私がローマで独りで始めたわけ 

独裁者

チャップリンが 彼の映画 "独裁者" (1940)の ラストシーン

に 挿入したスピーチ






申し訳ないが、私は皇帝などなりたくない。
それは私には関わりのないことだ。誰も支配も征服もしたくない。
できれることなら皆を助けたい、ユダヤ人も、ユダヤ人以外も、黒人も、白人も。

私たちは皆、助け合いたいのだ。人間とはそういうものなんだ。
私たちは皆、他人の不幸ではなく、お互いの幸福と寄り添って生きたいのだ。
私たちは憎み合ったり、見下し合ったりなどしたくないのだ。

この世界には、全人類が暮らせるだけの場所があり、大地は豊かで、皆に恵みを与えてくれる。 
人生の生き方は自由で美しい。

しかし、私たちは生き方を見失ってしまったのだ。
欲が人の魂を毒し、憎しみと共に世界を閉鎖し、不幸、惨劇へと私たちを行進させた。

私たちはスピードを開発したが、それによって自分自身を孤立させた。
ゆとりを与えてくれる機械により、貧困を作り上げた。
知識は私たちを皮肉にし、知恵は私たちを冷たく、薄情にした。

私たちは考え過ぎで、感じなく過ぎる。
機械よりも、私たちには人類愛が必要なのだ。賢さよりも、優しさや思いやりが必要なのだ。
そういう感情なしには、世の中は暴力で満ち、全てが失われてしまう。
飛行機やラジオが私たちの距離を縮めてくれた。
そんな発明の本質は人間の良心に呼びかけ、世界がひとつになることを呼びかける。

今も、私の声は世界中の何百万人もの人々のもとに、絶望した男性達、女性達、子供達、
罪のない人達を拷問し、投獄する組織の犠牲者のもとに届いている。

私の声が聞こえる人達に言う、「絶望してはいけない」。

私たちに覆いかぶさっている不幸は、単に過ぎ去る欲であり、人間の進歩を恐れる者の嫌悪なのだ。
憎しみは消え去り、独裁者たちは死に絶え、人々から奪いとられた権力は、人々のもとに返されるだろう。

決して人間が永遠には生きることがないように、自由も滅びることもない。

兵士たちよ。
獣たちに身を託してはいけない。
君たちを見下し、奴隷にし、人生を操る者たちは、君たちが何をし、何を考え、何を感じるかを指図し、そして、君たちを仕込み、食べ物を制限する者たちは、君たちを家畜として、単なるコマとして扱うのだ。
そんな自然に反する者たち、機械のマインド、機械の心を持った機械人間たちに、身を託してはいけない。君たちは機械じゃない。君たちは家畜じゃない。君たちは人間だ。君たちは心に人類愛を持った人間だ。

憎んではいけない。愛されない者だけが憎むのだ。愛されず、自然に反する者だけだ。

兵士よ。
奴隷を作るために闘うな。
自由のために闘え。
『ルカによる福音書』の17章に、「神の国は人間の中にある」と書かれている。
一人の人間ではなく、一部の人間でもなく、全ての人間の中なのだ。

君たちの中になんだ。
君たち、人々は、機械を作り上げる力、幸福を作り上げる力があるんだ。
君たち、人々は人生を自由に、美しいものに、この人生を素晴らしい冒険にする力を持っているんだ。
だから、民主国家の名のもとに、その力を使おうではないか。 

皆でひとつになろう。 
新しい世界のために、皆が雇用の機会を与えられる、君たちが未来を与えられる、老後に安定を与えてくれる、常識のある世界のために闘おう。

そんな約束をしながら獣たちも権力を伸ばしてきたが、奴らを嘘をつく。約束を果たさない。
これからも果たしはしないだろう。独裁者たちは自分たちを自由し、人々を奴隷にする。
今こそ、約束を実現させるために闘おう。
世界を自由にするために、国境のバリアを失くすために、
憎しみと耐え切れない苦しみと一緒に貪欲を失くすために闘おう。
理性のある世界のために、科学と進歩が全人類の幸福へと導いてくれる世界のために闘おう。

兵士たちよ。民主国家の名のもとに、皆でひとつになろう。







チャップリンが



大義名分でっち上げられ



アメリカを追放された理由が いまさらながらに わかります


自分達が すべてを所有し


すべてを操り 牛耳れる と思ってる 超悪意の人々


その悪党たちの奏でる音楽に



踊らされるなかれ



安倍のおしりに乗っかって


一緒になって 太鼓をたたく マスゴミたち



         恥を知りなさい


[PR]



by cocomerita | 2015-01-14 17:49 | 愚政府に物申す | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://cocomerita.exblog.jp/tb/24007007
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2015-01-14 21:55
美辞麗句こそ悪魔の囁きですね。
Commented at 2015-01-14 22:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cocomerita at 2015-01-14 22:46
Ciao saheizi さん
言霊を 正しく 聞き取ったなら
彼らの言葉は美しくもなく 麗しくもないのですがね

耳に耳障り 耳を汚すだけ、不快です
Commented by cocomerita at 2015-01-14 22:55
Ciao 2015-01-14 22:01鍵コメさん
チャップリンも又 狡く汚い組織である社会におもねり組み込まれることを最後まで拒否していましたから
彼が人々に評価され 影響力を増せば増すほど 邪魔だったに違いありません
ジョンレノンしかり
彼の殺され方も 変です

マスゴミはもはや あっち側
ってこと 忘れないようにしないといけませんね
Commented by hisako-baaba at 2015-01-15 17:36
巧言令色仁ならず。
耳あたりの良い言葉で善良な市民をたぶらかす、戦後生まれの政治家どもに、騙されちゃあいけませんね。
Commented by ♥ junjun at 2015-01-15 22:48 x
♪チャップリンに 拍手!!

「独裁者たちは自分たちを自由し、人々を奴隷にする」

報道が 牛耳られてるって 怖いですね。
でも、ほとんどの人たちが NHKのニュースを 鵜呑みにしている。
政府に操られてる ニュースを信じてる国民、悲しいです。

Commented by cocomerita at 2015-01-16 04:06
Ciao hisako さん
その昔は テレビや新聞以外に一般の人たちが情報を入手する術がなかったけれど
今や 情報が溢れているその気になればいろんなことがさらに深く知ることができるんですよね
だからこそ その溢れる情報を識別する冷静さ 賢さが必要だと思います

私たちの在り方が問われていると思います
Commented by cocomerita at 2015-01-16 04:13
Ciao junjun さん
日本 楽しんで来ましたかー?

なんかますます物騒ですよね
まあ、こんな安倍なんかが率いる自民党が勝っちゃう国ですし
イタリアは私の回りはそうじゃあないけど、状況は日本と大して変わらないかも、、と思います
まだまだテレビや新聞での情報で意識誘導される人多いんでしょうね
、、危険だと思います
こういうことで 戦争をするということ容認する気風が高まってほしくないです
Commented by kanafr at 2015-01-16 09:17
チャップリンの言う事、もっともな事を言っていますね。
そして、過日の桑田君の歌にしても、凄くまともな事を言っているのに、何で反米、反日とか一括りにするんだろう。
いろんな考えがあるのは当たり前だし、その相手の意見を聞くのは当たり前なのに、あいつはXXだとカラ―分けした瞬間、その人の意見は危険思想だって思いこんで話しさえきかなくなるしね。
フランスも今はメトロとか銃を持った兵隊がいてテロ警戒態勢にあるんだけど、それって今回の事がきっかけではなく今までもずっとあった事で、多少数が多くなっただけの話なのに「フランスは戦争体制だ、危険だ」って大騒ぎする1年未満の滞在の日本人がネットで流すなんていう事をするしね。
かつてのように新聞やラジオ、TVだけでなくインターネットで個人が流す情報も正しき物もあれば、全く見当違いの物もあるのは事実ですしね。その見極める力を養わなきゃいけないんだって思うわ。
Commented by cocomerita at 2015-01-16 10:04
Ciao kanafr さん
サザンの動画のコメント欄 見ました?
ふと気がついて目を通して 不気味な感じがしました
はっきり言って 右でも左でも そんなのどっちでもいいんですよ
政治家なんて 右も左もやってることは同じ
つまり テメーのことしか考えていない んだから
守るべき国民を足蹴にしてね、、
だからそんな区分け全く意味ないのです
でも区分けしたがる人が多い
みんなさ 闘いたいんじゃあないのかな? と思わざるをえない
なにかに不満でそういうの吐き出したいから ああやって他人を攻撃したいんじゃあないかな?と
そんなことしてもどこも誰もすっきりしないのにね
サザンがただ平和に、仲良くすればいいじゃない と歌ってる
どうしてあのシンプルなメッセージが素直に受け取れないかなあ?
アーテイストは自分の思想持ち出すな!とかね
は~~~?とはてなマークが飛び交います
アートってさ いつの世も社会と大きくリンクしてきたわけで、
アーテイストは彼らの芸術を通してメッセージ伝えて来たわけで
それでなきゃあ むしろアートじゃないとさえ言えるわけで
だからね、みんな喧嘩したいんじゃあないか?と思ってしまう
いつも言ってるけど 政府って国民の鏡みたいなもんで、この親にしてこの子あり。なわけですよ
こんだけ戦争したがってる政府ってその基盤に国民の心の中にある争いたい思いがあるからこそ。ではないか?と思うのです
そうそう 情報が氾濫してる、氾濫させて惑わせようとする動きがある
だからこそ、それを見極める冷静さと成熟さがますます求められてますよね
Commented by sidediscussion at 2015-01-19 21:01
彼のことばは総て言ってほしいことを網羅していますね。いい動画でした。有難うございます。積極的平和主義という下で武器や哨戒機を売ろうとしている安倍政権にモノ申す。
Commented by cocomerita at 2015-01-19 23:43
Ciao side さん
安倍に言いたいことは山ほどあるが、言う前に手が先に出てしまいそうな自分が怖い はははh

日本語って凄く美しい言語なのに 彼らに それもまた凌辱されてる気がして甚だ不快
"やさしい日本" 始まり おもてなし、だっけ それに絆
言霊入ってないから みんな嘘っぽくあんぽんたんに響くのよね、、 あーあー
Commented by polepole-yururin at 2015-01-20 22:07
チャップリンのスピーチを聴いて興奮し、涙しました。恐れる心を排除し勇気を持つこと。いろいろ目の前に権力の横行が見え、今日イスラムの映像。こうもうさんくさい物が流出している。政治に見向きもしない人々が知らぬ間に小さなチンピラに脅かされている現状も目の当たりにし、どいつもこいつも腐りきっている・・・怒りと憤りと絶望と・・・思考しない欲にまみれた馬鹿野郎も欲にまみれた権力者も同じ。思考しない生き物をつくり、心を持たない生き物を作り、・・・チャップリンの演説極みです!ありがとうございました。
Commented by cocomerita at 2015-01-21 00:49
Ciao yururin さん
チャップリンはこの映画を作った1940年にすでにわかっていたのですよね

あのね、ロックフェラーの親分であるロスチャイルドを探ると 日本の黒船来訪に行き当たります
だから、彼らによって培われた悪の温床はものすごく根が深く そして広く張り巡らされてることに気づきます
それを根絶やしににするのは一体どのくらいかかるのか?
想像もつきませんが
今まで通り ことなかれ主義で見てみない振りするのも個人の自由でしょうが
私はそうありたくはないと思っています
過去に長い間無知だった自分を恥ずかしいと思えば思うほど 私は絶対に彼らの誘導にははまるものかと思います
私の覚醒が どれだけ社会の役に立つかは 知るよしもありませんが、なんたってただの一小市民ですから、
ただ、個人一人一人の覚醒が 団体の覚醒の一部であるかぎり
より良い社会は成熟したより良い個人から成ると信じている限り
自分の在り方変えたくはないと思っています
Commented by kinnnikumans at 2015-01-21 10:28
junkoさんおはようございます。
心に響くスピーチでした。
チャップリンさんが亡くなったのは
ちょうど自分が生れた年です。
junkoさんのおかげで素晴らしいスピーチが聴けました。
ありがとうございます。自分のブログにも貼っておこうと思いました。

ゆとりを与えてくれる機械により
貧困を作り上げてしまったという言葉に
深く深く考えさせられました。

その時、その時、はのりにのってというか
どんどんしてても気づかない事が多く、
ここまできたら「いきすぎだ」と言う
感覚もわからなくなって、
皆が「何かがおかしい」と気づく頃にはもう遅い・・・

伝わりにくい状況の時でも、こうして訴えている人もいる。
その時は少数でも、耳を傾ける人はいる。
やっぱり、その感覚を養うのは育ってきた環境や、
周りにそれを教えてくれる大人がいたかどうかなのかなと、
そう思うと、
人を一人産んで、育てる事は責任重大だと感じました。
これは小学生の娘にも見せなあかんと思いました。
人々の命を軽んじる政治を続けていては国がほろびると
100年前に田中正造さんも言っていた。
その言葉達がこうしてまだ生きて、語り継がれている時に
しっかり耳を傾け、心に刻んでいかなければならないと
改めて感じましたし、どんどん伝えなければいけないと。 
本当にありがとうございます。深く心に響きました。
Commented by cocomerita at 2015-01-21 18:42
Ciao kinnnikumans さん
笑 お宅のお嬢さんだったら しっかり彼のスピーチ 理解してくれると思います
姪と話してて思うんだけどね、
私たちは子供 子供だから、とかいって これ難しいんじゃあないか?とかいって
子供用 ってのを あえて 区分けしたりするけどね、子供に足りないのは彼らが感じたことを的確に言葉にする語彙のみであって
むしろ感性と言う意味では 一緒 だと思っています
大人だって微妙なことが わからない人はわからない 苦笑
だから、わかるかなあ?と考える前にいいと思うものは何でも見せて聞かせて話してあげるといいのではないかと思います
私は自分の中に 子供 大人 っていう区分けがなく、まあ動物ともないんですが、 苦笑
誰とでも対 ひとりの人間として なんでも話すことにしています
そうすると彼らの反応の素晴らしさっていうか、深さっていうか ピュアさに むしろ感動させられ 教えられたりします
私は子供がいないけれど、確かに子供を産み育てるっていう行為は凄く重要で 聖なるものであると思います
そして 子供は家庭で育てる というよりも 家庭という環境を含んだ 社会で 皆で育て慈しむものであると思っています
私は下町で育って うちが商売をしていたので、学校から帰って母が家にいたことがありませんでした
でも下町だからこそ、裏のお姉さんや隣のご夫婦や友達のお母さんやおじいちゃんに心をかけてもらいました
だから 社会に育ててもらったと思ってるの
そういうの 今の私の人生に凄く役立ってるんですよね
あの頃のご近所のかたたちに 改めてお礼が言いたいくらい 笑
区分け ってなんに関してもよくないでしょ
うちの子 よその子 家族 他人 日本人 外人 結局みんな一個の人間でしかない。とそう思います
Commented by simposio at 2015-01-22 16:33 x
初めまして、cocomeritaさん

イタリア情報をリサーチしていたら、このブログを見つけました。ローマ在住とのことで、個人的に羨ましく思います。

幾つか記事を拝読させて頂きました。最近ローマのサピエンッアに通い始めたそうですね。普段からモラル、社会、政治に興味がおありそうで、しかも大変なエネルギーをお持ちになっていらっしゃる。折角なので、サピエンッァでモラル-政治哲学も学んでみてはいかがでしょうか?優秀な学者も揃っている事ですし、cocomeritaさんの性分に合っているかもしれません。
Commented by cocomerita at 2015-01-22 17:08
はじめまして simposio さん
いやいやこれ以上は無理です 苦笑
ただでさえ ひーひー言いながら付いていってるんですから、、 苦笑
そして 政治哲学なんて学んじゃったら よけいに今、世界中にはびこっている政治家チンピラたちに
腹が立ってくることでしょうから、、
ただ 政治にしろ 経済にしろ 根本に流れていなければいけないのは、社会性 つまり全体の良かれで
そういう意識は多分私たちが生まれながらにしてもっていて、小さい頃から家庭で、そして大学ではなく小学校で
普通の暮らしの中で 学び 培っていくだと思っています
今の学校教育でそれが教えられるかどうかは疑問ですが、、


Commented by Vimalakirti at 2015-01-22 22:12
宇宙大の悪魔の存在を感じます。こわいです。
戦争さえ仕組んでいる「死神」のような悪魔。
手も足も出ないような絶望感に襲われます。
どうして世界から争いがなくならないのか...
それは答えの出ない問いなのかもしれません。
まずは自分の心に平和を作ることから... と
思いつつ、「あ〜、ナンタルチア」という
ことばかり次々と起こります??
Commented by cocomerita at 2015-01-23 00:53
Ciao vimalakirti さん
本当に そうですよね
私も時々気が遠くなってへなへなとなることがあります 苦笑
そんなとき 自分がここにいることの意味を考えます
何もできないと内に隠って自分の人生に集中するのも一つ
でも私は よっかかる。っていう意味ではなく 繋がりあって こっちで助けられたり あっちで助けたり
で 補いあう それが人ってもんだと思ってるし
濁った水にきれいな水 一滴一滴入れていくと 最終的には濁り水もきれいになる
その一滴である自分が欠けたら マイナス一滴ですから、

結果は期待してないんです
多分私の生きてるうちには素晴らしい世の中なんて見れるわけはない
てか そんなもの 実現しないかもしれない
それでも それをやめる自分でありたくない。ってことです
私たちは ベストを尽くし 結果 どうなるかは神様の決めること 彼の領域ですから。。 笑
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live

最新のコメント

ciao junjunさ..
by cocomerita at 13:55
🎵読んで..
by ♥ junjun at 11:11
ciao sinkさん ..
by cocomerita at 17:06
続き そして 日本の政..
by cocomerita at 16:59
ciao stanisl..
by cocomerita at 16:51
哀れな男。そうしてまでS..
by stanislowski at 16:33
ciao junkoさん..
by sink_jpn at 12:30
ciao antsuan..
by cocomerita at 00:01
ciao antsuan..
by cocomerita at 23:58
あれっ? 最近皆さん、わ..
by antsuan at 20:11

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル