私がローマで独りで始めたわけ 

再び高江 ひととして、、

大半の人が


海や川で遊び 山を歩き
キャンプやったり バーベキューやったり サーフィンに ダイビング

その寛大なる自然の懐に 抱かれ 遊ばせてもらったことがあるはずです


私たちが 健やかな時も 悲しいときも 寂しいときも
そして疲れている時も


自然は その懐に私たちを迎え入れ、抱き癒してくれたっていうのに



彼らが 助けを求めているときは



しらんふりですか? 人間たちよ





人間の都合で勝手に植えられ
人間の都合で勝手に切られ


人間の都合で その山肌に 痛いシャベル を 突き立てられ
壊され崩され 宅地にされた

人間の都合で そこに生きてる生き物もろとも 埋められた 潟

遊ばせてもらってるくせに
その海で 山で 当たり前であるかのようにそこで排泄までした人間は


数えきれないでしょうね


自宅の居間で 排泄する人は 一人もいないでしょうに


そこまでされても
自然は沈黙する


沈黙してるのではなく
私たちが その声を聞こうとしないのです


お世話になったら ご恩返しを と思うのが
私が認識するひと というものだと 考えますが


他者の災難 無視し
ただ自分の便利と都合しか考えない暮らしに埋没して


それで幸せですか?


悪政だと 罵りながらも
その悪政 止めるために 全力も尽くさず 見てみぬ振りの政治家たちも


悪政 やってるやつと同罪で


ということは
政府の沖縄に対する 人権無視の蛮行 を ただ眺めて何もしない人々も 同じく 同罪で


ひとの部分が 全く 足りない



人は色々 でも
色々で片付けられないことがある


色々でも
守らなければいけないものは
ひととして やらなければいけないことは


そんなに色々ありません



私だけは大丈夫教の信者の皆さん


明日は我が身 ということわざ ご存じですか?


惰眠 から目覚め
お茶の間から 立ち上がる時です


立ち上がらなくても
指一本で 署名くらいはできますよね


ひとでありたいのなら、、


高江の生き物たちの 叫びが聞こえてきます



第一次締め切り 過ぎましたが

引き続き 署名をお願いします


署名はこちらから

















 ヘリパッド(ヘリコプター着陸帯)建設問題に揺れる東村高江は、沖縄県の北部、やんばるとよばれる亜熱帯森林のなかにある約150人の住民が暮らす小さな集落だ。高江は米軍北部訓練場の真横に位置しており、現在でも、昼夜問わず毎日のようにヘリが飛んでいる。

 そんな小さな集落に、さらに6つのヘリパッドを建設するということが、どういうことなのか分かるだろうか。「高江に人が住めなくなる!」と考えた住民たちは、自分たちの生活を守るために、抗議活動を始めた。

 なぜ国は、沖縄にばかり苦しみを背負わせるのか? 『沖縄の新聞は本当に「偏向」しているのか』(朝日新聞出版)の筆者である、ジャーナリストの安田浩一が現地を取材。そこで目にした、国家権力によるむき出しの暴力とは。そして、メディアに求められる「役割」、問われる「立ち位置」とは。

*  *  *
 1995年、沖縄県内で米兵による少女暴行事件が起きたことで、日米両政府は米軍基地の整理縮小、一部返還を行うことで合意した。しかし、両政府が合意したのは無条件の「返還」ではなく、代替地への移設という条件を伴うものだった。

 たとえば普天間飛行場の返還を理由として、辺野古新基地建設が進められようとしているのと同じように、本島北部の「米軍北部訓練場」も高江に6カ所のヘリパッドを新たに建設することが交換条件となっていた。

 高江でも地域の意向を無視するかのように工事は進められたが、一部住民によって建設反対運動が進められるなか、工事は一時中断させられた。ところが、参院選が終わった直後、国は工事再開の動きをみせたのである。

 そして、国はついに高江のヘリパッド建設工事を強行した。

 7月22日早朝。「排除!」のかけ声とともに、全国各地から派遣された機動隊員がいっせいに、抵抗する市民に襲い掛かった。薄明かりのなか、怒声と悲鳴が響き渡る。現地で取材していた私が目にしたのは、国家権力によるむき出しの暴力だった。

「なぜ、沖縄ばかりがこんな目にあうの」

 泣きながら抗議する女性を、機動隊員は柔道の技をかけるように押し倒した。地面に組み伏せられた者もいる。粗大ごみを扱うように、座り込んでいるところを4人がかりで放り出された者もいた。

「もういい。もう限界だ。このままでは死者が出る。もうやめてくれ!」

 抗議行動を率いてきた沖縄平和運動センターの山城博治議長が叫んだ。機動隊員によってびりびりに引き裂かれたシャツの袖から陽に焼けた腕を突き出し、「やめろ、やめてくれ」と繰り返す。

 約6時間をかけて一帯を“制圧”した機動隊は、昼すぎに大型バスに運ばれて到着した防衛局職員や警備会社社員の力も借りて、工事資材搬入路の前に設置された市民テントを解体した。10年近くにわたり、ヘリパッド工事に反対する人々の拠点だった。テントを支える鉄骨が崩れ落ちていく。そのとき、それまで晴れていた空に暗雲が広がり、たちまち土砂降りの雨となった。まるで“やんばるの森”が号泣しているようにも感じた。

 同じような風景を幾度か辺野古(名護市)でも目にしている。新基地建設の導入路にあたる米軍キャンプ・シュワブのゲート前。新基地建設に抗議する人たちを、機動隊は繰り返し排除してきた。昨年秋からはデモ鎮圧部隊の“精鋭”として知られる警視庁第四機動隊も現地に派遣されている。辺野古の現場で前出の山城氏にインタビューした際、彼はこう答えた。

「非暴力を貫く。警察の暴力に暴力で対抗しても無駄ですよ。でも、それは何もしないことを意味するわけではない。徹底して抵抗する。ほかに訴える手段を我々は持たないから」

 そしてさらに、こう付け加えたのであった。

「機動隊には機動隊の仕事があることも理解している。だから、誇りを持って仕事してくれと頼んでいる。せめて、我々の願いを、しっかりと見てほしい」

 その「願い」が、機動隊の一部に届いていることを、私も信じたい。辺野古でも高江でも、苦渋に満ち満ちた、いまにも泣き出しそうな表情で「仕事」をする機動隊員がいることを、現場に足を運んだ者であれば知っている。

 問題は、ひりひりするような熱射も、人の息遣いも感じることなく、一方的に指図する者たちだ。

 高江で工事が強行されたその日、国は辺野古の新基地建設をめぐって、沖縄県が是正指示に従わないのは違法だとして、翁長雄志知事を相手に違法確認訴訟を福岡高裁に起こした。裁判所や第三者機関が話し合いによる解決を求め、県も協議継続を求めていたにもかかわらず、だ。

 政府はやりたい放題じゃないか。力で押さえつければ、沖縄は何とかなるとでも思っているのであろう。沖縄は、そうしていつも、組み伏せられてきたのだ。この圧倒的に不平等な本土との力関係の中で「弾よけ」の役割を強いられてきた沖縄は、まだ足りないとばかりに、理不尽を押し付けられている。差別と偏見の弾を撃ち込まれている。

 だからこそ、この場所で取材し、記事を書く者たちは、何を報ずべきかを知っている。どこに寄り添うべきかを知っている。

 記者は国家の伝令役じゃない。発言の回路を持たぬ者たちの声に耳を傾け、不公正を少しでも正そうとすることが、当たり前の記者の仕事なのだ。


 それが果たして「偏向」なのか──。

 メディアの萎縮が叫ばれる今こそ、「偏向」とは何かを再考すべきではないだろうか。(ジャーナリスト・安田浩一)
[PR]



by cocomerita | 2016-08-04 07:04 | 生き物を救え | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://cocomerita.exblog.jp/tb/26075364
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by marsha at 2016-08-04 08:59 x
最後の映像が出ませんが。?マークのままです。

一人でも多くの人が高江の惨状に目を向け 住民の平和な暮らしと 掛替えのない貴重な天然の宝庫を守るよう努力してもらいたいですね。 
アメリカの軍が破壊して 返還した土地は汚染が酷くて
後々まで使い物にならないそう。 自分達の手で自分達の国土は守るべきです。アメリカが手を貸してくれる筈はありません。
Commented by Deko at 2016-08-04 11:56 x
こんにちは関東は梅雨も開け暑い日が戻ってきています。本当にそうですね。一度壊されたら自然を元の状態に戻すということは大変なことです。昔住友金属鉱山が事業により荒れた山々を元の状態に戻す為にどれほどの歳月を要したか、多くの賛同者が集まりますように。。。。
Commented by cocomerita at 2016-08-04 12:42
Ciao marsha さん
>アメリカが手を貸す?
アメリカ建国以来 金の臭いがするなりどんな遠くにでもどかどかと乗り込み、他人のものは俺のもの 俺のものは俺のものとばかり
強奪 搾取 侵犯 殺戮 飽きることなく 疲れることなく
当然 これでいいかと自省することもなく 繰り返して
世界の警官気取りでエセのただ自分達に都合のよい正義を振りかざし 法律は 彼らの都合で勝手に右左 ねじ曲げて悪用運用している マフィアもどき悪党は アメリカであり、彼らが 自分の利益をあてにすることなく、だれかを助けたことなどただの一度もありません
日本はアメリカから独立するべきです
ただ 利用され 吸いとられるだけなのですから
殺された中川大臣はよく言ったものです
日本はアメリカのATMだと、、
奴隷のように利用され搾取され支配され それでもアメリカ様様とオバマが来れば平身低頭大騒ぎ
その手で折ったと言われれば
戦争を企てた、沖縄の基地拡張、 ヘリパッズ建設すべて企てた同じ手であるにも関わらず大喜びで 受け取って感謝、称賛の嵐
バカじゃないの? 日本国民
痛め付けられて ありがとうと金や土地まで差し出す
亡くした尊厳もう取り戻せないでしょうか?
Commented by cocomerita at 2016-08-04 12:49
Ciao deko さん
抗議できないで 殺されるままになっている生き物たちに、破壊されるままになっている大地や川に 申し訳なくて仕方ありません
地球は人間の持ち物ではなく、神様から使わせていただいているもの、すべての生き物に与えられたもの
人間の好き勝手にしていい訳がありません

やんばるの神々の怒りがまずはこの強盗アメリカの頭上に、そしてアメリカに魂売った日本国民に非ずの非国民どもの、そしておぞましいヘリパッズの上に 彼らがやんばるに行った暴力のなん百倍もの威力で 落とされることを 心から祈ります

Commented by turnipman at 2016-08-08 08:32
こちらの地域で以前に記録映画「標的の村」の上映会をしました。今回は首相はじめ関係省庁、各政党、アメリカ大使館、大成建設、、等々へ抗議ハガキ出しました。
もう、沖縄は独立宣言しオバマと直接交渉すべし!
(三宅洋平と昭恵夫人が高江に一緒に行ったそうですが、分けワカメ?)
Commented by cocomerita at 2016-08-08 17:28
Ciao turnipman さん
確かに
信念など粒ほどもない 首相とは名ばかりの小役人と それに引っ付く寄生虫も恥ずかしがる粒役人に何を言っても始まらないですもんね

三宅洋平と 安倍夫人?
片や 韓流よろしく 芸能人好きの男好きのイケメン好きですし、片や 目立ちたい格好ばかりのこれまた信も義も責任感もない、 浅いパフォーマーですから両者の需要 バッチリ一致してるんでしょう
彼としては 安倍には高江に行きましょうと言えなかったから、夫人でも誘って 支持してくれた人たちへの対面上 お茶濁したいのでしょうが、そうは問屋が卸さない
見え見えだっての
頭悪いから 細かいところで 馬脚表す
あんな人応援し 皆さんに薦めてしまって 清き一票無駄にさせ、申し訳なくて仕方ない
本当にこっちが穴があったら入りたいくらいだっての。
Commented by ♥ junjun at 2016-08-08 19:03 x
♪遅れましたが 署名させて頂きました。
チェジュも 自然がいっぱいの島。
大好きな沖縄 他人ごとではありません。
junkoさんの活動にも、応援してます。
Commented by cocomerita at 2016-08-09 00:36
Ciao junjun さん
ただでさえ 自然を当たり前の 不死のもののように扱う人間が、自然が失われてしまったあとに それを復活させるために必死になるなんてことは期待もできず、なんと言っても すぐに" 慣れる"生き物ですから。、
だからこそ 失われる前に守らなければいけないと思います

どうもありがとうございます
チェジュの夏は気持ち良いでしょうね
ローマも気持ちいいのだけど、新鮮なお魚が 足りません 涎涙
美味しくて楽しい夏をお過ごしください ♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
黒い森の白いくまさん
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live
明日をもっと楽しく!した...

最新のコメント

ciao noboruさ..
by cocomerita at 16:52
民度が低すぎて何ともなり..
by noboru-xx at 09:46
ciao saheizi..
by cocomerita at 00:41
ciao ebloさん ..
by cocomerita at 00:37
ciao taichoさ..
by cocomerita at 00:20
まったくだ!
by saheizi-inokori at 20:55
2+2、わざわざ高い兵器..
by eblo at 18:35
完璧なコメントですね。久..
by 2006taicho at 18:14
ciao 2017-08..
by cocomerita at 15:13
ciao anohiwa..
by cocomerita at 16:43

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル