私がローマで独りで始めたわけ 

緑のタヌキに気をつけろ その2 〜 大嘘だらけの選挙公約



各馬 一斉に、、じゃなく
各狐!タヌキに先導されて 一斉に揃いました

b0150335_18301117.jpeg
再び 彼女の都知事選での選挙公約


b0150335_17033281.jpeg

再び

このうちの一個でも
なんか やったっけ? 彼女


これが今回の 総選挙にあたっての 緑のタヌキ 夢も希望もない党 の公約


b0150335_23341358.jpeg





そのユリノミクスの一環として「12のゼロを目指したいと考えています」として、以下の政策を掲げた。

01.原発ゼロ

02.隠ぺいゼロ

03.企業団体献金ゼロ

04.待機児童ゼロ : 都知事選公約と 虚しく 重複

05.受動喫煙ゼロ

06.満員電車ゼロ : 都知事選公約と 虚しく 重複

07.ペット殺処分ゼロ : 都知事選公約と虚しく重複

08.フードロスゼロ

09.ブラック企業ゼロ

10.花粉症ゼロ

11.移動困難者ゼロ

12.電柱ゼロ : 都知事選公約と 虚しく 重複





都知事選の公約の 7つの 公約も守れなかった人が
今度は 12
大風呂敷ばっかり拡げて どうすんの

都でできなかったものが
国でできる っての???


そして
この中に許されない大嘘が

それは 反原発


3日に鹿児島県で開かれた東京五輪関連イベントに登場した小池代表は、囲み取材で「九州では川内原発も稼働、玄海原発も来年に向けて準備が進んでいるが、実際に原発ゼロにできるのか?」という記者からの質問に対し、原発ゼロに向けた「工程表も用意している」と明かしながらも、こんなことを言い出した。

「規制委員会がですね、客観的に科学的に総合的に判断されている再稼働については、これに異論を唱えることはございません」






はあああ〜〜〜???

小池代表は はっきりと 規制委の判断を容認すると言っている

原発ゼロ を訴えている人間が 再稼働には NO と言わずに 容認

原発ゼロはゼロ。なんであって

ゼロ ってことは 新旧合わせて ゼロでなければならず

再稼働容認してたら ゼロになるわけがない


よって小池さんは、核武装賛成派 のみならず 原発容認派以外の何者でもない



こんな 私欲優先 無能無知 強欲 だらけの政界の中で

私欲優先 無能無知 強欲 であるにも関わらず

王様や女王様の 言うこと聞く ってだけで 使いまわそうとするから

政界はいつまでたっても 腐ったまんま

広く 国民層から新しい国民の目線に立って政治を行える人々を発掘する必要が 早急にあると思います


という事で

宇都宮健児さんが こう訴えています

立候補に300万円も必要なんて!世界一高い供託金は違憲です



b0150335_18450248.jpeg





署名は⬇︎から 拡散もよろしくお願いします





[PR]



# by cocomerita | 2017-10-07 23:34 | 選挙 | Trackback | Comments(20)

目は口ほどに。ではなく 口が目よりも語る時がある

b0150335_17033281.jpeg

小池都知事 都知事選での公約


はああ???
⬆︎このうちの一個でも なんかやったけ?? 彼女


一年経って やったことといえば、、



自分の領土を拡げて
自分の手下を増やして

女郎部屋の悪徳女将の如く
根性なし 政治理念なし の 党移転希望議員を募り
彼らから多額の水揚げ 徴収し
自党 夢も 希望 もない党 の 懐 潤した のみ


都民ファースト なんかあじゃあなく
小池ファースト にすればいいのに
その方が よっぽど 名が体を露わしているし


希望?
昔 イタリアで こんなことを聞いたことがある
希望 と言う言葉の由来は
厳しい年貢の取り立てに喘ぎ 絶望的な日々を生きている民衆に
とりあえず 今日 切羽詰まった民衆をおとなしくさせ 一揆を起こさせないために
宗教家 つまり神父が考えついた 言葉であると


無垢な民衆は 来るはずもない明日への希望に望みを託して
悲惨な今日を耐えるのだ
明日になったら、また 来るはずのない明後日への希望に望みを託す

と 哀しく 同じ嘘に騙され続ける

民衆は 苦い現実よりも 甘い嘘が好きなのだから


馬の鼻先にぶら下げた人参でさえ
いつかは馬の口に入ると言うのに

この希望って奴が
民衆の飢えを癒すことはない




目は口ほどに。と言うけれど
目よりも口が語ることがある

彼女のことを 口角を上げて微笑み 良い表情をしている
と言う人がいる
カッコいいと言う人がいる


日本人は どうも 傲慢な人間がお好きらしい
その人間が 著名であれば、 の話だけれど


しかしながら
よく見てみれば
すでに ぐんにゃり 下がり切ってる口角を
頬の筋肉の力で 無理やり上げてるだけ

b0150335_17164913.jpeg


嘘ばっかり こいてると
身体は 正直だから
もう嫌だ、そんなことは発音できない!


と 口がぐにゃりと曲がる んです



暴言垂れ流し 下品なおっちゃん以上の何者でもない 麻生太郎さんしかり

b0150335_17153523.jpeg



マスコミが盛り上げるブーム。
マスコミが飾り立てる金メッキ。
マスコミが塗りたくる厚化粧。


に 騙されることなく


彼らの口元よく見て 清き一票を 有意義に使いたい
口元見れば怪しさが ムンムン 漂っているのが わかります


そろそろ 作られた風評に惑わされることなく
人の本質を見極めるべく
成熟していただきたい と願います



b0150335_19072364.jpeg
b0150335_19075177.jpeg


アホな裸の王様いなくなったけど
傲慢で残酷な女王様 にとって代わられたってことにならないように


知名度でもなく
ファッションが、、でもなく
ちなみに 私は彼女の装いが素敵だとは一度も思ったことはないけれど


彼らが
彼女が
今まで 何をしてきたか
そして
何をしようとしているか

ちゃんとお勉強して 投票してください


そう考えたら
小池さんなんて 最悪の極み

言葉のあやで ごまかしているが
彼女は改憲派だし
原発容認派だし

安倍さんとなんら変わりはないのです

b0150335_19082324.jpeg
b0150335_19085467.jpeg




人に言い含められた 希望 など 絵に描いた餅 より胡散臭く 嘘で充満しています
そんなものを 呑気に信じて 待つのではなく


希望が持てる今日は 私たち自身の手と汗で作るのです


本質を見極めて
地味でも 堅実な政治家に 大事な一票投じてください













[PR]



# by cocomerita | 2017-10-06 02:50 | 選挙 | Trackback | Comments(10)

緑のタヌキに騙されるな

小池さんの支持率が
ここで10%下がったとか


私としては
国政に参加すべく 動いていただき
総選挙で大敗していただけば
東京都政からも彼女を排除できる訳で
願ってもないことだけれど


とにかく
彼女だけには 入れません
私の一票


そして
目先の餌に ふらふらと 大魚になびく
政治的信念も 理念も
ましてや 人間としての尊厳も皆無な風見鶏政治家には


絶対入れません


政治は
こっちの馬が勝ちそうだから、、と
馬券を買う
ギャンブルではないのだから

あっちへこっちへと
甘い水求めて彷徨う民進党の元政治家たち
みっともなさ過ぎ



という事で
いつも一番ブレない


共産党かな、、、



b0150335_15233581.jpeg


うさんくささ アップです

集団感染にご注意









[PR]



# by cocomerita | 2017-10-02 15:27 | 選挙 | Trackback | Comments(12)

どちらが勝っても 国民には地獄 ー総選挙

人間嫌いが 加速中


今度の総選挙
期待できるものは何もなく


前原さん、小池さん合流だったら
安倍さんでいっか


と思ってしまうくらい
私は小池さんが大嫌いです


前原さんに至っては
あんな目の浮きまくった ラリってるような人が
政界の要所で うろうろできてること自体が信じられない のです



不倫騒ぎの今井絵理子議員は 元SPEEDだって知り
はーーーー まさに世も末だ と
ああいう子が ちゃんちゃん! と 平気で 政治家になれちゃう世界も
ああいう人に 平気で入れちゃう人々も


訳がわかりません


今井さんばかりでなく 公人の浮気発覚が相次ぎますが
公人だからダメ。 なのではなく
公人だから 自分の行動は、始終誰かに見られている。

ということは
はしたないお母さん議員の浮気や
その相手である 肉欲の塊 になっちゃったお父さんのエロい行為も


子供の目前に 残酷にさらされる。わけで


そういう事を思慮することもなく
周囲への影響を気遣うこともなく
我を忘れて 自分の欲にのみ 没頭しちゃう


それが許せない、と思います
せめて 自分の子供にくらい
お母さんやお父さんの 聖なる部分を少しでも残してあげられないものでしょうか



そして 私の人間嫌いは加速します



総選挙など どっちが勝っても 国民には地獄でしょうから
血の小池地獄か
針の山地獄か
どっちか選べと言われてるようなもの


目くそ 鼻くそを、、どころではないのです



b0150335_17180544.jpg

ああ、なんて みっともない人々
なんて醜い人たち
人間の高潔さって どこに行ったのでしょうか





それに比べて 亀はかわいい


うちの家の横に積んである薪の山を 棲家にして

b0150335_17261393.jpg




2日に一回 お出ましして
私があげるキュウリや桃やリンゴを残さず食べて

そして
飽きることなく
庭を歩き回る

ぐるぐる ぐるぐる 歩き回る


頭を上げて
目をしっかり据えて 歩き回る


b0150335_17265786.jpg


猫のように 擦り寄ってくることもなく
ただ黙々と 歩き回る

その様が なんとも言えずかわいくて
私は庭に座って 飽きることなく 観察します


b0150335_17282703.jpg




彼らの欲はただ彼らの生を存続するためだけにあり
乱れた波動を伝えてきません
それが故に
彼らの生は ひときわ 輝いているかのように 思え


清々しく 心 惹かれるものがあるのです


b0150335_17364570.jpg









目は心の窓
とよく言われますが

いい目をしています


前原さんの浮いた目とは大違い
小池さんの人を小馬鹿にした冷たい光の宿る目とは大違い


人間など
もはや 無駄な欲望は伝えてきても
大いなる生の息吹などは 吐息ほども伝えてこないもの



唯一 それをまだ伝えてくるのが 子供達で
だから私は子供とばかり一緒にいるのだと思います




さて、季節の衣類の入れ替えしてきます
今年は冬が早そうです



b0150335_17434165.jpg

















[PR]



# by cocomerita | 2017-09-28 17:49 | Trackback | Comments(16)

怖いのは北朝鮮ではなく、、。

まだまだ日本は大丈夫。なんて たかを括ってると

今の日本の状況は最悪で
もはや政府は 欲に目が眩み ただでさえ社会的視野も展望もない人々が
盲目状態になって つるんでますから


私たち国民が 小さなところから


腐った部分を
コツコツ 目に留め いちいち気にかけ
治していかないと


とんでもないことになります よ





ジャーナリストの菅野完氏のTwitterが永久凍結されました


菅野氏は 「日本会議 の研究」で注目を浴び
森元学園事件では、籠池氏に独占インタビュー しています


b0150335_16471846.png





彼が正しいとか、
そう言う事 ではなく


どんな人でも自分の意見を発言する自由を有する。
ってのは


民主主義じゃあないの


私は日本にかつて民主主義など存在したことはないと思っていますが
それでも戦後 私が享受させてもらった


自分の好きなことをできる
自分の考えを発音する
自分の命を国のために捧げることを強要されない


ことは
擬似であっても 民主主義 なのであり


なんで国民ばかりが
政府の要人達が発する とんでも おバカなことを
聞かされなきゃいけないのか
そして なぜそれを赦しているのか?


発言の自由というのは
相互に存在するべきで
それがあるからこそ
より良いものが生まれるわけで



都合のいい時ばかり
自分が実行してもいない 民主主義を叫ぶのはやめていただきたいのよ
安倍さん


日本の政府は 国民の意見など 都合が悪いだけだから
特に福島原発爆発 以降
あからさまに無視し始めました


だから
私たち国民のか細い声は政界には届かないのです
だったら
私たちサイドで 腐ったものを 一つ一つ 取り除いていき
自分たちの権利を守っていくしかないのです


海はもはや汚染されてるから
山はゴミだらけだから


私も捨てていい。ではなく
自分のゴミは死んでも捨てない。ばかりではなく
他人が捨てていった 落ちてるゴミも拾う


そうしたら
すぐにではなくても
何年か先 少なくともゴミの落ちていない山は取り戻せるでしょう


それと同じことで
私たちは 日々起こる 小さな出来事を見逃してはいけないし
忘れてもいけない
しつこく追求していかなくてはいけないと考えます


詩織さんの暴行犯人の山口氏が 政府の口利きで罪を逃れても
それを 当事者じゃあないからと 見逃してはいけないし
忘れてもいけないのです
踏みにじられた彼女の尊厳とNoと言える権利は
踏みにじられた私たちの権利なのです


今 本当に恐ろしいのは北朝鮮の爆弾なんかではなく
政府がヒソヒソ コツコツやっている こう言うことであり

この愚劣な行為は

お上に言われるままに
頭を抱えて避難姿勢を取っていても 苦笑
当たらず海に落ちるわけでも
の上を通過するわけでもなく

放射能の内部被爆にも似て 私たちが吸う空気から 体内に侵入し 蔓延っていき
気づいた時は もう手遅れ


私たちの普通の平和な暮らしを脅かす敵は
北朝鮮ではなく
日本国内 それも私たちの暮らしを守ります。なんていう見え透いた詭弁の裏に
のうのうと存在しているのだということ に


気づいてください



と言うことで

署名よろしくお願いします
合わせて拡散もよろしくお願いします


















[PR]



# by cocomerita | 2017-09-27 03:50 | Trackback | Comments(14)

青春は戦争の消耗品だなんて まっぴらだ







大林宣彦監督


「 おじいちゃんの時代には 戦争をしていたから たくさんの人が死んじゃった
そういうことは二度とやめてみんな仲良く生きよう
みんなケンカや戦争もしない
美しい彼岸花や稲のような命にならなきゃいかん

それを描くのが 花筐いう映画 」




彼が 余命3ヶ月を宣告されていながら
死ぬまでに 絶対に 撮らなければいけない。
と ある種の天命にも似た気持ちに駆られ 映画化を決意した
ガンに冒され 思うようにならない その身体で、

その気持ちがわかるような気がします


相変わらず 病気と言えるほど鈍感な政治家が 金欲 肉欲 そして 保身に走り
肝心の国政をおざなりにし
守るために戦うのだ。と
国民の危機感煽って 戦争をどうにかして企てようとしている今

こうして文化人と言われる、
しかも戦争を経験している数々の人たちがいても立っても居られなくなり、
立ち上がる
声を上げる


日本の状況は そこまで緊迫しているのです


それは北朝鮮が、ではなく
米国が、、でもなく
アラブのテロ活動、、でもなく


日本人の 、私たちの 精神の劣化
平和ボケ
国民的レベルの不感症


最も危険なことは 私たち国民の側にあると思います


私たちの肌が 暑さ 冷たさ 痛みを感じる感覚を持たなければ
熱い火に手を触れた時 手を引っ込めることを思いつくこともなく
よって 腕がぼうぼう燃えて どうにもならなくなるまで 焼かれ


あれ? 焼けちゃった と。
気づいた時は 命に関わる大火傷


現在の社会は、それと同じ類の危険さを内包しているように感じます
感じなければ
知ろうとしなければ
対処をしようとも
気をつけようとも思わないからです


状況が 取り返しのつかないまでになって 初めて気づき
慌てるけど 対処能力 なく
手遅れ





抗ガン剤を服用しながら、撮影を続ける監督の姿が痛々しく
それでいて 美しく
監督の姿に 巡礼者の姿を
そして 十字架を背負って ゴルゴダの丘を登る キリストの姿を重ね見ました


政治家の悪態とおなじくらい
その影で 色々な心ある人々が警告を発して居ます
それを 少しでもたくさんの人に 真剣に 受け止めてもらいたいと願います



戦争は
戦争を知らない私たちが想像するより はるかにはるかに残酷で悲惨なのです
そして
始めさせてしまったら 後には戻れません

青春は戦争の消耗品ではなく
命は 戦争で浪費されるべきものではないのです




福島で起きた あの悲惨な原発事故を忘れて
再び 電気を湯水のように使っている 日本の人たちにそれがわかるでしょうか?



この動画を見て
大林監督はまだお元気であろうかと
恐る恐る ググってみました


ほっ
まだお元気でいらっしゃいます
良かった

インチキ医者め


この冬公開だそうですから
ぜひとも 医者の心無い 宣告を 裏切って 長生きしていただきたい
彼が、遺作だと言うこの作品の 大成功のスタンディング オベーションの
拍手のその怒涛の波に包まれた 彼の笑顔が見たいと思います



この動画を見て居て
もう1つ 気づいたことがあります


それは医者という人々の横柄さ 不遜さ
1つの命を前にした時の敬虔さの不在


この動画の中で 大林監督が 医師と話をするところが出て来ます
自らの死とすでに大いなる勇気で 向き合っている その人の前で
偉そうに 椅子にそっくり返り
あなたの命はあと3ヶ月 と さらりと言い切る
それは まるで 修理できない車を扱うかのごとく
冷蔵庫の耐用期限を説明するがごとく
簡単で表面的で
命の重みを知っている人とはとても思えません


命を扱う仕事に就きながら
その命の尊厳を敬う、その丁寧さ その謙虚さは微塵も感じられず


これが大林監督でなかったとしても
人1人の命と向き合う と言う 真摯さに欠けています
不真面目
失礼極まりないと嫌な気分になりました


私の命を こんな人々に 値踏みされたくない。と再び思いました





花筐
檀一雄さんの作品が原作です






12月16日 公開です













[PR]



# by cocomerita | 2017-09-16 17:57 | 戦争反対 | Trackback | Comments(6)

ダチョウが飛べるなら


今年の春にもご紹介したのですが


もう一度観る機会があって 観てみたら


やっぱり


いいねえ!






北朝鮮脅威を煽り

国民を夜中に叩き起こし
騒ぐだけ騒いで
地下鉄は止めるけど原発は止めず
それどころか推進 まっしぐら

肝心の総理は その時
イギリスの首相と京都でお茶会




福島の住宅支援を打ち切り
ーーー 重ねて言いますが 支援ではなく 補償です。

詐欺まがいの揉み手に詭弁で 汚染された土地へと 彼らの帰村を促し
福島の収束も見通ってないというのに


その汚れた手で
悪徳電力会社のイギリスへの原発輸出を後押しする



詩織さんと言う1人の国民が薬を飲まされ 強姦された
その犯人が自分の手下だと言うだけで
あからさまに事件を隠蔽し 知らん顔


戦後70年経っても 未だ 日米 植民地条約 安保条約を 変える気など微塵も見せず
人身御供に差し出された沖縄は、いつまで経っても そのままで
日本の空までも 未だ アメリカのものだと言う 驚









アメリカ様に楯突くよりも
国民を権力で ( それも国民から頂いた権力で ) 押さえつける
その方が 彼らにとって はるかに簡単だからでしょう



これで 民主主義が聞いて呆れる
民主とは 民を主と書く

民を主ではなく
てめーを主に置き
国民から吸い取った税金、年金 食い潰してのギャンブル紛いの政策に
金欲 性欲 権力欲 と
政治ではなく 肉が求めるままの 享楽にしか耽らない政治家だらけの国会


これが 私たちが暮らしている社会です


それでも ダチョウが飛べるなら
私たちも飛べるはず


意識を変え
くだらない人間に投票するのをやめればいいだけ


沖縄の国土をアメリカから取り戻し
沖縄の人たちが 普通に 自由に 暮らせる権利を取り戻すことは


私たちの日本の国土をアメリカから自由にすることであり
私たちが普通に暮らす その権利を守ること であり


詩織さんの人権を守ることは
私たちの人権を尊重することです


ダチョウが飛べるなら
私たちも飛べます


飛びたいとまずは願うこと

日本のすべての人が 誰かに何かを束縛されることなく
強要されることなく 自由に普通の暮らしを手に入れられるようにと


そして
飛べると信じること


そして
同時に 失われつつある自然を
1つ1つ 丁寧に 守ること





最後の "ジュラシック・ビーチ"奄美大島・嘉徳海岸を 巨大な護岸建設工事から救おう!


b0150335_20204032.jpg



署名は ⬇︎ からお願いします









[PR]



# by cocomerita | 2017-09-09 20:25 | 愚政府に物申す | Trackback | Comments(8)

またぎ過ごしてきたもの

作詞家の阿久悠さんが、

生前に語ったと言うこんな言葉が心に触れました



高度経済成長以来、というか、オリンピック以来、万博以来、日本という国がスタスタと80センチか1メートルぐらいの歩幅で歩いてきて、歩いただけの効果があったと思う。

けど、もしかしたらね。80センチや90センチの歩幅の70センチ、75センチぐらいのところに、実は良いものがあったんじゃないか。

これからの、1990年代から后というのは、そのことも大事だが、

同時にまたいできてしまった良いものをもう一回探して歩く時代かもしれないな




私もまた 、たくさんの人々の その急いた足取りの その一歩一歩が

無意識にまたぎ越していった、

その70cm 75cmのところにあるものが 気になります


そして そこにあったのは、

そして未だに そこに取り残されているであろうものは


昔の

普通で 真っ当な 日本人が大事にしていたこと、

こだわっていたこと

つまり

昨今の経済を優先させたい人には 無駄でしかないこと。


例えば

紙を折る時に 紙の端と端をきちんと合わせて折る。

事だったり


使った針や櫛をご供養する。

事だったり


朝出かける時 お隣のおばさんに挨拶する。

事だったり



あくまでも合理性 最優先を 叫ぶ人たちには

なんの意味も持たないこと。

でも そういう事こそ

私たちの感性を育て 繊細さを紡ぎ 私たちの中に思いやりを育む。

事だったのではないかと考えます。



イタリアの空気は 乾燥しているので、

私は時々

日本のあのアジア特有の湿気が無性に恋しくなるときがあります。

空気には 若干の湿気が必要なのです。

その湿気は、私たちの社会では情とも置き換えられるのではないか

と考えます。

その大事な そして 肌と喉とそして心にやさしい湿気を

日本人は 欧米化 欧米化と

少しでも効率良く。

合理的に。と


除湿機にかけて

からっから にしてしまった気がします。


欧米化が暮らしの最高の手段であるなんて

誰が言い出したのでしょうか?

はっきり言って ガセネタです。



今 日本では引きこもりの人たちが高齢化し

新たな問題になっていると聞きます。

それは 速く強く 効率良くと、

周りの人を助けるのではなく

待つのでもなく

ましてや 見守るのでもなく


押しのけ 踏み越せと

負け組じゃなく勝ち組になれと

そんな 自分の進む先しか見ていない人々の

そんなスピードについていけない人たちが

その空気のカラカラさに適応できず

居たたまれなくなった結果ではないかと

思うのです。



もう少しゆっくり歩いたら

一緒に歩ける人が増えないだろうか? と考えます


もう少しゆっくり歩いたら

今まで目に止めなかったものが 目に止まるのではないか? と考えます


日本では やさしい、やさしく。 と言う言葉が やたら濫用され

ちゃちな衣服をまとい 大手を振って歩いていますが

わざわざ やさしいなどと 念を押す必要があるのでしょうか


やさしくあれ

と 言えば言うほど

逆にその社会は 競争に満ち溢れた


助けるのではなく 置きざりにする

そんな意地悪な社会へと向かっている気がします。


自分たちのそんな非情さを認識しているからこそ

やさしい なんていうごく当たり前の 普通の事が

有り難がられ もてはやされるのではないかとも考えます。


人間の中には

やさしさと邪悪さが同時に存在するのは当たり前のことで、

やさしいだけの人なんて おそらくいないでしょう。


あえて やさしく。しなくても

自分自身の中に潜む エゴや小意地の悪さを認め

それを 人間らしく 御する努力をする。だけで 充分です。



歩幅を狭めてみる

ゆっくり歩いてみる

そして

1メートルの歩幅に無視されていた 70cmや75cmのところにあるもの

そのものたちに 目を止め 心をかける


それだけで 社会はその様を変えると思います。


わざわざ やさしく。などと 言い合う必要などなくなります


そして 歩きはじめた時には 1人だったのに

たどり着いたら 周りにたくさんの友人がいることに気づくでしょう


どれだけたくさん歩いたか。なんてことより

どうやって歩いたか

どんな景色を見たか

そっちの方がはるかに大事ではないかと




b0150335_16345157.jpg



そう思います 。










[PR]



# by cocomerita | 2017-09-07 18:20 | | Trackback | Comments(14)

夏が去って秋が来た

昨日が今日 になった。 っていうだけで
こんなにお天気変わるもんだろうか?


9月に入った途端
大雨が降った
3ヶ月ぶりの雨らしい大雨で
庭の木々 水を撒いても撒いてもからからだった地面
家の屋根
私の車 (洗車を最後にしたのはいつの日か、、? )
だけでなく

私もホッとして 少しカサついて めくれ上がっていた気持ちが
ストンと 気持ちよく

落ちた


そうしたら
お約束でもあったかのように
夏が あたふた去っていった


b0150335_18051205.jpg




日中は まだ暑いけど
日差しが違う
風が違う
朝晩は 寒いほどに気温が下がる


今年の夏も 私が使用したお洋服
たったの数着
夏中
友人は訪ねてくるけど
私が出かけないから
お出かけ用で 麻の白のパンツ1本
家用 スウェットに T シャツ3枚 に
家用 ワンピース
あ、そうそう 水着 2着

以上


装わなくなったら
女は終わりだと よく言いますが
そういうのも どうでも良い


もう 季節の衣服の入れ替えなど しないで
今年は この四種類だけ袋に入れておこうかと 思っています


シンプル ライフ
ものは要らない






今日のジレッラ

b0150335_18103198.jpg



亀のお尻って初めて じっくり見たけれど
お尻がかわいい




そして 夜遊び3匹組 朝帰りで 爆睡中


時々 3匹で出かけていって 帰ってこない
猫の集会があるに決まっていると 私は思っています



b0150335_18081292.jpg



彼らを見るたびに
うちの大家のロサルバさんは

Bella vita!
気楽な人生! と 叫びます


確かに、、。










[PR]



# by cocomerita | 2017-09-06 17:30 | ローマ | Trackback | Comments(12)

戦争を考える ー 九条を抱きしめて






日本国憲法 第九条 「 戦争の放棄 」


日本国民は
正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し
国権の発動たる戦争と
武力による威嚇 または武力の行使は
国際紛争を解決する手段としては

永久にこれを放棄する









○アレン・ネルソン(Allen Nelson) 
元アメリカ海兵隊員。
1947年7月30日、ニューヨーク・ブルックリンに生まれる。貧困家庭に育ち、高校中退後、
1965年、18歳で海兵隊に志願入隊。
1966年、沖縄駐留を経て、ベトナム戦争の最前線に派遣。
1970年1月に除隊するが、心的外傷後ストレス障害PTSD)に、長く苦しむ

1995年に沖縄で起きた海兵隊員による少女暴行事件をきっかけに、
1996年、沖縄を訪れる。

以来、毎年、市民グループの招きで来日。全国各地で、延べ1000回以上、自身の体験を語り続けた。

2009年1月 多発性骨髄腫を発症。
2009年3月25日 家族に見守られながら永眠。
多発性骨髄腫は、ベトナム戦争で米軍が使用した枯葉剤被曝した兵士に、多発する病気であると、アメリカ退役軍人省も認めている。(…以上、このDVDのアレン・ネルソンさん紹介欄より…)




アレン ネルソンさんは、日本に来て初めて日本国憲法第九条を知った時の
感動を次のように語ります


「 1996年に来日した時
ある人が日本国憲法の冊子をくれました。

第九条を読んだ時 自分の目を疑いました。
あまりに力強く あまりに素晴らしかったからです。


平和憲法は日本人が考え出したものでは無い。とか
アメリカ人に与えられたものだとか
色々言われているけれど

誰にもらったかは問題では無いのです。

平和憲法は
私たちが進むべき未来を示している。
たとえ宇宙人がくれたものだとしても
これは 全人類にとって大切なものであるのです。」


「 日本国憲法第九条は
いかなる核兵器より強力で
いかなる国のいかなる軍隊より強力です 」


「 日本の皆さんは憲法に9条があることの幸せに気付くべきです。


ご存知のように 現在 多くの政治家が憲法から第九条を消し去ろうと
躍起になっています。
断じてそれを許してはなりません。

皆さんと皆さんの子供達はこれまで第九条に守られてきました。
今度は、皆さんが第九条を守るために立ち上がり声をあげなくてはなりません。 」


「 第九条は日本人にのみ大切なのではありません。
地球に住む全ての人間にとって大切なのです。」

「 アメリカにも第九条があってほしい。
地球上の全ての国に第九条があってほしい。
世界平和はアメリカから始まるのではありません。
国連から ヨーロッパから始まるものでもありません。

世界平和はここから この部屋から
私たち一人一人から始まるのです。

平和な世界を築くのは私たち一人一人の力です。」


「 平和への道はない
平和こそが道なのです。」





2009年 3月
アレン ネルソンさん 逝去
彼の遺骨は 加賀の光闡坊に眠ります。


アレン ネルソンさんの闘病生活を支えるために全国から集まったアレン ネルソン沖縄 基金は、彼の死後 現在 ベトナムの貧しい子供達への奨学金として活用されています


それはアレン ネルソンさんがベトナムの人たちに謝罪をし
そして
ベトナムの人たちがそれを受け入れたからです。




私たちは与えられ過ぎて
私たちが現在享受できることの その本当の価値をしばしば 見失います。


戦争を経験した人たちが声を限りに戦争はダメだと言うのは
それがどんなに悲惨な事か 身を以て知っているからです。


でも
知らないから わからない。
それでいいのか? と考えます。

良い訳はないとおもいます。

人間には想像力というものが与えられています。
どんなに悲惨なものであるか 想像する事はできます。

そうしたら 答えは明白です。
ダメなものはダメなのです。


私たちの現在のこの安穏とした暮らしの その背後に
大勢の それこそ数えきれないほどの方達の無残な死と そして苦しみ 悲しみが
未だに 血を流して横たわっていると言うのに

わからない 知らないでは済ませられないと思います。

とりあえず 頭の上から爆弾は落ちてこない
銃弾は飛んでこない
そんな平和を享受している私たちに課せられた最低の義務は


過去に犠牲になった方達のことを
そんな方達がいたことを
過去にどんなことが行われたか

その事実を知ることではないかと。

私も 平和はまず私たち個人の中から生まれると信じます。
私たちの中に平和がないのに、それを外に求める事はできないでしょう。

そうであるのなら
平和は まず過去の事実をきちんと知り その過ちを認め
謝罪することから 始まるのではないか。と


そのためには
正しい歴史を
そのまま 伝えていかないといけないのだと思います。


憲法9条は 世界平和の最後の砦のような気がします。
固守しないといけません。


そして
そのためには 私たち一人ひとりが 9条の素晴らしさ その大切さを 心から理解しないといけないのではないか。

と 考えます。


確かに
9条に守ってもらっていた私たちが 今度は9条を守る番なのだと


アメリカ人のアレン ネルソン さんに教えてもらいました















[PR]



# by cocomerita | 2017-08-30 15:49 | 戦争反対 | Trackback | Comments(12)

ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
黒い森の白いくまさん
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに。。 しかし...
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
オトナの社会科・中東から...
俺の心旅
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live
明日をもっと楽しく!した...

最新のコメント

Ciao stanisl..
by cocomerita at 07:37
うーん。難しそうな気が。..
by stanislowski at 04:32
Ciao anohiwa..
by cocomerita at 02:53
junkoさんの仰ること..
by anohiwa at 16:36
Ciao saheizi..
by cocomerita at 00:13
ちょっと可笑しくてだいぶ..
by saheizi-inokori at 21:46
Ciao けいさん と..
by cocomerita at 06:04
Ciao 2017-12..
by cocomerita at 05:56
Ciao sideさん ..
by cocomerita at 05:47
Ciao 2017-12..
by cocomerita at 05:44

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル