私がローマで独りで始めたわけ 

2017年 05月 20日 ( 1 )




水撒き考

私は なんとか記念日 と言うのが嫌いです


一日 一日 には、それなりにその一日なりの大切さがあると言うのに
人間は わざわざ 理由をこじつけ
名前を付けて


皆に 有り難がるように強制する


母の日や 父の日や敬老の日
なんてのはその典型で


なんで その日に 感謝しなければいけないのか 理解に困る訳です
お母さんとか お父さんとか おじいちゃん おばあちゃんとか
毎日 一瞬 一瞬 感謝するもんじゃあないのかなあ と


だったら 一緒に暮らしてる猫に感謝する日とか
いつも文句を言わずに働いてくれている胃腸に 感謝する日とか
毎日排泄してくれる腸や
それを何も言わず 受けて水に流してくれる トイレに感謝する日があっても良い

んじゃないか と


私は 天邪鬼なので
感謝しろと言われると 意地でもしたくなくなる わけで


誕生日もしかり
五体満足で生まれて来たことは 尽くせない恩恵であり
毎日 私はラッキ〜だったよなあと思う けれど

だけど それをわざわざ 祝う気持ちには 到底なれない のです


私は 小さな頃から誕生日が嫌いで
大体 人様の座の中心になり
皆から おめでとうとか言われて ちやほやされ
おまけにプレゼントまでもらったりすると
どうにもこうにも お尻がムズムズして 居心地が悪いし

お誕生日だと言われて
祝うことを強制されてるかのような人々にも気の毒になります


要するに
強制されるのも 強制するのも嫌いなのです


うちは五人も子供がいて
家の家計が 子供の頃からやたら気になっていた私は
そんな母が わざわざプレゼントを買ってくれる ことが 心苦しかったし
それが 欲しいものでなかった時にも 喜ばなきゃいけない のが 辛かったのです


私の10歳の誕生日に
私は バービー人形が大好きで
バービーのベッドが欲しいと言ったのに
貰ったものは フランス人形用の大きなベッドで

その時の落胆は今でもはっきり覚えています


当然結婚式なんて とんでもない
華やかな場の中心のそれも ど真ん中に など 死んでも座りたくない 訳で


みんなが黙ってる時に 余計なことを言って 頭一つ分も二つ分も飛び出して
出る釘とばかり 叩かれるのは 厭わないのに


普段は ひっそりしていたい のです



と言うことで

話が大幅に飛んだけど


言いたいことは


桜の季節が終わるといつもこう思うのです
桜が満開の時だけ 大騒ぎするのは 情けなくはないか? と言うこと。


桜が満開の時は 上を見上げて大騒ぎするくせに
桜が散り出して もはや葉桜になった途端
人は 自分の視線を下に戻し
桜がある事なども さっさと忘れる

それって 都合良すぎやあしないか?

と思うのです


必要な時だけ連絡してくる人間は ご都合主義と言われて 蔑まされるのに
それが 人間が他の生き物に しかもみんなでやれば なんでもない ってこと?


桜が緑の時も 桜が枯れ木の時も
気にかけたり 見てあげたり 話しかけたり 幹に触ってあげたりしてほしいなあ


と思います


まあ、木たちは 人間の事など どうせこの程度だと思っているだろうから
桜の季節が終わった途端 あっさり 忘れられても 何も思わないでしょうが、、


人間の立場から見て 同じ人間として
私は気になるのであり
恥ずかしいなあと思うのです


、、と言う事を
庭の水撒きしながら 考えました


綺麗に花を咲かせてるものたちも
その時期過ぎて 枯れてる花も そして
葉っぱだけのものも
名前のついてる有名な花も
そうじゃない名もない花も

みんな 私と同じ一個の命で
綺麗だとか そうじゃないとかで
えこひいきしないで 同等に扱ってあげたいと思うのです


、、と
どうでもいい事をつらつら書いたのは


昨日は 週で一番ハードな日で
朝の8時から 授業が7時間 授業の合間に 日本語を教えてあげるので3時間
10時間休む間もなく 大学に詰める日で

よって 今日は 全く 使い物にならず


鳥の声を聞きながら
ひたすら何もする気にならず
じゃあ ブログでも書こうかなと 思い立った と言うわけです






b0150335_00235257.jpg


自然の造形の完璧さにも いつも感心させられるけど

その完璧さが 崩れた その時に ふと見せるもの

その 完璧さが 崩れたところに

私は むしろ自然の重みを感じたりして

そして

ちょっとほっとしたりします


話が全く飛び飛び 支離滅裂なのですが
まとめる気持ちにならないので、、、


このままで、、。







[PR]



by cocomerita | 2017-05-20 05:27 | | Trackback | Comments(8)

ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
黒い森の白いくまさん
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに。。 しかし...
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
オトナの社会科・中東から...
俺の心旅
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live
明日をもっと楽しく!した...

最新のコメント

Ciao dekoさん ..
by cocomerita at 00:06
こんにちわ 日本は台風..
by Deko at 10:55
Ciao dankkoc..
by cocomerita at 06:18
Ciao Cocomer..
by dankkochiku at 18:00
Ciao noboruさ..
by cocomerita at 16:48
新聞TVの事前予想などに..
by noboru-xx at 07:17
Ciao saheizi..
by cocomerita at 01:38
期日前投票と本日投票と二..
by saheizi-inokori at 21:33
Ciao hisakoさ..
by cocomerita at 17:51
Junkoさん 本当に..
by hisako-baaba at 17:06

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル