
関東一円は新しい地震の層が分かったらしいです。
今朝のネットのニュースに載っています。

更なる地震で福島の四号基が壊れれば日本は壊滅、北米も危ないと。
そんな危険を孕んでいるのに、未だに大飯稼動に向けて頑張る馬鹿総理に
産業界の連中、原発村の面々。 正気の沙汰とは思えません。 

日本国内では期待で来ませんので、海外からの外圧に期待したいです。
そちらで日本の四号基のことこれからも問題にして下さい。

Commented by antsuan at 2012-05-31 07:14
junkoさんのおかげでこちらも力が漲ってきた! 本家本元の日本でしっかりと声をあげ続けていきますよ。
Commented by junko at 2012-05-31 17:42 x
Ciao issyonimakimakiさん
こちらこそ ありがとうございます ^^

確かにね
この懲りない奴等には呆れかえって、あいた口がふさがりません
気が遠くなることしばしばですよ
今回の大飯原発再稼働にしろね
でもさ、こう云う政府に仕上げたのは、私たちの怠慢であることも忘れちゃあいけないと思うのです
だから自分らの作り出した汚糞は、次の世代に手渡すことなく
ここできれいにしないといけない
今回のことは、そういう意味では意味があると思っています
所詮、必死にならなければできない事ってたくさんあるし
必死になること自体に意義があると思っています 
そういう意味では
一生懸命になれることだけは、ちゃんとDNAに注ぎ込んでくれた、ご先祖様に感謝です ははは

民が同じ種である民を守らなくなったら
終わりだと思っています
そして社会の主人公は民でなければならないと思っています

issyonimakimakiさんも個人レベルでよろしくお願いします
一人一人の一言が社会を変えていくと そう思います 笑
Commented by junko at 2012-05-31 17:53 x
Ciao ましゅまろさん
笑 いや―本当に疲れたんですよ
参った 参った
で、急に暑くなったから青菜に塩状態
もう何年も飲んでないペプシを飲んで、毎日なんとかやり過ごしています 苦笑
 あれ、効くね

私は震災以来 先のことに期待しなくなったので
まあ今回のことがどれだけの力を持って育っていくかは皆目見当もつかないし、してもいないんだけど ははは
一人一人が目の前にある何かをこなして行けば、なにかは変わるだろうとそう信じています
神様がいるとしたら、私はこの私たちの小さな努力を見せてみろどれだけ必死になれるか見せてみろ と言われてると思うんで...

Gundersen氏も何回も言ってました
原発はそりゃあ尋常でない金がかかると、
しかしながら、政府、官僚、そして電力会社の(患部)どもは
そんなこと知ったこっちゃぁないのですよ
どうせ、国民に振りかえるのだから

日本人、ここで根性出して、政府に都合のよい羊という位置から脱皮しないと、ますます、生き血まで吸われる羽目になると そう思います
今が、方向性を変える好機なのだからね

ましゅまろさんも頑張ってください 
熱い思いは、たっぷりあるとお見受けしてますんで ははは
Commented by junko at 2012-05-31 17:57 x
Ciao marshaさん
おはよう!!
実は今回の記者会見で、その四号機の話出ました
Gundersen氏は4号機の使用済み燃料プールに何かあれば
少なくとも東京に人は住めなくなるだろうと言っていました

日本がこれまでふつふつと貯め込んだ膿の濃さ、多さ、ひどさに改めて驚くとともに、今までの自分の無関心さに腹が立ちます

今、福島で、もしくは日本の他の原発で何かが起これば、日本どころではなく、世界中の環境汚染につながる
つまり、向こう岸の火事ではないよということを、改めて海外に強調する必要がありますよね

コンタクト取ってみます
Commented by junko at 2012-05-31 18:00 x
Ciao antsuan
よろしくたのんます!!

これからもしっかり繋がって 内と外で頑張っていきましょう

antsuanの愛艇で祝杯があげられる日を楽しみにしながら 笑
Commented by saxBoss2 at 2012-06-01 08:47
福島原発事故のことを考えると胸がくるしくなります
原子力という悪魔に蝕まれると自覚がなくなりカネまみれに権力まみれ
恐ろしいことです
Junkoさん、お疲れ様でした
応援してます
Commented by junko at 2012-06-01 16:01 x
Ciao saxBossさん
こんにちわ
いや地獄だと思います
未来への可能性をすべて否定しなければいけない
そしてそれは目に見えないのですよ
自然はこんなに前と同じように美しいのに、そこには毒が一杯で、何も耕すことができないばかりか、、そこで大地とまみれることもできないなんて
地獄です
必死になったって解決が難しい問題なのに
それに必死にならない政府って...呆れて言葉になりません
お金で買えないものは沢山あるのにね
馬鹿は死んでも治らないけど、せめていなくなって欲しいです
邪魔でしかないのですから...

ありがとうございます ^^
Commented by kazu at 2012-06-04 12:07 x
お疲れ様でした。

語学力は大事ですね・・・
今更ながら、どうにもならないこの頭!間に合わないですw^^

子どもたちの具合が悪いのは、全て”ストレス”にされています。

御用医者・科学者・大学・大学教授が先頭切って動いているので、私たちおばさんがいくら声を上げても、一般庶民は聞く耳持たない!状況が続いています。

めげずに続けます^^
Commented by junko at 2012-06-04 18:04 x
Ciao kazuさん
不思議なご縁で、kazuさんとsideさんと私と、そしてhisakoさんに椎名さんと どんどん みるみるつながっていくことに、私は目に見えない誰かの真意を感じて、時々感動したりします 笑

語学力より、頭脳より、熱意だと
人を思う、守ろうとする思いが最大の力を発揮するのだと思っています
それが証拠に、さぞかしお勉強はできたであろう、官僚がこの様ではないですか??!

今回も、いろいろな方と話をするたびに、もし革命が起きるとしたら、それは絶対に女性の手によるものであるに違いないと話してきました
そして。その革命は、暴力に訴えた今までの革命の類ではないということも

母なる大地を守るために、母なる女性がつながりあって、私はきっとそこに大きな風が起こるであろうと思っていますし、起こしたいと思っています

これからも、私なりに応援しますので
なんでも言ってください
そして、sideさんも心配してるけど、お体にはくれぐれもご留意ください
船頭失くしては、船は動きません

そのうち、お目にかかる日を楽しみにしています

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
黒い森の白いくまさん
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに。。 しかし...
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
オトナの社会科・中東から...
俺の心旅
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live
明日をもっと楽しく!した...

最新のコメント

Ciao anohiwa..
by cocomerita at 02:53
junkoさんの仰ること..
by anohiwa at 16:36
Ciao saheizi..
by cocomerita at 00:13
ちょっと可笑しくてだいぶ..
by saheizi-inokori at 21:46
Ciao けいさん と..
by cocomerita at 06:04
Ciao 2017-12..
by cocomerita at 05:56
Ciao sideさん ..
by cocomerita at 05:47
Ciao 2017-12..
by cocomerita at 05:44
今晩は!夕方にお伺いして..
by けい at 21:24
我が道が何かわかってられ..
by sidediscussion at 18:28

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル