私がローマで独りで始めたわけ 

about.ぶん さんのブログから ~カレルヴァンウルフレン

出会うのが 遅かった、、

という 出会いがあります



お友だちのhisako さんのところから



ひょんな ことで 飛んでいった その先に



この方のブログがありました



他のリンク先 を クリックするはずが 間違えたのです



そして 間違えていった先には
心に響くこと が たくさん書いてありました



すぐに コメント、コメント と 思ったら



2012年12月31日を最後に それからの投稿が




ない



たどり着くのが 遅かった、、、




これまた運命
涙 涙



しかしながら




どーしても 読んでいただきたい この記事 コピペします




彼女の連絡先とか 他のブログ、、とか 調べたけど




見つからなかったので、承諾いただいていないのですが




読んでください

about・ぶん から




カレル・ヴァン・ウォルフレン
『人間を幸福にしない日本というシステム』より


2011年 08月 24日




第1-1章 偽りの現実と閉ざされた社会


30 市民とは何か



市民とは 政治的に意味をもつ存在だ。

市民とは、自分のまわりの世界がどう組織されるかは自分の行動にかかっていると、おりにふれてみずからに言い聞かせる人間である。

市民は
つねに、社会における自分たちの運命について理解を深めようとつとめる。


市民にとっては、自分がどのような状況におかれているか、
その現実を知ることが決定的に重要だ。

変えるべき対象について
正確に知らなくては、変えようがないからである。



31 日本では民主主義は可能性に留まっている



ここで、もう一つの概念を理解する必要がでてくる。
「偽りの現実(false reality )」という概念である。

日本では民主主義はまだ実現していない。


いぜんとして可能性にとどまっている。
そして、私の言う偽りの現実が人々の頭からかたときも離れず、
おそらく日本に民主主義が生まれるのをはばむ最大の障害となっている。」



38 「しかたがない」について


「しかたがない」と言うことは、政治的な主張である。

...「しかたがない」というたびに、

いま自分が問題にしている点を改めようとする試みが、
すべて失敗に終ると言っているのに等しい
からだ。

こうして、変革をもたらそうとする試みはいっさい成功しないと考えるよう、
他の人々に勧めていることになる。

...「しかたがない」というひとことの力で、
日本人を政治的に閉じこめる檻の
格子はしっかりと閉ざされる。..

もっと自分通りに生きたいと考えるなら、

「しかたがない」という一句を自分の辞書から追放したほうがいい。
しかし、そうするためには、まず勇気が必要だ。...




43 公式には民主主義国である日本が、なぜこれほど官僚に支配されつづけているのか



--これは、日本の市民がつねに自問すべき最大の問題である。


なぜなら、官僚は選挙で市民に選ばれたのではなく、

市民の選んだ代表によって任命されたのでもないからだ。


官僚は
政府の省庁につとめていると"いうだけ"で、権力を手にしている。

彼等がこれらの省庁に入れたのは、
たいていの場合、東大の入学試験に合格できたからにすぎない。


彼等は、国家の運営に必要な英知を東大で吸収できたとでもいうのだろうか。

そんなはずはない。

東大にしても他の有名大学にしても、
政治についてはずっと以前からひどく時代遅れの教育機関になっているからだ。

このような遅れた環境のなかでは
英知は育まれない。





以上 ぶんさんのブログより




確かに 全く 育まれていない ですね 日本の官僚の叡智





権力に そして その権力が決めたことに


疑問を抱くこともなく


ただ おもねるように と 社会から 躾られてしまった 私たち



実際 あの人たちを 先生 と呼ぶ理由も
彼らが そう呼ばれる功績も



なく



エネルギーについて
戦争について
社会格差について
子供たちについて
環境破壊について


そろそろ真剣になれないもんか?


おうちの献立も大事なんだが


オムレツを心置きなく味わえる のは



平和な 差別のない 社会があってこそ








そのうち
そのうち お金がたまったら
そのうち 家でも建てたら
そのうち 子供から手が放れたら
そのうち 仕事が落ちついたら
そのうち 時間のゆとりができたら

そのうち………
そのうち………
そのうち……… と、
できない理由を
くりかえしているうちに
結局は何もやらなかった
空しい人生の幕がおりて



そのうちそのうち








[PR]



by cocomerita | 2014-12-25 10:08 | 愚政府に物申す | Trackback | Comments(26)
トラックバックURL : http://cocomerita.exblog.jp/tb/23065347
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sora at 2014-12-26 00:09 x
貴重なブログですね  掲載を感謝します  
其方も、静かなクリスマスでしょうか
近くの森を歩き、頭を冷やし読ませて頂いています
Commented by cocomerita at 2014-12-26 01:43
Ciao sora さん
本当に大事なこと色々かいてくださっているのです
コメントとかでやり取りできないのが残念です

私は喧騒が苦手なので、世の中が浮き立ってるときには家に籠ります
ってことで、静かなクリスマス送っています
自然が身近にあるってことは、とても恵まれていると今さらながらに思います
彼らは、静けさの中でいろいろ語ってくれますから、、 笑
Commented at 2014-12-26 11:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cocomerita at 2014-12-26 16:54
Ciao 2014-12-26 11:59 鍵コメさん
私も転生信じてますけど、今世でやり残した宿題は来世に回されるのです
だから、わたしは今世でできる限り宿題は済ませ、来世は楽してやろうと企んでいます 笑
精神性も宗教観も 人の思考を閉ざしてはいないとわたしは思います
大事なのは使い方だと
包丁は美味しいご飯も作れれば、人を殺すこともできる
閉まってる人が信じる宗教や精神性がその人自身を閉じるのは、当たり前。だって彼がすでに閉まってるのですから 苦笑

仕方ない。は時には必要なんだけど
それって力いっぱいやったあと。のことじゃあないか?と考えます
一生懸命やってみてそれでも無理なら、そこで一旦立ち止まり引いてみる
そういう謙虚さからなる仕方ないは、いいけど、怠惰から発生する仕方ない。は、
まず自分をを そして社会を澱ませる
やっぱりさらさら流れていたいと私は思います

重い?
重くないですよ
感謝は確かに大事だけど それと考えないってこと お対にはできないと思うのだけど、、
ちょっと言い訳臭いですね それ、苦笑
来年も がんがん ご活躍ください
楽しみにしています
Commented by 右左あんつぁん at 2014-12-26 17:56 x
一握りの人達の平和、神を畏れぬ民主主義、自然を侮る科学技術。
米国が日本に押し付けたこれらのものは本物ではありませんでした。

多くの国との共和、神を崇める民主主義、自然を愛でる科学技術こそ、本物の「平和」「民主主義」「科学技術」なのだと思います。

天皇が神に誓った、五箇条の御誓文の、立道君主制の日本こそ、理想的な国家では無いでしょうか。
Commented by nmariomama at 2014-12-26 18:59
こんにちは^^
とても良く日本のことがわかっていらっしゃる方ですね。
特に "日本では民主主義はまだ実現していない。"
ということ、このことが理解できている日本人は少ないと思うのです。
まず、このことに気付くことがとても大事なことだと私も最近気が付いたのですが。。。
この方は今どうしていらっしゃるのでしょう。
とても気になります。。。

今年もありがとうございました。
来年がどんな年になるか、見当もつかないほど世界は混沌としていますが、
個々人がそれぞれ人間としての真の幸福を追求すれば、
きっと道は開かれ、続いていくと信じたいです。

(ちょっと早いですが)どうぞ良いお年をお迎えください。
Commented by cocomerita at 2014-12-27 02:55
Ciao 左右あんつあん
笑 五カ条の御誓文なんてもう忘れてましたから、ググりました
確かに、
官と民が人心ひとつになるっての基本ですよね
五番目の天皇政治の基礎盛んに、、ってのは同意しかねますが、、
天皇さえ信じていませんから、、苦笑

要するに、人間が私欲を捨てて、人間としての本分わきまえればそれでよいのだと
そんなに難しいことじゃあないと思うんだけど、それができない
人間性に乏しい所以ですよね
自分が制せない。ってことは幼稚ってことですもんね
いや、どうなることやら、、
子供の火遊びみたいなもんですもんね、今の安倍政権
Commented by cocomerita at 2014-12-27 03:03
Ciao まりおママさん
本当にどうなさってるのか? お元気でいらっしゃってくださること祈ります
ブログって書かなければそれですんじゃうものでもあるので、そういう簡単な理由だといいと思っています

民主主義の有無を認識する以前に、私は自分ちが平穏だったらそれでよしとする、事無かれ主義を改めたらいいのに。と
思います
人間がさ、人への共感や同情を感じる心を失ったら、おしまいだと思うんですよね
人は一人一人自立してるべきだけど、その中でどっかで重なりあって生きてくものだと思っているのでね
何よりも 社会で起きてる理不尽な事に関心をもってほしいと思います
自分の幸福は他人の不幸の上にじゃなく他人の不幸と共に築かれるものだと、そう思うので、、

こちらこそ、ありがとうございました
自分の幸せだけでなく猫たちの幸せにも思いをかけるまりおママさんの新しい年でのさらなる喜び、お幸せ祈っています
Commented by Vimalakirti at 2014-12-27 22:36
この本が出たのはたしかもう20年も前のことだったと思います。
20年前に著者が指摘していた日本の状態が少しも変わっていない
ならまだしも、悪化していると思えるのが悲しいというか、怖いです。

cocomeritaさんに朗報です(笑)。いつか○ん○のこと書いて
いらしたでしょう? 「平和の俳句」の選者をしている
金子兜太さんが、最近の本のなかで「うんこの話が好きな人は
信用できる」と言っていました。水木しげるさんもご同類で
話が合うようです。それはどいういうことかというと、
「うんこ好き」は「土の」ことが分かる、土でつながっている
「いのち」のことがわかる、ということのようです。
『私はどうも死ぬ気がしない』(幻冬社)の話です。
Commented by cocomerita at 2014-12-28 04:08
Ciao vimalkirti さん
先日クリスマスの会食の席で、人間悪くなってるよね、といったら
友人が、いや過去を見たら、おんなじ位酷いこと結構やってるんだよね。と
つまり人間昔から 結構箸にも棒にもかからない酷い存在だったのではないか?と
ホモサピエンスなんて言って偉そうにしてるけどさ、
あー恥ずかしい
他の生物に顔向けできませんね 赤面

ははっ
ウンコね
ありがとうございます
勇気出ましたから、これからもどんどんウンコの話しようとおもいます きりりっ
Commented by sidediscussion at 2014-12-28 14:01
これから選挙権を持つ人々にも読んでほしい。
過去の英知から学ばないと、日本は滅びます。

ありがとう。

困った時代がやってきています。
Commented by kinnnikumans at 2014-12-28 15:07
junkoさんこんにちは。

そのうち そのうち・・・
心にずしんと響きました。

何もしないまま人生の幕が閉じる・・・
自分で想像してみると、
後悔が残って死にきれない気がします。

ありがとうございます。

イタリアでもお餅が売っているのかなぁ。
junkoさんも美味しいお雑煮とか食べて
栄養をしっかりつけて、元気な体で
年末年始、お過ごし下さいね。

今年も自分に沢山の考えるきっかけを下さって
本当にありがとうございました。
Commented by hisako-baaba at 2014-12-28 15:55
年を取るとそのうちって言ってられなくなるのよね。そのうちなんて時間は無いかもしれないから。

それでもくたびれると、そのうちやるわって、掃除を良い加減にしてます。

国に言いたいことは 、即座に言うけどね、聞こえてないのが悔しいわ。

会いたい人には会っておこうと思っています。
Commented by cocomerita at 2014-12-28 17:05
Ciao side さん
イタリアも同じです
ローマ市がマフィアと密接に癒着していたのが発覚しました
皆薄々知ってたけれどこうやって事実突きつけられないと
なあなあにごまかしながら過ごしてしまうのです
問題は、一人一人の中にあると思います
美味しい話を持ちかけられて ずるい策に乗らないと拒否できるのか?
戦争にしてもね
私たちの中に争う思いが少しでもあって、日常で人と争ってるのなら戦争をやってはダメと言えないって事だと
個人一人一人がもっと正直に もっと成長すること 求められてると思います
Commented by cocomerita at 2014-12-28 17:31
Ciao kinnnikumans さん
そのうち そのうち って癖になると思うんですよね
毎日 これもあれも そうやって先伸ばしにしてたら
最終的にどうでもよくなってしまうんじゃあないかと、、
性分ってのもあると思いますけどね
笑 だからkinnnikumans さんはそういうのしたくてもできないと思います ふふふ

ずいぶん前から昨日を思い悩むのも明日を気にかけるのもやめて
今日、今をちゃんと味わおうと決めたので
私も先送りってできなくなりました
こちらこそ 今年もありがとうございました
Kinnnikumans さんのような若いママがこうして考えて でもちゃんと楽しく子育てしてらっしゃるのを見せていただいて
希望が出ました
お餅は売ってない、、ですね、、てか チェイニーズ食料品では売ってるでしょうが、あそこでは買いたくないんで 苦笑
イタリア風にレンズ豆の煮たので、、
戦争や困ってる人の少ない新年祈ります
あ、日本の友人が何か送ってくださったようなんで、
彼女の事だから日本風味はたっぷりだと思うので、それらで、、祝います ニッコリ

ご家族お揃いでどうぞ幸せな新年お迎えくださいね
また来年も引き続きよろしくお願いします


Commented by cocomerita at 2014-12-28 17:39
Ciao hisako さん
Hisako さんは、生まれつきそういうのできないとんじゃあないかと、、笑
てか嫌いでしょ?
私はその昔 一夜漬けの鬼と呼ばれたもんですが、
最近コツコツやるようになりました
年の頃かしら 笑

新しい年が、国民の一つ一つの声がその重みをもって届くべきところに届く
耳を傾けられる そんな年になればいいなあと願います
そうしたら戦争も悪政も汚職も格差もなくなるでしょうから
しかしながら私たち国民も今一度背筋を正さないとね
自分がずるく立ち回ろうとしてるのに人のことは責められませんから
今の政府は この親にしてこの子あり でもあると思うので、、

hisakoさんは働きすぎだから、まあ楽しそうでいいけれど
少しのんびりして新年の英気養ってください
私の行く道照らす街灯ですから、、笑
来年のご活躍楽しみにしています
あ、その前に お兄様とのお正月楽しんでください
Commented by kanafr at 2014-12-29 10:26
ご無沙汰してます。
なかなかお伺いできずにごめんなさい。
この方の言葉、おっしゃる通りだと思います。

秋にルクセンブルグやプラハと続けて旅行した時に、ふと思ったんだけど、他国から侵略された国の人達って、本当の意味で何を守らなきゃいけないのか、大事にしなきゃいけないのか分かっているよね。
フランスも最近右翼が強くなってきているけれど、それでもいざ右翼化した政党が政権を取ろうとしたら必ず戦うものね。それも若者達が..。
美味しい餌をまかれて飛びつく人も勿論いるけど、本当に自国がダメになるっと思った時は力を集結して戦う強さを持っているでしょ?
それってやはり本当に他国から侵略され、家や財産だけじゃなく、その存在さえも否定されるような経験をしてそれがどんなに怖い事なのか良く分かっているんだと思う。
日本はよくアメリカに侵略されているって言うけど自由を完全に奪われるような侵略はされていないから、本当の怖さ、戦う強さも育たないんだろうなあ。

あわただしく年の瀬を迎えていますが、今年も色々発信してくださって有難うございます。
来年もどうぞよろしくお願い致します。
どうぞよいお年をお迎えくださいね。
Commented by anohiwa at 2014-12-29 13:21
そのうちに、、、、、
以前は、使っていたような気がします。
もしかして、ずっと、その時の状態が続くと勘違いしていたからカモ。
歳と共に、そのうちに、、、、は無くなり、今出来る事はやっておきたい、、、に変りました。
たぶん、そんなに時間がないという事が分かってきたからだと思います。
大きな時間の中で、ヒトの一生って、本当に短い。
でも、その中で、出来る事はやっていきたい、、、と、最近は強く思うようになりました。

そのうちに、、、は、まだ余裕がある言葉かな?
Commented by ♥ junjun at 2014-12-29 13:59 x
♪何だか 忘れてた事を改めさせられたような...
なるほど成程....そうそう...読んでて納得するばかり...

junkoさんと知り合えて 忘れかけてた優しい気持ちが見えた。
今年の事、胸の中で反省しつつ 来年を見つめます。
新しい年も、今まで以上に仲良くしてください。
チェジュのお正月は、旧暦なので2015年は2月です。
新しい年が、平和で幸せであります様にと願いつつ
junkoさん 良い年をお迎えくださいマセ^^♪
Commented at 2014-12-29 17:26
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by deko at 2014-12-29 21:01 x
今年もあとわずかですね。いつも正論を書いているjunkoさんはすごい。。。皆言いたい事も言わず書きたい事も書かず
そのうちそのうちどうにかなってくれるでしょうと思っている内の終わりが来てしまうのも気づかないのですね。若い人よ目覚めてください。来年も元気でバリバリ書いてくださいね。
Commented by cocomerita at 2014-12-30 07:31
Ciao kanafr さん
年の暮れは いつも日本に居たくなる、、
除夜の鐘が聞きたいし、あ、そうだ 年越し蕎麦を食べなきゃーなんて言い合いたい 笑

アメリカは日本人を飼い慣らしたのでしょう
餌をちゃんと与えて 飢えに苦しまないよう、そして私たちがみんな 自分達はそこそこいい線いってる。っていう
愚かな中量意識見事に植え付けた
確かに飢えを知らない民は弱いと思います
私がイタリアに来たのは、そういったサファリパークからでて、本当のジャングルで生きてみたかったのだと思っています
便利もまた私たちの牙を抜く彼らの政策です

新しい年での覚醒した日本人の健闘祈ります
もうこれ以上好き勝手に日本を喰いものにしてもらいたくないので、

kanafr さん、ご家族お揃いで健やかで幸せな新年お迎えくださいね
こちらこそ! お世話になりました
来年も引き続きよろしくお願いします
Commented by cocomerita at 2014-12-30 07:37
Ciao anohiwa さん
やっぱりさ、、年の功ってありますよね
何で?これが若いときにわからなかったもんかなーー と不思議なんだけど、
きっとわからないようになってるのでしょうね 苦笑

うーん、結局切羽詰まってないのでしょう
だから先送りにできる
そういう意味で今のあまりにひどい社会が私たちにいろんなことを気づくことを後押ししてくれてる気がします
だからね、誰かの代償の上に気づかせてもらったこと 無駄にしないように反映させていかないといけないと思っているのです
二度と同じことが繰り返されないように、、

来年は忙しく賑やかになりますね
皆様お揃いで よい新年お迎えください
かわいいメッセンジャーがたくさん幸せな持ってきてくれるでしょうね 楽しみですね

Commented by cocomerita at 2014-12-30 07:59
Ciao 2014-12-29 17:26 鍵コメさん
え?!メイルいただいてた?
届いてなかったので 探してみたら別のトレイに入ってた
最近gmail 変なのよね
失礼しましたー お返事書くから待っててね

あ、それと消えちゃった記事ね
ははは、ごめんごめん
昨日書いてる途中で保留にしたつもりが更新になってて、まあ、まだ朝早いからだいじょぶかな?と
思ってあわてて非公開にしたんだけど、、鍵さん 早起きーー!
鍵さんはいつもたくさん誉めてくださるので、私は頭を撫でていいこいいこされてるようで
いい気分になります
ありがとうございます 笑
本当に来年が少しでも多くの人にとって心休まる暖かい年になるといいなあと思います
日本だけじゃなく世界中非人間的状況が多すぎます
世界は一人一人の個々の人間からできてるから、まずは一人一人の優しさ、そして一人一人の充実した暮らしが大事ですよね
で、幸せな人が回りに幸せお裾分けする、、と

どうぞのどかで寛いだ年の暮れと
楽しいことや嬉しいことの多いよい年をお迎えくださいね
こちらこそありがとうございました
又来年もよろしくお願いします
Commented by cocomerita at 2014-12-30 08:08
Ciao deko さん
ふふふ、そんな風に言ってくださると、、
いい気になります 笑
生まれてこのかた思ったことを内に秘めるって行為をしたことがないので、
これっきゃできないのです 苦笑

deko さんこそ 私のこのお行儀のあまりよくない吐き出しブログに
今年もお付き合いいただきありがとうございました
私はブログで私の思いを理解し分かち合えるdeko さんのような人たちと出会えて とても幸せに思っています
わかりあえる人との繋がりは人生の宝ですもんね
ますます 歯に衣は着せないでしょうが、どうぞ来年も引き続きよろしくお願いします!
穏やかな年の暮れと健やかで幸せな新年お迎えください
Commented by cocomerita at 2014-12-30 08:16
Ciao junjun さん
チェジュの年末年始ってどんななんだろーなー
のどかそうですよねー
あ、でも旧暦だったら、12/31はなにもしないのかしら?
でもさ、、美味しいものが満載!でしょうねえ
あーーー冬はやっぱりアジアだなー

こちらこそ!
私はつい必死になって重くなりがちですんで、junjun さんの軽やかさは 毒消しになりました 苦笑
ありがとうございました
こちらこそ!
Junjun さんもねー
またまた楽しい美味しい幸せな新年お迎えください

来年も引き続きよろしくお願いいたします
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
黒い森の白いくまさん
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに。。 しかし...
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
オトナの社会科・中東から...
俺の心旅
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live
明日をもっと楽しく!した...

最新のコメント

Ciao saheizi..
by cocomerita at 01:38
期日前投票と本日投票と二..
by saheizi-inokori at 21:33
Ciao hisakoさ..
by cocomerita at 17:51
Junkoさん 本当に..
by hisako-baaba at 17:06
Ciao dankkoc..
by cocomerita at 15:03
Ciao dekoさん ..
by cocomerita at 14:59
Ciao sideさん ..
by cocomerita at 14:55
Ciao cocomer..
by dankkochiku at 14:12
マッコさん我が道を行く歯..
by Deko at 11:05
鉛筆は消せることが目的で..
by sidediscussion at 08:26

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル