私がローマで独りで始めたわけ 

<   2008年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧




マンマ ミ―ア

動物・ペット
揺るぎない自信

イタリア国民の強さは、その揺るぎのない自信から来ている。
、、、、と思うのです。
自分たちが、美しく優秀な民族であると信じている。
            針の穴ほども疑っていない。
   信じる力って本当にすごい。
黄色の斜めストライプシャツ、それにのネクタイ
という装いのお兄さん
うわっとかなるんだけど、視界に入った時はね、
でも、それも一瞬のことで、
だってね 
”僕はファッショナブル、最高でしょ!”
という彼のオーラが、すごいし、
自信に充ち溢れてるし
だからね、、思わず、”あ、そうかな”と、たじたじ妥協し、
最終的には ”そういえば悪くないかもしれませんね。”
                  と思いこまされてしまう。

イタリア人の男性は、大半が、自分はいい男であると思っている。
それは、ひとえにイタリアのマンマのおかげ、
産まれた時から、
”Bello、ベッロ、おー私のこの美しい仔犬ちゃんたら、
                なんて美しいのかしら”
といわれて育てば、やっぱ、深層心理にまでしっかり染みつく!
ってもんだ。
暗示ですよね、一種の。

日本の女の子たちもね、ビヨンセとかアンジョリーナジョリーに憧れるのもいいけど、
確かに彼女達はゴージャスだけどね。
だけどね、彼女のしっかりとした長い脚、
      コッテりとした顔にはかもし出せない、
別の美しさが日本人にはあるんです。よ!
日本人の美しさは、言ってみれば、新しい美しさっていうか、
     Tecnology Beautyとでもいいましょうか。
で、それって、とっても世界的には、Brand New。でしょ?
だから、女の子たち!
整形とかを考える前に、一度じっくり鏡の中の自分を見てみるといいと思う。
すっごく、かわいくて、魅力的な自分が見つかる!
はずだ。
あなたはとっても素敵!
あなたってとっても美しい!!
あなたは最高に魅力的!!!
、、、、、深層心理に、少しは入りましたかね?

[PR]



by cocomerita | 2008-08-30 00:34 | Trackback | Comments(20)

神様は言う。

小説・詩・読み物

b0150335_2230135.jpg
うh

宗教は持っていませんが、
神様が好きです。

時々けんかもします。

そんなフランクな関係の中で、
彼が、直接語りかけてきていると感じる瞬間があります。

その一つが、   本

私に何か伝えたいことがあると
どうやら彼は、本を選ぶ。

ある日、ひょんなことから昔読んだ本が出てきたり
本屋さんで気になって仕方がなくて、
まあいいやと仕方なく買って忘れていた本だったり

今回も、お引っ越ししていたら
買ったことさえ覚えていない本が、、

                     イリュージョン

不思議な思いのまま、こっちに持って帰り
何気なく開いてみたら、

なんと素敵な本。

今の私にぴったりのメッセージがあるわ、あるわ

どれだけ、素敵かは、その人次第な気がして
ここでは語らないけど

もし、心のアンテナに、ちょっとこの話が引っ掛かったら
読んでみてください。

[PR]



by cocomerita | 2008-08-28 22:38 | Trackback | Comments(14)

みんな一緒

恋愛

b0150335_2153053.jpg


Fabio
  「あのさー
   僕のシリアルと
   チッチのドライフード一緒に置かないでくれないかなー」




                                  向かって右が彼の食糧


え??     何かまずい??ですか???

[PR]



by cocomerita | 2008-08-27 10:30 | Trackback | Comments(24)

私に捧げられちゃった曲聴いてくれますか?

音楽

ちょっと前に、もう一個のブログで紹介したので

ああ、またか。

という人もいらっしゃるとは思いますが、、

こっちでも、you tubeが貼れるようになったというので、貼っちゃいます。

又聴いて下さいまし。




歌詞の素敵な部分を抜粋すると、、

A te che sei                    君は僕の毎日
Semplicemente sei              君はただ君というだけで
Sostanza dei giorni miei           僕の毎日  
Sostanza dei giorni miei
A te che sei il mio grande amore     君は僕の大きな愛
Ed il mio amore grande

Ti ho visto piangere nella mia mano 僕の手の中で泣いていた君
Fragile che potevo ucciderti    簡単に殺してしまえるほど脆い
Stringendoti un po’
E poi ti ho visto            そうかと思うと
Con la forza di un aeroplano 飛行機の強さで人生を救い上げる
Prendere in mano la tua vita
E trascinarla in salvo
A te che mi hai insegnato i sogni  僕に夢と
E l’arte dell’avventura       冒険という芸術を教えてくれた
A te che credi nel coraggio     君は勇気を信じていて
E anche nella paura          怖さの中でさえも信じている
A te che sei la miglior cosa     君は僕に起きた最高の出来事
Che mi sia successa
A te che cambi tutti i giorni     君は毎日変わるのに
E resti sempre la stessa      変わるたびにいつも君らしい
A te che sei
Semplicemente sei         君は僕の毎日
Sostanza dei giorni miei     君はただ君というだけで、
Sostanza dei sogni miei     僕の夢
A te che sei
Essenzialmente sei        君は僕の毎日
Sostanza dei sogni miei    君はただ君でいるだけで
Sostanza dei giorni miei    君は僕の毎日
A te che non ti piaci mai    君はこんなにステキなのに
E sei una meraviglia       君は君の事が嫌い
Le forze della natura si concentrano in te  自然の力は全て君に
Che sei una roccia sei una pianta sei un uragano 君は岩で草で
Sei l’orizzonte che mi accoglie quando mi allontano
  ハリケーンで、
  そして君は僕が遠ざかった時に僕を迎える水平線

a te che hai reso la mia vita bella da morire,
che riesci a render la fatica un' immenso piacere,

君は僕の人生を死ぬほどステキなものに変えてくれた
君は苦労を飛び切りの楽しみに変える。

a te che sei il mio amore grande ed il mio grande amore,
a te che sei, semplicemente sei, sostanza dei giorni miei, sostanza dei sogni miei...

君は僕の大きな愛
君は僕の毎日 君は僕の夢


この曲は、私の大好きなジョバノッティの曲です。
ファビオがこの曲はまさに僕の君に対する思い

っだっつう~んで、
                      アップします。

何かの折に、使ってください。

女って、こういうセリフの数々に


     極端に          弱い。んです

[PR]



by cocomerita | 2008-08-26 00:04 | Trackback | Comments(22)

夏のご飯は、、

グルメ

b0150335_19182993.jpg


ローマからこんにちわ!

こっちに帰ってきてから、
スイカばっかり食べてます。

だって、   おいしいんだも~~~ん!

そういえば、 日本ではスイカ食べなかったっけ、、

昨日のご飯は、日本から買って帰ってきた蓮根

                 レンコンを薄切りにして
                 お水にしばらくつけ、さらし
                 それに小麦粉をつけて           揚げます。
                 揚げたてにちょっとお塩を振って



             いただきます。
これ、ファビオの大好物なんであります。

それにサラダ
     ということで、イタリアで大人気  私の和風ドレッシング


サラダドレッシングを作るのに、           
超便利なのは、ジャム瓶のちっこい奴
フォーションとかお土産にもらったのでありませんか?

それを利用します。

まずは、その中に
                半分ほど、コーンオイルを入れ、
                オリーブオイルを多めにひとたらし(なければなくてもok)
                お酢 お醤油ひとたらし お砂糖少々、
                お塩ひとつまみ かつおだしの素少々
                わさびチューブ入り 1cmほど、マヨネーズ 大匙一杯

  


          シェイク シェイク 
ひたすら
                         シェイク

で、お味を確かめ
お塩加減やら、辛味をお好みで調節して お召しあがりください。

できたら、
私お勧め  オニザキのすりごま 入れれば b0150335_19545542.jpg



        




 パーフェクト!!         

     *Buon Appetito***

[PR]



by cocomerita | 2008-08-22 19:56 | Trackback | Comments(22)

夏一過

自然

明日いよいよイタリアに戻ります。

なんだかんだとちょうど1ヶ月いてしまいました。

本当に、月日のたつのは早いなあ

東京の生活って本当に忙しいんですもん

まったく  

あっ     という間に、時が流れていった。

こんなことしてると、

また、

あっ     という間に秋で

そして
あっ     という間に冬がやってくる。


自分の時間をもっと大事に使いたい。

いつも心がけてるんだけど
それでも時はものすごい超スピードで過ぎていく

庭の片隅に見つけたせみの抜け殻

お風呂に入ってるときに聞いたこおろぎの声

夏がその時スローモーションでその流れを見せてくれた。

そして
それは私の人生の一部なのである。

[PR]



by cocomerita | 2008-08-19 00:46 | Trackback | Comments(28)

終戦記念日に、、

ニュース・評論

終戦記念日に
NHKの”証言記録 レイテ島決戦” を見ました。

改めて、
憤りを感じずにはいられませんでした。

戦場で、日本国に見捨てられ
故国の家族に思いをはせながら亡くなって言った人の無念は、もちろんのこと

運良く生き残れた人々も

レイテ島に置いてこなければいけなかった戦友たち

一緒に帰国できなかった戦友たち

そして、命令であるが故、
殺さなければいけなかった敵国の兵たちや市民の人たち

に、

あれから60年もの間、申し訳なさを抱えながら
彼らの霊前にひたすら手を合わせて生きることを強いられた




いいことなど、何一つ生まなかった意味のない戦争


第二次世界大戦は

日本と言う国が、

国民に対して行った大きな詐欺であると

私は思う。




私は、

絶対に私の人生を国の手などに委ねない。と

自分の良心にのみ従い

誰かを殺すことなど国に強要されるものか。  と

改めて

心に誓う。



戦争は、二度とあってはいけない。


戦争を正当化するいかなる理由など

この世に存在しない。


でも、世界平和は

私たちの日常の平和から生まれる。 




終戦記念日に

戦争のない世界が実現することを
心から  
        心から
        祈りながら


戦争の犠牲者の人たちに、、   


                     合掌


どうかあちら側で、幸せでいてくださいますよう、、

[PR]



by cocomerita | 2008-08-16 00:00 | Trackback | Comments(10)

どうしても分からないときは人に聞くのが一番

あなたが応援する北京五輪!

大好きな北島康介君の二連勝
                  お見事~~~!!
背筋が、ぞーぞーしました。



絶対に北京オリンピックは見ない。

といっていた私が、

もろくも陥落

             結構見ております。(笑)

勝ち負けよりも、

その裏側にある人間のドラマに

惹かれてしまいますね。

感心したのは、
結構みんなお父さん、お母さんのために頑張っているって事。

お国のためって言うより、私には美しく響く。


   ところで、、



スポーツって楽しむ物でもある。  と思っているんですが、、、


魚のように水を切って泳ぐ水泳や

     風と一緒に走るのは気持ちいいだろうなあ陸上

           空に向かって空を切って飛び上がる高飛び



   でも、、

どうしてもその楽しみがわからないものがある。 んです。 けど。

       
             重量挙げ

何が楽しいのか
どうしても想像がつかない。  んですよね、、


           誰か   わかります???

[PR]



by cocomerita | 2008-08-14 23:34 | Trackback | Comments(8)

日本の夏に欠かせないものといったらさ

映画・ドラマ

久々の夏の日本です。

で、何か足りない。
と思ったら、、

         淳二さん     が足りない。 じゃないですか


オリンピックのせいかもしれないけど

日本の夏に欠かせない

あの 恐い話  や
  
          心霊写真とか
  
                     ありませんね。。今年は



で、考えた。
イタリアって、全くこの手の話がない。   んです

心霊写真なんて、聞いたことも見たこともない。
と思いますよ。

通常のイタリア人は。

それに比べて

奇跡の話
ってのは、  あるわ、   
                     あるわ
チビタベッキア(ローマの近くの港です)の教会の聖母マリア像が、
血の涙を流した。

とか

事故にあって昏睡状態に陥り、
生死の間をさまよい
お医者さんからもさじを投げられた子が
突然目を覚ます。

パドレ ピオが夢に出てきたという。

この人、イタリアで超人気者の聖人

近年、信者離れの激しいカソリックローマ教会が
信者増を狙って、聖人に認定した人


彼は、亡くなった今も、
あっちこっちで、

夢の中に出てきては奇跡を起こす。

彼が出てくると決まって、花の匂いがするのだそうだ、

というわけで、
話は戻り

なぜにイタリアに幽霊話がないのか。

それは、カソリックが、あの世の存在を認めていないから
 

                                  、、、、でしょうね。   

                 きっと、、


それとも、幽霊が出てくるのには、

イタリアは
お陽さまの光が強く
乾燥しすぎてるからかしらん。

[PR]



by cocomerita | 2008-08-12 01:24 | Trackback | Comments(14)

まだ、大丈夫だね。

自然

私たちという人間をより良い形で表現するのに

髪型って相当大事な技だと思ってる私は

当然、       

髪型にこだわる。

だから、ヘアーサロンを見つけるのは一苦労   
                           なんてもんじゃない。

 


                   至難の業

イタリアでは、20年失敗を重ねた挙句
ちび丸子ちゃんのような女子頭に怒りつつ
                     
                             あきらめました。

あの人たちに
日本人のしっかりとした黒髪は扱えない。。


そして、最近やっと見つけた美容院は、

                          京都

当然ちょくちょくは行けないんで

それ故
私のヘアーサロン探策の旅は続いていたんですが

やっと出会ったようです。


その人は

パリと東京と伊豆を行ったり来たりしている

物にとらわれない自由な感性の人です。


自由な人に例に漏れず
                  
                          やさしい


二匹の大型犬と暮らし

優しい口調の割には、

たぶん本当のプロと呼ばれる人が必ず備えている
辛らつなまでに、ものを見極める鋭いまなざしがあり

そういう人に会うと


                         私も元気になる


まだまだ、頑張って、

           自由に空を飛んでいよう

                         思います。

[PR]



by cocomerita | 2008-08-10 00:52 | Trackback | Comments(18)

ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live

最新のコメント

ciao hisakoさ..
by cocomerita at 06:29
junkoさん 為政者..
by hisako-baaba at 14:44
ciao antsuan..
by cocomerita at 23:13
ciao sideさん ..
by cocomerita at 23:07
まぁ、国民が主権者という..
by antsuan at 22:22
あーあ、日本は終わりです..
by sidediscussion at 21:30
ciao antsuan..
by cocomerita at 08:34
政治家の口利きが悪いわけ..
by antsuan at 07:23
ciao hisakoさ..
by cocomerita at 23:17
ciao sideさん ..
by cocomerita at 23:14

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル