私がローマで独りで始めたわけ 

仕方ない

人生には
逆立ちしようが 叫んでみようが
嘆こうが 憤ろうが
どうにもならない事がある


例の交通事故のおっちゃん

保険会社に申請する書類 ってのがあって
これは 加害者 被害者 両者が それぞれに 提出しなければいけないのだが、、
両方の書類に記載されている事項が 同じでないといけない


事故に遭った時
このおっちゃんは この用紙を所持しておらず


、、 これが2度目の事故で すでに彼のぶんは使用済み 、、(唖然)


とりあえず 私の分だけ記入した


色々書く事があって
私は 柄にもなく 震えて なかなか手が動かなかった し


おっちゃんは 相当だらしなく 証明書の提示を求める度に
カバンやお財布ひっくり返して大騒ぎになる し


路肩に 車は停めていたけど
その横を ビュンビュン 車が通り過ぎ
また後ろから追突されたらと
それも気が気じゃあなかった し


とっても大事な 保険契約番号 とか 彼の名前や 住所や 車両番号 車の種類


だけ 記入し 後は家で仕上げて
後ほどおっちゃんと会って 確認しようと言うことになった


その約束の当日
私は 中国語の試験で

教室で待機中におっちゃんから空メールが

何かと思って 返信するも
また空メールが


思い余って 電話をすると
ろれろれ で 今日の約束には来れないかもしれない。と言い出した

それでは困ると言うと
家まで来いと言う

胡散臭いおっちゃんの家など行く気もない

あなたが加害者なのだから あなたが来るのは当然だと 言うと
俺は何もやっていない
お前がぶつかってきたのだと言い出した


ここで
もしかしてこの人は ドラッグをやっているのじゃあないか と 気づく


車をぶつけた あの当日も その疑いはよぎったんだけど
まさかと打ち消した んだよね


勘弁してよ と思ったけど
薄々 こうなる事は 予想はしていた


イタリアで それもローマで
そしてこういう類の人と事故を起こして


事故処理がスムーズに行くわけがない


こんな男と 押し問答していても 拉致があかない


結局
私が ー番必要な事項は記入していたこと
しっかり彼のサインをもらっていたこと で


修理工場に 後の処理を一切 お任せすることにした



そこで 考えた
私の態度に落ち度はなかったか?
あの時 警察を呼ぶべきだったのか?
相手を信用し過ぎたか?

一人でやらずにファビオに来てもらうべきだったか?




全て ノーだ


事故を起こして 頭を抱えて 謝っている人を
それ以上攻撃する 悪意は私には持てないし

素直に書類に記入しようとしている 人を それ以上疑う理由を私は持たない



もう何十年も前になるけど


当時住んでいた私の家に帰る途中
家の前への道へ入ろうとすると 道のど真ん中に一台の車が 停まっていた

数メートル 離れて待っていると
その車がいきなり 後ろも見ずに 猛スピードでバックして来て

私の車にぶつかって来た


降りて来た男は
半身裸 胸に大きな金の十字架を下げており、、

彼を見るなり 嫌ーーな予感

案の定 彼は 車から降りるなり
私がぶつかって来たと

怒鳴り出した


嘘でしょ?


私は今自分に起きていることが信じられなかった



確かに 外見上は、、


そうなる


でも
この人は 自分が今 1分前に 行った行為を 覚えていないのだろうか?


だけど こっちだって 負けてはいられない


そうしたら
家から とびきりガラの悪い奥さんと同じくガラの悪い娘が飛び出して来て
一斉にがなりたてる


自分の懐守るために
現実を ここまで あからさまに 覆す


人間が皆正直だとは言わないけれど
ここまで できるのは むしろ狂気であり

ここまで良心が欠如しているということは 犯罪だ


仕方ないので 警察を呼ぶ

あっちは3人
こっちは1人

そうすると
ラッキ〜なことに 若い男の子二人が証人だと名乗り出てきてくれた


そっからが また大変

証人のその男の子たちを 証言させまいと その男が殴る蹴る 小突き回す


イタリア 警察は関知せず
彼らの言うことには

僕らは裁判官じゃあない。 と



はあああ?


この事は 結構私のトラウマになった




そんな経験があるから

今回の事も こうして スムーズに行ってるのが信じられなかった
皆が 書類もあって サインもしてるのだから
心配しなくて良いと言っても


こんなはずはない。


と言う懸念が 心の底にあった


世の中には 自力でどうにもできないことがある


自分でぶつかって来ておきながら 私がぶつかって来たという 男の良心も

自分が 事故を引き起こしておきながら お前がやった という男の 良心も

そして 彼らがどういう姿勢で 人生を生きているか をも


私にはどうすることもできない


ローマに暮らす と言うことは
野生のジャングルで暮らすようなもので ある


猛獣もいるし 猛毒を持った虫もいるし
疫病もある


気をつけているだけでは 全然足りない


ましてや
こっちは 外人で アジア人で おまけに
男性至上主義のイタリアに カースト制度があったとしたら
一番 低い位置 ってことになる


質の悪い猛獣相手に チワワが唸るようなもんで
いくら歯を剥こうが

きっとあっちにとっては お茶の子さいさい なんだろう


b0150335_00280497.jpg




そう言う時に

相手の不正を憤ったり
自分の不幸を嘆いたり
なんとかその理不尽極まりない出来事を
正常な流れに乗っけようと 地団駄踏んでも


エンジン空回りさせるがごとく エネルギーだけ浪費し
無駄な抵抗に終わる


そんな時

仕方ないね と呟いてみる


世の中には 仕方ないこと。ってのが 確かにあるもんだ


いつもいつも同じように 物事が然るべく 動く


それこそ 私の嫌いなマニュアル にはならないか?


正直者だけで成り立っている社会があったら
、、、 まあそんな社会は どこを探してもないけれど

それこそ嘘臭くはないか?


だから
仕方ないね と呟く


修理代が払って貰えなかったら

mnnnnnn

カルロッタには 横っ腹 凹んだままで 働いてもらわないといけなくなるけど、、



ごめんね












[PR]



# by cocomerita | 2017-06-08 17:20 | Trackback | Comments(20)

こんな事も遭った

人生には いろいろなことが起こる

私たちの采配で避けられる事も 多々あるけれど

それでも
どうしても避けられない 運命 のようなものって


あるよねえ、、、と考えています


先週の土曜日に車の事故に遭いました


起こしたではなく 遭ったと 敢えて言うのは
私の可避能力が 一切及ばない状況 だったからです



土曜の朝 8時半に いつものように アラブ語の授業を受けに
モスクに向かいました


土曜の朝で 道はがらがら

そこは二車線の車専用道路で 非常に見通しもよく

私は 左車線を走っていました

なだらかに 傾斜してる道を 気持ち良く走っていたら


突然 私の2ー3百メートル前 右車線を走っていた車が 直角に曲がって来て
私の車線を塞ぎました


私の進行方向 に 横を向いて 止まっている車を見つけ


信じられない思いを感じながらも


とっさに私が起こした行動は
ブレーキを踏まず
大きくハンドルを切って 反対車線に飛び出し その車を避けることでした


が、 完全には 避けきれず


その車の鼻は 私の車の右横腹をえぐりました


狂っているとしか思えない行為で しばらく唖然としていました


車を路肩に停めて 車から降りると


イタリア人の男性で 典型的な ローマの下町に住んでいると言う風情の人


うわ、、、こりゃあまた 餌食にされるかも、、と


胃の腑が ぐんと重たくなって 逃げたくなりました


ローマで車の事故で 運転していた人間が 女性で
それも外人であったら


警察を呼んでも その交渉は さらに不快なものになります



が 意に反して
自分の非を一切合切認めて しょんぼりしているおじさんでした


さて 手続き


困る


私はこう見えても 日本でもイタリアでも優良ドライバーで
今まで事故など起こしたことがない のです


よって
こう言う場合 何をしたらいいか、一切わからない

おっちゃん 一切使い物にならず


保険会社に電話を入れるも
イタリアの土曜の朝に人が出るわけもなく、、、
( 書類上は 営業となっていても、、)


仕方なく 仕事中のファビオに電話を入れる


相手の身分証明書と保険証書確認して
キャブネットに入ってる保険会社から送られた来てた書類に
相手のと 自分のと 保険のデータとか、個人情報とか 書きこんでね

はいはい、



さて
、、、書こうと思ったら
手が震えちゃって 書けない


隣のおっちゃんは 相変わらず 全く使い物にならず


ファビオが40分くらい掛かるけど 今からそっちに向かうから と言ったけど


いや もう大の大人なんだし、、
確か カエルに時にも同じセリフ 呟いたっけ


なんだか自分で頑張って処理しなきゃいけない と思ったんで 断る


心の中はブルブル 震えてるのに
ひたすら冷静を装い


おっちゃんの電話番号聞いたあと
しっかり その場で私の携帯に おっちゃんの携帯から 電話を入れさせて
ナンバーの確認までした


嘘の電話番号申告する場合もあるからね


信じるのは良いが 信じないのは もっと良い 。とはイタリアのことわざ


全て 終わったら 1時間経過していた


ファビオに
このまま家に帰ると 1日このムード引きずって 台無しになるから
予定通り モスクに行って授業を受けて帰ると再度 報告


家に帰ったら
大家さんが事故のことを知って 寄って来た

事故のことを知った友人が電話して来た

皆 口を揃えて
保険会社から降りるお金で 修理しないで この際車を変えなさいという


私の車は 18歳
私のかかりつけのメカニックからは
もうこの車にお金は使うな と言われている

確かに みんなの言う通りにするのが賢策なのかもしれないが


それはできない。と言う


彼女と (私は自分の車を彼女と呼ぶ) 最後の最後まで一緒にいると約束したから
見捨てるわけにはいかないのだ


はーー?!
あんたバカじゃないの?
彼女の方が そのうちあんたを見捨てるわよ


そっちの方がいい。と 私

前の車を廃車にした時
レッカー車に彼女を引き渡した時
まるで自分と今まで暮らして来た犬や猫を保健所に引き渡したかのように
とっても申し訳なくて とても悲しかったんだ
あんな思いは二度としたくない。と


そう言ったら やっと大家さんも大家さんの息子も


黙った


多分 私が泣きそうになっていたからだと思う


未だにあの時のことを思いだすと
涙が滲む



彼女が 痛い思いをしたのだから
このお金は彼女が快くなるために使うためのもので
彼女の傷をそのままにして 廃車にし
新しい車など買ったら
私は一生そのことを悔やんで過ごすだろう


確かに私は不経済で非効率だ
でも 経済効果や効率に代えられないもののほうが 私には大事なのだから
仕方ない


修理して
その次の日彼女が動かなくなっても


それならそれで良い


やっぱり私は 少し変わっている


ファビオだけが こう言った

で、車は動くわけ?
そっか、偉いね カルロッタ


ちなみに私の車はカルロッタと言う名前です



b0150335_17222981.jpg



あれから いろいろ考える

あの日 私は モスクの先生に 庭の杏を持って行きたく
朝 杏を狩っていたので
家を出るのが少し遅くなった


1分遅くても 早くても
この狂気のおっちゃんの運転する車には出逢っていなかった


おっちゃんもしきりに 今日はここには来たくなかったのだ と言う


そして

私が 反対車線に飛び出して避けようとせず
ブレーキ踏んでいたら、、


手前で止まったかもしれないけど
止まってなかったら 私はおっちゃんの車の横腹
まさに運転席のおっちゃんにそのまま 突っ込んでいただろうし


そこに私の後続の車が突っ込んでいただろうし

誰かが怪我するのは避けられなかったかもしれない

いや怪我で済んで無かったら?

救急車を呼ぶ?


そして たまたま反対車線に車がいなかったから 良かったようなものの
そうじゃ無かったら、、、



ゾッと する


やっぱり
大事を小事に変えてもらった のは確かで
やっぱり 誰かに 何かに 守ってもらってるんだろうな

と 家に帰って 神様に感謝し
仏壇に手を合わせた

ありがとうございました


フィリッポは今度はさすがに
sempre c'è una prima volta
何にでも初めて ってことがある。とは 言わなかった












[PR]



# by cocomerita | 2017-06-05 21:07 | | Trackback | Comments(20)

みんな強い

私は 日本にいても イタリアにいても
どこにいても


皆に 強いねと言われます


でも


私だけじゃなく
本当は
人間は みんな 同じ位 強い のです



違いは
自分の その強さと言う固まりをどれだけ把握してるか? ってこと で


自分の持ってる その強さの塊
その 全体を把握して その大きさ認識してるか?


それとも
ほんの端っこの ほんの一部しか見てないのか?


ただ それだけの違い


ほら
脳みそだって人間は その許容量のほんの数パーセントしか使っていない。


と言うじゃあないですか?


つまり
固まりの大きさはみんな一緒で


それをどれだけ 活用してるか。ってこと。



b0150335_08114221.jpg


神様は


この人には 強さを えーーと この位で

優しさは この程度でいいかな?


などと


いちいち
ひとりひとり さじ加減するほど


暇じゃあない気がいたします


頂いてるものは 皆同じ


自分が勝手に使い惜しみしてるだけなのだから


私はあなたの様に強くない。


と 言うのは 言い訳にしか聞こえません




以上

みんなで タフになりましょう。


と言う お誘いです。


[PR]



# by cocomerita | 2017-06-01 15:30 | | Trackback | Comments(14)

こんな事があった

C'è sempre una prima volta
何にでも初めて。と言う時が ある

イタリアの諺 です



季節が良くなったので
私は庭で勉強します


お陰で うちの電気代の少ない事少ない事
大家さんが メーターが壊れたんじゃないかと心配した位


で、本日も 庭のテーブルで 中国語の試験勉強 に勤し、、


、、んでいたら
ブーゲンビリアの根元のあたりでガサゴソ 音が、、


うちの子ら かと思って見たけど 誰もいない


気のせいかと思って 再び 学習体勢に、、


またゴソゴソ 音がする


再度 立ち上がり
ブーゲンビリア根元の草が生えてるところを覗き込んだ、、、



ぎゃっ
なんと 大きなガマガエル が いるではないか


うちには 動くものなら なんでも襲う 愚連隊が三匹もいるから
早く避難させないといけない


大体 こんな大きなカエルの食べ残しなど 始末させられたくない、、し


しかしながら、、


どうしよう、、どうしよう
困った 困った


家の中から ちょうどお出かけしようとしている ビアを 家に閉じ込めて

よし
これで 敵は二匹


庭にいるであろうフィリッポを携帯で 呼ぶ


あの カエルが居るんだけど
ちょっと来てくれない?


駆けつけたフィリッポに

どうしようか、、


どうしようかって 僕 カエルだけはダメなんだよね
君なんとかならないの?
蜂もカナブンも 蜘蛛も ミミズも 平気で手で掴んでるじゃない


いや、こんだけ大きいのは、、

カエル飼ってたって言わなかった?

飼ってたけど 私のはオタマジャクシから孵ったちっちゃい奴だもん


じゃあ 僕が箒で追い込むから 君は空の鉢をそっちで構えてて


鉢を構えながら
ふと見ると大きな葉っぱが落ちていた

箒よりいいかも 自然素材だし
それで追い込もうと カエルのお尻を葉っぱで突く



フーーーーーっ っ


え?


フフっっーーーーー

何この音?
猫が怒った時に出す音にそっくりだけど、、



すると
カエルがみるみる大きく膨らんでいた


ギョエー
怒ってる怒ってる
うわわ。。
大きくなった
ちょっと どうしよう
怒っちゃった


怒るとカエルは大きくなるって 本当なんだー


と感心しながら


でも その大きくなりかたが、凄い


ひるむ
フィリッポ も ひるむ


どうしようか、、
どうしようかって

2人でおろおろ する


じゃあ、隣に庭師のアブラハムがきてるから 呼んでこよう
と フィリッポが提案

頷きかけて、、

、、、やめた


わざわざ 隣で働いてる人の作業を中断させて
カエルが出たと呼びつける のも、、、さ、、

大の大人なんだし、、
、、 なんでしょ

いやいや
私達だけでなんとかしよう
いや この場合
フィリッポは なんの役にも立たないから


私一人で解決するっきゃない、、


うmmmmmmmm
、、、、、、、
ちょっと ジュンコ なに固まってんの?


いや ちょっと 彼に 説明してんの
ここにいたら身の危険があるから
だから 移動していただくことになると。


そうこうしていたら
うちの子らが塀の上に 現れる
いつもうちに遊びに来る 野良猫までやってきた


猫ほど 野次馬根性の旺盛な動物はいない


もはや
時間は、、、


ない。


なんときゃするっきゃ、、


ない。


こうなったら苦肉の索で

キッチンに戻って ゴム手袋 着用し

どうか、、こっちに向かって跳ねてこないでくれ、、と祈りながら、、


、、、 掴む


意外と大人しく掴まれてくれた

だけど
ゴム手袋着用と言えど
この感触が 、、、不気味 である


わあああああああああ、、、、、、、、、、、。。




さて
この子をどこに避難させるか、
が問題


水がないといけないし、
かと言って 猫たちに見つかりやすいところでは ダメだ


ふと足元見たら 家履きのソックスのみ

今更 運動靴を履くわけにもいかず
そのまま 庭を突っ切る


昨日 庭師のアブラハムが木の枝 剪定したから
木の小枝が庭中散乱してて 痛い


あちち、、と言いながら 庭の隅にある薪格納小屋まで


小枝を踏んで 怯むと
手の中で カエルが逃げようと 蠢く し、


その感触が これまたたまらず

うわああああああ、、、。。。。。。。。

と 叫びながら


庭を突っ切る


隣のおじいさんが どうしたんですか?
フィリッポに尋ねている声が聞こえる


いや カエルが、、出まして。。

ああ、カエルですか ほっほっほ


笑い事じゃあ、、、ない、、んだよ


薪格納小屋の周りにはこれまた 足に危険なものばかり


やっとの思いで
猫が三匹いるから 気をつけるようにと 言い聞かせてから


解放する


フィリッポがニコニコしながら

ふふふ、、
これで君のレパートリーがまた一個増えたね、と
sempre c'è una prima volta だよ


何にでも 初めてって時がある。と言う
イタリア人が好きなことわざの一つ だ


ざけんじゃね、、、



その晩 夕方庭で洗濯物を畳んでいたら


またゴソゴソ音がする


私は うち用の薪は うちの横に積んでいるのだが
薪を積み上げている その前に 同じ大きさのガマガエル


えーーーー?!
戻って来ちゃったのーーー??!!!

勘弁してよー、、、、


すると


又別のところで ゴソゴソ


ジャスミンの植垣の前にもう一匹 発見


勘弁してよ


まさか薪の中で お産したんじゃなかろうな、、と


もはや
この二匹のカエルは 避難させないことにした


一度経験したからと言って
じゃあ、2度目からは カジュアルに 掴めるかと言ったら


、、、掴めない



と言うことで、
二匹に言い聞かせた
外に出るときは 夜 うちの子らが家に入ってからにするようにと。


まあ、、
せいぜい うちの周りで 蚊でも 喰っててください


当然写真はありません
今になってみると
あの時 フィリッポに写真でも取っておいて貰えばよかったなあと思ったけど
カエルの顔を真正面から写す機会などなかなかないだろうから、、


しかしながら
そんな余裕など微塵もなかったのだ。



b0150335_04192541.jpg

まさに この子

しかしながら
今回初めて 手の中のカエルと 間近で 見つめあった、、けど
カエルの目 って

緑の真ん中に 黒い縦線が入ってる
あ、そうだ
蛇の目と同じかも

そして
怒ると本当に大きくなる

不思議だな 、、、



ああ、、草臥れた、、、。




[PR]



# by cocomerita | 2017-05-29 17:12 | 生き物を救え | Trackback | Comments(16)

わが涙滂々 今一番大事なこと


 俺は酒を飲む

 仕事帰りのマイクロバスの座

 席にもたれ

 ワンカップの二級酒を飲む

 一日中 放射能の真っ只(ただ)中で

 働いてきた疲れを飲む

 明日も明後日も

 (略)


 今の福島第一原発の詩だと思った。

小島力(こじまちから)さんの「原発下請労働者」。一九八〇年に発表された、三十年以上前の作品だ。

「詩集 わが涙滂々(ぼうぼう) 原発にふるさとを追われて」(西田書店)に収録されている。



かつての昔

 子たち孫たちの歓声はね返り

 バーベキューの焚(た)き火燃え盛 った

 その庭に

 生きて暮らした思い出消えや らぬ

 その庭先に

 草茫々

 ふるさと亡々

 わが涙滂々

小島力 「 涙滂々 」より


 私 そんなに大きな幸せを

 願っている訳ではないのです

 でも その私が今触れている

 ささやかな日常の ささやかな幸せすら

 押しつぶし 突き崩してしま う

 原子力発電所

 そしてこの世の中の仕組み

 もしも今

 私たちが 何も言わなければ……

 もしも今

 私たちが 

 何もしなければ……

  何もしなければ……


小島力 「もしも今何もしなければ」 より


以上 東京新聞 より


政府と東電という 怪物みたいな巨大な二つの力が共謀して

国民の人権を

それも 一人ひとり 一軒一軒 個人単位で

侵害 蹂躙している。

権力側が行使できる 法の力を 湾曲させ

決定権をくまなく行使して

県民の人権や尊厳を陵辱する、、


、、それは ただ自分の生を繋ぐために

地面をせっせと歩き回る 小さな蟻を

一匹一匹 押し潰す

その残酷な行為に等しい

今 多分 私たちが真っ先に心にかけなければいけない事は

福島の人権を取り戻す。ことだ


すでに おぞましいほどに 肥え太った政府要人やら

大企業やらの経営者のみに都合のよい

この理不尽極まりない、

小魚は大魚の餌となり 黙って喰われろ。

の 今の社会の仕組みを根本から崩し

そして 真っ当な社会へと変換して行くためには

まず 福島の人権を取り戻す事から始まるのではないだろうか?


想像してもらいたい

ある日 突然 家を追われ

職を奪われ

家族 友人との絆を断ち切られ

理不尽に 離散させられた、

その福島の被害者の人たちが

味気ない 仮の住まいで朝 目覚めた時

その心に一番初めに過ぎるものは何か?という事


理不尽に被害を受け

理不尽に無視され切り捨てられた

その彼らの日常につきまとう苦い思いを、

一体いつまで味わわせなければいけないのか?

今 私たちと同じ日本人である 一部の人々が

こうして 合法だの 政策だのという詭弁で

公に そしてあからさまに侮辱されているというのに

どうやったら

ただ自分の暮らしだけに集中し

彼らのことを考えないでいられるのか?

彼らへの人権の蹂躙は

私たちの人権蹂躙であるというのに、


ましてや

そういう人々に嫌がらせをする クソ野郎が後を絶たないのは

情けないことこの上ない




何もできなくても

彼らの声に耳を傾ける事はできないものか?

そこから

何かが生まれるかどうか。ではなく

まず 社会の圧力に押し潰されて 聞き取りづらい

その小さな声を聞く 聞こうとすることが大事なのだ

無関心は 最大の非人間的行為である

それは 福島だけでなく

ブラック企業とかなんとか ヒソヒソやってる暇があったら

そこで働かざるを得ない状況にいる人々のことを考えてみる

そして

私たちの過剰な要求を ちょっと鎮めてみたら

それで 救われる人が いないだろうか?


わが涙も滂々



である









[PR]



# by cocomerita | 2017-05-24 22:27 | 復興 | Trackback | Comments(16)

水撒き考

私は なんとか記念日 と言うのが嫌いです


一日 一日 には、それなりにその一日なりの大切さがあると言うのに
人間は わざわざ 理由をこじつけ
名前を付けて


皆に 有り難がるように強制する


母の日や 父の日や敬老の日
なんてのはその典型で


なんで その日に 感謝しなければいけないのか 理解に困る訳です
お母さんとか お父さんとか おじいちゃん おばあちゃんとか
毎日 一瞬 一瞬 感謝するもんじゃあないのかなあ と


だったら 一緒に暮らしてる猫に感謝する日とか
いつも文句を言わずに働いてくれている胃腸に 感謝する日とか
毎日排泄してくれる腸や
それを何も言わず 受けて水に流してくれる トイレに感謝する日があっても良い

んじゃないか と


私は 天邪鬼なので
感謝しろと言われると 意地でもしたくなくなる わけで


誕生日もしかり
五体満足で生まれて来たことは 尽くせない恩恵であり
毎日 私はラッキ〜だったよなあと思う けれど

だけど それをわざわざ 祝う気持ちには 到底なれない のです


私は 小さな頃から誕生日が嫌いで
大体 人様の座の中心になり
皆から おめでとうとか言われて ちやほやされ
おまけにプレゼントまでもらったりすると
どうにもこうにも お尻がムズムズして 居心地が悪いし

お誕生日だと言われて
祝うことを強制されてるかのような人々にも気の毒になります


要するに
強制されるのも 強制するのも嫌いなのです


うちは五人も子供がいて
家の家計が 子供の頃からやたら気になっていた私は
そんな母が わざわざプレゼントを買ってくれる ことが 心苦しかったし
それが 欲しいものでなかった時にも 喜ばなきゃいけない のが 辛かったのです


私の10歳の誕生日に
私は バービー人形が大好きで
バービーのベッドが欲しいと言ったのに
貰ったものは フランス人形用の大きなベッドで

その時の落胆は今でもはっきり覚えています


当然結婚式なんて とんでもない
華やかな場の中心のそれも ど真ん中に など 死んでも座りたくない 訳で


みんなが黙ってる時に 余計なことを言って 頭一つ分も二つ分も飛び出して
出る釘とばかり 叩かれるのは 厭わないのに


普段は ひっそりしていたい のです



と言うことで

話が大幅に飛んだけど


言いたいことは


桜の季節が終わるといつもこう思うのです
桜が満開の時だけ 大騒ぎするのは 情けなくはないか? と言うこと。


桜が満開の時は 上を見上げて大騒ぎするくせに
桜が散り出して もはや葉桜になった途端
人は 自分の視線を下に戻し
桜がある事なども さっさと忘れる

それって 都合良すぎやあしないか?

と思うのです


必要な時だけ連絡してくる人間は ご都合主義と言われて 蔑まされるのに
それが 人間が他の生き物に しかもみんなでやれば なんでもない ってこと?


桜が緑の時も 桜が枯れ木の時も
気にかけたり 見てあげたり 話しかけたり 幹に触ってあげたりしてほしいなあ


と思います


まあ、木たちは 人間の事など どうせこの程度だと思っているだろうから
桜の季節が終わった途端 あっさり 忘れられても 何も思わないでしょうが、、


人間の立場から見て 同じ人間として
私は気になるのであり
恥ずかしいなあと思うのです


、、と言う事を
庭の水撒きしながら 考えました


綺麗に花を咲かせてるものたちも
その時期過ぎて 枯れてる花も そして
葉っぱだけのものも
名前のついてる有名な花も
そうじゃない名もない花も

みんな 私と同じ一個の命で
綺麗だとか そうじゃないとかで
えこひいきしないで 同等に扱ってあげたいと思うのです


、、と
どうでもいい事をつらつら書いたのは


昨日は 週で一番ハードな日で
朝の8時から 授業が7時間 授業の合間に 日本語を教えてあげるので3時間
10時間休む間もなく 大学に詰める日で

よって 今日は 全く 使い物にならず


鳥の声を聞きながら
ひたすら何もする気にならず
じゃあ ブログでも書こうかなと 思い立った と言うわけです






b0150335_00235257.jpg


自然の造形の完璧さにも いつも感心させられるけど

その完璧さが 崩れた その時に ふと見せるもの

その 完璧さが 崩れたところに

私は むしろ自然の重みを感じたりして

そして

ちょっとほっとしたりします


話が全く飛び飛び 支離滅裂なのですが
まとめる気持ちにならないので、、、


このままで、、。







[PR]



# by cocomerita | 2017-05-20 05:27 | | Trackback | Comments(8)

首相を見れば国が見える

私は ほとんどの人を 顔で判断します

美形とか そういうのじゃなく
顔つき
そこから漂ってくるものは 少なくないのです

大人になったら 自分の顔に自信を持てと言われる所以がよくわかります


いやはや
話してみる必要なんて全くなく
一人一人の顔に その人となりがありありと現れていて 怖いほど


フランスで マクロンが大統領選に勝って
アメリカの大統領選と同じく
あの人にやらせるくらいなら ゴキブリに やってもらった方がなんぼかマシ
とまで思わせた位 酷いクリントン女史 を思わせる
傲慢さを隠せないル ペン女史とどっちと言われたら
彼にするしかないのもわかるけれど


この風邪薬みたいな もしくは 化学分子みたいな名前の新大統領は
つくづく 味もそっけもない人 だなあと 遠巻きに見ています

ブッシュとブレアの顔を半分づつくっつけたような、、
ってのにも ちょっと引っかかります


トランプを見ていると
アメリカの国民性が見えてくるし
メルケルを見ていると ドイツがわかるような気がします

最近 ドイツに住んでいる方達とお話しする機会がしばしばあり
皆が口を揃えて ドイツは良いと
ドイツの人たちは良いと お薦めしてくれる のですが


確かに
そう考えると
どの政治家も一皮剥けば同じ穴のムジナだとしても
一番 まともなのは彼女かもしれません


彼女は 一般市民が所有する 普通の道徳観を 少なくとも リスペクトしようとしているかに見えるし
少なくとも 公に公正であろうとしているかのように見える し
国民の目など お構いなし やりたい放題の 我が国の総理とは 全く違います

行動規範が まだ理解できるのです


汚職 職権濫用 使い込み がもはや日常茶飯事のヨーロッパの政界で
彼女の移動に旦那が同伴するときは
飛行機も別、 費用は 彼女が自分の懐から出している。ことは 衆知 の事実で


彼女は少なくとも公には 自分のお財布と国のお財布は全く別物であるという
実に当然 明白なことを 把握していることを国民に示したがっているのもわかります


そこからドイツのまだ病みきっていない 健全な部分が見えてくるのです
少なくとも
この国からは市民の存在がまだ感じられる のですから


我が国の安倍総理のことが語られることは
イタリアでは ほとんどありませんが、私の周りのイタリア人は 少し申し訳なさそうに 苦笑しながらこう言います
腐った魚のような目をしているね。と


b0150335_17411404.jpg



私はいつもこう言い続けています

この親にしてこの子あり

安倍のあの小狡さ、 卑怯さ 、冷たさ 、卑しさ
そう言う因子を 少なからず 国民が持っているのだろう ということ


そうでなければ
あんなちゃちな男が いつまでものさばっていられる 訳がないのです



私たち一人ひとりには
守護霊団と言うものが ついている と言われています
その中の一人は ご先祖様の一員であるとも 言われています


その守護霊団は
私たちの霊的レベルに見合った 同じ程度の霊的レベルを持った守護霊の人たちが選ばれるのそうです
ですから
私たちが死ぬまで ずっと同じメンバーなのではなく
私たちの霊的成長に合わせて 彼らも随時 入れ替わる のです

と言うことは
私たちの霊的レベルが上がれば それだけの高いレベルの守護霊がつくということ。
になります


国民と政府の関係も同じなのではないか。と 思います


所詮 国のリーダーって 国民のレベルと見合った人間しか出てこない。


だから
安倍を始めとして あの 下品で卑しいお粗末な人々の顔を拝みたくなかったら
私たち 国民一人一人のレベルを上げる しかない。 のだと



種子法廃止法案が成立しました
これで また 日本の海外依存は 一歩進んだわけです

現存している田畑を死守しないといけません
そして できる人から
小さくても それが 借り畑でも 自分の畑を持つことをお勧めします


一人一人の自立が 求められています



b0150335_17340626.jpg


b0150335_17333900.jpg






[PR]



# by cocomerita | 2017-05-11 17:54 | 愚政府に物申す | Trackback | Comments(14)

呟く

我が家の庭は
薔薇が狂瀾満開で

b0150335_03572693.jpg

b0150335_04011613.jpg
b0150335_04104804.jpg
b0150335_04113141.jpg




昨日大家さんが 薔薇お披露目のランチを催した


最近 お誘いを御断りばかり してるのと
その中の友人が中国から帰って来たばかりなので
その話も聞きたくて 参加、、、


、、、したけど
翌日 つまり今日が 全く使い物にならなかった


もともと 人付き合いは良くないんだけど
いつからか ますます 人といることが 苦手になった


その時はそこそこ楽しくても その後の疲れが半端じゃない


こんなことなら 畑でも耕していたほうが
疲れ方も快適だったろうし
なんぼも有益だった気がする


私は ほとんどの人と価値観違うし
政治的私見も嗜好も ことごとく違う
おまけに私は他人のことに全く興味がないと来ている
つまり互いに重なる部分が極端に少ない


だから
そう言う私が 人との日常会話が楽しいわけがない


これは 一重に私の気難しさ故で
他者に責任はない


この時期は家の中の方が冷える
明日は中国語の授業なので 表で 宿題をやっていたけど
眠くて仕事にならない


諦めて
庭に大の字になった
背中に触れる石畳が 心地よい



お日様と風と
木の枝がサワサワ 言って
鳥がチュンチュン啼いて
鳩が ホーホー言って
ロバがアイーン アイーンと遠くで哭いて
羊の群れが近づいてくる ガランガランとベルの音


大の字になってる自分からしばし離れて
大きな地球の上で大の字になってる 小さな小さな
砂糖の一粒にも満たない自分を見下ろして


人間なんて ちっちゃいのになあ と思う


私たちはこんなにちっぽけなのに
それに見合わない欲を日々育てていないか?


私たちは 生きているのではなく
生かさせてもらっている
私たちは酸素一つ作り出せないのだし
誰も いつまでこの生が続くかなどわからないし 決められない
自分で決められないってことは
生は 自分次第ではないということ

もっともっと ではなく
あれもこれも ではなく

もう少し謙虚になれないものかなあ

そう考えていたら
私が人といて疲れるのは きっと彼らが知らないうちにまとっていて
知らないうちに伝えてくる
そう言う重たい空気のせいではないかと


ふと気づいた


自然も動物も 主張しない
だから
なんと言うか、、彼らの生には余計なものがなく 極めてシンプル


余計な波動を伝えてこないから 不協和音が発生しない
だから彼らといると 呼吸が楽で 心地よい


今もこれを 庭の薔薇棚の下で書いている
そうしたら
風がさあっと吹いて 薔薇の花びらが ハラハラ 数枚 落ちて来た


b0150335_04085550.jpg




闇が降り始める 少し前
この世の中の 全てが 一瞬止まったような この時間が いい


この時間になると
今まで 黙っていた 花や木や草が 語り出す
逢魔時

いつもご飯を食べにくる野良が
今日も時間通りにやって来て


b0150335_04042045.jpg




大事な1日が 何もしないで 手から するりと 滑り抜けていった



b0150335_04021445.jpg
ちょっと心が苦い夕暮れ





[PR]



# by cocomerita | 2017-05-08 06:19 | | Trackback | Comments(20)

日本の農業を守れ。 知っていますか? こっそり可決した主要種子法廃止法案。

先日 麻生太郎氏が 日本の水道民営化を企んでいると書きました

そして
先月23日 主要農作物種子法と農業機械化促進法の廃止案の質疑と
即日採決が行われ、衆院農林水産委員会において自民 公明などの賛成多数で 廃止法案が可決されました

機械化促進法廃止については 検査を農機具に限定する修正がなされました。


主要農作物種子法とは

農林水産省は、主要農作物種子法を「廃止する」法案を今国会に提出し
3月23日に衆議院農林水産委員会が可決した。
今後、参議院で審議が行われるが、同法の廃止は国民の基礎的食料である米、麦、大豆の種子を国が守るという政策を放棄するもので、種子の供給不安、外資系企業の参入による種子の支配などの懸念が国民の間で広がっている。
法律が果たしてきた役割を議論せず、廃止ありきの政府の姿勢は問題だとして、3月27日に有志が呼びかけて開いた「日本の種子(たね)を守る会」には全国から250人を超える人々が集まり、「種子の自給は農民の自立、国民の自立の問題」などの声があがったほか、議員立法で種子法に代わる法律を制定することも食と農の未来のために必要だとの意見も出た。集会の概要をもとに問題を整理する。

<農業組合共同新聞>


京都大学大学院経済学研究科の久野秀二教授(国際農業分析)は
いくつもの疑問点を指摘批判する

そもそも種子の生産の拡大を強調するが公共育種によって不足しているわけではない

⓶ 国家戦略として位置づけるのなら民間に任せるのではなく、
より公的な管理が重要になるはずである

⓷そもそも生産資材価格の引き下げがテーマだったはずなのに、
低廉な種子を供給してきた制度の廃止は、種子価格の上昇を招くのではないのか

そして最も意味不明なのは
種子法廃止法案を国会に提出した際の理由である。
それは「最近における農業をめぐる状況の変化に鑑み、主要農作物種子法を廃止する必要がある。これが、この法律案を提出する理由である」という一文だ。"最近における農業をめぐる状況の変化"といいながら、どこにも説明されていない

そして今年1月の農業WGでの法律廃止の趣旨説明で農水省の山口総括審議官は、
世界的にも戦略物資として位置づけられているので民間事業者によって生産供給が拡大していくようにする、
▽都道府県と民間企業の競争条件が対等になっていない。奨励品種制度などはもう少し民間企業に配慮が必要、などの理由を挙げ、

「ということで、今回この法律自体は廃止させていただきたい」と説明した


世界的に戦略物資として位置付けられている。 からこそ
不安定で利益を優先させる民間の企業などの手に委ねず
公のものとして管理、保護することが 必須なのではないか?

民間企業への配慮。って何?
民間企業への配慮の前に国民への配慮。じゃないの?


ここで
今 もはや世界中に生息する大半の種子を抑えている モンサント社のさらなる魔の触手を感じないわけにはいかない。

b0150335_03333263.jpg


この法律の廃止は 種子の質に対する検査の網を取り除き
民間企業へ介入の門戸を広げ
ひいては 手ぐすねひいてるモンサント社の
種子を生まない種子での栽培が拡散される。

種子を生まない。のであるから
農業従事者は一度彼らの種子に手をつけるなり
一生 毎年 買い続けないといけないと言う事
彼らは種子の特許を持っているから
思い余って 種子を万が一 勝手に培養しようとしたら
訴えられる

と言うことは
食物生産を 他国の それも民間の企業の支配下に一切合切委ねると言うことだ


ある日彼らが日本の首を締めようと決めたら
軍事攻撃など 行う必要はない
種子の供給 止めればいいだけの話

食は水と並んで 生命の維持にとっての基本であり
その自立を確保するということは
国の自立を確保するということである

農業は国民のライフラインであり 、
今回の廃止法案は、すでに過去の減反政策で 著しく弱体化している農業の自立にさらに追い討ちかけるものであり 日本の食の海外への依存をさらに強める



危険極まりない。






北朝鮮からの攻撃。とか
中国からの侵犯。
などと 脅かして 人々の注意をそっちにそらせ
その隙にこっそり可決する

主要メデイアも一切報じていないところが
またまた怪しい
報じているのは 赤旗新聞のみ。


怖い怖いとただ誰かの言葉に踊らされて ただ闇雲に怖がる人たち。
そしてそういう人たちに限って それじゃあ守らなきゃ、と軍備拡大オッケーとなる
それが新世界秩序を打ち立てようとしている人々のちゃちな小間使いに成り下がった現内閣の狙いであり
新世界秩序打ち立てて 世界を支配したい人間は 着々と その計画を進めている

その計画とは
人間の生存に欠かせないライフラインを 押さえる。ことである

それは 水であり 食料 つまり農業であり そして金融にエネルギー

誰かが作り上げた真っ赤な嘘であるかもしれない 戦争 攻撃 テロ
そんなものに踊らされて 怖がってる暇があったら、、
今 世界で 何が起こっているのか。
きちんと自分で調べ 自分で 把握すれば
少なくとも 誰の言ってる事が嘘で もしくは何が 誇張で、何が真実か
だから こうはならないだろう。とか こうなるかもしれない。
と言う自分自身の指針が持てる

支配したい人間が利用するのは 人間の恐怖
幽霊の正体見たり枯れ尾花で
恐怖は 真実を見極める目を狂わせ そして 対応に必要な冷静さを失わせる

水道の民営化の動きに加え、
こんどは主要農作物種子法と農業機械化促進法の廃止法案 がこっそり可決されたって言うのに、誰も何も言わないし考えない。
本当の脅威は北朝鮮でもなく 中国でもなく
本当の敵は同じ屋根の下にいると言うのに

本能 劣ってるから 危機感も 感じない

よく考えてみてほしい。

北朝鮮が本当に攻撃したかったら、とっくのとうに日本のどこかに、命中してるはず。
何度も撃ってて当たらないのは、当てる気がないからだと なぜ思わないかな?
今のこの世界で 戦争を起こしたら 自分も破滅するわけで、そんなことを今行う馬鹿はいません
世界中の 「自分で知ろうとしない人々」の恐怖をただ煽りたいだけで、

なぜなら
彼らがやりたいのは戦争拡散して兵器を売りさばき、 お金を儲け 権力を握り
守ってください と懇願する人々を思うままに操る。
搾取すべき羊たちは全滅させるのではなく、ある程度取っておかなければいけないのですから。
そうじゃなかったら いくら自分たちがお山のてっぺんに立ったとしても 支配したい人々がいない。税金も取り立てられない。

と言うつまらないことになります


敵は 外ではなく
偉そうに かつ慇懃無礼に
国内から 日本を 粛々と着々と 切りさばき 売りさばいている愚劣な人々
それも議員バッヂなどつけて、、、。


b0150335_03301470.jpg
b0150335_03311118.jpg




[PR]



# by cocomerita | 2017-05-01 03:43 | Trackback | Comments(20)

宮崎駿監督の見方


2015年7月13日
沖縄 辺野古基金 代表を務める 宮崎駿 監督が
日本外国特派員協会にて記者会見を行なった動画を見て


沖縄問題
日中関係
現内閣の悪政
そして
スマホ
人には それぞれ色々な考え方 色々な生き方があって 当然ですが


沖縄基地問題から中国との関係に至るまで 私の思いと同じであり
心地よく そして チカラ強く 耳に響く





注 )この動画のコメントも 実に 興味深く
世の中には 実に色々な人がいるのだなあと実感します
私が嫌悪する最悪な安倍政権でさえ
賞賛する人がいるのですから、

あまりに真反対で 楽しめます


● 沖縄辺野古基地問題宮崎 沖縄の人の過半数以上が、辺野古に基地を作ることに反対しています。それで、まだそれは最終結論は出ていませんが、これから困難な道が続くんだろうと思います。それでも永続的に長く続けるために辺野古基金を作って、あらゆることをしていこうというのが、このファンドの目的です。

まして沖縄を何のために基地にするかっていったら、それは中国の封じ込めのための最前線でしょう? だけど、なぜアメリカは海兵隊をグアムに持っていこうとしてるか。最前線に最強部隊を置くことはできないんですよ。だってパールハーバーもクラークフィールドも、そこに最強の基地があったから、日本海軍は攻撃したんです。必ずそうなりますから、沖縄をその拠点にすることは、もはやアメリカの戦略上でも良くないことになってるはずです。ベトナム戦争のときとは違うんです。ですから、辺野古に基地を作っても、結局それは自衛隊を使うことになるんでしょう。そういうことも含めて考えると、僕は辺野古の埋め立ての基地を作るのは、反対です。本当に。そこは標的を作るようなもんです。というのも入ってます。普天間の基地は移転しなければいけません。それから辺野古を埋め立てるのはいけません。それで、第一次民主党の内閣の鳩山総理は「日本全体で負担しよう」というふうに発言したんです。僕はそれがまだ生きていると思っています。

● 安倍首相の支持率について イギリスタイム誌は

タイム誌 : 安倍首相に関してよく分からない部分があります。たとえば原発問題などの世論調査を見ると彼の人気は低いが、選挙では自民党が勝ってきました。宮崎監督もどちらかというとリベラルに属していると思いますが、なぜ日本の左派の人々は政治的に大きな力を発揮できないんでしょうか?

宮崎「民主党の最初の総理は、沖縄の基地の問題についても日本全体で背負うべきであって、『沖縄だけに負担させるのは間違いである』と、はっきり言った方です。でも、たちまち党内の勢力争いの中で、引きずり降ろされてしまいました。その後、地震と原発が立て続けに(日本を)災厄が見舞って、その混乱の中で、とうとう自民党政権がずっとやりたくもできなかった消費税(引き上げ)を民主党が決めるハメになってしまったんです。この結果、長い政治的な無力感と不信感がこの国にはびこったのだと思います。自民党は過半数以上の支持を得たのではなくて、多くの人間が投票しなかったことによって、天下を取ったんです。ですから、これはまた変わります。永続的なものではないと思います。

安倍首相は自分が『憲法の解釈を変えた偉大な男』として歴史に名を残したいと思っているのでしょうが、愚劣なことだと僕は思っています」


● 日中関係日本と中国の問題についての共同声明について、私は、あの侵略戦争が完全な間違いで、多大な損害を中国の人々に与えたことについて深く反省しているということを明言しなければいけないと思っている人間です。これを政治的な駆け引きとして、双方で何かごちゃごちゃやるのは、本当に良くない。あらゆる政治情勢と関係なく、この日本は長期にわたる、中国大陸における愚劣な行為について、深く反省しなければいけないと思っています。それを忘れたがっている人がいっぱいいることは知っていますが、忘れてはいけないことです。
● 平和憲法 宮崎: 15年にわたる日本の戦争は、惨憺たる経験を日本人にも与えたんです。300万人の死者です。この経験は多くの、つまり私たちよりちょっと上の世代にとっては忘れがたいことです。それで、平和憲法というのはそれに対する光が差し込むような体験だったんです。これは今の若い人には、若い日本人にはむしろ通じないぐらいの大きな力だったんです、平和憲法というのは。
それで、平和憲法は占領軍が押し付けたというよりも、1928年の不戦条約というのが国際連盟を作るきっかけになったんですけども、その不戦条約の精神を引き継いでいるもので、決して歴史的に孤立したものでも、占領軍に押し付けられたものではないんだと思います。
● 日本人とは宮崎 僕は、社会のみんなはじっこにいる島の人間たちで、平和に暮らせるはずの人間たちなんです。僕はそれだけです(笑)。この水と緑とで、資源といったら米が穫れるぐらいでした。今僕らがやってる、日本でやってる生活というのは、よそからかき集めてきて、それを使い尽くしていくっていう、そういう生活です。それは長く続かないでしょう。日本人であるということはどういうことかというのは、僕にはよくわかりません。わかりませんが、本当の知恵は、必要な知恵は、世界の隅っこで密やかにいようというのが一番正しいと、僕は思っています。

若者の右傾化

記者 ドイツの新聞でございます。日本の若者をどう見てらっしゃいますでしょうか。他の国を見ますと、若い人たちの中でも、やっぱり右傾化っていう傾向が出てきているわけでございます。日本でも田母神氏が若い人たちの中で人気を得ています。一方では、多くの若者は政治に無関心というふうに言われてるんでございますが、そう言ってもやっぱり、右寄りの若い人たちが結構増えてるっていうふうに考えております。今後、これはどういうふうに発展すると思いますでしょうか。つまり、過去のような若者が非常に政治プロセスに熱狂的に参加するような事態が来ると思いますでしょうか。宮崎 スマホを手放してくれれば変わります


そして こう語る何か世界がもっと根元のほうで、みしみしと悪くなっていくようです。ですからアニメーションのことだけ論じてても、しょうがないんじゃないかなと思います。いつでも、どうしてこれが流行るのかよく分からないものが流行ります。それもいろいろあって良いんじゃないかと僕は勝手に思っています


ー文字起こしをしてくださっているサイトがありましたので

全文 文字で読みたい方は こちらからどうぞ




右でも 左でも人の数だけ 異なる意見 異なる嗜好 及び思考 がある。

でも
宮崎監督が言うところの 根っこの部分は皆同じではないかと考えます
人としてやってはいけないことは 明確に存在する。


やっていけないことはやってはいけない。 のであり
国内 国外 問わず
侵略 なんてことは 絶対にやってはいけない。 のです
沖縄問題はそれに当たりませんか?
政府による不当な人権に対する侵犯 搾取です


人のものなんて 欲しがらなければ
人のものなんて 欲しがらなくとも

人は 十分に事足りて 幸せに生きていけるはずだと

私も思います


そして
日本人の美しさは その慎ましさにある

言うなれば
野の花の美しさ
目立たなくても ひっそり でも人の心に優しく触れ 語りかけてくる

欧米の派手な目立つ美しさ。
なんてものを 真似した時点で
その時点で 偽物になりさがる

まず
スマホを手放して
外に出よう





[PR]



# by cocomerita | 2017-04-28 02:05 | 戦争反対 | Trackback | Comments(8)

ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
黒い森の白いくまさん
MU PHOTO
一セントの夢
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに。。 しかし...
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
オトナの社会科・中東から...
俺の心旅
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live
明日をもっと楽しく!した...

最新のコメント

Ciao dekoさん ..
by cocomerita at 05:26
Ciao taichoさ..
by cocomerita at 05:16
Ciao sideさん ..
by cocomerita at 05:01
こんばんわ 日本の流通..
by Deko at 19:41
そうですか、これはもう言..
by 2006taicho at 14:03
チップのススメ。 10..
by sidediscussion at 11:48
Ciao taicho ..
by cocomerita at 07:11
ーくるくる コマネズミの..
by 2006taicho at 02:04
Ciao antsuan..
by cocomerita at 23:26
「立憲」の連中は、東北福..
by antsuan at 20:50

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル