私がローマで独りで始めたわけ 

<   2015年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧




地下鉄で

地下鉄で



大きなくしゃみ を三回した



テイッシュを探して バッグの中をさぐる



顔をあげたら



前に座ってる人と
横に座ってる人が



二人 揃って テイッシュを差し出してくれているのに 気づく



冷たい雨は降っているけど



心は暖かい午後



こういうところが



イタリアって いい





ってことで



只今 風邪で 臥せっています



今回は なんだか厄介



熱が出るまでは ひどい頭痛に悩まされ



熱が出始めて 頭痛は収まったものの



食欲はないし、 ふらふらしてたくさん歩けない



熱が少し収まって来たら今度はひどい咳



なんにでも順番があるのですね



私は大病をしたことがないので 病は気から なんて
病気を甘く見てたけど



病気になったひとの 気持ちがわかります



身体がしっかりしてないと なにもできないものです



私の回りには治療中の方が 結構いるので



私は毎朝彼らの完治を 神様にお願いするのだけど



それさえ 力が入らないのです



今まで 当たり前にやってたことが



ほんの小さな躓きで できなくなる



情けな、、、、



偉そうになんて していられないなあ と思う



当たり前。ってことは 世の中には存在しない
なくても喧嘩にならない
皆 あって有り難うございます。 の世界ですよね



健康って 何にも替えがたいものですね






追記:小笠原で 地震が あったと こちらにも伝わってきました
被害はなかったと言ってますが

東京とか静岡とか その付近の方たち 大丈夫ですか?


沖永良部島の 噴火といい
いよいよ 政府に原発推進 どーーしても! 止めてもらわないといけません






[PR]



by cocomerita | 2015-05-30 17:35 | ローマ | Trackback | Comments(36)

みんなで

うちの庭に



今年も



が なりました


b0150335_4381178.jpg





今年のは 格別に美味しい




蟻たちと



一緒に いただく



b0150335_4402525.jpg


ご先祖様 と



一緒に いただく


b0150335_4411386.jpg





ご馳走さまでした






蜂を救いましょう。と言ってたら



うちの軒下に 小さな同居人


b0150335_442966.jpg



引き続き


署名お願いします


 「ミツバチ 子供保護法」 を 求める署名





[PR]



by cocomerita | 2015-05-17 08:07 | ローマ | Trackback | Comments(12)

月の夜に

今夜は


 が とてもきくて



庭の木や草の が やけに 濃い ので



まるで 昼間のようです



こんな夜は 得体の知れないものたち が 集まって来そうで



このまま しばらく こっそり 待って いたいけど



明日は五時起き
諦めて 家 に 帰ります


家の中は 月の光 だらけで



居間も 寝室に も




月の 光が 燦々と 注いでいる



ので




月の光にくるまって 眠ります





月の光は からだの 奥の奥の そのまた奥のほうまで 
しんしん 沁みてきて




おまけに ほかほか 暖かい




明日は めちゃくちゃ 元気で 目が覚める ね




微笑みながら 眠りにつくのは 至福です








b0150335_2315450.jpg





誰にってのではなく



有難うございます



って 言葉が ふと 浮かぶ



自然と繋がっている感覚 は きっと



神様と繋がってる その感覚じゃあないのかな



月の光 だけで こんなに 満ち足りた気分になれるのに



なぜ 人は 過剰に 権力とか お金とか 欲しがるのでしょうか?






蜜蜂を 守る署名 に ご参加お願いいたします






ミツバチが地球上に現れたのは、約2千万~1千万年前。

私たち人類が生まれるはるか以前から、
あらゆる植物の花から花へ授粉を助け、果実を、種を実らせ、
地球の生態系を支えてきました。

現在、私たちが口にする農産物の3分の1はミツバチの授粉に頼って生産されています。

しかし、その数はかつての4分の3にまで減少してしまいました。

世界中で報告されている蜂群崩壊症候群。
その原因のひとつといわれているのがネオニコチノイド系農薬です。
水溶性で浸透性が高く、環境に長く残留するこの農薬の汚染は、
ミツバチをはじめとする小動物の生態系だけでなく、
人間の子どもの脳や神経の発達への悪影響も指摘されています。

にも関わらず、日本政府はこの農薬の農産物への残留基準値の引き上げを検討しているのです。


ミツバチ 子供保護法 を 求める署名



地球は 人間だけの ものではない。のです



この傲慢 で 横暴な 人間の存り方
自省し 改心する こと 始めなきゃいけない



もう 遅すぎるくらいなのだから




まずは 私たちから、、



よろしくお願いします


[PR]



by cocomerita | 2015-05-12 03:23 | | Trackback | Comments(22)

報道の自由を推進した人々

公益社団法人 日本外国特派員協会
The Foreign Correspondents’ Club of Japan

100-0006 Japan, Tokyo-to, Chiyoda-ku, Yurakucho 1-7-1, Yurakucho Denki North Building 20F http://www.fccj.or.jp E-mail: front@fccj.or.jp Tel:+81-3-3211-3161 Fax:+81-3-3211-3168



「ジャーナリズムとは報じられたくないことを報じることだ。
それ以外のものは広報に過ぎない」
ジョージ・オーウェル




公益社団法人日本外国特派員協会(FCCJ)が
報道の自由推進賞の受賞者を発表




日本では今、報道の自由が脅かされています。




むしろ 自ら を ジャーナリスト と 名乗る人々が 自らの手で その自由を放棄している。
とも言えるでしょう



世界報道の自由デーの5月3日、
日本外国特派員協会(FCCJ)は報道の自由の推進に貢献した記者、媒体そして個人を表彰します。



2015年、国境な記者団による報道の自由度ランキングで
日本の報道の自由度は世界第61位へと後退しました。



これは韓国やチリ、セルビアよりも低い評価です。



2012年、日本は同ランキングで世界22位の評価を受けました。



日本の報道の自由度が下がった理由として



国境なき記者団は特定秘密保護法が制定されたことで、



特に原子力や対米外交に関連した情報の公開度が後退し、



もはや そうした情報は日本ではタブー視されるようになったと
酷評しています。



このように、
政府にとって都合の悪い情報を出させないようにするため に、



公共性の高い情報を伝える調査報道や、記者の取材源の秘匿などが
脅かされています。



そこで日本外国特派員協会(FCCJ)は
2015年、報道の自由推進賞を創設し、
世界報道の自由の日となる2015年5月3日に、発表しました。



・古賀茂明氏(元経産官僚)
表現の自由を抑圧しようとする政府に対する批判と、
東京電力 の問題を含む日本の政治や産業界に関する鋭い評論活動に対 して。






・中野晃一氏(上智大学教授)
特定の勢力に阿ることなく、また恐れることなくタブーに踏み込み、
日本の政治に関する鋭く有益な分析を継続的に行った功績に対して。






・マイケル・ウッドフォード氏(オリンパス前CEO)
社の会計偽装を内部告発し、日本の企業統治により高度な透明性を促した功績に対して






年間最優秀出版賞(Publication of the Year)
出版あるいはウェブ上で公開された、優れた調査報道に対して贈られます。
年一度の表彰です。


・東京新聞
原発問題、政治スキャンダル、汚職、報道の自由に関わる継続的、
かつ優れた調査報道に対して。








殉職した英雄賞(Fallen Hero)
取材中に殉職したジャーナリストに贈られます。
活動拠点は日本の国内外を問いません。該当者がいる場合のみ表彰されます。


・後藤健二
氏はシリアで取材中にISIL(イスラム国)に拘束 され、
安倍首相が「ISILと戦う国のために」数億ドルの支援を約束した その数週間後に斬首されたフリーランスジャーナリストです。




彼は戦争そのものを報じるのではなく、
戦争の 悲惨な側面を報じる人道ジャーナリストでした。
彼は他のジ ャーナリストたちが行きたがらない危険な地域をあえて取 材することで、中東や他の紛争地帯で何が起きているのかを 世界に伝えました。



お問い合わせは外国特派員協会(FCCJ)まで。 電話:03-3211-3161(月〜金、10:00-18:00) Eメール:freepress@fccj.or.jp




ちゃんと 見ている人が いる。ということに


ちゃんと わかっている人がいる。ということに


久しぶりに 見たまともさ


深い深呼吸をした 午後




[PR]



by cocomerita | 2015-05-06 03:00 | 新聞から | Trackback | Comments(16)

ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live

最新のコメント

ciao 2017-06..
by cocomerita at 05:10
ciao hisakoさ..
by cocomerita at 00:22
ciao dekoさん ..
by cocomerita at 00:18
junkoさん 生まれ..
by hisako-baaba at 22:24
こんばんわ どんな環境..
by Deko at 20:09
ciao antsuan..
by cocomerita at 15:37
「男の国会議員なら普通に..
by antsuan at 13:18
ciao tomoyos..
by cocomerita at 08:19
おはようございます ..
by tomoyoshikatsu at 07:58
ciao antsuan..
by cocomerita at 07:55

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル