私がローマで独りで始めたわけ 

もし ~私が好きなコマーシャルから思うこと



Se avesse potuto comunicare cosi'
Oggi che mondo sarebbe

もし 彼が こうして 語りかけることができたとしたら
今 この世界はどうなっていただろうか?




もし ガンジーが


こうして


私たちに 語りかけることができたとしても


果たして


そのとき


私たちは その言葉を 


真剣に 真摯に


聴く耳と
受け止める心


そして


彼に続く一歩を踏み出す足 を持てるのだろうか?


[PR]



by cocomerita | 2014-07-25 02:45 | 戦争反対 | Trackback | Comments(32)
トラックバックURL : http://cocomerita.exblog.jp/tb/23019427
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2014-07-25 10:27
そうですね。
心が受け入れなければどンなにいい言葉も音か文字でしかないものね。
Commented by antsuan at 2014-07-25 11:51
ローマ帝国時代は多神教国家であったからこそ、パクス・ロマーナが実現したと、塩野七生女史は語っております。
平和を呼び戻す鍵はこの辺にありそうです。
Commented by cocomerita at 2014-07-25 16:41
Ciao saheizi さん
本当にそうですよね
そしてどの言葉が耳にちゃんと入ってくるか?の個人差は顕著ですね
人ってやっぱり聞きたいと思うことを耳に入れる傾向がありますもんね
Commented by cocomerita at 2014-07-25 16:46
Ciao antsuan
ローマ帝国は、勝ち取った領土での完全征服はしませんでした。宗教しかり、文化的にもその土地に従来根付いていたのもをリスペクトした
むしろグローバル化の反対です
アメリカみたいに相手の非を無理やり作り上げ戦争を起こして一儲け。なんてことはしなかった、 でしょうからね
Commented by dankkochiku at 2014-07-25 17:06
Ciao cocomerita さん 本題と関係のないことですみませんが、フレーズの最後にsarebbeを置くのは、コマーシャル文だからでしょうか。 正式の文でもこのような使い方をするのでしょうか? ちょっと気になりましたまま‥
Commented by cocomerita at 2014-07-25 20:13
Ciao dankkochiku さん
いえ、普通の文でもこのように使います
Che と始まっているので、最初の文節は疑問文で、もし (この場合はse)という仮定法に続いて、もし、、、だったら、、、、だっただろうか?という仮定の文章の場合、想像の範疇ではあるのですが、未来形ではなく条件法を使います
ですからこのの場合essere の条件法であるsarebbe を使うのです
Ha capito?? 笑
Commented by dankkochiku at 2014-07-25 21:50
Grazie,ho capito.cocomeritaさん。 
Commented by cocomerita at 2014-07-25 22:32
Ciao dankkochiku さん
Bene.
Commented by marsha at 2014-07-26 06:50 x
賢人の声は なかなか届きませんねー。
繰り返し、繰り返し、叩き込まないと。
Commented by quietrose at 2014-07-26 07:19
おはようございます。
イタリア語はわからないけれど・・・。
彼の「世界に望む変化に、自分がなりなさい」という言葉を聞いたことがあり、心に刻んでいます。
Commented by hisako-baaba at 2014-07-26 14:48
そうですね。何割の人が、聞く耳を持てるでしょうか?心もとない。
非暴力を唱える人は、今は存在しない。
Commented by cocomerita at 2014-07-26 17:45
Ciao marsha さん
そうですね
私たちって、一瞬覚醒してもまたすぐに浮き世の低次元のことに心奪われますからね、、苦笑
繰り返し繰り返し自分自身に覚え込まさないとね
Commented by cocomerita at 2014-07-26 17:51
Ciao quietrose さん
このCM は、イタリアの電気通信会社のものなのですが、イタリアって気の利いたコマーシャル少ないのに、これは素晴らしいと、ずいぶん前のものなんですけど、そう思っています。
だから上の文章は彼らのペイオフですが、画面に流れている言葉は聞きにくいんですが、彼のものです
最近なぜだかガンジーのものを改めて読んだり見たりしています
塩の行進も素晴らしいですよね
世界に望む変化にじぶんがなりなさい。
全くその通りですね
まずは自分から、なんでしょう
Commented by cocomerita at 2014-07-26 18:29
Ciao hisako さん
東京でね、朝の満員電車に乗り合わせる度に苦い思いがこみ上げます
眠いのも疲れてるのもぎゅうぎゅう詰めが不快なのもわかるけど、人々の放つあの暴力的なオーラ
電車が揺れてちょっと押す羽目になるといきなりあっちからもぎゅーと二倍以上にして押し返してくる
苦笑いしか生まれませんもん
お互い様なんだからさ、そこで共感って持てないもんかなあ、、と
自分たちがそういう闘う意識持ってるうちは戦争するな。なんて真顔では言えない、そんな気もするのです

"善きことはカタツムリの速度で動く"
これもガンジーの言葉だけど、、
カタツムリどころか、人間 むしろ後退してるから、、どうにもなりませんよね ため息
Commented by ♥ junjun at 2014-07-27 01:41 x
♪自然が壊されていく様に 人の心も壊れていってる様で 怖いです。
ガンジーが 生きていた頃にも 増して 
きっと嘆くであろうな、今の世の中を 戦争国を....。
Commented by ♥ junjun at 2014-07-27 01:43 x
♪ごめ~ん、再び登場で コメ蘭 使いまくってます(笑)

お祝いメッセージ ありがとうね。
Commented by cocomerita at 2014-07-27 03:03
Ciao junjun さん
まさに、、
なん百年あとに、その頃の人間が私たちの様を見たり読んだりしてさ、その時にあの戦争がなければ、、あの頃の日本人はなにしてたんだ?!なんて言われることのないように、、
同じ過ちは繰り返してはいけないですよね
Commented by cocomerita at 2014-07-27 03:05
Ciao junjun さん
アンニョン ♪
どーいたしまして
Junjun さんも夏生まれなのね
実は私もです
楽しい夏をお過ごしください
Commented by sidediscussion at 2014-07-27 17:37
わたしも ho capitoって云いたかった!
Commented by keymyall at 2014-07-27 21:11
済みません。
勝手に行っちゃいました。
削除してください。

改めて、、、、、、、

どんなに素晴らしい言葉でも どれだけ相手を想っている言葉でも、その相手が耳をふせていたら何を言っても その言葉は届かない、、、と実感しました。
どんな小さな言葉でも、心に届かないと、何にもならないですね。
聴く耳を持つ、受け止める心を持つ、、、、大切だし、もしかしたら、難しい? そうでもないと思うのですが、、、、

junkoさん、夏生まれ?
お母様は、大変だったかも ^^)
Commented by cocomerita at 2014-07-27 22:52
Ciao side さん
ははは 笑 それではside さんにも、、

Ha capito?
Commented by cocomerita at 2014-07-27 22:58
Ciao keymyall さん
最終的に私たちって自分の見たいことを見、聞きたいことを耳にいれる傾向があるような気がします
私は、同じ本を何度も読み返すんだけど、読むたびに違うことを認識するのはそのせいじゃあないかと、、
耳に痛くてもちゃんと聞く、受け止める。って、うーん、簡単じゃあないでしょうが、そういう努力はしたいと思っています。
だから何回も繰り返しては聞いたり読んだりしなきゃいけないのよね 苦笑

私の生まれた夏は、雨が全然降らなくておしめを洗いに行くのが大変だったと、お祖母ちゃんの妹から散々言われました 笑
Commented by keymyall at 2014-07-28 07:50
>>耳に痛くてもちゃんと聞く、受け止める。って、うーん、簡単じゃあない
仰る通りです!!
ウチの娘、、、、、聞きたくない事は、聞こえなくなる傾向があります(苦笑)
チョットした親としての苦言なのですが。
聞こえなくても、いう事だけは言っているので、いつか『ん?なんか言われた事があるなぁ』とでも思ってくれればいいと諦めています。苦労するのは自分なのだから、、、、と思っていますが、いつの日にか、私の気持ちが分かる時が来ると思っています。

そう言えば、いつだったか すごく雨の少ない夏があった気がします。洗濯は、大変だったようです ^^)
junkoさんのおしめ!!
そう言えば、junkoさんも赤ちゃんだった!! 笑笑笑
↑↑↑  失礼しました m(__)m
Commented by kanafr at 2014-07-28 08:06
最近、リンクさせていただいている方のブログで素敵な言葉が書かれていました。
ガツンと心に響きました。ジミヘンの言葉だそうです。
知ってました?
それ以来この言葉が耳を離れません。
「愛国心を持つなら地球に持て。 魂を国家に管理されるな」
平和を願う人は沢山いるのに、平和より利益を求める人が君臨するこの世界には、うんざりですね。
自信と誇りを持てる国に...という事「美しい国へ」を書いた人がいましたよね。あの人は、国が自信と誇りを持つ意味を勘違いしている。
豊かになる為には、実際に助けが欲しい人を無視し、幼い子や若者の身体と心を奪う事に無神経で、そんな事で国民がどうやったら自身と誇りを持てるんでしょうね。
Commented by marsha at 2014-07-28 09:23 x
しっかりお金がわたしてあります、と関電。
関電の内藤千百里元副社長が、1972年から90年まで歴代首相7人に毎年200円を献金してきたことを証言。政界に毎年数億円配っていた。電力マネー、原発マネーが政権中枢を侵してきた。

国を愛しているのではなくて マネーを愛しているのでしょう。
Commented by cocomerita at 2014-07-28 15:57
Ciao keymyall さん
思い起こせば、私も若いとき、相当親を始め、心ある大人の言うことに耳を傾けなかった、そんな気がします 苦笑
やっぱり自分で間違えたり痛い思いしないと、ピンとこない。笑 でも、もしかしてそうやって初めて身に染みるんじゃあないでしょうかね、、
親の苦言は聞かなくても、Keymyall さんのお嬢さんたちはすごく親孝行だし、充分にいいお嬢さんたちだと思います

イタリアは今年は雨の多い夏です
今日は晴れ
お洗濯します
Commented by cocomerita at 2014-07-28 16:05
Ciao kanafr さん
彼らの発する言葉は、みんなただ発音してるだけ、これで国民感動してころっと騙されるだろう。っていう悪巧みのみで発音してるから、全然言葉が中に入ってこないのですよね
彼らのように心が卑しく、人間性乏しく、品位に欠け、精神が貧しい人間には、金とか地位とか権力が自信であり、誇りであるとしか思えないのでしょうか?
そんなことで威張ってみたところで、他者からの真の敬意など手に入れられる訳もないと思うのですがね、、
で、そういう人々が国政握ってる
恐ろしいことです

優しい日本と言ったのは誰だったかしら?
Commented by cocomerita at 2014-07-28 16:12
Ciao marsha さん
現存する"原発で事故が起きたときの電力会社の補償基準"にしろ、"電力会社の電気代の設定基準"とか、そういうの見てたら、政治家、官僚がとっくのとうに爪先から髪の毛の先までごっそり買収されているのがよーくわかります
安全といいながら、川内の人々にヨウ素劑を配る
彼らに腹の中がよーく見えます

Marsha さんの"今晩はトマトの入ったカレー"コメント
こちらにまで伝染して、私も一昨日カレー作りましたよ
トマトはいつも入れるんだけど、今度はあえて丸ごと、それも他のお野菜と一緒に炒めず、あとで入れてみました 笑
Commented by marsha at 2014-07-28 19:54 x
↑ 訂正します。
上の記事で 歴代の首相に毎年200円となっているのは 毎年2000万円の献金です。間違えました。
Commented by cocomerita at 2014-07-29 00:42
Marsha さん
そうだろうなあと思って読んでました
わざわざ有り難うございます
Commented by vimalakirti at 2014-08-01 20:48
早速、署名してきました!
許してなるものですか、原発は世界のどこでだって、許せません!
平和利用、なんて言葉の矛盾、嘘です。嘘は足が短いといいのですが。
Commented by cocomerita at 2014-08-02 03:12
Ciao vimalakirti さん
有り難うございます
そうですね!
もはや知らなかった。ではすませられない!
私たちはすでに原発は一万害あって、0.1利もなしということを十分に知っているのですから、
世界のどこだってダメ!駄目!だめ!!です

、、嘘は足が短い、、です
で、私たちも嘘がなん百メートル走らないうちに追い付き、捕まえられるように、かけっこ速い足腰鍛えましょう! 笑
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
黒い森の白いくまさん
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに。。 しかし...
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
オトナの社会科・中東から...
俺の心旅
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live
明日をもっと楽しく!した...

最新のコメント

けいさん、続き。 この..
by cocomerita at 00:48
Ciao けいさん そ..
by cocomerita at 00:36
私の長男にどことなく似て..
by saheizi-inokori at 15:32
目をつむることなくシッカ..
by けい at 08:59
大袈裟じゃなく、彼らのこ..
by cocomerita at 08:44
Ciao hisakoさ..
by cocomerita at 08:25
途中で送信されちゃいまし..
by hisako-baaba at 07:09
Junkoさん 奴隷扱..
by hisako-baaba at 06:53
Ciao けいさん そ..
by cocomerita at 02:38
この頃ね虚しさが先に立っ..
by けい at 17:51

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル