私がローマで独りで始めたわけ 

カテゴリ:思( 59 )




敗戦記念日に

今日は



   敗戦記念日



ですね



できることなら



大きな犠牲が払われる前に



自ら 敗戦 を認めてほしかったなあ と 思います



人間魚雷などという 切羽詰まった兵器を考えつき



たくさんの若い命を 犠牲にする前に






帰る分の燃料がないからと言って



特攻隊などを形成し 飛行機ごと その尊い命を 敵に突っ込めさせる前に





沖縄での たくさんの市民の犠牲の前に



そして 



広島 長崎へ原爆を落とされる前に






申し開きのできない日本軍の 最悪なジャッジ



神の審判など 待つまでもなく



嘘は嘘 で しかなく



そして 人間の命より大事なものなど 存在しない と 改めて思うのです








国の未来を信じて 逝った人達が



今の日本をどう思ってるだろうか?



と ふと考えます



政府の嘘 に まんまと乗っかった



あの悲惨な愚行の二の舞は 少なくとも 現在の私たち国民は 冒してはいけないと 



そう思うのです



教科書も改訂すべき
 ですね



子どもにも 本当のことを知って育つ 権利があると思います



子どものころに聞いた話で



いまだ心に強く焼き付いてる話があります



江戸の両替商は 見習いの小僧に 本物のお金だけひたすら見せるのだそうです



本物だけを見て育った小僧は 偽物のお金はたちどころに見分けるようになる と



真実をきちんと聞いて育った子供は



物事の本質 真実を見極められる大人になる と



そして 他人の痛みもわかる そう云う大人になる と



そう思います



敗戦記念日のこの日に



信じるもののために
守る人達のために



そして 訳のわからぬままに



逝かなければいけなかった人達に




心からのご冥福を祈ります



今晩は 送り火を焚いて



そして 送り膳 を用意しましょう



b0150335_22404283.jpg
 今日も暑いです

  でも 暑さが 確実に秋に向かっていることが わかります

[PR]



by cocomerita | 2012-08-16 00:55 | | Trackback | Comments(63)

人間のからだ

人間のからだ って なんなんだろう?



と 考える



さっきまで 笑い しゃべり 動いていた そのからだが



ある 何かの境を越えて



動かない 呼んでも答えない 



なにか に なる



町を歩いてる人達 を 見て



なぜ この人達は動いてるんだろう?



Maraは 動かなくなっちゃったのに
 


と 考える




Maraが 逝ったその翌日に



リビングのライトが 壊れました



電源を入れても 電球を変えても



何も起こらない



完全な静止 永遠の沈黙



人間も ライトと同じ



ソケットで どっかとつながっているのかしらん?



そして



どんなきっかけで そのソケットって 外れるのだろう?



だとしたら



人間のからだは ただの 器?  



それって 魂の器 ってこと?



  器から抜けた魂は どんな感じを味わうのだろう?



  思いきり 高く 軽く 飛べるのかしらん?



  お陽さまの光とか もっとまぶしく 感じるのかしらん?



  風にも乗れるのかなあ






生きるって事って 実に不思議だなあ と 改めて思う



不思議すぎて 



全く 私次第ではないような気 に さえなってきて



有難い と つい 思えなくなる



所詮 生きるも死ぬも 



神とか言われる人の 決めた運命とか云う物の



小手先三寸 なのだから....





一昨日の夜中



ベッドに横たわって Maraのことを考えた



ふと 窓の外の向かいの家の灯りに 思いが飛び



別なことを 考え始める



その瞬間



フラッシュ のように



Maraが 私のほっぺにキスをしてる光景 が飛び込んできた





   え?? Mara?




いるの?  来てるの?
来てるのなら 



   何か音でも立ててよ



そう云ったすぐあとに 笑いながら 自分の言葉を打ち消した



わたしのとこなんかじゃなく ピエールのそばにいるよねえ



そう思った途端



リビングルームにある 私のPCの電源が ひとりでに 点き



おなじみのWindowsの音楽 が 流れた






    来てるんだね 微笑



Maraのおちゃめな笑顔が 脳裏に 飛び込んできた


b0150335_2301128.jpg
 そういえば Maraは Viola 紫 が好きだったっけ

[PR]



by cocomerita | 2012-07-28 23:10 | | Trackback | Comments(38)

ニッポン万歳

冬のタイツ と



サランラップ と



ゴム手袋 は



     日本で買う  ことにしている




さて
ゴム手袋を新しくしようと



      封を切る と







              あれれ??



b0150335_757697.jpg
       三枚入ってる




なにかの間違いと   思いきや



b0150335_7581488.jpg
右手が 二枚 



確かに


右手は 力を入れるので

右手の方が 早く破れる  んだよね








一瞬 固まり




感動 が こみ上げる


      


b0150335_811833.jpg



   

        日本って 凄い国だなあ...



ニッポン 万歳!!

[PR]



by cocomerita | 2012-04-13 08:05 | | Trackback | Comments(54)

淋しい思考 

今日の用事が早めに済んだので





国会中継


いやだけど 見てます


本当は  ニュースも見たくないのです


国会なんて まさにただのパフォーマンス


被災地の復興の話をすると見せかけ
本当は
自分が被災地に行ったのだということを ただ 言いたいだけの馬鹿ものども



始める前に その継続 を心配する 馬鹿がどこにいる?


まずは 始めることが大事なん   でしょ?


そんなこと言ってるから


   何も始まらない



車ででかける前に


ガソリンなくなったらどうしよう...と言って 出かけない間抜けと一緒


 「被災地の復興をお願いします」


そんなこと言うだけなら 子供でもできる

何をしたらいいのか 自分で考えて 


   提案してみろ!


なにかと言うと



検討 検討 検討


こいつらは 検討だけ して

大事な時間を 無残に浪費 する


間抜け!!


実際の話をしない限り


 
どんな計画も進まないに決まってる のだよ


日本人って 



          いつからこんなに腑抜けになった?





馬鹿ってだけなら 可愛いねえ とも言えるけど



腑抜け ってのは魂入ってないってことだからね



日本人でいることが 恥ずかしくなります




感性が鈍いということは
 頭が悪いということです

優先順位が見極められない と言うことは
頭が悪いということです


今の日本の優先順位は 被災地 じゃないの?


道路を作らなくても
新幹線を通さなくても



とりあえずの生活はできるけど



今の日本には
日々の普通の生活送るにあたり 事欠く人たちが



たくさんいるのです



私が もしも 足の骨を折ったら


とりあえず


虫歯よりも
アレルギーよりも


まずは骨折の治癒に 力を注ぐ   でしょ?



今日本は 骨折した人の如く



まずは 骨折治さなきゃいけないのです



だから


今は


全ての事が その治癒につながるべき   でしょ?


にも かかわらず


それを 平気で 後回しにしてるってことが...



  信じられない




昨日のニュースで  おぞましい光景 を目にした

北海道に新幹線通します

   わっはっはっは

いやいや 北陸にも 通してみせますよ

   わっはっはっは


てめーの 世間体 と 懐に入ってくる金 にしか
興味を示さない




       甚だしく  下品な奴ら


が 
まだこんなに生息してる ってことが


私にとっては



人間として



甚だ



   理解不可能




国会の外でも

テレビをつければ 
ニュース番組
バラエティ―番組  アホ顔ばかり


私は汚いものが嫌いなので


右を向いても 左を見ても


こういう 何も考えてない顔
何も感じてない顔
何も映さない うつろな目



こういう物に 囲まれて暮らしてると



生体エネルギーが 非常に低下する気がします





だからね
ブログの更新ができないのです


いやなことを あえて脳ミソで文章構成して


文字に起こして


そのいやなこと もう一度 視覚で認識する


この行為を 喜んで行えるとしたら


私は 相当のM   でしょ




確かに イタリアもひどい国なんだけどね



でもね



彼らの至らなさには まだ人間ならではの 体温がある



この国の愚かさ 至らなさに 一切の体温を感じません



満員電車の中で


一人一人の顔を見る


無表情に


何も語らず


降車駅になると 何も言わず


ただ ぐいぐい ぐいぐい
前にいる人を 押して 押して


もくもくと 電車から降り
もくもくと ただ自分の進行方向のみ見つめて 歩きだす



この 無気質が


私には とても不気味 なのです


昨日


電車に乗ったら


座席で吐いてる女の子がいた


車両の中は ほぼ満員


遠巻きにして ただ黙って 吐いてる子を見てる たくさんの人達


彼らが気にしてるのは


彼女のゲロで自分の靴が汚れないか? どうか


大丈夫ですか?と 近づいたのは 


私ともう一人の女の子


怖いなあ と思いました


こういう人たちが


被災地の困難よりも



自分の今日の晩御飯のおかずを気にかけたとしても



         ま そんなもんだろね


と 納得せざるをえませんよね



こう 思わざるを得な い自分が嫌いで



だから



私は 最近 元気がありません


自分の国をいやだと思うのは
そう発音するのは 悲しいです



でも 


私は 今 


日本が大嫌いです




b0150335_1523207.jpg



b0150335_15235352.jpg


君達は 幸せですか?
[PR]



by cocomerita | 2012-02-01 15:24 | | Trackback | Comments(44)

つぶやく


友人のグラッツィエッラが電話してくる

いろいろ 話をしてたら

盛んに

あなたは強い あなたは強い


を 連発する


あのねー 



そういうのには 



     もう うんざりなのよ

    





あなたは強い と 子供の頃から 言われてきた

あなたなら大丈夫だと 子供の頃から言われてきた




強いのではなく




誰かを守らなければいけない立場に 立たされてただけ




ただ 



泣くのが下手なだけ だ





ジャンヌ ダルクのように 勇敢になりたい などとは


     一度も思ったことがない







美しく泳ぐ白鳥は



水面下では 必死に水かきを 動かしている のだ



天から 自動的に 降ってくる強さなど ありえない


誰かの強さの裏には



そうしなければいけない なにか必死のもの があったりする のだ





あなたの髪の毛は黒い





いうのと同じ感覚で


     
     発音してもらいたくない 


b0150335_9494892.jpg








手作りのニューイヤーズカードを 毎年 出している



今年も


その材料を買いに チェントロに 行く



どうして

近所の文房具屋さんで済ませられないものか?





思うんだけど



わざわざバスに乗って いつもの紙屋さんに...




変なとこに 妙に こだわる っていうかね


    


     まったく不器用だよ 私って




帰り道に 

私の大好きなBarで
カップチーノを飲む



     実に ゆっくりと




ここのbarで せわしなく でもフレンドリーに働くbaristaのおじさん達を見るのが


好きなんだ


そして


私は


私の側の時を  


     ちょっと止める




いつもより

浮いた感じが少ないローマのクリスマス




     気のせいだろうか?



b0150335_9503281.jpg

[PR]



by cocomerita | 2011-12-27 09:52 | | Trackback | Comments(60)

瞑想

 なんて ほとんと使わないし

ロバ を連れて 峠を越えて はるばるお買い物に行きたい!



なんて 思ってる私は


近代的で

超便利な生活には

あんまり 興味も 執着 もないんだけど


そんな中で

ひとときだけ

~~~~~

この時代に生まれてきてよかった~~~






思う時がある

それは



          お風呂

b0150335_1936413.jpg


お風呂でも シャワーでも いいんだけど


暖かいお湯が
肌の上を 滑って行くとき



暖かいお湯のなかに
ちょっと芯の冷えた身体を沈める あの瞬間


っわーーーー



このいつでも 暖かいお湯を享受できる 幸せ を


果てしなく感じて


おもわず


   神様 有難うございます


なんて 思っちゃったりする



そして


大昔の
私らの先祖を 思うわけです

b0150335_19395751.jpg


寒くて 湿っぽい洞窟で暮らしてた 
朝から晩まで 
毎日 毎日 
何年も 何十年も

シャワーもお風呂も なくてだ


  辛すぎる...でしょ    ああ今に生まれてよかった~~


お風呂に入れるなら
峠の猿 になってもいい とさえ思う


一日
どんなに 寒くても
どんなに 雨が降っても

そして

どんなに いやなことがあっても



暖かいお水に 触れると
流れていく 流れていく


そういうもの 全部


どうでもよくなる

b0150335_1936413.jpg


少し寒くなってきたローマで

シャワーの滝に打たれながら




     そんなこと思った  わけです


私のシャワータイム の 瞑想




ちなみに

この子たちはお風呂が大嫌い


シーツを

引きずりおろしたのか
もしくは
シーツが風で落ちたのか

それは知る由もないが


洗いたてのシーツの上で

寛いだり

b0150335_19595998.jpg


おめかししたり
b0150335_19574271.jpg
 

そして

爆睡したり

b0150335_19565739.jpg
 


平気で できる君らは 大した根性です

[PR]



by cocomerita | 2011-12-22 20:10 | | Trackback | Comments(50)

惜しむ

昨日まで 笑い 弾けていたものが



急に 黙り込む



人の身体って なんなんだろう



電気が通らなくなった 扇風機?



それでも



時は流れ続けて



時間の流れを追うのをやめた その身体だけが 過去へと取り残される



重たい身体 を 脱ぎ捨てたあと



魂は 自由になるのだろうか?



私は おろおろと 



その置き去られた身体を 振り返る



ついさっきまで 笑い 弾けていた あの身体を



あんなに 優雅に 楽しく踊っていた身体を



肉体を抱えて歩くのは 難儀だ



肉体と言う肉が 魂が先に歩くのを 阻むから



肉体の その肉の重さは 



上へと羽ばたこうとする 私たちを阻み 



大地へと 引きずり下ろす



小さいころから 自分の誕生日が嫌いだった私は



主役になると言うことが不得手 と 言うこともあるけれど



私は生まれてきたくなかったのではないか?と ある日ふと 思った




肉体を持つことは 羽ばたける両足に重りをつけること



エーテルみたいな気体でいること の ほうが



存在しているのは よっぽど簡単な気がした




最後に会った時の 彼女の弾けるような笑顔と



祭壇に飾られているであろう 



微笑んでるだろう その遺影とが



私の中で ぐるぐる交差し



こんなはずじゃあなかった



と 小さくつぶやく



今は ちょうど お通夜の時間



人気者の彼女に 最後のお別れをする人々の列は



きっと 果てしなく長いことだろう



私のエーテルの部分が その葬列の片隅に   
いたら いい
 


ごめんなさい
駆けつけられなくて



私の有難う と サヨナラが



遠すぎて 届かない気がする



b0150335_2113925.jpg

[PR]



by cocomerita | 2011-12-08 21:26 | | Trackback | Comments(33)

歳を重ねるということ

わたしの定宿のある武蔵小山で

有る異変 を 発見した

このあいだの6月に 帰って来た時は いなかったのに

駅の周りに ホームレスの御老人たち がいる

何人かで たむろしておしゃべりしてる時もある

ご老人のホームレスは

気になる

これからどんどん寒くなるから 

よけい 気になる

不況だから お家賃払えずに 追い出されたのだろうか?

若いうちには なんとでもできると思うけど
歳をとって 家を失い
路上で暮らす羽目になった 

その思いは如何ばかりか

老人が 安心して暮らせない


そんな社会は最低 だ

実力主義も いいけれど
社会は

最低限 人間らしい生活を送れる

その最低の一線は 全ての人に 保証すべき

じゃない?

歳を重ねた人たちが安心して暮らせない国など

先進国だなんて ちゃんちゃらおかしくて 呼べないでしょ?



どこの国でも
歳をとると言うことは 何か 嫌なことのように 淋しいことのように思われてるけど

私たちの人生は

生まれてきて
乳児の時を過ごし
幼児の時を過ごし
少年 青年 壮年
そして 老年を迎える

それは 人間が生き物である限り 当たり前のプロセスで

老年のその時期も 
生まれてきたことと同じくらい 私たちの人生の大切な一部だ

愛さないわけにはいかないでしょう

初めの部分はいいけど あとはだめ
ここはいいけど あそこはだめ

自分自身の一部を認め 一部を否定する

そんな都合のいいようには 行かないでしょう



             

                          だよね?



友人と 土佐料理屋さんに行く

味の薄い私には ちょっと味が濃すぎたけど

b0150335_23573472.jpg


このカツオの藁焼きは 最高――だった

b0150335_2358099.jpg


    うめ――!!


あ~~あ~~~
この日本食三昧も いよいよ秒読みに入りました...

[PR]



by cocomerita | 2011-11-21 23:59 | | Trackback | Comments(22)

進化という名の退化



      

どっか勘違いしてない??


と 思うんですけど

私たちは―――

先進国で―

近代人でーー

より  ズ―――と 進化 してる


つまり 古代人よりも ある意味 賢く なっている....

なんて...



    へ??



今 進化 って 言いました??


                     賢くなってる って??
      


      んなわけね―のよ





不在通知を受け取って 郵便局の本局に 荷物を取りに行った

b0150335_104222.jpg


一瞬整然としてるように見えるでしょ――
混乱は 写真撮ってるわたしの後方にある

朝の11時

郵便局に着いて 番号札をとると

b0150335_1192930.jpg



      ぎゃいーーーーん




電光掲示板のただいまお取り扱い中の番号は

b0150335_2323266.jpg




     キャい―ーーん 

わたしの前に 60人 の人がお待ちになってる勘定

いや もうこういうの いいかげん 慣れてるんですけどね

でも
60人 ってのは むしろ 記録かも

こういう時に
こっそり 窓口に近づいて

あの―― 荷物受け取る だけなんだけど――

なんて 割りこみ でも 企てようもんななら

局中に溢れかえってる人々の憎しみの視線で


ハリネズミ
b0150335_16498.jpg

    状態   になるしね


これだからーーー 中国人は――
なんて
悪い評判 更に 落としてしまう ってのも

   偲びないしね

   こっちの人は 日本人は超お行儀がいい と思ってるから
   行儀が悪いってだけで こいつは中国人と決めつけるのは 

   を見るより明らか
   
b0150335_23262334.jpg


     ....なんで



涙をのんで おとなしく待つ ことにする

しかし
近代化 作業の簡易化を招くべく 行なったであろうコンピューターの導入がさ

作業を繁雑にし
よって 待ち時間が増え
大切な紙 という資源を 大量に 浪費することになるって

   
      どうよ


私がイタリアに住み始めたばかりの頃は

コンピューターなんて導入してないから

小包受け取りにいくとね

そうそう そうだったわよ
小包受け取り窓口ってのがあったのよ ね



誰もいなくてもね
その辺を歩いてる人捕まえて やってもらえた

なんでかって
小包台帳と照らし合わせて
わたしの持ってる番号と合わせて
払う税金があれば そこで払って
そのお金を 彼らは引き出しにひょいと入れ
私はサインをし
はいよ と渡してくれる小包を受け取る

      それだけでよかったわけよ

それが 今はですよ
わたしの持ってきた不在通知と台帳と照らし合わせ
コンピューターに なにやら がちゃがちゃ インプットし
(ちなみに私のサインは不要   おかしくね??)

税金を払うのに、振込用紙をコンピューターで がちゃがちゃ インプットし
それで 終わりと思いきや
また違う書類をプリントアウトしーー

要するに
一人につき 紙二枚の浪費

一局でこれですよ
イタリア全体だったら

       どんだけ~~?




そうそう 銀行も同じ

このあいだ銀行にお金をおろしに行った

でね
全部50ユーロ札でくれるから

50ユーロ札を一枚10ユーロ札に替えてくれと言った
  ~イタリアの店はいまだ50ユーロ札 非常に嫌がるのよね

そうしたら
コンピューターで何やら がちゃがちゃ 打ちこみ
紙にプリントアウトし
サインしろという

    へ?

50ユーロ1枚を 10ユーロ 5枚に替えるだけの話ですが...

今や銀行員
金勘定なんてしないのよ
お金もいじらない

コンピュータにインプットしたものを 機械が吐き出す
それをお客さんに
      手渡すだけ

両替も同じ
コンピューターにインプットしたあと
50ユーロを機械に入れる
そうすると 機械が10ユーロ五枚 ペロッと 吐き出す仕組み

それをお客さんに 

ただ   手渡すだけ

私が銀行員だったら
このシステム導入された途端
私を あほか泥棒のどっちかと思ってるのか? 

と 辞めてるけどね

    マジで...


これが 退化 と言わずして なんぞよ

だから みんな何も考えなくなる...

話は長くなったけど...

原始に還ろう!! 


編集後記:
小包を開け

早速おためし

   むっふっふ


b0150335_10374739.jpg
              A面

   むっふっふ

b0150335_10401735.jpg
              B面

   むっふっふーーー

b0150335_1041832.jpg
 

あーー気持ちよかったーーー

      ぽっかぽか~~

   ~ファビオも やけに 気に入っておりましたー


marshaさん
誠に  ありがとうございました!!


[PR]



by cocomerita | 2011-10-23 10:52 | | Trackback | Comments(57)

変わらなかったら 滅びます

いい気になって
太陽に近づきすぎて
羽根の蠟が解けて

   
  墜ちた     イカルス

今の人間と同じじゃない?
原子力は 疑似太陽を作る ようなもん

近づきすぎたら
   
   

  破滅します

youtibeからの
「単なる 」 映画の予告ビデオ
貼りつけよう と思ったら
セキュリテイー上できないって

  なんで?

それでは こちら を見てください

「ヒバクシャ ~世界の終りに」 
鎌仲ひとみ監督作品





 変わらなかったら

  滅びます





またまた 署名お願いします

 福島の子どもたちを守るための緊急署名
  ~避難・疎開の促進と法定1ミリシーベルトの順守を

1.特に放射線量が高い地域において、避難・疎開・夏休みの前倒しを促進すること。
  とりわけ、子ども、乳幼児、妊婦の避難・疎開を実施すること。

2.子どもを含む県民の内部被ばく検査(ホールボディカウンターによる検査)を実施すること。

3.低線量被ばくのリスクを軽視する山下俊一・長崎大学教授を、現在の福島県の放射線リスク・アドバイザーおよび県民健康管理調査検討委員会から解任すること。

4.現在の法定の年1ミリシーベルトを順守すること。
 内部被ばくも含めた事故直後からのトータルな線量を含めること。
 年20ミリシーベルト(毎時3.8マイクロシーベルト)基準を撤回すること。
 食品の暫定規制値に関しては、年1ミリシーベルトが可能な値とすること。

署名フォームと詳しくは こちら FoE Japan へ



せめて 子供たちだけはを守りたいです  
   大人が盾になっても...




目を覚まさないとね 日本人

 変えなかったら
    
       滅びます

 
b0150335_144932.jpg
    
[PR]



by cocomerita | 2011-06-27 18:01 | | Trackback | Comments(46)

ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
黒い森の白いくまさん
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに。。 しかし...
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
オトナの社会科・中東から...
俺の心旅
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live
明日をもっと楽しく!した...

最新のコメント

けいさん、続き。 この..
by cocomerita at 00:48
Ciao けいさん そ..
by cocomerita at 00:36
私の長男にどことなく似て..
by saheizi-inokori at 15:32
目をつむることなくシッカ..
by けい at 08:59
大袈裟じゃなく、彼らのこ..
by cocomerita at 08:44
Ciao hisakoさ..
by cocomerita at 08:25
途中で送信されちゃいまし..
by hisako-baaba at 07:09
Junkoさん 奴隷扱..
by hisako-baaba at 06:53
Ciao けいさん そ..
by cocomerita at 02:38
この頃ね虚しさが先に立っ..
by けい at 17:51

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル