私がローマで独りで始めたわけ 

なぜ そこまでして? 伊方原発 再稼働 広島が差し止め訴訟

伊方原発が この8月12日


またもや 強引に 最稼働






四国電力は12日午前、伊方原発3号機(愛媛県、出力89万キロワット)を再稼働させた。これで国内で運転中の原発は九州電力川内1、2号機(鹿児島県)に続き、計3基となる。
伊方3号機は松山や広島、大分の各地裁で住民が運転を止める仮処分を申請しており、司法の判断で運転が止まることもありえる。


 午前9時、伊方3号機の中央制御室で、運転員が核燃料の核分裂反応を抑える制御棒を引き抜く操作をして原子炉を起動させた。13日には原子炉内で核分裂反応が連続して起きる「臨界」の状態になる見通し。15日に発電と送電を始め、9月上旬には原子力規制委員会による検査を全て終えて営業運転に入る予定だ。
今年5月に1700億円をかけた耐震工事が終わった。

 伊方3号機が動くのは、定期検査で止まった2011年4月以来、約5年3カ月ぶり。15年7月に規制委の審査を通り、10月に愛媛県と伊方町が再稼働に同意した。

 伊方3号機は稼働中の3基の中で唯一、使用済み核燃料から取り出したプルトニウムを再び燃料として使う「プルサーマル発電」だ。
使用済み核燃料を再利用する「核燃料サイクル」にこだわる政府も、早期の再稼働に期待を寄せてきた。

 伊方原発は佐田岬半島の付け根部分にあり、30キロ圏内に愛媛・山口両県の12万人以上が暮らす。北側の伊予灘には、国内最大級の活断層「中央構造線断層帯」がある。原発事故を起こすような地震が起きて避難道路や港湾が崩れれば、原発の西側に住む5千人規模の住民が孤立するおそれがある。住民からは無事に避難できるのか、不安の声が出ている。

朝日デジタル



なぜ 原発が 止められないのか?
止めたくないのか?


その理由を山本太郎は 彼のブログで こう語ります

原子力に関わる数々の企業への、 あめ玉を取り上げる訳にはいかない事。

お前の国で安全でない、と再稼動もできないモノを俺たちに売りつけるのか? と

言われてしまえば終わり。

海外へ原発輸出をする為にも、国内の再稼動は必須だろう。




権力行使する政府に対して
国民が 自ら 原発を止める方法があります


訴訟すること



現に 関西電力高浜3、4号機(福井県)は大津地裁の運転差し止め仮処分決定を受けて停止中であり
そして
被爆地 広島が 被曝を拒否して伊方原発運転差し止め 広島地方裁判所に提訴しました



 日本政府や、放射線防護政策に関して勧告を行っている国際放射線防護委員会(ICRP)は、「100mSv以下の低線量被曝では健康に害があるという科学的証拠はない」と言います。
これは事実ではありません。
低線量被曝で健康や生命を蝕むことを示した報告や研究を、今日、私たちはたくさん目にすることができます。
 低線量被曝、特に低線量内部被曝の深刻な影響は、被爆地ヒロシマが実感しています。
その影響はなにも“がん”や白血病ばかりではありません。原爆ブラブラ病にみられるように、放射能(電離放射線)はヒトから生きる力を奪っていくのです。
その攻撃は、ヒトの細胞を確実に破壊することによって、私たちに被害をもたらします。
放射線被曝は、安全量などありません。
これ以上、環境に新たな人工放射能を増やしてはなりません。


※インターネットで「低線量内部被曝 健康被害」で検索してみてください。



 原子力規制委員会の新規制基準は、すべての原発は苛酷事故を起こす可能性があることが大前提で作られています。ですから、その時に備えて30km自治体に広域避難を法令で義務づけています。

しかし、苛酷事故や放射能汚染、放射能からの避難を覚悟してまで、伊方原発を再稼働させる社会的必要性や経済合理性がいったいどこにあるというのでしょうか?



つまり


原発再稼働の差し止め訴訟している人たちを応援すればよい


彼らのサイトに一度行ってみてください


伊方原発運転差止広島裁判




もう1つ 不穏なニュース


新潟県の泉田裕彦知事(53)が 10月16日投開票の知事選 出馬を撤回



 新潟県の泉田裕彦知事(53)は30日、県内で高いシェアを持つ地元紙の県政をめぐる報道を主な理由に、4選を目指していた10月16日投開票の知事選への出馬をとりやめるとする声明文を発表した。泉田知事は今年2月、県議会の答弁で次期知事選に立候補する考えを明らかにしていた。現職知事がいったん公言した出馬表明を撤回するのは異例。

 30日発表した声明文では「政策論とは関係ない動きが続いている」と指摘。具体的には、県の第三セクターが絡む中古フェリーの購入契約をめぐるトラブルに関し、新潟日報社が発行する県紙の「新潟日報」で「憶測記事や事実に反する報道が続いた」と非難。「このような環境の中では十分に訴えを県民に届けることは難しい」と、出馬取りやめの理由を説明した。

 泉田知事は「訂正や説明もなく、県から申し入れがあった事実も報道してもらえない」と主張。「県が組織的に虚偽答弁をしているのではないかなどの誤った印象が形成されている」とし、新潟日報社を重ねて批判した。

産経west


このニュースを受けて

東京電力柏崎刈羽原子力発電所の再稼働に慎重な立場だった新潟県の泉田裕彦知事が30日、10月の県知事選への4選出馬の辞退を表明した。
東電は柏崎刈羽原発6、7号機の再稼働に向けた手続きを進め、原子力規制委員会の安全審査待ちの段階にあり、泉田知事の不出馬によって同原発は再稼働に向けて一歩前進する。


これは大変だ






彼がいたから 新潟県 柏崎刈羽 原発の再稼働の動きを 今まで食い止められてきたというのに


原子力ムラを始め 嫌がらせ 半端じゃあないのだろう


と 想像に難くない


なんとか 思い直していただけないものか?と 考えるも


多分 とことんくたびれていられるのではないかと思うと


簡単にはお願いできない


辛いところです









[PR]



by cocomerita | 2016-08-31 15:42 | 原発止めろ | Trackback | Comments(15)
トラックバックURL : http://cocomerita.exblog.jp/tb/26153066
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by eblo at 2016-08-31 16:08
こんな記事が。
[湯川れい子
今まで2度にわたって、新潟県知事の泉田さんはメディアの質問に「私が死んでも絶対に自殺ではありませんから」とにこやかに答えた、と言う記事を読んでいます。ご当人にその真意を質した時、元経産官僚の泉田さんは、「絶対に言えないことと言うのはあるんですよ」と。本当に頑張って欲しい人です。」

よく分からない撤退表明です。
凄い速さでいろいろなことが見えないところで進んでいる気がするのですが・・・
Commented by cocomerita at 2016-08-31 16:29
Ciao eblo さん
多分そうなんでしょう
身の危険を感じたのは 一度ならずあるのではないかと思います
今までだって 不都合だといって殺された方は 石井 紘基議員を始め 後を経たない訳ですから

殉死などしてもらいたくないので、自分の身を賭けてまで頑張っていただこうなどとは思えません
命あっての物種ですから

仕方ない って言う言葉は好きじゃあないけど
仕方ないと引かなければいけない場合もあるのだと思います
Commented by mimizu-clone at 2016-08-31 23:22
伊方なあ。
じゅんこさんのブログに出入りしてる人の中で、僕が一番物理的に伊方に近い位置にいる気がします。
南海トラフはもろに被害受ける位置だし。

でも、平和ボケの典型なのかどうか・・・。
伊方がどうかなる(福島みたいになる)と思えないんです。
そう思う根拠なんてほとんどないと言っても過言じゃないのに。

何て言うんだろう。
僕は生きる欲がないのかなあ。
死んでもいいなんて間違っても思ってないんだけど、それを受け入れることはできるだろうなあって、漠然と思ってるんです。
もちろん理不尽な死に方なんか嫌なんだけど、嫌っていうのと受け入れるっていうのは別物なんですよね。
だからなんだろうな、僕がこういう問題に対して真剣になれないのは。
で、自分がそんなだから、他の人が真剣になってる姿に「何で?」とか思っちゃうんです。
これって、じゅんこさんの言う無関心ってやつなのかな?
じゅんこさんが言う意味とは全く違うんだけど「仕方ないと引いてしまう」ことが割と簡単にできちゃうんです。

ちなみに、僕は原発要らない派です。
反対というのとは微妙に立ち位置が違います。
Commented by sidediscussion at 2016-09-01 14:19
本当に恐ろしい陰謀による辞退だと確信します。
日本はこわい危ない国です。

北朝鮮と似てきました。都合悪ければ消します。
Commented by cocomerita at 2016-09-01 16:08
Ciao mimizu さん
同じ引きこもり体質ですし、、笑
わかりますよ その感覚
私一人の命で言えば 与えられている時間に感謝して1日1日丁寧に生きようとは思っていますが、 私も もう散々 甘いも辛いも味わって好きに生きてきましたから、執着はないのです
だから 私一人だけの問題であったなら、正直 どうでもよい

ただ 地球に生きているのは、私だけではないわけで
そして自分の意思と力でどうにでもできる人間の大人はどうでもいいんだけど、自分ではどうにもできない生き物が他にもたくさんいるわけですよ
子供たちを始め、動物やお魚たちや虫たち、木や草花 そして海や川や大地や空や、、そういうものたちを前にしたとき そういうものたちの棲みかが破壊され汚染され そういうものたちが生命の危険を脅かされ、自分の意思とは無関係に自分の生を終わらせられる
それを黙って見ていられないから、私の声など言った端から風にかき消されるのはわかっていても なにもしない訳にはいかないのです
大きなお世話でも あのときなにもしないで彼らが理不尽な人間からの理不尽な暴力に抵抗もできず そして抵抗して守ってくれる人を見いだすこともなく なすがままにされていることを黙って見ている自分では居たくないってことなんです
無力なのはわかっているから、助けることも多分できないのはわかっているけど、だから 誰かのため、なーんていう 義憤みたいなものではなくただ自分のため 、なんでしょう

そしてね 要らないばかりか、危険であることは否定できない、その必要のないものをこの世界中でたったの1% にも満たない強欲な人間たちがその思惑を完結させるために薄汚いあの手この手 真っ赤すぎる嘘で 99%の人間たちを虫けらのように扱う
そういうの、許せないわけで、

無駄ではあっても 完璧な蹂躙などしたくない。 のです
Commented by cocomerita at 2016-09-01 16:24
Mimizu さん、続き

税金は 国民のために使われるべきで
国民甘やかせって 言ってるわけではなく、国民一人一人が、その暮らしの最低限の安全は保証されるべきで、それを行うのが政府の役割の一端なわけで、
それが保証できず、福島の原発さえ もはや収束不可能な現状の中で、
伊方で事故が起きるとか起きないとか そういう可能性よりも
自分の手で マネージできないものを そして何かあったとき責任も取れないものを どうして国民に国民の税金を使って作ったり、稼働させたりするか?と 言うこと
その部分で反対だと言うわけです

要らない高速道路も 自然を破壊するから むやみやたらに作ってほしくないけどね、でも要らない高速道路は 未来の危険は孕んでいない
要らない原発は 未来の、日本だけでなく、世界中の生き物の暮らしを破壊する危険を大いに孕んでいる、っていうか むしろ爆弾抱えてるようなもの

政治家というのは 細部を観察する細心さと 全体を把握し 未来を見通す広い展望と視野を必要とされるのだけど
原発は、細部で言えば 正常に機能してても、日々環境に放射能を放出し 未来はと言えば、日々溜まっていく高放射能汚染廃棄物はどうすんの? と

何故要らないか?とその理由を考えたときに、反対と言う立場取らざるを得なくなると私は思います
Commented by cocomerita at 2016-09-01 16:33
Ciao side さん
政府お抱えのマスゴミによる情報操作により
テレビや新聞での報道を今まで鵜呑みにしていた私たちが知らなかっただけで、それで消されている人は過去から現在に至るまで山ほどいます
それは日本に限らず、遠い過去から現在まで こも世界を 仕切っている少数の人々が彼らの野望を満足させるためには、彼ら以外の人間(動物などは言うに及ばず)の命など 飛んでいる蚊を叩き潰すに等しく 軽いものであると考えているからです

北朝鮮は あからさまに行うから 蛮行の砦みたいに思われてるけど、欧米だって もちろん日本だって こっそり カモフラージュして巧妙にやってるから、正しい 近代国家みたいな顔してるけど中身は一緒、いや もしかして北朝鮮より酷いかもしれません
Commented by sora at 2016-09-01 17:54 x
泉田知事の深い絶望を思い 胸がきーんとしました。

「世論」」「県民」を希望とし戦ってきた方なのに
人々が、泉田知事を守らず裏切った。
同じ原発ムラに楯突いた 東北の佐藤知事も有罪となり
ずいぶん後に無罪とわかりましたが。 学ばない。
5年前には、これで「日本は変われる」と言われましたのに 
Commented by cocomerita at 2016-09-01 18:12
Ciao sora さん
身を呈して闘ってくれる人には 思い切り寄っ掛かるけど 自分の身を呈することには 躊躇する ってのが 人々の通例ですから

石井紘基議員もおっしゃってたと聞きます
こんな国のために命を賭ける意味があるのだろうか、、と

前参院選で 不正があったかなかったか、甚だ疑問には思いますが、( 自分たちの目的のためには何でもする人々だからです)
ああいう政府に 危険を感じることもなくい、やすやすと票を与えたのは他ならぬ国民ですから

ですから 泉田知事にも そこまでしてもらわなくてもよい、と 残念な気持ちは否めないもののそう考えるわけです
命あってこそ また 必要な時に立ち上がってもらえる機会も訪れるだろうと、
石井紘基議員に石にしがみついてでも生きていて欲しかった 私は そう思います

国民の意識が変わらなければ 国が変わるわけはありません
たった一人で 国民の意識など先導できるももではありませんから
同じ理由で 山本太郎さんの苦闘を危惧します
Commented by marsha at 2016-09-01 18:19 x
泉田さんは狙われていたのです。 全く恐ろしい国です。 

>ずばり、原子力マフィアに「立候補したら殺すぞ」と脅されて、自分と家族の命を守るために再選をあきらめたと
見るべきでしょう。
以前、泉田知事は「私は自殺はしない」と明言しましたが、裏を返せば、自殺にみせかけて殺される危険性を
ひしひしと感じていたということです<

Commented by cocomerita at 2016-09-01 18:39
Ciao marsha さん
おそらくそう言ったところなのでしょう

仕方ないですね
残念ながら 力関係の差は否定できませんし、なんにでも限界というのがあります
今まで頑張ってくださって ありがとうございます、としか言えません
少なくとも 私たちにはこういう筋の通った政治家がいると言う 目に心地よい光景は何度も見せていただきましたから

そういう稀有な政治家の方に、そしてそれ以上に一人の人間として
こんな国のために、殉死などしてもらいたくないですから
Commented by mimizu-clone at 2016-09-02 00:29
毎回丁寧なレスをありがとう。
僕はじゅんこさんみたいに純じゃないから(自分のことしか考えてない人間って意味ね)共感にまでは至らないけど、言ってることはわかるんだ。
例えば僕は行政の監査的見方。
じゅんこさんは第三者評価的見方みたいな感じかなと思いました。

政府批判や野党批判の人の意見って感情に走ったステレオタイプのものが多い中で、じゅんこさんのそれは切り口が違ってておもしろいと思っています。
じゅんこさんとは毛色も方向性も違うけど、情熱という面で、あんつぁんのおもしろさと共通するものがあります、僕にとっては。

原発要らないと原発反対は僕の中では似て非なるものなんけど、説明は長くなるのでやめときます。

ついでに、下の記事のあんつぁんへのレスにある「しかしながら戦争を味わっていないから平和の大切さも本当にはわかっていないとおっしゃっていました」はもうごもっともと思いました。
Commented by cocomerita at 2016-09-02 05:12
Ciao mimizu さん
笑 antsuan の情熱と、、
ははは わかります
ある意味 バカがつくほど一途 (antsuan ごめんね 笑)ってとこかな?と
実は antsuan とは ブログを始めるもうなん十年も前にすれあってるんですよ
縁は異なものですよね

同じものを共有してそうなんで、お会いしてみたいけど 一歩間違うと大喧嘩になりそうで怖いから会えない っていう、、苦笑
そういう人が何人かいまして、そのうちの二人がmimizu さんとantsuan なの ははは
イタリアでも時々あるんだけどね、こっちは必死で熱く互いの異なる意見を言い合ってるつもりなんだけど、横でそれを見守ってる人に あのーー言い方が違うだけで 二人とも同じこと言ってるんだけどね、、 と 言われる
そういうことが起こりそうなお二人です 笑

私は小さい頃から本が好きで だからそのぶん想像力がやけに旺盛で、痛がってない人の痛みまで 代わりに感じてしまう。なんてこともあり、まあ、だからこその私であろうと笑って済ますから もはや修正不可能なのです 笑
Commented by ♥ junjun at 2016-09-05 17:43 x
♪ 新潟県の 泉田知事、出馬を撤回と、言うか 撤回させられたのでは?
何だか、大きな黒い力が動いてそうですね。

正義を語ると消される? 恐ろしいですね。
Commented by cocomerita at 2016-09-06 14:45
Ciao junjun さん
原子力ムラの欲はも闇は 限りなく深い
そうせざるを得ないと 決心させる何かがあったんでしょうね
原発誘致のためには平気で嘘をついて市民を騙し
福島の事故も被害も なかったことにして口を拭っていられる 福島の子供たちを彼らの健康被害が十分予想できる汚染された土地に放っておける、そういう人にはもはや非ずの化け物どもですから
そういうものたちにとって泉田知事の命など 目的達成のためには何の重みももたないでしょうから

こういうものたちが大手を振って我が物顔 していられる、枕高く眠っていられる
嫌な社会です
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
黒い森の白いくまさん
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに。。 しかし...
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
オトナの社会科・中東から...
俺の心旅
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live
明日をもっと楽しく!した...

最新のコメント

転ぶということはほんとに..
by saheizi-inokori at 09:52
Ciao sinkさん ..
by cocomerita at 08:46
ciao junkoさん..
by sink_jpn at 07:02
Ciao hisakoさ..
by cocomerita at 06:33
Junkoさんは、優しく..
by hisako-baaba at 06:11
Ciao sideさん ..
by cocomerita at 00:03
愛する家族や友を無くすと..
by sidediscussion at 21:29
Ciao hisakoさ..
by cocomerita at 19:58
Ciao anohiwa..
by cocomerita at 19:53
junkoさま 事故だ..
by hisako-baaba at 17:58

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル