私がローマで独りで始めたわけ 

カテゴリ:戦争反対( 42 )




9条改憲を止める 〜署名 拡散お願いします

b0150335_07434156.jpeg

b0150335_07444535.jpeg

b0150335_07451384.jpeg

b0150335_07490116.jpeg


しかし、、、
このトランプさんって 、、、
使いきれないほどの お金持ってる だろうに、、、

何を着せても安っぽい
センスって奴は 育ちも 持っているお金の量も ほとんど関与しないらしい

先日 オリバーストーン監督が行なったプーチン大統領へのインタビューを二週にわたって見たけれど
プーチン大統領の着こなしに感心
彼は現在 世界の檜舞台で 暗躍する政治家の中で 一番のベストドレッサーだと思います

もしかして
このセンスって奴は 頭の良さから来るのかもしれない、、とふと考える
そう考えれば
安倍さんのこの間抜けな着こなしや
トランプさんのダサい着こなしにも納得できると言うもの だ。






hisakoさんのところからの拡散です

署名お願いします

b0150335_07400609.jpeg

国民あっての 総理であることをすっかり失念し
国民舐めきってる安倍政権と
彼の悲願である9条改憲に

強く反対します











[PR]



by cocomerita | 2017-11-09 08:56 | 戦争反対 | Trackback | Comments(8)

青春は戦争の消耗品だなんて まっぴらだ







大林宣彦監督


「 おじいちゃんの時代には 戦争をしていたから たくさんの人が死んじゃった
そういうことは二度とやめてみんな仲良く生きよう
みんなケンカや戦争もしない
美しい彼岸花や稲のような命にならなきゃいかん

それを描くのが 花筐いう映画 」




彼が 余命3ヶ月を宣告されていながら
死ぬまでに 絶対に 撮らなければいけない。
と ある種の天命にも似た気持ちに駆られ 映画化を決意した
ガンに冒され 思うようにならない その身体で、

その気持ちがわかるような気がします


相変わらず 病気と言えるほど鈍感な政治家が 金欲 肉欲 そして 保身に走り
肝心の国政をおざなりにし
守るために戦うのだ。と
国民の危機感煽って 戦争をどうにかして企てようとしている今

こうして文化人と言われる、
しかも戦争を経験している数々の人たちがいても立っても居られなくなり、
立ち上がる
声を上げる


日本の状況は そこまで緊迫しているのです


それは北朝鮮が、ではなく
米国が、、でもなく
アラブのテロ活動、、でもなく


日本人の 、私たちの 精神の劣化
平和ボケ
国民的レベルの不感症


最も危険なことは 私たち国民の側にあると思います


私たちの肌が 暑さ 冷たさ 痛みを感じる感覚を持たなければ
熱い火に手を触れた時 手を引っ込めることを思いつくこともなく
よって 腕がぼうぼう燃えて どうにもならなくなるまで 焼かれ


あれ? 焼けちゃった と。
気づいた時は 命に関わる大火傷


現在の社会は、それと同じ類の危険さを内包しているように感じます
感じなければ
知ろうとしなければ
対処をしようとも
気をつけようとも思わないからです


状況が 取り返しのつかないまでになって 初めて気づき
慌てるけど 対処能力 なく
手遅れ





抗ガン剤を服用しながら、撮影を続ける監督の姿が痛々しく
それでいて 美しく
監督の姿に 巡礼者の姿を
そして 十字架を背負って ゴルゴダの丘を登る キリストの姿を重ね見ました


政治家の悪態とおなじくらい
その影で 色々な心ある人々が警告を発して居ます
それを 少しでもたくさんの人に 真剣に 受け止めてもらいたいと願います



戦争は
戦争を知らない私たちが想像するより はるかにはるかに残酷で悲惨なのです
そして
始めさせてしまったら 後には戻れません

青春は戦争の消耗品ではなく
命は 戦争で浪費されるべきものではないのです




福島で起きた あの悲惨な原発事故を忘れて
再び 電気を湯水のように使っている 日本の人たちにそれがわかるでしょうか?



この動画を見て
大林監督はまだお元気であろうかと
恐る恐る ググってみました


ほっ
まだお元気でいらっしゃいます
良かった

インチキ医者め


この冬公開だそうですから
ぜひとも 医者の心無い 宣告を 裏切って 長生きしていただきたい
彼が、遺作だと言うこの作品の 大成功のスタンディング オベーションの
拍手のその怒涛の波に包まれた 彼の笑顔が見たいと思います



この動画を見て居て
もう1つ 気づいたことがあります


それは医者という人々の横柄さ 不遜さ
1つの命を前にした時の敬虔さの不在


この動画の中で 大林監督が 医師と話をするところが出て来ます
自らの死とすでに大いなる勇気で 向き合っている その人の前で
偉そうに 椅子にそっくり返り
あなたの命はあと3ヶ月 と さらりと言い切る
それは まるで 修理できない車を扱うかのごとく
冷蔵庫の耐用期限を説明するがごとく
簡単で表面的で
命の重みを知っている人とはとても思えません


命を扱う仕事に就きながら
その命の尊厳を敬う、その丁寧さ その謙虚さは微塵も感じられず


これが大林監督でなかったとしても
人1人の命と向き合う と言う 真摯さに欠けています
不真面目
失礼極まりないと嫌な気分になりました


私の命を こんな人々に 値踏みされたくない。と再び思いました





花筐
檀一雄さんの作品が原作です






12月16日 公開です













[PR]



by cocomerita | 2017-09-16 17:57 | 戦争反対 | Trackback | Comments(6)

戦争を考える ー 九条を抱きしめて






日本国憲法 第九条 「 戦争の放棄 」


日本国民は
正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し
国権の発動たる戦争と
武力による威嚇 または武力の行使は
国際紛争を解決する手段としては

永久にこれを放棄する









○アレン・ネルソン(Allen Nelson) 
元アメリカ海兵隊員。
1947年7月30日、ニューヨーク・ブルックリンに生まれる。貧困家庭に育ち、高校中退後、
1965年、18歳で海兵隊に志願入隊。
1966年、沖縄駐留を経て、ベトナム戦争の最前線に派遣。
1970年1月に除隊するが、心的外傷後ストレス障害PTSD)に、長く苦しむ

1995年に沖縄で起きた海兵隊員による少女暴行事件をきっかけに、
1996年、沖縄を訪れる。

以来、毎年、市民グループの招きで来日。全国各地で、延べ1000回以上、自身の体験を語り続けた。

2009年1月 多発性骨髄腫を発症。
2009年3月25日 家族に見守られながら永眠。
多発性骨髄腫は、ベトナム戦争で米軍が使用した枯葉剤被曝した兵士に、多発する病気であると、アメリカ退役軍人省も認めている。(…以上、このDVDのアレン・ネルソンさん紹介欄より…)




アレン ネルソンさんは、日本に来て初めて日本国憲法第九条を知った時の
感動を次のように語ります


「 1996年に来日した時
ある人が日本国憲法の冊子をくれました。

第九条を読んだ時 自分の目を疑いました。
あまりに力強く あまりに素晴らしかったからです。


平和憲法は日本人が考え出したものでは無い。とか
アメリカ人に与えられたものだとか
色々言われているけれど

誰にもらったかは問題では無いのです。

平和憲法は
私たちが進むべき未来を示している。
たとえ宇宙人がくれたものだとしても
これは 全人類にとって大切なものであるのです。」


「 日本国憲法第九条は
いかなる核兵器より強力で
いかなる国のいかなる軍隊より強力です 」


「 日本の皆さんは憲法に9条があることの幸せに気付くべきです。


ご存知のように 現在 多くの政治家が憲法から第九条を消し去ろうと
躍起になっています。
断じてそれを許してはなりません。

皆さんと皆さんの子供達はこれまで第九条に守られてきました。
今度は、皆さんが第九条を守るために立ち上がり声をあげなくてはなりません。 」


「 第九条は日本人にのみ大切なのではありません。
地球に住む全ての人間にとって大切なのです。」

「 アメリカにも第九条があってほしい。
地球上の全ての国に第九条があってほしい。
世界平和はアメリカから始まるのではありません。
国連から ヨーロッパから始まるものでもありません。

世界平和はここから この部屋から
私たち一人一人から始まるのです。

平和な世界を築くのは私たち一人一人の力です。」


「 平和への道はない
平和こそが道なのです。」





2009年 3月
アレン ネルソンさん 逝去
彼の遺骨は 加賀の光闡坊に眠ります。


アレン ネルソンさんの闘病生活を支えるために全国から集まったアレン ネルソン沖縄 基金は、彼の死後 現在 ベトナムの貧しい子供達への奨学金として活用されています


それはアレン ネルソンさんがベトナムの人たちに謝罪をし
そして
ベトナムの人たちがそれを受け入れたからです。




私たちは与えられ過ぎて
私たちが現在享受できることの その本当の価値をしばしば 見失います。


戦争を経験した人たちが声を限りに戦争はダメだと言うのは
それがどんなに悲惨な事か 身を以て知っているからです。


でも
知らないから わからない。
それでいいのか? と考えます。

良い訳はないとおもいます。

人間には想像力というものが与えられています。
どんなに悲惨なものであるか 想像する事はできます。

そうしたら 答えは明白です。
ダメなものはダメなのです。


私たちの現在のこの安穏とした暮らしの その背後に
大勢の それこそ数えきれないほどの方達の無残な死と そして苦しみ 悲しみが
未だに 血を流して横たわっていると言うのに

わからない 知らないでは済ませられないと思います。

とりあえず 頭の上から爆弾は落ちてこない
銃弾は飛んでこない
そんな平和を享受している私たちに課せられた最低の義務は


過去に犠牲になった方達のことを
そんな方達がいたことを
過去にどんなことが行われたか

その事実を知ることではないかと。

私も 平和はまず私たち個人の中から生まれると信じます。
私たちの中に平和がないのに、それを外に求める事はできないでしょう。

そうであるのなら
平和は まず過去の事実をきちんと知り その過ちを認め
謝罪することから 始まるのではないか。と


そのためには
正しい歴史を
そのまま 伝えていかないといけないのだと思います。


憲法9条は 世界平和の最後の砦のような気がします。
固守しないといけません。


そして
そのためには 私たち一人ひとりが 9条の素晴らしさ その大切さを 心から理解しないといけないのではないか。

と 考えます。


確かに
9条に守ってもらっていた私たちが 今度は9条を守る番なのだと


アメリカ人のアレン ネルソン さんに教えてもらいました















[PR]



by cocomerita | 2017-08-30 15:49 | 戦争反対 | Trackback | Comments(12)

戦争を記憶する ー 地図から消された秘密の島



まだ 死なれない
死なれない

私が死んだら毒ガスの証言をする人がいない







1929年 日本軍は 瀬戸内海 大久野島で 毒ガスの製造を開始しました


藤本安馬さん 91歳 は
15歳の時に 毒ガスの製造に携わるとは知らずに志願しました


1942年5月 27日 日本軍はその毒ガスで中国の北たん村を攻撃し
その他中国各地で使用します




藤本さんは当時の毒ガスの方程式を未だに記憶しています


方程式は絶対忘れてはならない。
それは 犯罪の根拠を忘れる。
ないことにするということになる。わけですから


絶対に忘れてはならない


本来 勉強は
人間が生きるために勉強をする
私は中国人を殺すために毒ガスを作った



いわゆる 犯 罪 者


自嘲するかのように 自らを犯罪者だと名乗る 藤本さんに
その彼の心の闇の深さ
そして 知らなかったとは言え
自らが加担することになった人殺し へのその過去の罪に対する苦悩が


如実に伝わり 心が軋みます


中国 北たん村での 毒ガス攻撃で 亡くなった人は千人
毒ガス製造で亡くなった日本人は3700人

その後 毒ガス工場はアメリ兵の手で焼かれ
証拠は 研究結果をアメリカ政府に差し出すという 条件の元に 隠滅されました



2016年12月28日
安倍総理は 真珠湾を慰霊の目的で訪問


過剰なくらい ぺこぺこ 感謝の意は 繰り返していたけれど
謝罪の言葉はなく


しかしながら
敗戦 によって 我が国が アメリカに差し出したもの
及び
未だに提供を余儀なくされているものと比べてみたら


トントン どころか
こっちがお礼を言われたいくらいで


日本の政府 及び 日本の人たちは
いい加減に
アメリカという国が 自分の利益にならなければ 指一本動かさないという事に
そろそろ気づかなければいけない と考えます


確かに 日本の復興に手を貸してくれた
助けてくれたかもしれないけれど


それは
後で ゆっくり たらふく 食べるために 肥らせる。


いう言葉が過るのは 私だけでしょうか


そして
安倍総理が 慰霊という名目で 訪米したのなら
同時に
日本が散々 侵略し痛めつけた 中国、朝鮮半島、及び他のアジア太平洋諸国 連合国にも慰霊訪問するべきではないのでしょうか?



片手落ちどころか
こんなものは 慰霊とは呼べません

お馴染みの アメリカへのへつらい
なんちゃって外交のちゃちな行為の数々の
その一部 にしか過ぎない のです



藤本さんは
2004年に 中国の北たん村を訪れ 告白 謝罪します

私は三年半に渡って 毒ガスを造りました


その藤本さんに

真実を話す人は少ない
でもみんな被害者なのです
話してくれて良かった


と 日本軍の毒ガス攻撃で 弟二人と 妹さん一人を失った 李さんは語ります


告白、謝罪する側も
そしてそれを許す側も

勇気のある行為です

そして
これが本当の慰霊である。 と思います



日本は 国際法で禁止されていた 毒ガスを製造し
北たん村だけでなく 中国の他の地方にも毒ガスを使用し
中国の人々を殺傷しました


南京虐殺が捏造 だとか
慰安婦など存在しなかったとか


疲れる事なく 飽きることなく 繰り返す 人々
これでも 日本は加害者でなかったと言えますか?


加害者であった事を 真摯に認め 謝罪することが慰霊であり

それをして初めて
被害者である立場に立ち返り
戦争はダメだと 声高に言える のではないかと考えます


過去の汚点 や 過ちを知り
深く後悔し 謝罪の念を感じ 潔く謝罪する

それなしでは
日本はアジア内でも 裸の王様のまま
愚かに孤立し続け


日本の健やかな未来など 語れるわけはない。


私はそう思います




署名 拡散お願いします















[PR]



by cocomerita | 2017-08-27 16:01 | 戦争反対 | Trackback | Comments(6)

臥薪嘗胆 ーヒロシマ


戦争を やたら やりたがってる 安倍さんと その仲間たちに


是非とも 見ていただきたい動画です


映像ではなく
あの日広島にいた人たちの手によって描かれた絵で あるからこそ
なおさら あの日の無残さが そして人々の絶望と無念さが伝わってきます










悪魔さえ 同情するであろう この一発の原爆で
一体どれだけの悲劇と苦しみが 生まれたのか


あの朝に 想いを馳せます


原爆の被害にあった人たちの
その一人一人に
その一人一人の苦しみに
その一人一人の悲しみに


想いを馳せます


原爆記念日なんかが過ぎようが
考え続けます


言いようのない怒りが湧いて来ます


彼らの死は まだ報われていないのですから


彼らの死を悼み
無駄にしないようにと思うのなら


何よりも 戦争のない世界を作るため
真っ先に 日本が 声をあげていなくてはなりません


しかしながら
その代わりに行われているのは
アメリカと日本の間で 行われ続ける醜い取り引きであり


際限なく 相手の言い値で 購入される大量の兵器


買いたいのなら 買ってもいいけど
せめて 使わないでください


アメリカのセールスマン首相が ニコニコ 笑顔で訪れ
銀座で寿司を食べ
そして
少し神妙な 作り顔で 広島へ赴き
そして
その汚れた手で 原爆の被災者を抱きしめる


そして
そんな男を ハリウッドスターでも迎えるかのように
手放しで 大騒ぎする国民

ふざけるのもいい加減にして欲しい


ちゃらちゃら暮らすその暮らしの その過去に
訳もなく 殺された
それも 想像さえ及ばない 一番残虐な方法で、

そういう莫大な数の国民の死が無数に横たわっているのです




b0150335_05122123.jpg



そのことに想いを馳せることは そんなに難しいことでしょうか?


考えられないのなら
忘れてしまいそうなら

何度でも見ればよいのです

b0150335_05191008.jpg



あの日 あそこで どんなことが行われたのか

ご自分の目で 確かめてください



臥薪嘗胆

憎むためではなく
もう二度と同じ悲劇が起こらないために


私も幸せでありたいけれど
他のみんなも幸せでいてほしいのです

他者の犠牲の上に のうのうと成り立つ幸せなど
幸せとは呼べないでしょうし


不幸な人を眺めながらの 安穏とした暮らしなど
ただ 居心地悪いしかないのですから


守るために殺すのが戦争であるのなら
日本で悲劇は起きなくても
世界中のどこかで 苦しみ死んで行く人たちがいるのです


日本人が死ななければいいのではなく
どこの国の人も死んだり傷ついたり して欲しくないのです


私たち一人一人が 戦争の犠牲者の人たちの死を心から悼み
その心に 何があっても 戦争反対の強い意志が 灯ることを祈ります


政府がやらないのなら
国民から


核兵器保有に反対します
戦争に反対します


b0150335_05115761.jpg


人は戦うために生まれて来たのではないのです







>  ジュネーブ軍縮会議日本政府代表部は「高校生平和大使の演説は毎年必ずやると決まっているわけではない。今年は軍縮会議の議事上、適当でないと判断した」と説明した。


平和の重要性とは

いつでも どこでも 誰とでも そして何回でも
繰り返し 繰り返し 飽きるほど 語られるべきであり

適当でない。と言う事自体が 極めて 不適当

あからさまな言論統制

恥を知りなさい

















[PR]



by cocomerita | 2017-08-21 10:53 | 戦争反対 | Trackback | Comments(27)

宮崎駿監督の見方


2015年7月13日
沖縄 辺野古基金 代表を務める 宮崎駿 監督が
日本外国特派員協会にて記者会見を行なった動画を見て


沖縄問題
日中関係
現内閣の悪政
そして
スマホ
人には それぞれ色々な考え方 色々な生き方があって 当然ですが


沖縄基地問題から中国との関係に至るまで 私の思いと同じであり
心地よく そして チカラ強く 耳に響く





注 )この動画のコメントも 実に 興味深く
世の中には 実に色々な人がいるのだなあと実感します
私が嫌悪する最悪な安倍政権でさえ
賞賛する人がいるのですから、

あまりに真反対で 楽しめます


● 沖縄辺野古基地問題宮崎 沖縄の人の過半数以上が、辺野古に基地を作ることに反対しています。それで、まだそれは最終結論は出ていませんが、これから困難な道が続くんだろうと思います。それでも永続的に長く続けるために辺野古基金を作って、あらゆることをしていこうというのが、このファンドの目的です。

まして沖縄を何のために基地にするかっていったら、それは中国の封じ込めのための最前線でしょう? だけど、なぜアメリカは海兵隊をグアムに持っていこうとしてるか。最前線に最強部隊を置くことはできないんですよ。だってパールハーバーもクラークフィールドも、そこに最強の基地があったから、日本海軍は攻撃したんです。必ずそうなりますから、沖縄をその拠点にすることは、もはやアメリカの戦略上でも良くないことになってるはずです。ベトナム戦争のときとは違うんです。ですから、辺野古に基地を作っても、結局それは自衛隊を使うことになるんでしょう。そういうことも含めて考えると、僕は辺野古の埋め立ての基地を作るのは、反対です。本当に。そこは標的を作るようなもんです。というのも入ってます。普天間の基地は移転しなければいけません。それから辺野古を埋め立てるのはいけません。それで、第一次民主党の内閣の鳩山総理は「日本全体で負担しよう」というふうに発言したんです。僕はそれがまだ生きていると思っています。

● 安倍首相の支持率について イギリスタイム誌は

タイム誌 : 安倍首相に関してよく分からない部分があります。たとえば原発問題などの世論調査を見ると彼の人気は低いが、選挙では自民党が勝ってきました。宮崎監督もどちらかというとリベラルに属していると思いますが、なぜ日本の左派の人々は政治的に大きな力を発揮できないんでしょうか?

宮崎「民主党の最初の総理は、沖縄の基地の問題についても日本全体で背負うべきであって、『沖縄だけに負担させるのは間違いである』と、はっきり言った方です。でも、たちまち党内の勢力争いの中で、引きずり降ろされてしまいました。その後、地震と原発が立て続けに(日本を)災厄が見舞って、その混乱の中で、とうとう自民党政権がずっとやりたくもできなかった消費税(引き上げ)を民主党が決めるハメになってしまったんです。この結果、長い政治的な無力感と不信感がこの国にはびこったのだと思います。自民党は過半数以上の支持を得たのではなくて、多くの人間が投票しなかったことによって、天下を取ったんです。ですから、これはまた変わります。永続的なものではないと思います。

安倍首相は自分が『憲法の解釈を変えた偉大な男』として歴史に名を残したいと思っているのでしょうが、愚劣なことだと僕は思っています」


● 日中関係日本と中国の問題についての共同声明について、私は、あの侵略戦争が完全な間違いで、多大な損害を中国の人々に与えたことについて深く反省しているということを明言しなければいけないと思っている人間です。これを政治的な駆け引きとして、双方で何かごちゃごちゃやるのは、本当に良くない。あらゆる政治情勢と関係なく、この日本は長期にわたる、中国大陸における愚劣な行為について、深く反省しなければいけないと思っています。それを忘れたがっている人がいっぱいいることは知っていますが、忘れてはいけないことです。
● 平和憲法 宮崎: 15年にわたる日本の戦争は、惨憺たる経験を日本人にも与えたんです。300万人の死者です。この経験は多くの、つまり私たちよりちょっと上の世代にとっては忘れがたいことです。それで、平和憲法というのはそれに対する光が差し込むような体験だったんです。これは今の若い人には、若い日本人にはむしろ通じないぐらいの大きな力だったんです、平和憲法というのは。
それで、平和憲法は占領軍が押し付けたというよりも、1928年の不戦条約というのが国際連盟を作るきっかけになったんですけども、その不戦条約の精神を引き継いでいるもので、決して歴史的に孤立したものでも、占領軍に押し付けられたものではないんだと思います。
● 日本人とは宮崎 僕は、社会のみんなはじっこにいる島の人間たちで、平和に暮らせるはずの人間たちなんです。僕はそれだけです(笑)。この水と緑とで、資源といったら米が穫れるぐらいでした。今僕らがやってる、日本でやってる生活というのは、よそからかき集めてきて、それを使い尽くしていくっていう、そういう生活です。それは長く続かないでしょう。日本人であるということはどういうことかというのは、僕にはよくわかりません。わかりませんが、本当の知恵は、必要な知恵は、世界の隅っこで密やかにいようというのが一番正しいと、僕は思っています。

若者の右傾化

記者 ドイツの新聞でございます。日本の若者をどう見てらっしゃいますでしょうか。他の国を見ますと、若い人たちの中でも、やっぱり右傾化っていう傾向が出てきているわけでございます。日本でも田母神氏が若い人たちの中で人気を得ています。一方では、多くの若者は政治に無関心というふうに言われてるんでございますが、そう言ってもやっぱり、右寄りの若い人たちが結構増えてるっていうふうに考えております。今後、これはどういうふうに発展すると思いますでしょうか。つまり、過去のような若者が非常に政治プロセスに熱狂的に参加するような事態が来ると思いますでしょうか。宮崎 スマホを手放してくれれば変わります


そして こう語る何か世界がもっと根元のほうで、みしみしと悪くなっていくようです。ですからアニメーションのことだけ論じてても、しょうがないんじゃないかなと思います。いつでも、どうしてこれが流行るのかよく分からないものが流行ります。それもいろいろあって良いんじゃないかと僕は勝手に思っています


ー文字起こしをしてくださっているサイトがありましたので

全文 文字で読みたい方は こちらからどうぞ




右でも 左でも人の数だけ 異なる意見 異なる嗜好 及び思考 がある。

でも
宮崎監督が言うところの 根っこの部分は皆同じではないかと考えます
人としてやってはいけないことは 明確に存在する。


やっていけないことはやってはいけない。 のであり
国内 国外 問わず
侵略 なんてことは 絶対にやってはいけない。 のです
沖縄問題はそれに当たりませんか?
政府による不当な人権に対する侵犯 搾取です


人のものなんて 欲しがらなければ
人のものなんて 欲しがらなくとも

人は 十分に事足りて 幸せに生きていけるはずだと

私も思います


そして
日本人の美しさは その慎ましさにある

言うなれば
野の花の美しさ
目立たなくても ひっそり でも人の心に優しく触れ 語りかけてくる

欧米の派手な目立つ美しさ。
なんてものを 真似した時点で
その時点で 偽物になりさがる

まず
スマホを手放して
外に出よう





[PR]



by cocomerita | 2017-04-28 02:05 | 戦争反対 | Trackback | Comments(8)

山城博治さんらの釈放を ~ 緊急署名

今年も 明けましたね


新年明けましておめでとうございます


早速ですが
署名 及び拡散 よろしくお願いします
山城博治さんらの 早急な釈放を求めます



b0150335_18522755.jpg





https://www.change.org/p/山城博治さんらを救え

* 直接 署名ページに飛べませんので、お手数ですが アドレスコピペしてください



辺野古 および高江 での米軍基地建設反対運動を続けている方たちが
不当に逮捕され 現在も 未だ拘留されています

山城博治さんら、反対運動のリーダーたちが、こじつけとしか思えない理由で
不当逮捕され、次々に別の理由に切り替わり、長期に拘留されています。
最新の理由は、10ヶ月前の、1月28日から30日にかけて、辺野古・キャンプシュワブのゲート前にブロックを積み、工事車両の通行を妨げたというものです。

なぜ、10ヶ月も前に行われた抗議行動について、いま、逮捕勾留なのでしょうか。


なお山城さんの健康状態の悪化も心配されます
1日も早く 釈放されるよう
みなさんの一筆よろしくお願いいたします


沖縄の問題 云々 以前に
国民が ただ政府に不都合だというだけで 逮捕 拘留される。なんてこと

あってはいけないのです


しかしながら
自国民には 有無を言わさず 力でガンガン 搾取 抑圧する独裁者 そのもの なのに


それが こと 所 変わると いきなり猫撫で声の平身低頭
新大統領へのリップサービス にいそいそ 勤しみ
へこへこ パールハーバーに慰霊とお詫びに出かける 安倍ソーリー


訳わかんないよね あの人


でも
アメリカに 慰霊&お詫び に行ったんだから
中国や韓国にも


当然行くんでしょうね!


昔 母が お正月にしたことは一年中する羽目になるから
新年早々 兄弟喧嘩をするなと言った


今年こそ いい話題で始めたかったけれど


あのえげつない人間がいる限り
今年もこんな感じになりそう、、な 気配



皆様におきましては
穏やかで のどかな新年お迎えになったことと思います


本年もよろしくお願いいたします



お正月明けには 署名提出の運びになると 推測しますので
時間はそんなにありません


ということで
署名よろしくお願いいたします

[PR]



by cocomerita | 2017-01-01 17:59 | 戦争反対 | Trackback | Comments(24)

消え行く声 ~平和への関心 忘れないで 94歳 元海軍兵の訴え

人とは実に愚かなもので


失ってから 失ったものに大事さに気づく


平和も
戦争をして 苦しんで 痛い目にいやっと言うほど逢わなければ



その大切さ 有り難さが わからないのでしょうか?




瀧本邦慶さん 94歳 は、 1921年 香川に生まれ、1939年 17歳 で海軍志願
1941年 12月、一等航空整備兵として空母「飛龍」に乗り組み、真珠湾攻撃に参加した
その半年後、瀧本さんが乗った飛龍はミッドウェー海戦で米軍機の猛攻を受け沈没。
乗員1500人のうち、戦死者は1000人余り。
瀧本さんも米戦闘機の機銃掃射で弾丸の破片を肩甲骨に受けていた。



佐世保に帰還した負傷兵は一つの病棟に収容され、外出も面会も一切禁止された。
当時の大本営はミッドウェー海戦での戦果を大々的に伝え、
損害については、
“我が方の損害は航空母艦1隻喪失、同一隻大破、巡洋艦一隻大破、未帰還飛行機三十五機”(42年6月11日付朝日新聞)と過小報告していた。
実際は、瀧本さんが乗艦した飛龍を含め、4隻が撃沈、300機以上の飛行機が空母に着艦できずに海へ沈んだ。





ミッドウェー海戦の大敗は、当時の「特定秘密」。
生き残った兵士たちは新たな部隊に配属されて最前線へ送られていく。
瀧本さんは44年2月、トラック島(現ミクロネシア)の竹島基地へ配属された。
南方作戦の重要な補給基地だったため、連日にわたって米軍の大空襲を受け、
補給路が断たれてしまう。食べる物も武器もない。
仲間や部下が栄養失調や疫病で次々と亡くなっていく。

「食べ物がないためにやせ死ぬほど、苦しい死はありません。お国のために死ねと教えられ、心からそれを信じてその通り行動してきた。
その結果、南洋の小島で人知れず餓死してヤシの肥やしになって消えていくのかと思ったとき、国に騙されていたと気づいたのです」


トラック島の守備隊4万人のうち2万人が犠牲となった。



奇跡的に生還した瀧本さんは生き残った者の責任として、
小中高校などで「戦争の語り部」を行っている。
瀧本さんは、「太平洋戦争前の世相」「ミッドウェー海戦の実相」「トラック島駐留」を紹介したあと、自らの考えを語る。
押し付けることはない。どう考えるか、自分で考えることが大切だと語りかける。
そして、こう締めくくる。


「これから生まれてくる子どもさんの命を守る話です。
少しでも心に響くことがあれば、ご家族やお友達に伝えてください」



平和講演の多くは、真夏の体育館で児童・生徒たちに向かって1時間余り。
瀧本さんは一度も座ることなく、どんな質問も立ったままで答える。
今年で94歳、まさに命を削るような活動である。



その平和講演を、瀧本さんは8月末で止める。理由は二つだという。


一つは、今回の参院選。
瀧本さんは
「いくら講演活動を続けても何も変わらない。
いや、時代はますます悪い方向へ向かっています
」と嘆く。


二つ目が、参院選の結果を受け、近い将来、集会の自由が奪われる時代が来るだろうと思うからだ。

「戦争が近づくと、特高警察が700人近くの反戦主義者を次々と検挙していきました。今の政権はそれと似たことをやると思いますよ。
当時よりも戦争に反対する人は多いから取り締まりも大掛かりにやるでしょう。
平和講演をやっていることで逮捕されたら、息子夫婦に迷惑をかけることになりますからな」



大げさな話だと一笑に付すことはできないようなことがすでに起きていた。


瀧本さんが大阪府内の高校で講演したとき、後日、学校から感想文が送られてきた。
その中に、「左巻き(左翼の意味)のじじいが政権を批判するなんて許せない。話を聞いて無駄な時間を過ごした」と書いた一文があった。
語り部活動を始めて10年以上になるが、そんな感想が寄せられるのは初めてのことだった。


さらに、数日前、大阪市内の中学校から依頼された講演をキャンセルされた。
講演担当の女性教諭が打ち合わせに来てくれ、どのような話をするか説明した。
その教師から報告を受けたのであろう校長が電話で
「政権を強く批判したら困る。瀧本さんの話は都合が悪いので」
と説明したというのだ。



「誰が困るというのでしょうか。校長自身なのでしょう。
大阪市内はかなり締め付けが厳しくなっています。校長が『事なかれ主義』から断ったとしたら、生徒たちに戦争とはどういうものか、人が死ぬとはどういうことか、想像力を働かす機会を奪ったことになりませんか。
秘密保護法が成立し、安保法制が施行され、戦場へ行かされるのは今の若者です。
米軍の『弾除け』にされかねないのですよ」




参院選の最中、毎日新聞の川柳欄にこんな一句があったという。
「戦争は年寄りが決めて若者が死ぬ」――。


瀧本さんは、腹が立ちすぎて眠れない夜があるという。
「国は国民を騙す。
国のウソを見破る力をつけないと、また騙されてしまう。国のウソを見抜く力を投票にあらわさなければならないのだが、忘れてしまうのか。日ごろから関心が薄いのか……。
もっと賢くならないと、子どもや孫たちを守れませんよ」



(矢野宏/新聞うずみ火)


この記事は
いつも貴重なことを伝えてくださっている" 健康になるためのブログ"さんのところで 教えていただきました
コメント欄のやり取りが 興味深いです





自分で 味わわないと 怖さも痛みもわからないのでしょうか


人の痛みや苦しさを 我がことのように感じ 悼む ことのできる 人間の想像力は
もはや 枯死してしまったのでしょうか


また 一つ
戦争の恐ろしさ 残酷さ そして無意味さを 私たちに伝えてくれる生の声が
消えようとしています


自分で経験していないから経験した人たちに教えてもらう以外ないって言うのに、、



もう一つの生の声




久子さんがおけいさんの体験を書き起こした

96歳の遺言 ~戦争だけはやっちゃだめ




耳にタコができるまで 繰り返し 繰り返し 聞きましょう

[PR]



by cocomerita | 2016-08-20 04:20 | 戦争反対 | Trackback | Comments(24)

忘れてはいけないことがある ~敗戦記念日に

国とは いったい 何なのかと考えます



民あっての 国であり


国とは 民の良かれを 一番に考え 民の一人一人の 暮らしの安全を保証するものであるはず


しかしながら


国が その本来の役目を忘れ 自らの権力欲 金欲に走ったとき


国は 国民にとって ただのえげつない 搾取者となる


それは 国民が 自らの権利を 疎かにしているから でもあり


権利を得るためには ある時は嫌でも闘い、 勝ち取らなければいけないのであり


国民によって 成り立っている 国に、肝心の国民が 遠慮し へつらう理由などどこにもない



第一次 、 第二次世界大戦で 国民を ただの駒のように戦場に送り
そのひとつひとつの大事な命 軽く扱い
敗戦したらしたで、戦争を始めたことによって国民に与えた大きすぎる犠牲を考慮することなく
謝罪することなく
よって その責任も取らず


そして 見捨てた


それは 戦後 70年経っても 何一つ変わっておらず


国は 電気事業社と組み 原子力発電所を 我が国の 限度を無視して 促進させ


自分達のメリットのみ優先させ 国民へのリスクを軽視した


そして その結果 起きた福島第一原発 爆発事件で


福島 およびその近郊に住む人々の人生を根こそぎ破壊し


しかしながら 再びその責任を取ることもなく



国民を見捨てた


そして今


米軍に おもねるために 沖縄の辺野古を そして 高江を いとも簡単に 差出し


そこに住む国民を捨てた





忘れてはいけないことがある。と思います


日本を守るために 真実を知らされないままに


ただ戦わされ ただ死んでいった 日本人の人たちがいた。ということ


命長らえても その後遺症 や 良心の呵責にまだ苦しみ続けているたくさんの人たちが未だにいる。ということ



彼らの語る言葉を
そして 彼らの瞳の奥に宿る 癒えることのない深い悲しみを




魂に刻みつけるのに、一度で足りないのなら


何度でも 繰り返し 聞き 読み


戦争の無意味さ 戦争がもたらす 悲劇を 日々確認しなければいけない







原爆救護 ~被曝した兵士の歳月

見てください
そして 彼らの目の中にある言葉にならない様々な思いを読み取ったら


あなたも戦争など二度と行なってはいけないと


再び魂に刻むことでしょう


神妙な その顔の後ろに 計算高い小狡い面隠して
ノコノコ やって来た エセ ノーベル平和賞のオバマ を 筆頭とするアメリカの権力者たち


彼らに ヒットラーを 非難し 裁く 権利は全くないのです


殺し方は 違っていても


広島で 長崎で 武器を持たない市民を 大量に虐殺し 後遺症に死ぬまで苦しむ大量の市民を作った
のは 他ならぬ 彼らなのですから



原爆症と 認定されていない 人たちが
せめて 亡くなる前に 認定の朗報を 聞く日が来ること祈ります


そして 亡くなった方たちのご冥福と魂の平安を



[PR]



by cocomerita | 2016-08-13 07:30 | 戦争反対 | Trackback | Comments(16)

戦争の作り方

戦争の作り方







文字で追いたい方は





そうです
戦争って 作る。


つまり 企てる もんなんです





プロパガンダ とは

(組織的な)宣伝行為 (活動)、デマ 偽りのニュース
(ある団体、運動によって)宣伝された主義 主張
宣伝機構(団体)
                     小学館プログレッシブ 英和辞典


プロパガンダ とは


 ありもしない高い支持率 を でっち上げて 新聞やテレビで流したり

 外政で軍事介入を回避するように尽力する。のではなく
 隣国の危険を誇張して 伝え 国民の恐怖を煽り
 攻められる前に攻めなくては いけない
 そのためには 憲法改正や軍備が必要である。という意識を誘導します


企業票で 成っている政府は 都合の悪い個人票を集票させないために
投票率を下げるため
選挙当日のお天気予報さえ 操作 します



戦争で 国民が 潤ったり 豊かになったり 幸せになったケースは


ただの一度もありません


戦争で


誰が得をするか?


ちょっと考えてみれば この宣伝を企てている 源がわかります


国を護る ためでもなく


国民を護る。ためなんかで あるわけはない



すべて 俺様たちのため


すべて私欲を肥やすため


ということがわかります




引き続き


首都圏アクション国会大包囲  
2月21日 日曜日 14:00~15:30

     ”止めよう 辺野古埋立て” 





辺野古米軍基地 拡張 建設(移転なんかじゃあなく これって完璧に基地拡張)


原発と同じく


国民が うっかりしている間に どんどん 建てられてしまった 米軍基地も


一個づつ 丁寧に 除去していくしか


日本の自由な社会は築けません



辺野古 の 移転と言う名目での 拡張工事


阻止しましょう



わたしは行けないけど


どうぞ皆さんは


国会前に集まってください



政府が 庶民 と侮っている その国民が


北から南まで 団結することでしか 今の政府の戦争へ向けての暴走



止める術はありません



一人一人の 参加が 大事です

[PR]



by cocomerita | 2016-02-17 20:51 | 戦争反対 | Trackback | Comments(23)

ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
黒い森の白いくまさん
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに。。 しかし...
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
オトナの社会科・中東から...
俺の心旅
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live
明日をもっと楽しく!した...

最新のコメント

Ciao stanisl..
by cocomerita at 07:37
うーん。難しそうな気が。..
by stanislowski at 04:32
Ciao anohiwa..
by cocomerita at 02:53
junkoさんの仰ること..
by anohiwa at 16:36
Ciao saheizi..
by cocomerita at 00:13
ちょっと可笑しくてだいぶ..
by saheizi-inokori at 21:46
Ciao けいさん と..
by cocomerita at 06:04
Ciao 2017-12..
by cocomerita at 05:56
Ciao sideさん ..
by cocomerita at 05:47
Ciao 2017-12..
by cocomerita at 05:44

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル