私がローマで独りで始めたわけ 

カテゴリ:私( 60 )




Maraへ   ~次に会うまで

イタリア は



Circeという寒気団が スウェーデンから降りてきて



一昨日までの暑さが嘘のよう



昨日から気温がぐっと下がり 今日は雨



私は 夏の終わりを ふと シミュレーションする



いやだなあ...


b0150335_21233520.jpg






今朝 私のとても大事な友人が亡くなりました



不幸なんか 間違っても 絶対に寄ってこない。 と



そう 心から思える人たち って 確かにいて



彼女 Mara は そう云う類の人の一人だったのに



楽しくて 優しくて 強くて 穏やかで 
そして もの凄く センスが良くて



彼女は ボローニャに住んでいて



頻繁に 電話したりしなくても



私は 彼女が大好きで



彼女も 私が大好きで



私たちは お互いの事を 「お尻ちゃん」 と 呼び合っていた



最後に会ったのは 1週間前



 「今来てもらっても お家に泊まってもらうこともできないし
  長い時間 一緒にも居られない から 来ないでいい」




と 言い張る彼女と



 「たとえ1分しか一緒にいられなくても 行くよ
 あなたも 私だったら同じことをしたはずだ」
 



と 電話で 泣きながら 言い合って



私が行く5分前であっても 気分がすぐれなかったら キャンセルしていいから



と 約束して 



先週末 私はボローニャに行った



そうやって 会った彼女は 



美しかった



まわりの友人からは 先は長くないよ
すっごく痩せてるから覚悟して みたいなこと 言われたけど



私の目の前にいる彼女は 凄くきれい で 



私は そんな彼女に 見とれた



そして 5分だけ の 約束が



気がついたら 一時間以上になっていた



もうひと人生くらい 一緒に暮らしてる彼と 手術の前に結婚した彼女は



9月に海岸で お披露目のパ―ティをやる と言った



私は その日を楽しみにしていたのに



彼女の具合が悪くなった 昨日



そんなこと知らない私は 彼女に電話をした



彼女の甘い声の代わりに 携帯がoffだ と告げる声に



休んでいるのかな? と しか思わなかった



あの時 もう 逝こうとしてたんだね



私の手元には



1週間前に 彼女が私にくれた一冊のノート と
彼女が 私の前で書いてくれた カードが一通


  14Luglio2012

  Cara J
  Questo piccolo minuscolo pensiero per te,
  scrivi sulle sue pagine tutto il tuo pensiero
  e fallo crescere con allegria senza ombre!
  Io capiro' e mi colleghero' con la tua stupenda persona.

  Ti abbraccio moltissimo
  Mara

  大好きなJ
  このあなたへのちっちゃい ちっちゃい贈り物
  このページにあなたの思いを書いて
  そして それを明るい思いで 一抹の影を落とすことなく 育ててください
  私はそれを読んで そしてあなたの素敵な人間性と 繋がるから

  たくさんの抱擁とともに
  マ―ラ


力のない手で 一生懸命書いてくれた そのカードは


b0150335_2126486.jpg
 



私の宝物になった



ローマに帰った私は
早速 1ページ目に 彼女への思いを 綴り



そして
その最後に こう記した


  ....
  Ti voglio regalare un pezzo della mia vita
  Te lo regalo

  Bacione
  XXX
  Junko


  あなたに
  私の命の一部をあげたいです
  あげるよ

  大きなキスとともに

  junko



Mara
本当に私の命の一部をあげたんだよ



でも 私の命は どうやら 役には立たなかったようだ...



彼女が病気になった という現実さえ まだ受け入れられなかった私は



彼女が逝ってしまったという 現実を 理解できず



ただ 途方に暮れる



人生は やりきれないほど 理不尽だ



Maraは 今頃 


やっと痛みからも ベッドからも解放されて



のびのび 喜んでいる と 思う



そして 悲しんでる私たちのことを



逆に 心配してる と 思う



Maraのことだから....ね
あなたはそう云う人だ



私の人生で あなたに出会えて 本当に良かった



ありがとう



大好きな 大好きな 大好きなお尻ちゃん



大好きなMara へ


b0150335_21288100.jpg



きっと今のあなたは



今までにないほど 強く 美しく 輝いてるね



次に会うまで 元気でね

[PR]



by cocomerita | 2012-07-23 21:36 | | Trackback | Comments(58)

ふと...思い出す

私が 小学生のころ



クラスに 池田君という子がいた



彼のシャツは



夏は 半そでなんだけど



冬になると



その半そでに 切り落とされたであろう袖が くっついて



長袖になった



ザクザクの縫い目
 


母に言われて 彼にお洋服を持って行った そんなことを思い出す



中学になると



策蔵くん という子と 同じクラスになる



策ちゃんには お母さんがいない
お父さんと二人暮らし



そうそう 妹さんがいたっけ



だからかどうかは 知らないけれど 彼の制服の白いシャツは 



いつも くすんでいた



そんな彼を クラスの男の子たちは



策蔵――カラーシャツ禁止なんだぞ― と からかった



策蔵くんは 絵の具を持っていない



だから 美術の時間になると



ひっそり 私のすこし後ろに座る



私がなにも言わないで 絵具箱を彼との間に置くのを



知っているからだ



私の中学には



もう一人 お母さんが 別な男の人と出て行ってしまった男の子がいる



その子は お兄さんと二人で住んでいた



ある日 その子は体育の先生が ドラム缶で落ち葉を焼いている



そのドラム缶に突進して 



ドラム缶をジャンプで越えようとし



落ち葉が燃え盛る ドラム缶の中に 両足突っ込んで



落ちた



名前は 覚えていないけど



彼の 落として履いた制服のズボンの



そのポケットのところが テラテラになっていたのを 憶えている



学校に 



時々しか 顔を出さない 横山さんという女の子がいた



私はその子と仲良くなり



彼女は 拾った子犬を飼っていて



その子犬を連れて 私の家まで遊びに来たことが何度かある



私は 越境入学だったので



区域に住む彼女は バスに乗ってやってきた



二人で犬を連れて 神社に遊びに行って



夕方まで 何の話をしていたのか?



憶えていない 



彼女は とても優しい いい子だったのに



継母のお母さんに 不良というレッテルを張られ



それから間もなく



問題児の集まる施設に 収容され 転校していった



そうそう お父さんはとても優しいのに
お継母さんには不良と言われてると そう話してくれたのは 横山さんだった



小さい頃を思うと



不思議と 思いだすのは 



幼心に大好きだった あの子 とか



駆けっこが速くて目立ってた あの子 でもなく



勉強のできた あの子 でもなく



いつも思いだすのは 池田君だったり



特に 策ちゃんだったり



ドラム缶に足を突っ込んだあの子 だったり



そして 横山さん だ



彼らは あの頃の あの空気の中で 生きいき 動きまわり



あの時のまま ニコニコ 笑っている



どうしているのだろう?
幸せでいてくれるといいなあ と



私の 祈りの中に入り込んでくるのは



そう云う彼らたち



ふと



彼らのことが 書きたくなった



書くことで



私の思いの粒子が



彼らに伝わればいいなあ 



と そう思った





誰よりも



    幸せでいてくれますように....



b0150335_19251021.jpg
 時々行く海辺のレストランで


b0150335_19274624.jpg



b0150335_19291222.jpg
 ポテトとタコのサラダに


b0150335_19294111.jpg
 手作りのトンネレッリは いつ食べても おいしい ね




<署名のお願い>

「紫陽花革命」に 署名で参加しましょう

 署名は ここから


  
         よろしくお願いします

[PR]



by cocomerita | 2012-07-15 19:37 | | Trackback | Comments(61)

わたし お誕生日おめでとう

今日は 私のお誕生日




   わたし おめでとう!





小さいころから お誕生日が嫌いだった そのわけは



主役になるのが苦手



ってこともあるけど



少し曲がったこの私 が



この世で 皆と足並みそろえて 生きていくのは



実に大変なこと だと 最初からわかってた



そんな気がします



だから 生まれて来たくなかった のだと



つまり



学校に行きたくない子供と一緒です 笑



そして



ただでさえ子供が多い我が家で



私のプレゼントのために 母が お金を使わなきゃいけなかったこと



むしろ恵まれてるくらいの暮らしだったのに



両親が私のためにお金を使うのが 何故か いやでした



我が家では 時々



母が 私たち子供をデパートのおもちゃ売り場に連れて行ってくれて



なんでも好きなものひとつ買いなさい と 放り出されるんだけど



私は 欲しくなかった



でも 要らないと言うと 母が困ると思ったから



一番安いものを 苦心して 選んだっけ



子供の頃は



近所のお仕立てをやってる級友のお母さんのところで

 

姉と私は いつも そこで お洋服を作ってもらっていた 



そのおばさんの家に仮縫いに行くのは すごく うきうきしたもんだけど



大きくなって考えてみると



すぐ大きくなる子供に 贅沢な話 だよね







ついこのあいだまで そう思ってた



だけど



ふとこのあいだ 母が子供の私に 何気なくもらした言葉



すっかり忘れてた言葉が ふと 蘇った



あきこちゃんちは お父さんがいないから 大変なんだよ



あーーそうかっ!



母は 子供に贅沢させたかったのではなく



こうして あきこちゃんちのお母さんを助けてあげてたのだなあ と





普段は お誕生日のことは 



口が裂けても 誰にも言わない私が



ふと子供の頃の事を思い出し



今日こうして ここに書こう と思ったのは



こうして五体満足で 今日を迎えられることを



有難いなあと 今年は つくづく 思ったからです


b0150335_1823686.jpg
 ママありがとう




私は 毎日 しばしば 私の中に生きている 両親の 祖父母の



そして 会ったこともないご先祖様のDNAを 



脈々と 感じます



私がこうして なに不自由なく 元気で暮らしていられるのも 



こんだけ威張ってても みんなによくしてもらえるのも



仕事がちゃんとさせてもらえるのも



みんな みんな



   彼らからの DNAのお陰です



父や母や おじいちゃんおばあちゃんが 丁寧に教えてくれた 色んな事の



   お陰です



私の中には みんなの能力が 生きている



   そのお陰です




 どうしてそんなに いつも一生懸命なの? 



と よく聞かれる んだけど



それはね



あっち側で 皆が 私のことを 恥ずかしく思わないで済むように



junko頑張ってるね と ちょっと誇らしく思ってほしい



ちょっとだけ 父や母に いい格好したい



ただそれだけのことです



だって 私はご先祖様の傑作品なのだから



ひとって 自分のためでなく



誰かのためにだと 余計に頑張れるもの なのですよね



母のあとを追いまわして 



学校でその日に起こったことを 



毎日 一部始終 話してた私は



参観日のたびに 母に 級友達の座席図 を作って渡したものです



これで あの時喧嘩したあの子がどこに座ってるか



私が どうも好きらしいあの子は ああこの子なのね



と 母がわかるように



いま 同じように 母達は きっと私の友人たちの座席図をみて 



笑ってることでしょう



そして


以前 母がお茶をいっしょに飲んでる時に ぽつりと私に言った言葉



あなたの財産は あなたのお友達たち あなたの持ってる人脈ねえ







また そう 祖父母たちに言ってる事と 思います







 さあ また一年 頑張ろう


          神様 また一年 なにかのために 使ってください




b0150335_1742964.jpg
 

b0150335_17423451.jpg

[PR]



by cocomerita | 2012-06-27 18:07 | | Trackback | Comments(82)

ご無沙汰してます

みなさん すっかりご無沙汰してます


新地 小川公園仮設住宅で カラオケに 笑い


ビンゴを楽しみ


豚汁に 舌づつみをうち


その足で


仙台経由で 女川 に入り


雄勝 に行き


石巻から深夜バスで 昨日の朝 帰ってきました


当然 車中


      爆睡



だけど


色んなことが 頭の中で混沌 としていて



もう少し寝かせないと 



言葉になりません



いいかげんに 書きたくないので



だから



当日の記事は もう少し待っててください



みなさんの気持ちは



しっかり伝わり 仮設住宅の人たちの心を温めてくれたことと思います





             ありがとうございました

b0150335_2372812.jpg



   
               私は元気です

[PR]



by cocomerita | 2012-02-18 02:41 | | Trackback | Comments(34)

なっちゃんへ 贈る こびと読本

 私には  甥と姪が 9人 います

私は 5人兄弟で 

子供のいないのは 私だけなんで

4 X 2 +1で 9人




その中で

一番 ちっちゃい なっちゃん だけが


私の事を


  junkoおばさ~~~~ん  と 呼びます





あとの8人は
彼らが小さい頃は junjun
大きくなった 今 では junちゃん と呼びます


  強制したわけではありません

           .....念のため  笑



私が 一番可愛がってた子が

Junちゃん の ちゃんが言えずに 
junjunになっただけの話





さて

そのなっちゃんに 約束した こびと読本


やっと


       出来上がりましたーーー!!



私  変に凝り性なんで....

あーでもない  

    こーでもない と   やたら 時間かかるんです




それでは      こびと読本


左から右へと読んでね
クリックすると 大きくなります



b0150335_2594441.jpg


b0150335_31867.jpg


b0150335_3138100.jpg


b0150335_32773.jpg


b0150335_323546.jpg


b0150335_33337.jpg


b0150335_333783.jpg




なっちゃんにはあした 投函します




だから


先に見たってことは




                          内緒にしておいてね

[PR]



by cocomerita | 2012-01-10 03:09 | | Trackback | Comments(63)

私ごと 徒然

悲しい時は


     身体が重い

    
     何もしたくない


     できれば 動きたくない




それでも

難しい岩場を
岩に しがみついて じりじりと登るように



     一個 一個 日常をこなさないといけないのだろうね



こうして 私は 


動きたくないと言ってる私の身体に



     

                           風を注ぎ込む 





    


                        掃除をしよう

b0150335_18483119.jpg





いつも 気になってること


     私の膝は おひとり様用

b0150335_18362850.jpg



不二子が ほぼ独占してるから
ビアが 私の膝に乗れることは








b0150335_18375499.jpg

     


                           ほとんどない




それが 申し訳なくて 後ろめたい


不二子のお昼寝の隙を狙って

そっと やってきた

b0150335_1837220.jpg


不二子が目を覚まさないように


そっと そっとね


なにか 浮気をしてる旦那のような 

この後ろめたさは

                      



             なんなんだろう 



おととい

イタリア新内閣が

経済政策を発表した


結果は

増税に次ぐ増税

またもや 国民の懐からの補てん


政治家の悪政による責任ってのは


                  全く不在の世界



                              

b0150335_18595626.jpg

                     こんなんでいいの ???

[PR]



by cocomerita | 2011-12-07 19:02 | | Trackback | Comments(32)

12月は大きらい 悲

いやな予感がしていました

イタリアに帰ってから
なんか
訳のわからない重たいもの が 付きまとい
まあ日々の暮らしで いろいろ厄介な問題はあるけど
でも
こう言う感じは あんまりなくて
なんだろう と 少し居心地の悪い日々を過ごしていました

私は12月は大嫌い。 なんで
そのせいかも とも....


昨日は
さらに いやな予感で
メイルが来ないかと 何度も何度も hotmailの受信欄を開けたり

そうしたら
そのいやな予感は 今朝 形になってやってきました



私には とても大事な友人がいます
友人というには おこがましく
何かと心にかけてくれ いつも褒めてくれ 励まし 応援してくれてた方です
日本で何軒もイタリアンレストランを経営し
私は いつも 彼女のところのイタリアンだけは 日本で食べるのでした

イタリアで食べるよりもおいしいからです

そんな彼女が ある日体調を崩し
みるみる 痩せてゆきました
糖尿病ということでしたが
私はなぜか気にかかって仕方なく
私は日本に行くたびに 電話をして 彼女が出ると ほっとしたものです

今年の夏に お会いしました
いつものように 声を聞きたくて お電話すると
最近調子がいいから 新しく開いたお店でご飯をご一緒しませんか? と
共通の友人も一緒に
みんなで わいわい おいしいものをいただき
嬉しそうに 場をし切っていた彼女を見るのは とても嬉しかったです

彼女は忙しいので
返事はいりませんと言って 私は時々メイルを打ちます
そんなメイルに 彼女は必ず返事をしてきます

この秋にもメイルを打ちました
が その返事は来ませんでした

何か嫌な予感がしました

日本に行って 電話を入れると
お友達ですか?の問い
全身から 血が引きました

御主人がでて
一か月前に倒れ
救急車を待つ間の20分間に 脳の組織をやられてしまって
こん睡状態が続いていると言われました

集中治療室にいらっしゃるとのこと

帰る前にもう一度電話を入れます

と だけ言って電話を切りました


次の日の夜
私は ホテルでコンピューターで仕事をしていました
コンピューターの横には 携帯電話
友人からの電話を待っていたのです

私の携帯は 自動的にマナーモードになってしまうので
何度となく 携帯を開けて コールがあったか確かめます
二度目に 携帯を開けた時
そこには私がいじらなかった アドレス が出ていて
それも ま の行で
彼女の名前が点滅していました

来てほしいと 言っている
と思いました
来て 耳元で 起きてよ と言ってほしいと

友人の息子さんに電話して
お見舞いにどうしても行きたい と お願いして 連れて行ってもらうことにしました

お見舞いには 匂い袋
病院の匂いは 彼女好きじゃないんじゃないかと思ったのです
眠ってる彼女の鼻さきに 匂い袋を差し出して

 起きてね 疲れがすっかり取れたら もう休むのはいい と思ったら
 きっと起きてね
 その後のことはなにも心配しないでいいからね

と 囁きました

病院には御主人もいて そのあと娘さんも来て
かれこれ 二時間も いてしまいました

これが 私がイタリアに帰る二日前


昨日の日曜は なぜか落ち着かなくて
考えたくない いやなこともあって
そのせいか
メイルを 何度も開けたり 閉めたり
着く筈の何か を 待っているかのように

その着いてほしくない何かが
今朝 着いてしまいました

お見舞いにいっしょに行ってくれた友人の息子さんから
彼女が亡くなったと メイルが来ました
それも 昨日 私がメイルを開けたり閉めたりしてた
ちょうどその時間
彼女は息を引き取りました
深夜です

面倒見のいい彼女の事
誰もいない時をねらって 逝ったに違いないのです

最後にお食事をいっしょにした時の
彼女の笑顔が忘れられません

私が おたふくさんのように幸せな気分にしてくれる笑顔 と
よく言ってた あの福々しい笑顔


思い返せば
私の不安は あの時から始まっています
もしかして この元気は 太陽が沈むその前に一段と光を強める
それではないか?と
私たちと最後に会うためのものではないか?と

そう言ったものが私のどこかにプリントされ
今日の今まで 消えませんでした


始まりがあれば 終わりがあり
出会いがあれば 別れがある

そんなことはわかってるけど
それでも 別れはいやです

あの世があることもわかってるけど
それでも もう会えないのはいやです


悲しくて
悲しくて
悲しくて


12月は 大大大嫌いです

[PR]



by cocomerita | 2011-12-05 17:26 | | Trackback | Comments(66)

別れは大嫌い

私に弱点があるとしたら

  それは 別れ


               別れは苦手だ



... 自分の一番柔らかい部分を 乱暴にむしり取られる気がする


それにも 関わらず
こうして しょっちゅう イタリアと日本の間を
行ったり来たりしてる私は

その小さな別れ を 年中味わう羽目になる

イタリアから 日本に発つ時
自分の空間 愛するものたちを置いていくのは 辛い し

そしてまた
日本から イタリアに帰る時
友人たちに そして日本のおなじみの場所に
またねというのも辛い

この別れって奴を こんだけ味わっても

       
        私はまだ別れと言う物に 馴染めない




私のアパートに住んでるElena とAngeloが
スロべニアに転勤になった

12月2日に発つ と 言うので
今日お別れに行った

家と同じく 猫を三匹飼ってるElenaは

私の大事な猫友達で
そして私たちが留守の時は快く猫シッターを引き受けてくれる 唯一の人 だった


   くーーーーー


     辛い 辛い

           ダブルに辛い 




今朝 
いまだ残る時差ボケで 朝の6時前に目覚めた私は
家の前で ランプをくるくる光らせて止まってる救急車を見た

家のアパートには お年寄りが多い
最近 救急車の来る回数が 極めて多くなった気がする


今度は誰だろう? と 窓から見守ると
寝台に載せられたおばあちゃんがでてきた

顔を知らないから
多分 外に出ることのなかった人なのだろう

このおばあちゃんは このアパートに戻ってこれるかな?と思ったら 

        
             悲しくなった


おおげさじゃなく
世界中の悲しみが どしんと 肩にのしかかる



これもまた別れなのだ

たとえ 知らなかった人でも

別れはやっぱり  すごくいやだ

b0150335_15592016.jpg



  署名のお誘い

sidesdiscussionさんのところで教えていただいた 署名運動 です

こちらもお願いします 

オンライン署名は こちらから
  「さようなら原発1000万人アクション」

祝島の原発工事の即刻中止 と
日本の現存の原発全基廃棄
 
   を 目指しましょう 



  もう たくさんだ!!

[PR]



by cocomerita | 2011-11-30 16:08 | | Trackback | Comments(46)

ありがとうございました


 しかったけど




 れたーー



今回も いろいろな人達から
いろいろな形で
暖かい思いを たくさんいただきました

私は幸せものだなあと思います

そんなものを みんな両手で抱えて 持って帰ります

b0150335_353320.jpg


b0150335_345771.jpg


この子らの待ってる場所に...

b0150335_361253.jpg


私の家に...



ありがとうございました



    それでは また...  ね



2011年 残りの日々を
皆さんが健やかに お幸せに 過ごされることを祈っています 

[PR]



by cocomerita | 2011-11-24 03:08 | | Trackback | Comments(46)

ミラノで仕事  ~ ス―ダラ節

仕事でミラノへ

ミラノの街は 好きじゃないけど

ミラノの中央駅は 大好き なんだ

b0150335_19413270.jpg


b0150335_1941563.jpg


b0150335_1942144.jpg

それでも 最近の 馬鹿馬鹿しい近代化 の波に押され

ここも その美しさ失いつつある



行くたびに残念に思う

それは

日本的な顔立ちが美しい 楚々とした個性的な子が
整形で
外人だか アニメだか
わけわかんない チープな顔 になっちゃった


そういうがっかり感 がある

それでも こういうのはいいよね

b0150335_19423913.jpg
 荷物専用ベルトコンベアー

ミラノ―ローマ間をノンストップで3時間で走る 
b0150335_194961.jpg


Freccia Rossa (赤い矢)

b0150335_19493281.jpg


客席で internet がつなげます

 ぅほほ、新幹線越えたね と 褒めたら 車掌さん大喜び

仕事は  役員会議の通訳
夕方の6時から始まって 終わったら10時半
みなさんの目測では 1時間の予定
が 
4時間半

そのあと みんなでピッツァを食べに 街に繰り出す
役員会議のあとでみんなでご飯を食べるのは これが初めてなんだって

と みんな 嬉しそう

お役に立てた 私も嬉しい

私は通訳という仕事は 人と人のかけ橋 であると思っています
そのかけ橋によっては 
せっかくのご縁が 断絶されることもあるし 仲良くつながることもある

だからこそ その責任は 重い と思う

言葉は 両刃の刃で
恐ろしい武器にもなれば 素敵な道具にもなる

血を流すことなく 人を傷つけたり 殺すこともできる
でもその反面
誰かに勇気を与えたり 微笑んでもらったり
明日への勇気を奮い起してもらうこともできる

それこそ
それを使う人の 小手先三寸 


私は5人兄弟の4番目で おまけに次女で
小さなときから 大家族だったたくさんのメンバーをどうにかしてつなごうと
生意気にも それができると 思っていた節がある

大人になってからは
姉の愚痴を言う母には 姉を説明し
母の愚痴を言う姉には 母の思いを説明し
父と母
お嫁さんと母
お嫁さんと姉

人ってさ
誰にでも接点ってあるわけで
それが自分ではわからない時がある

それをさがして
つないであげる
固むすびでも 蝶々結びでも
そういう作業が まことに好きです

てか
誰かが喜んでる顔を見るのが好きです

そう考えると まあこれは天職なのかもね― と思ったりする


 そうそう

言葉には 言霊 といって
あ には あの神様が
い には いの神様が 住んでいらっしゃいます

だから
決して 
間違っても

      馬鹿野郎   とか

      こんちくしょう  とか

      能なしー とか


       てめーー  っざけんなよー

なんて言っては....


          いけない......


          だろうが....

喫煙者がたばこが有害だと知ってて それでも 吸わずにいられないように

私も

   

   かっちゃあ いるけど やめらんない

植木等さん



なんか元気になるよね

昔はこういうおじさん そこらじゅうにいたもんだけど

最近 あんまり 見ない

もしかして
今の日本

こういう乗りが 必要なのかも...しれない

と思ったりします


[PR]



by cocomerita | 2011-09-04 19:52 | | Trackback | Comments(32)

ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
黒い森の白いくまさん
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに。。 しかし...
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
オトナの社会科・中東から...
俺の心旅
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live
明日をもっと楽しく!した...

最新のコメント

Ciao junjunさ..
by cocomerita at 06:55
Ciao oteboxさ..
by cocomerita at 04:29
🎵>もっ..
by ♥ junjun at 21:51
突然のご逝去を悼み、冥福..
by otebox at 21:48
Ciao けいさん 私..
by cocomerita at 17:20
Ciao 2018-01..
by cocomerita at 17:05
私も今貴女と同じ境地にい..
by けい at 13:30
Ciao saheizi..
by cocomerita at 17:34
黙とうします。
by saheizi-inokori at 09:40
Ciao antsuan..
by cocomerita at 21:15

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル