私がローマで独りで始めたわけ 

敗戦記念日に

今日は



   敗戦記念日



ですね



できることなら



大きな犠牲が払われる前に



自ら 敗戦 を認めてほしかったなあ と 思います



人間魚雷などという 切羽詰まった兵器を考えつき



たくさんの若い命を 犠牲にする前に






帰る分の燃料がないからと言って



特攻隊などを形成し 飛行機ごと その尊い命を 敵に突っ込めさせる前に





沖縄での たくさんの市民の犠牲の前に



そして 



広島 長崎へ原爆を落とされる前に






申し開きのできない日本軍の 最悪なジャッジ



神の審判など 待つまでもなく



嘘は嘘 で しかなく



そして 人間の命より大事なものなど 存在しない と 改めて思うのです








国の未来を信じて 逝った人達が



今の日本をどう思ってるだろうか?



と ふと考えます



政府の嘘 に まんまと乗っかった



あの悲惨な愚行の二の舞は 少なくとも 現在の私たち国民は 冒してはいけないと 



そう思うのです



教科書も改訂すべき
 ですね



子どもにも 本当のことを知って育つ 権利があると思います



子どものころに聞いた話で



いまだ心に強く焼き付いてる話があります



江戸の両替商は 見習いの小僧に 本物のお金だけひたすら見せるのだそうです



本物だけを見て育った小僧は 偽物のお金はたちどころに見分けるようになる と



真実をきちんと聞いて育った子供は



物事の本質 真実を見極められる大人になる と



そして 他人の痛みもわかる そう云う大人になる と



そう思います



敗戦記念日のこの日に



信じるもののために
守る人達のために



そして 訳のわからぬままに



逝かなければいけなかった人達に




心からのご冥福を祈ります



今晩は 送り火を焚いて



そして 送り膳 を用意しましょう



b0150335_22404283.jpg
 今日も暑いです

  でも 暑さが 確実に秋に向かっていることが わかります

[PR]



by cocomerita | 2012-08-16 00:55 | | Trackback | Comments(63)
トラックバックURL : http://cocomerita.exblog.jp/tb/18833501
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひやしんす at 2012-08-16 01:26 x
Junkoさん
下の国会の下劣な答弁のあり様が余りに酷く
非現実のお芝居を見ているようでした
 
逝かれた方々の負託に応えられているか。 
恥じ俯くばかりです  
 
Commented by hisako-baaba at 2012-08-16 06:02
junkoさんありがとう。
涙が止まらないが、リンクもらいました。

昔は政府の暴走を止められなかったが、今我々にはある程度の情報がある。もの言う権利もある。
昔の愚を繰り返してはいけませんね。
Commented by kanafr at 2012-08-16 06:43
私がまだ高校生の頃、歴史の授業は平安から江戸時代までかなり時間を割いているのに、明治以降は何故かサラっとしかせず、戦後史もほとんど時間切れなのかやらなかった記憶があります。
№2が小学生~高校まで受けた歴史教育と随分違うなと思いました。
教わるだけじゃなく、自分で調べる、自分でしっかり自国の事を考える教育をする国と日本との差はかなり大きいと思います。
都合の悪い事は教えない、これって日本の全てに繋がる悪癖ですね。
Commented by saheizi-inokori at 2012-08-16 09:38
沖縄侵攻、ヤルタ会談、、ソ連が参戦することを知りながらその情報を握りつぶした陸軍参謀、せんご大きな顔をしていた瀬島です。総理大臣、陸海軍大臣、外務大臣、、トップたちの「決められない政治」、リスク管理不在、、、既視感。
Commented by kinnnikumans at 2012-08-16 10:14
junkoさんおはようございます。
本当ですね。小学生の時夏休みに戦争を体験した人の
話を聞いてノートにまとめる宿題が高学年になると
毎年出ていたのですが、その時に あぁ戦争がない時代に
自分はいて本当に幸せなんだなぁとすごく感じた事を
思い出します。 今も恐ろしい事は沢山あるけれど、
でもあの時のように、反対すれば、はむかえば
かまわず殺されるみたいな
あんなめちゃくちゃな事はないですよね(涙)
あんな悲惨な事は繰り返してはいけない・・・
誰もがそう思う事なのに
Commented by kinnnikumans at 2012-08-16 10:15
私はjunkoさんに教えていただくまで
日本が原発に力を入れているのは
実は核兵器の研究なんですって・・・
そんな恐ろしい事は絶対言えないから隠しているけれど、
でもそうなんじゃないかと思っていました。
あれだけのつらい戦争を体験した国なのに、
落とされた爆弾と同じものを沢山作って、囲まれて
生活をしていこうと思う事、思えた事が不思議です。
でも、福島の事がなかったら、あれ?今原発はどれだけある?
そんな事、私も立ち止まって考える事はなかった。
あの震災で色んな事を考える時間、きっかけをもらえたんだと。
感謝するという表現はおかしいかもしれないのですが、
ありがとうございますという気持ちでいっぱいです。
祖母は自分の弟を戦争で亡くしました。
自分の兄弟が家族が、死ぬかもしれないとわかっていながら
見送らなければならない、その時の気持ち、
それでも生きていかなければならない・・・
沢山の命をかけて、沢山の犠牲者が出て、それなのにあれで
いったい何を得られたんだと、本当に悲しくなります。
本当に命が一番大事だと、私も思います。
コメントがうまくまとまらなくて・・・申し訳ないです
Commented at 2012-08-16 10:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by marsha at 2012-08-16 10:49 x
戦争の話は悲し過ぎます。辛過ぎます。死ぬまで忘れることはありません。
ご紹介頂いた映像も何度も観て聴きました。 母のたった1人の弟も海軍に取られパラオ?で戦死しました。 母は何日も泣いていました。 
夫の旧制高等学校の級友も沢山戦死しました。 夫は目が悪く徴兵検査に受かりませんでした。 義母は T男は は何と親孝行な息子かと、目が悪いのも良いこともあると。 他の二人の兄弟は出征し、弟はビルマで戦死しました。 後に生きて復員した戦友から弟の最期の様子を聴いてやっぱり涙に明け暮れていました。 従兄でガダルカナルから生還した人もいて、復員後は社会復帰が難しいと母がこぼしていました。 悲惨な戦場の話、軍幹部の命令で自決も覚悟していた話などつきることがありません。

戦争は悲惨です。どんなことがあっても戦争だけはしてはなりません。


Commented by nob at 2012-08-16 11:07 x
中公文庫「失敗の本質-日本軍の組織論的研究」

既視感なんてもんじゃない。日本人ってなんて特殊な民族、みたいなアホ話でもないです。
空気に流される、大勢に考えなく迎合するというのがいかに恐ろしいものかをこれでもかというぐらい知ることができます。
超オススメっていうか必読。
Commented by marsha at 2012-08-16 11:42 x
「戦後史の正体」1945-2012 孫崎 享(まごさき うける)著  創元社と 同じ著者の「日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 が あります。
著者の孫崎は元外務省情報局長、この書を未だ読みかけですが、目から鱗が落ちる内容です。 戦後私達は吉田茂がただ一人アメリカと対等に渡り合えるリーダーだと思わされてきましたが、話は全く逆で、今の日本のアメリカ隷属の根本は吉田が敷いたレールであったと。 沖縄の問題にしても全く知らなかったことが沢山書かれています。 
Commented by harunoyokihi06 at 2012-08-16 12:00
先日BSプレミアムで 少女たちの日記という再現ドラマを母と見ました。
hisakoさんと同い年の母はちょうど女学校へ通っていたようです。
勉強なんてそっちのけであちこち行って戦争の協力作業をしていたようです。
↑の動画、本当に辛すぎます。
hisakoさんのブログで紹介されていた棚倉町の平和のための戦争写真展も知り、語りつづことの大切さを痛感しました。
Commented by cocomerita at 2012-08-16 16:25
Ciao ひやしんすさん
戦争を体験された人達が、あの戦争が始まる前のそれに似た重苦しいものを最近感じると言っています
嘘に嘘を重ねて国民を巻き込み、尊い命を犠牲にした
このひとりひとりの命は犠牲にするものではなく、まず守るものなのだとこれっぽっちも思っていないかつての日本軍の姿勢、傲慢さを今の政府に見いだし、吐き気です。

笑って逝くと言って、日本のために犠牲になってくださった人たちに、私も申し訳ないなあと思います
Commented by cocomerita at 2012-08-16 16:42
Ciao hisakoさん
実際に戦争を体験したhisakoさんにはさらに酷な動画であると思います

戦争を体験していない人に、思いを馳せてもらいたくて載せました

ネットのお陰で今回の福島の嘘は隠ぺいが非常に難しくなってるけど、でもね、ポイントはその時に私たち国民が何をするか? ということだと思います
戦争反対なんて言おうものなら、憲兵にしょっ引かれた当時,
それでも憲兵さながら、周りの人に参戦を強いていた、愚かにも、「正しい参戦の仕方」を説いた市民の人たちがいる。
今はhisakoさんの言うように、自由に意見が言える世の中です
政府の実態を見極め、真実を知る努力をし、声を出し、
あるべき形に、行くべき方向性に、国民をまず守る政府へと国民が導いて行かないと又あの時の二の舞です
戦中と同じ苦難を生きてるのは、福島の人達だけでなく私たち全員だともっと多くの人に考えて欲しいと思います

Commented by marsha at 2012-08-16 16:56 x
私の父は憲兵にしょっぴかれて行きブタ箱に数日閉じ込められました。
理由は父が日本は戦争に負けるから、引っ越した方が良いと親しい人達に語ったのが、誰かがちくったのでした。 日本人って信用出来ないと思うようになりました。 父は知り合い達が日本は戦争に絶対勝と思っていたから、それは先ずないと、みんなに云ったのです。
全く恐ろしい時代でした。今、私もあの頃のような重苦しい雰囲気を感じています。 ニ度とあの時代のような酷い時代に戻したくありません。
Commented by cocomerita at 2012-08-16 16:59
Ciao kanafrさん
そうなのよね
奈良平安~江戸とだらだら学ばせる癖に、明治大正昭和に入ると
ほんの数ページで、出来事と年号を暗記させるのみ
そのときは、何も感じなかったけど、もっと大人になってから、あのボリュームの違いはどう考えてもおかしい。と思いましたっけ

起きたことは、すべて歴史の一部なわけですから、事実として感情を交えず、伝えるべきだよね
それが子供の底力になると私も思います

そうそう、臭いものには蓋なのですよ、
隠してばかりで、その肝心の臭いもの処理しないから
その臭いものが発酵し、もはや猛毒ガスがでてる
それが今の日本ですね
Commented by cocomerita at 2012-08-16 17:03
Ciao saheiziさん
どうしてもわからないのはさ
隠すと言うことには、大きな政治家としての度量とそして責任が伴う
今の政府もそうだけど、ああいう子供でも馬鹿にしそうな幼い奴らにそこまでの度量があるか? ないですよね
自分に都合が悪いからただ隠しまくり、ただその場を繕い、
で、そのあとの事は知らんぷり

第二次世界大戦も、所詮同じだった気がします
Commented by cocomerita at 2012-08-16 17:20
Ciao kinnnikumanさん
へ~~~そんな素晴らしい宿題が出てたんですか?
いい学校ですね
私は小学校で戦争の話を聞いたことがありません
ただ、私の父が戦争に行っていたので、彼から話を聞くだけで、
それもいつも同じ話なの 笑
辛かったことは思い出したくなかったようです
それでもね、父は少年兵で、志願兵だったから、戦況が激しくなったときは、ある程度の位置にいて、食料の調達の任務だったそうで、だから助かったと言っていましたっけ
それでも、時々夢でB29に追いかけられてたそうです

お祖母様、つらかったでしょうね
大事な家族を有無を言わさず戦争に取られ、死んでも悲しい悔しいと泣けず、お国のために死んでくれてうれしいと言わなければいけない
こんな馬鹿な話はないですよ
この世に、人の命を犠牲にしてまでも獲得しなければいけないものなどないと思うのです
黒人の差別運動に参加し、彼らの人間としての権利を主張し、そのために殺されていった人達は別として...

Commented by cocomerita at 2012-08-16 17:21
kinnnikumansさん つづき

所詮、日本の政治家は幼い、未熟なのだと思います
そして、その未熟さを克服し、成長しようと思わない
自欲のみを日々膨れ上がらせる
原発の日本誘致にしても、建前は国民のためといいながら、その裏では、核兵器を作ろうと、そして自国の立場を強力にしようと目論む
それは、国民のためではなく、自分が得るものが増えるからです
強力になり、また戦争になったとして、国民が得るものなど何もないのですからね

私はこの国の政府は国民など守ったことがないと思うのです
広島原爆の時も、彼らは被爆した人たちをアメリカが研究対象とすることに協力した
あんなことされて悔しいと思ったら、とてもできない芸当です

そうですね
福島のお陰で、私たちは目を見開かされた、気付かされた
そう思います
もう二度と目を閉じて、口をつぐんではいけないですよね
Commented by cocomerita at 2012-08-16 17:32
Ciao 2012-08-16 10:19 鍵コメさん
昨日 送りろうそく、送り膳をしました
お盆は、日本の大好きな習慣の一つなのです
疲れたご先祖様のためにナスの牛にきゅうりの馬
優しいですよね ^^
そして私の知ってる人知らない人、みんな続々来てくれると思うと楽しくなります

戦争は知らないのですが、人間魚雷、特攻隊、硫黄島、沖縄、そして広島、長崎の原爆の事を思うと、そしてそのために苦しんで逝った人達の事を思うと、やりきれない怒りがこみ上げます
おかしいです
どう考えてもおかしいです
戦争はその最たるものです
日本だけでなく、もうやめてほしいです
だって、いつも幹部は机上で、のうのうと煙草をふかしながら、ゲームをするかのごとく、人の命に関わることを決定する
そして、その矛先に立ち、またそのために大事な命、大事な暮らしを失うのは、いつも国民なのですから...

Commented by cocomerita at 2012-08-16 17:33
鍵コメさん つづき

大体さ―戦争みたいな、こんな重大な事項を、政府の何人かの人間の小手先で決めるって、そんな恐ろしいことはないですよね

イタリアもね、戦後 戦犯は重要戦犯しか処罰されなかったから
当時のファシズムが政府の中に、警察の中に生きいき生きてますよ

世の中、確かに猛烈に不条理ですね
でも、神様信じてる私はその不条理の中に、私たちに対する宿題というか、何かがあるように思えるのです
所詮、家族を失っていない ホントの痛みを知らない第三者の戯言ですがね....苦笑
Commented by cocomerita at 2012-08-16 17:37
Ciao marshaさん
そうそう、ご主人親孝行でしたね
でも、そういうこともお義母様、大声では言えなかったと思います

人の命の一個一個の重みを尊重。などしていたら、決してできないのが戦争です
ものだと思うからできるし、ものだと思うから、魚雷に入って突っ込めとか、飛行機ごと体当たりしろなんていうバカげたことが命令できるわけですよね
戦争で一体いくつの苦悶、悲しみが生まれ、涙が流されたかと思うと、広島長崎で被爆した人達の戦後はまだ終わっていないのですし、それを思うと、一体何のために? と憤ります
Commented by cocomerita at 2012-08-16 17:42
Ciao nobさん
>空気に流される、大勢に考えなく迎合するというのがいかに恐ろしいものか

ホント、そうですよね
その最たるものが、戦争で
そのプロパガンダに政府は力を尽くす...と

でさ―人間って、これがまた乗せられやすいのですよねえ
ヴィトンやエルメスを皆さんこぞって買いまくってるのを見ると、ふとそう云うのがよぎります
知り合いの企業家が、日本ほどブームを作りやすい国はないと言ってましたっけね

はい、必読ですね
次回の日本で購入します
メモメモ....
Commented by cocomerita at 2012-08-16 17:45
Ciao marshaさん
いや、知らなかったことって驚くほど多いのよね
で、知るたびに憤る
胃腸、肝臓に毒です
今の日本のこの立場、アメリカへの隷属状態は、み―――んな戦後の政治家の仕業ですからね

そっか―この本も必読ね
メモメモ っと
Commented by cocomerita at 2012-08-16 17:59
Ciao harunoyokihiさん
実際に経験なさったお母様には、こういう放送を見るのはさぞかしお辛いことであると思います

私はずいぶん前から、戦争の事を皆がきちんと知ることから、本当の日本の戦後が始まる。と思っています
戦争を体験した人達もお歳を召してどんどん いなくなってしまいます
体験した方たちがいらっしゃるうちに、戦争を企てた人達の都合のよい理由の付いた戦争ではなく、
その戦争を実際に生きた人達の声をもっと聞きたい、そう云う機会がもっとあればいいと思うのです
私たち日本人が、絶対に知らなければいけないことですよね
そのためにも、語り続けていただきたいし
私たちも真摯に耳を傾けたい、とそう思います
それは二度と同じ過ちを繰り返さないために...
Commented by cocomerita at 2012-08-16 18:03
Ciao marshaさん 再見
笑 さすがは、marshaさんのお父さん
そのDNAをmarshaさんの中に脈々と感じます
でも、笑ってる場合じゃないか?
当たった憲兵が悪かったら、殺されてしまうことだってあり得るものね
人々の意識を誘導し、異なる意見を言う自由さえ与えない
恐ろしい時代です

だけどさ、ホント今だって、似たようなもんだよね
人々があげる声を平気で無視する政府
それは発言を禁止してはいないけど、ある意味いんぎん無礼な禁止です
Commented by marsha at 2012-08-17 02:15 x
大飯原発の三号機、四号機が運転を再開したと、今二時のニュースで流れ、ウトウトしていたのに目が覚めてしまいました。 未だにこんなことをやっている我が国とは、本当に先きが思いやれます。 もう原発は時代遅れだというのにです。

目が覚めた序でに、沖縄に関してびっくりするような事が孫崎氏の著書に書いてあったので、大まかに載せておきます。

戦後、「天皇は象徴で政治に関与しない」と習ってきたと思うのですが、
真実は昭和天皇は戦後日米関係の核心に深く関与した、ということです。
あらましは、天皇は、沖縄(及び必要とされる他の諸島)に対する米国の軍事占領は、日本に主権を残したままでの長期租借−二十五年ないし五十年、あるいはそれ以上ーの犠制(フィクション)にもとづいてなされるべきだと考えている」
マッカーサー元帥のための覚え書き(1947年9月20日)  
 とこんなくだりがあるのです。驚きませんか?
Commented by junko at 2012-08-17 07:52 x
Ciao marshaさん
私の読解力が足りないのか 苦笑
天皇は...以降の意味がわかりません
日本に主権を残したままの長期租借ってのは、その当時アメリカの管理下になった沖縄ってことで辻褄あってるようですが、
それ以上の犠牲(フィクション)に基づいてなされるべき、ってところが全然意味不明です

しかしながら...過去に あ―言ったこ―言ったって言うのは、私はあんまり気にしません
だって、政治家たちって数時間前に発音した言葉と平気で逆の事言ったり したりしますからね
天皇も,,,,あの戦争を始めた天皇のこと
私はその彼の言動に信憑性、信頼性を一切与えないので...

それよりも大事なことは、
今後の日本がアメリカからどう友好的に離れ、その二国間のすべての決定に発言権を持ち、一国として自立していくか?ってことだと 沖縄の問題も含め そう思うのです
まあ、政治家がそれを望んでいないとしたら、我が国は一生属国で居続けることになるでしょうが...苦
Commented by dankkochiku at 2012-08-17 10:12
Ciao junko さん 67年目の敗戦記念日、といっても、あの戦争を体験しなかった国民の方が多い現在、歴史本や映像でしたか伝えられないのは何としても物足りなく感じています。
ところで、近年、日本の経済力低下や政局争いにつけ込んで、周辺諸国は好機とばかり、日本の主権を侵そうとし、一方、それに対応する政府の弱腰な対応をみると、67年もの平和に慣れ過ぎ、国際的緊張も、ただ穏便に済ませようとし、かえって相手を増長させるばかりに見えませんか。 日本の平和は、敗戦で押し付けられたものであって、勝ち取ったものではない国民の意識の弱さを感じます。
Commented by marsha at 2012-08-17 10:26 x
確かに日本はもっと自立するべきで、今が一つのチャンスだと思うのです。経済的に破綻を来しているアメリカはもっと日本を利用してアメリカの利益に繋がるように仕組んでいます。それがTPPなのでしょう。 特に日本の自衛隊をアメリカの軍隊に組み込んで半ば自由にする積もり?

↑昭和天皇は顧問の元外交官の寺崎英成を密使としてマッカーサーの元
へ使わせ、GHQ側に沖縄に関する極秘メッセージを伝えた。昭和天皇はGHQ側に対して、「沖縄を半永久的に軍事占領してほしい」と伝えているわけです。 沖縄の現実はいまでも基本的にこの昭和天皇の要望通りになっているのだそう。天皇は戦後の日米関係を構築するうえで、ここまで深く直接かかわっていたと云うことです。
Commented by marsha at 2012-08-17 12:38 x
確かに日本の周辺諸国、ロシア、韓国、中国は日本を虎視眈々と狙っていると思います。日本の経済力低下につれ、その上、政治の空白? はヤツラに付け入る絶好の機会を与えていると思います。 政治家、取り分け外交がしっかりしないとこの国は乗っ取られます。 命を投げ出しても国の為に働くという国士が残念なことに一人も見当たらないのです。 
敗戦当時でも重光葵(しげみつ まもる)なんか命をかけて、日本の為に活躍したのに、吉田茂(自分の保身の為)に目の敵にされ、ウマの合う岡崎を起用したのです。 吉田、岡崎は致命的だったのです。 こうしたことが漸く明るみに出てきて、いろいろ過去の事が分かって来たのです。

あの時に誰がどういったか、というようなことも、国政レベルでは全て記録に残されていて、アメリカの公文書図書館に保管されており、それらが閲覧可能になって、いろいろ過去の事が分かってきたのです。 日本は全て都合の悪い事はウソか隠蔽かしますから、明るみには出てこないのです。
過去を知る事によって、どこで間違えたか知る事も大切で、過去の間違いから学ばなくてはならないと思いますが。
Commented by hitachi_daisuki at 2012-08-17 15:27 x
junkoさん
時節柄、ずるして貴女の格調高き記事をリンク利用させていただきました。
Commented by junko at 2012-08-17 16:53 x
Ciao dankkochikuさん
夏休み満喫してますか? 笑

>近年、日本の経済力低下や政局争いにつけ込んで、周辺諸国は好機とばかり、

私はね、dankkochikuさん
福島にこだわるようだけど、ポイントは福島だと思っています
日本が福島の原発人災事故での真実を不様に隠蔽することなく、国を挙げて果敢に立ち向かっていれば、
福島の県民、子供たちを棄民にすることなく、
全力を挙げて必死に守る努力をしていたら、そう云う国は搾取、侵犯しずらいであろうと考えるのです
大飯村の再稼働にしても、反対する国民にそれを無視する政府、
国民と政府が一体化していない国ほど、弱いものはないと思うのです
私はそこのところに日本の弱さ、脆さ、日本政府のいい加減さを見られ、つけこまれているのだ とそう思うのです

だとしたら、残念ながら、自業自得としか言いようがありません
こんな政府を作ったのは、私たち国民の無関心さ、富にあかせた油断が原因ですから....
Commented by junko at 2012-08-17 17:08 x
Ciao marshaさん
アメリカの思惑はもはや多くの人の知るところであり、きっと私たちの知らない、何かの呪縛が日米関係の底には潜んでいて、もしかして私たちが思うほど簡単なことではないのか?とも考えます
でも、願いは可能性の発露であり、確かに今がチャンスなんですけどね
しかし...この政府にこの外務省じゃあねえ....

願わくば、この天皇の言が、何かの翻訳ミスであることを祈ります 苦笑
日本は敗戦したのですから、あちらの言いなりにならなければいけないのは仕方のないことだと思いますが、
その時でも少しでも国民に有利に働くように土俵際で最善を尽くすのが、
せめてものこんな「所詮勝てないケンカ」を始めた人間の最低の義務であり、敗けたからどうにでもしてください。とも とれるようなこの発言は、この期に及んでも ただ保身のために又アメリカさまのご機嫌とりですか? と思わずにはいられません 苦
Commented by junko at 2012-08-17 17:25 x
Ciao marshaさん
企業も同じ、上の人間は、自分におもねる、都合のいい奴を登用、重用します
そしてその人間関係の鎖は、腐敗,質の低下を促します
今の政府、どこを見渡しても社会性、公共性ゼロ
ただひたすらてめ―のことしか考えていない輩ばかり
よくもここまで酷い人材を集めたものだと感心します
これもまた、国民が自分の住む場所がよければ、もしくは票の代わりに何かのお返しをの、根性で選んだ結果であり
そしてその選ばれた腐った人間が、使いやすい腐った人材をさらに引き寄せる
...いや気が遠くなります

まあ、アメリカの真実をもう誰も弾劾するべき人間がいなくなってから、おごそかに明かし ほら、明かしたましたよ だからいいでしょ? と ばかり悪業を再度続ける
カソリックの懺悔をふと思わせる行為ですが.... 苦笑
カソリックの人すみません、でもイタリアの現状は。ほぼそうなのです
んで...それもまた、どうかと思いますけどね 苦苦笑

そうそう、だからね
おっしゃる通り
過去の真実から学ばなければ、過去の意味も真実の重要性もその影をひそめます 苦苦苦笑
Commented by junko at 2012-08-17 17:33 x
Ciao hitachi daisukiさん
初めまして!
最近、あちらこちらでhitachi daisukiさんのお名前をお見かけし
そのうち伺ってみようと思っていたのです 笑

一年に一回と言わず、時々思いだして欲しいのです
私たちは、戦争で逝った人達の、戦争を実際に体験した人達の、広島の、長崎の、沖縄の人達の味わった辛酸を実際に理解することは不可能です
でも、その苦難を知ろうと努力し、その真実に少しでも近づくことが大事だと考えます
福島の件にしても同じだと思っています
だから、少しでも多くの人にこの動画を見てもらいたいと
そして今のこの平和な社会は、彼らの犠牲の上に成り立っているのだと、だからそこに安穏としていてはいけないと そう一瞬でも思ってもらいたいと、自分自身も含めそう願うのです

追記:ずるって言葉 可愛いですよね..懐かしい~~
Commented by coco at 2012-08-18 00:34 x
私が子供の頃は原爆の日や終戦記念日には犠牲になった
家族の話や戦争に参加させられた人達の記憶をドキュメント
としてTVであちこちのチャンネルが放送してた。
今は終戦記念日がいつかも知らない人は沢山いるし、原爆が
投下された日を知らない人もいる。大人でも。
TVでやることと言えば、戦争を美化したような特別ドラマだけ
の様子。
国が出来ないならメディアにはその力があると思うからその
力を発揮して欲しいと思うけれど、出来ないんだよね・・・
じゃぁ、誰がどうやって語り継いでいくんだろう。それから何かを
学ぶって事を誰もしないそんな日本となるんだろうな。。
既に傍観気味ですが。
Commented by junko at 2012-08-18 05:14 x
Ciao cocoちゃん
そうだよね
そうやって人々の意識を喚起するってのも、メディアのお役目だと思うんだけど、もはや彼らは、娯楽にみに走り、ジャーナリズムの真髄かけらも保持していませんから...
でも、けっして忘れたり、風化させたりしてはいけないことってあると思うのですよね
そう云う事を大事にすることも、その国の文化度だと思うのだけど、この国にもはやそんな高尚な事は望めないのかもしれません 苦笑

戦争体験した方々が、お元気なうちに、次の世代に語り継いでもらいたいと切に願っています
何かしないといけないと思っています
Commented by getteng at 2012-08-18 07:16
junkoさん、
あの無謀無知な敗戦で国民をどん底に落とし込み、
いま原発と財政で第二の敗戦を迎えようとしている日本国!
今度はガラガラポンしても二度と元には戻らないでしょう。
Commented by シー坊 at 2012-08-18 09:39 x
沢山の方達の犠牲の上に、
今の日本の平和は成り立っているのだと、
以前誰かが言っていました。
全くその通りですね。
低頭しひたすらに、合掌・・・
Commented by junko at 2012-08-18 14:03 x
Ciao gettengさん
そうそう、本当にその通り
で、あの時と違って一部の、それも多くの国民にばれているとわかっていても、図々しく悪行を止めない まさに「懲りない人々」
今度はあの時のように這いあがれないかもしれない。と
時々考えると怖くなります
Commented by junko at 2012-08-18 14:05 x
Ciao シボちゃん
なんだか、騙されて、そして無駄に尊いたくさんのホントにたくさんの命を捨てさせられ、たくさんの涙を流さされた
彼らの事を思ったら、もっと必死にならないといけないなあと思います
安らかにいてくれるのでしょうかね?
こんな有様の祖国で...
Commented at 2012-08-18 20:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nob at 2012-08-19 09:49 x
当時、誰が戦争を望んだかを忘れてはいけないです。
主要産業が織物中心の軽工業、工作機械すら自国で開発できずに冶金技術も2流レベル、もちろん石油はほとんど輸入頼り。
結果、零戦などという時代遅れの欠陥機を制式採用せざるを得なかった日本の工業レベルで、世界の工場だったアメリカにケンカ売るなんてバカげてると政府も軍部もみんな思っていたのです。アメリカと戦争して勝てると思っていた上層部はひとりもいなかったと言っていい。

それを許さなかったのは誰なのか。勝った勝ったまた勝ったの報道しか許さない空気を作ったのは誰か。

今と重ね合わせてみると、何も変わってないんだなと思います。恐ろしいことだ。
Commented by べし at 2012-08-19 11:14 x
『返信』 by 竹内まりや
Commented at 2012-08-19 11:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ましゅまろ at 2012-08-19 18:51 x
junko さん。
去年も、ここで話しましたね。
あんな鉄の塊の中に人間入れて突っ込ませなければならないような手段を取るような現状になっていた。
それなのに終わらせる事をしなかった。

上の動画は、どれも悲惨極まりないですが、いつも特攻隊のは息がうまくできないほど涙が出ます。
送り出す親も、乗り込む本人も、どんな気持ちでいたかと思うと、気が狂いそうになります。
戦争。
狂気。
その一言でしか言い現せません。

たった一人でもノーと言えるひとがいたら、、と
インタビューの中で話されていましたが、そのたった一人、たった一言でさえも許されない時代、洗脳。

この前の福島の記事にも書きましたが、今の日本も、この戦争で亡くなった方に申し訳がたちません。

国の為と若い命を散らせていった方に、今、一体、何の言葉をかけられるでしょうか。
Commented at 2012-08-19 19:41
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-08-22 18:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cocomerita at 2012-08-22 19:10
Ciao 2012-08-18 20:33 鍵コメさん
いろいろな思いがあって、でもその思いの発露が許されなかった時代
その封じ込められた思いの数々を想像するだけで、ずんと胸が重くなります

恥ずかしい日本を嘆く前に
まずは日本のため、家族のためと自らの命を犠牲にしたくれた人達、犠牲にならなければいけなかった人達に思いを馳せたいとそう思います

笑 鍵コメでもコメでも コメはコメ
どっちも変わらず有難いですよ ^^
Commented by cocomerita at 2012-08-22 19:14
Ciao nobさん
そうなのよね
大人相手に幼子がこぶし振り上げるようなもの
勝ち目はもともとわかっていたはずです

私は、日本人ってどうしてこうも自分たちがアジアに属していると思いたがらないのか? どうしてそこまで白人の仲間に入れてもらいたいのか? そこが不思議でたまらない
だからさ のこのこムッソリーニなんかがやってきて、ご一緒になんて言われ、のぼせあがり、その気になる
これが戦争を始めた、大きな要因でもあるような気がいつもするのです
あそこで、ムッソリーニが来てなかったら、参戦してたかなぁと
外国かぶれもいいかげんにしろよ、と....

天皇の弟さんは、初めから反対していたと聞きます
そのnobさんの言ってる 勝てると思っていた上層部がだれ一人いなかった中で、それを押し通したのって....誰??
当時の首相??
天皇?? 天皇じゃあない気がするんだけどね~
Commented by cocomerita at 2012-08-22 19:16
Ciao べしさん
逝ってしまった人からのお手紙に
ご家族の人はさぞかし返信したかっただろうと そう思います

私はできることなら、お手紙書きたい....
Commented by cocomerita at 2012-08-22 19:23
Ciao 2012-08-19 11:19 鍵コメさん
イタリアも同じですよ
ファシズムだった当時の政権、軍部
その長しか罰さなかったから、今だに政界、軍部、警察ファシズムがはびこっているのです
日本って、このビデオの中で人間魚雷の元特攻隊の神津さんがおっしゃってるように、責任のありかが明らかにされない国なのですよね
福島の原発人災事故しかり
そう云う姿勢を正し、問題の原因を追及していかない限り、
これから先も変わって行かないと思いますね
残念ながら、人間って責任取らなくてもいいという環境では、一生懸命になれないようですから...苦
Commented by cocomerita at 2012-08-22 19:30
Ciao ましゅまろさん
そうだったよね 笑

私もね、閉所恐怖症ってこともあって
あの狭い魚雷の中に、閉じ込められ、中からは決して開けられず
その中で何キロも黙々と敵の戦艦に向かって操縦しつづける
生きてるままで体当たりしろっては言うまでもなく
その激突までの過程を考えても、残酷すぎる!!と叫びたくなります
そこまでして勝ちたいのか? ってそんなことまでしなきゃいけないのなら、負けるってことだよね
ホント、狂ってるとしか思えませんよ
情状酌量の余地なし

そうやって日本の悪政の犠牲になった人達のためにも
同じこと繰り返してはいけない
それにもかかわらず同じことが福島で行われてるって
そのこと自体を私たち国民は恥ずかしいと心から認識し、正さなければいけないと思うのです

少なくとも、今はNOの言える時代なのですから.,,
Commented by cocomerita at 2012-08-22 19:34
Ciao 2012-08-19 19:41 鍵コメさん
早速、教えていただいたブログに行ってみました
そして貴重な映像の存在を知ることができました
ありがとう
少しでも多くの方にこの映画を観ていただきたいので、
私の帰国時にもどこかでやってるといいんだけど...
拡散させていただくようにお願いしてきました

本当に、もっと早く天皇、政府、軍部が自分たちのプライド捨てて、敗戦認めてくれたら...と思わないときは有りません

こちらも、残暑厳しく
普通の暑さなら、我が家は家の中にいる限りは涼しいんだけど
今日は、暑い
ってことは、相当暑いと言うことです 
まあ、それでも夏なんだから仕方ないよね 苦笑

鍵コメさんも、ご自愛ください ♪
Commented by cocomerita at 2012-08-22 19:41
Ciao 2012-08-22 18:06 鍵コメ ま~~さん
 

昨日の晩帰ってきました
昨日はへとへとで、PC開けなかったので
イタリア人ってホントややこしい人種だわよ
で、違った形で またもや ややこしい日本人との合意を。って言うのは
過酷な作業なのです 汗

今朝PC開けて、ま~~さんのコメント、いくつか入ってるかなあ?と思いきや、ない!
ふむふむ、お利口にお留守番、と思っていたら 笑
ドカンと入ってきた ははは

>きいへんな~
>忙しいねん
地元言葉に、ほほ笑みました 微笑

いや、働かざるもの喰うべからず。

ですからね 
たまには、労働しないと....笑
Commented at 2012-08-22 21:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cocomerita at 2012-08-22 21:23
Ciao 2012-08-22 21:13 鍵コメさん
ぁ――そう言えば、関西弁だねぇ
名古屋の方も一緒なのかと思った

私友人が京都にいるんだけど
彼女たちと話すときは、ちょっと彼女たちの方言真似したりします
関西方面の言葉って、大好きで憧れてるの ははは
Commented by nob at 2012-08-22 22:04 x
誰が望んだか、それがわからないってことは何もわからないってことですが、それを説明するのはあまりにも膨大で残念ながらワタシの手には負えませんw

西郷南洲がなぜ無謀と知りつつ西南の役で薩摩を率いたのか、昭和天皇が戦後自身の失策を訊かれて「終戦の聖断」と言い切ったのはなぜなのか、民主党のマニフェストに国民が飛びついたのはなぜなのか。

簡単に言えば視野狭窄的なポピュリズムってヤツは一度火がつくとどうにも手に負えなくなるってことじゃないでしょうかね。
Commented by cocomerita at 2012-08-22 22:34
Ciao nobさん
なるほどね
まあ、イタリアにしても、民衆の気の変わりよう、その素早さ、その冷たさ、ったらなかったですからね
でもさ、ポピュリズムってのは、それを最初に引き出した奴がいるってことで、火をつけた奴もいるってことですよね
だから種火は有るんだよね

昭和天皇の「終戦の聖断」
私が聞きたいのは、終戦ではなく、開戦時の彼の見通し、思惑ってことなんですけどね
こんだけコテンパンにされた後で、敗けました と言わないわけにはいかない そこまでじたばたした揚句の無様な敗戦で
その時のことに「聖」などという言葉を もったいぶって使ってもらいたくないと 思いますけどね
Commented by nob at 2012-08-23 14:03 x
うふふ、だからjunkoさん好きよw

それを知るには明治維新前後からずーっと続く日本の中の熾き火ような何かを知らなくちゃいけないのです。
日本の近代ってどうしようもなく戦争とともにあって、どうしてもそこに結びつかないと前に進まなかったのです。
まぁ日本人の宿題だと思ってぼちぼち勉強してみてくださいw
Commented by cocomerita at 2012-08-23 17:44
Ciao nobさん 
なるほどねぇ
なんかさ――
一寸前から なにかね...
明治維新って鍵かもね~~って気はうすうすしてるんですけどね
ちょっと探求してみましょうかね...
でもどっから手をつけたらいいかわからないが...まあ 望めば道は開かれるでしょう 笑

何か、お勧めがあったら又教えてください ^^
Commented by sazamameinko at 2012-08-23 20:28
こんばんは。
戦争は始まりが愚かしいのですから、終りも当然
愚かしい事の連続でしたね~魚雷に乗りたくなかった
人も居れば、早く乗りたかったという人も居ましたね~
言い忘れましたが…「ひまわり」と言う映画は反戦映画でもありました~
Commented by junko at 2012-08-24 17:08 x
Ciao sazaさん
早く乗りたかった...というのは、早くお国のために役立ちたかった...ってことなのでしょうかね?
なんかそれもこれも軍のプロパガンダに乗せられてる気がして、悲しく響きます
愚かに始めてしまっても、潔く負けを認めることはできなかったのか?と
まあ、日本人にあるべき「潔い」姿勢など、もしかしてあの時から とっくのとうに失っていたのかもしれません

「ひまわり」観ました
それもごく最近
戦争は、いいことなど何一つもたらしませんね
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
黒い森の白いくまさん
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに。。 しかし...
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
オトナの社会科・中東から...
俺の心旅
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live
明日をもっと楽しく!した...

最新のコメント

Ciao saheizi..
by cocomerita at 01:38
期日前投票と本日投票と二..
by saheizi-inokori at 21:33
Ciao hisakoさ..
by cocomerita at 17:51
Junkoさん 本当に..
by hisako-baaba at 17:06
Ciao dankkoc..
by cocomerita at 15:03
Ciao dekoさん ..
by cocomerita at 14:59
Ciao sideさん ..
by cocomerita at 14:55
Ciao cocomer..
by dankkochiku at 14:12
マッコさん我が道を行く歯..
by Deko at 11:05
鉛筆は消せることが目的で..
by sidediscussion at 08:26

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル