私がローマで独りで始めたわけ 

カテゴリ:ローマ( 116 )




良いお年をお迎えください

今年も いよいよ 最後の日



皆さん 一年お疲れさまでした


b0150335_1025572.jpg


 わ~~~~~



b0150335_10384355.jpg


zzzz........   
 


猫の人生って 本当に 見た目のまんま 


気楽なもん....なのだろうか?



さて


わたしは と言えば


お掃除苦手だってのに


年末だけは 日本人のDNAで 超念入り大掃除 済ませましたよ



これで 清々しく 年越準備完了!



冷蔵庫の掃除も 窓拭きも やった
シーツも外して 洗ったし、、、





...?


さて 寝室に入ったら
新しいシーツ まだつけてないってのに


このモノクロ猫たちが ベッドの上に丸めたベッドカバーの上で すでに爆睡

b0150335_10421129.jpg






起こすのは 気の毒なんで



今日はソファで 寝る...きゃない



うちはいつも猫優先



来年もおそらく 同じ     変わる訳がない  


ってことで


今年もお付き合いいただき 
とりわけ 私の怒りに、、ありがとうございました



皆さん どうぞ 良いお年をお迎えください



来年は今年よりも 戦争が激減し



不幸じゃない人が激増しますように



良い年にしてください
良い年にしましょう




それでは また来年

[PR]



by cocomerita | 2015-12-31 11:07 | ローマ | Trackback | Comments(28)

僕はマリックが大好き

うちの近所には 少し前まで学校だったと言う 素敵な場所があります



ここに越してきて お散歩してて すぐに目につきました



建物とか 庭とかがすごくかわいいのです



そこに、今年の春 大騒ぎの末 難民の人々が80人 やって来ました



大騒ぎ というのは、
この地域に住む住民たちが 難民受け入れ賛成派と反対派に 分かれて



対立 し、反対派が あからさまに嫌がらせを始めたからです




当然 私たちは 極端に少数派である 難民受け入れ賛成派です




反対派の住民は 難民の人たちがバスに乗ってやってこれないように
入り口に検問所を作りました



しかしながら
最終的には 彼らはやって来て



その日は 警察官とも衝突になり



いつも ピカピカに洗われた高価な車に乗った優雅な奥様たち そのご主人たちが



警官に向かって 椅子を投げつけたり



テーブルを怒りに任せて地面に叩きつけたり



わざわざ 干し草の山を運んできて 火をつけたりという 光景まで目にし



私は人は自分の利益を守るためにここまで堕ちるものか?!と 唖然としたものです




彼らが反対している主な理由は
難民が住み始めると 彼らの土地の価値が下がるから



という ちゃちで情けない理由です



うちの右隣は 反対派のボスで 私たちと口を聞かなくなりました



そういう彼女は 教会で福祉をやっているのだから 呆れます



それでも 難民の人たちは 無事に バスにのって 乗りつけ



暮らしを始めました



12月の14 日 日曜日



状態が少し落ち着いた。ってことで



ウエルカムランチを 催しました



落ち着いた、というのは、 難民受け入れの契約が一年毎に更新で
その契約がもうすぐ切れるので
反対派は 難民の人たちが それで出ていくだろうと たかをくくっているからです




賛成派の それぞれが 家で 料理を作り それを持ちよって



80人の難民の人たちと 食卓を囲みました



そこに 一人 ダウン症のイタリア人男の子が混ざっていました



ジョルジョ君と言います



ジョルジョ君は この区域には住んでいませんが



最寄りの駅の近くに住んでいて



ある日 難民のうちの一人 マリックと知り合います



知り合った次の日 ジョルジョ君のお母さんは 彼を夕食に招待します



それから 二人の友情は 日を追う毎に 深まり



ジョルジョ君のお母さんとお父さんは 毎日 彼を 難民収容所となったこの学校まで迎えに来て



おうちで夕食を共にするようになります



この会食の最後に ジョルジョ君のお母さんが言いました



ジョルジョには 友だちがいません
マリックがうちに来てくれるようになってから 我が家の状況は一変しました
ジョルジョに友達ができたからです

私は難民の人たちにここに来てくださって本当にありがとうと言いたいです




その時 ジョルジョが立ち上がって マリックを抱き締めて大声でこう言いました



僕はマリックが大好き!




ジョルジョ君は ちゃんと学校に行っています



でも友達ができません



それは彼が 普通と呼ばれる子供たちと少し違うからです



人種差別とは、異なる人種間 のみに 生まれるものではなく



自分と異なるものを所有する、その他者を受け入れられない 人々の間に生まれます



健常者とハンデイを持つ人々の間に
性の異なる人々の つまり女性と男性 の間に
経済的に豊かな人とそうでない人との間に
そして
異性を愛する人と 同性を愛する人々の間に



人はそれぞれ 異なる 姿形 異なる性格 異なる思考を持ち



異なる環境で生きています



人生とは 人間として 成長するために 経験をして 鍛える場でもあるわけですから



その人それぞれ 神様からいただく宿題が違う



それぞれの環境 状況 が異なるのは 当たり前のこと



そんな当たり前のことが なぜ受け入れられないのでしょうか?



自分が他者から そして社会から 受け入れられたいと願うのなら



まず自分が 自分とどこかが異なる他者を受け入れることなくしては



そんなこと 望むことさえ滑稽というものです



違いを恐れ 違いを 拒否する代わりに



違いに興味を持ち そこから何か新しいものを知ろうと



逆に歩み寄れないものでしょうか?



人間によって 植樹された 杉の木ばかりの森よりも



いろんな木々が 自然の微妙で完璧なバランスとりながら 共生している森の方が



なん十倍も美しいのです



この学校には 学校だった証をしめすかのように



真ん中に校庭があります



そこには バスケットのネットと サッカーのゴールが置いてあります



昨日 私はそこで 3歳のローリーと 12歳のクリステイアンと 15歳の アンドレアと



そして 難民の 男の子たち 数人と サッカーをしました



そこには 年の差も 皮膚の色の違いも 話す言語の違いも



なにもありません



そこに吹く風は 優しく 爽やかで



お日様は 12月の半ばには ふさわしくないほど 暖かく



そして そこにいた すべての人の心も 同じように暖かく



心なしか みな ほっぺが紅潮しているようでさえありました



誰かを 拒否する代わりに 抱き締める



その時 抱き締めているのは 本当は自分自身なのかもしれません






[PR]



by cocomerita | 2015-12-15 17:46 | ローマ | Trackback | Comments(13)

朝ぱらから大家と 口論

いつものように



がやってきて



朝晩は寒いほど で



毎朝の水撒きは 三日に一回になりました



それでも ひまわりの満開の様子が見たくて


b0150335_1114421.jpg




今朝も 庭に出る と 同じ敷地に住んでいる大家さんに 会う



彼女は すごくいい人なんだけど



自然との関わり方が 私とちょっと違う のです



動物への 理解もちょっと違い



生きてるもの同士 互いに共存 と言うのではなく



欧米人にありがちな全てを人間の コントロール下に置く って奴で



おまけに
雑草は ただの厄介者 と思ってるから



雑草をどうしても 抜けない そして
彼女が雑草と見なす 白粉花を こよなく愛す私とは しばしば 食い違う のです



先日も
うちの畑を覗いて



あーら こんなに雑草生やしちゃってーー
雑草を抜かないとトマトの実が大きくならないわよ



と 抜こうとする その手を 止めました



トマトで生計立ててる訳じゃあないから



雑草と共存してもらって、、
それでトマトが小さくても それでよい のです


b0150335_1124661.jpg




庭の外れにあるコンポストから 思いもかけず生えてきたズッキーニ



この夏は カボチャのように大きな実を いくつもつけてくれてたのに
最近 全く実をつけなくなった



まだ茎も葉っぱも青々してるのに



大家さんは、もう水をあげないでいいから。と言う



実をつけなくなったから とたんに冷遇



それじゃあ 子供産めなくなった女は 女じゃあないから お払い箱



と 言われてるみたいで 淋しすぎる。と



私は せっせと水をあげる



ズッキーニは 私の水撒きのテリトリー に 生えてるんで



それでも どこか こそこそ 水やる自分に 苦笑い




今朝も 庭で出会った彼女と立ち話してたら



横にいた ビアを見つけて



あーー バッタも食べてる
ちょっとバッタも食べてるわよっ!




と言うので よく見ると



蝉だよ と言うと




食べてたわよ! 口をモグモグやっていたもの




いつもの 非難まじり



再度 観察 する



蝉は 二枚の羽根も損なわれず ちゃんとついてるから
だから 食べてない って



大家さん 全く 納得せず



食べてたわよ 食べてたって!
だって口をモグモグさせてたんだから




彼女は うちの猫が 鳥を取ったりやもりを取ったりするのが 非常に嫌なのだ



そりゃあ私だって 嫌だけど 彼らの本能でもあるわけだし






そういうあなたは 牛だの豚だの 喰ってるじゃん




と 心の中で 呟く



食べてない ってば
見てただけでしょ


秋だから もう蝉も死ぬんだよね
木から落ちちゃったんだね



と言うも



死んでないわよ いまだにミンミンよく鳴いてるし




いや、本当に頑固で
しょーもねーな ーー




と思いながら


いや 確かにまだ鳴いてる蝉も いるけどね
蝉 全部のことを言ってるのではなく、、


蝉の命は短い ってこと
だから秋には 徐々に死んでいくのだ


でね



猫はね 動いてるものみると 食指が動くからかも知れないけど 舌をぺちゃぺちゃさせる
よく見てごらんよ
この蝉 弱ってるけど どこも 傷ついてないから



と こうなったら
こっちもそうたやすく引き下がれない



そして 横で 私たちのやり取りを じーっと 見てるビアに


b0150335_11418.jpg




弁護してあげたからねっ! と 一言




彼女は私のことが好きだから うちの猫の行動や生態にそれほど愚痴は言わないけど




動物の人格 認めず
動物の野生に不信感抱いてる人に 猫を理解しろと言うのは 難しい



ミラノ市内のある公園



最近 いきなりネズミが異常に増えたことに住民が困り果て




毒団子は危険だってことで、野良猫を 何十匹も移住させた って



私は このニュースに小躍りする



ほーれ 見たことか!




今まで ホームレス猫を 邪魔者扱いしていた人間ども



こうして彼らの助けを請わなきゃいけなくなったじゃないか



今までの失礼をお詫びしろ!






去年の春に
畑に 日が当たらないから と 大きな木を二本も切った



切らないようにと 反論試みるも 惨敗



その畑 今年は 完全放置



日当たりのために切られた 木が気の毒で仕方ない



木であれ 動物であれ 花であれ 虫であれ



尊いひとつの命




人間って 実に勝手な生き物だよね




◎Wanted


hobo-ryu さんが



千葉県 で保護された ワンちゃんのご家族を探しています



捨てられたのではないことを 祈ります









                  【日時】2015年8月23日(日)15時頃
                  【場所】千葉県 酒々井町
                  【特徴】雑種・中型・オス(未去勢)
                  【毛色】茶色・足先が白色
                  【性格】大人しく・臆病



家族と離れて 淋しそうです


1日も早く 迎えに来てあげてください


お心当たりのある方は hobo-ryu さん" ほぼ、毎日、りゅうのこと" まで ご連絡を



よろしくお願いします







[PR]



by cocomerita | 2015-08-28 01:15 | ローマ | Trackback | Comments(8)

地下鉄で

地下鉄で



大きなくしゃみ を三回した



テイッシュを探して バッグの中をさぐる



顔をあげたら



前に座ってる人と
横に座ってる人が



二人 揃って テイッシュを差し出してくれているのに 気づく



冷たい雨は降っているけど



心は暖かい午後



こういうところが



イタリアって いい





ってことで



只今 風邪で 臥せっています



今回は なんだか厄介



熱が出るまでは ひどい頭痛に悩まされ



熱が出始めて 頭痛は収まったものの



食欲はないし、 ふらふらしてたくさん歩けない



熱が少し収まって来たら今度はひどい咳



なんにでも順番があるのですね



私は大病をしたことがないので 病は気から なんて
病気を甘く見てたけど



病気になったひとの 気持ちがわかります



身体がしっかりしてないと なにもできないものです



私の回りには治療中の方が 結構いるので



私は毎朝彼らの完治を 神様にお願いするのだけど



それさえ 力が入らないのです



今まで 当たり前にやってたことが



ほんの小さな躓きで できなくなる



情けな、、、、



偉そうになんて していられないなあ と思う



当たり前。ってことは 世の中には存在しない
なくても喧嘩にならない
皆 あって有り難うございます。 の世界ですよね



健康って 何にも替えがたいものですね






追記:小笠原で 地震が あったと こちらにも伝わってきました
被害はなかったと言ってますが

東京とか静岡とか その付近の方たち 大丈夫ですか?


沖永良部島の 噴火といい
いよいよ 政府に原発推進 どーーしても! 止めてもらわないといけません






[PR]



by cocomerita | 2015-05-30 17:35 | ローマ | Trackback | Comments(36)

みんなで

うちの庭に



今年も



が なりました


b0150335_4381178.jpg





今年のは 格別に美味しい




蟻たちと



一緒に いただく



b0150335_4402525.jpg


ご先祖様 と



一緒に いただく


b0150335_4411386.jpg





ご馳走さまでした






蜂を救いましょう。と言ってたら



うちの軒下に 小さな同居人


b0150335_442966.jpg



引き続き


署名お願いします


 「ミツバチ 子供保護法」 を 求める署名





[PR]



by cocomerita | 2015-05-17 08:07 | ローマ | Trackback | Comments(12)

当たり前

私が 前回 快便の話をしたのには



この間 きっと こんなことがあったからだと思うのです





大学の授業は始まったものの



授業のスケジュールが いい加減 で



学校に行ったはいいけど
授業がなくて 二時間教室の前で時間潰しする破目になること しばしば



でもそんなときこそ 友達を作る最高のチャンス で



私はこの機会に 何人もの子と友達になりました



二度目の待ちぼうけ で知り合った ナーザー は
Arezzoからやって来たマロッコ人の女の子



彼女が私に最初に言った言葉は



" 日本みたいな何でもきちんとして 何でも機能してる国から来て
よくイタリアみたいな何も機能しない国に住んでられるね"




始めは 私も そうなのよねえー と 頷いたものの



でも すぐに そうじゃないと気付き ました



何が違うか? って


私は
このなに一つまともに機能しない
この不便極まりない この状況が



決して嫌いじゃない
ってこと




待っても 待っても バスが来ない



でもね その長い待機のあとに
遠くにバスの輪郭が見えて来たときの あの嬉しさ



一緒に待ってる人たちと あーー来た来たーっと 一緒になって喜ぶ



私には そんな嬉しさ を味わえること のほうが
便利に スムーズに暮らすこと より遥かに大事だ ってこと



東京みたいな便利な街に住んでると


人々は その便利さに慣れて 慣れきって



便利さに感謝するどころか



何ですぐにバスが来ないんだ、とか 何ですぐにできないんだ



もっと

もっと


もっと


と 傲慢に 不満だけ募らせる



そういう暮らしは 便利でも
ちっとも幸せじゃない もの





だから 私は時々停電になったり
車が道ばたで故障したり


そうやって 電気があることの ありがたさ
車がするする動くことのありがたさ



そして何よりも 歩いたら何時間もかかるところに 車で楽チンにたどり着ける



そのありがたさ に 気づくことのできる



この環境が むしろ好き なのだ


停電のあと


電気が パッとつく



嬉しいですよ




そして



うわー大変だー! どうしよう、、



慌てて 焦って おろおろ まごついて 困って
天から降ってきた自分の悲劇を嘆き



それでも なんとかするっきゃあないから
汗をかきかき とほほほ、、 と 心で泣いて なんとか する



そういうことなしでは
魂の筋肉 鍛えられない しね



そう彼女に話すと 彼女は黙ってにっこりして



私たち似てるね と言いました




本当の幸せ
生きてることの楽しい奇跡 そして 神様からの恵み



それは 毎日 ちゃんと うんちが出る とかっていう ごく普通の営みのなかに



ある のです



私の心臓はなにもしなくても お願いしなくても



毎日 とくとく 動いてくれています



でもあいこちゃんの心臓は そうじゃない し
私の友人のStefania もそうじゃない



ってことは 心臓が毎日 動いてくれるってことは



当たり前のことなんかじゃなく すごく恵まれてることなんですよね



そうしたら



私が食べたものを ちゃんと消化してくれて



おまけに 丁寧に 栄養まで ちゃんと 抽出して 身体の隅々に行き渡らせてくれる



そういうことを



私が生きてる限り 黙々と休むことなく行なってくれる 身体のそれぞれの機能に



有難いなあと 感謝の思いが 自然と沸いてくる



だからね



私はものが美味しくいただけて



毎朝 ちゃんとうんちが出てくれる



それだけで 十分



他に欲しいものはないと 最近つくづく思っています




私たちが 当たり前だと思っている そんな日常のことが



実は 全然当たり前なんかじゃあなかった と



そう思ってみるだけで



世界が変わります


b0150335_736430.jpg





[PR]



by cocomerita | 2014-10-23 07:37 | ローマ | Trackback | Comments(38)

夏が往く

あ~~あ~~~


今年最後の


生ハム 無花果

b0150335_873180.jpg



今年も
たくさんの美味しい実を 有り難う

b0150335_882458.jpg


最後まで ちっちゃくても 沢山実をつけてくれた

b0150335_8134752.jpg


有難う

b0150335_881419.jpg


   
      お疲れ様でした




あ~あ、、、

泣いても笑っても

夏が往く

b0150335_8161246.jpg



ちょちょ ちょっと待って と 引き止めたいが、、


お構いなしに
夏が往く 

b0150335_8371273.jpg



久々に うちの猫たち

b0150335_8172165.jpg


b0150335_8421051.jpg


b0150335_8433957.jpg


b0150335_8493548.jpg


b0150335_8511058.jpg


b0150335_1083353.jpg


元気です
猫が元気でいてくれる。ってのは


精神的には もちろん のこと
経済的にも おおいに 助かります!


yumiyaneさんちの 黒ちゃんの里親さん
引き続き探しています




にっとかふぇ まで

猫 飼いたいなあ、、と 躊躇している方がた

始めの一歩を

よろしくお願いします

猫との暮らしは 語りつくせないくらい 深くて楽しいです


引続き

  あいこちゃんに心臓移植を


こちらのほうも よろしくお願いします

皆さんのおかげで 半分を超えました

ありがとうございます

[PR]



by cocomerita | 2014-10-03 09:08 | ローマ | Trackback | Comments(34)

庶民的でも 庶民派でもなく

イタリアでは


この一年 " いわゆる"偉い人が


"いわゆる"
一般の人に 気軽にお電話する


というブームが続いている


ことの始まりは


新法王フランチェスコ が




アルゼンチンで警官にレイプされた女性に


突然 お見舞い と 激励の電話をいれたことに始まる


彼はこうして時々 突然 お電話入れて 世間を喜ばせている



彼の 庶民 言動は 最初っから 大盛況で


味もそっけもない ラッツィンガー法王に




苛立ちと 渇きをおぼえていた信者の ハートを がっちり掴んだ ってわけ



信者離れに苦しんでいたバチカンのスターシステムによるプロパガンダは 大成功


だったわけである






さて
この 庶民的 ってのが 思いの外 好評だと


ナポリターノ爺も、あとに続く


去年のイタリア大統領 ナポリターノの




年末のご挨拶では



彼に 救いを求める手紙を寄せた 困窮している人々の手紙を


名前つきでいちいち紹介し



一人一人に激励の言葉を述べた。 りした んだけど



フルネーム ってのなら まだ少しは 信憑性高まる ってもんだけど



ただ "マリオさんから、、" なんて 読まれても



ほんまかいな~~?!

ただの作文じゃないの~~?



としか 思えない



先日は イタリア国 首相のレンツィ が





警察官職務質問中に暴行され殺された 18才の少年 フェデリコ アルドロヴァンデイの公判で


無実の市民を職務だと よってたかって暴行し 殺害した警察官たちにたったの三年6ヶ月の判決


その恥ずべき判決に 警察官組合SAP. の集会で警察官の同僚たちが拍手喝采したってことが



当然 ご両親の怒りは言うまでもなく 世論の批判を掻き立てた





ってことで、



そこにイタリアのレンツィ首相が被害者の母親に この事を 非常に遺憾に思うと


電話してきたって


こういうことで 彼らの思いやりを称え、 喜んでいる人々 多い みたいだけど



私のような物事 斜めに見る人間には



全く 効き目なく



ただの安っぽいやらせの臭いしか 漂ってこず



騙されねーよ とばかり ただ 傍観



言うのは簡単 だからね



私は そこに その言葉が 物質化したなにか を見たい んですよ



発音したその向こうの地平線に その実体が 遠くにでも 微かにでも 見えていなければ



そんなお仕着せな言葉など 限りなく無意味



発音した途端に むなしく宙に消えるだけ ではなく




臭みを発する



その言葉を 形にする覚悟がないのなら


簡単に うらうら 発音するな! と 私は言いたい


フランチェスコ法王 しかり


ナポリターノ大統領しかり


そして、レンツィ首相しかり



Ti sto vicino
あなたの側に いますよ つまり いつでも力になりますよ



って言うイタリア人がやたら 好きな言葉がある



レンツィ首相もフェデリーコのお母さんにそう言ったそうだけど



それなら その実刑食らった警察官と 拍手した恥知らずなその仲間に



ご両親に対して 公に詫び入れされる ことくらいしてもらいたい



それが 発した言葉の実体を見せる ってことだ



私が彼らに求めるのは



庶民的 でもなく 庶民派 でもなく


庶民に 立ち返ってほしいということである




あんたたちも 元を正せば 庶民なのです






[PR]



by cocomerita | 2014-05-07 03:01 | ローマ | Trackback | Comments(30)

春です ね

 です 

b0150335_4534449.jpg



すっかり  です

b0150335_4554974.jpg



とっても  です

b0150335_52374.jpg


やっぱり  です

b0150335_554190.jpg


よく見ても  です

b0150335_512926.jpg



どこも 

b0150335_571546.jpg


かしこも

b0150335_583930.jpg


ここも

b0150335_595092.jpg


お隣さんも

b0150335_5104975.jpg


同じく  ですね


庭仕事 に 猫シェルター に


やたら 肉体労働の多い です


ちょっと お日様が 温かく なっただけで


何もなくても 幸せな気分 になれる


不思議だけど いい感じ


お日様って ほんと 有り難い


皆さんも 楽しい  を!




[PR]



by cocomerita | 2014-04-14 05:36 | ローマ | Trackback | Comments(32)

いいお天気なので

いいお天気が続いている    ので


b0150335_19475774.jpg




野良仕事



畑の土 小石が ごろごろ してて 気になってた ので



掘り起こして 土を ふるいにかける



小石を取り除かれて ふるいにかかった土は



空気がいっぱい入って ふわふわ で


b0150335_1949020.jpg



見ているだけで 心地 よい



思わず 私も 深呼吸



庭師さんがきて



庭の木たちを ばっさ ばっさ と 剪定していったので



   、、、私の友人の庭師さんが見たら 卒倒するか 激怒するだろうなあ と 
思いながら



切り落とされた枝を 小枝と幹に 切り分け



次の冬の薪にする



お金をかけない ってことは 手をかける こと だなあ



仕事は まだまだ 残っている



こんな小さな畑で これだけ手間がかかるのだから



広い畑を お世話するって どんだけ大変なのだろう



お百姓さんの ご苦労のほどを 感じる



薪にならない枝は


b0150335_1953454.jpg



燃やす



この時期は あっちでもこっちでも 枝を燃やす から



いつでも 煙が どこからともなく 流れてる



自然なものって 燃やしても 一向に不快な匂いなど 発しない



お利口さんだ




寝室から 

b0150335_19512367.jpg




電気がないと  がどれだけ明るいか 


が よく分かる



電気も水もガスも ひねればでてくる のが当たり前の生活は



本当は ちっとも 当たり前 なんかじゃない



イタリアは 断水もあれば 停電もあれば



今ジェノバでは 二日間ガスが止まってる



失ってみる前に 与えられてる物のありがたみ



きちんと噛み締め 大事にできる 知恵と 謙虚さ 持ちたいものだ

b0150335_19574550.jpg



[PR]



by cocomerita | 2014-03-22 20:05 | ローマ | Trackback | Comments(36)

ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live

最新のコメント

ciao hisakoさ..
by cocomerita at 06:29
junkoさん 為政者..
by hisako-baaba at 14:44
ciao antsuan..
by cocomerita at 23:13
ciao sideさん ..
by cocomerita at 23:07
まぁ、国民が主権者という..
by antsuan at 22:22
あーあ、日本は終わりです..
by sidediscussion at 21:30
ciao antsuan..
by cocomerita at 08:34
政治家の口利きが悪いわけ..
by antsuan at 07:23
ciao hisakoさ..
by cocomerita at 23:17
ciao sideさん ..
by cocomerita at 23:14

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル