私がローマで独りで始めたわけ 

<   2016年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧




くに

海外に長く住んでいると



国の外にいるがゆえに
またこちらの国からしたら 移民 という立場になるがゆえ


くに というものを考え 意識する機会に不足しません



よって 毎日 とまではいかなくても
私の 日本人という意識と向かい合う 機会は増えます



両親 二人とも亡くすまでは 親のいるところがくに。だと 信じていましたが


親を失っても 日本は 変わらず 私のくに。でした



そして 私のくには 東京でもあり 福島でもあり そして沖縄でもあり



つまり地域性を持っていないことに気づきました



ですから それがどこであっても くに。 のことは気にかかります




作家の高橋源一郎さんが、憲法記念日に合わせて沖縄県を訪れ

米軍基地と向き合ってきた人々の歴史
日本国憲法の意味を問う市民の声
そして
沖縄における憲法について 書いています



沖縄について考えるとき、
たとえば、基地問題は保守と革新で対立しているのだ、というように思われがちだ。
だが、実際には、保守が基地依存派で革新は基地反対派、と単純に分類することはできない。

そして、ときに、政治的な立場を超えて、沖縄は一つの声になろうとする。



 2007年、沖縄戦における「集団自決の強制」という記述が、
高等学校歴史教科書から、「日本軍の命令があったか明らかではない」として
削除・修正させられた。
この検定結果を撤回するよう求める決議は、沖縄のすべての市町村で可決された。


 あるいは、沖縄の本土「復帰」を目指した「沖縄県祖国復帰協議会」にも、
初期には、保守的な性格の団体も加わっていた。


 当時の記録を読むと、敗戦で日本から切り離された彼らが共に目指したのは、
なにより、本土に「復帰」し、日本国憲法が自分たちにも適用されること
そのことで、奪われていた平和と人権を獲得することだったことがわかる。

沖縄の人たちが、党派を超えて戻ろうと願ったのは、
単なる祖国日本ではなく、「日本国憲法のある日本」だったのだ。



 1972年の本土復帰の数年前、突然、うるま市の昆布という地域の土地を接収する、と米軍が通告した。数年にわたる反対闘争が起こり、やがて米軍は土地の使用を諦めた。
当時まだ二十歳(はたち)そこそこだったある女性は、忘れられないこんな光景を話してくれた。

 あるとき、アメリカ兵たちが行軍してきて、反対派の小屋に向かって、石を投げ始めたのだ。
その頃、沖縄は「ベトナム戦争」への米軍の出撃拠点だった。
まるで、その「戦争」が、直接、持ちこまれたかのようだった。



     *

 いま、米軍の普天間飛行場の辺野古移設をめぐって、大がかりな反対運動が起こっている。
辺野古のゲート前で座りこみを続けるある男性は、こんなことをいった。

「米軍は表には出てきません。わたしたちが反対のために座りこむと、機動隊が排除のために出てきます。当初は沖縄県警の機動隊でした。
最近では、東京の警視庁から来た機動隊がその役目を担っています」

なにより印象的なのは、東京から来た機動隊は、ときに「笑いながら」、
反対派を排除してゆくことだ、と男性はわたしに呟(つぶや)いた。
それは沖縄の機動隊員には見られない表情だった。


 「アメリカ」の代わりに、自分たちの前に立ちはだかる「日本」。
その「日本」は、戻りたいと切望した「日本国憲法のある日本」なのだろうか。



 鶴見俊輔がアメリカに留学中、日本とアメリカの間で戦争が始まった。
鶴見は、敵性外国人として捕虜収容所に入れられていたが、そこで、日本に戻るか、と問われ、「戻る」と答えた。
鶴見は、戦争を遂行しようとしている祖国日本に反対していた。
それでも戻ろうとした理由について、こう書いている。

 「日本語……を生まれてから使い、仲間と会ってきた。同じ土地、同じ風景の中で暮らしてきた家族、友だち。それが『くに』で、今、戦争をしている政府に私が反対であろうとも、その『くに』が自分のもとであることにかわりはない。
法律上その国籍をもっているからといって、どうして……国家の権力の言うままに人を殺さなくてはならないのか。……この国家は正しくもないし、かならず負ける。
負けは『くに』を踏みにじる。
そのときに『くに』とともに自分も負ける側にいたい、と思った」

 鶴見は、「国(家)」と「くに」をわける自分のこの考えは、なかなか理解されにくいだろうと書いている。
鶴見が戻った戦争中も、そして、現在でもなお。



 だが、沖縄にいると、鶴見の、そのことばが、わかるような気がする。

 沖縄の人たちが守ろうとしてきたのは、そこで生きてきた、自分たちの土地、そこで紡がれてきた文化だろう。それは、彼らにとって「くに」と呼ぶべきものなのかもしれない。
けれど、彼らが「くに」を守ろうと立ち上がると、その前に立ちはだかるのは、
「アメリカ」という「国」、
そして、彼らを守るべきはずの「日本」という「国」だったのだ。


沖縄で見せる、この「国」の冷たい顔は、わたしたちに、「国」とは何か、
ということを突きつけているように思えるのである。

 
ベトナム戦争が続いていた60年代半ば、合衆国憲法で保障されているはずの黒人の権利、とりわけ参政権を求めて戦っていたアメリカ公民権運動の活動家、フェザーストーンは日本中を講演して回った。アメリカ軍政下にあった沖縄にも渡った。
旅の感想を訊(き)かれた彼は、簡潔にこう答えた。

「日本は、沖縄と沖縄以外の部分と、その二つにわかれている。それだけだ」

彼は、遠い異国を歩き、考えたのだ。
アメリカの黒人たちと同じように、抑圧される人たちがここにいる、と。
それから半世紀、いま生きて、彼が沖縄を再訪したなら、どんな感想を抱くだろう。



辺野古基地移転問題に関しては

現地の人と直接話したことがないので
民意が 一体 どこにあるのか? 確定できません


けれど 沖縄の人たちが まず求めているのは

日本というくに。の一国民として その意思と権利を尊重される。

ことなのではないか。と 思うのです



そして 一国民 としての その権利と意思を 国 から尊重されていないという点では
本土に住む人々が どう楽観的に 酌量しようが


私たちも 彼らと同じく 国から 尊重されておらず ただ搾取されている 。
という事実は否めないでしょう


国民としての義務を遂行している私たちは その権利 と意思の尊重を 獲得するために


今こそ ひとつに団結することが 求められているのではないか。と 思うのです


沖縄の人々の権利は、
私たち国民から 誰よりも先に
同じ国民として 認めなければいけない


国民の沖縄への理解と共感とが 求められていると思うのです



私 個人的には


これ以上自然を破壊しないで欲しいということ


防衛を
力 つまり軍事に委ねることでは 血は血を呼び人々の不幸しか招かないということ
それも他国の軍事に頼る なんてことは 危険 かつ愚かである


と 考えることから



辺野古基地移転に 反対します


辺野古基金


防衛は 拳でではなく 外交で 行なって欲しいと考えますし


原発と 米軍基地は 将来に向かって 減らしていくべきであると考えます



我が国の政策が 全くその反対に 進んでいる現実を 憂います











[PR]



by cocomerita | 2016-05-23 21:11 | 愚政府に物申す | Trackback | Comments(14)

お陰さまで 熊本に支援物資が届いています。のご報告

前回 ブログで熊本に支援物資を送っていただくようにお願いしましたが 

お陰さまで支援物資は続々と届いているそうです


ありがとうございます



今回 ブログのお友達の関係で 受け入れ先になってくださっている方は 熊本農民連の会長さんなので



農民連にも全国から支援物資が届いているのだそうです



益城町ではトラックに食料積んでハンドマイクで呼ぶと、人だかりができるそうです


 
そして 公民館などに避難し野菜が食べたいという老人達の要請あると 届け、
お寺の避難所要請が有れば届け と
あちらこちらに 巡回しながら何度も回ってくださっているそうです。



お野菜とお菓子が やっぱり あっという間になくなるそうです


熊本でも 野菜など 徐々に出回って来ているそうですが、 品薄で お値段が高いのだそうです



余震も続き 不安な日々を送っている人たちに



せめて 食べたいなあ、、と思うものがこうして届けられ 味わっていただけたら


少しは 不安な気持ちも和んでいただけるのではないかと 胃腸 で考える私は そう思います



早々に協力をお申し出くださり
支援物資を送ってくださった方たち 本当にありがとうございます


荷造り そして 発送と 大変だったと思います



荷物と共に届いた皆さんの思いは 熊本の人たちが元気を盛り返すのを
力強く後押ししてくれることと信じます



どうぞ 引き続き 回りの方にも 声をかけてください
お願いします


困ってる人は まだまだ たくさんいます



支援物資 品目 のリスト 更新しますので 参考にしてください


1.お野菜
2.味噌、醤油、塩,砂糖、おだしなどの調味料
3.お子さん向けのお菓子



b0150335_584048.jpg


b0150335_510221.jpg




b0150335_517194.jpg




引き続きよろしくお願いします

[PR]



by cocomerita | 2016-05-14 22:11 | 震災 | Comments(16)

ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
黒い森の白いくまさん
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに。。 しかし...
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
オトナの社会科・中東から...
俺の心旅
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live
明日をもっと楽しく!した...

最新のコメント

Ciao dekoさん ..
by cocomerita at 05:26
Ciao taichoさ..
by cocomerita at 05:16
Ciao sideさん ..
by cocomerita at 05:01
こんばんわ 日本の流通..
by Deko at 19:41
そうですか、これはもう言..
by 2006taicho at 14:03
チップのススメ。 10..
by sidediscussion at 11:48
Ciao taicho ..
by cocomerita at 07:11
ーくるくる コマネズミの..
by 2006taicho at 02:04
Ciao antsuan..
by cocomerita at 23:26
「立憲」の連中は、東北福..
by antsuan at 20:50

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル