私がローマで独りで始めたわけ 

カテゴリ:思( 57 )




月の降る夜に

ベッドに入って
電気を消したら
部屋中にお月様の光が 燦々と差し込んでいました

私は お日様の光で目覚めたいので
カーテンをつけていませんから
寝室から月が望めます

月の光があんまり明るいので
月の光に包まっているような
なんとも言えない いい気持ち
幸せな気持ちになりました


でも そのあとで ふと思いました


私には 家があり 家族がいて 友人もいて
明日への不安もない

でも

家もなく 家族もなく 路上で ありったけの衣類に包まって
寒さを凌いで暮らしている人たち
明日に不安のある人たち
そんな人たちも お月さまを見て
同じように 幸せな気分になれるのかなあ、、



そう考えたら
もしかして
こういう 私が感じ 語る 御伽話みたいなことは
とりあえず 何も不足していない人々に 与えられた
もしかして ものすごく 贅沢なものなのかもしれない

と思いました

b0150335_16061859.jpg

月の光が 皆に同じように 降り注ぐように


みんなが最低限の 普通の暮らしを送れるようになったらいいなあと思います
私一人が幸せでも
この地球のどこかで 辛い思いをしている人がいると思ったら
全然楽しくないのです

独り占めする人がいなければ
私欲を ちょっと捨ててみたら

格差の激しさは もっと軽減できるはずなのに
困った人が 少なくなるはずなのに

そして 税金とは そういうことのための使われるべきであって

官僚 政治家が 贅沢に外遊 飽食するためではなく
ましてや
「お友達 」 を集めて 呑気に花見するためのものでもない


そんなことのために
一生懸命働いて得たお金から税金払っている 訳ではない


格差は嫌です


そして


ふと思いついたこと:

福島の自主避難者への住宅支援打ち切りは 2年前に決定されたという
そして
東京オリンピック開催権を お買い上げしたのは2013年
安倍晋三が 世界中に 福島はアンダーコントロールと 真っ赤な嘘を吐いていた時

この時から 彼らの腹算用は出来上がっていたのではないかと
つまり 嘘で塗り固めてでも
安倍晋三のアンダーコントロールの福島を 築いておかなければいけない
東京オリンピックの開催のその日までに

そう思っていたら
西中誠一郎記者のインタビューを目にした
彼も同じことを言っています



世界中には
困っている人たちが山ほどいます

全ての人に手を差し伸べることはできないけれど
私たちは 同じ日本人として 自分の住んでいた大地や空気を汚染され
福島を追われた人たちが
雨露凌げる家さえも 政府から補償されない。
そんな事が平然と大手を振ってまかり通ることを

許してはいけないと思います

日本人が 遠い過去から培ってきた誠実さ 勤勉さ 情
その日本人の魂に
安倍政権はことごとく 泥を塗るものです

福島からの自主避難者への 住宅支援
、、重ねて言うけど 支援 ではなく
加害者としての政府の義務です

安倍政権が倒れ
まず日本の傷ついたところ
病んだところから 手をつける

そんな政府が1日も早く生まれますようにと祈ります


そうじゃないと 日本の明日は ありません





[PR]



by cocomerita | 2017-04-17 16:16 | | Trackback | Comments(8)

世界は

昨日の夜に 日本より 無事帰宅

疲労は困憊


本当は 23日帰宅のはずが
アムステルダムの悪天候で 接続便が飛ばないと 1日成田に足止め喰らった


お天気だから 仕方ないのだけど
その時のKLM 正確には 委託職員 のおじさんのいい加減な態度に


猛烈にクレームつける


9時半から12時半まで
空港のイスに置き去りにされ
耳にするのは 嘘ばかり


事情を知らない人ならともかく
私は 航空会社に勤めてて 今回のような状況など何100回も経験してるから


彼のつく その場限りの嘘が 見え見えで 腹立たしい


なぜ 本当の事言わないのだろう


空港で 無意味に 3時間以上 待たされ
指定のホテルに入った


夕食はブッフェ
一階のレストランに降りていく


一人でご飯を食べていたら
隣の席に おばあちゃんとその娘さんらしき人


彼らのご飯が終わろうとしたその時
レストランの人が ブッフェに並んでいるショートケーキにロウソク立てて
持ってきた


お誕生日なのね


しきりに恐縮するおばあちゃんは レストランのそのウェイターさんに何度もお礼を言い
そのお礼の多さに ウェイターの男の子も恐縮しまくり、満面笑顔でペコペコお辞儀をくり返す


おばあちゃんとレストランの男の子
お辞儀の応酬だ



いい風景だな
この子ってきっとすごくいい子なんだなあと思う


空港のあのおっちゃんのようにいい加減な仕事して 平気な人もいれば
こうして 一生懸命サービスに励む子もいる


私たちが暮らしていくにあたり
私たちが普段 気にも留めないところで
コツコツ 働いてくれてる人たちがたくさんいる


電車の駅や空港の公衆トイレを綺麗にしてくれているお掃除のひとたち
コツコツと一軒一軒 ていねいに宅急便を運んでくれる人たち
小さなパン屋さんでパンを焼く人たち
バスの運転手さんに駅員さん
スーパーのレジでレジを叩く人たち
スーパーで売っているお惣菜だって それを詰めてる人々がいる


そう言うたくさんの人たちで 社会は成っている
そして
そう言う人たちのお陰で 私は暮らしている

一人一人 大事な なくてはならない存在だ


お隣の席のお誕生日のおばあちゃんに
おめでとうございます と 声をかけ


しばし おしゃべり


また会いたいねえ と 笑顔が素敵な陽気なおばあちゃん
また会えますよ そのためには石にしがみついてでも長生きしてください と私


普通の なんでもないところに こんな素敵な人がいる


世界は 様々な人で成り立ってるから
だから 愉快で素敵なのだ


怒ったり ほっこりしたり 、、


と 知らないうちに あの空港のいけ好かないオヤジを忘れていた


これで 良し。















[PR]



by cocomerita | 2017-02-26 19:56 | | Trackback | Comments(23)

祈る

今でこそ イタリアもいよいよ不景気の極みで


タダでくれるものなど ゼロに等しいが


その昔 イタリアで雑誌を買うと おまけが付いて来た


それは え?これで採算取れるのだろうか?と こっちが心配になるほど
トートバッグだったり Tシャツだったり
本だったり


文字が並んで言葉になると そこには 命が宿ると思っている私は
その本が いくらおまけでも捨てられず 一応本棚に並べる


で ある日 読む時が熟したかのように
私はその本に手を伸ばすのが常だった


そこで読んだある不思議な話は 時折 それも年の暮れになると
恒例のごとく脳裏に蘇る


それはこんな話



ある日、”彼”は、ひょんなことから、地球の外に飛び出す。
彼を導くガイドと一緒に、

宇宙から、地球を見つめていると
地球の表面に、時折、
        チカ、チカ、
と光るものがある。
   あれはなんですか?  と、尋ねる”彼” 
するとそのガイドはこう答える。
   あれは、人々の祈り
   誰かが祈るたびに、こうして チカッ と光を放つ

あ また光った
でも 今度の光は 前のより 強いみたいですけど

   自分のためでなく、誰かのために祈った祈りは
   さらに強く光るのです
   ほら、いまそこで光ったのみたいにね。


チカ、 チカ、

私は しょっちゅう祈る


毎朝電車で 病院の前を通る時
足を引きずって歩いてる人の背中に
電車で前に座ったおばあさんの疲れた肩に
スモッグに耐えながら それでも 枝を一杯に空に伸ばす街路樹に



何かを変えるには 権力も地位も足りない
でも祈ること だったらできる


地球に
日本に
たくさんの  チカ、チカ、
きっと、それは何かしらの力を持つに違いない






祈ってください


今年ももうすぐ終わりですね
どうぞ 良いお年をお迎えください


そして
今年よりも もっと多くの人たちが 幸せな新年を迎えますように





[PR]



by cocomerita | 2016-12-29 08:18 | | Trackback | Comments(25)

今年も闘った

もうすぐ 今年も終わります



今年最後の バトルを 今朝 国際電話で 一時間近く



日本人の この日常ぼけした弛い仕事の仕方に



クレームつけてるはしから ため息が 口の脇から 滑りでる



真摯で 誠実 かつ 潔い日本人は 、どこにいったのだろう、、、と 書きながら



ああ、この日本人 って言うのが良くないのだと 手が止まる



私には 日本人 というくくりは 清々しく響かない



大和民族 がいい



その大和民族 どこにいったのだろう




選ばれた民族だ、 アジアの王様だと 思い上がって 他国を侵略し



欧米諸国にも勝てるだろうと たかをくくり



そのあげく、こてんぱんにされた日本は



今やアメリカに平身低頭する 間抜けで浅ましい政治家たちを筆頭に



アメリカが唱える 物質主義 拝金主義 を旗印に



それは日本人の精神まで 変えた



日本人 という呼び名は



姑息に 表面を漂い



大地と共に 自然を畏敬しながら 生きた誇りある民族に ふさわしくない



人の足りないところを 羅列し
あなたがどれだけ稚拙で弛く いい加減か



そんなあなたに 任せる仕事も払うお金もないと



そんなこと 発音して 気持ちのよいわけがない



その言葉の刃は、本当は 彼ではなく私の胸を尽き



血が滲む



やりきれない思いになるんですよ 実に



だったら やらなければいいじゃない?
言わなければいいじゃない?



んだけどね



言わない訳にはいかないのだ



これは 私にとっては 忌まわしい 社会の弛み 澱みであるのだから



しかし
今年も 飽きもせず あっちでこっちで よく闘った




来年も同じように闘うのかしらん





たぶん そうだろう



"歩いて帰ろう"で 斎藤和義 が唄う



嘘で誤魔化して 過ごしてしまえば
頼みもしないのに、同じような朝が来る




これなのだ。



波風立てる名人の私は
きっと来年も あっちで こっちで 波風立て続けるのだろう



私の近くにいる人たち
ご苦労様です



年の暮れ 皆様 健やかに 穏やかに お過ごしください



何はともあれ一年無事に生き抜いた



お疲れ様でした

[PR]



by cocomerita | 2015-12-22 18:14 | | Trackback | Comments(28)

一期一会

昔々


まだ 私が日本で仕事をしているとき



昔のボーイフレンドに 夕飯に誘われました



怪訝な思いで行ってみると
彼は社会人野球をしてたんだけど プロに行きたいと迷っていました



お前ならどうする? と聞かれました



どうする? たって、、困るよね



やれ。とも やめろ。とも言えませんよ 所詮は彼の人生



ちょっと 考えて こう言いました



やるかやらないか 決めるのはあなた
でもね
私は やろうか やるまいか? と 悩んだら必ずやる方を選んでいる
何故かって やってたとえ ダメでもね

そのときの"ああ、あんなことやっちゃったよー"
という 後悔のほうが

あのときやっていれば、、こうなったかも、、という後悔より



断然軽いからであり



私は
あの時ああしていれば ああなったかも、、



なんていう 類いの後悔を抱えて なんて 絶対に 暮らしたくない と




次の日
空港の出発ロビーで出発便の準備をしていた私の目に
前に座ってるおじさんが読んでた スポーツ新聞が目に入り



彼が プロ入り表明したことを知りました



誇らしい思いを感じました



先日 仕事でローマに来た方たちを



お気に入りのジェラートやさんに案内しました



そのうちの一人が あんまり美味しいから もう一個食べようかどうしようか?



あんまり 悩んでいるので



食べたらいいじゃあないですか
もしかしたら 明日はもう来ない かもしれないのだから


と 言っておすすめすると


日本人の人はキョトンとして 私を見た後 大笑いしました



でも 本当に


明日はもう来ないかもしれないのです



だから 今日やりたいことは さっさとやってしまえばよいし



今 言いたいことは



それが

愛しています。でも
お前のここが気に食わん でも


言ってしまえばよい のです



抱き締めたかったら 抱き締めたほうがよいのです



言葉も 行いも 一期一会



思い付いた時が その言葉や思いの なのですから



新鮮なうちに頂いてもらいましょう



というわけで
私は やりたい放題 言いたい放題で 暮らしています



そんな私ですが 一個だけ ひどく後悔してることがあります



母が病気になって 看病のため日本に帰ってた時



トイレに入ろうとしたら
その時 お風呂場で お風呂に入ってる 母の背中が目に入りました



痩せてしまったので、背骨が浮き出ていました



一瞬 あ、背中を流してあげようかな? と 思ったんだけど



次でいいや と思ってしまったのです



なんだか ちょっと照れ臭かった ってこともあったのだと思うけど



正直言って 母の闘病中の 私の思考は はっきり思い出せない のです



そして



母の背中を流す機会は 二度と訪れませんでした



私が一期一会を 魂に 深く
魂に肉があるのなら それこそ 肉を削って刻み込んだ のは このときです




帰国の度に お墓参りに行きます



私は、お塩を入れたお水で絞った手拭いで



お墓を どこもかしこも 全て 拭かせてもらいますが



その時 一番辛いのが お墓石の 後ろの部分 背中 を 拭くときです



石ではなく 暖かい母の背中を流してあげられなかった 苦い思いが甦ります



私は この後悔を一生 抱えて暮らす と思います



だから 私は 自分の思考や行動を それが誰であっても手加減しません



できることは その時に 全て やる と決めています



今度でいいや などとは 二度と考えません




私が よく なんにでも ひどく 一生懸命だと 言われる所以はここにあると思います



もうすぐ日本に行きます



また お墓の背中を 苦い思いで 流す時がやってきます



こういうのが 原罪 ってものの 一種かも知れないと思います

[PR]



by cocomerita | 2015-10-09 18:17 | | Trackback | Comments(30)

変わったものは


私は 目黒で生まれ
品川の釣り船がでる 下町で育ちました


隣の家は 当時には珍しく コーヒーをサイフォンでいれるご夫婦で



コーヒーが入ると なんとも言えない いい香りが漂ってきて



そうすると コーヒーが入ったわよーと声がかかり



私たち子供は 物干し伝いに コーヒー牛乳をご馳走してもらいに行くのです



家の玄関は
夏は開けっ放し で レースにカーテンがかかっているだけで



そのカーテンから
しょっちゅう 近所のおばさんや お兄さんやお姉さんが



顔を覗かせては おしゃべりしていくのです



お醤油貸して とか



たくさん作ったからと お裾分けとか



そして 愚痴や 相談事とか、、



私は 裏の家のお姉さんにお守りをしてもらい
ずいぶん大きくなるまで可愛がってもらいました



一番裏の家のおばあちゃんが いなくなっちゃったときは みんなで探し



母は その裏の家のお兄さんにお嫁さんのお世話をしました



私が一番好きだった 時代 と 場所です



そして家と家の間には垣根さえありませんでした



だから 未だに私は 家族と他人という垣根を持ちません







養老孟司さんの対談を読みました


ずっと前の話ですがNHKの番組でね、
松尾芭蕉が訪ねたお寺の老僧と話す機会があって。そのお寺は、巨大な古木がそびえる庭の景色がとてもいいんですよ。

古木は芭蕉の時から変わらず生えていたわけで、つまり風景は変わらない。

「では何が変わったんでしょう」と尋ねたら、そのお寺に小僧の時からいたという老僧が「人だよね」と言うわけです。
そういうことって、同じ場所で長い時間かけて見ているから分かることでね。
時代と共に、人が変わってしまったことは確かです。



 ――具体的には、どう変わったとお感じですか。


考え方が変わった結果、単身世帯が増え、共同体が消えていった。
変わることは悪いことじゃない。
ただ、物事は一方に偏ると極端な結果になる。

このまま行くと日本は立ち行かなくなるでしょうね。




人 という字は


二本の線が 互いに 寄りかかりあって 出来ている



いや 一本がもう一本に 寄りかかってるのね



寄りかかっても
寄りかかられても いいんだよね



そうやって いることが 人の在り方なのではないのかなあ




今からでも 遅くないから



いろいろ考えずに 人に 寄りかかって 甘える勇気と



どうぞと 寄りかかってもらう 気軽さ



やってみたら



世界が また広がり 変わります






ご迷惑だから、、なんて 言って 遠慮してないで



まずは 誰かにものを頼むことから



こういう関係は 誰かに借りを作ることで



始まります


[PR]



by cocomerita | 2015-10-03 16:39 | | Trackback | Comments(25)

無題

福島の問題に触れれば



福島は そうじゃない と 言ってくる人たちがいる



福島でも 線量が 低いところもあるけれど



だからと言って
問題にすべき高い線量の 地域が存在しないわけではない



施設の内情 検査して 見直しましょう と言えば



そんなことはあり得ないと 言う人がいる



自分の家で起きてないから



隣の家でも起きていない。という ことにはならず



もちろん その可能性は 50 /50 だけど



ただ 気配とか


兆しって あるわけで



煙が立ったら とりあえず 火元は大丈夫かと 見るに越したことはないと



そのために
内部を 調査し 見直し 改善するべきところは するように 介入してほしいと



つまり 注意 と 関心を促したい 訳で



べつに 東京都に喧嘩を売ってるわけでもないし



誰かを特定して 弾劾したいわけでもない



私の父は 病院で 看護婦さんたちから嫌がらせを受け



私の友人のご両親が住んでいる老人ホームでの 話を聞くと



そこでの ご老人たちの扱いにも
もう少しなんとかならないものか?



と ちょっと憤ったりする




そういうところも
むしろ もっと 表沙汰にして 見直す 必要があると思っているくらいで



人間には 始めは 悪気はなかったとしても



慣れる という 罠があり



疲れる こともあるだろうし



そのなかで 知らないうちに 近視眼的 自己中心的 になってしまったり



かつ 我が国の首相のように 独裁的な 心境 状況に 陥ってしまう



そういう可能性がある。と言うことを 懸念してのことです



つまり
閉鎖的になりがちな 場所 とか、それに関する 問題には



窓を開け 外からの風を通したほうがいい。 と



私は そう考えています




エリ・ヴィーゼル[エリエ・ヴィーセル]
(米国のユダヤ人作家、ルーマニア出身、ノーベル平和賞受賞者、1928~)


「人々の無関心は常に攻撃者の利益になることを忘れてはいけない。」




今日我われは知っている。
愛の反対は憎しみではない。
無関心である。

信頼の反対は傲慢ではない。
無関心である。

文化の反対は無知ではない。
無関心である。

芸術の反対は醜さではない。
無関心である。

平和の反対は、平和と戦争に対する無関心である。

無関心が悪なのである。

無関心は精神の牢獄であり、我われの魂の辱めなのだ




憲法 無理やり改正して 兵器を輸出し おまけに 戦争やりたい 政府とか


福島の被災者の人たちへの補償打ちきり
自分の家に帰りたいと願う人の心 煽って帰村を企む 政府とか


同じ日本で 自分に家にいまだに住めないでいる人たちがいるというのに
オリンピックという意味のない馬鹿馬鹿しいお祭りに 何千億も注ぎ込む政府とか


自然保護も 県民の意思も無視して アメリカにおもねって
ひたすら 辺野古基地建設にこだわる 政府とか


火山の噴火や地震が相次いでいても
老朽化した 原発 どうしても 再稼働させたい政府とか



今回の ことに限らず


今 国民が 関心を持って 自分の意思を 表明しなければ


とんでもないことになる


そういうステージに 今 日本は立っています



無関心は 悪に対する 暗黙の了解
であり



悪党と同罪であると考えます



ということで


引き続き よろしくお願いします



"東京都子供家庭センター 内 児童一時保護所における子供たちへの対応改善を求める"




署名はこちらから





[PR]



by cocomerita | 2015-07-14 06:21 | | Trackback(2) | Comments(20)

ガラパゴス クラブに ようこそ

大学の友人のお母さんが解雇されたのだそうです


クリーニング工場で 染みや汚れのチェック


ーそれによって 洗い方を変える


の 部署にいたのだけれど



その工程が 機械に取って替わられたのだ そうです



自分の家のお洗濯 を 思い出してみても わかるけど


染みや汚れ って
手で触ってみたり 生地を揉んだりしてみないと わからない



そういう微妙な部分があると私は経験で知っているので



その微妙なところが、機械にわかる訳がないと 憤慨しました



私たちの暮らしの中には
人間にしかできない微妙な作業 が たくさんあります



それを重視せず 簡単に 合理化 経費削減 にのみ 走り



機械化を進める



その 浅はかな 意識が
近代の日本の そして先進国といわれている国々の社会を 非人間化し



社会が持たなければいけない 寛容性 を狭くし



社会の基盤を脆くしていく



そう 考えます



機械は どんなに便利でも



所詮 ただの機械にしかすぎない のです



人間にしかできないこと
それは 人間の人間であることの高貴さみたいなもので



それを 人間自身が否定してるんだから



なんか 切ない 気分
になります



そうやって
私たちの生活はどんどん繊細さを失い、



人の温もりを失い



大雑把安っぽく なり



そして荒れ果てていくのです



このことは
私が ここ十年以上 苦々しい思いで しばしば考えてる 大いなる欺瞞で




ちなみに 私は



どんなに便利だと言われても お野菜を機械で切りません



ものは手で切るから美味しいのです



お母さんの握ったお握り


スーパーの お握りに 勝てる訳がない。 のと同じです



シャリの部分を 型にはめて作ったお寿司のシャリが
ーこちらでの今 雨後の竹の子のように増えている チャイニーズ経営の日本食やさんのお寿司のように



味もそっけもないのと同じです



古代から 中国 日本では 手には 癒す力が存在すると信じてきました



手当て
というのは 手を当てて その力で治癒させる ということで



だから 指圧も 手でやるのですよね



機械の便利さは 確かに無視はできませんが



機械に この 素晴らしい "手当て"はできないし



何か変だぞ? という六勘も 働かないし



お料理の微妙なお味見もできません



機械を使っても



どこまで機械化に頼るか そこに人間の良識が 必要とされます



大工さんが その道具を熟知する
板前さんが 切る食材によって 包丁を変え 切り方を変える のと 同じです



作業の単一化は 人間の痴呆化 を促進します




私は いくら ガラ系 とバカにされても 携帯をスマートフォンなどには変える気は全くなく
ー 電話が持ち歩ける それで十分



握る ねじる 引っ張る 押す 回す



こんなにたくさんの 動作があるって言うのに



それを ただひとつの動作に 統一してしまうって



これ 脳にとっては 働かないでいいよ って言ってるようなもんで



すごく危険な行為
むしろ 社会的痴呆化 を 促進する と 私は思っています



人間の手で
こねる 作る 擦る 握る 回す 叩く 削る



人間の 舌で 感じる
甘味 辛味 酸っぱみ 苦味 塩加減



人間の勘で 行なう 加減 や 気配



どれもこれも



人間にしかできないことです




私が今まで悶々と 考えてたことを



こうして 文字にする気になったのは



この方の記事を読んだから



Kouji kotani さんの


"いいたいことは少しある " 修行




社会のブームに流されないよう


便利だよ という悪魔の囁き
にのっからないよう


に 気をつけたい と思います



便利を過剰に追い求める 急いた心に 味わい が 入り込む隙間があるのだろうか?



と 考えます






ガラパゴス クラブにようこそ







[PR]



by cocomerita | 2015-06-16 06:53 | | Trackback | Comments(16)

BE HAPPY! 今年もありがとうございました

大学も休暇に 入り



だからといって



勉強から解放されたわけでは 全く なく



1/20 の 試験に備えて



言語学 の 本を 四冊も 読まされている



言語学 っていうのは



言語が どうやってどこから生まれて どうやって拡がり 変わっていったのか



とか



どうして この繋ぎ方で この節を繋げるのか



とか




どうしてこの言語では 犬を dog と呼び 他の言語では cane と呼ぶのか?



とか



つまり

そんなこと どうでもいいじゃーーん !

って思うことも多々あるのだけれど



b0150335_9461684.jpg
言語学の教授 ロシア人 である 
こんなわけのわかんない学問 に 人生賭けるってのは 
考えるのが好きそうなロシア人か理屈の好きなフランス人くらいだろ、、と私は思っている
女子学生に人気があるんだそうだ、、、そういえば彼の授業のときって
心なしか彼女たちの露出度が、、 笑
冬なのに 見てるこっちが寒くなる


話は戻るけど
昨日読んだ箇所に どうやって人間の身体の機能である管が音を出し
その音を言葉にするか



が 説明してあって



私は 改めて 私たち人間に与えられた 奇跡 としか言い様のない 機能の素晴らしさに



すごく感動したのでした



こんなもの 作ってくれるのは



やっぱり 神様以外 いないし



こんなもの 丁寧に作ってくれるくらい



私たちは愛されている




そして
人間の責は それだけ重いんじゃあないか。と




なっちゃんから メリークリスマスのメイルが届いたので



お返事を書き 最後に Be Happy



そして こう書き足しました



なっちゃへ

ちょっといやなことがあったら

なっちゃんがどれだけ恵まれてるか考えてみてください

この世界には 戦争で家をなくして 野原で地面の上に寝なきゃいけない子供たちや

戦争で足や腕を失ったこどもたちや、餓えで毎日お腹を空かせてる子供たち、

そして 病気で自由に歩けない、走れない 遊べない

学校にも行けない子供たちがたくさんたくさんいるのです

そういう人たちに比べたら、

目も見えて足もしっかりしててどこにでも自由に行けて

おしゃべりできて歌も歌えて、雨が降っても濡れないで暖かく暮らせる家があって

家族が元気で

そんなわたしたちが

自分のことを不幸だなあとか、
自分の毎日を嫌だなあなんて思うことって

ありえないでしょ?

ぜいたくきわまりないばかりか、
神様に失礼です

だからね、そういう私たちは文句はいわないほうがいい

だからね、毎日 Be Happy でいてください

そう思ってると、不思議と幸せな気分になる

嫌なことがあっても

それでも今 自分に与えられてることにありがとうといってごらん。

あなたが普通だと思ってること、それさえ与えられてない人たちがいるのです

そうすると不思議に心が晴れてくる

嫌いな人を嫌だなあと思ったら、こっちまで嫌な気分になる

だから、好きにならなくてもいいから

そこで その子の楽しい1日願ってあげてごらん

不思議と幸せな気分が沸き上がってくる

それが 魔法 です

じゅんこさんは難しいこと言ってるかもしれないけど
なっちゃんになら、それができると思っています



このブログを見てくださっている皆さんにも



Be Happy!


新しい年にも

幸せでいてください。



今年も 残すところ あと、、、



たったの2日!


見送る のが苦手な私は



ち ちょっと 待ってよ、、と 別れが辛い



それでも 2014年は さっさと足早に 去っていき



きっと 愉快でおどけものの 楽しい2015年が



スキップでやってくるだろう




今年も一年 お付き合いいただき ありがとうございました



穏やかな年の暮れと
幸せな楽しい新年 お迎えください


新しい年が


悲しい人や 困ってる人 が少しでも少なく て
戦争や争いが 少ない年に


なりますように




b0150335_9484635.jpg



b0150335_9505742.jpg
 仲良しこよし




[PR]



by cocomerita | 2014-12-30 07:11 | | Trackback | Comments(32)

帰ってきました


大学の友人からのメイルで こっちは寒い 寒いと脅かされ



覚悟して帰ってきたら



思いの外 暖かい



11月もなかばだと言うのに



ストーブが恋しい 気配もなし



木曜日の夜に帰ってきて



翌日は早速大学の授業を一日中受け



疲れてるときの 外国語の理解力って 甚だしく落ちる ね
と実感しながら



それでも 買い足りなかった本を買いたしたり



友人たちとならんで受ける授業は楽しかった



昨日のペルシャ語授業には 近代のイラン事情をイラン学者の方が話に来てくれた



ので



なにか質問は? の呼び掛けに



原子力発電所の誘致のことを聞かないわけにはいかず



しかしながら



状況を知ってか 知らずか



ゆらゆら かわされた感じ



きっと知らないのだろうなあ



私たちは日本と同じ原子力の平和利用 をめざしています



と 意気揚々と語る彼に



日本のまねなんかしないほうがいいですよ
それは大きな詭弁です


と 言ってみても



何も変わらないだろう



イランは女性の教育に 他のアラブ諸国より力を入れています



なんて



当たり前のことを今までやっていなかったこと 恥じることもせず
誇らしげに 語る この人に、、



どこの国も 同じで
見えていない 考えてみない人間が多すぎる



イランは 発電供給にはなんの問題もなく



むしろイランの電気はものすごく安くて



国民はそれに慣れてしまってて



夏はガンガンにクーラーかけて 窓開けっぱなし にしたり



そのままお出かけしたり



冬にも暖房ガンガンにかけて 窓開けっぱなしにしてたりするのだそう



天然ガス保有量 世界第二位 なんだってさ



いずれにして も
エネルギー供給になんの不安も問題もない この国に



原子力発電



原子力兵器 所有したいにちがいない なんてこと


アホでも わかる



人間はそうやって 自分の愚かな欲で 自分の首を じりじりと絞めていく



自分の首だけなら 勝手に絞めろというけれど



その愚かな行為が他の人々 生き物の 首を絞めてる ってことが



我慢ならない



しかしながら



昨日のイラン人学者を始め



教室で
何でこんな質問するの?と 言わんばかりの学生や教師の 無関心さに



私は 大海を前にして 壊れた小舟で 乗り出そうと
その水平線見つめてる 年老いた冒険家の気分にならざるを得ない



日本で 友人と 自然淘汰の話になった



動物は
同じ種でも 劣ってるものは 食べられたり 罠にかかったりして 淘汰されていく



人間はその浅はかな知恵故に 自らを守りすぎ



その自然の ごく普通の機能である 自然淘汰を回避してきた



その結果がこれで



こんな人間ですから



私を始め どんどん 淘汰してくださいと 願わずにはいられない



地球を守りたかったら もはや 害人である 人間 淘汰していくっきゃない



少なくとも



悪知恵働かし 弱い生き物を搾取 蹂躙して 自分だけ太っていこうとしてる大人は
どんどん 淘汰 消去していただきたい



と 総選挙を前にして



自然淘汰が この際働かないだろうか? と 考える



淘汰が 正しく働いていたら



あんな下品で 人間性に乏しい 恥の塊のような人々が



政界 財界 官僚なんかで うろうろ 偉そうに していられるわけがない



少なくとも



この機会に



日本を戦争のできる国 戦争に参加できる国 にしようと画策してる
安倍を 始めとした 奴らを 国民の手で 削除することは 必須です




志村建世さんのブログ

文名史の中で安倍政権を考える




読んでみてください



あいこちゃんが アメリカに出発したそうです



幸運と健闘祈ります


[PR]



by cocomerita | 2014-11-19 15:21 | | Trackback | Comments(26)

ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに・・・
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live

最新のコメント

ciao antsuan..
by cocomerita at 16:13
戦後の日本人は、WGIP..
by antsuan at 14:59
笑 可愛いですね リ..
by cocomerita at 12:51
そう仰いますけれど。 ..
by eblo at 08:02
ciao ebloさん ..
by cocomerita at 06:48
おはようございます。 ..
by eblo at 05:54
ciao sideさん ..
by cocomerita at 23:40
とてもいい動画でした。 ..
by sidediscussion at 22:40
ciao ebloさん ..
by cocomerita at 20:57
明日のブログにこのページ..
by eblo at 20:52

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル