私がローマで独りで始めたわけ 

一期一会

昔々


まだ 私が日本で仕事をしているとき



昔のボーイフレンドに 夕飯に誘われました



怪訝な思いで行ってみると
彼は社会人野球をしてたんだけど プロに行きたいと迷っていました



お前ならどうする? と聞かれました



どうする? たって、、困るよね



やれ。とも やめろ。とも言えませんよ 所詮は彼の人生



ちょっと 考えて こう言いました



やるかやらないか 決めるのはあなた
でもね
私は やろうか やるまいか? と 悩んだら必ずやる方を選んでいる
何故かって やってたとえ ダメでもね

そのときの"ああ、あんなことやっちゃったよー"
という 後悔のほうが

あのときやっていれば、、こうなったかも、、という後悔より



断然軽いからであり



私は
あの時ああしていれば ああなったかも、、



なんていう 類いの後悔を抱えて なんて 絶対に 暮らしたくない と




次の日
空港の出発ロビーで出発便の準備をしていた私の目に
前に座ってるおじさんが読んでた スポーツ新聞が目に入り



彼が プロ入り表明したことを知りました



誇らしい思いを感じました



先日 仕事でローマに来た方たちを



お気に入りのジェラートやさんに案内しました



そのうちの一人が あんまり美味しいから もう一個食べようかどうしようか?



あんまり 悩んでいるので



食べたらいいじゃあないですか
もしかしたら 明日はもう来ない かもしれないのだから


と 言っておすすめすると


日本人の人はキョトンとして 私を見た後 大笑いしました



でも 本当に


明日はもう来ないかもしれないのです



だから 今日やりたいことは さっさとやってしまえばよいし



今 言いたいことは



それが

愛しています。でも
お前のここが気に食わん でも


言ってしまえばよい のです



抱き締めたかったら 抱き締めたほうがよいのです



言葉も 行いも 一期一会



思い付いた時が その言葉や思いの なのですから



新鮮なうちに頂いてもらいましょう



というわけで
私は やりたい放題 言いたい放題で 暮らしています



そんな私ですが 一個だけ ひどく後悔してることがあります



母が病気になって 看病のため日本に帰ってた時



トイレに入ろうとしたら
その時 お風呂場で お風呂に入ってる 母の背中が目に入りました



痩せてしまったので、背骨が浮き出ていました



一瞬 あ、背中を流してあげようかな? と 思ったんだけど



次でいいや と思ってしまったのです



なんだか ちょっと照れ臭かった ってこともあったのだと思うけど



正直言って 母の闘病中の 私の思考は はっきり思い出せない のです



そして



母の背中を流す機会は 二度と訪れませんでした



私が一期一会を 魂に 深く
魂に肉があるのなら それこそ 肉を削って刻み込んだ のは このときです




帰国の度に お墓参りに行きます



私は、お塩を入れたお水で絞った手拭いで



お墓を どこもかしこも 全て 拭かせてもらいますが



その時 一番辛いのが お墓石の 後ろの部分 背中 を 拭くときです



石ではなく 暖かい母の背中を流してあげられなかった 苦い思いが甦ります



私は この後悔を一生 抱えて暮らす と思います



だから 私は 自分の思考や行動を それが誰であっても手加減しません



できることは その時に 全て やる と決めています



今度でいいや などとは 二度と考えません




私が よく なんにでも ひどく 一生懸命だと 言われる所以はここにあると思います



もうすぐ日本に行きます



また お墓の背中を 苦い思いで 流す時がやってきます



こういうのが 原罪 ってものの 一種かも知れないと思います

[PR]



by cocomerita | 2015-10-09 18:17 | | Trackback | Comments(30)
トラックバックURL : http://cocomerita.exblog.jp/tb/24973602
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by new-ikumen at 2015-10-09 19:40
ありがとうございました。
僕もその時その時を大事にしていきます。
Commented by hisako-baaba at 2015-10-09 22:21
junkoさん
納得。賛成。私もそういうところがあるけど、後悔にそこまで向き合う元気は無いです。後悔からは逃げちゃうな〜
junkoさんはどこまでも真っ直ぐでいいな〜
Commented by cocomerita at 2015-10-09 23:16
Ciao new ikumen さん
過去に思いを馳せ 未来を憂い 今を疎かにするってのが、なんか近代人の特徴みたいな気がします
一番大事なのは今なのにね 笑
Commented by cocomerita at 2015-10-09 23:20
Ciao hisako さん
後悔しないように暮らしているからこそ、 余計 たったひとつの心残りが たった一つだからこそ目について 時々こうして頭をもたげてくるのかもしれません 苦笑

いや、逃げられるような類いのもんじゃあないのでね 苦笑
だからと言って ガッツリ向き合って 心の痛みが軽くなるわけでもないのですが、
変なところ 不器用 っていうか、くそ真面目っていうのかもね、こういうの ははは
Commented by marsha at 2015-10-10 13:33 x
素敵、私、junkoさんみたいな人が大好きです。
何時も全力投球で 生きてきました。後悔するのは嫌なのです。 

きっと私も酷く不器用なんだと 思いますが、それが私なんです。 人の云うカッコ良く生きるとか 小利口に生きたい等と思ったことはありません。そういうのは軽蔑してます。
母にも夫にもご近所の面倒を看させて頂いたご老人達も
親戚でも血縁でもない 夫の生家のお隣のおばあさんも 血縁の如く 手助けも最期のご面倒も私が看させて頂きました。 後悔なんか何一つしてません。 もし、あのとき 断っていたら きっと生涯後悔していたでしょう。

Junkoさんの生き方、考え方素敵です。
頑張ってー。 生きている限りエールを送り続けます。
Commented by cocomerita at 2015-10-10 22:27
Ciao marsha さん
笑 marsha さんのそういうところ わかります

そうなんです
もう二度と こういう後悔をしたくないから 今 出来ることを さじ加減することなく 全部! って思いますね

ありがとうございます
Marsha さんのエールは効きそうです
だから marsha さんも 長ーーく お元気でいてくれないとね!
よろしくお願いいたします
Commented by mai_obachan at 2015-10-11 07:24
思いついた時がその言葉や思いの旬って、いい言葉ですね。
心に響きました!効くな~junkoさんの言葉!
Commented by cocomerita at 2015-10-11 07:55
Ciao mai obachan
いいことも悪いことも 何でも溜めないで外に出す
まあ、それって 奥に悪気がないという条件ですが、、
そういうのを 気軽に どんどん行えばいいのにと思います
そういうことで培われた関係って とても 深く互いに心地よいのですよね
Mai さんも そういう関係 少なからずお持ちだと、、

お誕生日おめでとう
ひときわ素晴らしい年になりますように
Mai さんなら 放っておいても幸せはあっちからやって来ると思いますけどね 笑
そのうち 小さい人と遊びに来てください ♪
Commented by kanafr at 2015-10-12 11:53
>でも 本当に、明日はもう来ないかもしれないのです
>言葉も 行いも 一期一会
本当にそうね。
だから、自分の心に正直でいたいよね。嘘はつきたくないよね。
junkoさんのお母様への思い、ジーンとしました。
Commented by cocomerita at 2015-10-13 02:27
Ciao kanafr さん
そうそう、正直
今自分がやってあげられることは 全てやってあげ、差し出せることは、出し惜しみせず すべて 差し出そうと思っています 笑

いや、本当に懲りたのよ
未だに 母が亡くなって十年以上経っても未だに 思い出す度に じわーと苦い思いが、、苦笑
こういうの、こりごりですもん

お母様の介護している友人にもよく言うのです
大変だって言うのは すごくわかるの
でもね、変な話だけどね、お母さん明日死んじゃうかも と思ってみてと、優しいあなたは そうなったら必ず自分を責めるに違いない と、でもそのときにはもう修正効かないわけで、
そういう思いをしてもらいたくないのだと、
後悔は、嫌だよねえ、、
Commented at 2015-10-14 05:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cocomerita at 2015-10-14 08:01
Ciao 2015-10-14 05:37 鍵コメさん
うわーーそれは早い 、早すぎますね
私はどなたのお母さんも 185歳まで生きてもらってもまだ十分ではないと思っているくらい、母の存在は大事過ぎます。
母を失って 初めてその時ヘソの緒を切られた気がしたものです。

この本のことは知りませんでしたが、この方のことは聞いたことがありますし、この団体 というのも見当がつきます
福島県内でも 本当のことをきちんと言ったり、被害者としての権利を主張したりするのは、微妙で難しい状況だと言うのに、彼は 東京のことに触れているから、東京の汚染に人々が言及するのを恐れている人々、つまり政府を始めとして、実に厄介な存在であることは明白ですね
私もいろいろ見せられたから、そういうのすごくよくわかって 複雑な気持ちになります
声に出さなければ ただうやむやにされて、最終的に泣き寝入りになるのにね
こういうことで妨害する人たちは、実際の被害に遭ってないっていう場合も多く、だからなおさらその理不尽さにやりきれない思いになります
もっと メスを入れなきゃいけないのにね、、
Commented by yumiyane at 2015-10-15 00:01
母が亡くなってもう30年になりますが、今でもお墓に手を合わせると泣けてきます。
だからjunkoさんがお墓の背中を拭くときの悲しみがよく分かるような気がします。
私の母は石鹸で身体を洗わない人だったから、つるつるした背中をしていました。今でも一番会いたいのが母です。
やだ、また泣けてきた。
美味しいジェラート屋さんに連れて行ってくださって有難うございました。私は、また行って食べる! という目標を作っていただきました。
Commented by cocomerita at 2015-10-15 02:28
Ciao yumi さん
みんな、お母さん好きなんだよねー
私ね 自分の寿命が縮まっても 母ともう一度過ごしたい と時々思います
泣けるほどさ、愛しい人とか、猫とかに巡り会えたったこと、思い出すと辛いけど 幸せなことなのかもしれませんね

又来てください!
ヨーロッパ組で ほんと、集合したいですよね
飲み放題 食べ放題 すごいことになりそうだけど
きっとものすごく楽しいと思います
Commented by koko at 2015-10-16 18:32 x
じゅんちゃん
お母さんがおしえてくれたこと、わたしたちにもありがとう。大事なことだよね。
わたしも、祖母を亡くしたとき同じ様なことがありました。祖母とはすごく仲が良かったわけじゃないけど、今でもそれが、やるかやらぬか迷ったときは背中を押してくれます。不思議だね
Commented by mother-of-pearl at 2015-10-16 19:43
いつも真っ直ぐなcocomeritaさんの根幹にある思いを見せて頂きました。

私もたくさんの分かれ道に立ち、二度と会えないであろう人達との時間を過ごしてきましたので、
本当によく分かります。

ご帰国なさったら、貴重なひとときを存分に楽しんでお過ごしくださいね。
Commented by cocomerita at 2015-10-17 05:20
Ciao koko ちゃん
Koko ちゃんのおばあちゃま、(おばあちゃま、なんて言うと叱れるかな? 笑)強い信念持ってらしたから、きっと ドーンと背中を押してくれてることと思います
私はね 母に背中を押されている。というよりは、彼女が喜んでくれるよう、頑張ろうといつも思います。
そして、同じような後悔は二度としまいと思っています

親孝行したいときには親はなし。とはよく言ったもんです
母にちゃんと たくさん有り難う 言ったかなあ ? と考えます。 彼女がやってくれたことからすると全然十分じゃあない気がするのです
Commented by cocomerita at 2015-10-17 05:34
Ciao mother-of-pearl さん
お母さんって、私たちがどんなに大きくなってもすごく大切で大きな存在なのです
母は 私の人生で一番大事で一番大好きな人でした
Mother-of-pearl さんは 、お子さんたちにとってそういう存在ですよ
だからいつまでも幸せでお元気でいてあげてくださいね

Mother さんも太平洋越えて 行ったり来たりなさってるから、出会いも別れも きっとたくさん経験なさっていることと思います一期一会 又会えるかなんて 誰も保証してくれないですからね
その出会った時、一緒に過ごせる時間を 大切に 味わいたいですよね

有り難うございます
自分の時間は4日しかないのですが、まさにひととき 苦笑
楽しみたいと思っています
Commented by anohiwa at 2015-10-17 14:16
プロに行って頑張った彼は、今、きっと、良い人生を送っているのでしょうね。
迷った時に背中を押してくれる人がいるのは 幸せですね。

junkoさんのように生きられたらいいなぁ
いつも、一歩も二歩も後ろに下がって考えてた私は、清々しさをおぼえます。
ある時から、少しだけ前に出て生きる事が出来るようになりました。
気が付いたら、いい歳になってたけどね(笑)

他人に寄りかかって生きるのも、楽で良いかもね ^^)
頑張り過ぎると壊れちゃうから、、、

いつもながら、junkoさんの話は、心に入ってきます。
スッキリとすることが多いです!
Commented by cocomerita at 2015-10-17 16:19
Ciao anohiwa さん
はい、プロからは とても早く引退したものの、元気でやっているようです
彼もそういった意味で後悔はないと思います

人ってさ
立ち位置の問題じゃあなくて その場所でどうあるか?ってことのが 大事な気がします
確かに 私は嫌でも 頭一個 腕一本外に出てしまう
それは 優れてるって言う意味じゃなく、問題意識が旺盛で
つまり重箱の隅が気になるってやつね
誰にたいしても黙ってられない っていう性格が災いしてて、苦笑
それって性分だから、仕方ないのです
控えめな女性に憧れるし、
頑張るってのも、そろそろ止めたいんだけどね、苦笑

Anohiwa さんは anohiwa さんの立ち位置で立派にお子さん二人も育て上げ 優しくて頼りになるおばあちゃまをやってらして、
それはとても簡単じゃない、素晴らしいお役目で
頑張っていらっしゃるといつも思っています

、、笑
私も最近ですよ
なんだか 何かがストンと落ちて
今まで気になってたことがどうでも良くなって、気楽に生きられるようになったのは、、
年の功 かな?!


Commented by sidediscussion at 2015-10-18 09:00
涙しながら何度も読んでいました。
同じような思いが誰にもあると思います。人間は後悔という思考ができるから反省も向上もあるのだと思います。

淳子さんは小気味よい決断の人です。お若い時から。だからいまがあるのですね。非凡な方です。誰もがそうはならないですわ。

私は病を得てからは、自分の健康と命の危うさに現実として気づかされ、悔いの無い人生の歩みを踏み出すことができています。これは、病気がくれたお土産です。

元気は賞味期限がある。今日の元気は今日消費する。
旅も思いついたら実行。お見舞いも思いついたら、もう出かけている。こちらに期限があるということはお相手にも期限がありますから。前ばっかり向いていたら、ストレスフリーになりました。もう後ろはどうでもよくなったのです。
Commented by cocomerita at 2015-10-18 14:55
Ciao side さん
人生の先輩であるsideさんに 私などが改めて言うことではないのですが、私は私たちは ただ経験するために生まれて来たと信じています
それは経験しなければ学ばないからです
ですから 私は楽しいことも苦いことも、皆 等しく同じく 神様からの私たちの良かれを願う故の宿題であると思っているのです。
ですから 幸福 、不幸なんてものは その実在には 一切関与しておらず ただ私たちの好き嫌いであり
だから 起こるものは 全て ウェルカムで受け入れるように 努めています
人生に無駄なものなどないのですよね

sideさんの暮らしを見ていると 1日1日 とても充実した暮らし方をなさっている、出会うもの 見るもの 味わうもの 皆 一つ一つ丁寧に 心から味わっていらっしゃる
やっぱりこれって 病気とか、大怪我とか、そういったものを経験し今自分に与えられている "当然"だと思っていたものの存在が いかに儚くそして貴重なものであったかを痛感した人でないとたどり着けない心境なのではないかと思います
まさに これも天からの贈り物であると共に、sideさんがその経験を真摯に受け止め、受け入れられたからであると思うのです
本当は皆そうやって生きられるといいのですがね、

私は親は不死身だと思っていました 苦笑
その一番大事な親を失った時 明日は約束されているものなのではなかったと痛感しました
人との関係をよりいっそう大事にし、約束を明日にまわさない、ひとつの約束の後に次の約束など入れなくなったのは それからです
学べば そこに待っているのは 妙に清々しく生かさせてもらっている自分で、お得以外の何ものでもありませんものね 笑
Commented by japa at 2015-10-21 21:16 x
https://youtu.be/od5GTZoSYWs
見ようとしないと、何も気付かない。
知らない事だらけに、みえるしあわせ。
みえない、しあわせ。
もう、秋です。
Commented by cocomerita at 2015-10-22 02:21
Ciao japa さん
キャーーーお久しぶり!
お元気ですか?
早速見せていただきました

ゆったりした軽い音楽に載って 美しい秋楽しませていただきました
佐渡島がブームになって 観光客で溢れていると聞いて ちょっと残念でした
ブームが去った頃 訪れたいと思っています

沢山のものを与えられてるのに それを見つめようとせず よって感謝もせず 足りないものを数えて不幸だと嘆く
愚かな そして 勿体ないもとだと 思います

お元気で そちらの秋の味覚は格別でしょうね
あーー羨ましい 涎
Commented by japa at 2015-10-22 13:57 x
今度の日曜日は、お客さんのいない民宿で、ノドグロ宴会です。佐渡がブームって初耳です。官製観光は、世界遺産とか騒いでますけど?
痛風が恐くなる美味しい季節です。
Commented by dankkochiku at 2015-10-22 16:12
「やろうか やるまいか? と 悩んだら必ずやる方を選んでいる」。いかにも Ciao cocomerita さんらしい進歩的人生観ですね。ただ、cocomerita さんのような成功人生の人たちとは違う、七転八裏の裏道を歩んできた人たちと長年接してきた私には、迷ったときには、むしろ、もっと迷ったらどうだろう、迷わなくなったら終わり、とさへ思っていますが、いかが?。

Commented by cocomerita at 2015-10-23 02:32
Ciao japa さん
友人に 佐渡に行きたいのだと言ったら あら今凄いブームよ。と言われて 先を越されたか、くそと思ってたのでした ははは
しんとした佐渡に行きたいのでね、、

うーむ、そりゃあそうでしょうねえ
何でも美味しそう
はーー早く行きたい
Japa さん 痛風には気をつけて グルメもそこそこに、、 笑
Commented by cocomerita at 2015-10-23 02:40
Ciao dankkochiku さん
私の人生 成功人生なんかじゃあないですよー
ただ 五体満足 身体は丈夫 なぜか人とのご縁に恵まれてたってだけで、(ま、これで十分だけどね 苦笑)で、やるかやらないか?やる方いつも選んでたら こういう人生送ってて こういう場所にたどり着いてた
私は 迷ってもいいけど、迷うのは そこそこにして決断する時期を見極めることが大事であると思います
まあ、人それぞれでしょうが、石橋叩いて 叩き過ぎて石橋壊す。とか 石橋叩いて 叩いて 最終的には叩いて人生終わるのは、どうかな?と思うのです
まあ、それはそれでひとつの決断ではあるのですが、私は試して 結果を見たいタイプなんです。
そして 何よりも あそこでやってたら、とか 言ってたら 今頃、、という後悔は 真っ平ごめんなんで ははは
むしろ バカやっちゃったよねーとか 向こう見ずだったよねーー と 笑いたい 笑
で、そういうdankkochiku さんは?
Dankkochiku さんは むしろやる方だとお見受けしますが、、笑
Commented by nmariomama at 2015-10-26 02:12
こんにちは~^^
遅いコメントですみません。
最近は何となくネットから離れてる生活で、、、
時々思い出したようにPCに向かってるという感じなもので。。。

私もね、振り返ってみれば、するかしないか迷ってるという事に関しては、
する、というほうを取る人生だったな。
しないで後悔するよりして後悔したほうがいい、という人生。
まあ、迷う時に本当のところ自分はどうしたいんだ?
ということを基準にしてる、と言いましょうか。
それと、Junkoさんの記事中のジェラートのお話ではないけれど、
知人がこちらに来てお土産を買う時に、大きいからとか重たいとかいう理由で
迷ってる時には必ず絶対後で後悔するからがんばって持ってって、と言います。
たいてい帰国してから感謝されます、良かったわあ、って(笑)
でも、ほんとですね、明日は来ないかもしれない。
今日できることは今日やってしまおう。
勤勉ってわけでないし、どちらかと言えば怠け者の私だけれど、
今日は今日で一生懸命生きれば明日も来ようというもの。
こんな西の果ての国にいると尚更そういう気持ちは強くなるのかな、
とも思いますけれど へへ
Commented by cocomerita at 2015-10-26 04:46
Ciao まりおママさん
笑 私も 全く勤勉からは程遠く、 怠け者の自分に いつもあーあーとため息つきますが、それでも やるかやらないか? ってときには こう内から 訳のわかんない力が沸いてくるように、苦笑
やる。方に ばく進している自分がいます

まあ、そうじゃなかったらお互いに 日本を出て こういうところで 暮らしていないかもしれませんね
日本比べて n行き届かない部分が多い反面 力を込めないとやってけないところってありますからね 笑
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
黒い森の白いくまさん
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live
明日をもっと楽しく!した...

最新のコメント

2+2、わざわざ高い兵器..
by eblo at 18:35
完璧なコメントですね。久..
by 2006taicho at 18:14
ciao 2017-08..
by cocomerita at 15:13
ciao anohiwa..
by cocomerita at 16:43
いつだったか忘れましたが..
by anohiwa at 16:07
ciao sinkさん ..
by cocomerita at 14:57
ciao junkoさん..
by sink_jpn at 09:21
ciao taichoさ..
by cocomerita at 08:07
ciao taichoさ..
by cocomerita at 07:45
それは隣の人を憎まず 愛..
by 2006taicho at 00:47

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル