私がローマで独りで始めたわけ 

カテゴリ:戦争反対( 36 )




山城博治さんらの釈放を ~ 緊急署名

今年も 明けましたね


新年明けましておめでとうございます


早速ですが
署名 及び拡散 よろしくお願いします
山城博治さんらの 早急な釈放を求めます



b0150335_18522755.jpg





https://www.change.org/p/山城博治さんらを救え

* 直接 署名ページに飛べませんので、お手数ですが アドレスコピペしてください



辺野古 および高江 での米軍基地建設反対運動を続けている方たちが
不当に逮捕され 現在も 未だ拘留されています

山城博治さんら、反対運動のリーダーたちが、こじつけとしか思えない理由で
不当逮捕され、次々に別の理由に切り替わり、長期に拘留されています。
最新の理由は、10ヶ月前の、1月28日から30日にかけて、辺野古・キャンプシュワブのゲート前にブロックを積み、工事車両の通行を妨げたというものです。

なぜ、10ヶ月も前に行われた抗議行動について、いま、逮捕勾留なのでしょうか。


なお山城さんの健康状態の悪化も心配されます
1日も早く 釈放されるよう
みなさんの一筆よろしくお願いいたします


沖縄の問題 云々 以前に
国民が ただ政府に不都合だというだけで 逮捕 拘留される。なんてこと

あってはいけないのです


しかしながら
自国民には 有無を言わさず 力でガンガン 搾取 抑圧する独裁者 そのもの なのに


それが こと 所 変わると いきなり猫撫で声の平身低頭
新大統領へのリップサービス にいそいそ 勤しみ
へこへこ パールハーバーに慰霊とお詫びに出かける 安倍ソーリー


訳わかんないよね あの人


でも
アメリカに 慰霊&お詫び に行ったんだから
中国や韓国にも


当然行くんでしょうね!


昔 母が お正月にしたことは一年中する羽目になるから
新年早々 兄弟喧嘩をするなと言った


今年こそ いい話題で始めたかったけれど


あのえげつない人間がいる限り
今年もこんな感じになりそう、、な 気配



皆様におきましては
穏やかで のどかな新年お迎えになったことと思います


本年もよろしくお願いいたします



お正月明けには 署名提出の運びになると 推測しますので
時間はそんなにありません


ということで
署名よろしくお願いいたします

[PR]



by cocomerita | 2017-01-01 17:59 | 戦争反対 | Trackback | Comments(24)

消え行く声 ~平和への関心 忘れないで 94歳 元海軍兵の訴え

人とは実に愚かなもので


失ってから 失ったものに大事さに気づく


平和も
戦争をして 苦しんで 痛い目にいやっと言うほど逢わなければ



その大切さ 有り難さが わからないのでしょうか?




瀧本邦慶さん 94歳 は、 1921年 香川に生まれ、1939年 17歳 で海軍志願
1941年 12月、一等航空整備兵として空母「飛龍」に乗り組み、真珠湾攻撃に参加した
その半年後、瀧本さんが乗った飛龍はミッドウェー海戦で米軍機の猛攻を受け沈没。
乗員1500人のうち、戦死者は1000人余り。
瀧本さんも米戦闘機の機銃掃射で弾丸の破片を肩甲骨に受けていた。



佐世保に帰還した負傷兵は一つの病棟に収容され、外出も面会も一切禁止された。
当時の大本営はミッドウェー海戦での戦果を大々的に伝え、
損害については、
“我が方の損害は航空母艦1隻喪失、同一隻大破、巡洋艦一隻大破、未帰還飛行機三十五機”(42年6月11日付朝日新聞)と過小報告していた。
実際は、瀧本さんが乗艦した飛龍を含め、4隻が撃沈、300機以上の飛行機が空母に着艦できずに海へ沈んだ。





ミッドウェー海戦の大敗は、当時の「特定秘密」。
生き残った兵士たちは新たな部隊に配属されて最前線へ送られていく。
瀧本さんは44年2月、トラック島(現ミクロネシア)の竹島基地へ配属された。
南方作戦の重要な補給基地だったため、連日にわたって米軍の大空襲を受け、
補給路が断たれてしまう。食べる物も武器もない。
仲間や部下が栄養失調や疫病で次々と亡くなっていく。

「食べ物がないためにやせ死ぬほど、苦しい死はありません。お国のために死ねと教えられ、心からそれを信じてその通り行動してきた。
その結果、南洋の小島で人知れず餓死してヤシの肥やしになって消えていくのかと思ったとき、国に騙されていたと気づいたのです」


トラック島の守備隊4万人のうち2万人が犠牲となった。



奇跡的に生還した瀧本さんは生き残った者の責任として、
小中高校などで「戦争の語り部」を行っている。
瀧本さんは、「太平洋戦争前の世相」「ミッドウェー海戦の実相」「トラック島駐留」を紹介したあと、自らの考えを語る。
押し付けることはない。どう考えるか、自分で考えることが大切だと語りかける。
そして、こう締めくくる。


「これから生まれてくる子どもさんの命を守る話です。
少しでも心に響くことがあれば、ご家族やお友達に伝えてください」



平和講演の多くは、真夏の体育館で児童・生徒たちに向かって1時間余り。
瀧本さんは一度も座ることなく、どんな質問も立ったままで答える。
今年で94歳、まさに命を削るような活動である。



その平和講演を、瀧本さんは8月末で止める。理由は二つだという。


一つは、今回の参院選。
瀧本さんは
「いくら講演活動を続けても何も変わらない。
いや、時代はますます悪い方向へ向かっています
」と嘆く。


二つ目が、参院選の結果を受け、近い将来、集会の自由が奪われる時代が来るだろうと思うからだ。

「戦争が近づくと、特高警察が700人近くの反戦主義者を次々と検挙していきました。今の政権はそれと似たことをやると思いますよ。
当時よりも戦争に反対する人は多いから取り締まりも大掛かりにやるでしょう。
平和講演をやっていることで逮捕されたら、息子夫婦に迷惑をかけることになりますからな」



大げさな話だと一笑に付すことはできないようなことがすでに起きていた。


瀧本さんが大阪府内の高校で講演したとき、後日、学校から感想文が送られてきた。
その中に、「左巻き(左翼の意味)のじじいが政権を批判するなんて許せない。話を聞いて無駄な時間を過ごした」と書いた一文があった。
語り部活動を始めて10年以上になるが、そんな感想が寄せられるのは初めてのことだった。


さらに、数日前、大阪市内の中学校から依頼された講演をキャンセルされた。
講演担当の女性教諭が打ち合わせに来てくれ、どのような話をするか説明した。
その教師から報告を受けたのであろう校長が電話で
「政権を強く批判したら困る。瀧本さんの話は都合が悪いので」
と説明したというのだ。



「誰が困るというのでしょうか。校長自身なのでしょう。
大阪市内はかなり締め付けが厳しくなっています。校長が『事なかれ主義』から断ったとしたら、生徒たちに戦争とはどういうものか、人が死ぬとはどういうことか、想像力を働かす機会を奪ったことになりませんか。
秘密保護法が成立し、安保法制が施行され、戦場へ行かされるのは今の若者です。
米軍の『弾除け』にされかねないのですよ」




参院選の最中、毎日新聞の川柳欄にこんな一句があったという。
「戦争は年寄りが決めて若者が死ぬ」――。


瀧本さんは、腹が立ちすぎて眠れない夜があるという。
「国は国民を騙す。
国のウソを見破る力をつけないと、また騙されてしまう。国のウソを見抜く力を投票にあらわさなければならないのだが、忘れてしまうのか。日ごろから関心が薄いのか……。
もっと賢くならないと、子どもや孫たちを守れませんよ」



(矢野宏/新聞うずみ火)


この記事は
いつも貴重なことを伝えてくださっている" 健康になるためのブログ"さんのところで 教えていただきました
コメント欄のやり取りが 興味深いです





自分で 味わわないと 怖さも痛みもわからないのでしょうか


人の痛みや苦しさを 我がことのように感じ 悼む ことのできる 人間の想像力は
もはや 枯死してしまったのでしょうか


また 一つ
戦争の恐ろしさ 残酷さ そして無意味さを 私たちに伝えてくれる生の声が
消えようとしています


自分で経験していないから経験した人たちに教えてもらう以外ないって言うのに、、



もう一つの生の声




久子さんがおけいさんの体験を書き起こした

96歳の遺言 ~戦争だけはやっちゃだめ




耳にタコができるまで 繰り返し 繰り返し 聞きましょう

[PR]



by cocomerita | 2016-08-20 04:20 | 戦争反対 | Trackback | Comments(24)

忘れてはいけないことがある ~敗戦記念日に

国とは いったい 何なのかと考えます



民あっての 国であり


国とは 民の良かれを 一番に考え 民の一人一人の 暮らしの安全を保証するものであるはず


しかしながら


国が その本来の役目を忘れ 自らの権力欲 金欲に走ったとき


国は 国民にとって ただのえげつない 搾取者となる


それは 国民が 自らの権利を 疎かにしているから でもあり


権利を得るためには ある時は嫌でも闘い、 勝ち取らなければいけないのであり


国民によって 成り立っている 国に、肝心の国民が 遠慮し へつらう理由などどこにもない



第一次 、 第二次世界大戦で 国民を ただの駒のように戦場に送り
そのひとつひとつの大事な命 軽く扱い
敗戦したらしたで、戦争を始めたことによって国民に与えた大きすぎる犠牲を考慮することなく
謝罪することなく
よって その責任も取らず


そして 見捨てた


それは 戦後 70年経っても 何一つ変わっておらず


国は 電気事業社と組み 原子力発電所を 我が国の 限度を無視して 促進させ


自分達のメリットのみ優先させ 国民へのリスクを軽視した


そして その結果 起きた福島第一原発 爆発事件で


福島 およびその近郊に住む人々の人生を根こそぎ破壊し


しかしながら 再びその責任を取ることもなく



国民を見捨てた


そして今


米軍に おもねるために 沖縄の辺野古を そして 高江を いとも簡単に 差出し


そこに住む国民を捨てた





忘れてはいけないことがある。と思います


日本を守るために 真実を知らされないままに


ただ戦わされ ただ死んでいった 日本人の人たちがいた。ということ


命長らえても その後遺症 や 良心の呵責にまだ苦しみ続けているたくさんの人たちが未だにいる。ということ



彼らの語る言葉を
そして 彼らの瞳の奥に宿る 癒えることのない深い悲しみを




魂に刻みつけるのに、一度で足りないのなら


何度でも 繰り返し 聞き 読み


戦争の無意味さ 戦争がもたらす 悲劇を 日々確認しなければいけない







原爆救護 ~被曝した兵士の歳月

見てください
そして 彼らの目の中にある言葉にならない様々な思いを読み取ったら


あなたも戦争など二度と行なってはいけないと


再び魂に刻むことでしょう


神妙な その顔の後ろに 計算高い小狡い面隠して
ノコノコ やって来た エセ ノーベル平和賞のオバマ を 筆頭とするアメリカの権力者たち


彼らに ヒットラーを 非難し 裁く 権利は全くないのです


殺し方は 違っていても


広島で 長崎で 武器を持たない市民を 大量に虐殺し 後遺症に死ぬまで苦しむ大量の市民を作った
のは 他ならぬ 彼らなのですから



原爆症と 認定されていない 人たちが
せめて 亡くなる前に 認定の朗報を 聞く日が来ること祈ります


そして 亡くなった方たちのご冥福と魂の平安を



[PR]



by cocomerita | 2016-08-13 07:30 | 戦争反対 | Trackback | Comments(16)

戦争の作り方

戦争の作り方







文字で追いたい方は





そうです
戦争って 作る。


つまり 企てる もんなんです





プロパガンダ とは

(組織的な)宣伝行為 (活動)、デマ 偽りのニュース
(ある団体、運動によって)宣伝された主義 主張
宣伝機構(団体)
                     小学館プログレッシブ 英和辞典


プロパガンダ とは


 ありもしない高い支持率 を でっち上げて 新聞やテレビで流したり

 外政で軍事介入を回避するように尽力する。のではなく
 隣国の危険を誇張して 伝え 国民の恐怖を煽り
 攻められる前に攻めなくては いけない
 そのためには 憲法改正や軍備が必要である。という意識を誘導します


企業票で 成っている政府は 都合の悪い個人票を集票させないために
投票率を下げるため
選挙当日のお天気予報さえ 操作 します



戦争で 国民が 潤ったり 豊かになったり 幸せになったケースは


ただの一度もありません


戦争で


誰が得をするか?


ちょっと考えてみれば この宣伝を企てている 源がわかります


国を護る ためでもなく


国民を護る。ためなんかで あるわけはない



すべて 俺様たちのため


すべて私欲を肥やすため


ということがわかります




引き続き


首都圏アクション国会大包囲  
2月21日 日曜日 14:00~15:30

     ”止めよう 辺野古埋立て” 





辺野古米軍基地 拡張 建設(移転なんかじゃあなく これって完璧に基地拡張)


原発と同じく


国民が うっかりしている間に どんどん 建てられてしまった 米軍基地も


一個づつ 丁寧に 除去していくしか


日本の自由な社会は築けません



辺野古 の 移転と言う名目での 拡張工事


阻止しましょう



わたしは行けないけど


どうぞ皆さんは


国会前に集まってください



政府が 庶民 と侮っている その国民が


北から南まで 団結することでしか 今の政府の戦争へ向けての暴走



止める術はありません



一人一人の 参加が 大事です

[PR]



by cocomerita | 2016-02-17 20:51 | 戦争反対 | Trackback | Comments(23)

動物達の声を聞け ~2.21 辺野古埋め立て反対 首都圏アクション 国会大包囲

声を持たない イルカや ジュゴン 珊瑚 たち
海の生き物 を代表して
辺野古埋め立て 米軍基地建設 に 反対します














皆さん


こぞって


お誘いあわせのうえ


お出掛けください




アメリカ軍 及び 軍需企業の 顔色しか 伺わず


国民の意思など お構い無し


そんな政府の 戦争への 歩みより止めるには


ひとりひとりが こつこつと たゆまず そして 互いに繋がり


私たち 国民の 声を 集めて


国民の善き意思を 形にして いくしかありません









東京新聞 より

「辺野古基金」5億円超える

2015年12月11日 朝刊

 
 米軍普天間(ふてんま)飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古(へのこ)移設に反対する有識者や地元経済人らが共同代表を務める「辺野古基金」は10日、4月の創設から今月9日までに基金に寄せられた寄付金総額が、5億円を超えたと発表した。基金の事務局は「全国に支援の輪が広がっており、心強い」としている。
 共同代表はアニメ映画監督の宮崎駿(はやお)氏やジャーナリストの鳥越俊太郎氏ら8人。基金事務局によると、寄付金は辺野古反対運動を展開する市民団体への支援や、新聞への意見広告掲載などの費用に充てられている。問い合わせは事務局=電098(943)6748=へ。





人は どうでもいいことに わざわざ お金を それも振り込みに行ってまで 払いません




5億円は 国民の 辺野古埋め立て反対の 強い 意思 沖縄への共感の現れ です



これ以上 アメリカに 従属するのは まっぴらごめんなのです


戦争しなければ 基地なんて 必要ないわけで



尊い自然を破壊し
海に生きる生き物たちの暮らしを破壊する



基地建設に 反対します







関連 リンク


2月21日 日曜日 14:00-15:30
場所 :国会周辺






シンボルカラーは青 辺野古の海の「青色」で国会まわりを埋め尽くそう




何故にここまで やりたがる?
[PR]



by cocomerita | 2016-02-16 17:32 | 戦争反対 | Trackback | Comments(10)

甘い言葉に騙されるなかれ

なんじゃこれ?




ちほん"地方協力本部" の
自衛官募集 ポスター
です


萌え系だって



どーか してんじゃね?



いよいよ、来るべく 開戦 • 参戦 に 向けての 生け贄 人員 確保ですね






















大体
日本って こうやって 言葉のすり替え や 視覚的 すり替え で



深刻で 重要なことを 大したことないように 繕う



行為が多すぎる



だからね



物事の価値観 どんどん 低落し ちゃちになる




性交 は H する に
売春 は 援助交際 で
恐喝 も 暴力も いじめ



戦争も おかしな カタカナ言葉にすり替えて
アニメを 使い
言葉を ちゃんと 知らない 若もの達の
"かっこいい かもー" "いいかもー"
(語尾 を思い切り上げて 甘ったれた 調子で まったり発音してください)



に 訴えて 彼らの稚拙な興味心を そそり



ゲットしちゃったら こっちのもんよ



さっさ と 前線へ 送る



そんな 作戦は とっくのとうに 始まっている



良い子のみなさん




セックスも Hするも 性行という 大事な人と行う 大切な 真面目な行為であり
エロいおじさんの望むままに 実行し その代償に 物や金銭受けとることは 立派な 売春 であり
いじめは 純粋に 恐喝であり 暴力行為




よって りっぱな犯罪 なのですよ




戦争をしている国に乗り込んで 理由がどうあれ 他の人の命を殺めたり 傷つけたり
他の人の暮らしている町や家を破壊することは



自分の国を守る ことでも
自分の家族を守る ことでも なく



ましてや カッコいいこと。 なんかでは 全くないのです



攻撃される相手にしてみたら
あなたたちは ただの 侵犯者 憎むべき 敵 です



そして
襲われた相手が 反撃してきて


あなたたちが 負傷し 手や足 失い 視力 聴力 など身体の機能を失っても


そして
軍が 内緒で使っている 劣化ウラン弾で 被爆し 発病しても
そして
それがもとで 命を落としても



政府は 知らんぷり ですよ








良い子の 皆さんは そういう 政府の 口車に 乗せられることなく



自分の命を守り
暮らしを守り

そして愛する人を守り



愛してなくても 尊重し



ささやかでも 健やかな 全うな 人生歩んでください






Go ! go ! peace...
は~~~ 悲しくなるほど 安っぽい、、sigh





[PR]



by cocomerita | 2016-02-14 08:50 | 戦争反対 | Trackback | Comments(32)

鬼は内

北朝鮮が日本を攻撃した。と



待ってました と ばかりに 盛り上がっているだろう 安倍政権 及び 軍需企業の高揚が伝わってきて



ただ 妙に不穏なものを感じます



不穏さは 北朝鮮 ではなく 我が国の政府に。です



私は 北朝鮮は 日本"など" 攻撃しないと思っています



日本 "など"攻撃して 得るものは 非常に少ないと思うからです



怨恨 妬み がらみ もしくは "ただ見せる"ためには やるかもしれないけれど



彼らは バカじゃない
ちゃんと計算しています



よって 攻撃などしない



するだろう ー してくる
いや、するに決まっている。 と 国民みんなに思わせたいのは


ただ
安倍率いる 現政権のみ



だから 今回の北朝鮮がミサイルを日本に向かって 云々 っていう報道も



こっちの新聞で 実にささやかに 小さく 報道されましたが



私はむしろ 日本政府による "やらせ"の臭いを感じたので



気にもかけず スルーしていたのです



清原逮捕も しかり



甘利事件から 目をそらさせるための裏工作が あまりにも見え見えで



国民そこまでバカにされているのかと苦笑しました



清原と 甘利では ことの重大さがまるっきり違うのですが



案に奏して 清原逮捕に踊らされ 甘利を忘れている人々の多さに 驚きました



これなら 国民の思考を誘導し 騙すのは 赤子の手を捻るようなもの です



まず
これを 読んでください



北朝鮮のミサイル発射報道と政府反応の異常 ー開戦時の予行演習



ここまで マスコミが 知っていたのなら



今さら 驚くことはないでしょう に



アメリカの 9.11がハリウッド映画であるのなら
これは 安っぽい テレビドラマ



私はテレビの仕事もしていたから



その怖さもよく知っています



撮影したフィルムには まず 日付は反映されないし
テレビ局は 撮影したフィルムを 切ったり貼ったりして



編集 するのですよ



そんな 編集できるもの
おまけに ジャーナリストの魂 とっくに売り渡し、
政府の参戦プロパガンダの手となり足となってる つまり 小番頭



そういう人々が 編集 "できる"ものなど 信じられるわけがない のです



前門の虎 後門の狼 という言葉があります



今の日本は 後門の 薄汚い悪霊が 彼らが 国民に信じこませたい映像を



ただ 前門に投影してるだけ です



前門の虎など どこにもいないのです



国民の意思を無視し



粛々と 軍備を拡大し
粛々と 福島の補助を切り
粛々と 原発 再稼働し
粛々と 他国に原発売り歩く



私たちの 日常を脅かしているのは
誰よりも彼ら である




ということ に 気づかないと



気がついたら 開戦 ということにも なり得るでしょう



現実をよく見てください



そうしたら 誰が 何を使って 何を仕掛けているのか



見えてきます



すべては 来るべく 、、つまり 参戦 だか 開戦 だかの お膳立て




ますます膨張拡大するであろう軍備 つまり 戦争ビジネス への理由付け



当然 さらに税金は上がる。と



彼らは自分のポケットマネーでは 投資しません



戦争ごっこの元手は 国民からの税金です



こちらも見てください



武器輸出する日本



考えてみてください



国内にいる 、まず救わなければいけない人々を 見捨てて
経済大国などになる必要が



どこにありますか?



戦争の痛手を一番 知っていて
むしろ平和の大事さを 世界に発信しなければいけない日本が



アメリカにくっつき 戦争ビジネスを 煽 り



無理やり法まで改正して



儲ける?



その儲けが 庶民に など 還元されることは なく



そんな薄汚い政策で 万が一 一瞬経済が潤ったとしても



そんなあぶく銭で、
そんな政府のもとで



国民が幸せになれるわけ など ないのです



後ろで せっせと 映像を編集し 国民に 自分達の思惑を 事実であるかのように



思い込ませようとしている




彼らは 賢くないけど 巧妙です



気を付けましょう




[PR]



by cocomerita | 2016-02-10 19:06 | 戦争反対 | Trackback | Comments(20)

650 と簡単に言わないでくれ

フランチェスコ法王が



笑顔と


素手




防弾壁を整備した車も拒否して



危険なケニアなどのアフリカ諸国を訪問しているさなか



ドイツのメルケル首相は



言葉だけでは勝てない



フランスの支援にと 650名の兵士派兵を表明する



お世話になったから とか
お世話になるかもしれない から とか



そういう政治家同士の ただのしがらみで


兵士の命を 挨拶がわりに 使ってほしくない



650名と簡単に言うけれど



その一人一人に 父がいて 母がいて
妻がいて 恋人がいて 子供がいて 友人がいる



彼に何かあれば
その不幸は 彼を取り巻く多くの人の不幸になる



ひとつひとつの命は



ひとつ ひとつ それぞれ 果てしなく 尊く 重い




十羽ひとからげで扱ってほしくない




その昔 日本でも人気になった ゴーストバスターズ



その中で 彼らが ニューヨークの地下に溜まった スライムを発見する



このスライムは 都会に暮らす人々の不満や怒りやイライラが 物質化したもので



それに触れると 人はいきなり 不機嫌になり 怒り始める



あのとき 私は笑っていたけど



あれって 実に 本当だ



私は今回東京の満員電車で それを感じ 背筋がぞっとした



電車が揺れたのは 私のせいでもないし



あなたが朝早くから 起きて労働しなければいけないのも 誰のせいではない のに



みんな怒ってるようで
みんな不機嫌
みんなイライラしている



満員電車のなかで 快適とは程遠い環境のなかで



不本意に押してしまった相手を 睨み付ける代わりに



すみません、どういたしまして。と微笑みあえないものか




怒りは 伝染し



そして 怒りは 怒れば怒るほど 勢いよく 膨れ上がり



しまいには 自分でも制御できなくなる までになる



暴力に暴力は
終わることのない怒りと恨みを 生み出し 膨れ上がり 派生する



言葉では 勝てない。と 武器を手にするのではなく



勝つために 力付くで 組伏せるのではなく



互いの 言葉で わかり合おうとするのが


人間の人間たる高潔さではないのか



問題は



そこに物凄い 強欲が絡んでいるっていう現実であり



彼らの懐に一銭 も入らない 平和ではなく



金だの利権だのが ざくざく入ってくる 戦争を望み 仕掛けようと思っている人々がいるってことで



彼らは



互いの理解を深める代わりに 知らないことへの恐怖感を煽り



人々の思想や宗教の違いによる壁を さらに厚く 高くする



人々が互いに理解し 仲良くなってもらっては困るのだ



いくらなんでも友人は 撃てない



こういう邪悪な思いがはびこってる限り



この地球上から 戦がなくなることはないだろう



そんなおどろおどろしい炎に 一人で 水を注いで 鎮静できないものか?と



頑張っているのが 現法王であり 私は彼の無事を日々祈る



ここには カソリック とか イスラムとか 仏教とか



そういう 宗教の教義ではなく



人間が どうあらなければいけないか?という 根本的な問いかけがある



この物騒な時代に
彼という 人間が公に 笑顔で出てきてくれたことを感謝する



私たち一人一人が 彼に倣って



怒る換わりに 笑顔を



嫌う換わりに 理解を



怖がる前に知ること を始めることが



彼の消火活動に 参加することになる



彼が 注ぐ 一杯のバケツの水を増やすこと になる



反戦活動は 私たちの日常から 今日1日の過ごし方から 始まる










[PR]



by cocomerita | 2015-11-29 18:15 | 戦争反対 | Trackback | Comments(18)

君たちに憎しみという贈り物はあげない

パリ 同時多発テロで 妻を亡くした パリ在住の仏人映画ジャーナリスト
アントワーヌ・レリスさん(34)は、13日夜にコンサートホール「ルバタクラン」で起きたテロで妻エレンさん(35)を失いました



レリスさんは17日、仏ラジオに
「文章は、幼い息子を思って書いた。
息子には、憎しみを抱かず世界に目を見開いて生きていってほしいから」と語った




金曜の夜、君たちは素晴らしい人の命を奪った。

私の最愛の人であり、息子の母親だった。

でも君たちを憎むつもりはない。

君たちが誰かも知らないし、知りたくもない。

君たちは死んだ魂だ。

君たちは、神の名において無差別な殺戮(さつりく)をした。

もし神が自らの姿に似せて我々人間をつくったのだとしたら、妻の体に撃ち込まれた銃弾の一つ一つは神の心の傷となっているだろう。



だから、決して君たちに憎しみという贈り物はあげない。

君たちの望み通りに怒りで応じることは、君たちと同じ無知に屈することになる。

君たちは、私が恐れ、隣人を疑いの目で見つめ、安全のために自由を犠牲にすることを望んだ。

だが君たちの負けだ。(私という)プレーヤーはまだここにいる。



今朝、ついに妻と再会した。

何日も待ち続けた末に。彼女は金曜の夜に出かけた時のまま、
そして私が恋に落ちた12年以上前と同じように美しかった。

もちろん 悲しみに打ちのめされている。

君たちの小さな勝利を認めよう。

でもそれはごくわずかな時間だけだ。

妻はいつも私たちとともにあり、再び巡り合うだろう。

君たちが決してたどり着けない自由な魂たちの天国で。



私と息子は2人になった。

でも世界中の軍隊よりも強い。

そして君たちのために割く時間はこれ以上ない。

昼寝から目覚めたメルビルのところに行かなければいけない。

彼は生後17カ月で、いつものようにおやつを食べ、私たちはいつものように遊ぶ。

そして幼い彼の人生が幸せで自由であり続けることが君たちを辱めるだろう。

彼の憎しみを勝ち取ることもないのだから。




憎しみを 生まない
憎しみを増長させない


これが 私たちのできる 反戦活動


犠牲者の方たち の魂の平安と


残された方たちの行く末に 神のご加護 祝福が 慈雨となって 降り注ぎますことを


心から祈ります



そして これ以上 罪のない人々が 犠牲になることのないことを、、








[PR]



by cocomerita | 2015-11-21 04:29 | 戦争反対 | Trackback | Comments(20)

戦争法の廃止を求める統一署名

世の中が


ますますきな臭い



フランスでは オランドが 戦争だ! 戦争だ! と 空爆を始め



国民の報復感情を煽って



戦争を 正当化する



パールハーバーと一緒だね と ため息が 出口を失い 胸に重く溜まる



大体 戦争をしたいやつが多すぎる



事件が起こって 三日で 犯人の住んでいた場所が 確定できるなら



それも 今回のテロリストは 1月に フランスのスーパーマーケットを襲った犯人と



同じ区域に住んでると言う



前の事件が起こった時点で



なぜ もっと 犯人の周囲を洗いだし



監視を続けなかったのか?



防げたテロではなかったのか?



政治家は 嘘つきばかりだから



今度のことにも 裏があるような気がしてならないのだ



それが 考えすぎだとしても



目には目 歯には 歯。では 戦争は終わらない




いや、終わらせたくない人間たちがいるから終わらないのだ



そこに わくわく ちゃっかり 乗っかっている 我が国の首相



情けない 大馬鹿者 としか言いようがない



日本は 敗戦国であり 被爆国であるのだから



どこの国よりも 先駆けて 非暴力を唱え
戦争に加担しない理由は 山ほどあると言うのに



それをあえて放棄して 戦争に参加しようと 画策する



私たちは 日本が戦争を できる国にならないように



ここで どうしても 阻止しなければならない 大きな責任がある



戦争法の廃止を求める 統一署名に 署名お願いします



大物政治家 狙うのではなく



簡単に襲える 市民をターゲットにした



臆病 かつ卑怯なテロ行為の 犠牲になった方々のご冥福と



被害者の方々の 身体と心の傷が1日も早く癒えることを祈ります







[PR]



by cocomerita | 2015-11-18 16:09 | 戦争反対 | Trackback | Comments(21)

ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live

最新のコメント

ciao hisakoさ..
by cocomerita at 06:29
junkoさん 為政者..
by hisako-baaba at 14:44
ciao antsuan..
by cocomerita at 23:13
ciao sideさん ..
by cocomerita at 23:07
まぁ、国民が主権者という..
by antsuan at 22:22
あーあ、日本は終わりです..
by sidediscussion at 21:30
ciao antsuan..
by cocomerita at 08:34
政治家の口利きが悪いわけ..
by antsuan at 07:23
ciao hisakoさ..
by cocomerita at 23:17
ciao sideさん ..
by cocomerita at 23:14

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル