私がローマで独りで始めたわけ 

トランプ トランプと うるさいなあ

あっちでも こっちでも


トランプ の悪口ばかりで


うるさいなあ



どなたも皆 国際政治評論家 になったがごとく
あーでもない こーでもないと自説を語り
そして 皆一様に
どうなるんでしょうかねえ、、恐ろしいですね と話を締める


これって
なんだか
夏に 怖い怖いといいながら
それならやめときゃあ良いのに それでも怖い話をして
きゃあきゃあ怖がっている若者に よく似ている



人は怖い怖いと怖がることが


どうも 嫌いではない らしい
、、としか思えない



私はトランプが好きってわけではないけれど



ヒラリーなんかに比べたら 数百倍マシだと思っている



他のたくさんの政治家と同じく
国民のことなど全く気にかけていないこの男が
この悪党ヅラで 今まで エスタブリッシュメントに属する人々
そしてそこに群がる
例えば クリントン や オバマ のように
立ち回りに長けた 小賢しい人々が

新世界秩序なんて 訳のわかんないこと言って
傲慢に 築いてきた 巨大な積み木の城 である 巨悪のシステム を



ドラエモンのジャイアン のごとく

ぶち壊す


なんだかんだと余計な言い訳で 延命するのはさっさとやめて
とにかく 壊してしまうことでしか 始まらない
と 私は思っているので



さあどんどん なんでもやってくれ と思っている



救世主のふりした死神より
死神の顔した死神の方がなんぼかマシだ


と言ってるだけだ




私が思っている そんなことを
政権批判も映画を撮り続けてきたオリバーストーン監督が
奇しくも巧妙に言葉にしてくれていた


「 トランプ大統領もあながち悪くない」



 ――米大統領選の結果はショックだったと米メディアに語っていましたが、ツイッターで「トランプを良い方向にとらえよう」とも書いていました。

 「ヒラリー・クリントン氏が勝っていれば危険だったと感じていました。
彼女は本来の意味でのリベラルではないのです。
米国による新世界秩序を欲し、そのためには他国の体制を変えるのがよいと信じていると思います。ロシアを敵視し、非常に攻撃的。
彼女が大統領になっていたら世界中で戦争や爆撃が増え、軍事費の浪費に陥っていたでしょう。第3次大戦の可能性さえあったと考えます」

 「米国はこうした政策を変える必要があります。
トランプ氏は『アメリカ・ファースト(米国第一主義)』を掲げ、他国の悪をやっつけに行こうなどと言いません。
妙なことではありますが、この結果、政策を変えるべきだと考える人たちに近くなっています」


 ――トランプ政権下で、米国の介入主義は終わりを迎えると?

 「そう願っています。米軍を撤退させて介入主義が弱まり、自国経済を機能させてインフラを改善させるならすばらしいことです。
これまで米国は自国経済に対処せず、多くが貧困層です。
自国民を大事にしていません。ある面では自由放任主義かと思えば、別の面では規制が過剰です。
トランプ氏もそう指摘しており、その点でも彼に賛成です」

 「トランプ氏はまともではないことも言います。
かつてないくらいに雇用を増やすなんて、どうやって成し遂げられるのか私にはわからない。だがものすごい誇張だとしても、そこからよい部分を見いださねばなりません。少なくとも米国には新鮮なスタイルです」

 「彼は、イラク戦争は膨大な資産の無駄だった、と明確に語っています。
正しい意見です。第2次大戦以降すべての戦争がそうです。
ベトナム戦争はとてつもない無駄でした。けれども、明らかに大手メディアはトランプ氏を妨害したがっており、これには反対します。
トランプ氏がプラスの変化を起こせるように応援しようじゃありませんか」

 ――プラスの変化とは?

「例えばロシアや中国、中東、IS(過激派組織「イスラム国」)への新政策です。
テロと戦うためロシアと協調したいと発言しており、これは正しい考えです」


 ――ロシアが米国にサイバー攻撃したとされる問題について、監督は疑義を呈していますね。

 「米国の情報機関について私は極めて懐疑的です。
米中央情報局(CIA)は長年、多くの間違いを犯してきました。
キューバのピッグス湾事件やベトナム戦争、イラクの大量破壊兵器問題です。
米国は世界をコントロールしたがり、他国の主権を認めたがらず、多くの国家を転覆させてきました。そんな情報機関をけなしているトランプ氏に賛成です。だが、そうしたことは社会で広く語られません。米国社会のリーダー層と反対の立場となるからです」

 ――リベラル派が多いハリウッドは反トランプ氏が目立ちます。

 「そのリベラルと呼ばれてきた人たちが、ものすごい介入主義者と化しています。
リベラルと言われるクリントン氏をみればわかります。民主党は中道右派となり、左派を真に代表していません」

 ――米政府による個人情報の大量監視を暴露したCIA元職員エドワード・スノーデン氏を描いた新作映画「スノーデン」を撮ったのはなぜでしょうか。

 「私は、いつも時代に合わせて映画をつくっています。
2013年にスノーデン氏の暴露を知り、衝撃を受けました。
米国が監視国家だという疑いが確信になりました。スノーデン氏の弁護士の招きでモスクワに行って以来、彼と9回会って話を聞いたのです」

 「映画はスノーデン氏の証言に基づいてつくっています。
彼が09年に横田基地内で勤務していた頃、日本国民を監視したがった米国が、日本側に協力を断られたものの監視を実行した場面も描きました。スノーデン氏は、日本が米国の利益に背いて同盟国でなくなった場合に備えて、日本のインフラに悪意のあるソフトウェアを仕込んだ、とも述懐しています。
これは戦争行為でしょう。あくまで彼が語る話であり、確認をとろうにも米国家安全保障局(NSA)側と話すことは認められませんでした。
でも、私は経験上、彼は事実を話していると思っています。米情報機関は映画の内容を否定するでしょう。米大手メディアも取り合いません。でも、そこから離れて考えてほしいと思います」

 ――米議会は昨年、スノーデン氏がロシアの情報機関と接触しているとの報告書を出しました。

 「まったくのたわ言。動機も見当たりません。
彼は米国の情報活動が米国の安全保障に役立つ形で改善されることを願っています。
彼はまず、ジャーナリストに情報を提供したし、今も表だって理想主義的な発言を続けています。スパイがやることではないでしょう」

 「スノーデン氏がモスクワに着いた時、経由するだけでロシアに滞在するためではなかった。空港でロシアの情報機関の職員から『私たちに出せる情報はないか』と言われ、『ノー』と答えたそうです。彼は出国したがっていました。南米諸国からは受け入れの申し出もあったようですが、米政府の手がおよび、安全が確保できそうにありません。
結果としてロシアが最も安全だとなったのです」

 ――就任後、トランプ氏はCIAの影響で反ロシアに陥るかもしれないと懸念していますね。

 「彼がそうなる可能性はあるでしょう。でもトランプ氏はビジネスマン。
貿易を好む限り、ビジネスマンは戦争をよしとしません」

 ――トランプ政権下でスノーデン氏はどうなるでしょう。

 「トランプ氏はスノーデン氏を非難しましたが、大統領に就任後、米国の情報機関がいかに堕落したものかを知れば、違った感情を持つようになるかもしれません。ニクソン元大統領は訪中し、レーガン元大統領はゴルバチョフ旧ソ連書記長と会談しました。トランプ氏も変わり得るでしょう。
彼が情報機関の本質を知るにつれ、内部告発者寄りになっていく可能性があります。
ウィキリークスに情報を提供したマニング上等兵も減刑となったし、スノーデン氏にもいずれ寛大な措置がなされることを願っています」

 ――映画「スノーデン」の制作にあたっては、米国からは出資が一切得られなかったそうですね。

 「米国のどの映画スタジオにも断られ、大変でした。
彼らの多くは政府と関係があり、政府の何かを踏んでしまうのを恐れて自己規制したのだと思います。制作にはとても困難を伴い、なんとか配給会社は見つかりましたが、小さな会社です」

 ――かつて、監督は映画「JFK」などで、米大手スタジオ「ワーナー・ブラザース」とよく連携していました。

 「今回、ワーナーにも断られました。
米国がテロとの戦いを宣告した01年以降、米国に批判的な映画をつくるのが難しくなり、そうした映画がどんどん減っています。米軍が過剰に支持・称賛されたり、CIAがヒーローに仕立てられたりする映画やテレビシリーズが目立ちます。
非常に腹立たしいことです」

 ――今回は結局、どうやって資金を集めたのでしょう。

 「少額資金を集めながら悪戦苦闘。フランスとドイツからの出資が支えとなりました。欧州議会がEU加盟国にスノーデン氏の保護を求める決議をするなど、欧州は彼に耳を傾けています。2度の大戦を経た欧州は国家による監視を好まず、その危険性も理解しています。英国は例外ですけれど」

 ――そうした状況下、今後も映画制作を続けられますか。

 「わかりません。今はプーチン・ロシア大統領についてのドキュメンタリー映画を仕上げているのですが、(商業映画としては)『スノーデン』が私の最後の作品になるかもしれません。米国では映画制作への協力を得にくくなっているためです。
仮につくるとしても、たぶん国外で制作することになるでしょう」

 ――トランプ氏は、彼を批判した俳優メリル・ストリープ氏をツイッターで罵倒しました。今後、米映画業界は萎縮していくのでしょうか。

 「そうなるかもしれません。ただ、私はハリウッドの政治とは一線を画しています。時に嫌われることもありますが、これまで同様、私は発言し続けます」(聞き手・藤えりか)


b0150335_06562386.jpg




トランプが素晴らしいと言っているのでもなく
彼が好きだと言っているのでもなく

ただ
あの偽善者の作り笑いで 微笑みながら
世界に毒を盛る


そのヒラリーに比べたら なんぼもマシだと言っているだけだ











[PR]



by cocomerita | 2017-01-30 07:06 | 愚政府に物申す | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://cocomerita.exblog.jp/tb/26584446
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hopdenden at 2017-01-30 16:42
ヨーロッパの難民が、難民がと騒いでいたあなたがトランプを支持するんですかw
オバマケアや、教育格差の是正に力を入れていたオバマを否定しますか?南シナ海で戦争を避ける為に軍隊を下がらせていたオバマを否定しますか?
力で領土拡張をしているロシア、プーチンを抑え込もうとしていたオバマを否定しますか?
トランプの個人的な偏見で永住権を持つアラブ系住民や二重国籍のアラブ系アメリカ人もアメリカには入れなくなっていますよね、
それどころか大統領令通りに執行されれば母国に送還され回復不能な被害を被る可能性があると裁判所が判断して、強制送還だけは止められました、つまりトランプは殺されても構わん放り出せって署名した男ですよ、ほーーーほー。あなたは全てご都合主義で人権問題や環境問題、戦争反対のお婆さんなんですね。トランプは石油屋上がりを重職に就けましたね、環境問題もトランプは後退させますよ。、
台湾もトランプの暴言で中国は本気で取りに向かいますよ。中国の支配下で自由を失うことを台湾の人たちは望むんでしょうか?日本に台湾の難民が押し寄せてきますね。沖縄の緊張はますます高まります。中国の支持で北朝鮮も連動して動きかねません、韓国も危機になります。経済的な駆け引きの為に中国のメンツを叩いてしまったトランプは大馬鹿です。この後、発言をトーンダウンさせたとしても中国は東アジアの覇権を本気で取りに来る可能性が高まりました。
トランプがマシだとwww

クリントンが大馬鹿でも世間を気にする常識が残ってる分だけましな可能性がありましたよ。
少なくとも、民主主義の原点の一つ往来の自由は確保したでしょうね。
Commented by cocomerita at 2017-01-30 17:06
待ってました!とばかりの非難に苦笑しました


トランプを支持しているわけではありませんから 非難する前によく読んでください

オバマがやったこと そして影でやっていたこと そして約束していながらやらなかったこと把握してますよ
しかしながら どちらを選べと言われたら、史上最悪なヒラリーより( この場合もトランプが史上最悪だとは言っていません ) トランプの方がマシだと私は思っています
ヒラリークリントンは大馬鹿ではありません
実に狡猾な 権力欲旺盛な、そのためには手段を選ばない人間です
Commented by sora at 2017-01-31 02:10 x
アメリカってすごいなー(正確には アメリカ人)と
思います。彼を大統領に選ぶ国民が多かった事に。
私も歯医者の待合室で見た「シュテルン」や
「シュピーゲル」誌の彼が大統領執務室にいる
写真は、未だ現実と思えないくらいです。

ましてや、
反対陣営のネオコン連にとっては、到底絶対
受け入れられない事、消したい画像でしょうね。
正式な手順で大統領に選ばれた者への大反対と
バッシングの異常さが、彼等の恐慌を物語って
それが、闇をあぶり出している様にも思えます。
(冬休みに、ミカン汁で炙り出ししたような。。)

今後どんな事が起こるのか。 正義などない
絶対解などない混沌の世界は承知で、それでも
何らかの風穴が開く事を期待してしまいます 
Commented by cocomerita at 2017-01-31 06:56
ciao soraさん
私がまだまだ充分過ぎるくらいナイーブだった時 国連とかWHOとかは、中立な機構なのだと疑いもしなかったけれど、
現実は アメリカの派出所なわけで、 アメリカの利益を損なうような事は平気でスルーし、よってチェルノブイリもそして福島の健康被害にも一切関与しません
そして 中近東の近代史の授業を大学で取り、パレスチナ問題を始め、戦争やら革命やら 権力者の失脚だの、そういうことにことごとく、イギリス そして米国が大きく関与 裏で暗躍している事を知り、底知れない悪の闇の一部を覗いた気がして、吐き気がしました
自分たちの富と目的のためには 手段を選ばない、彼らの目的 の前では 私たちの普通の暮らしも命さえも 塵より軽い、そんな冷血と呼ぶだけでは、全然足りない 怪物のような人間たちがいる
それは私たちの想像の限度をはるかに超えていますよね
ヒラリーは彼らの完全なる手先ですから、彼女が大統領になったら 状況は何も変わらず さらに悪化すると思うのです
最悪な状況になるかもしれないというリスクを冒してでも、今の状況を変えたいと 願う、それだけ選択の余地などない 切羽詰まっているたくさんの人たちが彼を大統領にと押し上げたのだと私は理解しています。
そして 私もまた これ以上弱肉強食 大きな魚が小さな魚をむさぶり喰い、高笑いしながら彼らのみ肥っていく
そんなものはもう見たくないのです
リスクは巨大でもこういう形でしか風穴を開ける事は出来ないと思うのです
願わくは風穴が開く事、それも大きく開く事祈ります
Commented by antsuan at 2017-02-04 14:30
同感。
アベは米国情報機関のパシリをやらされていますね。
トランプは見抜いていると思いますが、注意する必要が在ります。
Commented by cocomerita at 2017-02-05 07:35
ciao antsuan
まさに小姓
情けない人です
自分の国民売って アメリカに尽くす

当然 見抜かれていると思います
そしてきっとまたうまく使われるのでしょう
結局どちらにとっても 人材としての価値など微塵も認められていない 単なる捨て駒ですね
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

お気に入りブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live

最新のコメント

ciao antsuan..
by cocomerita at 08:34
政治家の口利きが悪いわけ..
by antsuan at 07:23
ciao hisakoさ..
by cocomerita at 23:17
ciao sideさん ..
by cocomerita at 23:14
junkoさん 口利き..
by hisako-baaba at 22:21
昭恵はん、一年半も名誉校..
by sidediscussion at 20:18
ciao 2017-03..
by cocomerita at 08:13
ciao dekoさん ..
by cocomerita at 01:24
ciao そうかなあ?さ..
by cocomerita at 01:18
junkoさん宅のネコち..
by Deko at 15:11

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル