私がローマで独りで始めたわけ 

650 と簡単に言わないでくれ

フランチェスコ法王が



笑顔と


素手




防弾壁を整備した車も拒否して



危険なケニアなどのアフリカ諸国を訪問しているさなか



ドイツのメルケル首相は



言葉だけでは勝てない



フランスの支援にと 650名の兵士派兵を表明する



お世話になったから とか
お世話になるかもしれない から とか



そういう政治家同士の ただのしがらみで


兵士の命を 挨拶がわりに 使ってほしくない



650名と簡単に言うけれど



その一人一人に 父がいて 母がいて
妻がいて 恋人がいて 子供がいて 友人がいる



彼に何かあれば
その不幸は 彼を取り巻く多くの人の不幸になる



ひとつひとつの命は



ひとつ ひとつ それぞれ 果てしなく 尊く 重い




十羽ひとからげで扱ってほしくない




その昔 日本でも人気になった ゴーストバスターズ



その中で 彼らが ニューヨークの地下に溜まった スライムを発見する



このスライムは 都会に暮らす人々の不満や怒りやイライラが 物質化したもので



それに触れると 人はいきなり 不機嫌になり 怒り始める



あのとき 私は笑っていたけど



あれって 実に 本当だ



私は今回東京の満員電車で それを感じ 背筋がぞっとした



電車が揺れたのは 私のせいでもないし



あなたが朝早くから 起きて労働しなければいけないのも 誰のせいではない のに



みんな怒ってるようで
みんな不機嫌
みんなイライラしている



満員電車のなかで 快適とは程遠い環境のなかで



不本意に押してしまった相手を 睨み付ける代わりに



すみません、どういたしまして。と微笑みあえないものか




怒りは 伝染し



そして 怒りは 怒れば怒るほど 勢いよく 膨れ上がり



しまいには 自分でも制御できなくなる までになる



暴力に暴力は
終わることのない怒りと恨みを 生み出し 膨れ上がり 派生する



言葉では 勝てない。と 武器を手にするのではなく



勝つために 力付くで 組伏せるのではなく



互いの 言葉で わかり合おうとするのが


人間の人間たる高潔さではないのか



問題は



そこに物凄い 強欲が絡んでいるっていう現実であり



彼らの懐に一銭 も入らない 平和ではなく



金だの利権だのが ざくざく入ってくる 戦争を望み 仕掛けようと思っている人々がいるってことで



彼らは



互いの理解を深める代わりに 知らないことへの恐怖感を煽り



人々の思想や宗教の違いによる壁を さらに厚く 高くする



人々が互いに理解し 仲良くなってもらっては困るのだ



いくらなんでも友人は 撃てない



こういう邪悪な思いがはびこってる限り



この地球上から 戦がなくなることはないだろう



そんなおどろおどろしい炎に 一人で 水を注いで 鎮静できないものか?と



頑張っているのが 現法王であり 私は彼の無事を日々祈る



ここには カソリック とか イスラムとか 仏教とか



そういう 宗教の教義ではなく



人間が どうあらなければいけないか?という 根本的な問いかけがある



この物騒な時代に
彼という 人間が公に 笑顔で出てきてくれたことを感謝する



私たち一人一人が 彼に倣って



怒る換わりに 笑顔を



嫌う換わりに 理解を



怖がる前に知ること を始めることが



彼の消火活動に 参加することになる



彼が 注ぐ 一杯のバケツの水を増やすこと になる



反戦活動は 私たちの日常から 今日1日の過ごし方から 始まる










[PR]



by cocomerita | 2015-11-29 18:15 | 戦争反対 | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://cocomerita.exblog.jp/tb/25129131
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sidediscussion at 2015-11-29 19:11
大国が一つになって空爆で、テロリストをやっつけるらしい。
一般の市民の命は軽い。テロリストという悪を壊滅するためには。憎しみが倍増していく構造です。殺し合い。殺す数が多いほど戦果は成功。やめてくれ。最後終結を迎えるために、また核爆発させるかもしれない愚かな人間。その可能性はゼロとは言い切れるか。
Commented by saheizi-inokori at 2015-11-29 22:22
廃兵院で軍国主義を煽るオランド、目つきがますます悪くなってきたね。
Commented by cocomerita at 2015-11-30 03:06
Ciao side さん
IS が居るところが はっきりわかっているのなら、そこを狙えば簡単に駆除できるはず
それが未だにできないってことは 彼らの居どころちゃんと掴んでないってこと、もしくは彼らを一気には一掃したくない、からで
やみくもに 爆撃するってことは当然一般市民が爆弾落下地点にいるかもしれないってこと、そういう想定も懸念しないで すぐに攻撃だ。って 軽々しすぎやあしませんか? と

あーあー、彼らの脳裏には 戦争に巻き込まれてる もしくは巻き込まれる市民のことなど かすめもせず、ただ自分の権力とか、ドルマークだかユーロマークだか知らないけど 金のことしか浮かばない って訳ですね
人間ってここまで堕ちれるものなんですね

Commented by cocomerita at 2015-11-30 08:23
Ciao saheizi さん
サッカー競技場にいて そこでパリの同時テロを聞いたときのオランドの顔と 小学校にいて9.11のテロ攻撃を聞いたときのブッシュの顔が どうしても重なります
筋書きがあったか、なかったか!?
いずれにしても 彼の懸念に 市民のこと 、ましてや他国のそれもアラブ圏の市民のことなど 微塵もなく、大統領としての自分の体面を繕うこと、来るべき選挙のための票稼ぎしかないようです
Commented by saheizi-inokori at 2015-11-30 10:39
新自由主義のさいごのあがきは軍備増強、戦争なんですね。
Commented by hisako-baaba at 2015-11-30 15:19
なんだかどんどん悪い方向に進んじゃいますね。ニュース聞きたくなくなっています。
人類はどこまで愚かになれるものでしょうか。
Commented by cocomerita at 2015-11-30 15:51
Ciao saheizi さん
うーーん、新だろうが 自由主義だろうが、時代の流れがどんな名前を名乗ろうが、人間の欲がなくならない限り、困ってる人たちを支え、弱い人たちを助ける っていう 人間性というか、情を私たちの魂の中心に取り戻さない限り、戦争はなくならないでしょうね
金のために 他者の命や暮らしを侵害しても、枕を高くして寝、ニコニコ平気な顔で首相面してる人々
おぞましい限りです
Commented by cocomerita at 2015-11-30 15:57
Ciao hisako さん
確かにね、、
戦争はしなくても 平気で自然や動物たちを我が物顔で扱い、自分ものであるように破壊し、殺す
自分がやられて嫌なことは 他にはしないものです

一番醜くて 狡くて 腹が立つのは、こうして戦いを決める野郎共が 誰一人自分の命も暮らしも 、彼らの指一本 危険にさらしていないということです
人のふんどしでとる相撲だから、ただの殺しあいでしかない戦争をこうして容易に決断するのです
自分がまず行かなきゃならないとなったら?
こんなに簡単に始めるでしょうかね?
卑怯ものども
Commented by anohiwa at 2015-11-30 20:26
私は、満員電車や、人混みが苦手なので、極力避けるようにしています。
先月、二人の娘と出掛けた時、少し帰りが遅くなってしまいました。 と言っても、午後4時過ぎ。 それほど混んでもいなかったし、赤ん坊もいたし、三人並んで座っていましたが、ある駅で乗り込んできた40半ばくらいの女性が、突然、下の娘を怒鳴りつけたんです。 訳が分からずにいました。
私も、長女も、かばったので、事なきを得ましたが、驚きました。 突然見ず知らずの人に、出合い頭に怒鳴られた感じの娘は、ことばもなく、、、、
周りの人は、遠目に見ているだけでした。
なんでその人が怒っているのかも分からなかったし、われ関せず的な周りの人も、なんか変でした。

日常でも、こんな事があるのですから、小さなきっかけで大きな戦いが起こることもありうると実感しています。
でもね、人の良心や、優しさを失くしてしまう戦争は、絶対に反対です。大切な人を失う苦しさを、多くの人が知っていなくてはいけないですね。
Commented by cocomerita at 2015-12-01 17:29
Ciao anohiwa さん
東京は、ちょっと変です
電車の中では ひたすら手元のスマートフォンでの作業にのみ集中し、自分の降りる駅が来ると 無言で人を押し分け 構内では 自分の進む方向にしか注意を注いでいない
周囲にあまりに無関心
当然 困ってる人 助けが必要な人などに気づくわけもない
友人が 大きな荷物があるから バスのステップ上がれないからバスに乗れないと言った
おかしいです
バスが無人ならともかく誰も手を貸す人がいないなんて
不気味です
そして みんなイライラしている
お店の人や、区役所出張所の人は驚くほど親切ですけどね、。

ペルシャの詩人がこう言っています
前にも書いた気がするけど
他者へ思いを寄せられない人間は、神の御前でその名を語る資格がない。

その地に普通に住む人の存在を考慮、憂慮せず やられたからやると さっさと爆撃始める社会は 鬼の住む、、いやあ、鬼でもやらないかもね、、地獄より下等な世界です
Commented by mother-of-pearl at 2015-12-02 13:04
650の命の後ろに数えきれない程の命が繋がっている。

本当にその通りですね。

2人の息子を得た若かかりし頃の私は、彼等の父親と意見がぶつかりました。
国を守る為に出征するのは仕方が無い、と言う彼と
地下豪を掘ってでも匿う、と言う私。

兵士として、あるいは日常生活を営んでいる最中に、アッと言う間に命が消える。

各国の長たる人々の威嚇的な発言を知る度に、『ゲームじゃないんだぞ!』と震えます。

・・東京の電車内には数えきれないほどのコクーンが蠢いている気がします。

ただ、時間帯を選べず混雑の中に毎日身を置くには、それしかないよね、と
最近は少し理解(同情?)できるようにもなりましたよ。
Commented by cocomerita at 2015-12-03 08:21
Ciao mother of pearl さん
世の中には、たしかに "守るためには戦うのは当たり前 "と信じ、平気で公言する人が 少なからずいることに 毎回驚嘆します
その目的がなんであれ、暴力は暴力でしかないというのに、。

うーーん。気持ちはわかるんですけどさ
確かに同情もできるかもしれないけど、
例えばね、イタリアでは電車とかバスが 満員で 降りたいときに自分の前に誰かがいるとするじゃあないですか
そうすると、その人に 次で降りますか?と聞くのです
降りない場合は 降りないですよと言いながら その人が道をあけてくれます、で それでもまだ出口の前に人がいた場合 同じ行為を繰り返し、道を開けてもらうってわけです
そうすることで 互いに気持ちよく 不快な状況のなかで 共存できるわけです
私ね 、日本でも度々そうやって聞いたことがあるんですよ
黙って ただ ぐいぐい誰かを押しまくって降りるなんて、 できないし、で、降りますか?と聞いてみた
そうしたら 何? この人? みたいな目で憎々しげに見られた
駅に着いて、開いたドアに向かって 皆が無言で ぐいぐい前の人たちを押しながら 降りるってことのほうが 彼らの趣味にあってるのでしょうかね?
あれって 端で見てるとすごく不気味なんですけどね 苦笑

都会の交通事情が こうで、何も手の内ようがないのなら、私なら 時差通勤 、 会社が認めてなくても、一時間早めに出勤して、会社でのんびり朝ごはん 読書でもするけどねえ
Commented by すーじー at 2015-12-04 10:42 x
法句経の「恨みに報いるに恨みを以ってすれば怨みの尽くることなし」が報復の起こるたびに思い浮かびます。
650の命の後ろの数えきれない程の命が繋がっている。
ドイツはその倍の兵を派兵することにした様ですが、それではあまりに情けない決定だなと。知性が感じられないではありませんか。もう欲で決めることが許されない時代に来ていることを世界に影響を与える人達は考えるべきだと私は思います。
私の住んでいる街では、乳母車やお年寄りの乗降には手助けする人が必ずいますし、歩いていてちょっとぶつかってもスミマセンの言葉があります。多分、東京より時間の流れがゆったりしている所為かと私も思います。人間の本性にあった生活、環境を考えるべきですね。
Commented by chihiro at 2015-12-04 20:18 x
Junkoさん またまたごぶさたでした。
イギリスもついに参加してしまいました。イギリスの平和を守るためにはこれが最善なのだとかいって。
あまりの想像力と思いやりのなさに悲しいです。

ある男性がスーツの上から身体中にお札を貼り付けて、「好きなものを持って行っていいよ」というボードを手に街に立って人々の反応を録画した画像を見つけました。
(YouTubeにminutebuzz Un homme se balade avec des billets de banquetsというタイトルで上がっています。リンクが貼れませんでした。)
Day jobとしてここ数年、日本人を始め各国の裕福層のお世話をしていていましたが、どんなに仕事が出来るようになっても、教える立場になっても、相手の欲深さとそれゆえの言動には慣れるどころかどんどん苦しくなってしまったので(もちろん中には真の成功者というか、とても素晴らしい方もいましたが)結局辞める決断をしました。なんでこんなにも苦しいのかと思っていたのですが、この映像をみてものすごくしっくりときてしまいました。
Commented by cocomerita at 2015-12-05 08:23
Ciao すーじーさん
すーじーさんのすむ街は、そうですね
なんだかみんな 気持ちよく普通で、さりげなくみんなお行儀がよく、とげとげもどろどろもしてなくて、だから街の空気もさらさらして軽い感じだったの思い出します

ゴーストバスターズのスライムじゃあないけれど、都会にはそういった伝染性の不機嫌さが漂っている気がします
この不機嫌さ 優しさや楽天的さよりも、なぜかずっと伝染しやすいのですね
今、世界の情勢に影響を与えられる人々に知性も人間としての慈しみも一切感じませんから、そういう人たちの行う政治は人々の暮らしに まるで除草剤でもまくかのよう、世の中から人の体温奪い去り 人生を不毛にしていっているようです
彼らが気づくことも改めることも おそらくないと思うので、やっぱり民がより賢く、慈しみ深くなり 力をつけて舵を切り直させなければいけないですね
Commented by cocomerita at 2015-12-05 08:39
Ciao chihiroさん
うわーおひさしぶり
お元気ですか?

イタリアは、そういうところ 妙に慎重なので、上手にゆらゆらかわしているようだけど、それでもEU からの見えない圧力で、いずれそのうち参戦させられるだろうと私は息を潜めて見守っています
普段 だらしないとか 極楽トンボだとバカにされてるんだから、この際 ずっとその 評判貫き通し 参戦しないでいてほしいと、そこに逆にイタリアの底力が 輝き出すと思うのだけど、
がんばれ イタリア 笑
しかしさ、こうして
みんなで こぞって 兵器を消耗させ、、
ああ、馬鹿馬鹿しい
IS が潜んでいるとされている土地には逃げることを許されず、そこに住むことを余儀なくされている市民が 80万人いるとされています
そういう人たちの安全をも憂慮しなければいけないとは、彼らは思わないのですね
いや、まさに浅知恵の政治家は 有害でしかありません
まさにテロに導かれ 自分たちもテロリストに成り下がっているというのに、、、まあ、彼らは 兵器を少しでも多く消費したい勢力に加担したいのですから、そういう風に見れば 動きとしては全うなのでしょうが、、

動画 見ましたよ
恥を知らない人間 浅ましく卑しく 見てるこっちが恥ずかしくなりました
金がすべてだと思ってる限り本当の幸せからは、ますます遠ざかるというのに、

ウェルダーン!
笑 私もそうやって仕事を選び、断って来たので 変人だとしばしば思われていたようです。
変人万歳 、精神の健やかさを保つことのほうが、家計の豊かさよりも大事な気がします。
Commented by kanafr at 2015-12-06 02:56
毎日、車で通勤のオットの事も心配ですが、あれ以来どこかで不審物発見とかあって電車が遅れる事が多いので、№2が帰ってくるまでドキドキしています。
あの事件で怪我したり友人を亡くしたクラスメートをかなりいて、今や外出さえも恐怖心からできない状態になっています。
テロは怖い。本当に怖いです。
でも空爆のニュースが流れるたびに、あの場所でISとは関係な逃げられたくても逃げられない状況にある方達がなくなっているだろうと思うと、「よし!」と喜んでいるフランス人のようにはなれない。やり切れないです。

Commented by cocomerita at 2015-12-06 06:58
Ciao kanafr さん
ローマの風景も一変しましたよ
メトロの駅には どこの駅にも機関銃を携えた兵士の人が 二人づつ配置されていて、物々しい、、それでもこうして身近に起きてしまったパリの人たちの恐怖は計り知れないと思います。
外からですけれど、今回のフランスの人たちの反応を見ていると、アメリカの9.11の時とは 違っていて 私は ヨーロッパの人たちの、多分彼らの歴史や文化に裏打ちされているのであろう、なんと言うか、人間性の大きさと言うか、冷静さというか、そういうのを感じて ヨーロッパの成熟度を感じています
そして IS の後ろに控え 彼らにテロ行為を助けているトルコやサウジアラビア、ロシアをはじめとする国や軍事産業の存在もちゃんと認識していて、テロとイスラムを混同しない人が少なからずいることにも、安堵したりします
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
黒い森の白いくまさん
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live
明日をもっと楽しく!した...

最新のコメント

2+2、わざわざ高い兵器..
by eblo at 18:35
完璧なコメントですね。久..
by 2006taicho at 18:14
ciao 2017-08..
by cocomerita at 15:13
ciao anohiwa..
by cocomerita at 16:43
いつだったか忘れましたが..
by anohiwa at 16:07
ciao sinkさん ..
by cocomerita at 14:57
ciao junkoさん..
by sink_jpn at 09:21
ciao taichoさ..
by cocomerita at 08:07
ciao taichoさ..
by cocomerita at 07:45
それは隣の人を憎まず 愛..
by 2006taicho at 00:47

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル