私がローマで独りで始めたわけ 

<   2015年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧




私が さらにお願いしたいこと ~東京都子供家庭センター児童一時保護所の対応について

"東京都子供家庭センター 内 児童一時保護所における子供たちへの対応改善を求める"


署名に




現在まで
88人の方に ご賛同いただきました



ありがとうございました




ブログで この現状知ったなら



居ても立っても居られず


寄ってたかって
すぐ署名!








期待していたのですが



どうやら 世間は そんなに甘くないようです



ブログのアクセスは 多いのですが、、そこが不思議



そこで



すでに署名してくださった方
もちろん 何らかの事情で まだ してくださっていない方も



引き続き の 拡散
を お願いしたいのです



署名してくださった方が もう一人見つけてくれれば



88X2= 176筆



もう二人見つけてくだされば



88X3= なんと 264 筆






集まります



東京都 とか 東京都じゃないとか
そういう問題じゃあありませんよ




子供は どこの町の子供も
どこの国の子供も


馬鹿馬鹿しい 県境や国境越えて


慈しみ 愛され 育まれる べき でしょ?







去年の秋に


突然 劇症型心筋炎 を 発症し、
生存するためには心臓移植が必要な 小松あいこちゃんと言う女の子の
移植手術のための渡米費用の寄付のご協力をお願いしました



臓器移植に抵抗のある方
寄付自体に抵抗のあ方
いろいろな反対意見もいただきました



寄付がなかなか集まらず あいこちゃんの体力が衰えてきてるのを懸念して



私は自分の母校の小学校 や あの諏訪中央病院の鎌田先生にまで
手紙を書いたものです



それが ある日を境に



みるみるうちに募金が集まり



以前に 募金に協力した天晴君の募金からも寄付があり



目標額の二億一千万以上の寄付が集まったのです



そのあいこちゃんが 無事にアメリカで手術 リハビリを終え



6月1日 帰国
そして
この6月23日に 晴れて 学校にランドセルをしょって 戻ることができました






お金で 幸せは買えない とよく言います



でも 私は買えると思うのです



あのとき わざわざ 郵便局や銀行に足を運び



あいこちゃん宛に お金を送ってくださった そのうちの一人でも



その方のくださった 千円でも 欠けていたなら



今のあいこちゃんの生活も 笑顔もなく



ということは



その 私たちの ささやかな経済的歩みより が



あいこちゃんとそのご両親 妹さん おじいちゃん おばあちゃん



少なくとも 8人の人たちを 幸せにできた

のですから






呼び水という言葉があります



井戸を掘っても 呼び水しないと 水は湧いてきません



わたしは 幸せ というものも 同じだと考えます



自分のことだけでなく 困っている 誰かのために 自分の持つ何か を 差し出すってことは



その呼び水 にも似て 幸せの呼び水 と なる のだろうと、、



自分の嬉しい気持ちより



誰かのほっとした笑顔の方が



なん百倍も 私たちを幸せにしてくれる。


ってことは



やったことのある人にしかわからない 一種の恩恵です




独りは 辛いです



大人でも辛いです



理不尽にある日突然 独り にされた 子供たち に
さらに悲しみや辛さを与える 現在の保護所の対応を
見逃す訳にはいかない。のではないでしょうか?




この文章を読んでくださった方たち へ



一人一人 の 方たちの
更なる ご尽力 ご協力 を 心からお願いいたします




日本テレビ ニュース エブリー





署名は こちらから








引き続き よろしくお願いします

初めて 来てくださった方は


下の記事も ぜひ 読んでください



よろしくお願いいたします
[PR]



by cocomerita | 2015-06-30 17:00 | 愚政府に物申す | Trackback | Comments(35)

子供たちを救うために力を貸してください

東京都には



都が運営する 東京都子供家庭総合センター
という機関があります






その機関の中には



いろいろな事情で親から離され 一時的に保護されている
子供たちが住む 一時保護施設があります



親から虐待された子供たちも
非行という形でしか 自分の思いを表せなかった子供たちも



皆 同じように 心が傷ついています



そんな子供たちの心の傷を癒し



人生そんなに悪いもんじゃあない



と 明日への希望を養い 歩き始める力を養ってもらうために



万全を尽くすべき場所



その場所で


現在
収容された子供たちへの 過度に厳しい指導
それに従わなかった場合 には 虐待とも言える厳しい罰
を与えているということが



先頃 5月7日に放映された 日本テレビ ニュースエブリーの報道で明らかにされました







この件を早くから注視し 懸念し 子供たちに寄り添ってきた行方正太郎先生は




"私が勤務していた期間は14ヶ月ですが、
その間でも4名ほどは脱走する子供がいました。
中には都内の別の保護所を脱走したうえに、
さらに私の勤務する保護所も脱走する子供がいました。

つまり、脱走したくなるような劣悪な場所だということを、
子供らが行動で示しているわけです。
もし私が保護された子供だとしても、私も脱走してしまうかもしれません。


実は日テレでは、その後、EVERYの全国版、ニュースゼロ、バンキシャと連続して児童相談所保護所の件を放送していく計画でしたが、それが中止となりました。

私は、児童相談所に第三者評価のシステムと子供が直接役職にある者に苦情を伝えられるシステム、この2点を導入してくれるよう現職にあった時から上司に訴えてきました。

しかし、報道関係もこれで手打ちとなって問題提起の機会をなくしてしまったため、次は外国人記者クラブへ取材してもらい、外国の方々から日本の前近代的な児童擁護の現状を批判してもらえたらと考えています。

そうなれば、日テレだけでなく、他の報道関係でも再度報道していかざるを得なくなるのではと思います "




と 語ります



権力側にありがちな 自分本意の 閉鎖的運営のために



この現状を知り、ひどく憂いている人々がいながら



実際の問題の核に 介入しきれずにいる のが 現状
です



傲慢な東京都の壁は高く 厚いのです



だからと言って



手をこまねいてる なんてこと 出来るわけもなく



署名キャンペーン を 企画します



できるだけの署名を集め

舛添要一都知事 及び 東京都議会
に 都民ばかりでなく 国民みんなが この由々しき状況を知り、深く懸念していると



よって 彼の早急な介入速やかな改善を求めている と



その要求を伝えたいと思っています



子供たちに健やかな そして幸せに暮らせる環境を作ってあげられる かどうかの



深刻な問題です



都民の方も 都民じゃない方も




情熱的に
署名 及び拡散よろしくお願いします




● 署名キャンペーン


"東京都子供家庭総合センター 子供一時保護所に収容されている子供たちへの対応を改善する"






署名は こちらから




自分だけ署名した と 安心することなく



賛同してくださる方々には


少なくとも!


一人につき10人の署名を集めるべく



奮闘していただきたく よろしく お願いします



こういった状況は 東京都 だけだとは思いません



東京都の状況を改善することにより



日本中に いるであろう 苦しい環境を甘んじて受けなくてはならない子供たちの環境を改善する 糸口になると思っています





格段のご協力よろしくお願いいたします



当時 中学三年生だった 子が 書いた手紙を ここに紹介させていただきます

b0150335_5344165.jpg


b0150335_5364970.jpg


b0150335_537387.jpg


●関連ブログ

" 人生やり直し塾 "行方正太郎先生
5月7日(木)、日テレ「every」の特集「こんな生活地獄 児童保護施設の現実 、、、、」について



"80代 万歳 "hisako さん
虐待で一時保護された子供たちが施設でも厳しすぎる規制でがんじがらめだという不条理



都議会議員 おときた 駿 公式ブログ
地獄への道は 善意で塗り固められている:政治家になって一番、







子供たちは 家庭とか 家族とかという壁を越えて



社会に属するみんなで 慈しみ 守り 育てていくものだと 思います



本当に よろしくお願いします








[PR]



by cocomerita | 2015-06-29 14:19 | Trackback | Comments(37)

下手な鉄砲数打ちゃあ、、

もはや



毎度 お馴染みの



下手な鉄砲数打ちゃ ,,
の 署名参加のお願い です



まず



Avaaz の "安保法案は戦争法案"




村上誠一郎衆議院議員、その他の自民党衆参議員 に充て

日本の平和主義を尊重する一市民として、
安全保障関連法案の今国会での成立を見直すよう呼びかけます。
現法案は、多数の憲法専門家に「違憲」と指摘され、
直近の世論調査によれば大半の市民が反対しています。
私たちのアイデンティティーの重要な一部である平和憲法を後世のためにも守り抜くようお 願い申し上げます



署名は こちらから






そして




安全保障関連法案に反対する学者の会







戦争する国」へすすむ安全保障関連法案に反対します



「戦争しない国」から「戦争する国」へ、

戦後70年の今、私たちは重大な岐路に立っています。
安倍晋三政権は新法の「国際平和支援法」と10本の戦争関連法を改悪する「平和安全法制整備法案」を国会に提出し、審議が行われています。
これらの法案は、アメリカなど他国が海外で行う軍事行動に、日本の自衛隊が協力し加担していくものであり、憲法九条に違反しています。
私たちは憲法に基づき、国会が徹底審議をつくし、
廃案とすることを強く求めます。

法案は、
①日本が攻撃を受けていなくても他国が攻撃を受けて、政府が「存立危機事態」と判断すれば武力行使を可能にし、
②米軍等が行う戦争に、世界のどこへでも日本の自衛隊が出て行き、戦闘現場近くで「協力支援活動」をする、
③米軍等の「武器等防護」という理由で、平時から同盟軍として自衛隊が活動し、任務遂行のための武器使用を認めるものです。


安倍首相の言う「武力行使は限定的なもの」であるどころか、
自衛隊の武力行使を際限なく広げ、「専守防衛」の建前に反することになります。
武器を使用すれば、その場は交戦状態となり、
憲法九条一項違反の「武力行使」となることは明らかです。
60年以上にわたって積み重ねられてきた「集団的自衛権の行使は憲法違反」という政府解釈を安倍政権が覆したことで、米国の侵略戦争に日本の自衛隊が参戦する可能性さえ生じます。
日本が戦争当事国となり、自衛隊が国際法違反の「侵略軍」となる危険性が現実のものとなります。

私たちは、かつて日本が行った侵略戦争に、多くの学徒を戦地へ送ったという、
大学の戦争協力の痛恨の歴史を担っています。

その歴史への深い反省から、憲法九条とともに歩み、世界平和の礎たらんと教育研究活動にたずさわり、再び戦争の惨禍を到来させないようにしてきました。
二度と再び、若者を戦地に送り、殺し殺される状況にさらすことを認めることはできません。

私たちは、学問と良識の名において、違憲性のある安全保障関連法案が国会に提出され審議されていることに強く抗議し、それらの法案に断固として反対します。

2015年6月
安全保障関連法案に反対する学者の会



こちらへの賛同もよろしく


賛同はこちらから





そして



学生たちも 立ち上がった



SEALDs


Students Emergency Action for Liberal Democracys
 自由と民主主義のための学生緊急行動
 




 SEALDs(シールズ:Students Emergency Action for Liberal Democracy - s)は、自由で民主的な日本を守るための、学生による緊急アクションです。
担い手は10代から20代前半の若い世代です。私たちは思考し、そして行動します。

 私たちは、戦後70年でつくりあげられてきた、この国の自由と民主主義の伝統を尊重します。
そして、その基盤である日本国憲法のもつ価値を守りたいと考えています。
この国の平和憲法の理念は、いまだ達成されていない未完のプロジェクトです。
現在、危機に瀕している日本国憲法を守るために、
私たちは立憲主義・生活保障・安全保障の3分野で、明確なヴィジョンを表明します。

 日本の政治状況は悪化し続けています。
2014年には特定秘密保護法や集団的自衛権の行使容認などが強行され、
憲法の理念が空洞化しつつあります。
貧困や少子高齢化の問題も深刻で、新たな生活保障の枠組みが求められています。
緊張を強める東アジアの安定化も大きな課題です。
今年7月には集団的自衛権等の安保法整備がされ、
来年の参議院選挙以降自民党は改憲を現実のものとしようとしています。

私たちは、この1年がこの国の行方を左右する非常に重要な期間であると認識しています。
 
 いまこそ、若い世代こそが政治の問題を真剣に考え、現実的なヴィジョンを打ち出さなければなりません。
私たちは、日本の自由民主主義の伝統を守るために、従来の政治的枠組みを越えたリベラル勢力の結集を求めます。

そして何より、
この社会に生きるすべての人が、
この問題提起を真剣に受け止め、思考し、行動することを願います。
私たち一人ひとりの行動こそが、日本の自由と民主主義を守る盾となるはずです



追記:
なんと言っても彼らは学生
資金援助も必要です
大人の皆さん 支えてあげてください
詳しくは SEALDs のサイトを見てください





少しづつ 動きが出てきている気配を 頼もしく 嬉しく思います



この動き を みんなで もっと加速 させ
もっと拡げたい ものです





拡散 よろしくお願いいたします








安倍とその仲間達の 悪巧み


阻止します





[PR]



by cocomerita | 2015-06-17 00:32 | 戦争反対 | Trackback | Comments(28)

ガラパゴス クラブに ようこそ

大学の友人のお母さんが解雇されたのだそうです


クリーニング工場で 染みや汚れのチェック


ーそれによって 洗い方を変える


の 部署にいたのだけれど



その工程が 機械に取って替わられたのだ そうです



自分の家のお洗濯 を 思い出してみても わかるけど


染みや汚れ って
手で触ってみたり 生地を揉んだりしてみないと わからない



そういう微妙な部分があると私は経験で知っているので



その微妙なところが、機械にわかる訳がないと 憤慨しました



私たちの暮らしの中には
人間にしかできない微妙な作業 が たくさんあります



それを重視せず 簡単に 合理化 経費削減 にのみ 走り



機械化を進める



その 浅はかな 意識が
近代の日本の そして先進国といわれている国々の社会を 非人間化し



社会が持たなければいけない 寛容性 を狭くし



社会の基盤を脆くしていく



そう 考えます



機械は どんなに便利でも



所詮 ただの機械にしかすぎない のです



人間にしかできないこと
それは 人間の人間であることの高貴さみたいなもので



それを 人間自身が否定してるんだから



なんか 切ない 気分
になります



そうやって
私たちの生活はどんどん繊細さを失い、



人の温もりを失い



大雑把安っぽく なり



そして荒れ果てていくのです



このことは
私が ここ十年以上 苦々しい思いで しばしば考えてる 大いなる欺瞞で




ちなみに 私は



どんなに便利だと言われても お野菜を機械で切りません



ものは手で切るから美味しいのです



お母さんの握ったお握り


スーパーの お握りに 勝てる訳がない。 のと同じです



シャリの部分を 型にはめて作ったお寿司のシャリが
ーこちらでの今 雨後の竹の子のように増えている チャイニーズ経営の日本食やさんのお寿司のように



味もそっけもないのと同じです



古代から 中国 日本では 手には 癒す力が存在すると信じてきました



手当て
というのは 手を当てて その力で治癒させる ということで



だから 指圧も 手でやるのですよね



機械の便利さは 確かに無視はできませんが



機械に この 素晴らしい "手当て"はできないし



何か変だぞ? という六勘も 働かないし



お料理の微妙なお味見もできません



機械を使っても



どこまで機械化に頼るか そこに人間の良識が 必要とされます



大工さんが その道具を熟知する
板前さんが 切る食材によって 包丁を変え 切り方を変える のと 同じです



作業の単一化は 人間の痴呆化 を促進します




私は いくら ガラ系 とバカにされても 携帯をスマートフォンなどには変える気は全くなく
ー 電話が持ち歩ける それで十分



握る ねじる 引っ張る 押す 回す



こんなにたくさんの 動作があるって言うのに



それを ただひとつの動作に 統一してしまうって



これ 脳にとっては 働かないでいいよ って言ってるようなもんで



すごく危険な行為
むしろ 社会的痴呆化 を 促進する と 私は思っています



人間の手で
こねる 作る 擦る 握る 回す 叩く 削る



人間の 舌で 感じる
甘味 辛味 酸っぱみ 苦味 塩加減



人間の勘で 行なう 加減 や 気配



どれもこれも



人間にしかできないことです




私が今まで悶々と 考えてたことを



こうして 文字にする気になったのは



この方の記事を読んだから



Kouji kotani さんの


"いいたいことは少しある " 修行




社会のブームに流されないよう


便利だよ という悪魔の囁き
にのっからないよう


に 気をつけたい と思います



便利を過剰に追い求める 急いた心に 味わい が 入り込む隙間があるのだろうか?



と 考えます






ガラパゴス クラブにようこそ







[PR]



by cocomerita | 2015-06-16 06:53 | | Trackback | Comments(16)

殿 ご慢心 ~安倍のやじ

居酒屋 でも 見られないこの醜態


たぶん キャバクラに いるおっちゃんたち でさえ もっと 行儀がいいだろう



この下品さ



この人達が、、、



と 目と耳を疑うが



わが国の官僚であり 議員である




平気で野次を飛ばす安部首相をはじめ 
品格 がはなから欠如している



自分の立場を考えて 体裁を繕おうとも もはや思わない 



のは


国民を 舐めている証拠だと わたしは思う




こんなに図々しい 下品で 思い上がった人間に 国政はおろか



外政など できるわけがない のだ








早く質問しろよ?


早く質問しろよ?


早く質問しろよ?




、、、しろよー??












私は この奴の慇懃無礼さが



死ぬほど我慢できない のである




なお この生物は 大嘘つきで 責任を取らないばかりか



血も涙もなく



人の命 などとも思っていないのが 特徴です




Sidediscussion さんのところの 6/01 付け "帰還押し付け "



読んでください

[PR]



by cocomerita | 2015-06-04 08:07 | 愚政府に物申す | Trackback | Comments(36)

ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
黒い森の白いくまさん
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに。。 しかし...
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
オトナの社会科・中東から...
俺の心旅
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live
明日をもっと楽しく!した...

最新のコメント

Ciao saheizi..
by cocomerita at 01:38
期日前投票と本日投票と二..
by saheizi-inokori at 21:33
Ciao hisakoさ..
by cocomerita at 17:51
Junkoさん 本当に..
by hisako-baaba at 17:06
Ciao dankkoc..
by cocomerita at 15:03
Ciao dekoさん ..
by cocomerita at 14:59
Ciao sideさん ..
by cocomerita at 14:55
Ciao cocomer..
by dankkochiku at 14:12
マッコさん我が道を行く歯..
by Deko at 11:05
鉛筆は消せることが目的で..
by sidediscussion at 08:26

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル