私がローマで独りで始めたわけ 

宮崎駿監督の見方


2015年7月13日
沖縄 辺野古基金 代表を務める 宮崎駿 監督が
日本外国特派員協会にて記者会見を行なった動画を見て


沖縄問題
日中関係
現内閣の悪政
そして
スマホ
人には それぞれ色々な考え方 色々な生き方があって 当然ですが


沖縄基地問題から中国との関係に至るまで 私の思いと同じであり
心地よく そして チカラ強く 耳に響く





注 )この動画のコメントも 実に 興味深く
世の中には 実に色々な人がいるのだなあと実感します
私が嫌悪する最悪な安倍政権でさえ
賞賛する人がいるのですから、

あまりに真反対で 楽しめます


● 沖縄辺野古基地問題宮崎 沖縄の人の過半数以上が、辺野古に基地を作ることに反対しています。それで、まだそれは最終結論は出ていませんが、これから困難な道が続くんだろうと思います。それでも永続的に長く続けるために辺野古基金を作って、あらゆることをしていこうというのが、このファンドの目的です。

まして沖縄を何のために基地にするかっていったら、それは中国の封じ込めのための最前線でしょう? だけど、なぜアメリカは海兵隊をグアムに持っていこうとしてるか。最前線に最強部隊を置くことはできないんですよ。だってパールハーバーもクラークフィールドも、そこに最強の基地があったから、日本海軍は攻撃したんです。必ずそうなりますから、沖縄をその拠点にすることは、もはやアメリカの戦略上でも良くないことになってるはずです。ベトナム戦争のときとは違うんです。ですから、辺野古に基地を作っても、結局それは自衛隊を使うことになるんでしょう。そういうことも含めて考えると、僕は辺野古の埋め立ての基地を作るのは、反対です。本当に。そこは標的を作るようなもんです。というのも入ってます。普天間の基地は移転しなければいけません。それから辺野古を埋め立てるのはいけません。それで、第一次民主党の内閣の鳩山総理は「日本全体で負担しよう」というふうに発言したんです。僕はそれがまだ生きていると思っています。

● 安倍首相の支持率について イギリスタイム誌は

タイム誌 : 安倍首相に関してよく分からない部分があります。たとえば原発問題などの世論調査を見ると彼の人気は低いが、選挙では自民党が勝ってきました。宮崎監督もどちらかというとリベラルに属していると思いますが、なぜ日本の左派の人々は政治的に大きな力を発揮できないんでしょうか?

宮崎「民主党の最初の総理は、沖縄の基地の問題についても日本全体で背負うべきであって、『沖縄だけに負担させるのは間違いである』と、はっきり言った方です。でも、たちまち党内の勢力争いの中で、引きずり降ろされてしまいました。その後、地震と原発が立て続けに(日本を)災厄が見舞って、その混乱の中で、とうとう自民党政権がずっとやりたくもできなかった消費税(引き上げ)を民主党が決めるハメになってしまったんです。この結果、長い政治的な無力感と不信感がこの国にはびこったのだと思います。自民党は過半数以上の支持を得たのではなくて、多くの人間が投票しなかったことによって、天下を取ったんです。ですから、これはまた変わります。永続的なものではないと思います。

安倍首相は自分が『憲法の解釈を変えた偉大な男』として歴史に名を残したいと思っているのでしょうが、愚劣なことだと僕は思っています」


● 日中関係日本と中国の問題についての共同声明について、私は、あの侵略戦争が完全な間違いで、多大な損害を中国の人々に与えたことについて深く反省しているということを明言しなければいけないと思っている人間です。これを政治的な駆け引きとして、双方で何かごちゃごちゃやるのは、本当に良くない。あらゆる政治情勢と関係なく、この日本は長期にわたる、中国大陸における愚劣な行為について、深く反省しなければいけないと思っています。それを忘れたがっている人がいっぱいいることは知っていますが、忘れてはいけないことです。
● 平和憲法 宮崎: 15年にわたる日本の戦争は、惨憺たる経験を日本人にも与えたんです。300万人の死者です。この経験は多くの、つまり私たちよりちょっと上の世代にとっては忘れがたいことです。それで、平和憲法というのはそれに対する光が差し込むような体験だったんです。これは今の若い人には、若い日本人にはむしろ通じないぐらいの大きな力だったんです、平和憲法というのは。
それで、平和憲法は占領軍が押し付けたというよりも、1928年の不戦条約というのが国際連盟を作るきっかけになったんですけども、その不戦条約の精神を引き継いでいるもので、決して歴史的に孤立したものでも、占領軍に押し付けられたものではないんだと思います。
● 日本人とは宮崎 僕は、社会のみんなはじっこにいる島の人間たちで、平和に暮らせるはずの人間たちなんです。僕はそれだけです(笑)。この水と緑とで、資源といったら米が穫れるぐらいでした。今僕らがやってる、日本でやってる生活というのは、よそからかき集めてきて、それを使い尽くしていくっていう、そういう生活です。それは長く続かないでしょう。日本人であるということはどういうことかというのは、僕にはよくわかりません。わかりませんが、本当の知恵は、必要な知恵は、世界の隅っこで密やかにいようというのが一番正しいと、僕は思っています。

若者の右傾化

記者 ドイツの新聞でございます。日本の若者をどう見てらっしゃいますでしょうか。他の国を見ますと、若い人たちの中でも、やっぱり右傾化っていう傾向が出てきているわけでございます。日本でも田母神氏が若い人たちの中で人気を得ています。一方では、多くの若者は政治に無関心というふうに言われてるんでございますが、そう言ってもやっぱり、右寄りの若い人たちが結構増えてるっていうふうに考えております。今後、これはどういうふうに発展すると思いますでしょうか。つまり、過去のような若者が非常に政治プロセスに熱狂的に参加するような事態が来ると思いますでしょうか。宮崎 スマホを手放してくれれば変わります


そして こう語る何か世界がもっと根元のほうで、みしみしと悪くなっていくようです。ですからアニメーションのことだけ論じてても、しょうがないんじゃないかなと思います。いつでも、どうしてこれが流行るのかよく分からないものが流行ります。それもいろいろあって良いんじゃないかと僕は勝手に思っています


ー文字起こしをしてくださっているサイトがありましたので

全文 文字で読みたい方は こちらからどうぞ




右でも 左でも人の数だけ 異なる意見 異なる嗜好 及び思考 がある。

でも
宮崎監督が言うところの 根っこの部分は皆同じではないかと考えます
人としてやってはいけないことは 明確に存在する。


やっていけないことはやってはいけない。 のであり
国内 国外 問わず
侵略 なんてことは 絶対にやってはいけない。 のです
沖縄問題はそれに当たりませんか?
政府による不当な人権に対する侵犯 搾取です


人のものなんて 欲しがらなければ
人のものなんて 欲しがらなくとも

人は 十分に事足りて 幸せに生きていけるはずだと

私も思います


そして
日本人の美しさは その慎ましさにある

言うなれば
野の花の美しさ
目立たなくても ひっそり でも人の心に優しく触れ 語りかけてくる

欧米の派手な目立つ美しさ。
なんてものを 真似した時点で
その時点で 偽物になりさがる

まず
スマホを手放して
外に出よう





[PR]



# by cocomerita | 2017-04-28 02:05 | 戦争反対 | Trackback | Comments(4)

自然の摂理に戻ってみる。ということ

うちのスウィットが ネズミ咥えて歩いてたと
大家のロサルバさんは 大喜び

鳥やヤモリを獲ると 怒られるのに、、。
きっと彼も
間の考えることはよくわからん。と 呟いてることでしょう


私は 散々 彼の猟を阻止した挙句


諦めた、、
本能なんだから仕方ない


しかしながら
彼らが用を足す前に穴を掘り 用を足した後 それに砂をかけて埋める
この本能は 見事だなあと 毎回感心する


b0150335_17354729.jpg


さて


動物は 獲物を獲っても 自分たちの空腹を満たすまでしか 食さず

残す

明日のために取っておきましょう

なんてケチな根性が 彼らには ない し
大体 取っておこうにも 冷凍庫なんてものもないし

そして 銀行 と言うおぞましい機関もないのだから、、


だから そのお余りを 彼らの下の生態系に属す動物たちが 食べる


小動物 そして鳥 そして 昆虫に 微生物 と

こうして 全ての生物が 生存を続ける ことができるってわけだ


だからと言って
微生物が動物に養ってもらっているのではなく
微生物は ぐるりと回って 生態系上位にいる生き物に恩恵を施す


こうして
世界は循環で成り立っている
だから
この循環を壊したら 生態系の下にいる生き物から 絶滅し
最終的には生態系の上位に属する生き物も絶滅する


だから
この循環が 全ての生態系のライフラインである


そして
それを行わない 唯一の生物は 人間で

何でもかんでも抱え込む

"自分たちの" 明日のために
もしもの時のために

"自分の" 子供が大きくなった時のために

他者に回さず 社会に循環させず
全て抱え込む

もっともっと と抱え込む

この社会に循環はなくなり だから滞る
身体も同じですが、滞ったところは 絶対に病む。のです


と言うわけで
はい、 病んだ社会が出来上がる


文句なく美しいものは
自然の摂理に適っているもので

本なんか読まなくたって
ちょっと周りを見回して

人間じゃあない生き物の生き方見てみれば すぐわかる

水は高いところから低いところ に流れ
空気は濃いところから薄いところへ流れる

富だって 同じ動きをするべきだ


有るところから 無いところに 少し でも 流せばいい のに
それだけで 自分の所有物は 少し減ったとしても

精神的に 豊かな幸せな 世界が生まれる

自分が今困っていなくても
循環のシステムが宇宙にある限り

今 誰かが抱えている困難や問題は
廻りまわって いずれ 誰の元にやってくる のだから


私は大丈夫と 高みの見物決め込んでいる 人々の元にも。だ


自分の足元だけ
自分の頭の蝿だけ追って 暮らすのではなく
もっと広い視点で 世界を見渡せないものか?

木も草花も どんな動物も どんな虫達も
その生態系の一部であり 必要な生であり
それらの 一個がかけても生態系は崩れる


自然の摂理は
この完璧なバランス でもって 保たれている

私たちは 一人で生きているのではなく
それぞれ繋がりあって
いろんなもののお陰で 生きている


昔の日本人はよくこう言った
私の祖母も母も、、事あるごとに

お陰様で



ゆるりんさんが教えてくれた動画









[PR]



# by cocomerita | 2017-04-25 20:51 | Trackback | Comments(10)

麻生太郎がどうしてもやりたい水の民営化

b0150335_23121566.jpg



2013年4月19日 現在の 副総理 兼 財務大臣 兼 金融担当大臣 麻生太郎が
CISI 米戦略国際問題研究所 において 日本経済再生に向けた 日本の取り組みと将来の課題 」と言うタイトルでスピーチを行い

日本の国営 もしくは市営町営水道は全て民営化します。

と発言しました


こんな重大な決定を 議会にもかけず
日本ではなく ただの民間シンクタンクであるCFR (外交問題評議会)の下請け機関で
いきなり 発表すること自体信じられない。ことですが


その後うんでもすんでもないので、
いつものような二枚舌外交のおべんちゃらスピーチ、
合法化は諦めたのかと思っていましたら

このおっさん 全然諦めていませんでした

政府は着々と そしていつものように コソコソと
麻生のこの愚策の現実化を進めていたのです


 政府は地方自治体が手掛ける水道事業への企業の参入を促すため、2017年にも水道法を改正する。災害時の復旧を自治体との共同責任にして企業の負担を軽減するほか、料金の改定も認可制から届け出制に改めて柔軟に変更しやすくする。政府は11年に民間への運営権売却を認めたが、災害発生時の膨大な費用負担のリスクを企業が懸念して実績はなかった。大幅に参入障壁を下げることで、国内外の企業が本格的に参入を検討する見通し

2016/10/23 付 日本経済新聞


水道民営化法案







世界最大の水事業企業であるフランスのヴェオリア ウオーター社は
日本法人 ヴェオリア ウオーター ジャパンを設立

2014年4月より 松山市浄水場の運転業務を委託

同年5月 同社は 広島 埼玉でも下水処理場 O&M オペレーション メンテナンス
運転、維持管理 事業を受託

また同社は すでに 2009年 千葉県手賀沼 及び 印旛沼浄水処理場の浄水処理事業を落札しています

この世界的巨大水メジャーは 日本の水資源を虎視眈々と狙っており、
それと同時に 日本の水道事業を彼らに売り渡そうとする連中たちが日本国内に居り、
それも政府自身が その動き率いているということです

巨大企業水メジャー とは、
水利権を掌握している巨大企業で スエズ エンバイラメント、ヴェオリア、テムズ ウオーター、ユナイテッド ユーティリティ、SAUR,
水事業に特化はしていないまでも 戦乱地域復興など 特殊な地域を数多く請け負う株式非公開の米特殊ゼネコン企業であるアメリカのベクトルなども水利権に食い込む姿勢を見せています
彼らは ウオーターバロン とも呼ばれており、まさに水貴族
水利権を掌握するなり、法外な水の値上げなど 搾取し放題の傲慢な経営方法で知られています


しかしながら

この水道事業の私有化は
すでに世界各国で試されており
そしてその数多い失敗例が顕著に報告されている のです


b0150335_19181746.jpg


ボリビアでは 市民運動 暴動にまで発展し
莫大な数の市民を犠牲にしましたが
そのおかげで ボリビアは 水道事業を公営化に戻す事に成功しました








b0150335_23090215.jpg
b0150335_23084171.jpg



南アメリカでは
むしろ その痛手を教訓に における人権 政策が 本流となっていますし


ローマでも 何年か前に水の私有化を巡り 国民投票が行われ
見事に却下されています

と言うのに
そんな 「ちょっと調べれば すぐわかる 」

失敗例 が数多く あるにも関わらず


この愚策に固執し 合法化を進めようとする政府は


国民を再び舐めているとしか思えません


今 新世界秩序 なる完全に世界を支配するシステムを作ろうと日々悪事に励んでいる
人々の存在が明らかになっていますが


世界を支配するために 必要な事は
金融 、エネルギー、食料 そして 水を支配下に 入れる事 であり


金融は世界銀行 と言う つまり彼らの出先機関がほぼ世界諸国を牛耳り
エネルギーは 言うまでもなく IOCが 原子力発電拡散の手を緩めようとせず
食料は その一例として モンサントが種を生まない作物の種を世界に強制的に拡散しており
そして ここ数年 彼らはアメリカの水源を買収し続けています


水道民営化 と言うことの本質は
貧乏人は水も飲めずに死んでもいい。と言う世界になることです。

水がなければ 私たちは生きられません
水は 誰のものでもなく 私たちの公共財です。
それが大企業の手によって 、民営化 市場化されるということは、
大企業によるさらなる生命の支配であり、

そんなことは決して許されてはいけない行為です。


例によって マスコミは このニュースを流しません し
民営化によって 水道料金は下がり より良いサービスが受けられると 宣伝するでしょう
でも 私たちは そんな 見せ餌に 簡単に喰いつかないようにしなければいけません

たかが水くらい ではなく
水こそ生物の生命線を握るものであり

その水の権利を人民から剥奪すると言うことは、
彼らが 人民を支配するために 欠かせない悪魔の政策の一部です

その人権を 簡単に売り渡さないよう

気をつけないといけません
彼らは、実に狡猾です




当然 大々的に 心から 拡散 希望します!




[PR]



# by cocomerita | 2017-04-20 15:34 | 愚政府に物申す | Trackback | Comments(12)

月の降る夜に

ベッドに入って
電気を消したら
部屋中にお月様の光が 燦々と差し込んでいました

私は お日様の光で目覚めたいので
カーテンをつけていませんから
寝室から月が望めます

月の光があんまり明るいので
月の光に包まっているような
なんとも言えない いい気持ち
幸せな気持ちになりました


でも そのあとで ふと思いました


私には 家があり 家族がいて 友人もいて
明日への不安もない

でも

家もなく 家族もなく 路上で ありったけの衣類に包まって
寒さを凌いで暮らしている人たち
明日に不安のある人たち
そんな人たちも お月さまを見て
同じように 幸せな気分になれるのかなあ、、



そう考えたら
もしかして
こういう 私が感じ 語る 御伽話みたいなことは
とりあえず 何も不足していない人々に 与えられた
もしかして ものすごく 贅沢なものなのかもしれない

と思いました

b0150335_16061859.jpg

月の光が 皆に同じように 降り注ぐように


みんなが最低限の 普通の暮らしを送れるようになったらいいなあと思います
私一人が幸せでも
この地球のどこかで 辛い思いをしている人がいると思ったら
全然楽しくないのです

独り占めする人がいなければ
私欲を ちょっと捨ててみたら

格差の激しさは もっと軽減できるはずなのに
困った人が 少なくなるはずなのに

そして 税金とは そういうことのための使われるべきであって

官僚 政治家が 贅沢に外遊 飽食するためではなく
ましてや
「お友達 」 を集めて 呑気に花見するためのものでもない


そんなことのために
一生懸命働いて得たお金から税金払っている 訳ではない


格差は嫌です


そして


ふと思いついたこと:

福島の自主避難者への住宅支援打ち切りは 2年前に決定されたという
そして
東京オリンピック開催権を お買い上げしたのは2013年
安倍晋三が 世界中に 福島はアンダーコントロールと 真っ赤な嘘を吐いていた時

この時から 彼らの腹算用は出来上がっていたのではないかと
つまり 嘘で塗り固めてでも
安倍晋三のアンダーコントロールの福島を 築いておかなければいけない
東京オリンピックの開催のその日までに

そう思っていたら
西中誠一郎記者のインタビューを目にした
彼も同じことを言っています



世界中には
困っている人たちが山ほどいます

全ての人に手を差し伸べることはできないけれど
私たちは 同じ日本人として 自分の住んでいた大地や空気を汚染され
福島を追われた人たちが
雨露凌げる家さえも 政府から補償されない。
そんな事が平然と大手を振ってまかり通ることを

許してはいけないと思います

日本人が 遠い過去から培ってきた誠実さ 勤勉さ 情
その日本人の魂に
安倍政権はことごとく 泥を塗るものです

福島からの自主避難者への 住宅支援
、、重ねて言うけど 支援 ではなく
加害者としての政府の義務です

安倍政権が倒れ
まず日本の傷ついたところ
病んだところから 手をつける

そんな政府が1日も早く生まれますようにと祈ります


そうじゃないと 日本の明日は ありません





[PR]



# by cocomerita | 2017-04-17 16:16 | | Trackback | Comments(8)

復興打ち切りの時だけしゃしゃりでる復興省って? 今村復興大臣vs池内さおり

前回にアップした 今村復興相の悪態ビデオが削除されました

代わりの動画を探したら
あのおぞましいやり取りの動画は姿を消し
反対に 今村を追求した西中誠一郎記者のない懐探り 非難するものばかり


政府の薄汚い手 感じます

西中記者自身も
謝るのはそこじゃない。 と 答えています

まさに 謝るのはそこではないし
謝るべきは すでに6年間も冷たく 放り出している被災者の方々にです。


以下 日刊スポーツ

 「『態度が悪くて、申し訳ありません』みたいな謝罪だけで、終わっちゃった。謝るのはそこじゃない」

 4日の会見では、西中氏が東京電力福島第1原発事故を受けた自主避難者に対し、3月31日で住宅無償支援が打ち切られたことに関して、国側の責任に関する見解を問ううちに、今村氏が激高した経緯がある。

 西中氏は、「僕は怒鳴られても別に構わない」とした上で、

「大臣にちゃんと方策を示してもらい、それに対して僕が失礼なことを言ったとすれば、怒鳴られて当然だ。でも、(国として)やっていないという指摘に対して(今村氏は)怒鳴られた」と指摘。「自分自身、何もやっていないことを隠しているだけで、僕が誘い出しているわけではない。大臣が胸に手を当てて聞いてくださいとしか言いようがない」と、述べた。

 今村氏はこの日の会見で、「自己責任」発言を撤回したが、記者に「何がまずくて撤回するのか」と指摘されると、「自己責任という言葉が、誤った印象での使われ方をした」などと、あいまいに釈明した。

 西中氏は、自主避難者や支援者から、辞任を求める署名が提出されたことを念頭に「皆さんが何に怒っているのか、大臣は理解されているのか。きょうの会見でも、謝罪の意味を具体的に答えられなかった。自分の言葉がないんでしょう」と指摘。

「このまま大臣に無機質な言葉を積み重ねられても、現状打開につながらないから辞めてほしいという思いが、(辞任要求の)署名につながっている」と指摘した。

 また、「実際に避難をしている人などで声を上げられないケースが多い中、(会見や抗議活動などで)いろんな声が重なり合うことで、政府が、具体的な政策をつくらないといけないという気持ちに変えていかないといけないが、今日の時点ではまったく見えなかった」とも述べた。

 西中氏はこの日、会見の中盤で、自主避難者に対する住宅支援の認識などを質問。

今村氏は「指針に基づき、1つの線引きをして決めた。それに沿ってやっている」と、そっけなく答えた。そのため、再度質問しようとしたが、この日事務方は報道陣に、「1人につき質問は1つ」と通達。西中氏の問いかけは事務方に制止され、それ以上の追及はならなかった。



そしてこれ。







共産党の池内さおり議員の 衆院 決算行政監査委員会第一分科会 での公開質問


是非最後まで観てください
私が言いたかったこと、全て言ってくれて とりあえずスッキリしたのです


この一時的に ではあれ しょぼくれた 無知丸出しのおっちゃんが
あの偉そうだった 今村復興大臣


西中記者とのあの悪態
その後の国民からの猛烈なブーイングがなかったら


相変わらず のらりくらりで 質疑には全く答えてないけど

それっきゃできない 傲慢さで
質疑応答を いい加減に 押し切っていたであろうことは見え見えです

まず
池内議員が指摘しているように

3/17 原発事故の賠償を求めた集団訴訟の判決の中で前橋地裁は
東電と共 に 国の加害責任 を認めています。
避難区域の内外を問わず、避難をし、避難継続を続けることの合理性を認めています。
区域外避難者についても 避難生活によって人格権、
憲法13条 これに基づく平穏生活権が侵害されているということを被害として認め
国にも賠償を認めています。

つまり この場合 国は法的に 立派に加害者であり
加害者が
まあまあ、この辺でいいでしょう。などと にやにや
自分で判決 及び 補償を決められる、
そんな権利は 今回 国には 一切認められていない。ということです。

そして

政府は 今回の保障打ち切りを 2015年6月に 同意しています
何故? 2年も前に
想定外であった事故の
当然 想定外に 想定外である復興の流れが 読めたのか?

ましてや
何もしていない癖に。

総理府 はこれにこう答えます

災害救助法に基づき
援助は 2年が原則であると。

内閣府 復興相 は 災害救助法 だとか 原則 だとか
自分たちに都合のいい部分だけを引き合いにだして
自分たちの行為の正当性を主張しますが

福島の原発事故を筆頭に 東関東大震災が想定外である。
と 世界的に宣言したのは 他ならぬ政府であり

想定外であるのであれば
通常の 想定できる状況で作られた救助法だとか
原則だとか
そういうものは今回 一切 当てはまらず

補償の時こそ
その想定外が適用されるべきであり
想定外の補償を行なっていただきたい。
いや、行うべきであると 主張します。


丁寧
一生懸命
寄り添う

この空虚な 言ってるだけ。は、被災して苦しい生活を余儀なくされている人の
神経をさらに逆撫でする 侮辱行為であり
現政府のいい加減な 俺様クラブ の 顕著なおぞましい体質がまざまざと露見していますが、
真意を持たない 言葉を羅列することで
彼らは誤魔化し通せてるつもりなのかもしれないけれど

そこに 汚く露見しているのは ただ彼らの無責任さ、やる気のなさのみ



安倍総理が おざなりに 謝罪しようが
今村復興大臣が 一時的にシュンとして その情けなさに拍車をかけた
しょぼくれたおっちゃんに成り下がろうが

問題はそこではない。のですし
謝るべき人々は 国民よりもまず 被災した人たち

ある日 突然 普通の生活を奪われた
日々 政府や県の 心無い対応に 言葉では言えない悔しさ 味わい続けている人たちに
であり


心から改めていただきたい と政府に追求するべくは

心ある加害者であれ。 ということ

政府が 自らの責任を遂行せず
福島の被災した人々とともに、今回のことを お茶濁すどころか
さっさと 水に流そうとしていること です


忘れないでください

私たちが 限りなく追求し
置物より役に立たない 政府のお尻を蹴り飛ばし続けなければいけないのは


復興相が、そして内閣府が声を揃えて 唱えるように
被災した人々に

丁寧に
一生懸命に
寄り添って


被災した人たちが 彼らが安心して未来を築ける生活を取り戻せるように
つまり
憲法13条に謳われているように
平穏生活権を行使できるように


丁寧に
一生懸命
寄り添って

被災者から求められる 必要とされる保障と支援政策を実施し、続けることです




[PR]



# by cocomerita | 2017-04-13 23:35 | 愚政府に物申す | Trackback | Comments(10)

今村復興相の解任 を求めます ー至急署名





今村復興相 が 自分の悪態指摘されて 激怒した。という 記者会見をみて

激怒 よりも 悲しくなった

自主避難は 自己責任だと?
気にいらないのなら裁判でもなんでもやればいい?

この人は 政治家 としてだけでなく
人間として 失格 。どころか 人間じゃあない

こんな最悪の人間が 日本の国の指揮を取るべく 日本の国政の中垂にいる
こんな腐った クソ親父が、 である


日本の政府の愚政 癒着のために
そして 補償金惜しさに もうここには住めません ごめんなさい。とは
決して言わない 政府の狡さゆえ
自分たちで 自分たちの命を 自分たちの子供の命を守るために
「自主避難 」せざるを得なかった
その人たちを捕まえて 自主責任。だとは


開いた口が塞がらない と言うのはこう言うことだ

犯罪を犯した加害者が 被害者に 精神的 経済的謝罪もせず
このくらいでいいでしょう、
それじゃあ 無罪 ね。と 判決を自分で決めるようなもん


悪党だとか、なんだとか言う前に
こう言うことを 公職に就いている人間が 公の場で 堂々と発言する と言うのは
恥ずかしいとか言う前に
狂ってるとしか思えない

こんな 冷血で情のない 病んでる人間に 復興など任せて居たら
被災した人たちが陽の目を見ることはない

福島県に任せている?
福島県庁がより 被災者に寄り添える?

政府と同じく 自分たちは被災もして居らず
そして 被災してないけど 被災した人の思いを汲もうと 努力する そんなことさえしない
つまり 政府に迎合することしか考えていない 親方日の丸の福島県が
被災した人の 本当に痛い所に手の届く 補償や復興を進めるわけがない


気持ちがあっても 非常に繊細で難しい難問
なんとかしようという気持ちがなくて できるわけがない


彼らは
福祉事務所の人々も含め
( 全員とは言わないけれど、ほぼ大半、つまり 福祉事務所の職員が たとえやる気があったとしても それを承認して実行の移すための ハンコ を押す 管理職が その気がないから動けない。と言うのが現状である とわたしは考えます)

仕事だから やってるだけ
仕事だから 一切必要以上には踏み込まないばかりか

実に 悲しいくらい事務的である。

苦境に陥った県民の自己責任を問う前に
自分たちの つまり国の
原子力誘致の政策における 電力会社との癒着 だとか
そのために 行うべき監査も 議論も 全ておざなりにして 進めた
この被災は その愚政のツケであること

国に言われるままに 私腹を思う存分膨らませながら
二つ返事で原子力発電所建築を進めた
そのために 欠かせない 安全監査も 危険性の想定も 一切行わなかった
いい加減きわまり無い 福島県庁の

その責任が まず 問われるべきではないのか?

政府、官僚といえど 生身の人間
欲に浮かれて 間違えることもある
だから
その間違いを正す、責任取らなければ きっちりその責任を追及する
そう言う機関が必要であると思います
抱き込まれている法曹界でもなく
全く 役に立たない野党でもなく、、

誰かの上に立ち
大勢を代表するということは

そこで発生する利益だとか 過剰な おもてなしのみを 享受するのではなく
それに見合った いや それ以上の責任が発生するということ

その両者を きちんとバランスとってもらわなければ
頂い分くらいは働いてもらわなければ

政治家などと 自らを称してもらっては困る
ただの独裁者であり
程の良い 泥棒である


辞任でなく
解任を求めますが、とりあえず 辞めてくれれば良い。
と言うことで 署名 拡散 よろしくお願いします


b0150335_16493466.jpg

署名は⬇︎ をクリックしてください






[PR]



# by cocomerita | 2017-04-08 05:26 | 愚政府に物申す | Trackback | Comments(12)

木の話

私は花も草も大好きですが
木がとりわけ 大好きです

私は、しばしば木と話をします

渋滞の道沿いに植えられている木には
そっと触って お疲れさんと言います


そして今までに何度も 木達との不思議な経験があり
助けた木がご挨拶にきてくれたりしたこともあります

木にも ちゃんと思いがあるということ
だから 私は 誰よりもよく知っています

今 とても近しく付き合っていただいているご夫婦がいらっしゃいます。
庭の銀杏の木を切ろうとして居たそのご夫婦と
ちょうど 何日か後に 伐採の作業というその日にお話をし、
私はその事を知ることになります

私は必死で 長い長い嘆願メールを出し
その素敵なご夫婦は
見ず知らずのそんな私の嘆願を快く聞き入れてくれて
木を切る事を中止してくれました
後で聞いて見ると お二人とも切りたくはなかったようです

未だに なんであの時あの話になったのか、と不思議なのですが、
私は 銀杏さん達が私にSOSを出したのだと信じています

私が 銀次さんと杏さんと名付けたその銀杏のご夫婦は
その後 彼らの庭で元気に枝を伸ばし
季節になるとたくさんの銀杏を実らせ
その私の友人は、銀次さん、杏さんからだと言って 銀杏を送ってくださいます。

ある日
銀次さんと杏さんに是非会いに来てください、と言われ
私は のこのこ 福岡のその方達の家まで行き 泊めていただいたこともあります
もちろん 銀次さん杏さんにもお目にかかりました

それ以来 そのご夫婦は私の大好きな 大事な友人になりました

このことがなかったら
私たちはこんなに仲良くなって居ただろうか?
と 時々思います

さて
うちの庭には たくさんの木が生えていますが
小さな竹林と そして 大きめの植木鉢 に入った3本の紅葉もあります

b0150335_23252083.jpg


私が引っ越して来た時
その竹林も 紅葉達も 木達も 皆 とても寂しそうだったのを未だに覚えています


私と大家さんは 一緒に庭の水撒きをしますが
大家さんは 木や竹には 水をあげないでいいと言います
それでも 暑い1日が終わったあとの 冷たいお水は美味しいだろうし
花にお水をあげて 彼らにはなし。と言うのがいたたまれず

私は毎日 こっそり お水をあげていました

大きいけれど 植木鉢に入った しょぼくれた紅葉を見る度に
かわいそうで かわいそうで
ここ2、3年
大家さんに会うたびに この紅葉達を3本一緒に地面に移してあげたら
どんなに素晴らしいコーナーが出来上がるか くどくど説いて来ました


うちの大家さんは 女手1人で子供を育て
未だに建築家でバリバリ働いている人ですから
頑固で 一筋縄ではいかない人なんですが、、


一昨日 大学から帰って来たら 彼女が庭で作業をしていて
立ち話のついでに 再び言ってみたわけです
春のこの時期しか 植え替えは出来ないのですから
今を逃したら またもう一年待たないといけなくなります

そして
昨日 大学から帰って来て 車を駐車場に停めて
庭へと上がってきたら
庭にいる大家さんが手招きします


行ってみると 紅葉の鉢が3つ
駐車場の横に空いている空き地に移してあります

b0150335_23183855.jpg



ほら、明日 地面に移しかえるから、、

え?
、、、
、、、、、
いやっほーー
興奮して 木達を見ると
なんと不思議 みんな 一昨日までとは比べものにならないほど
美しく生き生きして います


うわーわーーー
木達が喜んでるね
明日植え替えて 地面に戻してもらえるって、もうわかってるんだよね
嬉しさが、ひしひし伝わってくる
ああ良かった 良かった
ありがとう


大家さんも、目に見えないものは信じてる人なので
にっこりうなづいていました。


さて 今日は その植え替えの日です
私は たまたま、、と言うか

不思議なことに 木に何かをする日は、 私の実家の庭の木達の時もそうだったのですが
私はいつもそこにいることになり、 作業に立ち会っているのです


で、今日は たまたま 大学休講で私は家にいる。のです


不思議な巡り合わせだなあと思いながら
朝 起きるなり 早速 その場所に とりあえず 鉢ごと移動している木達に挨拶に行きました
植え替えと言うのは 木にも相当負担がかかるから
言ってみれば 手術みたいなもんで
頑張ってね と 一本一本に 。
しかしながら
相変わらず みんなすごく美しくて 嬉しそうで ウキウキしてるのが 伝わってきたのでした。
今日雨が降らなかったのも ラッキーです

作業は1時間後だからまだよ、と大家さんが言うので
こうして家に戻ってきて ブログを書いています


彼らを通して 私はいつも 東京の実家の庭の木達とも話をしていたので
あっちからも良かったね オーラが伝わって来ます

春ってこともあるけど
空気に良かったねが充満しています


大安吉吉日

b0150335_23215796.jpg
b0150335_23223937.jpg
b0150335_23232393.jpg


何かのご縁で この文章を見てくれた方達
どうぞ 木を切らなければいけないような状況になりましたら
何べんも 何べんも 切らないで済むように出来ないか
たくさん 考えてください

木にも ちゃーーんと思いがあり
木の命もう一個の大事な命です

そして
出来たら切らないでください

お願いします


こんな子にも 出会いました
b0150335_23371306.jpg

春ですね














[PR]



# by cocomerita | 2017-04-06 23:38 | 生き物を救え | Trackback | Comments(5)

怒ってばかりいても仕方ないので 空を飛んだダチョウでも見る。





日本で流れているかわかりませんが
Sumsungのコマーシャル


あんまり可愛いので、ご紹介したくなりました

クスリと します

ふと 思いついたので 追記

ダチョウが飛ぶなんていう ほぼ不可能なことを可能にしてしまう
それがテクノロジー なのだと思います。
例えば 足を無くした人が テクノロジーの技術で 普通に歩けるようになるとか
目の見えない人が テクノロジーのお陰で 視力が回復できるようになるとか


すでに 便利を享受している人にさらなる 過度な便利を与えるのではなく
不便に苦しんでいる人たちの 不便を軽減する
言うなれば アビリティにおける格差軽減

そういうことに どしどし 技術を駆使してくれたらいいなあ
思います



そして

思いはダチョウから再び政治に、、

戻らざるを得ず、、。





共謀罪に反対する緊急統一署名

b0150335_00405630.jpg
署名は⬇︎から お願いします

最近 この署名ってのにも 少し疲れてきましたが
下手な鉄砲数撃ちゃあで
頑張りましょう





[PR]



# by cocomerita | 2017-03-31 08:02 | 愚政府に物申す | Trackback | Comments(10)

福島 不幸復興 3月で打ち切られる自主避難住宅支援

この3月で 福島自主避難住宅支援が打ち切られる

支援 と言うと

何か親切に やってあげている。と言う匂いが漂う が

いつも言ってるけど
今政府が 福島に行なっている行為は 善意の支援。 などではなく
加害者が 被害者に対して 行なう 義務に基づいた 補償 と呼ばれる

その補償行為の一環です

だから
加害者が
自分たちの思惑 及び 都合で
現地と密に 直接 コンタクトする事なく
現地の そして 被害者のニーヅを聴き込むことなしに

加害者が

こんなもんでいいでしょう

と 勝手に決められるものではなく

もうこの辺でいいでしょう

と 勝手にその行為を打ち切る権利も 一切ない。


刑務所に拘留されている犯罪者が

もうそろそろいいでしょうと 檻の外に出られますか?


誰かを助けると言うことは
あなたがしたい事をする。
のではなく

助けを必要としている その人たちのその身に立ち
彼らが求めていることを推しはかり
彼らが本当に必要としている事を

たとえ あなたがしたくなくても やることだ

そうでないのなら
やらない方がマシと言ってもよい



そう言う意味で
今まで政府が 歯の浮くような美辞麗句を並べながら
でも福島の人たちに寄り添ったことなど
一度もないと言えるだろう


⚫️ 年間1ミリシーベルトだった被曝基準を いきなり 勝手に 20 ミリシーベルトまで引き上げ

⚫️ 無駄でしかない除染を ゼネコン様への貢物として 捧げ続け

⚫️ 人間が住める環境でない汚染地域に 嘘八百並べて 住民を押し返し

⚫️ そして 今度は 自主避難者への住宅提供 支援を打ち切り

⚫️ 挙句の果てには 避難指示を解除する


おまけに
原発事故の被災者政策を協議する会議は多くが非公開

現実に直面して居ない 政府と 現実に同じく直面して居ない自治体
そんな人々が 何時間 話し合ったところで
被災した人たちの痛いところに 手が届く政策など 生まれるわけもなく

おまけに 議事録は ほとんど非開示

復興支援の主役は 被災した人たちであり
そして
彼らは 被害者であり
加害者は東電 (最近何故だか 陰が薄い 陰に薄さに紛れて 責任をも希薄にされてる気がして仕方ない) であり
国であり 自治体である


加害者に 懲役を決める権利は
一切ない


おまけに 彼らは 自分たちの議員報酬には一切触れる事なく

復興支援税 と言うものまで 作り出し

再び 国民にその責 肩代わりさせている


b0150335_19023099.jpg



以下

毎日新聞 より

東日本大震災6年 原発事故と国策=日野行介(特別報道グループ)

被災者置き去り、加速

 東京電力福島第1原発事故から6年。被災者政策は大きな区切りを迎える。政府は自主避難者への住宅提供を打ち切り、一部を除き避難指示を解除する。避難者への賠償は避難指示と連動しており、解除は賠償打ち切りに向けた最後のステップとなる。経緯を見る限り、政府が掲げた「復興の加速化」とは、原発避難の早期幕引きが正体だったと言うほかない。被災者の納得がないまま一方的に進めているようにしか見えない「国策」は、民主主義の基盤を壊しつつあるように思える。

     ここ数年、原発事故に関する調査報道を続けてきた。健康調査、自主避難者、住宅政策、除染とテーマを変えながら、政策決定の裏に潜む為政者の真意を追いかけた。テーマにより担当する省庁や官僚は違うのに、密室で検討し、被災者の要望とかけ離れた施策を打ち出して「決まったこと」と押し付ける。この行動パターンはいつも同じだ。

    一方的な決定 「二重基準」も

     例を挙げたい。一般人の放射線被ばく限度は年間1ミリシーベルトだが、政府は事故発生直後、「緊急時だから」と年間20ミリシーベルトを避難指示基準とした。2011年12月の「収束宣言」で緊急時を終えたことにして、避難指示区域の再編を進めると、次は指示の解除基準の検討を秘密裏に始めた。13年4月以降、経済産業省や復興庁などの担当課長らが密室で検討を重ね、「政権に迷惑をかけないように」(関係者)と同年7月の参院選が終わるのを待って、年間20ミリシーベルトを下回った地域を解除する方針を表に出した。何のことはない。年間20ミリシーベルトが緊急時の基準から平時の基準にすり替わり、1ミリシーベルトの基準は「なかったこと」になった。

     それから4年近く。福島県の浪江町や富岡町の避難者を対象にした説明会では、今春の避難指示解除に賛成する意見はほとんどなかった。被災者がしばしば口にする「無用な被ばく」という言葉が表す通り、事故による被ばくを引き受ける理由は皆無だ。ましてや意見を無視されたまま、一方的に決められるのでは納得できるはずもない。

     さらに問題なのは、密室での決定過程について不都合な部分を削除し記録を残さず、事後の検証すらできず、責任をあいまいにすることだ。

     政府は16年度で除染をおおむね終える。残された膨大な汚染土について環境省は昨年6月、公共工事への再利用方針を打ち出し、専門家を交えた非公開会合で汚染土1キロ当たり8000ベクレルを上限とする再利用基準を決めた。だが、原発解体で出る鉄などの廃棄物の再利用基準は100ベクレル。非公開会合で話し合ったのは、この「二重基準」のつじつまを合わせることだった。

     昨年6月にこれを報道し、情報公開請求が相次ぐと、環境省は一転して議事録を公表した。ところが「全部開示」の扱いとしながら、8000ベクレルの結論ありきで誘導したと受け取れる環境省担当者の発言などを削除していた。

     政治家や官僚たちは「被災者に寄り添う」などと美辞麗句を繰り返してきた。それでも復興庁参事官による「暴言ツイッター」など「真意」をのぞかせることがある。浜田昌良副復興相(当時)は15年8月、自主避難者を対象にした「子ども・被災者生活支援法」の成立を主導した国会議員との非公開面談で、住宅政策を巡りこんな発言をした。「基本的に自主避難は支援しない前提で引き受けている」

     浜田氏は12年12月、第2次安倍政権の発足とともに副復興相に就任し、自主避難者支援を担当してきた。自主避難者にとって住宅提供は最も期待した政策だった。にもかかわらず、自主避難者の支援などするつもりがないと放言しているに等しい。こうした発言をする政治家が本当に被災者に寄り添っているのか、疑問を抱かざるを得ない。

    国の協議非公開 議事録は黒塗り

     被災者は常に蚊帳の外に置かれてきた。原発事故の被災者政策を協議する国と自治体の会議は多くが非公開で、後から議事録を情報公開請求しても「公にすれば混乱を生じさせる恐れがある」としてほとんど全面黒塗り(非開示)だ。存在自体を隠した「秘密会」の中では「いかに情報を外に出さないか」ということについても話し合っていた。

     当たり前のことだが、政策に関する情報を公開し、決定プロセスを透明化しなければ、民主主義は成り立たない。被災者、そして国民の意見を無視して、政府が一方的に形ばかりの幕引きを急いでいるように見える「国策」の手法は、民主主義の基盤を危うくしかねない。これも原発事故の重大な「被害」であろう。「あの事故の処理が曲がり角だった」と、後世に言われないよう、こうした被害の実態も見つめ直さなければならない。




    Copyright 毎日新聞











    [PR]



    # by cocomerita | 2017-03-26 19:11 | Trackback | Comments(6)

    これでも私人?

    アフリカで エコトイレを拡めようとしている団体が
    外務省には断られ
    安倍昭恵現首相夫人に頼んだら、すぐに首相に話しが通り
    翌日には八千万円の予算がもらえた。

    って

    これでも私人?




    この動画は 彼の取材直後 youtubeから削除されましたが
    まだここで 観れます
    ⬇︎ 健康になるためのブログさん のところで、、
    この記事に掲載されている3本目の動画です



    この動画もそのうち消されると思いますので
    彼の言ってること 文字起こし しておきます

    外務省の役人がなかなか理解してくれないので、えいやとばかり 先ほどの小野さん り理事長と私が安倍夫人のところに行きました。
    安倍夫人は会ってくれましてね
    安倍夫人のところに、首相官邸の執務室ですね
    安倍夫人が会ってくれましてね 聞いてくれましてね
    あの人凄いですね
    その晩に首相と話をしてくれましてね 首相からすぐ連絡が入りまして
    ぐるぐるっと回って今年予算つきました。8000万もらいましてね、今年この2つの村に入ります これから。
    あのご夫婦のホットライン凄いですね



    ドイツのメルケル首相は、
    彼女の外遊に彼女の夫が同伴する際は 費用は国費ではなく 私費から
    飛行機も別々にしていると 公言し
    日本同様 公私混同 当たり前 公費使いまくり の イタリア人を 驚愕させたものです


    それに比べて
    安倍昭恵現首相夫人は (早く 元、、 になってもらいたいものだが)


    首相と一緒に外遊する時の旅費、宿泊費も税金から支出されている「公人」だからだ。しかも、昭恵夫人には国家公務員の専属の秘書が5人もついている。
    5人の人件費は、ざっと2900万円

    しかも、昭恵夫人は「安倍晋三内閣総理大臣夫人」という肩書で森友学園が開校する小学校の名誉校長に就いていた。
    「公人」にも私的活動はあるだろうが、
    少なくとも、森友学園との関係で「私人」は通用しない

    かたや 二つ返事で 8000万円ものお金を ポンと 出しておきながら

    福島の避難援助は今月で打ち切り

    どちらが優先されるべきかなのか
    辻褄も 全く 合わないばかり か
    優先順位も もうバラバラ

    公私混同に 頭までどっぷり浸かってるこの人たちには 判断能力 すでに無し

    福島は 政府の汚職がらみの悪政の被害者であり
    何においても先んじて その救済が進められるべき

    オリンピック関連の誘致とか
    福島の野菜を食べて助けましょう なんていう
    国民を欺いてでの
    偽善 の お茶濁しの復興ではなくね

    と言うことで

    3月20日 春分の日

    b0150335_19082926.jpg

    おかしな思想を植え付ける おかしな学校 よりも

    福島の人たちの救済が 何よりも優先されるべきです

    私たちは 忘れません





    [PR]



    # by cocomerita | 2017-03-19 23:10 | 愚政府に物申す | Trackback | Comments(6)

    ローマからいろいろ
    by cocomerita
    プロフィールを見る
    画像一覧
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30

    フォロー中のブログ

    素晴らしき哉映画人生
    映画の心理プロファイル
    掬ってみれば無数の刹那
    ラテンなおばさん
    非天然色東京画
    とかのしゃしん
    コバチャンのBLOG
    松浦ひかり
    あんつぁんの風の吹くまま
    koz-mic hours
    心の万華鏡  
    about ・ぶん
    のほほん日記
    弁天スタジオ
    (旧)とりあえず俺と踊ろう
    梟通信~ホンの戯言
    断想
    記憶の表象
    しのぶの里から
    続・まりおの部屋
    フォトパラダイス
    八十代万歳!  (旧 七...
    いいたいことは少しある
    チェイル
    札幌の空の下で徒然記まま...
    流木民
    now and then
    春のよき日に
    Life with Bi...
    維摩と語る
    make no bones
    今日の色は。。。
    東京ライフ
    日だまりカフェ
    隊長ブログ
    Facciamo una...
    「時間よ止まれ」
    にっと&かふぇ
    楽・遊・学・ビバ人生!!
    +nao日記+
    ゆる~い日々
    luxe et beauté
    イギリス ウェールズの自...
    幸せごっこ
    Happy Days♪
    JAZZの普段着写眞館
    quartet!
    旅するように暮らしたい
    海外出張-喜怒哀楽-
    シボな毎日
    MU PHOTO
    一セントの夢
    La vie d'une...
    チキとふたつのりんご
    えんやこら母ちゃん
    EL PAJARO
    ほのぼの動物写真日記
    To tomorrow ...
    liliaの 瞬間湯沸かし記
    あおぞらのゆくえ。。。
    40 ans a Par...
    Cook*Days~お料...
    A dreamer me...
    ☆FREEDOM☆
    Faites la ta...
    江ノ島ノラびより。
    焚き火小屋の備忘録
    ヴェルサイユの花 ~Fl...
    ローマより愛をこめて
    かるぺ・でぃえむ
    思いのままに・・・
    ゆるりんのポレポレ日記
    さかなのしっぽ、そしてはらわた
    いいあんべぇブログ
    Memories of You
    カタルーニャの葡萄畑から
    laboratorio ...
    ピレネー山脈を超えたらそ...
    カフェと畑と犬と猫
    sobu 2
    モンシェリー ~酵母さま...
    続・八曜社
    気がつけば50代
    子供と一緒に育つ父
    春のよき日に vol.2
    夕暮れしっぽ
    SPORTS 憲法 政治
    父ちゃん坊やの普通の写真その2
    マイおばちゃんの日記 2
    発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
    Live & let live

    最新のコメント

    ciao saheizi..
    by cocomerita at 14:44
    ちょっと前までは至極普通..
    by saheizi-inokori at 09:16
    ciao antsuan..
    by cocomerita at 16:13
    戦後の日本人は、WGIP..
    by antsuan at 14:59
    笑 可愛いですね リ..
    by cocomerita at 12:51
    そう仰いますけれど。 ..
    by eblo at 08:02
    ciao ebloさん ..
    by cocomerita at 06:48
    おはようございます。 ..
    by eblo at 05:54
    ciao sideさん ..
    by cocomerita at 23:40
    とてもいい動画でした。 ..
    by sidediscussion at 22:40

    Link (Excite 以外

    最新のトラックバック

    遠藤周作の最高傑作の完全..
    from dezire_photo &..
    日本が原発のトイレになる!
    from 梟通信~ホンの戯言
    ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
    from dezire_photo &..
    安倍にも負けず夏の暑さに..
    from 梟通信~ホンの戯言
    新国立競技場と辺野古基地..
    from 梟通信~ホンの戯言
    安倍よ菅よ、翁長知事の問..
    from 梟通信~ホンの戯言
    原発が導入された内幕 有..
    from 梟通信~ホンの戯言
    日本でしか起きないタイプ..
    from 掬ってみれば無数の刹那
    どうもありがとう、そして..
    from 掬ってみれば無数の刹那
    雄勝の猫の旅
    from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

    ライフログ

    検索

    タグ

    ファン

    ブログジャンル