私がローマで独りで始めたわけ 

<   2008年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧




謝らなくてもいいとこで謝らなくていいです。

ニュース・評論

こんにちわ
忙しくてなかなか記事のアップもできず
皆さんのブログにもお邪魔できず
ちょっと寂しい私です。(笑)

そんな中で、ニュースだけは目を通すようにしていますが、

例の慶大生の大麻売買事件

慶応大学の理事長とかが謝罪をしていましたが、、

もう二人とも成人なわけだから
大学が謝らなくてもよいのではないか?   と思いました。

大学はあくまでも、勉強の場を提供するところ
20才を過ぎた子供たちを
そこまで監督はできないだろうし
そこまで監督していたら、むしろ変
なんといっても、彼らはもう選挙権さえ持っている。  いい大人ですよ。
社会的にいうとそうでしょ?

そんな人々のやったことに対して
大学は責任ない。と思うんです。

謝らなくてもいいとこまで、
謝られると
かえって彼らの無責任さを感じてしまう  
のは、

私だけでしょうか??

[PR]



by cocomerita | 2008-10-31 22:54 | Trackback | Comments(20)

ニッポン、nippon

旅行・地域

こんにちわ

やっぱり、2晩寝ないってのは、堪えますね。

出発前の夜と、当然機内でもきちんと寝なかったから、

昨晩の寝つきのよさと
そして、今朝、、っつーか今日のお昼に目覚めたときの身体の痛さ

     あ~これが年を取る。           ってことなのか、、

なんて、つい考えちゃったもんね。

ところで、
今回は、Air Franceで帰ってまいりました。

機内のお客さんの顔ぶれを見て

時代の流れを感じました。

昔、といっても10年ほど前までは、
日本行きの機内なんてさ

ほとんどが日本人の人
で、その1%にも満たない外人旅客の人々はみんな

      仕事で仕方なく行きます。」

   って、感じの人ばかりだった。

それがいまや、、
機内の人種は皆ばらばら

日本のパスポートを持ってて
「SU-GA-KU]とかかれた数学の本を読んでるフランス人の女性

20代前半と思われるのフランス人のグループ

私が行ったこともない
名前も知らない日本の小さな町に通っているというイギリス人


日本が、


日本人はお金持ってるから、ちょっとお金儲けに行きますか

でない

世界の中の
きちんとその文化を見られてる日本に

やっと!!

いよいよ!!

              なったね

って感じで、嬉しくなった



遠足嫌いだったくせに

機内が日本って国に遠足に行く楽しい観光バスみたいで

妙に楽しかった

そして、最後になりましたが

「本当のサービス」ということが
     だんだん希薄になっていくこの時代に

「本当の」
「心のこもった」サービスをしてくれる
「プロ」の

日本人とフランス人のキャビンアテンダントの人たちに出会えて

「本物」は、国境を越えてそれぞれの個人の中に存在する のだと
そう思えて、、

なんかね。。

          また頑張ろう。なんて思っちゃったんであります。

さあーーーー今日一日ぶらぶらしたから

             また、明日から頑張るぞーーー

[PR]



by cocomerita | 2008-10-25 19:08 | Trackback | Comments(34)

行ってきます。

恋愛
あ~~~
忙しかった~~~。

家を空ける前ってどうしてこんなに忙しいんだろう、、?

明日から、、

ぁ、、正確に言うと今日から日本に行きます。

朝7時20分のフライトだから、、
タクシーを5時に予約した。
だから、もう寝ないことにしました。

最後の最後までやったこと。

1. ファビオのお芝居の大道具の修正

2. とりあえず、これで3-4日は暮らせるだろう量の買い置き

3. とりあえず、これで明日とあさってはご飯作んないでいいだろう量の作り置き

4. 日本に持っていく仕事の準備

5. cocomerita storeのクリスマスのための新しいコレクション打ち合わせ

なんかさ、、

私ってさ

結婚はしてないけどさ

けっこういい奥さんだな。


                      と、思う瞬間。

それではまた日本からごあいさつします。


        ,、、、チョっと1時間ほど横になろうっと、、、





b0150335_9565625.jpg

          ひまわり大好き
[PR]



by cocomerita | 2008-10-23 09:58 | Trackback | Comments(24)

私の裏っかわの続き

小説・詩・読み物
イタリアは
おうちにお掃除の人に来てもらってる人が結構います。

学生たちはさすがにしませんが
主婦でも、お勤めしてる人でも、
わりに気軽に一週間に一回とか3時間ほどお掃除の人に来てもらって
家の中をきれいしてもらう。

イタリア人は超きれい好き
   (自分のテリトリーだけね。。ははは)
台所なんて、ショールームみたいだもんね。
鍋もスポンジも洗剤もなに一つ表に出てましぇーん!

ポーランドから来たクラウデイアさんは私の友人のステファニアさんちに来てる
「donna di pulizia お掃除女」さんです。

彼女のお掃除がこれまた見事。
で、ある日彼女に頼んでみた。
     
     「ねえ、お掃除の仕方教えてくれない?」

      「笑、、お掃除なんて教わることじゃないでしょー

    「あなたのお掃除は、教わること。
     今のところ、唯一うまくできないのがお掃除だからさ、
     それをどうしても克服したいんだよね。」

話してみたら、
彼女はお掃除することをこよなく愛してる。
小さな頃からお掃除が大好きだったんだって。
だから、いまでもお掃除してると楽しくて仕方ないんだって

            「あ、これが秘けつだ。」
       
       愛して、心をこめてやると、何でも芸術になる。
       掃除だって芸術になる。

彼女のお掃除は本当に芸術である。

私がやると、お掃除の後で、
必ずきれい (にしたつもり)の床の上に、髪の毛一本みっけーとか、

埃をきれいに取った(つもり)の本棚の上に、、   エ―――もう埃がうっすら。
とか  云う結末に終わるんですけどね、

彼女がお掃除するとタンスやイスや本棚が

みーーーんな気持ちよさそうに、   うっとり  寛いでるんだよね~

まるで、エステをしてもらった後の私たちのように、、

床なんてさ、そのピカピカさで誇らしげに胸を張り、、

        髪の毛なんて寄せ付けねーぞ!!
って顔してるもんね。

申し訳なくて、そっと歩いちゃうもんね。

             秘訣は、   「でした。

自分の仕事を愛する。
だから、一生懸命になるんだよね。
だから必死にもなる。
大変でもその大変さが違ってくる。

     「あなたのお掃除は芸術だよ」
     「で、あなたはお掃除のマエストラ(師匠)だよ」

                  と、心から言った。

彼女が教えてくれるはずだったお掃除のレッスンは
彼女が突然カナダに行ってしまったので
実現せずに終わってしまったけど、

             
               私は、、少しお掃除を愛し始めている、、


b0150335_18133162.jpg

[PR]



by cocomerita | 2008-10-20 18:14 | Trackback | Comments(44)

私の裏っかわ

動物・ペット
私は、湖で虫も救うし、
花や木を愛してるし
動物にも優しい。

実に優しい人間だと、思われている方もいらっしゃるでしょうが、

                        そういうわけではありません。

この世のものには、
必ず            って奴があり

かくいう私にもあります。
                        


こういう私が、
情け容赦なく コテンパンにするものがある。

それはね




                               人間

それも
いつもある一定の   私からすると「どっちつかずの」  
             彼らからすると「適温」を常に保っていて

それをむしろ誇りにしているような人間

つまり
熱くも冷たくもならない人間

それが世渡り上手だと大きな勘違いしてる人間

冒険もしないから間違いを犯すこともない人間

一言でいうと

              必死にならない奴


こういう人々をプライベートで、発見した場合は別に害はない。
放っておくか、、
       

             まあ、悪人じゃないしね。
とそこそこに付き合う。


困るのは、

こういう人々と何らかの縁で共同作業をしなければいけない羽目になった時

私は、仕事となるとやけに真剣です。

お金をいただく限りは、
    自分の力以上のものを提供しなければいけないと思っている。
お金をいただかなくても、
    自分に任せてもらったことは全身全霊注いでやる。

しかし、
こういう   やけに   何もかもが一定の人々は

                   そういう私の熱情に水を注ぐ。


       「そんなにむきにならなくても、、」

                   なんて言葉を発しやがる、、(ソーリー、)

あのね、、、
2時間余裕がある時と、
3分しか時間がない時と    では

普通   人間の動き方は変わるもんなんです。

そして
いい仕事に仕上げるには、
        これでもまだ、これでもか
                 というたゆまない試行錯誤が大切で、

そうやって、妙に安心しきって、落ち着いていられるとですね

      結果はどうでもよい。無事に終われば、、

と思っていらっしゃるとしか思えなく
何事もなく、、って言うのが一番の癖もんなんだからさ~

果たして、、そういう人といい仕事はできるのか?と   不安になるわけで

そういう場合
私は、こっぴどく
  
        情け容赦なく     コテンパンにする。
 
                               

いかに、aboutな仕事をしているか
いかに、仕事に対する思い入れが足りないか

つまり、  プロじゃない!   か

                       知らしめる。

彼の電圧あげてくれないと、一緒に仕事はできないのだから。

そういう私を見て、不思議に思う人もいるらしい。



   「そこまで厳しくならなくても、、さ、、、  
            いいんじゃない?」



しかしね

必死にならない奴は
                 どうしても好きにはなれない。

優雅に水面を滑るように泳ぐ白鳥は
水の下では、必死で水かきを動かしている。  

早く滑らかに泳げなくても
必死で水かきを動かそう。 という思いが大事。

生きてるんだから、
たまには心臓の鼓動が速くなったり、
頭に血が上ったり
冷や汗かいたり

泣いたり怒ったり

それが生きるってことなんじゃないかと私は思う。  

イタリアの格言にこういうのがある。
               善人になるのはいいが、
               それが過ぎればただのまぬけ

           

b0150335_1841228.jpg

                          よっこらしょ
[PR]



by cocomerita | 2008-10-17 18:20 | Trackback | Comments(36)

また、来年。

自然

私はお白粉花が大好きです。
ただの野草なんだけど、好きです。
だから、結構大事にしてる。
b0150335_2134274.jpg

なんでかって言うと、
夜に咲くから

も一つ言うと、
匂いがよいから。

暑ーい真夏日が終わり、
風がどんどんその熱を失って
     
               は~今日も暑かったね。      とひと息つくとき

この子たちがローマの遅い夕闇の中で、

                     花開く。

豆電球が点っているようなにぎやかさと愛らしさに加えて

その何とも言えない愛らしい匂い

                       甘ーい匂い

それだけで、幸せになる。

それだけで、元気になる。

だから私の夏には、彼らは欠かせない。

今年は、  真夏にローマにいられなかった私のために

夏が過ぎてからもがんばって、

          これでもか、
                   これでもかと

がんばって、いまだに花をたくさん咲かせてくれてる、。

その花が、日に日に小さくなっていくのが、ちょっと淋しくて   かわいそうで
小さな声で、
             ありがとう、、 ね、、  
                            とつぶやく。


来年の準備もせっせとしてくれてる。

小さな種が、彼らのスーツケースのように思える一瞬


また来年。

   また、来年   ここで会おうね。
                            きっとだよ。


b0150335_2153922.jpg


b0150335_216054.jpg


b0150335_2162157.jpg


       あ~~~秋はなぜかおセンチになるね。
行く人を見送るのはいつも苦手。
見送られるのも嫌だけど、
できたら、ずっと一緒にいたいよね。

しかし、禅の坊さんはつぶやく。
    色即是空  空即是色
           変わらないものはない。

[PR]



by cocomerita | 2008-10-15 02:27 | Trackback | Comments(42)

こんな家に住みたい。

秋のお出かけ、楽しかった一枚!

ローマってさ

巨大なおもちゃ箱のようで

どこにお散歩に行っても、

そこそこ楽しめる。

もう20年も住んでいるのに

歩くたびに、

今まで見たことのなかった家や  教会や
                          
今まで通ったことのない道を

                         発見する。

日本では、ついせかせか歩いてしまう私の足取りも、
自然   ゆっくりになる。

特に最近、私はお散歩のときに
バスに乗っても、バスの窓からも

                        上を見る

だって、
思いもかけないところに、

素敵なおうちがたくさんあるんで、、


           「こんなおうちに住んでみたい!」


b0150335_139126.jpg


b0150335_1392551.jpg


b0150335_1394673.jpg


こういう見かけぼろっちいおうちに限って、
中はめちゃくちゃきれいに暮らしているんです。

ちっちゃいくせに、
おお~~暖炉まである。

こういうベランダで朝ごはん、、、

上を見ればきりがないが、、

                     フ~~  と 溜息、、






[PR]



by cocomerita | 2008-10-13 01:50 | Trackback | Comments(30)

栗は焼き栗、ワインを片手にみんなハッピー

グルメ



いやだなんだと言っても、、
    はどんどん深まる。
キノコ狩りの約束があるのだが
肝心のキノコが顔を出さないので、
延期中

そんな中でも、栗だけは、順調に育っているらしく
先週の日曜日にキノコ狩りに行った友人は
キノコと出会えずに、
栗を片手に帰ってきた。

しょうがないから、、
    焼き栗赤ワイン  うっほほー!

1.は、横にナイフで切り目を入れる。

2. フライパンに、切れ目入りのを入れる。

3. フライパンに蓋をし、弱火で、30-40分、炒る。
( 蓋がなかったらアルミホイルでも可 )
 時々、フライパンを揺らしてをひっくり返してね。

4. のいい匂いがしてきたら、乾いたふきんを用意し、
 その中に焼いたをあけて、包む。
  ポイント:こうすると、が蒸れて皮がむきやすくなります

お口の中に残るのモコモコを、赤ワインで溶かし流しながら、

  美味しく、召しあがれ!!
  
  なお、環境保護のため、、
  飲みすぎとおなxにご注意。。ください。。。
ま、身内の間なら、それもありかも知れないが、、

        笑って済まそう小さな過ち

      知らぬが仏     
                嘘も方便

嬉しい追伸:
ご心配をかけ、そして温かい援助の手を差し伸べていただいた「岩田天晴君を救う会」の基金が、この10月08日をもちまして141,499,257円と、目標額に達成することができたそうです。
ありがとうございました。
あとは、彼の手術が無事に終わるよう、術後の回復が滞りなく進むよう、
祈ってあげていてください。

  

[PR]



by cocomerita | 2008-10-10 19:44 | Trackback | Comments(18)

こんなモノ見つけた。

映画・ドラマ
道を歩いてたら
こんなモノ見つけた。

b0150335_71016.jpg


b0150335_7132368.jpg

で、ふとよみがえる記憶

これは、
「scream」という映画で犯人が使ったマスク

この映画は結構当たったので、、Scream 2とか3とかも出たけど

他の映画の例にもれず一番恐ろしいのは、初めの「scream」

これは、もう何年も前に友達の女の子と見に行った。

それも、映画館の最終回だったので、
始まったのは、10時過ぎ
終わったのは、夜中の12時過ぎ

映画が始まって5分ほどで、

       しまった、、
と思ったもんね。

富士急ハイランドのあのめちゃ高いところにあるジェットコースターに
なんだか分かんないけど、

「遊園地に行っちゃったーのHIGHな乗り」
乗ったはいいが、
あの、初めの急こう配を
車が  カタカタ
            カタカタ

いいながら登っていく時に、
感じる、、、
あの取り返しのつかない    後悔

                      に似ている。

私は恐怖モノ結構平気なんだけど、
なぜか

とにかく、 怖かった

これは。

もういい、もういい、、  やめてくれーっ   て感じだった。

友達と顔を見合せて、、

   「誰がこんな映画観ようっていいだしたのよ、、」
と、無言で互いを詰りあった。

その感じも、全くあの富士急ハイランドのジェットコースターと同じ


映画館でてからも
やたら怖かった

普段はさ
夜道とか全ぜ~~~ん平気なんだけど

さすがにこのときは、ひとりで帰るのが嫌だった。

で、その友人と
お互いに
家に帰り着いたら電話で確認しよう。と約束しあって、別れた。

家に帰って
彼女の帰宅を確認して

鍵をしっかりかけて

布団にくるまって

サッサと寝た。

朝が一刻も早く来ることを祈りながら、、、

ちょっと古い映画ですが
機会があったら見てみてください。

[PR]



by cocomerita | 2008-10-09 07:21 | Trackback | Comments(22)

成せばなる何事も、、、?

旅行・地域

さて、、

       今日はおうちのお掃除。

  しようと思って、掃除機をかけ始めた。


???      吸わない。


                     埃を吸わない

吸い込み口から覗いてみると、、



                 


           これだったのね~

         ファビオが口うるさく言ってたことって、、

私は、水が落ちてるとこでも、つまりバスルームとか、
平気でその上を掃除機かける。

濡れたものは吸いこんではいけない。
と口うるさく言われていながら、

             だってちょっとだも~~~ん!!

と、 吸いこんできた。

ので、、

掃除機のちょうど首のあたりに、
埃が泥のようになって固くこびりついていて

掃除機さんは頑張ってんだけど、
口がふさがってるから、、
にっちもさっちもいくわけない。

こんなとこファビオに見せたら大変

とばかり、少しづつ掃除機の頭の部分を解体していく。

どうせ、首のところがぽろっと外れるにきまっている。
そうしたら、そこをちょこっと掃除すれば   よし。

という超楽天的観測

だが、、、
結果は

b0150335_17292190.jpg


なんかやけに複雑

                    だった。。。

家庭電化製品と侮ってはいけなかった。。。

蒼ざめながら、、
せめて小さな部品を失くさないように、、と
慎重に組み立てる。

途中で、間違い電話に邪魔されながら、、
そのおかげで一瞬小さなねじを見失い

再度   蒼ざめ

                 冷や汗’ ’

大丈夫、大丈夫

おまじないのように自分に言い聞かせ、、
我を忘れないように、、落ち着いて落ち着いて、、

なんといっても私は超機械音痴
その昔に買ったビデオデッキ
まあ、説明書を読むって言う行為がひじょーに嫌いっていうこともあり

       カセット入れて     見る。

                     って言う行為しかできない。


そんな私のこの作業は非常に危険。     であーる

悪戦苦闘の挙句

b0150335_17361297.jpg


ほっほ~~
    成せばなる。何事も。

一人でも生きていけると確信する瞬間である。

しかし???
ちょっと変なのよね。

頭の両側にある出っ張りが、
                  左右変な方向向いている

時間のある時にこっそり直そうと思っているけど
再度分解する勇気に欠ける私

今のところ、ファビオが掃除機使うたびに

おびえながら,,,

この掃除機の些細な変化に彼が気がつかないことを

祈る。

           しかない。

     やっぱり、一人では生きていけない    ね。。
[PR]



by cocomerita | 2008-10-07 17:58 | Trackback | Comments(30)

ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live

最新のコメント

ciao junjunさ..
by cocomerita at 13:55
🎵読んで..
by ♥ junjun at 11:11
ciao sinkさん ..
by cocomerita at 17:06
続き そして 日本の政..
by cocomerita at 16:59
ciao stanisl..
by cocomerita at 16:51
哀れな男。そうしてまでS..
by stanislowski at 16:33
ciao junkoさん..
by sink_jpn at 12:30
ciao antsuan..
by cocomerita at 00:01
ciao antsuan..
by cocomerita at 23:58
あれっ? 最近皆さん、わ..
by antsuan at 20:11

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル