私がローマで独りで始めたわけ 

<   2012年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧




ふと 閑話休題 疲れた時は ビタミン猫

ローマ に 帰ってみたら....


日差しは すっかり


うちの子らが やたら 外に出たがるのも



b0150335_3181940.jpg
が 来た証拠  だね




~~~~~~


我が家 は 


寛ぐのう...


PC うちながら


ふと 窓の外に目をやる

b0150335_316137.jpg



日向ぼっこの二匹が

b0150335_319820.jpg


b0150335_3193641.jpg


目に

b0150335_3202362.jpg




嬉しい







やっぱり 


今回の 放浪の旅は 体にも 心にも きつかった  


だから


今だに 爆睡中 に


ホテルを移動しなきゃ と  おろおろ 目覚め


目覚めた時に 一瞬 



自分がどこにいるか


           
         わからなかったりする



という


私の


脳内状況 



ぎょっとする




荷物も まだ片づけてないし



          片づける気もない





片づけなくて いいよ

b0150335_324796.jpg

と 彼女たち





もう少し   


           もう少しだけ


           

            

               のんびりしよう




まだ 体内に とげのように ささくれた疲れが 残ってるのだ




ああ それなのに  それなのに



明日から  仕事で ミラノ だ なんて



と  又 今朝は 荷造り



二泊といえども チョイ 吐き気



           やれやれ   



私の人生って  


        何故に こんなに 慌ただしい...



若いころに 想像してたのは こんなシナリオでは



          なかった はずなのに...



陽がさんさんとさす 縁側で


お茶にお茶菓子


そして


寛ぐ猫達


それなのに


縁側さえない国に来てしまった私


とりあえず


                       行ってきます
 


   女川の続き と 雄勝  は そのあとで       

[PR]



by cocomerita | 2012-02-28 15:53 | ローマ | Trackback | Comments(37)

女川 その2 ~ 女川に思う

訪ねてみたら

痛手 を 激しく 受けて 荒廃してるというのに

女川って とっても いいところだった

b0150335_16235862.jpg
 女川の港を見下ろす神社から

b0150335_1628199.jpg





宮城県って 美しい なあ


そんなところを狙って こんな 醜い原発建てたのは

b0150335_16254363.jpg



 
                どこのどいつだよ!




女川の原発は 浜より若干高いところにあり


それゆえ 津波の被害を免れた とのこと


ここまで 爆発していたら...


と思うと 



                 ぞっ とする





人々の生活は 徐々に 戻ってきてはいるものの

b0150335_16455855.jpg


b0150335_17173578.jpg
 グラウンドゴルフをするお年寄り達

b0150335_1643154.jpg


b0150335_16445733.jpg




それは 


ただ 寒さ、雨露をしのげる場所がある と言うだけのもの



暮らし って言うのは

   
              それだけではないんじゃない?





女川の高台にある 被災を免れた病院の脇に お茶っこクラブ が ある


そこに寄ってみると


何人かの人が話し合っている


町内会で復興の話 かと思いきや



b0150335_1648348.jpg
 相談の内容は 町内会で配るべき お香典


これでも 相当 進んでいるのかも知れないが



一年経って これだけなのか? と 思うと


被災当時の破壊状況のひどさ が 計りしれる



b0150335_16571535.jpg
 仙台―石巻間の電車は いまだ切断されたまま  曲がった線路

b0150335_1651579.jpg
 瓦礫の中を 何をやってんだかわからないトラックが 砂埃をあげ 行き来する




ここでは今

変なバブルが起きている

土建業者 に 葬儀屋


たとえば
深夜に流れる 明日のお天気

東京だったら、さしずめバックに流れるのは きれいなアルプスの山々

ここでは
葬儀場の各ホール 各祭壇の写真が
天気予報 とともに 流れる


        提供は 葬儀屋さん


車に乗ってると
ラジオから
役に立つお知らせが流れる

そして最後に
震災で亡くなった方々のご冥福を祈ります

と 告げる


         おお、いいじゃない!?


と思いきや


  大事な方の御法要は...
          ○○葬儀社で どうぞ 



葬儀社の方々
そんな お金があるのなら

仮設住宅に お買いものバスでも 


           走らせてみろ


儲けるのが悪い と 言ってるのではなく

それを 少しでも 現地に還元する

そういうことは 頭に浮かばないのだろうか?


仙台に着いた時
仙台の その超洗練された様子 に びっくりした私が


車で少し走ったところで見る景色は


延々と続く 津波に破壊された 荒涼とした浜なのだ


仙台のあのきらびやかなお店の中で


にこやかに お買い物をする人達の中に


被災でまだ不自由な暮らしをしている人が


ここから数キロしか 離れていないところに


山のようにいる と言う意識は


      

      あるのだろうか?




石巻

b0150335_1629425.jpg
人々の暮らしを守るべき この鳥居は あの日 流され 呑まれてゆく人々を どんな思いで 見つめたのだろうか?

b0150335_16245959.jpg
 




隣りの人が 餓死してもわからない 近代の日本の ゆがんだ無関心が


      そこにある


なによりも


一番 真っ先に尊重されるべき


人々の暮らし と


離れたところで おかしなことがどんどん進んでいる



そんな いや―な感じが 付きまとう



それは人間のエゴのせい



それは



思いがないからだ



宇宙には 思いがある という



万生万物は その思いから始まり そして 育つ



だけど



その思いが 欠落していたとしたら



その先に 実を結ぶものは



        あるのだろうか?



今回お世話になった 女川の成澤さんは


運動場の片隅にテントを張り


そこで寝泊まりしながら


地域の小さなニーズから 大きなニーズにまで 丁寧に 答えてる


たとえば 仮設住宅に一人で住む さきよさん のカーテンの掛け替えとか

b0150335_1791678.jpg
 仮設住宅の隅に暮らすゴンタのお世話とか




いま 現地が 最高の復興のために必要としているのは


まずこういった小さな二-ズを


そこに住む人の話を 丁寧に 聞き 拾い集めることだ


そして その作業は


現地を見ないでは
現地の人達の話を聞かないでは




         できるわけもない




女川の様な状況に生きてる町が


一体 今 日本に いくつあることか?


そう考えたら


私たちは


のうのうと 自分だけの暮らしを生きていて




          それでよいのだろうか?



と  思わずには いられない


自然の脅威を 思い知らされた その災害のあとに


又 人間の傲慢さが 蘇り 大手を振る


そんな町を 作っていいのだろうか?




今度は


その昔に そう有ったような


人間の体温のある 人間の目線にあった


そんな暮らしが営まれる そんな町って




          作れないものだろうか??


もし それができたとしたら


この震災で 逝かなければいけなかった人たちの息吹が 


再びその大地に蘇る




            そんな気がします



[PR]



by cocomerita | 2012-02-26 00:23 | 復興 | Trackback | Comments(52)

女川へ  その1

新地のあと


福島に もう一泊 して


次の日は ブログ朋であり 福島でがんばってる tonkoidさん に お目にかかる



世が世なら 


お孫ちゃんと楽しく


何の心配も 不安もない舞日 を 送っているのが 


実に 当たり前の様な


そんな優しいおもざしのtonkoidさんが


必死になって 放射能問題 原発問題 と 闘っているのを 知るのは


とても 心に痛い




今回の震災は 福島原発の人災 も含め


多すぎる人の人生を変えた


だからこそ


もう二度と こういうことを繰り返してはいけない と 心から思うのです


だからこそ


まず 


日本中の原発を廃炉にしなくてはいけない




b0150335_001439.jpg


福島をあとにして


仙台へと


仙台の 余りの都会さに  


           うひゃーーー


びっくりだ



石巻も女川も 現地で作業している人で ホテルは超満室 で



ってことで 


ブログ朋の melodynelsonさん に 紹介してもらった成澤さん に お世話になる



彼が、仙台まで迎えに来てくれたので



仙台の港に 立ち寄り

b0150335_2358556.jpg


b0150335_1395918.jpg
 ここに住宅が密集してたなんて


   とてもじゃないが 信じられない


石巻の破壊された場所を回り

b0150335_035753.jpg
 無残に破壊された小学校 すこやかに の 文字が悲しい



女川に入る



莫大な量の瓦礫は  一か所に固められていて

b0150335_0234213.jpg



一か所と言っても その敷地は 膨大だ


b0150335_0292311.jpg


b0150335_0302732.jpg



そして


そこには


広大な 広大な空き地が 

b0150335_0241783.jpg

            

寒々と 広がる



女川の成澤さんが語る


ここは 商店街
家や店が密集してたところです

b0150335_0365165.jpg

その密集が   想像できない


目の前には 静かに広がる湾

b0150335_0351372.jpg



この湾が 大きく膨れ上がり 家や人を呑み込んで行った


その様を想像することが    難しく


テレビで見た シーンを思いだし 重ねてみる


その波に飲み込まれて行った たくさんの人たち 


それぞれの暮らしの歴史をたくさん詰め込んだ 家々


に  思いを巡らし 



いまは ただ 安らかに と 祈る



そんな 想像もつかない経験を越え


暮らし続ける人達 がいる


そして


そこにも また 見受けられる
民の暮らしから かけ離れた 地方政治


申請 申請 許可 
そんな繁雑な手続きのために
とどこっている 事たち
無駄になっている 物やお金

b0150335_0391971.jpg
 某中村雅俊寄贈のログハウス が あっけらかんと たたずむ

   
     どこをどうひねくりますと これが今必要だと思えるのか?


人の思考って 全く理解不可能


b0150335_0434973.jpg
 ひっそりと 孤独に耐える 某坂本龍一氏 寄贈のテント


     何のために??

そして


決して広くはない仮設住宅に 


畳めることのできないお膳は 


はたして有難いか 否か?

b0150335_0493745.jpg






それが ここんちのものであったとしても...

b0150335_0502339.jpg




     笑うでしょ


そんなら


港に 冷凍コンテナ や


製氷施設や  舟でも 買ってくれたほうが



      なんぼましか?






  独りよがりの支援は 一種のマスターベーションである





それに比べて


熊本県八代市は  お利口

b0150335_052161.jpg
 半畳サイズの畳は持ち運びも便利で 避難所でも大いに役に立ったそうだ


結局 思いなのだよね


どれだけ 相手の便を思いやるか?


政治なんて


元をただせば
隣りのおばちゃんの


向かいの子供たちの


生活の便や安全 を 満足させることにある  んじゃないか?


そして
それは


お役所の静かな 整理整頓された机の上でなんかでは



いくら頭をひねったとしても


とうてい たどり着かないもので


仮設住宅に 繁く 足を運ぶ


一人一人の声を聞く


現場を見る



そう言ったことからしか たどり着けないだろう


そこを
ないがしろにしている限り

 
本当の意味での良政や復興など



遠い彼方にかすむ蜃気楼の様なものだ





  わかった気になるのをやめてほしい



見ても 聞いても まだまだ理解などできないのだから


それを 全部 理解し 仕切れると思ったら


それは人間の大きな 愚かな傲慢である


女川で

フランスから来たという日本人女性と タヒチ出身のフランス人のカップルに会う
   ~ melodynelsonさん の 同僚の方だ


思っても見ないところ で つながる縁に 


      ほほ笑む


この震災は


世界中の 多くの人の内面に触れ


世界中から 日本の この痛めつけられた大地に向かって


よき思いを持った 決して少なくはない人たちが

   
駆けつけている



そういう人たちの中には


共通した核があり


何も語らなくても つながり


そんな時 人間っていいなあと思います


日本語を知らないタヒチの若者が


仮設住宅のおじいちゃんおばあちゃんのお買いものボランテイアをやる


そんな人間が もっと多くなってくれるといいなあと思います




この震災は


被災した しない に 関わらず


私たち個人にとって 大きな意味がある と思います


私たちが 本当はいったい何者なのか? と言うことを 問い


そして 見つけ 


人間である自分自身を表現する






           とてもいい機会なのです






b0150335_1223963.jpg
 女川でみんなで食べた カキフライ

カキフライが 折り重なって 8個も 出てくるなんて


   感動だ

[PR]



by cocomerita | 2012-02-24 01:41 | 復興 | Trackback | Comments(56)

新地でビンゴ  ~ありがとう

新たな出会いの地~福島県新地町~


ブログ朋のみなさまへ

今回は 2/12 福島新地の小川公園仮設住宅 ビンゴ大会での

景品カンパに 快く ご協力いただき

たくさんの暖かい思い を 届けていただき





     りがとうございました





ローマ で 始まり
東京 で 続いた
12日の新地での準備は進み...

皆さんからは続々と
送ったよ― のメイルが届き



そして


新地の女将さんから メールが 届く

  junkoさ――ん、凄い数の荷物が続々と着いてて
  郵便屋さんや宅急便屋さんに 

一体何があるんですか? と聞かれるくらい
 
  この荷物の山を見た時のjunkoさんの顔が見たいわ~~
 




この荷物の山 を 見るたびに
嬉しくて涙ぐんでしまう と 女将さん




確かに 


b0150335_9472989.jpg
 思いの山は暖かい



b0150335_9395138.jpg
みんなで小分け 景品づくり



b0150335_9405797.jpg
嬉しい景品は160個なり



前の晩には
マイクを握って 寝てた  と いう おっとっとさんの巧みな進行の
カラオケは 集会場の空気を暖める

b0150335_9512055.jpg
 おっとっとさんは 素敵な女将さんの 素敵な御主人です



そんなわけで



もう 十分 

b0150335_9524878.jpg


準備万端
      


カラオケの後には

b0150335_104266.jpg
 盆踊り

b0150335_1053682.jpg
 まで 



            飛び出した



そして


豚汁


nobさん から恭しく 伝授つかまつった 秘伝の豚汁は

b0150335_9582278.jpg
 ほっかほか


外の寒い空気を ふっ飛ばす
  


b0150335_95904.jpg


  うめーーー!!




そして


お待たせしました
 
         ビンゴタイム

b0150335_10231866.jpg
 結構 みんな真剣



みなさんの たくさんの 暖かい思いのお陰で
 

             外れなし

b0150335_10121868.jpg


b0150335_10141221.jpg


それどころか

   

              余った



          ~分ければ 余るのだよね




そこで ビンゴのあとに

じゃんけんタイム


老い も 若きも 


          大騒ぎ


と 言うことで



おひとり様 たっぷり二個 の ご褒美が行き渡る


 日本酒が当たったお子ちゃまに 声がかかる

  
    じいちゃんに2000円で買ってもらえ~!!



 お父さんのためにと  ビール六缶パックを 狙う 男の子は 永遠くん

  

    泣けるねえ...

b0150335_113955100.jpg


ビンゴ に じゃんけん 

yumiさんと一緒に 大騒ぎしてたんで

写真撮れなかったのが残念だけど



    みんな本当に 楽しそう



大騒ぎのあとは
寒さに負けずに

b0150335_1019270.jpg


     縄跳びしよう




そして  楽しく時は流れ  会はお開き



私たちは   


     ほっと ひと息  お疲れさん会


b0150335_10444796.jpg



お豆が 旨い 旨い という私たちのために

お母さんの一人が ささっと 作ってきてくれた お豆のツナサラダも つまみに

b0150335_10463517.jpg


   
     一杯やっか?




     至福のひととき だね


自治会長さん 秘蔵の酒や

b0150335_114230100.jpg

 景品で当たったお酒も 当たった人が 大番振る舞い



女将さんの御主人のおっとっとさん が 語る

  こんなに 一日中笑ったのは初めてだ  って
 
  おばあちゃんたちの笑顔が見れて本当に嬉しい って

     ~おっとっとさん 私も嬉しかった よ


温和なお顔の自治会長さん が

b0150335_1119457.jpg



  こんなにたくさんの方々が
  私たちの事を思ってくれてる
  その気持ちが とても嬉しいです
  と




言葉で語りつくせないこと  って あります

きっと この感じは その場にいないと
その 核の部分 は 語りきれない気が して




だから

みんなに

そこんとこ きっちり 伝えきれないのが



      ちょい 残念




なんで? とか


何が?  じゃなく


ただ 一緒に笑う
ただ みんなの笑顔に包まれる


自分の顔は見えないけれど
きっと 私も とびきりな笑顔 を していたに違いない



そこには

やってあげる とか
やってもらう とか

そういう ちゃちな仕切り  は なくて


みんな一緒に 嬉しくて 楽しくて


そして

 

               おいしかった




新地の人達の笑顔と

今回 その思いを送ってくださった人たちの そのお気持ちのあいだで


なんか  とても 訳もなく


    幸せ でした



b0150335_1125844.jpg


b0150335_1141493.jpg

豚汁の下ごしらえ を しておいてくださったお母さん方


  ありがとうございました



          また 行きますよ



b0150335_10391972.jpg


     次回は 


           どうぞ 皆様も ご一緒に
































[PR]



by cocomerita | 2012-02-19 13:04 | 復興 | Trackback | Comments(62)

ご無沙汰してます

みなさん すっかりご無沙汰してます


新地 小川公園仮設住宅で カラオケに 笑い


ビンゴを楽しみ


豚汁に 舌づつみをうち


その足で


仙台経由で 女川 に入り


雄勝 に行き


石巻から深夜バスで 昨日の朝 帰ってきました


当然 車中


      爆睡



だけど


色んなことが 頭の中で混沌 としていて



もう少し寝かせないと 



言葉になりません



いいかげんに 書きたくないので



だから



当日の記事は もう少し待っててください



みなさんの気持ちは



しっかり伝わり 仮設住宅の人たちの心を温めてくれたことと思います





             ありがとうございました

b0150335_2372812.jpg



   
               私は元気です

[PR]



by cocomerita | 2012-02-18 02:41 | | Trackback | Comments(34)

新地に行きます

 ーーーー


この 2月12日(日) に


また


女将さんのいらっしゃる 新地の仮設住宅に行きます


  

今回は


b0150335_4193719.jpg


お餅つきではなく




カラオケと



豚汁と



そして



ビンゴ を やろう と 思っています




と 言うことで



ビンゴの景品になりそうなものを



  

  送っていただけませんか?





ちょうど 土日なんで



みなさん お家にいらっしゃるだろうから



女将さんに 豚汁 の提案をしたら


  
  160人分くらいいるわねえ



と のこと



だから 



景品も たくさんあればある程 


嬉しい です と



今まで



塵ひとつ 当たったことのない私は そう 思います



簡単なものでいいのです
  ...もらったら楽しそうなもの



私的には



送ってくださる その物に



一言メッセージ と 
お名前の様なもの 本名でなくても ( ブログ上の源氏名のようなもので可 )







添えてくだされば



皆さんと 仮設住宅のその景品に当たったどなたかの間に



ほのかな 交わり が 生まれて ステキだ と思うのですが...





ご協賛いただける方は



鍵コメで ご連絡いただけますか?
... どこにご連絡したらいいか 教えてください
    


送り先 を お知らせします





b0150335_4173726.jpg


よろしくお願いします



追伸* もちろん 参加したいと言ってくださる方は

      Very Welcome です

[PR]



by cocomerita | 2012-02-04 04:26 | 復興 | Trackback(1) | Comments(124)

淋しい思考 

今日の用事が早めに済んだので





国会中継


いやだけど 見てます


本当は  ニュースも見たくないのです


国会なんて まさにただのパフォーマンス


被災地の復興の話をすると見せかけ
本当は
自分が被災地に行ったのだということを ただ 言いたいだけの馬鹿ものども



始める前に その継続 を心配する 馬鹿がどこにいる?


まずは 始めることが大事なん   でしょ?


そんなこと言ってるから


   何も始まらない



車ででかける前に


ガソリンなくなったらどうしよう...と言って 出かけない間抜けと一緒


 「被災地の復興をお願いします」


そんなこと言うだけなら 子供でもできる

何をしたらいいのか 自分で考えて 


   提案してみろ!


なにかと言うと



検討 検討 検討


こいつらは 検討だけ して

大事な時間を 無残に浪費 する


間抜け!!


実際の話をしない限り


 
どんな計画も進まないに決まってる のだよ


日本人って 



          いつからこんなに腑抜けになった?





馬鹿ってだけなら 可愛いねえ とも言えるけど



腑抜け ってのは魂入ってないってことだからね



日本人でいることが 恥ずかしくなります




感性が鈍いということは
 頭が悪いということです

優先順位が見極められない と言うことは
頭が悪いということです


今の日本の優先順位は 被災地 じゃないの?


道路を作らなくても
新幹線を通さなくても



とりあえずの生活はできるけど



今の日本には
日々の普通の生活送るにあたり 事欠く人たちが



たくさんいるのです



私が もしも 足の骨を折ったら


とりあえず


虫歯よりも
アレルギーよりも


まずは骨折の治癒に 力を注ぐ   でしょ?



今日本は 骨折した人の如く



まずは 骨折治さなきゃいけないのです



だから


今は


全ての事が その治癒につながるべき   でしょ?


にも かかわらず


それを 平気で 後回しにしてるってことが...



  信じられない




昨日のニュースで  おぞましい光景 を目にした

北海道に新幹線通します

   わっはっはっは

いやいや 北陸にも 通してみせますよ

   わっはっはっは


てめーの 世間体 と 懐に入ってくる金 にしか
興味を示さない




       甚だしく  下品な奴ら


が 
まだこんなに生息してる ってことが


私にとっては



人間として



甚だ



   理解不可能




国会の外でも

テレビをつければ 
ニュース番組
バラエティ―番組  アホ顔ばかり


私は汚いものが嫌いなので


右を向いても 左を見ても


こういう 何も考えてない顔
何も感じてない顔
何も映さない うつろな目



こういう物に 囲まれて暮らしてると



生体エネルギーが 非常に低下する気がします





だからね
ブログの更新ができないのです


いやなことを あえて脳ミソで文章構成して


文字に起こして


そのいやなこと もう一度 視覚で認識する


この行為を 喜んで行えるとしたら


私は 相当のM   でしょ




確かに イタリアもひどい国なんだけどね



でもね



彼らの至らなさには まだ人間ならではの 体温がある



この国の愚かさ 至らなさに 一切の体温を感じません



満員電車の中で


一人一人の顔を見る


無表情に


何も語らず


降車駅になると 何も言わず


ただ ぐいぐい ぐいぐい
前にいる人を 押して 押して


もくもくと 電車から降り
もくもくと ただ自分の進行方向のみ見つめて 歩きだす



この 無気質が


私には とても不気味 なのです


昨日


電車に乗ったら


座席で吐いてる女の子がいた


車両の中は ほぼ満員


遠巻きにして ただ黙って 吐いてる子を見てる たくさんの人達


彼らが気にしてるのは


彼女のゲロで自分の靴が汚れないか? どうか


大丈夫ですか?と 近づいたのは 


私ともう一人の女の子


怖いなあ と思いました


こういう人たちが


被災地の困難よりも



自分の今日の晩御飯のおかずを気にかけたとしても



         ま そんなもんだろね


と 納得せざるをえませんよね



こう 思わざるを得な い自分が嫌いで



だから



私は 最近 元気がありません


自分の国をいやだと思うのは
そう発音するのは 悲しいです



でも 


私は 今 


日本が大嫌いです




b0150335_1523207.jpg



b0150335_15235352.jpg


君達は 幸せですか?
[PR]



by cocomerita | 2012-02-01 15:24 | | Trackback | Comments(44)

ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

お気に入りブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live

最新のコメント

ciao antsuan..
by cocomerita at 08:34
政治家の口利きが悪いわけ..
by antsuan at 07:23
ciao hisakoさ..
by cocomerita at 23:17
ciao sideさん ..
by cocomerita at 23:14
junkoさん 口利き..
by hisako-baaba at 22:21
昭恵はん、一年半も名誉校..
by sidediscussion at 20:18
ciao 2017-03..
by cocomerita at 08:13
ciao dekoさん ..
by cocomerita at 01:24
ciao そうかなあ?さ..
by cocomerita at 01:18
junkoさん宅のネコち..
by Deko at 15:11

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル