私がローマで独りで始めたわけ 

<   2011年 03月 ( 34 )   > この月の画像一覧




これからやる事

今、私にできることは?日々の生活を見直そう!

大前研一さんが、こんなことを言ってる

消費税を、一時 一~二年間でもいいから7%に上げて
その 2% を 今回の被災地の新生に役立てるべきだ と

大賛成

そして さらに
私はこう思う

お小遣い帳をつけてくれ

どこの国から こんだけ
どこの団体が こんだけ 集めてくれた

それを

どこの県の なにに使ったか
どこの被災地に 回したか
誰にどんなもの買ったか



差引 こんだけ 残った

だけど

まだ これと これと これも やらなきゃいけなくて
これも あれも 建てないといけない

だから

こんだけ足りません

だから皆さん お願いしますねー

て言う類の 収支会計報告

月に一回テレビで流す
なにを直した なにを新しく建てた
それを映像で見せる

そして
今原発問題で
大変なのはわかるけど

被災地の長期展望に立った新生プログラム

さっさと 作れ!

管さん
何もあなたに作ってくれと言ってるわけじゃあない

あなたに頼んだら きっと世紀が終わっても
子供の作文にも劣るものしかできないだろうから

そうじゃなくてね
プロに頼んでください
それぞれの分野に精通したプロを集めて
プロジェクトチーム を サッサと作ってください

建築家の丹下健三さんが
町づくりは、道を作ることから始めないといけないのに
人間は、家を勝手に建ててから ぁ道が足りない と道を作り始めるから
いい意味での アーバン設計ができない と 言った

そうなんだよね

青写真 vision が大事 なんだ

グローバルな意味で
岩手だとか 福島だとか 千葉だとか 県別に分けるのではなく
被災地全体を網羅した プログラムが 必要

それが 被災地の方々を そして私たち国民をも
明るい未来に導く 

灯篭になる


b0150335_20273095.jpg

そしてね
その灯篭は 傷ついた たくさんの人達の心の闇をも きっと照らすと思うんだ


b0150335_20265773.jpg

[PR]



by cocomerita | 2011-03-31 19:21 | 震災 | Trackback | Comments(30)

友人のメイルから 女川

緊急特集!東日本大地震情報&お見舞いメッセージ

ご家族が被災に遭った友人から またこういうメイルが届きました


 昨日、父からの伝言で薬が欲しいというので
 今日から被災地入りする親戚に託しました。
 うちの両親は被災を免れた親戚宅にいるのですが、
 どうも、避難所にいない人達は薬などは貰えないというよりも、
 遠慮して貰わないようです。

 もともとはみな数代前まではみな漁民の地域です。
 私の曽祖父は
 自分で手で船を漕いで高等学校に通っていたんだそうです!!!!
 この話しはかなり驚きましたが、
 なんだかすごいかっこいー!と思ったエピソードです。
 男前すぎる・・。
 お天気とか波の情報・・・全ては自己判断。頼れるのは自分だけ!!
 のDNAがかなり濃い地域だけに
 こんな状態でもそもそも自分でがんばってしまう・・・
 そんなメンタリティーをひしひしと感じます。 

 同い年の従姉妹からすごく明るいメールが・・あちらで被災したのですが

 ヤマザキパンから毎日パンの差し入れ、毎日違う種類のパンが食べれて
 しかも県外でしか買えないのも!! 毎日楽しみ!!

 って・・・多分心配させないように気遣いもあると思いますが・・・・
 海の人達、気は荒くて不器用ですが・・・明るいんだよなぁ(笑)

 これから自分に何ができるか思案中、泣いてる暇が惜しいですね。 


そして こんな情報も...

最近 躓き が多かったので ちょっと臆病になってる自分がいます...苦笑
この情報も 私なりに検証しました
早速ボランテイアのリストにも登録しました

しかしながら

このサイトに何らかの形で コンタクトを取りたいと思われた方は
再度 ご自分で確認してみていただきますようにお願いします

ボランテイアプラットフォーム
http://b.volunteer-platform.org/support_needs/info_view/92


知れば知るほど
隠されてたこと
つかれてた嘘がわかって がっかりする

自分の汚れた下着を見せられたように恥ずかしい

それは
私が その恥ずかしい部分の一部 であるからだ
情けない政府
ずるい東電
私にも 責任の一端 があるからだ

それは

もっと 知る努力をしなければいけなかったたくさんのことを 知ろうとしなかったこと、
もしかして 声は届いていたのかもしれないのに、無視したこと
どうせ駄目だろうと 闘わずに諦めたこと

だからこそ

これからは その私たちのあり方 から 改めて
透明な 国民の責任と願いが 存在する社会
そして弱い人 声をあげない人 が 損をしない社会にしていく

それしか 償う術はない と思います

福島を始め、東北の方たちにおんぶにだっこで
のうのうと東京での 超便利な生活を楽しんでいたこと 恥ずかしく思います

これから 恩返しさせていただきたい  と 心から思います

b0150335_894080.jpg

イタリアには Meglio tardi che mai と  言うことわざがあります

全くやらないよりは 遅くてもやったほうがいい  ってこと...

[PR]



by cocomerita | 2011-03-31 08:16 | 震災 | Trackback | Comments(20)

省エネってことを考えた

今、私にできることは?日々の生活を見直そう!


イタリアは チュニジア エジプトの革命を皮切りに
どんどん広がる革命の波に その勢いを異常に増した不法移民に 大騒ぎです

リビアから目と鼻の先にあるLampedusa島 には
ゴムボートや 漁船で乗り込む移民がひきをきらず
とうとう、不法移民の人口 が 5千人の島の人口 を 超えてしまいました

リビアのゲダフィ攻撃参戦も加わり

世の中 やっぱり変な具合に動いてる

それでも 
よくなるための変化 と 思わないわけにはいかない
だから考えよう
どうしなければいけないか



省エネ
ってことを 考えてみた

まず
1. 夏時間をもうけよう

これは 人間の心理 を利用した  実にうまい策 なのだ
ヨーロッパは、夏になると 時間が 一時間 先に 進み
今までの 6時が7時 になり

冬は又 時間が一時間戻る
だから 夏よりも、むしろ冬にその効果を表す
夕方の7時が 6時になるの だから

同じ明るさでも、
あら もう 7時 と思ったら、自動的に電気をつけなきゃと思う人は多い
それが、同じ明るさでも 一時間時間が早いと
あら まだ 6時? 
じゃあ 電気はまだつけなくていいわね

と なる

この、もう と まだ の狭間に揺れる心理 を利用してるのだ
これが けっこうな節電 になっている
ですから
日本でもぜひ、このサマータイム制を

電車のスケジュールn時間組みが大変とか言わずに 
ぜひ お願いしたい

2. 高速道路などの道の 街灯の明るさを落とす

日本の高速道路とか道の照明 明るすぎー
イタリアの道は 暗い
だからその分 スピード落として 飛ばさなければよい
大体 日本の高速道路 夜でも車の中で本が読めそうな明るさ

やり過ぎじゃない?

3. ネオンの使用を ほどほど にする

ネオンが、その店の売り上げにそれほど貢献してるとは
どうしても思えない のだ

4. コンビニを輪番制にする
大体さ―
24時間営業のコンビニが、道を挟んでこっちとあっち
50mも離れてないところに 二軒も三軒も

ありえなくない?


ちなみに イタリアはどんな店も8時を過ぎたら、
情け容赦なく閉める
日曜は、泣いてもわめいても 開けてくれない

これでいいんじゃないの?


イタリアでは
唯一、薬屋さんだけが、輪番で深夜営業している
だから、薬屋さんの前には、今日の夜中にはどこの薬屋が開いてるか?
の張り紙が貼ってある
だから コンビニも輪番制 にすればよし
みんなで だらだら 開けてる必要ないんじゃない?

私は
イタリアでも 水と電気と紙のsaveに 相当うるさい奴 だと有名です
家の電気は、消しまくる
それが他人の家で あっても...
使わない時は、コンセントも抜く

水を流しながら、歯でも食器でも洗ってる奴には
容赦ない非難の言葉 が 浴びせかけられる
てな具合

紙はいやっと言うほど使いまくらないと...
捨てない

原子力発電は もうこりごり 



忌野清四郎さん 好きです

[PR]



by cocomerita | 2011-03-29 22:38 | ローマ | Trackback | Comments(39)

義捐金

緊急特集!東日本大地震情報&お見舞いメッセージ

救援物資が 小さな被災地まで 十分に 届いていない 
そういう感じがしています

物資がそうなら
山のように集まっているだろう義媛金はどのようになっているのか?

と 思っていました

「facciamo una pausa] の ankさん も同じように考えていたようです

中央に集めたがゆえ
本当に必要な人々に届くのに 時間がかかってしまうのであれば
ankさんのおっしゃってるように、被災した各自治体に送る方が早い
のではないかと思います

以下
ankさんのブログからのコピペ です

救援物資については、やはり個人からのものは受け付けていないようです。

岩手県東京事務所に確認したところ、県の産業センターに救援物資はたくさん届いているのですが、
県職員が仕分けにおおわらわな状態にあります。
そして、それを被災地に運ぼうにもルートが確保できない状態にあるのが実情とのことでした。

また、被災地への義援金の件ですが、岩手県に限ってのものであれば、下記の口座へお振り込みいただければと教えていただいきました。

 ・岩手銀行県庁支店 普通口座 2016634   名義 岩手県災害義援金募集委員会

 ・北日本銀行本店営業部 普通口座 7028484 名義 同上
 
 ・東北銀行本店営業部  普通口座 3237413 名義 同上

 ・ゆうちょ銀行      00100-2-552 名義 同上

追記
  宮城県の東京事務所にも確認しました。
  下記の口座へお願い致します。
  また宮城でも個人からの救援物資は、今のところ受け付けていないとのことです。


 ・七十七銀行県庁支店 普通口座 5515581  名義 宮城県災害対策本部

 ・仙台銀行本店    普通口座 6979251  名義 同上

 ・ゆうちょ銀行   00170-0-526    名義 同上

再追記
  福島県の東京事務所にも確認しました。
  下記の口座へお願い致します。 


 ・ゆうちょ銀行      00160-3-533     名義 福島県災害対策本部

 ・東邦銀行 県庁支店 普通預金 1411045    名義 同上

 ・福島銀行 本店営業部 普通預金 1247821   名義 同上

 ・大東銀行 福島支店 普通預金 1470102    名義 同上

再々追記
茨城県への義援金については、下記のURLから義援金の申込みを行ってください。
報道はされていませんが、茨城県も大きな被害が出ています。
被災地であるにもかかわらず、上記3県があまりに悲惨なため、忘れられているようですが、いまだライフラインすら復活していない状態にあります。
  

茨城県災害復旧対策・復興事業義援金
http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/soumu/zeimu/kifukin/indexsaigai.htm


赤十字でもどこでもよいのですが、被災地の自治体へ直接の寄付が一番よいのじゃないか、と思います。
怪しげな団体への寄付よりは、確実に被災者へ届くのは自治体への寄付だと・・・

どうぞ宜しくお願い致します。



突然 追記
nobさんから


あのですね、義援金の処遇っていうのは自治体(都道府県)と日赤、あと銀行や新聞社、災害救助法が適用された市町村の代表が「義援金配分委員会」というのを作ってそこで被害に応じて分配を決めることになってます。
募金する先が日赤でも赤い羽根でも自治体に直接にでも同じ手続きを踏みます。
なので直接だから速いとか自由に使えるということもないと思いますよ。

募金する方はそのへんしっかりと認識してどうぞ。

だそうです

ところで

ankさんのご主人のotosan が
今週の木曜日に ご自分で救援物資を岩手に運びに行ってくれるそうです

otosan
私たちの心を乗せて 気をつけて行ってきてください

よろしくお願いいたします

最後に...
東北の被害が凄いので
私も含め 茨城県が忘れがちなことに気が付いた

茨城県の被災地の方々のことも
お忘れなきよう お願いします

ぁ 千葉もです!!
お願いします

b0150335_6264284.jpg
春の元気を取り入れたくて

b0150335_6271976.jpg



        +
b0150335_632179.jpg
ご近所のらちゃん....今回猫達には相当お世話になってます 私

[PR]



by cocomerita | 2011-03-29 06:37 | 震災 | Trackback | Comments(29)

被災者の方は保険証、被災証明書がなくても無料の医療が受けられます

緊急特集!東日本大地震情報&お見舞いメッセージ

昨日のメイルのお友達から 今日頂いた情報です

被災に遭った方々 もしくは周りにそういう方々が非難していらっしゃったら

教えてあげてください

再び 彼女のメイルから

厚生省からのお達しで、
被災者は保険証や被災証明書がなくても
医療費は無料で受けられます。(自費治療の物は除く)。

これは府中市の保健婦さんに来てもらった時に教えていただきました。
また心筋症の薬が必要な叔父が福井で日赤病院に行ったときも、
手違いで薬代を全額負担したものの後で職員がお金を持って返金にきたそうです。

だし町医者まではお達しが届いていないらしく、
妹が産後の整体の為に云った整骨院では色々と面倒な事になりましたが、
知り合いが長く通っているところだったので、無料で行ってもらえました。

意外に厚生省の対応が早かったのですが、
町医者にも徹底周知がされるとなお良いと思いました。

実際問題、心臓の薬が必要な叔父や膠原病を患う従兄弟の奥さんやまた
生後間もないうちの妹のような本当に医療サービスを必要としている人に限って
被災証明も発行される間もなく現地を離れて他所に避難していると思います。

金銭的な事で病院にいく事をためらわれている方がいたら是非教えてあげて欲しいです。


つまり

被災該当地域に住所を有する方たちは
すでに別の自治体に避難していても
原発関連で避難指示、屋内退避対象地区ですでに避難されていても
保険証、被災証明書なしで 医療が受けられるということです


この場を借りて

べしさん と nobさんから の メッセージ 

...だと思う 

を 代弁させていただく

感じるものがあったので...


「宙船」 中島みゆきさん


「宙船」探してたら偶然見つけたこの歌


「負けんもんね」 またしても 中島みゆきさん



日本人は 負けんもんね
勝ち負けにこだわる のは嫌いだけど
今回は
      負けてらんない

[PR]



by cocomerita | 2011-03-28 19:39 | 震災 | Trackback | Comments(10)

一通のメイル 新しい命

今、私にできることは?日々の生活を見直そう!

私の友人は、今回の大震災でご両親と妹さん、
生まれたばかりの姪御さんの消息がわからなくなり
東京での滞在を延ばし 必死で探していた方です

幸いなことに
ご家族皆さんご無事とのことで ひと安心はしたものの
困難な状況にいながらも 対策本部に詰めていらっしゃるお父さん
生まれたばかりの姪御さんのことなど
不安の種は尽きません

そんな彼女から何通目かのメイルが入りました
彼女の了解を得て、ご紹介させていただきます

 こんにちは。
会社に頼み込んでもう一週間休みを伸ばしてもらって
まだ東京にいて被災地を逃れてきた妹と姪を一緒にいます。
東京について一週間、どうやら妹も姪も落ち着いてきたように思います。

私の故郷 女川町の避難所 もかなりの人数が県内外の親戚、友人たち宅で
暮らしているようです。

一週間経って 現実的な問題 に色々と直面しています。
うちの父はとにかく車がない事に困っているようです。
うちは父の車も母の車も流されてしまいました。
町のかなりの人が同じ状態です。
大都市以外の場所は車社会、しかもかなり道が整備されたとはいえ
まだ戦場のようにがれきが積み上げられている状態で、
避難所から避難所を徒歩で歩くのは相当に困難なようです。


金銭的に余裕がある人はこぞって車を購入しようとしていますが、
女川町の周りは石巻市も含めて街のほとんどが破壊されている為
車のディーラーも流され、販売しているところには注文が殺到しているようです。
宮城県内で車を入手するのは ほぼ不可能 なようです。

東京に住む父のいとこに相談したところ 彼の古巣の某車メーカーの勤務の人が
無償で車をレンタルしてくれるとの事。
しかもカーナビ付き、雪道用にスタッドレスもついているものが 
半日で用意 されました。
父のいとこの後輩は察するところ車メーカーでそれなりのポストにいる人のようですが、
こんなに簡単に車が用意できるのであれば、
車メーカー事に自治体に車を貸し出し自治体が管理して住民に貸し出すなどのことができないのか?と思いました。


何しろ車もガソリンもなく、死体安置所に行くのにもヒッチハイクをしていく人がいると聞いています。
それと同時に仙台などの大都市でない限り自治体職員は現在フル活動しており
そこまで行き渡らないのも現状だと思います。

このようなことは大企業が率先してやってくれると 本当に助かるのに・・

父の車は 父の従兄弟と義理の兄が週末に東京から女川に運び、
来週には神奈川に住む従兄弟たちがまた一台車を叔父家族のため調達すると言っていました。

思いのほか簡単に車が入手できた幸運を喜びつつ、
このように簡単には車を入手できない人はどうするのだろう??と心配しています。

私たちは親戚の数も多く、幸い親戚仲もかなり親密で 
また、私を含めてみなお金持ちではありませんが、それなりに安定した生活を送っています。
津波以降、親戚の誰かしらが女川に行きその度にかなりの量の食料、雑貨を届けています。
 妹曰く、現在女川のような小さな町では物々交換の状態になっており、
こちらで足りないものをあちらに回し必要な物を入手するような状態であり、
どんなものでもあるに越したことはなく、
もともと地縁血縁が濃い土地柄ゆえ、足りないものを分け与えたりしながら生活しているようではありますが、
外から物資を補給してくれる家族がいる人いない人の格差は かなり大きい 
と推測されます。


NHKで午後に被災地からのメッセージというのを放映していて、それを欠かさず見ています
が、10年来連絡が途絶えていた息子へのメッセージ、津波以来誰も訪れる人がいなくて寂しいというメッセージを聞くに付け 涙が出ます。


こういう状況では、心身、物質的に弱い人が一番つらい思いをすると思います。
その辺りの事が本当に心配です。
普段から存在する格差、今日苦言状態ではその格差が更に深まります・


それと同時に、サポートする側の私たちも正直、個人でそれなりにお金を使っています。
交通費、食品、雑貨代など等・・・・
いったいこの状況がいつまで続くのか・・・と姉や叔母たちと話したりもします。
個人で出来ることにも限界 がありますね。

長々まとまりのない事を書きましたが。
junkoさんのブログ で できれば書いて欲しいのは、

被災して生き残った人にとってはこれからが正念場だと言うことです。
久しぶりの外に出た妹は、東京のあまりの日常ぶりにショックを受けていました。
それと同時に東京にエネルギーや食べ物を供給し続けてきた東北の惨状を
みるとどうしても軽い怒りを覚えてしまうようです。



そして

そんな彼女から こんな素敵なこと も聞いたのだ
これは、以前彼女がご家族の無事を知らせるメイルで話してくれたこと

云いたいことは山ほどあります。
が・・生後3週間で 津波にあった私の姪 を見て感じるのは
生命力 というか 人間の神性 のようなものですね。
人って自然の猛威の前では はかないと同時に死にませんね。

津波がすべての物をなぎ倒して大人たちが慄いている間も

こんこんと眠り続けたんですって、
うちの姪は!!


なんというたくましさ 
素晴らしい生命力

          ほほ笑む 

b0150335_0334461.jpg


b0150335_038656.jpg


b0150335_0422153.jpg

[PR]



by cocomerita | 2011-03-28 00:01 | 震災 | Trackback | Comments(24)

再び 誤情報のお詫び

緊急特集!東日本大地震情報&お見舞いメッセージ

またまた 訂正とお詫びの記事であります
情けなくて 赤面です

わたしがコピペをさせてもらった 3.14の記事 で
阪神大震災被災者の方たちの心情を著しく
傷つけてしまう一文
 がありました

あえてここには再度引用はしませんが

これは、友人のブログ朋さんに コピペしてもらえませんか? と言われ
これまた その方をとても信用しているがために 
自分では、ちゃんと読んで気をつけたつもりだったのが
注意が足りず
こういう文章が 一節でも世の中に広まるお手伝いをすることになってしまいました

何故、ここまでお詫びが遅くなったかと言うと

ニュースソースの方が 同じく阪神大震災被災経験者 と言うことだったので
その方に 真偽のほど をきちんと確かめようとコンタクトしていたからで
残念ながら 今日になってもお返事がいただけず
昨日のお詫びの件と事が前後してしまっているので
これ以上 お返事を待たずに
早急に お詫びの記事を載せることにしました

これは sakaunouekumoさん と言う方からいただいたご指摘でした


ブログで何かを発信するってこと
物凄く気をつけていたつもりだったけど
まだまだ 注意が足りませんでした

ブログと言うツールは、さもすると個人的なものであるかのような錯覚をしてしまいますが
実際には 公に情報を発信できるものであり
大きな責任を持って行わなければいけないことだと、改めて痛感しています

あの記事をご覧になって、いやな気分になられた方
sakanouenokumoさんをはじめとして
本当にごめんなさい
悪気はなかったとはいえ 大変失礼なことをしてしまいました

それと ご連絡及びお詫び が遅くなって 申し訳ありませんでした


b0150335_1394474.jpg

[PR]



by cocomerita | 2011-03-27 01:42 | 震災 | Trackback | Comments(8)

誤情報のお知らせとお詫び

3.24に更新した記事に間違い があったと 
自衛隊に精通していらっしゃる方からご指摘をいただきました

自衛隊特殊化学防護隊の 隊員たちは志願者です。
しかも年 齢は55歳からうえ、もう子育ても終わりに近づいて思い残す事は無いと、志願者となったようです。


の部分

自衛隊の階級制について、全く知らなかったために
変だなと思うことさえできませんでした
実際は 彼らの階級の中で下の地位の方は定年が早く陸士で30代 
下、准士官は40代だそうで、55歳以上と言うとかなりの階級の方々であり

つまりそういう階級の方が自ら志願して別の部隊に入る事は、
自衛隊という組織の中では絶対あり得ない事であり、
組織を飛び越える事は許されない事だそうです。

この誤報で不愉快を感じられた方もいらっしゃるかもしれません

心からお詫びを申し上げます

震災の情報をいろいろ流させていただいているにあたり
責任のあることと 十分にチェックはしているつもりですが
まだまだ十分でなかったということでした

このことは 情報を発信できる立場にいるものは
それなりの十分な責任を持って発信しなければいけない
という教訓として覚えておきます

しかしながら
この記事の根っこは
「祈ってください」と言う呼びかけであり
その思いは
私のブログ朋kanafrさんも同様であり

ご情報はあったものの
でも現地で身を危険にさらしながら活動、作業してくださっている方々が実際にたくさんいることは
疑いのない事実です

ですから その方たちのなによりご無事のために 「祈ってださい」 と 
私は 再度お願いしたいと思います

なお本文から、さっそく当該文章削除しました

b0150335_2133295.jpg
昨年の秋に訪れたいわき市小名浜 のどかだった
[PR]



by cocomerita | 2011-03-26 21:05 | 震災 | Trackback | Comments(28)

不二子にご用心 祭りの後

この間の日曜日は

恒例のファビオのイベント 
artigiano market (手作業で物を作るアーテイスト達のマーケット)
だったのよ

b0150335_7202283.jpg

だから
オールマイテイーに 便利に使え 文句もとりあえず言わない(後でいうけど
スタッフ 約一名 は
      猛烈に 忙しい

今までの
会場のデイスプレイが ど―――しても 気に喰わず

ぐつぐつ
 ぶつぶつ

ダサ―――

とか  文句 言いまくってたら

じゃあおめ―がやってみろ と 言われた

ってことで
リサイクル で やってみた

テーマは
春が来た

だから 野の花 と 虫たちを  

会場に   飛ばす

使用するものは
紙コップ スーパーのチラシ トイレットペーパーの芯 空き箱 
もらったブ―ケの包み紙



虫たちを作ろう!!
b0150335_6591621.jpg
b0150335_6593725.jpg

牛乳パックのキャップで作った目に ご注目
b0150335_6595790.jpg

b0150335_701835.jpg
100均で買った園芸用の針金で作った触覚が ご自慢 わははは

b0150335_715586.jpg

b0150335_704694.jpg
 
b0150335_712432.jpg


b0150335_733165.jpg

b0150335_735180.jpg

綿あめ売り場
b0150335_74598.jpg

綿あめ売りの女の子が 急きょ 病欠
結局 これも私がやる破目になる

綿あめ売りは 楽しい
なんでかってね
一本作って 渡すたびに 子どもたちの最高の笑顔 
見せてもらえる   つー   お得な商売

目をキラキラ輝かせて
有難う だって

有難うなんてこっちが言いたいくらいだ よ

子どもって なんでこんなに 揃いも揃って 皆 可愛いんだろ

 
一日中 一人で留守番だった不二ちゃん

帰ってきたら
玄関の棚から クローゼットから
そして台所の棚から

ものが ことごとく 床に落とされていた

猫のうさ晴らし は 半端じゃない...

b0150335_735794.jpg
不二子にご用心

[PR]



by cocomerita | 2011-03-26 17:51 | ローマ | Trackback | Comments(18)

被災地からの手紙 その2

大震災から学んだこと!日々の生活を見直そう
こんにちわ

こうして見守るしかないってのも 辛いものです
入ってくるのはいやな話題が多く
心が 確かに 疲れてくるし

不謹慎な行動 を慎もうと
やっていいこと いけないこと 考えるのも 疲れるだろうし 

今日は
普段の 猫の話題に戻ろうと思ってた...

んだけど

先日もご紹介した「素晴らしき哉映画人生」のsuamaさんち
再度 岩手県山田町のお友達からのメイルを読んで

彼らのこれでもか これでもかの災難は
まだまだ終わりの気配さえ見せてない と思った

地震や津波で
家や家族を奪われ
寝るところ もなく 食べ物の不足にも苦労し

そして又 放射能頭から浴びせかけられてる

私なんかが疲れたなんて言ってたら
それこそ罰が当たると思った

suamaさんのお友達のメイル

良かったら読んでください

「今日は仕事です。
ガソリンが寂しいのと、道路が瓦礫だったり、道も崩れていて怖いので、バスにしました。
正月に大雪でバスに乗ったとき、内臓を吐くくらい酔ってしまいました。」

「職場のある 宮古 では、スーパーもありますが、自宅避難の人には物資がないようです。
山田町のすべてのスーパーが壊滅して、テントで品物を売っているところが1ヵ所あります。
ですが、肉・魚はありません。
卵・牛乳は運次第!
後はこんにゃく、みかん、玉ねぎなど売っていました。

昨日、牛乳が入るかも! 
という情報で、雪の中をずっとずっと待っていましたが空振りでした。
なので、私の様な自宅避難者は、 "配給" が命綱です。

"配給" がある時には、放送がかかります。
でも、我が家は遠くて、その放送が聞こえず、ずっと待ってしまいます。

昨日は、昼は水だけ、午後は菓子パン・飲むゼリー(売れ残りのまずいものでした)を家族分、
韓国製のカップ麺を1個貰いました。
取りに行くのが遅くなってもらえない人もいます。
雪の中、2時間待ってこれだけですが、十分ありがたくいただいていますよ☆
ありがとう、皆さん!」

「昨日、避難所に行きました。
電気は来ましたが、そのほかはまだでした。
物資ですが、食糧は少しづつ足りてきましたが、
生活雑貨、歯ブラシ、石鹸、生理用品が足りないようです。」

「23日、終了式・卒業式がありました。
他の地域に避難している子供たちも何人かいるのですが、
1~5年生は廊下で終了式をしました。
子供たちは元気でした。
6年生は図書室で卒業式をしました。

家を失い、転校する子供も多くいます。
息子と仲の良い、家族ぐるみの付き合いのある家族も盛岡に行きます。
寂しい、悲しい、というより、仕方がないもの・・・と諦めの気持ちです。
実は我が家も今年の秋、中高一貫校の受験の為引っ越す予定でしたが、
山田町に残り、頑張って行こうと思います。」

「suamaちゃんに、山田の町の様子を知らせようとデジカメで写真を撮りました。
"オランダ島" という、東北唯一の無人島で、
白浜の海はエメラルドグリーンの島です。

その島の写真を息子が拡大して見て、
「島にも瓦礫が一杯だよ!」というので見ると、
何体もの遺体でした。」

「配給は午前と午後にあります。
時間はまちまちです。
午前は 水 で、午後は リッチです!
ただ午後の配給の時間は決まっておらず、
いつの間にか配っていたり、
これから配ります と放送を聞いてから行くと、物資がなかったりします。
我が家は放送が聞こえないので、だいたい15時頃行きますが
既に行列、100人以上並んでいることもありました。
雪の中は辛いです。
配る場所は公民館です。

内容はだいたいが
☆ 菓子パン または おにぎり
☆ 水
☆ カップ麺
☆ 飲むゼリー(去年のEXILEのライブツアーの売れ残りみたいでした)です。

パンは家族の人数を言えばその分もらえます。
でも、カップ麺は配給に行った人しかもらえません。
なので、家に留守番2人残して、家族総出でカップ麺をゲットするのです。
が、悲しいことにいつももらえるわけではありません。」

「今、欲しい食糧は、
肉、魚、牛乳、野菜  だな~。
ラーメンも食べたいな~。
おすし屋さんの看板を見たら、唾が出ちゃったの。
イヤシンボになったな~。」

「もし、古着があったら、パンツ一枚も持たず避難してきた兄ちゃん家族にあげたいです。
でも、無理に探さないでね!
着のみ着のままでも 明るい我が家 です。」

「地震・津波・火事が起こり、
神様が人間を怒っている と思いました。
今まで、贅沢して、美味しくないもの、飽きたものを簡単に捨てて・・・。
人間が、何年もかけて造りあげた町も家も橋も、
大切な人たちも一瞬で奪って、
奪われるのを、何も抵抗できず見ているしかなくて・・・
人間が如何におごっていたのかわかりました。 

これからは、人も物も大切にして行こう、そう思いました。
そうすれば、地震も津波も起こらないわけではありませんが
神様はいる 神様が守ってくださった
ということも沢山経験しました。
人も物も、感謝の気持ちを持ってやって行きたいです。」

そして、最後にこんなメールももらいました。

「避難所に昨日行ってびっくりです。
空気がよどんでいて、よく病気にならないなって。
避難所も学校の体育館なので、始業式の目処はたっていません。
少なくとも4月20日以降だそうです。
早く子供達を学校に通わせてあげたいです。

物資はそんなに援助されているとは知りませんでした。
菓子パンがいつも賞味期限ギリギリ(その日だったり)なので、
輸送や仕分けに時間かかっているのかな、と思っています。
オニギリの時は、固くて食べられず、雑炊にしました。

今日は夕食は大分固くなったアンパンです。
配給でもらったものの、賞味期限が翌日で、家族に食べさせる訳にはいかないので、私が処理してます。
そのせいではないと思いますが、夕べはおかながゴロゴロで、息子にも笑われました。」


どうか どなたか救援関係者を知ってる方がいたら
岩手県山田町の救援が遅れていると
報告してください


東京都にその旨お知らせしようと思ったら
こんなもん見つけた

東北地方太平洋沖地震に伴う東京都の支援について
救援物資の受付を一時中止します(福祉保健局第37報)

平成23年3月24日
福祉保健局

 東京都では、3月18日(金曜)から、救援物資の受付を行い、3月23日(水曜)現在、東北地方太平洋沖地震救援物資受付窓口に、12,860件のお届けをいただきました。ご協力いただき、誠にありがとうございました。
 先般、岩手県、福島県より、既に多くの物資が届けられたことから、物資の受入れを一時中止したい旨の要請がありました。また、現在、被災地までのトラックや燃料の確保が困難な状況にあり、配送手段が限られております。
 このため、3月27日(日曜)午後4時をもって、受付を一時中止させていただき、今後、被災地等の状況を踏まえ、再開したいと考えております。その際には、改めてお知らせいたします。

問い合わせ先
福祉保健局指導監査部指導調整課
 電話 03-5320-4192


これで十分って....

あり得ないっしょーー!?

これだから役人の機能しない馬鹿頭は恐ろしい


早速 東京都知事にメイルした
http://www.metro.tokyo.jp/
ページ中ほど、右側に都民の声があります
東京都の方 こんなもんで救援物資を送るのをやめるなんて
馬鹿馬鹿しすぎてお話しになりません
もしよかったら、皆さんもどんどん皆さんの県のサイトにメッセージ送ってください
小さな避難所 小さな自治体 小さな町にも 援助がキチンと行き渡るように

ちなみに青森県
http://www.pref.aomori.lg.jp/message/index.html

こんな時に知事あてのメイルなど見ないかもしれないが
でも
みんなでガンガン送れば気づくかもしれない

どうも人間
動脈、静脈が大事で
毛細血管などどうでもいいと思ってるらしい

本当は 反対なんだけどね
健康は毛細血管からやってくる


b0150335_19165749.jpg

b0150335_1918467.jpg

b0150335_19183570.jpg

[PR]



by cocomerita | 2011-03-25 19:22 | 震災 | Trackback | Comments(23)

ローマからいろいろ
by cocomerita

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
黒い森の白いくまさん
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live
明日をもっと楽しく!した...

最新のコメント

2+2、わざわざ高い兵器..
by eblo at 18:35
完璧なコメントですね。久..
by 2006taicho at 18:14
ciao 2017-08..
by cocomerita at 15:13
ciao anohiwa..
by cocomerita at 16:43
いつだったか忘れましたが..
by anohiwa at 16:07
ciao sinkさん ..
by cocomerita at 14:57
ciao junkoさん..
by sink_jpn at 09:21
ciao taichoさ..
by cocomerita at 08:07
ciao taichoさ..
by cocomerita at 07:45
それは隣の人を憎まず 愛..
by 2006taicho at 00:47

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル