私がローマで独りで始めたわけ 

木の話

私は花も草も大好きですが
木がとりわけ 大好きです

私は、しばしば木と話をします

渋滞の道沿いに植えられている木には
そっと触って お疲れさんと言います


そして今までに何度も 木達との不思議な経験があり
助けた木がご挨拶にきてくれたりしたこともあります

木にも ちゃんと思いがあるということ
だから 私は 誰よりもよく知っています

今 とても近しく付き合っていただいているご夫婦がいらっしゃいます。
庭の銀杏の木を切ろうとして居たそのご夫婦と
ちょうど 何日か後に 伐採の作業というその日にお話をし、
私はその事を知ることになります

私は必死で 長い長い嘆願メールを出し
その素敵なご夫婦は
見ず知らずのそんな私の嘆願を快く聞き入れてくれて
木を切る事を中止してくれました
後で聞いて見ると お二人とも切りたくはなかったようです

未だに なんであの時あの話になったのか、と不思議なのですが、
私は 銀杏さん達が私にSOSを出したのだと信じています

私が 銀次さんと杏さんと名付けたその銀杏のご夫婦は
その後 彼らの庭で元気に枝を伸ばし
季節になるとたくさんの銀杏を実らせ
その私の友人は、銀次さん、杏さんからだと言って 銀杏を送ってくださいます。

ある日
銀次さんと杏さんに是非会いに来てください、と言われ
私は のこのこ 福岡のその方達の家まで行き 泊めていただいたこともあります
もちろん 銀次さん杏さんにもお目にかかりました

それ以来 そのご夫婦は私の大好きな 大事な友人になりました

このことがなかったら
私たちはこんなに仲良くなって居ただろうか?
と 時々思います

さて
うちの庭には たくさんの木が生えていますが
小さな竹林と そして 大きめの植木鉢 に入った3本の紅葉もあります

b0150335_23252083.jpg


私が引っ越して来た時
その竹林も 紅葉達も 木達も 皆 とても寂しそうだったのを未だに覚えています


私と大家さんは 一緒に庭の水撒きをしますが
大家さんは 木や竹には 水をあげないでいいと言います
それでも 暑い1日が終わったあとの 冷たいお水は美味しいだろうし
花にお水をあげて 彼らにはなし。と言うのがいたたまれず

私は毎日 こっそり お水をあげていました

大きいけれど 植木鉢に入った しょぼくれた紅葉を見る度に
かわいそうで かわいそうで
ここ2、3年
大家さんに会うたびに この紅葉達を3本一緒に地面に移してあげたら
どんなに素晴らしいコーナーが出来上がるか くどくど説いて来ました


うちの大家さんは 女手1人で子供を育て
未だに建築家でバリバリ働いている人ですから
頑固で 一筋縄ではいかない人なんですが、、


一昨日 大学から帰って来たら 彼女が庭で作業をしていて
立ち話のついでに 再び言ってみたわけです
春のこの時期しか 植え替えは出来ないのですから
今を逃したら またもう一年待たないといけなくなります

そして
昨日 大学から帰って来て 車を駐車場に停めて
庭へと上がってきたら
庭にいる大家さんが手招きします


行ってみると 紅葉の鉢が3つ
駐車場の横に空いている空き地に移してあります

b0150335_23183855.jpg



ほら、明日 地面に移しかえるから、、

え?
、、、
、、、、、
いやっほーー
興奮して 木達を見ると
なんと不思議 みんな 一昨日までとは比べものにならないほど
美しく生き生きして います


うわーわーーー
木達が喜んでるね
明日植え替えて 地面に戻してもらえるって、もうわかってるんだよね
嬉しさが、ひしひし伝わってくる
ああ良かった 良かった
ありがとう


大家さんも、目に見えないものは信じてる人なので
にっこりうなづいていました。


さて 今日は その植え替えの日です
私は たまたま、、と言うか

不思議なことに 木に何かをする日は、 私の実家の庭の木達の時もそうだったのですが
私はいつもそこにいることになり、 作業に立ち会っているのです


で、今日は たまたま 大学休講で私は家にいる。のです


不思議な巡り合わせだなあと思いながら
朝 起きるなり 早速 その場所に とりあえず 鉢ごと移動している木達に挨拶に行きました
植え替えと言うのは 木にも相当負担がかかるから
言ってみれば 手術みたいなもんで
頑張ってね と 一本一本に 。
しかしながら
相変わらず みんなすごく美しくて 嬉しそうで ウキウキしてるのが 伝わってきたのでした。
今日雨が降らなかったのも ラッキーです

作業は1時間後だからまだよ、と大家さんが言うので
こうして家に戻ってきて ブログを書いています


彼らを通して 私はいつも 東京の実家の庭の木達とも話をしていたので
あっちからも良かったね オーラが伝わって来ます

春ってこともあるけど
空気に良かったねが充満しています


大安吉吉日

b0150335_23215796.jpg
b0150335_23223937.jpg
b0150335_23232393.jpg


何かのご縁で この文章を見てくれた方達
どうぞ 木を切らなければいけないような状況になりましたら
何べんも 何べんも 切らないで済むように出来ないか
たくさん 考えてください

木にも ちゃーーんと思いがあり
木の命もう一個の大事な命です

そして
出来たら切らないでください

お願いします


こんな子にも 出会いました
b0150335_23371306.jpg

春ですね














[PR]



by cocomerita | 2017-04-06 23:38 | 生き物を救え | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://cocomerita.exblog.jp/tb/26765631
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2017-04-07 09:11
いい話!
近所の桜が老いてどんどん伐られ始めました。
通行人に危険だと言われると、、。
Commented at 2017-04-07 09:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cocomerita at 2017-04-07 16:03
ciao saheiziさん
人が木を伐るときの最適の言い訳が「危険だから、、」と
「迷惑かけるから ですよね
何が危険かよくわかんないし、バカ言ってんじゃあないよと。
うちの実家の庭でもこの木はもう死んでていつ倒れて来るかわからないから危険だと父が伐ろうとしたのを私は阻止しました。
木は賢いから逝かなければいけない時は 周りに迷惑かけないようにちゃんとひっそり逝くはずだと、
お礼に来てくれたのはその木でした
それから一年後に ひっそり 崩れて逝きました。

今回の話の銀杏さんも落ち葉がご近所の迷惑になっているから切らなきゃ、と言うことでした。
木は植えるけど 落ち葉はいかん。では まるで 犬や猫を飼って ウンチやおしっこするなと言うようなもん
身勝手な人間だから 身勝手な人間にいいようにされる社会になってしまうのだと思います
木の切り株を見ると異常にムラっと怒りが湧きます
Commented by cocomerita at 2017-04-07 16:23
ciao 2017-04-07 09:33 鍵コメさん
あんまりきれいじゃあないプラスチックの鉢に植えられて
他の花のように褒められることもないこの紅葉たちは 庭の私の通り道に置いてあって とてもみすぼらしくしょんぼりしてたんです。ですからわたしは、通るたびに 手で軽く触っていました
で、ここ数年で本当に 紅葉も竹も 見違えるほど元気で美しくなったんです
今は みんな 大地にどっかり腰を下ろし、 ゆったりと気持ちよさそうに枝を広げています, そんな光景見ると何ものにも代え難く嬉しくなります

これ書きながらね、ふと思いました
鍵コメさんが わたしをお家に誘ってくださった時 銀次さんと杏さんに会いに来てくださいと言ってくれたでしょ?
あのセリフがナイースだったなああ、、と
銀次さんと杏さんに、、と 言ってくださらなかったら 多分 見ず知らずの方のうちにのこのこ出かけては行ってなかった。と思うのです。笑
で、あのお泊まり 大ご馳走を前にしての夜を徹してのおしゃべりがなかったら、今のこの関係はなかったかも、と、そう思うと 銀次さんと杏さんに繋いでもらったご縁に本当に大感謝です

Commented by turnipman at 2017-04-22 13:23
良いお話ですね。
ただ私の場合は木を伐ることがあります。
木を切る理由は日当たりの問題です。
出来るだけ切りたくないのですが、山の中の家と畑の日照時間を長くするためです。
それと道作り、家も木で作るのだし、御互い共存するしかないでしょう。
伐る時は「ありがとうごめんなさい」と感謝して伐ることにしています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live

最新のコメント

ciao hisakoさ..
by cocomerita at 00:22
ciao dekoさん ..
by cocomerita at 00:18
junkoさん 生まれ..
by hisako-baaba at 22:24
こんばんわ どんな環境..
by Deko at 20:09
ciao antsuan..
by cocomerita at 15:37
「男の国会議員なら普通に..
by antsuan at 13:18
ciao tomoyos..
by cocomerita at 08:19
おはようございます ..
by tomoyoshikatsu at 07:58
ciao antsuan..
by cocomerita at 07:55
戦後の日本人は閉ざされた..
by antsuan at 07:50

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル