私がローマで独りで始めたわけ 

<   2015年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧




夜の帳が、、、 アウシュビッツ強制収容所解放の日に

1月27日は



アウシュビッツ強制収容所が ロシア軍によって 解放された日です



今年で ちょうど 70年



イタリアの国営放送では この一週間



" Per non dimenticare " 忘れないために。





と銘打って



私たちが知る限りにおいて 人類の歴史で 最悪のホロコーストである



ヒットラーのユダヤ人に対する蛮行に関する ドキュメンタリー を 数々放映しています



ヒッチコック監督の監修で撮り始めたにも 関わらず 途中で打ち切られ
そしてお蔵入りになったドキュメンタリー映画が
イギリスフィルム研究所の働きかけで フィルムを持って帰ったアンドレ・シンガー氏の手によって 再現された



"Night will fall"


が 真夜中に 放映されました






「世界がこの映像が教える所から何も学ばないのなら、夜の帳が下りてこよう。
そして神の恩寵により生きてきた我々は、
その事を思い知ろう」



あえて衝撃的な場面を隠すことなく
むしろ 悲惨な光景に 延々と カメラを回し続ける



それは まるで
目をそらさずに むしろ 目を凝らして見つめて もらうことでしか
伝えられない と 考えているかのような



そんな意図さえ 感じさせらるほど 悲惨な光景が 延々と流れます




残酷な場面をあまりに淡々と見せ続けられたために



次第に 悲惨な死体の山に対して ある種 ものを見るような感覚になります



ドイツ人ナツィスト や 兵士たちが、毎日 日常茶飯事のように繰り返される
大量の人間への虐待や殺戮




一体 どこをどう間違えれば こんなことが できるのだろうか!?




といった 超 非人間的な行為に もしかして こうして 慣れていってしまったのではないか?



と その彼らの意識が陥った深い闇を垣間見させられている気さえしました





人間は 人間であるがゆえに その中に 深い闇を 所有します



多かれ少なかれ 皆
もちろん 私もです


その闇に 欲という 栄養を与え 育てる 人もいれば
その闇に飲み込まれ 操られてしまう人
そしてその反対に

その闇を コントロールし 制御 しようとする人たちもいます



そこに 個人の人間性の違い
人間としての 尊厳のあるなし
そして 愛を持っているか 否か?が 見え隠れします



ヒットラーも
今の権力層が イスラムに行なっているように



ユダヤ人に対する 否定的なプロパガンダを行い
ドイツ国民に 彼らに対する嫌悪や憎しみを植え付けました



闇を増長させるのには 怒りや憎しみが最も効果的なのです



そして それとは逆に



私たちの中にある光を 育てるのは 慈しみ や愛 です



偏見や誰かから刷り込まれたイメージで 人を 判断し 裁いたら


私たち もドイツと同じ過ちを犯すことになります



私には 実に いろいろな国の友人がいますが



彼らは それぞれに 素晴らしい人たちで



結局 この世には
大雑把に分ければ 善き人と悪しき人がいる

つまり 闇を制することができる人とできない人がいるだけで



よい国もなければ悪い国もない



と 思うようになりました


だから
中国を忌み嫌うのも
韓国を憎むのも
イスラムを悪にするのも


それは とても危険な行為であるってこと



私が注視する 一握りの人間たち以外は



みんな 普通の市民 であり
私たちと同じように 自分の普通の日々を 大事に ただ一生懸命生きてる人たちで



互いに 敬い 繋ぎあい、助け合いこそすれ



蔑んだり 憎んだり ましてや 互いに拳を振り上げることがあってはいけないと



アウシュビッツ強制収容所 解放の この日に



私は 改めてそう思います




想像も絶する劣悪な環境で


それでも たくさんの人が生き残ったのは


彼らが 笑いと 助け合うことを忘れなかったからだ。と言います








ある一部の悪しき目的を持つ人々に誘導されたとはいえ



ユダヤ人の人たちの背中を 強制収容所へと 押した 当時の人々
もしくは 見てみぬ振りをした人々


に 私たちは決して なってはならぬと



ドイツ人が残酷だとか 酷い仕業だとか 云々言う前に



自分は その闇を 決して育ててはいけない 



心に深く刻むため



私は この悲惨極まりない映画を あえて 最後まで 見ました



ユダヤ人の人々を 意味もなく ここまで虐待したドイツ人たちに



私たちは 私たちが考えているより
遥かに簡単に なることができるのですから








私たちに 出来ることは



覚えておくこと



つまり
思い知ること



そして 決して 同じこと を 繰り返さないこと



繰り返させないことだと思います











ヒットラーの 訳のわかんない 化物のような執着 と 欲望の犠牲になった
ユダヤ人の人たちの魂の平安を祈って



そして この未曾有の経験を味わった人たちの心が少しでも癒されることを祈ります



[PR]



by cocomerita | 2015-01-26 17:34 | 戦争反対 | Trackback | Comments(18)

独裁者

チャップリンが 彼の映画 "独裁者" (1940)の ラストシーン

に 挿入したスピーチ






申し訳ないが、私は皇帝などなりたくない。
それは私には関わりのないことだ。誰も支配も征服もしたくない。
できれることなら皆を助けたい、ユダヤ人も、ユダヤ人以外も、黒人も、白人も。

私たちは皆、助け合いたいのだ。人間とはそういうものなんだ。
私たちは皆、他人の不幸ではなく、お互いの幸福と寄り添って生きたいのだ。
私たちは憎み合ったり、見下し合ったりなどしたくないのだ。

この世界には、全人類が暮らせるだけの場所があり、大地は豊かで、皆に恵みを与えてくれる。 
人生の生き方は自由で美しい。

しかし、私たちは生き方を見失ってしまったのだ。
欲が人の魂を毒し、憎しみと共に世界を閉鎖し、不幸、惨劇へと私たちを行進させた。

私たちはスピードを開発したが、それによって自分自身を孤立させた。
ゆとりを与えてくれる機械により、貧困を作り上げた。
知識は私たちを皮肉にし、知恵は私たちを冷たく、薄情にした。

私たちは考え過ぎで、感じなく過ぎる。
機械よりも、私たちには人類愛が必要なのだ。賢さよりも、優しさや思いやりが必要なのだ。
そういう感情なしには、世の中は暴力で満ち、全てが失われてしまう。
飛行機やラジオが私たちの距離を縮めてくれた。
そんな発明の本質は人間の良心に呼びかけ、世界がひとつになることを呼びかける。

今も、私の声は世界中の何百万人もの人々のもとに、絶望した男性達、女性達、子供達、
罪のない人達を拷問し、投獄する組織の犠牲者のもとに届いている。

私の声が聞こえる人達に言う、「絶望してはいけない」。

私たちに覆いかぶさっている不幸は、単に過ぎ去る欲であり、人間の進歩を恐れる者の嫌悪なのだ。
憎しみは消え去り、独裁者たちは死に絶え、人々から奪いとられた権力は、人々のもとに返されるだろう。

決して人間が永遠には生きることがないように、自由も滅びることもない。

兵士たちよ。
獣たちに身を託してはいけない。
君たちを見下し、奴隷にし、人生を操る者たちは、君たちが何をし、何を考え、何を感じるかを指図し、そして、君たちを仕込み、食べ物を制限する者たちは、君たちを家畜として、単なるコマとして扱うのだ。
そんな自然に反する者たち、機械のマインド、機械の心を持った機械人間たちに、身を託してはいけない。君たちは機械じゃない。君たちは家畜じゃない。君たちは人間だ。君たちは心に人類愛を持った人間だ。

憎んではいけない。愛されない者だけが憎むのだ。愛されず、自然に反する者だけだ。

兵士よ。
奴隷を作るために闘うな。
自由のために闘え。
『ルカによる福音書』の17章に、「神の国は人間の中にある」と書かれている。
一人の人間ではなく、一部の人間でもなく、全ての人間の中なのだ。

君たちの中になんだ。
君たち、人々は、機械を作り上げる力、幸福を作り上げる力があるんだ。
君たち、人々は人生を自由に、美しいものに、この人生を素晴らしい冒険にする力を持っているんだ。
だから、民主国家の名のもとに、その力を使おうではないか。 

皆でひとつになろう。 
新しい世界のために、皆が雇用の機会を与えられる、君たちが未来を与えられる、老後に安定を与えてくれる、常識のある世界のために闘おう。

そんな約束をしながら獣たちも権力を伸ばしてきたが、奴らを嘘をつく。約束を果たさない。
これからも果たしはしないだろう。独裁者たちは自分たちを自由し、人々を奴隷にする。
今こそ、約束を実現させるために闘おう。
世界を自由にするために、国境のバリアを失くすために、
憎しみと耐え切れない苦しみと一緒に貪欲を失くすために闘おう。
理性のある世界のために、科学と進歩が全人類の幸福へと導いてくれる世界のために闘おう。

兵士たちよ。民主国家の名のもとに、皆でひとつになろう。







チャップリンが



大義名分でっち上げられ



アメリカを追放された理由が いまさらながらに わかります


自分達が すべてを所有し


すべてを操り 牛耳れる と思ってる 超悪意の人々


その悪党たちの奏でる音楽に



踊らされるなかれ



安倍のおしりに乗っかって


一緒になって 太鼓をたたく マスゴミたち



         恥を知りなさい


[PR]



by cocomerita | 2015-01-14 17:49 | 愚政府に物申す | Trackback | Comments(20)

稚拙なシナリオにはまらないために ~イスラムとテロは同義語ではない

パリの シャーリー・エブド(Charlie Hebdo) 誌 が



襲われた事件で



イタリアも イスラムからのテロだと大騒ぎ している



そんな中で 取材に答えた イタリアのイスラム団体の主宰者が発した言葉に反応する



これは イスラム対 欧米諸国の戦いではない
そうだと言うのなら
一ヶ月前の 12月16日に ぺシャワールで起きたテロをどう説明するのか?

注: 12月16日14時半頃(現地時間10時半頃),パキスタン北西部のペシャワール市中心部にある「陸軍パブリック・スクール」に複数の武装集団が侵入し,銃撃を開始。少なくとも子供84名を含む132名が死亡し,245名の負傷者が出た模様。
報道によれば,軍は武装集団全員(6名)を殺害。


これは 人々の対立を助長し 言論の自由をも
脅かそうとしているものの仕業


こういうテロによってイスラムが 欧米諸国の敵であると考えるのなら
私たちは 進むべき線路を間違える



私がアラブ語やってて アラブ人の友人が多いから言うのではないけれど




この事件が起こってすぐに
私は これは イスラムの仕業 ではないと すぐに思いました



"どうしてもイスラムを悪者にし続けたい
誰か"
の 悪巧み の



臭いを 再び感じたのです



なぜって



世界を牛耳りたい人々の動きの流れは それだからです



今回も



テロリストが置いていった。 とされる車の中に



彼のID



あのさー



旅行者じゃあないんだから



これから テロやろうって人が




わざわざ 自分の身分証明書 携帯しますかね?



で ご丁寧に置き忘れる。。と



そういえば



これと似たようなことが、、あったよね



ペンタゴンに 突っ込んだ テロリストに ハイジャックされた。
とされる旅客機




高熱のため 機体もなにも すべて 溶けてしまいました。 なーんて 言ってたけど



高熱のあまり 機体をも 残らず 消滅させてしまった、、
その脇に 紙でできたテロリストのパスポートが




都合よく 燃えもせず 当然 溶けもせず 転がってた って



ハリウッド も不景気なのだろうが



もう少し ましなシナリオ書けないもんか?



そして



すこしまえに 偶然見つけたこのインタビュー を思い出し



とても 興味深いから 見てください




アーロン・ルッソ( Aaron Russo、1943年2月14日 - 2007年8月24日)
アメリカ合衆国の映画 プロデューサー、映画監督、政治運動家

プリズンプラネット のアレックスジョーンズとのインタビュー








でっちあげられた 終りなき対テロ戦争

ウーマンリブさえ 彼らのシナリオの一部だった。って



  「最良の社会とは、すべてを支配するエリートに導かれるもの」


すべて彼らのシナリオどおり





まあ、最近そのシナリオが 余りに稚拙 になってきてるのは


彼らの思い上がりか?
もしくは 抑圧された彼らの良心の仕業か?

それとも 私らが どうせ信じるだろうと おちょくられてるのか?



いずれにしても



私たちは 敵のいない戦争に 巻き込まれてる
敵がいないのだから 勝者も敗者もなく


終わりなど ない



てか 終わらせる気などないのでしょう



牛耳る
牛の耳

牛耳られてて いいの? と


アーロン監督も言ってるように



神がこの世に私たちを生み出したのは


私達が 人間としてのベストを尽くせるように であって
他の人間の羊や奴隷になるためじゃない のです




この事件で 犠牲になった 12人の方たちのご冥福を祈ると共に



事実を伝えようとする人々のペンが折られないこと を



そして 言論の自由 と 表現の自由が冒されないこと を


祈ります


そして最後に



イスラムとテロ を 同義語として扱わない 賢明さを 、、、



少しで多くの人々に 求めます



事象を 点で見るのは 大事ですが


グローバルで見てみることも 騙されないためには 有益です


[PR]



by cocomerita | 2015-01-09 20:29 | 新聞から | Trackback | Comments(27)

ピース &ハイライト

明けましておめでとう ございます



ドイツにいる友人が



紅白歌合戦のサザンオールスターズのパフォーマンスに感動した



と 書いてきたので 早速探してみました



      中井くんの 取り繕ったような下手な司会 スキップしたい方は
             2:20 から見てください 笑


ピース アンド ハイライト

    

友人いわく ピースは紛れもなく 平和
ハイライトは 超右翼 意味していると


        、、、確かに。


 教科書は現代史をやる前に時間切れ
  そこが一番知りたいのに
  なんでそうなっちゃうの 

 歴史を照らし合わせて 助け合えたらいいじゃない 

固い拳を振り上げても 心開かない

 都合のいい大義名分で争いを仕かけて
  裸の王様が牛耳る世は Insane 狂気 
  
 20世紀で懲りたはずでしょう?
  燻る火種が燃え上がるだけ 

♪ いろんな事情があるけどさ 
  知ろうよ 互いのイイところ 



と 桑田さんが 歌う



   全く その通り






世界の中枢で 悪徳な人々が画策する戦争は 止められないかもしれないけど



彼らが したり顔でつくうそは 止められないかもしれないけれど



私たち自身の中にある 裁く心や差別する心 ずるい心 そして戦いの因子は消せると思うのですよ



戦争嫌だ と言うのなら




まずは   そっからじゃあないかと、、



政府に文句いって 自分のおおっぴらにできない部分 誤魔化してやしませんか?



って人が結構いると 私は思っています


炎上しちゃった あるブログに行って
その書き込みの酷さ 暴力的なのに
人々が隠し持ってる狂暴さに
 目が点になりました


自分の中に 黒い思いがあるってのに



ただ やみくもに政府を責める ってのもね



不毛な気がします



汚職 とか 賄賂 もね



大金とか 美味しい条件 目の前に積まれて も



   とっとと 失せやがれー




と 拒否できる 自信がないうちは 他人のずるさは 責められない 、、 くない?



桑田さんも 言ってるけどね



私は 拳は振り上げたくない。 と思っています



それは こんだけ酷い悪徳政府に 対しても。 です



拳振り上げたら その時点で 私も彼らと 同類になる



世界の中枢 の 私らに 見えないところで で画策される戦争



こっそり 売り買い
もしくは 超汚染物質 を引き受ける代わりに サプライされる武器



そういうの 直接止められなくても



私たちが出来ることがある



それは 日本の伝統や 習慣 芸術芸能 生活文化 日本人の真面目なところも含め、
教育 文化 を 守り 伝え続けること



世界の悪者は 民がみんな 愚かになること 願っています



文化を土壌にした高い人間性は
事実を知ろうとする 公平さ 澄んだ視点を生み



そういう土台があると 人間っておいそれと買収なんてされないものだと思うのですよ



コツコツ 日本の文化を守り 伝え



自分の利益ではなくー 集団のよかれこそをも 考えることのできる



自分が儲けたいために危険な土地をも 平気で住開発する




そんな人でなし でなく



バランスをもった 本当の 大人を 育てる



それならできる



それが 私の抵抗の仕方 です


朱に交わって 紅く
糞に交わって 糞には


   絶対にならない



一人一人の 質を維持し



高めます


♪ 希望の苗を植えていこうよ
  地上に愛を育てようよ
  このすばらしい地球(ふるさと)に生まれ

  悲しい過去も愚かな行為も
  人は何故に忘れてしまう ♪


 ♪ 愛することを躊躇わないで♪





これが私の新年の抱負です


b0150335_6154414.jpg




今年もよろしくお願いします

[PR]



by cocomerita | 2015-01-03 06:53 | 愚政府に物申す | Trackback | Comments(36)

ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

お気に入りブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live

最新のコメント

ciao antsuan..
by cocomerita at 08:34
政治家の口利きが悪いわけ..
by antsuan at 07:23
ciao hisakoさ..
by cocomerita at 23:17
ciao sideさん ..
by cocomerita at 23:14
junkoさん 口利き..
by hisako-baaba at 22:21
昭恵はん、一年半も名誉校..
by sidediscussion at 20:18
ciao 2017-03..
by cocomerita at 08:13
ciao dekoさん ..
by cocomerita at 01:24
ciao そうかなあ?さ..
by cocomerita at 01:18
junkoさん宅のネコち..
by Deko at 15:11

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル