私がローマで独りで始めたわけ 

Maraへ   ~次に会うまで

イタリア は



Circeという寒気団が スウェーデンから降りてきて



一昨日までの暑さが嘘のよう



昨日から気温がぐっと下がり 今日は雨



私は 夏の終わりを ふと シミュレーションする



いやだなあ...


b0150335_21233520.jpg






今朝 私のとても大事な友人が亡くなりました



不幸なんか 間違っても 絶対に寄ってこない。 と



そう 心から思える人たち って 確かにいて



彼女 Mara は そう云う類の人の一人だったのに



楽しくて 優しくて 強くて 穏やかで 
そして もの凄く センスが良くて



彼女は ボローニャに住んでいて



頻繁に 電話したりしなくても



私は 彼女が大好きで



彼女も 私が大好きで



私たちは お互いの事を 「お尻ちゃん」 と 呼び合っていた



最後に会ったのは 1週間前



 「今来てもらっても お家に泊まってもらうこともできないし
  長い時間 一緒にも居られない から 来ないでいい」




と 言い張る彼女と



 「たとえ1分しか一緒にいられなくても 行くよ
 あなたも 私だったら同じことをしたはずだ」
 



と 電話で 泣きながら 言い合って



私が行く5分前であっても 気分がすぐれなかったら キャンセルしていいから



と 約束して 



先週末 私はボローニャに行った



そうやって 会った彼女は 



美しかった



まわりの友人からは 先は長くないよ
すっごく痩せてるから覚悟して みたいなこと 言われたけど



私の目の前にいる彼女は 凄くきれい で 



私は そんな彼女に 見とれた



そして 5分だけ の 約束が



気がついたら 一時間以上になっていた



もうひと人生くらい 一緒に暮らしてる彼と 手術の前に結婚した彼女は



9月に海岸で お披露目のパ―ティをやる と言った



私は その日を楽しみにしていたのに



彼女の具合が悪くなった 昨日



そんなこと知らない私は 彼女に電話をした



彼女の甘い声の代わりに 携帯がoffだ と告げる声に



休んでいるのかな? と しか思わなかった



あの時 もう 逝こうとしてたんだね



私の手元には



1週間前に 彼女が私にくれた一冊のノート と
彼女が 私の前で書いてくれた カードが一通


  14Luglio2012

  Cara J
  Questo piccolo minuscolo pensiero per te,
  scrivi sulle sue pagine tutto il tuo pensiero
  e fallo crescere con allegria senza ombre!
  Io capiro' e mi colleghero' con la tua stupenda persona.

  Ti abbraccio moltissimo
  Mara

  大好きなJ
  このあなたへのちっちゃい ちっちゃい贈り物
  このページにあなたの思いを書いて
  そして それを明るい思いで 一抹の影を落とすことなく 育ててください
  私はそれを読んで そしてあなたの素敵な人間性と 繋がるから

  たくさんの抱擁とともに
  マ―ラ


力のない手で 一生懸命書いてくれた そのカードは


b0150335_2126486.jpg
 



私の宝物になった



ローマに帰った私は
早速 1ページ目に 彼女への思いを 綴り



そして
その最後に こう記した


  ....
  Ti voglio regalare un pezzo della mia vita
  Te lo regalo

  Bacione
  XXX
  Junko


  あなたに
  私の命の一部をあげたいです
  あげるよ

  大きなキスとともに

  junko



Mara
本当に私の命の一部をあげたんだよ



でも 私の命は どうやら 役には立たなかったようだ...



彼女が病気になった という現実さえ まだ受け入れられなかった私は



彼女が逝ってしまったという 現実を 理解できず



ただ 途方に暮れる



人生は やりきれないほど 理不尽だ



Maraは 今頃 


やっと痛みからも ベッドからも解放されて



のびのび 喜んでいる と 思う



そして 悲しんでる私たちのことを



逆に 心配してる と 思う



Maraのことだから....ね
あなたはそう云う人だ



私の人生で あなたに出会えて 本当に良かった



ありがとう



大好きな 大好きな 大好きなお尻ちゃん



大好きなMara へ


b0150335_21288100.jpg



きっと今のあなたは



今までにないほど 強く 美しく 輝いてるね



次に会うまで 元気でね

[PR]



by cocomerita | 2012-07-23 21:36 | | Trackback | Comments(58)
トラックバックURL : http://cocomerita.exblog.jp/tb/18707444
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by marsha at 2012-07-23 22:10 x
なんて悲しい出来事! 思わずもらい泣き。
この間ボローニャにお見舞いに行って
会ったあの人ね。 あの時様子を聞きたいと思ったけど、
何となく良いニュースじゃないかもと聞きそびれていたの。
やっぱり相当重篤だったのね。 

私も随分沢山の別れを経験したけれど寂しいものね。
悲しい、寂しい、やり切れない気持ち分かります。
何時かはみんな逝く道だけど、若過ぎるわね。
junkoさん、悲しいでしょうけれど、ここは気持ちを強く持って
乗り越えましょう。 maraもそれを望んでいるわね。
Commented by hisako-baaba at 2012-07-23 23:13
明るい思いで、一抹の影を落とすことなく-----
マーラさんは、junkoさんのことを心配してたのね。
彼女は、あなたがノートに書いたことを、ちゃんと見てたでしょうね。
もう自由に飛び歩けるでしょうから。
Commented by kiyotayoki at 2012-07-24 01:02
酔って帰ってきて読ませていただいたので、
涙腺がゆるくなっていて困ってしまいました。

愛する人との別れ、これほど心が震え、締めつけられることはありません。
僕自身、亡妻がなかなか夢に現れてくれないことを恨めしく思ったことがありましたが、そういう時でもきっと鈍感で気づかないだけで、ちゃんと寄り添ってくれていたんだろうなと思ったものです。
そうきっとマーラさんもそうしていてくれたに違いありません。
Commented by kinnnikumans at 2012-07-24 07:05
ジュンコさんおはようございます。
ジュンコさんの大切な方が旅立たれてしまったのですね。
とても素敵なお手紙を拝見して、心がとても温かくなりました。
自分にとって大切な人が亡くなる事、
とても悲しい事ですが、そういう人は最後の最後まで
自分に色んな事を教えてくれると、私は感じました。
昨年祖父が亡くなる前にお見舞いへ行った時
もうしゃべれないのに力をふりしぼって一言
「ありがとう」と私に言ってくれた ありがとうがとても重く
心に響いて、こんなに心のこもったありがとうって
あるんだなぁと涙が止まらなくなった事を思い出していました。
命には限りがあるんだよって。大事にしないと。。。
ジュンコさんのお友達のお手紙も
ここでジュンコさんがおっしゃっているありがとうも
本当に心のこもった言葉だなと深く感動しました。
ジュンコさんの強さや、素晴らしさは、大切な方とのお別れを
経験し、乗り越えてきてらっしゃるから、あるのかなぁと
ふと感じました。マーラさんの分もジュンコさんはまた
強く、人一倍優しい方になっていかれるのかなぁと。
どうかお体を壊さないように・・・。応援しています。。。
Commented by getteng at 2012-07-24 07:08
junkoさん、
親友の死は痛いほどわかります。
ご冥福を祈り上げます。合掌
貴姉におかれては早く元気を取り戻してください。
Commented by mildpink at 2012-07-24 09:26
胸が詰まり、涙が、、、、、、、

私、『逝く時』 娘達になんと言おうか、、、、と考える事が多いです。
夫には、、、、、何も言わなくても、良いと思っています。
だって、手を握れば分かるはずだから。

junkoさん、、、、、、言葉が思いつかないよ。。。
Commented by kanafr at 2012-07-24 09:49
親友を失ったjunkoさんの悲しみを思う時、何と言葉をかけていいか分かりません。
痛みの中にあっても、こうやって素敵な言葉を貴女に
残す事のできる優しさと強さのあるMaraさん、今はきっとjunkoさんが書いた言葉を読みながら、ちょっとだけ早く先に逝ってしまったけれど、この素敵なノートに書かれた貴女の優しさに笑顔になっていると思います。
辛いでしょうが、どうぞお身体壊さないでね。
Maraさんもjunkoさんの明るさが好きだったって思うから、沢山、沢山Maraさんの事を思って、沢山沢山泣いたら、今度は笑って空を見上げてあげてね。
Maraさんにjunkoさんの笑顔が届くように。
Maraさんのご冥福を心からお祈り申し上げます。合掌
Commented by minmei316 at 2012-07-24 09:53
つらいですね・・・

ご冥福をお祈りいたします・・・
Commented at 2012-07-24 10:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-07-24 10:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nob at 2012-07-24 15:56 x
つらい別れをしたんですね。もしや…とは思っていたけれど。
でも、どうか彼女のために、別れを悲しい記憶にしないであげてほしい。
Commented by sidediscussion at 2012-07-24 18:52
愛する人を亡くすというつらい経験は、立ち直るのに長くかかり、いつまでも受け入れたくない気持ちに引きずられます。 私も二年前に敬愛する姉を突然亡くした事実は、日が経ってもまだほんとうの所受け入れることができないで闇を迷っています。 亡くなる前日まで、人と人の関係で、亡くなる日の朝は動顛して、そして病院のベッドの上で死を宣告された瞬間、人と魂の関係になり、ずっと気持ちが固まったままです。 ほんとうにつらい。 これは理屈ではありません。 お友達のご冥福を祈ります。 同時に、ジュンコさんの喪失感が一時でも早く哀しみから抜け出て、いい思い出だけを蘇らせますように。
Commented by marsha at 2012-07-24 19:32 x
junkoちゃん、大丈夫?
って云ってもお慰めにもならないと分かっていても
何か云わずにはいられません。
心配してるよー。

私も仲良しだった友人達は私を置いてどんどんあの世に行っちゃったわ。
一人残された私はどうすりゃ良いの? 
ま、その内、私にもお迎えが来るわね。
そう思って毎日を過ごしているのよ。

junkoさんは未だ若いしファビオも不二子もビアもチッチもいるわ。
大家族ね。 私にもそんな時代もあったけど、どういう訳かみんなを
あの世に送り届ける役目を仰せつかったみたい。
残った者は辛いわね。
Commented by tonkoid at 2012-07-24 22:01
大事な最愛の方をなくされたjunkoさん
大丈夫ですか。あまりにも悲しく美しい文を読ませていただき
胸がキュンときました。
maraさんが天国で安らかに、そしてjunkoさんをお守りくださいとお祈り申し上げます。
Commented by green-field-souko at 2012-07-25 01:45
Junkoさん、だいじょうぶ?
Maraさんのご冥福を、お祈りさせていただきます。
Commented by hanarenge at 2012-07-25 08:10
junkoさん、本当に人生はやりきれないくらい理不尽ですね。
大好きな人との別れは、とてもとても悲しいです。。。。
junkoさんの中に素晴らしい思い出を残されて旅立たれた方、存じ上げないけれどjunkoさんのブログでその方の事を知りました。
junkoさんの言われるように、平和な所で美しく輝いておられるでしょう。
ご冥福をお祈り致します。
Commented at 2012-07-25 09:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by み6 at 2012-07-25 10:55 x
junkoさん、お久しぶりです。
わたしのブログにコメントを残してくれたので、久しぶりにjunkoさんのブログを見に来ました。そうしたら、
お友達が亡くなったとのこと、そのお友達のご冥福をお祈り致します。
わたしも親しい方を最近亡くしました。
なので、ふと、ぼんやりしていることが多いです。
その方が亡くなる直前は何を考えていたのかな。
と、今になって気になります。
寂しさは拭い去れないけど、仕方がないです。
時が自然に解決してくれるまで
このままでいい。とも考えています。



Commented at 2012-07-25 17:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-07-25 19:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sen626 at 2012-07-26 00:54
言葉が見つかりません...
ご冥福をお祈りいたします...
お二人ともすてきだなって思いました
Commented by mildpink at 2012-07-26 09:22
junkoさん、、、、、、、、、、
大丈夫ですか?
早く元気になってください。。。。。ね?
Commented by ましゅまろ at 2012-07-26 09:33 x
junko さん。
以前、こちらでお話されていた方がMaraさんの事だったのかな、、。
ズキンと思い出しました。

友達の中でもとりわけ尊敬して、ほんと、命の一部をあげたい、どうにかして助けたい友達、そんな気持ちにさせてもらえた友達が違う世界にいってしまうのは、辛い寂しいことですよね、、。

前にも書いたけれど、私にもそういう境遇の友達がいます。
弱音を吐かない友達。
なんとか苦しい気持ちを1gでももぎ取りたい、この笑顔を無くしたくないと、強く念じながら、ちょっと寄ってみたで~~、と話をしに行っています。

junko さん、Mara さんはほんとに素敵なメッセージを残してくれましたね。
junko さんの気持ち、すぐ傍でニコニコしながら頷いてるんじゃないかと感じます。

私からもjunko さんに大きな 大きなBacioを送ります。
大阪から、junko さんに、気持ちはすぐに飛ばせるからね!!
Commented by cocomerita at 2012-07-26 16:03
Ciao marshaさん
そう、あの時に訪ねた彼女です
友人たちは危ないと言ってたけど、私はなぜか大丈夫だと思ったのです
だって痩せてたけど、元気だったし、一時間以上も元気に話してたし...
でもね、母の時もそう思ったんですよ
で、母も私が会いに行ってその10日後位に亡くなったんですよね

いくつだからいいと言うわけではないのだけど、早すぎます
御両親より先に逝かなきゃいけないのは辛すぎます
誰だったらいいってわけではないのだけど
彼女はこういう目に遭っていい人のリストがあったとしたら最後の人だと思うので

なんかね、力が入らないのですよ 苦笑
Commented by cocomerita at 2012-07-26 16:05
Ciao hisakoさん
笑 私がノートに書いた時点で、彼女はもうそれを読んでたとそう思います
自分がこんな状態の時にまで、誰かの事を心配して、心が尽くせる
やっぱり凄い人だと思います

そうね、今は自由に元気に飛び回ってることと思います
お疲れさまでしたと言いたいです
Commented by cocomerita at 2012-07-26 16:16
Ciao kinnnikumansさん
ありがとう
ふと思ったんだけど、kinnnikumansさんっていい名前だね
私ももっと心に筋肉つけないといけないなあ...なんて思いましたっけ 笑

おじいちゃん、安らかに逝かれたんですね
私も逝くときは、そうやって心からありがとうと言えたら素敵だなあと思いました

そうですね
こういう一言は、私たちの魂に刻みつけられ、何かあるたびに私たちの心を温め、勇気づけてくれるように思います

それでもさ、置いて行かれるのは、辛いですよね
Commented by cocomerita at 2012-07-26 16:19
Ciao gettengさん
皆さんのコメントを読ませていただきながらも、涙が出ます
外では泣きたくないので、外を歩くときは歯を食いしばっています
私でこんななんだから、御両親や彼の悲しみは如何ばかりかと思うとまた涙が出ます
仕方ないですね...
もう少し、涙が出るに任せることにします

お心づかいありがとうございます
Commented by marsha at 2012-07-26 16:22 x
junkoちゃんのコメ、今発見して嬉しい!
元気だしてねー。 当分思い出がいっぱいで物事が手につかないでしょう。
生きてることは辛いなって思う時もあるわ。 でも、死んでしまったら、全てがおしまいだからね。 
取り敢えず、良かったー。

今日こっちは最高に暑いんですよー。 三十七℃だって。
もうやけくそ! 半裸でうろうろしてまーす。こんな時宅配のお兄ちゃんや
新聞屋さんのお兄ちゃん来ないでね。 裸だと大急ぎで羽織るものを探して〜、もう大慌てなんですから。

Commented by cocomerita at 2012-07-26 16:28
Ciao kanafrさん
子どもの頃、お昼寝して目が覚めたら家の中に誰もいなくって
その時の心細さをいまだに憶えています
そう云う感じなんだよね
だから、いまだに置いてかれるのが苦手です
一人でずんずん肩で風切って歩いてるようだけど...ははは

こんな時に、誰に頼んだのか、ノートにカードまで用意してた
その彼女の優しさと強さに改めて心打たれます
うん、そうですね
逆に彼女を心配させてしまうから....
もう少し泣いたら、あっちでの彼女の新しい生活を、楽しい暮らしを思い描くことができるとそう思います
そして、このノートを通じて、語り続けようと思います

ありがとうございます
Commented by cocomerita at 2012-07-26 17:01
Ciao kiyotayokiさん
奥さまのことを思い出させてしまってごめんなさい
逝ってしまってから何年経っても、思い出すたびに、泣いてしまう人っていますよね
私は母がそうですし、きっと彼女もそうだと思います
笑 私もね 母がなかなか夢に出てくれないと不満に思ったことがありましたっけ

昨日ね、Maraが来てくれたように思います
夜寝る前はどうしても泣いてしまうんだけど、来てくれてるかなあ,,,来てくれたのなら なにか音でも出してね とつぶやいたら
PCがひとりでにonになりました 笑

奥さまもきっとちょくちょくいらっしゃってることでしょう
ちょくちょく来てるのに気がつかないんだから、本当に鈍感ねぇ...なんてぼやいてるかもしれません 笑
Commented by cocomerita at 2012-07-26 17:02
Ciao mildpinkさん
笑 mildpinkさんはそんなことまだ考えなくていいよ~~

それよりも、そう云う大事な人達を置いてきぼりにしないように、自分の身体を大事にしてあげてください
それはね、愛されてる人の一種の責任だと思います

ありがとう、mildpinkさんの気持ちは伝わってきてます ♪
Commented by cocomerita at 2012-07-26 17:04
Ciao minmeiさん
minmeiさんは、こういう思いを経験したばかり
思い出させちゃったかな?
ごめんね

私にノートが残ったように
minmeiさんがご自分の思いを描き続けるように
この私たちの思いを、悲しさを形にできるってことで、私たち自身の思いの行き場がある
それって、すこし幸せなことかもしれないなあ...なんて思います
Commented by cocomerita at 2012-07-26 17:12
Ciao 2012-07-24 10:36 鍵コメさん
優しい言葉をありがとうございます

羨ましいと言う気持ち、わかりますよ 笑
私のボローニャの友人が、junko本当に来てよかったね。と言いました
でも、私はお別れを言いに行ったわけではなく、彼女の顔を見て、安心したかっただけなんだけどね
私はこういう重病にかかったことがないので、
こういう時に本当にだれかと会いたくないのか?
それとも遠慮してるのか?
それがわからず..実は今だにわからない
私が行ったことで疲れさせてしまったから早く逝っちゃったのかも? なんてことも考えたりします
変だよね 笑

きっとそのお友達は、鍵コメさんに負担をかけたくないとそう思ったのでしょうね
素晴らしい方ですね
その方がやってくださったこと、なかなかできることではないと思いますから...
きっと今は幸せに過ごしてらっしゃることと思いますよ

普段はね、こうして死ぬのはお引っ越しー
なんてこと言ってるんだけど、実際に大好きな人に逝かれてしまうと..いやはや 言ってることと実際の自分の差に、情けなくなりますよ とほほほ
Commented by cocomerita at 2012-07-26 17:14
Ciao 2012-07-24 10:36 鍵コメさん
続き

え――と、メルアド間違ってたと思います 笑
なぜかって、あのあとすぐにメイルを書いたからです

そうですね
すこし落ち着いたら、又送ります
この住所に....笑

お誕生日おめでとう
そして相方さんもおめでとう
生きることが赦されてるうちは、一日一日大事に生きようと、さらに思いました
逝きたくなかったのに、逝かなければいけなかった人達のためにも...
Commented by cocomerita at 2012-07-26 17:16
CIao nobさん
はい、いまだにもの凄く辛いです

やっぱりなんか気配がありましたかね?.....
nobさん、私は私の人生彼女の分まで一生懸命大事に生きるけどさ
置いてきぼりは、やっぱり辛いわ
凄く辛い
Commented by cocomerita at 2012-07-26 17:20
Ciao sideさん
ありがとうございます
こればっかりは、味わった人でないと本当のところはわからない..のですよね
しかし、誰にも味わってほしくない...

ついさっきまで息をして、笑ってたその肉体が、何かを境に動かなくなる、返事をしなくなる
その境のところを必死で考えます
肉体って何なんだろうと,,,改めて
そして愛する人の肉体が物言わぬものとなった時のその慟哭に...
彼女の肉体と魂が今や切り離された、ということを受け止められずに戸惑います
でも、これはあくまでも私の問題
彼女には御苦労さま、よくがんばったねと
そしてありがとうと そして次に会うのを楽しみにしてると言いたいです
Commented by cocomerita at 2012-07-26 17:27
Ciao marshaさん
たびたびありがとうございます
笑 多分marshaさんのことだから、心配してくれてるだろうなあとは思っていたんだけど
力が入らないのです
だから 実にノソノソと動いている 笑
でもね、こうしてコメントのお返事を書き始めてたら、ちょっとづつ、ほんの少しづつだけど、活力が戻ってきたように思います
やっぱり動かないと体内に気が入ってこないね 笑

私は送りたくもないし、送られたくもない と思っています
子どものころに象さんが死ぬ時、ひっそりと滝の裏にある洞くつに入っていって一人で死ぬと言うお話しを読んだこと、それがいまだに私の中に強く残っていてね
だから今朝は、変な話なんだけど
富士山の樹海に入って行って亡くなる人の気持ちが少しわかったような気がしたのです

だけど、送ったり送られたり そう云う悲しみも私たちの人生の一部、ちゃんとお務め果たさないといけないんだろうねえ 
それは辛いことがあっても、頑張って生き続けないといけないってことと同じお務めだね
Commented by cocomerita at 2012-07-26 17:32
Ciao tonkoidさん
ありがとうございます

生まれたり、逝ったり
それが人生の常なんだけど
私はどうもこの変化って奴が苦手です
古い建物が壊されて新しくなるのも、大嫌いなのです

Maraのことを祈ってくださってありがとうございます
足の具合はどうですか?
Commented by cocomerita at 2012-07-26 17:35
Ciao 草子さん
ありがとう
大丈夫と言いたいところなんだけど...
まあ肉体は元気です 笑

あのちょっと湿った空気が私も好きだろうと感じてくれた草子さんだから
わかってくれると思うんだけどね

私はどうも未来より過去が好きなのですよ
だから、新しい未来になじむのが、妙に苦手です
彼女とすごした色んな事、次々に思い出してます 

いやだなあ、こういうの....
Commented by cocomerita at 2012-07-26 17:38
Ciao hanarengeさん
そうそう、神様は私の大好きな人から、さっさと連れて行くのです
そしてそういう素敵な人達はもっともっと幸せに、自分の人生享受するべきなのに...
全く理不尽です
訳わかりません
運命って皮肉というけれど、底意地悪いとしか思えませんよ
まあ、思い通りにならない ってとこが運命の運命たるゆえんなのでしょうがね....涙

私たちは悲しくて不幸だけど
逝ってしまった人達は、凄く幸せでいてほしいと思います
Commented by cocomerita at 2012-07-26 17:45
CIao 2012-07-25 09:12 鍵コメさん
私は、幸せなことにたくさんの素敵な人達との出会いをいただいています
素敵な人達ばかりだから、濃く繋がらざるを得ないのね ^^
その出会いを喜ぶのと同じ数だけ、別れる時のつらさも味わわなければいけない
それって一種の人生の算数なのだろうと、ちょっと複雑な気分

母を亡くした時に、何年も苦しんで
その時に、こんな思いをするのなら、仲の悪いお母さんを持った方が良かったかも? とさえ思ったことがあります
でも、きっとそうではないのだと思います

苦しいことからのほうが学ぶことが多いと確信してる私は、この辛さもまた愛情を持って抱きとめないといけないのだと思います

...なんかね、こう書いてるうちに、心が軽くなってきた
人間って不思議です 笑

この二人の回線でこれからも交信して行こうと思います
一ページ一ページを、大事に大事に綴っていきます
ありがとうございます
Commented by cocomerita at 2012-07-26 17:51
Ciao み6さん
こんにちわ
久々に来て下さったのに、悲しい話題でごめんなさい

彼女が病気になった時、彼女は眠る時、朝起きた時何を思うのだろうと、いつも考えていました
夢ではなかったのだと、また一日、病気と面と向かって過ごす時間が始まると、そう思ってるのだろうか?と思うと
居ても経ってもいられなくなりました
私も、彼女は逝かなければいけないその時に何を思ったのだろうか?と しばしば考えます
彼女のことだから、きっと自分で逝こうと決めたのではないか?と考えたりします

そうですね、傷は治るに任せるしかない
そのうちかさぶたになり、ポロっと落ちる
きっと長い時間かかるだろうけど、それもまた私たちが容認しなければいけない人生の代償の様なものなのでしょうね

そのお友達のあっち側でのお幸せを心よりお祈りします

Commented by ank-nefertiti at 2012-07-26 17:51
Ciao junkoさん
ごめん、ずっと読んでいたのだけれど、私今自分が迷い道に迷いこんでいるので、なかなかねjunkoさんの記事にコメントできなかったの。
だってねいつもあなたはあまりに潔くて・・・
そんなjunkoさんだからmaraは凄くjunkoさんを愛してくれていたのだと思いました。
だってね、「ちょっと、迷惑よ!」と言われちゃうかもしれないけれど、私もそういうjunkoさんが凄く好きですからね^^
私もかつて本当に大事なお友達が突然に亡くなって(なんの前触れもなく・・・)、茫然としてしまい、それは今でも彼女が元気でいてくれたら、と思い続けていることなのだけれど、そうばかり思っていると彼女が心配するだろうなぁって思うので、ときどきね心にふたをしてみる。

二人の回線で交信。
とっても素敵!
でねぇ、だからjunkoさん、私の前からいなくならないでね。。。
Commented by cocomerita at 2012-07-26 17:54
Ciao 2012-07-25 17:19 鍵コメさん
ふふふ、気にかけてくれてありがとう
本当に鍵コメさんは私の親戚みたいだ...笑

力が入らないのです
だからノソノソ動いてます
これからイタリア語のレッスンなんだけど、宿題もそこそこにしかできなかった

お心づかいありがとうね
こんだけ心配してくれる人がいるってだけで心が温まります
Commented at 2012-07-27 00:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cocomerita at 2012-07-27 02:15
Ciao 2012-07-25 19:25 鍵コメさん
最近どんどん大好きな人達が旅立っていきます
歳を重ねるって言うことはこういうことでもあるのだなあとふと思い、いやだなあと思います
私もね しょっちゅうMaraに話しかけてますよ
そのうち うるさいって言われるかな? ははは笑
悲しみが薄れると、きっと みんなはいなくなったわけじゃぁなくて
あっち側に行っただけなんだ いつでも繋がれるんだと思えるんですけどね
そのうち、優しい気持ちで思い出せ、楽しくおしゃべりできるようになったらいいと思います
ってか、彼女のためにもそうします 笑
Commented by cocomerita at 2012-07-27 02:19
Ciao senさん
大好きな人がたくさんいるだけ、こうした悲しい別れも同じだけ味わわなきゃいけない
悲しい公平さですよね
だからこそ、一期一会
一緒にいられると時を大事に丁寧に過ごし、心ゆくまで味わわないといけないなあと改めて思います
生ってのは、容赦なく悲しいですね、まあだからこそ その分光り輝くのかもしれないのですがね...
Commented by cocomerita at 2012-07-27 02:21
Ciao mildpinkさん
お気にかけてくださってありがとうございます
ある意味、時に任せるしかない、ってことありますよね
時間とともに、悲しさが風化して行くのを待つしかない時ってありますよね
この悲しさも私たちの人生の一部だから、きちんと抱きしめて
きちんと悲しもうと思います 
ありがとうね ^^
Commented by cocomerita at 2012-07-27 02:31
Ciao ましゅまろさん
彼女はね、病気になる前はもう200%幸せな人だったの
そして頻繁に会わなくても、お互いの気持ちがわかってるから全然大丈夫、そうそうなによりも、私は彼女が大好きで、彼女のボーイフレンドも大好きで、そして二人のカップルとしての在り方も大好きだったのです
だからね、そんな幸せな彼女がこういう形で逝かなきゃ行けなかったことに悲しくて
もう会えないと思うと悲しくて
彼の絶望を思うと、悲しくて 
御両親の悲しみを思うとやりきれなくて
娘を自分より先に見送らなければいけない御両親の悲しみの大きさ、深さを想像できるから、本当そのためには私の命分けてあげるなんてなんともないことだった
とりあえず、私にはもう両親いないからさ
でも、運命はそうそう人間の思う通りにはならないのだよね 残念

そうだね
でも、別れは辛くても、こんな彼女と出会えて、時をいっしょに過ごせたこと、互いに交われたことの幸せに比べたら、やっぱり出会えてよかったと思います
ましゅまろさんもそのお友達大事にしてあげてください

お――大阪からのbig bacio しっかり受け取ったで~~~
おおきに~~~!
タコ焼き風味だわ  
...ウソウソ わははh 笑

Commented by cocomerita at 2012-07-27 02:36
Ciao marshaさん
再三の御訪問、ありがとうございます!

こうやって皆さんからいただいたコメントにお返事書いてたら
別れは辛くても、こんなに素敵なMaraと出会えたことのが
その別れの辛さの一億倍も幸せで嬉しいことだと思えてきました
いろいろ心配してくださって、本当にありがとうございました

寒気団circeさんはさっさといなくなり
こちらも暑さ戻ってきましたよ
ちなみに私も半裸同然だなあ 笑
半裸のmarshaさんかあ~~
色っぽいだろうねえ 笑
でもさ、夏にこうして大ぴらに肌を晒せるって、凄く気持ちいいよね
だから夏はどんなに暑くても大好きです
Commented by cocomerita at 2012-07-27 02:38
Ciao 2012-07-27 00:48 鍵コメさん
笑 そうだね!!
大丈夫、そうそう次に会えるまで....なんだから
その時までに、一杯お土産話を貯めておきましょう 

そう、おっしゃる通り このノートは、伝言版ですよね
これでまだつながれるんだもんね
なんか元気が出てきましたよ

ありがとう!!
Commented by cocomerita at 2012-07-27 02:48
Ciao ankさん
迷い道途中にお寄りいただきありがとうございます 笑

ankさんは今新しい人生を開こうとしてるのだから
迷った気分に落ち込むのは、わかる気がします
でもさ、お花が開く時、種が土の中で芽を出す時
その時って、猛烈なエネルギーを必要とするのだそうです
今のankさんがそうでしょ?
新しく開こうとしてる
だからさ、そう云う「うんこらしょ」も人生の一部として、悪いことだと思わないで、迷ってる、何か負荷がかかってる、
その感じを楽しんでほしいなあなんて思います
私もね この悲しみも人生の一部として、ちゃんと抱きしめて、ちゃんと悲しもうと決意したのです
だって、上にも書いたけど
別れがあっても、出会えたことのが嬉しいもの
だから
ankさんにもできますよ 笑
そう云う「うんこらしょ」のあとに、なにが出てくるか、楽しみじゃない?
心の筋肉は、使っただけ鍛えられる
まあこれ以上強くなると、お互い周りにいる男性が気の毒だが...笑
Commented by getteng at 2012-07-28 17:08
junkoさん、
話題が違って申し訳ありません。
スペインがドイツに対して28兆円の支援要請を行ったようです。
しかし、現実問題として国・地方政府・銀行合わせての債務は
50兆円から100兆円といわれ、28兆円で事が済むわけがありません。
次はもっぱらイタリアといわれております。
イタリアは地方政府がスペインよりも先にデフォルト宣言するかもとの噂があります。
素人政権に対して、失脚したスケベおじさんのベルルスコ-ニが
返り咲きを狙っているとか(笑)
Commented by marsha at 2012-07-28 19:06 x
↑私も例のリポートの同じ記事を読みました。
ドイツは即答は避けたようですが、実際には
それくらいでは断然足りない。

日本は灼熱の太陽のもとで喘いでいます。
連日35℃、36℃、37℃、と遂に38.5℃とか、
もういい加減にしてぇー。

明日は議事堂を取り巻くデモに参加される皆さん
呉々も気をつけて下さいね。明日も暑いようですから。
みんな有り難う。
Commented by marsha at 2012-07-28 19:07 x
今「戦後史の正体 1945-2012」孫崎 享著 を読みかけています。
元外務省・国際情報局長が書いた「米国からの圧力」を軸に、戦後70年を読み解く、という大変貴重な書です。
この本を読む前に知っていた日本の政治家や外交官のダブルスタンダードには少なからず驚きます。 ワンマン吉田茂がどのようにマッカーサーに取り入ったか、この書を読む前の印象とは全く違うものです。

未だ読み始めたばかりですが、兎に角目から鱗の感ありです。
Commented by junko at 2012-07-28 22:39 x
Ciao gettengさん
イタリアは猛暑の中 連日各地でストライキを行っています
私ね 今一つこの経済危機のシステムが良くわからなくて
だって今年に入って一気に悪くなったなんてことはありえなくて、
ここ少なくとも10年は、すでに相当悪かったと思うのに
何故にここにきて一気に噴き出すか? と
なんかここでも誰かの企みの匂いを感じて仕方ありません

う~~ん、べル君ねえ
出るみたいですよ
でもね~~モンテイは見かけは真面目そうだし、スケベ行為もとりあえず表立ってはやってないけど...
別にベルに比べてモンテイが優秀か?って言ったら、たいして変わりない気がしますよ
モンテイって慇懃無礼という言葉が、見るたびに思い浮かぶ人です

年金の年齢あげたり、ガソリン税有無を言わさずあげたり、学校や文化維持のための資金を減らす前に、自分らの給料減らすとなぜ言えないか?
そっからだと思うのですよ
改革というのなら...
所詮、同じ穴のむじなですね

この際、一回イタリアも壊れればいいのだと思います
所詮、犠牲になってイタリアの過去のつけを払わされるのは、庶民ですから...
Commented by junko at 2012-07-28 22:43 x
CIao marshaさん
日本相当暑そうですね
こっちも暑いけど、湿気は少ないし、とりあえず夕方になると気温下がるし、だからクーラーなしでもやってけるけど
日本は大変ですね
まあ、電力は全然足りてるのですから、ガンガンクーラー点ければいいよ

あのね、今の経済システムは、もう死んじゃってる人にとりあえず、点滴とか、輸血で、人工的にエネルギー送りこんで、生きてるかのように見せかけてるだけだから
それをすればするほど,再興が遅れ、無駄な費用ばかりかかるだけだと思っています
そしてその無駄な費用はすべて庶民の肩にかかってきます
だから私は、この際壊してしまえばよいのだと思っています
畑だってさ、焼き畑しないと、次の作物実りづらいのだから...

身体に気をつけてくださいね
Commented by junko at 2012-07-28 22:46 x
Ciao marshaさん その2
結局さ
政治家は偉そうな顔して、庶民を騙し、その陰でいろいろつながって、甘い汁を吸ってたと言うことだよね
国のことではなく、考えるのはてめ―の顔と懐具合
第二次世界大戦も大きな嘘と国民相手の大詐欺行為だもんね

いつになったら、この腐った悪の鎖、切れるのでしょうね
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
黒い森の白いくまさん
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
オトナの社会科・中東から...
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live
明日をもっと楽しく!した...

最新のコメント

ciao taichoさ..
by cocomerita at 16:03
大林作品は青春物が多いで..
by 2006taicho at 03:37
ciao 2017-09..
by cocomerita at 15:33
ciao 2017-09..
by cocomerita at 01:30
ciao saheizi..
by cocomerita at 01:10
檀一雄も好きです、これは..
by saheizi-inokori at 10:30
ciao 2017-09..
by cocomerita at 16:43
ciao 草子さん 安..
by cocomerita at 05:57
junkoさま >..
by green-field-souko at 05:37
ciao 草子さん 明..
by cocomerita at 01:45

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル