私がローマで独りで始めたわけ 

<   2017年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧




青春は戦争の消耗品だなんて まっぴらだ







大林宣彦監督


「 おじいちゃんの時代には 戦争をしていたから たくさんの人が死んじゃった
そういうことは二度とやめてみんな仲良く生きよう
みんなケンカや戦争もしない
美しい彼岸花や稲のような命にならなきゃいかん

それを描くのが 花筐いう映画 」




彼が 余命3ヶ月を宣告されていながら
死ぬまでに 絶対に 撮らなければいけない。
と ある種の天命にも似た気持ちに駆られ 映画化を決意した
ガンに冒され 思うようにならない その身体で、

その気持ちがわかるような気がします


相変わらず 病気と言えるほど鈍感な政治家が 金欲 肉欲 そして 保身に走り
肝心の国政をおざなりにし
守るために戦うのだ。と
国民の危機感煽って 戦争をどうにかして企てようとしている今

こうして文化人と言われる、
しかも戦争を経験している数々の人たちがいても立っても居られなくなり、
立ち上がる
声を上げる


日本の状況は そこまで緊迫しているのです


それは北朝鮮が、ではなく
米国が、、でもなく
アラブのテロ活動、、でもなく


日本人の 、私たちの 精神の劣化
平和ボケ
国民的レベルの不感症


最も危険なことは 私たち国民の側にあると思います


私たちの肌が 暑さ 冷たさ 痛みを感じる感覚を持たなければ
熱い火に手を触れた時 手を引っ込めることを思いつくこともなく
よって 腕がぼうぼう燃えて どうにもならなくなるまで 焼かれ


あれ? 焼けちゃった と。
気づいた時は 命に関わる大火傷


現在の社会は、それと同じ類の危険さを内包しているように感じます
感じなければ
知ろうとしなければ
対処をしようとも
気をつけようとも思わないからです


状況が 取り返しのつかないまでになって 初めて気づき
慌てるけど 対処能力 なく
手遅れ





抗ガン剤を服用しながら、撮影を続ける監督の姿が痛々しく
それでいて 美しく
監督の姿に 巡礼者の姿を
そして 十字架を背負って ゴルゴダの丘を登る キリストの姿を重ね見ました


政治家の悪態とおなじくらい
その影で 色々な心ある人々が警告を発して居ます
それを 少しでもたくさんの人に 真剣に 受け止めてもらいたいと願います



戦争は
戦争を知らない私たちが想像するより はるかにはるかに残酷で悲惨なのです
そして
始めさせてしまったら 後には戻れません

青春は戦争の消耗品ではなく
命は 戦争で浪費されるべきものではないのです




福島で起きた あの悲惨な原発事故を忘れて
再び 電気を湯水のように使っている 日本の人たちにそれがわかるでしょうか?



この動画を見て
大林監督はまだお元気であろうかと
恐る恐る ググってみました


ほっ
まだお元気でいらっしゃいます
良かった

インチキ医者め


この冬公開だそうですから
ぜひとも 医者の心無い 宣告を 裏切って 長生きしていただきたい
彼が、遺作だと言うこの作品の 大成功のスタンディング オベーションの
拍手のその怒涛の波に包まれた 彼の笑顔が見たいと思います



この動画を見て居て
もう1つ 気づいたことがあります


それは医者という人々の横柄さ 不遜さ
1つの命を前にした時の敬虔さの不在


この動画の中で 大林監督が 医師と話をするところが出て来ます
自らの死とすでに大いなる勇気で 向き合っている その人の前で
偉そうに 椅子にそっくり返り
あなたの命はあと3ヶ月 と さらりと言い切る
それは まるで 修理できない車を扱うかのごとく
冷蔵庫の耐用期限を説明するがごとく
簡単で表面的で
命の重みを知っている人とはとても思えません


命を扱う仕事に就きながら
その命の尊厳を敬う、その丁寧さ その謙虚さは微塵も感じられず


これが大林監督でなかったとしても
人1人の命と向き合う と言う 真摯さに欠けています
不真面目
失礼極まりないと嫌な気分になりました


私の命を こんな人々に 値踏みされたくない。と再び思いました





花筐
檀一雄さんの作品が原作です






12月16日 公開です













[PR]



by cocomerita | 2017-09-16 17:57 | 戦争反対 | Trackback | Comments(6)

ダチョウが飛べるなら


今年の春にもご紹介したのですが


もう一度観る機会があって 観てみたら


やっぱり


いいねえ!






北朝鮮脅威を煽り

国民を夜中に叩き起こし
騒ぐだけ騒いで
地下鉄は止めるけど原発は止めず
それどころか推進 まっしぐら

肝心の総理は その時
イギリスの首相と京都でお茶会




福島の住宅支援を打ち切り
ーーー 重ねて言いますが 支援ではなく 補償です。

詐欺まがいの揉み手に詭弁で 汚染された土地へと 彼らの帰村を促し
福島の収束も見通ってないというのに


その汚れた手で
悪徳電力会社のイギリスへの原発輸出を後押しする



詩織さんと言う1人の国民が薬を飲まされ 強姦された
その犯人が自分の手下だと言うだけで
あからさまに事件を隠蔽し 知らん顔


戦後70年経っても 未だ 日米 植民地条約 安保条約を 変える気など微塵も見せず
人身御供に差し出された沖縄は、いつまで経っても そのままで
日本の空までも 未だ アメリカのものだと言う 驚









アメリカ様に楯突くよりも
国民を権力で ( それも国民から頂いた権力で ) 押さえつける
その方が 彼らにとって はるかに簡単だからでしょう



これで 民主主義が聞いて呆れる
民主とは 民を主と書く

民を主ではなく
てめーを主に置き
国民から吸い取った税金、年金 食い潰してのギャンブル紛いの政策に
金欲 性欲 権力欲 と
政治ではなく 肉が求めるままの 享楽にしか耽らない政治家だらけの国会


これが 私たちが暮らしている社会です


それでも ダチョウが飛べるなら
私たちも飛べるはず


意識を変え
くだらない人間に投票するのをやめればいいだけ


沖縄の国土をアメリカから取り戻し
沖縄の人たちが 普通に 自由に 暮らせる権利を取り戻すことは


私たちの日本の国土をアメリカから自由にすることであり
私たちが普通に暮らす その権利を守ること であり


詩織さんの人権を守ることは
私たちの人権を尊重することです


ダチョウが飛べるなら
私たちも飛べます


飛びたいとまずは願うこと

日本のすべての人が 誰かに何かを束縛されることなく
強要されることなく 自由に普通の暮らしを手に入れられるようにと


そして
飛べると信じること


そして
同時に 失われつつある自然を
1つ1つ 丁寧に 守ること





最後の "ジュラシック・ビーチ"奄美大島・嘉徳海岸を 巨大な護岸建設工事から救おう!


b0150335_20204032.jpg



署名は ⬇︎ からお願いします









[PR]



by cocomerita | 2017-09-09 20:25 | 愚政府に物申す | Trackback | Comments(8)

またぎ過ごしてきたもの

作詞家の阿久悠さんが、

生前に語ったと言うこんな言葉が心に触れました



高度経済成長以来、というか、オリンピック以来、万博以来、日本という国がスタスタと80センチか1メートルぐらいの歩幅で歩いてきて、歩いただけの効果があったと思う。

けど、もしかしたらね。80センチや90センチの歩幅の70センチ、75センチぐらいのところに、実は良いものがあったんじゃないか。

これからの、1990年代から后というのは、そのことも大事だが、

同時にまたいできてしまった良いものをもう一回探して歩く時代かもしれないな




私もまた 、たくさんの人々の その急いた足取りの その一歩一歩が

無意識にまたぎ越していった、

その70cm 75cmのところにあるものが 気になります


そして そこにあったのは、

そして未だに そこに取り残されているであろうものは


昔の

普通で 真っ当な 日本人が大事にしていたこと、

こだわっていたこと

つまり

昨今の経済を優先させたい人には 無駄でしかないこと。


例えば

紙を折る時に 紙の端と端をきちんと合わせて折る。

事だったり


使った針や櫛をご供養する。

事だったり


朝出かける時 お隣のおばさんに挨拶する。

事だったり



あくまでも合理性 最優先を 叫ぶ人たちには

なんの意味も持たないこと。

でも そういう事こそ

私たちの感性を育て 繊細さを紡ぎ 私たちの中に思いやりを育む。

事だったのではないかと考えます。



イタリアの空気は 乾燥しているので、

私は時々

日本のあのアジア特有の湿気が無性に恋しくなるときがあります。

空気には 若干の湿気が必要なのです。

その湿気は、私たちの社会では情とも置き換えられるのではないか

と考えます。

その大事な そして 肌と喉とそして心にやさしい湿気を

日本人は 欧米化 欧米化と

少しでも効率良く。

合理的に。と


除湿機にかけて

からっから にしてしまった気がします。


欧米化が暮らしの最高の手段であるなんて

誰が言い出したのでしょうか?

はっきり言って ガセネタです。



今 日本では引きこもりの人たちが高齢化し

新たな問題になっていると聞きます。

それは 速く強く 効率良くと、

周りの人を助けるのではなく

待つのでもなく

ましてや 見守るのでもなく


押しのけ 踏み越せと

負け組じゃなく勝ち組になれと

そんな 自分の進む先しか見ていない人々の

そんなスピードについていけない人たちが

その空気のカラカラさに適応できず

居たたまれなくなった結果ではないかと

思うのです。



もう少しゆっくり歩いたら

一緒に歩ける人が増えないだろうか? と考えます


もう少しゆっくり歩いたら

今まで目に止めなかったものが 目に止まるのではないか? と考えます


日本では やさしい、やさしく。 と言う言葉が やたら濫用され

ちゃちな衣服をまとい 大手を振って歩いていますが

わざわざ やさしいなどと 念を押す必要があるのでしょうか


やさしくあれ

と 言えば言うほど

逆にその社会は 競争に満ち溢れた


助けるのではなく 置きざりにする

そんな意地悪な社会へと向かっている気がします。


自分たちのそんな非情さを認識しているからこそ

やさしい なんていうごく当たり前の 普通の事が

有り難がられ もてはやされるのではないかとも考えます。


人間の中には

やさしさと邪悪さが同時に存在するのは当たり前のことで、

やさしいだけの人なんて おそらくいないでしょう。


あえて やさしく。しなくても

自分自身の中に潜む エゴや小意地の悪さを認め

それを 人間らしく 御する努力をする。だけで 充分です。



歩幅を狭めてみる

ゆっくり歩いてみる

そして

1メートルの歩幅に無視されていた 70cmや75cmのところにあるもの

そのものたちに 目を止め 心をかける


それだけで 社会はその様を変えると思います。


わざわざ やさしく。などと 言い合う必要などなくなります


そして 歩きはじめた時には 1人だったのに

たどり着いたら 周りにたくさんの友人がいることに気づくでしょう


どれだけたくさん歩いたか。なんてことより

どうやって歩いたか

どんな景色を見たか

そっちの方がはるかに大事ではないかと




b0150335_16345157.jpg



そう思います 。










[PR]



by cocomerita | 2017-09-07 18:20 | | Trackback | Comments(14)

夏が去って秋が来た

昨日が今日 になった。 っていうだけで
こんなにお天気変わるもんだろうか?


9月に入った途端
大雨が降った
3ヶ月ぶりの雨らしい大雨で
庭の木々 水を撒いても撒いてもからからだった地面
家の屋根
私の車 (洗車を最後にしたのはいつの日か、、? )
だけでなく

私もホッとして 少しカサついて めくれ上がっていた気持ちが
ストンと 気持ちよく

落ちた


そうしたら
お約束でもあったかのように
夏が あたふた去っていった


b0150335_18051205.jpg




日中は まだ暑いけど
日差しが違う
風が違う
朝晩は 寒いほどに気温が下がる


今年の夏も 私が使用したお洋服
たったの数着
夏中
友人は訪ねてくるけど
私が出かけないから
お出かけ用で 麻の白のパンツ1本
家用 スウェットに T シャツ3枚 に
家用 ワンピース
あ、そうそう 水着 2着

以上


装わなくなったら
女は終わりだと よく言いますが
そういうのも どうでも良い


もう 季節の衣服の入れ替えなど しないで
今年は この四種類だけ袋に入れておこうかと 思っています


シンプル ライフ
ものは要らない






今日のジレッラ

b0150335_18103198.jpg



亀のお尻って初めて じっくり見たけれど
お尻がかわいい




そして 夜遊び3匹組 朝帰りで 爆睡中


時々 3匹で出かけていって 帰ってこない
猫の集会があるに決まっていると 私は思っています



b0150335_18081292.jpg



彼らを見るたびに
うちの大家のロサルバさんは

Bella vita!
気楽な人生! と 叫びます


確かに、、。










[PR]



by cocomerita | 2017-09-06 17:30 | ローマ | Trackback | Comments(12)

ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
黒い森の白いくまさん
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
オトナの社会科・中東から...
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live
明日をもっと楽しく!した...

最新のコメント

ciao taichoさ..
by cocomerita at 16:03
大林作品は青春物が多いで..
by 2006taicho at 03:37
ciao 2017-09..
by cocomerita at 15:33
ciao 2017-09..
by cocomerita at 01:30
ciao saheizi..
by cocomerita at 01:10
檀一雄も好きです、これは..
by saheizi-inokori at 10:30
ciao 2017-09..
by cocomerita at 16:43
ciao 草子さん 安..
by cocomerita at 05:57
junkoさま >..
by green-field-souko at 05:37
ciao 草子さん 明..
by cocomerita at 01:45

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル