私がローマで独りで始めたわけ 

<   2009年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧




ここが好き

恋愛
ここが好き

       手首

それもどこか無骨な 太めの手首がよい

b0150335_3145967.jpg


うっとり...しちゃうんだよねえ

   もう!!

ズームしちゃうもんね


b0150335_3155831.jpg


..... こういうのがよい
[PR]



by cocomerita | 2009-08-29 03:20 | Trackback | Comments(20)

しょせん一人

小説・詩・読み物
そういえば



私はいつも一人だった



みんなといても

みんなと一緒の価値観を持てない私は


いつも一人だった



だから
風の声を聞くようになった

だから
道端の石と遊び

だから
家の箪笥と友達になった

所詮
人間は一人で泣きながら生まれ
一人で死んでゆく

一人でいるのは怖くない
一人でいるのは悪くない

自分がこの世で独りだと
きちんと認識できた時に
人ってとても強くなれる

そんな気がするんだよね   最近


b0150335_2095554.jpg

[PR]



by cocomerita | 2009-08-26 20:13 | Trackback(1) | Comments(22)

PUFFfff’’

自然

   PUFFF’ ’
b0150335_19504423.jpg




空が嬉しい時って

こんな感じなのかな

と思ったある日

私まで嬉しくなった

[PR]



by cocomerita | 2009-08-26 19:54 | Trackback | Comments(4)

トマトづくし

グルメ
トマトが大好き
イタリアに住んでいてよかったと思うことの一つは
このトマトの豊富さ   と   安さ

うちのトマト消費量は、年間を通じてものすごい

だから日本に行って
きれいにパッキングされた、高価なトマトを見ると


                萎える

トマトさえあれば
なんとか2日くらいは過ごせるもんだ。

今日も
トマトづくし


b0150335_21223186.jpg

b0150335_21234136.jpg
 FRISA
b0150335_21245471.jpg

CAPRESE
b0150335_21252192.jpg
GAZPACHO
[PR]



by cocomerita | 2009-08-25 21:29 | Trackback | Comments(20)

母の重い

小学4年生の時だったと思う

当時からだの大きい子は、からかわれるか、
              ボスになるか  どっちかで

勉強もできるその彼女はクラスのボスだった

そしてわたしは彼女の右腕みたいな存在だった

ある日
彼女がクラスのエミちゃんを仲間外れにすることに決めた

エミちゃんと私は家が近いこともあって、よくバービー人形で遊んでいた

そんな彼女を皆と一緒に無視している自分が嫌で
ある日、ブループを離れて彼女と遊んだ

次の日
エミちゃんの代わりに独りにされたのは私だった

不思議とグループに入って何食わぬ顔をしているエミちゃんに
腹は立たなかった

私はグループにいるのが苦手なので
もしかして、一人になってホッとしていたのかもしれない

そのうち
一人、二人とあちらからこっちに友達が移ってきて
気がつくと
そのからだの大きい彼女は独りになっていた

一緒に遊んでくれない?
と、おどおどやってきたその子に
いやだと言おうとした時
彼女の履いているバレーシューズが目に入った
そのゴムのところには、彼女の名字が書かれていた

その時
彼女のお母さんを思った
自分の娘が学校で独りぼっちになっているとは夢にも知らず
丁寧にマジックで彼女の運動靴に名前を書く彼女のお母さんの姿が浮かんだ

そうしたら
いやだとは言えなくなった

彼の実家から帰るとき
彼のためにとトマトを箱に詰めるお母さん
私は途中から彼と別れて電車で帰らなければいけないから
重たいからいいです。

と、言えなかった

彼女の思いのこもったトマトは、重たかった

もう少し彼に優しくしてあげよう
と思った


b0150335_1819397.jpg

[PR]



by cocomerita | 2009-08-24 00:44 | Trackback | Comments(17)

Milkを見に行った

映画・ドラマ
ローマの夏は比較的過ごしやすい

湿気が低いのと
夕方になるとそれこそ本当に   さ――――
という音が聞こえるように
暑さが引き、涼しい風が吹き始める

しかしながら
年に何回か
こういう夜になっても、じわじわ暑さ   っていうかこりゃ完璧に余熱だね 
が続く夜もある

そういう時は
Open Cinema

私の大好きな夏の風物詩のひとつである

そしてずっと見たかった「Milk」 を見る


b0150335_15331441.jpg


イスが固いのが玉にキズ

一番怖いのは
精神の弱い人
こういう人が切れるとやばい

私も口には気をつけよう
と、なぜか映画を見ながら考えた

Dear Harvey Milk様

ゲイだけでなく
肌の色の違いとか
職業とか
性別とか  年齢とか
どこに住んでるとか

そういうものでの偏見や差別がなくなって
皆が自由にのびのびと
自分らしく暮らせる社会ができるといいですね。

残念ながら

   まだまだです。

相変わらず戦争に行くのは貧しい人々で
その戦争を決めた権力者やお金持ちたちは
皮張りのソファに座って、テレビのスクリーンでそれを眺める

心は痛まないのだろうか

ショーンペンやっぱり凄い

[PR]



by cocomerita | 2009-08-23 15:50 | Trackback | Comments(10)

残暑お見舞い

イタリアが茹だっている。

                   暑い

昨日は、41度

40度を超えると、脳みそがふつふつと茹だる気がする。

だってさ
40度のお湯に一日中使ってる感じでしょ?

金魚だったら水槽のお水を換えればいいのだろうが
空気はそういうわけにはいかない。

それでも

こういう時にクーラーを使わずに汗をかく

持っていたら思わずつけてしまうだろうが
こういう時持っていないというのは便利なことだ。

  皆さん、残暑お見舞い申し上げます

b0150335_22495013.jpg

[PR]



by cocomerita | 2009-08-22 23:28 | Trackback | Comments(16)

大事なとこはそこじゃない。

Excite エキサイト : 政治ニュース
「首相の靖国神社参拝」

第二次世界大戦参戦が正しかったか、正しくなかったか?

そりゃあ、正しい戦争なんてないわけで
正しくないのにきまってるんだけど

でもさ、
いずれにしても
彼らは国のために、
それが間違いであったとしても、その時は良かれと思って戦って死んでいったわけで

ましてや、
靖国神社には、そういう戦争の核心を知り得るような立場にいなかった人々も
たくさん祀られているわけで、
国というより、家族を守るために泣きなき死んでいった人もいるわけで
そういう英霊に、
 「有難うございました。 この国は、きちんと守っていきますよ。
  安らかに眠ってください」

と、麻生さんが言うか言わないかは別として、

他国やいろんな人々からとやかく言われる筋合いはない。

死者に対する最低限の礼儀を示すのは当然のことだと

私はこの話題が出るたびに、いつもそう思う。

なんで、そんなに大騒ぎするわけ??

そんなら、自衛隊の存在は何なんだと、そういうとこから始めてくれないかなあ。。


b0150335_3153536.jpg

[PR]



by cocomerita | 2009-08-16 03:16 | Trackback(2) | Comments(23)

Save Me

旅行・地域

今日8月15日は、
イタリアではAscensione Di Maria(マリア様の昇天)を祝う日です。

私も、ファビオとイシドーロに誘われて教会へ

ボランテイアの聖歌隊の歌うアベマリアにつられ

なんとなく、心はキリシタン

キリストが最後の晩餐で13人の使徒たちに配った

彼のからだであるパンを、ミサの最後に神父様からいただく。

          私は当然いただかない。

キリスト教に属していると思っていないからだ。

  そこで      ふと浮かぶ疑問

キリストは、パンの他に彼の血と称してワインもふるまったのだ。

 「パンだけでなく、なんでキリストの血であるワインも信者さんたちにふるまわないの?」

 「身体も大事だが、血も大事じゃない?」

 イシドーロ困る。

彼はどうやら
 
  「キリストを神様でなく、神様の子供の一番優秀な一人」
と思っている私のことを無神論者と思っているらしい。

 「私は神道だから、神様って言うのは、太陽だったり風だったり、
 そういう見えない神様に慣れてるから、
  神様というものの形があって、それに祈るってのが、どうもしっくりこない。
  ましてや、キリストという人を神様の子と言うのはわかるけど、
  神様そのものというのは、しっくりこない。
  神様ってもっと違うところにいる、違うもんじゃないの?」

 イシドーロ困る。

 「キリストが神の子であるように、私たちはみんな神の子で、
 彼のような純粋で強い信仰、愛を持ちさえすれば、彼と同じことがだれにでもできる
可能性がある。んだと思うけど」

 イシドーロ、再び困る。

そして別れ間際にこう言った。
 「junko、僕は今日、君が教会を出る時に十字を切るのを見てすごく感動した。」

   「なんで?あいさつでしょ?
    いつもやってることだけどね。」

 「いやいや、素晴らしい」

                   おだててもその手には乗らないよ。
 

 イシドーロの現在の目的っつーかミッションの一つは、

     どうやら悪魔の手に落ちそうな私を救うことにあるらしい。

 
b0150335_2454414.jpg
 注釈:誤解のないように言っておくけれど、私は決してキリスト教を否定しているわけではないのです。神様もんはみんな興味あるし、
キリスト様も嫌いじゃない。
ただ、彼らのキリスト崇拝の熱さにはとても追いつけないと思う。のである。
そりゃそうだ、
子供のころから念仏のようにキリスト、キリストといわれて育った子らとは、
やはり血の中へのしみ込み具合が違う。

[PR]



by cocomerita | 2009-08-16 02:46 | Trackback | Comments(13)

天晴君その後

自然
2008年9月の4日に投稿し、皆さんの援助をお願いした記事
「天晴君をみんなで救おう」
の天晴くん

無事費用が集まり、今年の初めにアメリカに旅立ったのは知っていたのだけど

      それからどうしたかなあ、、

と気になっていた。

ふと思い立って

天晴君を救う会のサイトに行ってみた。

無事、手術も終わり、

8月5日に帰国したという。

まだまだ予断は許されないというものの

そこには  重たいコーラの入った袋を運ぶ彼の写真
コロンビア大のお医者さんと肩を組んで笑う天晴君の写真があった

彼の祈りが叶って
やっと家に帰れるのだ。

ここに一人
人々の温かい思いに助けられ、
苦難を乗り越え、祈りを叶えた彼がいる

よかったね

なんだかとっても幸せな気分。

幸せってこうやってつながり、広がっていくのだよね。

家族とか家族じゃないとか
会ったことがあるとかないとか
そういうの関係ないね。

歩いている道で、
困っている人に出会ったら
できることであるなら、やればよい。

手を貸して下さった皆さん、ありがとうございました。


b0150335_9393322.jpg

[PR]



by cocomerita | 2009-08-14 19:55 | Trackback | Comments(0)

ローマからいろいろ
by cocomerita

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live

最新のコメント

ciao hisakoさ..
by cocomerita at 06:29
junkoさん 為政者..
by hisako-baaba at 14:44
ciao antsuan..
by cocomerita at 23:13
ciao sideさん ..
by cocomerita at 23:07
まぁ、国民が主権者という..
by antsuan at 22:22
あーあ、日本は終わりです..
by sidediscussion at 21:30
ciao antsuan..
by cocomerita at 08:34
政治家の口利きが悪いわけ..
by antsuan at 07:23
ciao hisakoさ..
by cocomerita at 23:17
ciao sideさん ..
by cocomerita at 23:14

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル