私がローマで独りで始めたわけ 

<   2012年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧




秋の俳句  ~ナポリへ行く

Stefania と 私の付き合いは もうかれこれ20年 近く



彼女は 私が 当時 付き合っていたボーイフレンドのお母さんの友人だった



私は 当時 ジュエリーのデザインを勉強してて
ローマの工房で 見習い も してて



同じことをやってる ってこともあって



私たちは それから 妙に気が合い



そのボーイフレンドとは とっくのとう に会わなくなってからも



彼女との仲は 益々 深まり



私は  
彼女いわく 彼女の La figlia adottata (養女)になった




彼女の作品は ジュエリーというよりも



   Piccola scruttura (ちいちゃな彫刻)




そんな彼女の 三人展が ナポリで開かれる 



それも タイトルは Haiku D'autunno  秋の俳句



  

  junkoが来て 俳句詠んでくれたら素敵なんだけどなあ... と Stefania



 ぁ、いいよ 行く 行く  と私

そう言いながらも 私は 全然 決めてなかったんですよ


なんたって Aboutな国 イタリアですから
言い放しなんて 日常 山ほど 転がってる 


そうしたら


ある日


こんなものがドカンと送られてきた


b0150335_17461161.jpg
 しっかり名前 入れられた ....



むむむ  敵もさる者...


わたくしのナショナリストの誇りを 微妙につついてくる...





こうなったら

  行かないわけには いきません



イタリア人やナポリ人 相手に 穴は 開けられない

  それも相手は 俳句 って旗を掲げてる っつーーのに...
 




まあ

大好きなナポリには ここ数年行ってないから いい機会だ  と



朝の9時発の 


b0150335_1823437.jpg

Freccia rossa  に乗りこみ






しかし イタリアって



  を見ても


b0150335_1759164.jpg




  を見ても


b0150335_1803359.jpg



   だらけ



初めて イタリア人と一緒に新幹線に乗った時に


彼らが

 凄い!! 何なんだこれは
 家並みが 東京から大阪まで 一度も途切れない なんて...


と 叫んだことを ふと思い出す




いろいろ いろいろ あるけど
住めば 住むほど


  イタリアは 美しい国だなあ と思います


 
さて

  あっと 

言う間に ナポリに着いた私は



まずは これなしでは  ナポリは 始まらない っしょーー 




b0150335_18144295.jpg
 


いそいそと

ナポリのカフェを 飲みに行く のでした


ナポリでは カフェは 様が付くくらい 尊重されてて

カフェ様を 口にする前に 

   
  口をすすぎやがれぃ~~   と ばかり


必ず ミネラルウオーターがコップに一杯出てきます



こういうところも 好きなんだよねえ...
 


    つづく



>とっても 大事な追加

福島の子供たちの集団疎開裁判をめぐって
集団疎開を求める署名を集めています

署名は こちら から



   こぞって 署名 よろしくお願いします

[PR]



by cocomerita | 2012-09-25 18:32 | ローマ | Trackback | Comments(40)

さあ!!

一夜漬けの鬼 と 散々 呼ばれた私でも



今回ばっかりは そう云うわけにはいかない



10/23には 何が何でも 日本行きの飛行機に乗り込まなければいけない から



    後がない


だから


今回の引っ越し準備は 早々に 始め



10月の第一週には 荷物を 全部まとめたい 



ああ それなのに それなのに



いつもなら 



道を歩くと その辺にゴロゴロしてる段ボール箱 さえ



必要な時に限って ないのは



         何故?



荷物を片づけた後の 今のお家のお掃除 もあるし



あーーーーーー!!

  ぁぁーーーーーーーー!!!




嫌いなことだらけ


b0150335_1644112.jpg



焦る気持ち のみ 募ります



あーあー
なんで 魔法使い に生まれてこなかったんだろ....



鼻をぴくぴく三回動かしたら
家中の荷物がみ――んなすっかり箱詰め



....に   なったら    いいのに....



日本での手配も いろいろしなきゃ行けないし
今週末は 友人の個展のお手伝いで ナポリに行く 
来週末は 仕事でミラノ



ますます 気ぜわしい なか

   今日明日が勝負です



ってことで 



今日も ニャンコ でお茶を濁す



朝 目が覚めて



寝どこに ご挨拶に行くと



          一匹いない



  


あたりを見回すと....



いました 
       いました



寝どこから 這い出して ソファの上に



b0150335_16254100.jpg
 
  歩き始めました

b0150335_1618350.jpg



b0150335_1616537.jpg
 母さんに「上がっておいで」 と 促され



   はい ポーズ!

b0150335_164014.jpg
 



              頬 緩む



さあ!! 


段ボール箱をもらいに行こう っと

[PR]



by cocomerita | 2012-09-20 16:28 | ローマ | Trackback | Comments(52)

毒を吐く

どーうしても 



  ーーうしても


好きになれない人 



         って いるよね







たとえば こういう感じ

b0150335_1748035.jpg



象の  を固めて 作ってあるんだって   




つまり


どんなに 気取った って


乗っかってるのは 所詮  (クソ) の上 



みたいな 人



               





               笑わせないでくれ....
          

[PR]



by cocomerita | 2012-09-16 17:56 | 毒を吐く | Trackback | Comments(30)

雨の朝に...

昨日から降り始めた雨が

今日は止むと思ってたら さらに激しく降っている

冬の朝を思わせて


b0150335_16115382.jpg


    いやだなあ....





画家のMartinが仕事で Dubaiから やってきた

彼とは スペインのオンダリッビアで出会ってから

かれこれ 6-7年の付き合い

オンダリッビアの道端で 絵を売っていた

その彼の 絵に 一目ぼれして

旅先であるにも関わらず 購入したのが 始まりです

彼は 私が知っている とても素敵な人たちのひとり で


b0150335_16152357.jpg


    

     縁とは 妙にして異なり 




今年 ひと夏 一緒に遊んだレナートが
今日 タイに帰っていきます

彼のような友人は 
私というものの 羽目板止めてる釘 みたいなもんで


一本抜けると... と 


ちょっと不安




毎日 電話して

なんかしら用事を作って 


昨日も
カメラを買うのに付き合ってもらって
その足で レナートの家に遊びに行く


彼のお母さんとは 仲良しなんです


散々 おしゃべりしたあと
それじゃあ、帰るね というと



 junko 今度いつ会える? と お母さん

新しい家にレナートと遊びに来てよ と 私

 それじゃあ、一年待たなきゃね と お母さん

そだね....  私



笑いながら 玄関のドアを出ようとした私の背中に

彼女が声をかける


 junko
  一緒にタイに行かない!?



わははは いいよ、いいよ
私は2-3月に行くつもりだから、その時一緒に来ればいいよ


帰りの車の中で

ママが来ると相手しなきゃあいけないからなあ と つぶやくレナートに


私はこう言った


 レナート あと 185年後 にね
 きっと もっと お母さんを堪能 しておけばよかった
 
あれでは全然足りなかった と 絶対に思うんだよ

 だから 今のうちに 思い切り堪能しておいた方がいい

 185年後 に
 junkoの言うとおりだったなあと 絶対に思うから



b0150335_16454134.jpg



    親孝行 したい時には親はなし


友達ってのも おんなじようなもんかもね
いつまでもいる と 安心してると 
ある日突然 いなくなられて 



  途方に暮れる



私たちって 
失ってみないと そのものの本当の大事さに気づかない

そんな愚かな動物で

失う前に その大切さに充分に気づき 

充分に 大切にできるようになりたいなあと 思います






   雨の日は 思考が いろいろ 彷徨います

[PR]



by cocomerita | 2012-09-15 16:41 | ローマ | Trackback | Comments(34)

三日前の仔ニャンコたち 

三日前の 仔ニャンコたち


毎朝 見るたびに 大きくなってるのが わかります

b0150335_1916475.jpg


b0150335_1923614.jpg


b0150335_1915139.jpg


b0150335_1932810.jpg




目が開きました


b0150335_19173446.jpg


b0150335_1941889.jpg


b0150335_195328.jpg




つぶらな瞳が

   
      堪りません  涎笑



追加


そうそう 不二子を最後にと思ってて 忘れました


で   3日前の不二子



まだ なにか 怒ってるようで... 笑
 
b0150335_1634935.jpg
 


      ふて寝?


b0150335_16344239.jpg
 
[PR]



by cocomerita | 2012-09-12 08:44 | | Trackback | Comments(40)

どうかしてるよ ニッポン

福島の子供たちを 放射能高汚染地帯から 避難させない ばかりか



日本の食の放射能の検査を徹底しない ばかりか



こんなことまで 計画してた バカ野郎たちが います




b0150335_2565263.jpg


  いや 馬鹿 と 呼ぶだけでは 全然足りない?
  呼び方に 困ります
  殺人ほう助 と 呼んでもよい



大阪の子供たち を 



わざわざ 放射能の高い福島まで



わざわざ 遠い関西から来させ



わざわざ 被爆の可能性を 与え



おまけに お金まで(4000円 也)子どもたちから 取って



福島の桃食べ放題のイベントに 参加させる





    何考えてんの?





頭おかしいとしか思えない っしょ

b0150335_6313946.jpg



福島から子どもたちを出す代わりに 呼びこんでどうすんだ!! つーの



     恥を知りなさい

くわしくは こちらのブログへ どうぞ 


 「院長のひとりごと」


 「みんな楽しくHappy♡がいい♪」



で こんなこともやってる





 「秋場龍一のねごと」


その中で ブロッガーであり、作家の秋場さんはこう語る

  ぼくはそんな彼らの心情を知りたい。
 そう、どんな気持ちでコピーライターの君は、「ふくしまは、元気です。」
 というコピーを発想したのか、 ということだ。
 コピーライターばかりではなく、クリエイティブディレクター、アートディレクター、
 グラフィックデザイナーなどにも訊きたい。

 これまで原子力安全神話を具体的に創作してきたのは、
 業界でクリエーターとよばれる君たち制作者だ。 
 危険な原発を稼働させるためには、原発は絶対に安全である、と
 人びとを信じさせる世論づくり、「安全神話」が必要であった。

 そして、フクイチ事故が起きたのだけど、これら「安全神話」の制作者たちは、
 よもやこの史上最悪事故の責任はないとは考えないはずだ。

 たとえば、コピーライターの君――。

 「ふくしまは、元気です。」なんて、君はそうは思わないし、
  このコピーがどんなに悪意に満ちたものか百も承知だろ。

 自分が持って生まれた文案センス、培った広告能力を悪魔に売り渡すなよ。
 ぼくはかつて同業者だった君たちに、怒りよりも憐れみをおぼえる。
 君が与えられた能力を発揮するのはだれか、胸に手を当てて考えてほしい。


b0150335_6455978.jpg


b0150335_6453691.jpg
 喰ってねえ―つーの 振りはやめましょう


こういうキャッチコピー


依頼する奴も
受ける奴も
そして 出演する奴も


    
  みんなおかしい


 


日本の大人たち
 
守らなければいけないものを守るために
もっと 必死に 真摯に そして 大人になって欲しい
自らの立場を危うくしてでも Noと言えるような そんな大人にならなきゃ



と      そう 思います

 



 子どもたちの命 人間の命を引き換えにしてまでも
 得なければいけない 守らなければいけないものなど


どこを見渡しても
      ない っしょ


 

[PR]



by cocomerita | 2012-09-10 06:56 | 原発止めろ | Trackback | Comments(31)

どっちが悪い?

友達のMauraから 電話が 来る



 今日 私のお誕生日だから みんなで集まるから



 来て~~



 もちろん行くよ と お返事した



 Campo di Fiori のwine barに 8時半ね



 ok



 プレゼントも用意した



賢いファビオは 始めからスルー
  今日 僕 疲れてるし 
  悪いけど 彼女のキャンキャン言うのを 今日はとりわけ 聞く気になれない



さて 家探しで すったもんだしてる中
アパートを 一軒 見に行き



その足で そのまま Campo di Fiori に向かう


b0150335_1958272.jpg
 夜のナボナ広場を横切り...



着 8時半



顔だけ見せて 30分ほどで 失礼するつもりなのだ



指定の wine bar に行くと 用意された長いテーブルに




    誰もいない



お店の人が出てきて 座ってお待ちください 





いや あんな長いテーブルに 一人でぽつねんと 座っていたくない



  お散歩して 時間潰して来ます



二度目に 立ち寄るも



    誰もいない



そこで わたしと同じく 今日招ばれた友人 に出くわす



 久しぶりーー
 まだだれも来てないのね  と私




 そうなんだよ
 僕だって、お店 放っぽり出してきてるのに



彼は この Campo di fiori にあるお店で働いてるのだ



 大体さ
 主賓は ちょっと始めに来て招待した人をお出迎えするってのが、本当だよね 
 と私



 そうだよね と 彼



 私 疲れてるし 帰るから



最後に もう一度 wine bar に寄ってみる


 

  誰もいない


既に 時間は 9時 を 回ってる


 

  帰ろう


帰り間際に 彼女に電話を入れる
おめでとう だけでも言おうと思ったのだ



 疲れてるから もう帰る おめでとうね



と いう私に 彼女の キャンキャン声 が響く



 今 着くところだから 戻って来てよーー
 私たち Ostiaから来てるんだから
 ケーキも買わなきゃ行けなかったしー



私の中で 声 がする


  だから?
  私だって Montemarioからきてるのだ

  ケーキ?
  始めから わかってたことで 別に非常事態が起きたわけではない




もっと 早く電話してくれればよかったじゃないのーー!!? と 彼女


  早く電話してたら 何か変わるっての? と 私



そして 又 内なる声 が


  この場合 早く電話しなきゃいけない人間がいたとしたら



  それは 貴方です





私は 変わっている
普通の人が それくらい~~ってのが 我慢できない
引き返そうと思えば 引き返せたけど
こんな感じで あの場に それもあの長いテーブルに


  ...本当の事を言うと その長いテーブルに ぞっ としたのも 確かです



  で あんな長いテーブルに 今さら加わりたくない


で?


にこにこ 歓談 


   する?



   できない!!


一日の疲れが 毛穴から どっと 噴き出す



  やーーめた やめた!



帰宅を急ぐ私の携帯に 彼女からのメイルが入る


  「私の誕生日に 凄いプレゼントしてくれたもんね」



  返事... ? 


  する?



  しない しない!! 構うもんか




彼女に説明するとしたら


 30分以上 送れる場合は 早めに連絡するのが 礼儀です
 主賓の癖に 誰よりも始めに会場に着いてないのは おかしんじゃね?



それを言って 理解する人では ない



Buddista を 名乗ってるけどね





これで ひとり友人失った かも しれないけど



そう云うのも 

  


   もうどーーでも よい



どっちがいい悪い
 っていう話ではなく


いやなものを 

ましてや 仕事でもないのに 受け入れる

この歳になって そんなことなどできないよ ってことです

ましてや 20才の時でさえ やってなかった事を...



b0150335_19582322.jpg
Campo di Fiori 広場は夜も賑やか だ

[PR]



by cocomerita | 2012-09-08 20:01 | | Trackback | Comments(44)

見て見ぬふり

大家が 「家の賃貸契約を更新しない」 と 言ってきたので

 

突然 家探しに 翻弄されてます



本来は 契約非更新の通知 は 3カ月前に 



つまり 我が家の場合 7月中に告知しなければいけないのに



電話してきたのが 1週間前



そして 契約更新をしないという書面 を 送ってきたのが 昨日



その文書を見ると なんと日付が 8月1日 になってる





そこで わたし 苦笑い




知ってるんだよね 
告知が遅く 私に 法的に 拒否する権利がある ってこと




そんな 下手な偽装工作 やってみたところで



封筒には 
あなたが郵便局で投函した日付が しっかり 入ってますよ ってのに



   

  頭隠して 尻隠さず





どうして正々堂々と 期限に遅れちゃったけど... と 言えないのかなあ



この まぬけさ と この コソコソした態度に



口の中が じわっと 苦くなる




どうしても 好きになれない人っているもので



この大家さんも 10年間 私は ちっとも好きになれなかった



日本語で 寝首を掻く っていう言葉があるけど



つまり 信用できない  胡散臭い



私の皮膚感覚 は
良く 知りもしないのに この人好きー!! って 即座に 決めれちゃうのと



同じ温度 同じ速さで この人いやだな... 気をつけな と 告げる






~な ふり をする人






間抜けにコソコソする人 






互いに知りあったら AからZまで 同じ考えを共有しなければいけないと 
それを強要する人 




距離をおいてね と 私の皮膚が 語ります




世の中にはいろいろな人がいるから
それはそれで いてくれていいんだけど



個人的には あんまり 触れあいたくない人々 



で こういう人たちとは 率直な意見の交換ができないから



所詮 どこまで行っても平行線  



    わかりあえない
  



こういう人たちに 運悪く 出会った時
私は 自分が 幸運にも 出会った素敵な人達を思い浮かべ



その数を数え



   毒消し の 帳消し  をする



気にしない 気にしない



道端に落ちてる犬のウンチ は 凝視などせず






   見て見ぬふり  するしかない


さて


好きな友人と囲んだ
見て見ぬふりできない おいしいお食事


b0150335_12351231.jpg
 前にも登場した Burrata

b0150335_1236151.jpg
 生のトリュフがけ Tagliolini

観光地では トリュフの粉末とオリーブオイルのペースト で お茶を濁してるところも 多々ありますが
ここんちは ちゃんとスライスしたのが ふんだんに乗っていて


香りが堪らん!!

そのあとの げっぷ も トリュフ風味で味わえます
グリコのキャラメル じゃないが 一皿で 5度 おいしい!!


b0150335_1238670.jpg
 maiale alla porchetta 豚のポルケッタ風ロースト


b0150335_12384788.jpg
 melanzane alla parmigiana 茄子をトマトソースとチーズで重ね焼きにしたもの


b0150335_12431894.jpg


  もちろん ぺろりと 完食 よ



こういうおいしい食事も 大いに 毒消しに なるね 笑


b0150335_12445995.jpg
 食べものだけ ってのも 何なんで チョイ景色
真ん中に見えるのは 墓地 です

[PR]



by cocomerita | 2012-09-06 13:08 | | Trackback | Comments(54)

ラッキー?!

 9月 になった



今朝 目を覚ましたら
確実に 夏が去り 秋が来ているのを感じ



ちょっと  憂鬱 な気分



今までは 裸足で 気持ち良かった 大理石の床が
足に冷たい。と 感じられるようになったら



  すでに 秋 なのだ






友人が お嬢さんと一緒に イタリアに やって来た



トスカーナの Agriturismoに 1週間滞在する  と言うので
一泊で会いに行った



Agriturismo というのは
もう ここ数年イタリアで流行っている
農家 もしくは それに準じた環境の中で

なによりも  農家の雰囲気の中で 

ただ 自然に囲まれて 過ごす tourism(観光)のこと


b0150335_19224695.jpg



私と 彼女は 妙に気が合う


やってもらって 嬉しい こと
やられて いやな ことが ほぼ同じだから



もう 痒いところに手が届く 心地よさ




日本で仕事をしている時からの 仲良しで
私は 4年前に亡くなったお母さんとも 仲良しで
お嬢さんも 生まれた時から 知っている


さて この際だからと 超早起き して でかける
ローマから 早い電車に乗り込み 

b0150335_19355213.jpg
 電車は 7時15分発  朝日 が まぶしい




途中はこんなにいいお天気だったのに

b0150335_19262438.jpg


b0150335_19272360.jpg



駅に着くなり


土砂降り

 もうバケツをひっくり返したような 大雨



車で迎えに来てくれてた彼女に 声をかけられた時

ちょうどその時


雷が ドドド――ン と鳴り響き


b0150335_19593864.jpg



私は 柄にもなく ひえーっ と 飛び上がる




彼女たちの レンタカーの延長申請をしてから
帰りの電車の切符を買いに 窓口に



事前にPCでチェックしてたので



 スーパーエコノミーあるかしら? と尋ねると


窓口のおじさん
ニヤッ と笑って


 ある、ある、9ユーロ
 君はラッキーな子だねぇ
 と


それを返して
私  を指差し



 B&Bのプールで泳ごうと わざわざローマから おまけに一泊で来たっていうのに
 この 
 それでもラッキーー?? 


おじちゃん それにもめげず とびきりの笑顔で

 だいじょぶ、だいじょぶ ラッキ―!! ラッキー






    こういう人の言葉は、暗示作用 が強い....  笑



通りを走る車は モーターボートさながら
波しぶきを 上げて走る


b0150335_209197.jpg
 まさに もろ こんな感じ

  

    こんな時くらい スピード落とせないもんかね??



スーパーマーケットに 寄って
夕飯の買い出しをし


山の上の B&Bに 到着するも 雨は お世辞にも 止まず





友人が 一戸建てのアパートメントを借りていたB&Bは



私のテーストに まさにどんぴしゃ な
さりげない贅沢さ 質のよさ 

b0150335_192985.jpg



b0150335_1932316.jpg


 
オーナーの思いれが感じられて 心地よい

b0150335_1933349.jpg





そのアパートメントの軒先で 



雨が 水しぶきをあげて 降り注ぐプール を 眺めながら


その向こうに 広がる 心地よく なんにもない空間 を 眺めながら


そして いやっと言うほど濃い緑がつまった山 を 眺めながら


b0150335_19305869.jpg



   おいしいシャンパンで 一杯やっか



2月以来 会ってない私たちのおしゃべりは
留まるところを知らず


小瓶とは 言え
シャンパンも二本目の栓が 開けられ



酔いに拍車が かかる



そろそろ夕飯だねぇ という時間まで おしゃべり ひたすら 爆走し



いま思い出すと なにを話したか 


  ....憶えていない  んだけどね ははは 汗
 




B&Bのオーナーの御夫婦も これまた すごく素敵な人達で



だから こんな素敵で 贅沢なB&Bを作り上げたのだなあ と 納得


b0150335_1935117.jpg
 ここんちには 猫が4匹 犬が三匹 いる

 


   人生に 良質なものは 欠かせない


  そして 善き友人の存在も....




友人との屈託のない こういう時間を 


これまた こういう場所まで行って 楽しめる


    おまけに 飲んだくれてる....



こういうのを 幸せ っていうのだなあ


確かに 駅の窓口のおっちゃんの言う通り



私は ラッキーだ 



  と 思うのでした



  


       しみじみ.....

[PR]



by cocomerita | 2012-09-02 20:18 | ローマ | Trackback | Comments(44)

ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live

最新のコメント

ciao hisakoさ..
by cocomerita at 00:22
ciao dekoさん ..
by cocomerita at 00:18
junkoさん 生まれ..
by hisako-baaba at 22:24
こんばんわ どんな環境..
by Deko at 20:09
ciao antsuan..
by cocomerita at 15:37
「男の国会議員なら普通に..
by antsuan at 13:18
ciao tomoyos..
by cocomerita at 08:19
おはようございます ..
by tomoyoshikatsu at 07:58
ciao antsuan..
by cocomerita at 07:55
戦後の日本人は閉ざされた..
by antsuan at 07:50

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル