私がローマで独りで始めたわけ 

祈ってください

大震災から学んだこと!日々の生活を見直そう

かるぺ ・でぃえむ の kanafrさん から

彼女のお友達のところに届いたメール です


皆さん

どうかお願いがあります

祈りを、皆さんの祈りを

今、福島原発で命がけで 我々の国、この日本を、 国民を
あなたを、あなたの 家族を救う為に懸命に仕事をしている人々がいます。

どうか祈って下さい! 作業が成功するのを!

お願いします!

自衛隊特殊化学防護隊の 隊員たちは志願者です。


その様な志願者が50名

時事通信社の記事があります。

東電が全国の電力会社、協力企業に助けを求めました。
志願者です。
決死隊として原発の内部作業をする原発関係者のベテランを募った のです。

中国電力の原発勤務40年というある男性が...
この作業は自分達のようなベテランがやるべきだ、 自分は定年まで後一年であるし、子育ても終わった
として、志願したそうです。
ご家族は静かに思いを語る、自分の夫、父親 の 決意に何も言えなかたそうです。
その方の娘さんは,今までと違う父のもの静かな顔を初めて見たそうです。

志願者20名
翌朝、いつも出勤する時のように、じゃあ、いってくる と言って、玄関を出てたそうです。

原発での作業中、放射線被爆があります。
国が定める限界被爆単位100ミリシーベルト。

それが250ミリシーベルトになりました。

何故なら、彼等が望んだからです。

100ミリシーベルトではすぐ時間が経ってしまい数分では作業ができない。
だから国に250に上げてくれと。
その為の被爆量は覚悟の上なのです。

そのおかげで、 昨日、あと一歩で臨界点と言う所で臨界が止まったのです。

もし臨界点に達していたら、

私達は今、この時を この時間を過ごしていません。
家族と恋人と仲間、友人とこの時間が無かったかもしれないのです。

半径300キロ生物の生存率は、限りなくゼロ に近かったんです。

今のこの時間は彼等のおかげなのです。

経営側幹部たちは我が身安泰の為、情報を小出しにし、遠く離れた東京から出て きませんでした。

お願いです、皆さん、 祈って下さい!
皆さんの祈りを
作業が成功するように 祈って下さい!
皆さんの想念を送って下さい!

今日 放水作業が無事終わりました。

明日の作業も成功するように。
隊員たちが無事であるように。
祈って下さい!

どうかお願いします!

そして家族、友人、仲間、一人でも多く方に知ってもらい 祈ってほしいので伝えて下さい!
お願いします!


約180人の現場人材が放射能のジャングルの中で原子炉を冷却するため、
命をかけた闘いを続けている。 そうです

この180余人の方々に人類の名前で感謝し
心から祈ります

日本人を そして人類を救うために
自らの生活、命を犠牲にしてくれている 彼らの無事と作業の成功を...


a life 坂本龍一さん

[PR]



by cocomerita | 2011-03-24 23:58 | 震災 | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : https://cocomerita.exblog.jp/tb/15094869
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 双葉 at 2011-03-25 00:28 x
こんばんは、途中覚醒したので覗いてみました。
うん、そうらしいね。東電の8割は志願を辞退し、あとは下請けの方達だ、という話を夫から聞きました。
退職目前にして志願した方の話も。。。

もし、臨界点に達していたら、今さらながらぞっとします。日本を守るために作業に従事してくれている彼らのために、私も祈っています。このまま無事に家族のもとへ帰れるようにと。作業が無事終了しますようにと。
たくさんの皆さんが祈ることによって、そうなることを祈念しています。
Commented by cocomerita at 2011-03-25 02:36
Ciao 双葉さん
うわわい、時々声が聞けると安心するわ
お宅の方は、大丈夫?

日本人全員の将来がかかってる
本当にありがとうと言いたいし
彼らが無事にお家のご家族のもとに帰れるよう、そして彼らのしてくれてる作業が機能してくれるよう
私も毎朝、毎晩祈ってるんだ
Commented by 双葉 at 2011-03-25 03:59 x
Ciao junkoさん。うちのことまで心配してくれてありがとう。こっちは大丈夫よ。(地域制のせいか買い占めには腹が立ったけど)、今はただひたすらに彼らのために祈りましょう。ニュースで見たけれど短い長靴を履いて作業していたんだって。それで…被ばく。
やっぱり下請け会社の社員だった…。彼らの被ばくの程度がどうか軽いものでありますように、というのも今願っています。
日常のふとした時に、折あるごとに心から祈っています。みんなの祈りが通じますように。
Commented by vicolos at 2011-03-25 08:27
本当にね、私も祈ります。
作業にあたってくれている方も私たちと同じ普通の方。
たまたま社内配属で原発関係になっていたため、夫がこの事故処理に従事しているという妻の記事を新聞で見ました。小学生二人のお父さんというから若いし、望んで原発に携わってきたわけじゃないと奥さんが嘆いていましたが、家族としてはそうだろうなぁ。
それでも家族を含め頑張ってくれていることを思うとみなさんの安全を祈らずにはおれません。そして感謝を。
Commented by hisako-baaba at 2011-03-25 08:44
junkoさん
決死の努力を続けて、原発を守っている方々の中に、
被曝者が出ましたね。足に放射線での熱傷?どうか酷いことになりませんように。祈るしかない日々です。
志願して危険地帯で活動されている方々のご無事を、
原発がこれ以上問題を起こさないことを。祈ります。
Commented by tetsuro-w at 2011-03-25 09:13
原発の問題に関しては、
健康被害が出るレベルではないから大丈夫、
という楽観的な発表が繰り返されるばかりで、
ちっとも正確な情報が伝えられていないのが現状です。
原発のプロとしてこれだけの危険を覚悟で
懸命に作業している方々には本当に頭が下がる想いで、
私も深い感謝の気持ちをこめて、
作業の成功と作業員の皆様の安全を祈りたいと思います。
日本では現場の最前線には責任あるべき当事者は近寄らず、
下請業者さんに丸投げするのが当たり前に行われてるけど、
いかにも東電が全力で対応してるように報じられるのは、
実に腹立たしいですね。
Commented by nmariomama at 2011-03-25 18:36
こんにちは。
当初より、祈りっぱなしの私であります。
でも、何だか事態はどんどん悪くなるみたいで、
中におられる方々のことが心配で心配で。。。
とにかく祈ることしかできない、祈ります、心から。
今、原発で作業している方々が無事に作業が終えられるよう、
必死で祈っています。
Commented by nob at 2011-03-25 18:56 x
junkoさん、junkoさん。情報を鵜呑みにしない、って言ったばかりじゃない。

特防隊の55歳以上って・・
自衛隊の階級別の定年調べてごらんよ。55以上なら佐官か将官だよ。予備役もまだ配置されてない。あり得ないです。

確かに東電は各電力会社に協力要請したらしい。事実関電と中電から応援の人乗せたバスが来たのも見た。
でもすぐに引き返したよ。資材だけ置いて。

他電力会社の協力会社は知らないけど、オフサイトセンター(福島第1原発の免災施設)に無理やりに直接乗り込んだのでなければ俺たちのいたコールセンターに来たはず。少なくとも16日までは俺は見ていないよ。

再臨界がナントカいうのは突っ込む気力もない。

被爆までして頑張ってる人たちがいる(まぁ・・ハラ立つけど)想定してない作業で従来の防護対策が効果を出せない状況で、それこそ命がけでやってる(やらされてる)人たちがいる。
その人たちの無事とミッションの成功を祈る気持ちに変わりはないけれど、こういう煽りのチェーンメール回す、みたいなのは違うと思う。
書いた人も善意で彼らを想う気持ちがこれを書かせたんだと思う、思いたいけど。
そゆことです。
Commented by cocomerita at 2011-03-25 19:25
Ciao 双葉さん
やっぱ、近いからね
何かと気になるのよ 笑
東電のお偉方は、きれいな作業服で、安全な場所で、役に立たないことを無表情に報告し、その下請けの人々が必死になって作業する
いつも思うんだけど、この社会構造はむちゃくちゃ嫌い
被曝が、超軽度であることを祈ります
Commented by cocomerita at 2011-03-25 19:28
Ciao vicolosさん
お偉いさん達が、政府官僚企業も含め、遠巻きにしてる中で、作業をしてくれてる人達がいる
その方たちが、ご無事で自分たちの家族のもとに帰れることを、そして彼らの作業が成功すること、祈らずにはいられないよね
彼らがいなかったら、とっくにもっとひどい終結を迎えていただろうから
有難いです
Commented by cocomerita at 2011-03-25 19:29
Ciao hisakoさん
やっぱり被爆者出てしまったんですね
そうだよね
実際は相当ひどいらしいから
こういうことで更に被害者が出ないこと祈るのみです
もう被害者これ以上増えてほしくない
Commented by cocomerita at 2011-03-25 19:32
Ciao tetsuroさん
いや、心ある人は、ぁの記者会見に出てくる人々の、きれいな作業服、汗一つかいてないような顔を見れば、誰がやってるかは一目瞭然でしょう
東電は、今回作業してくださった方々に、一生破格の特別年金「少なくとも」出さなきゃいけないと思う

まずは皆さんのご無事を祈って
Commented by cocomerita at 2011-03-25 19:35
Ciao まりおママさん
思いの力を信じる私としては、もうこれしかないって感じ
散々ひどい目にあって、さらに頭から放射能浴びせかけられてる被災地の人々にも、思いが及び、胸が痛いよ

これも皆原発の危険を自分の欲のためにないがしろにした奴らの責任
腹が立つ
Commented by cocomerita at 2011-03-25 19:51
Ciao nobさん
nobさんは実際現地にいたわけだから、nobさんの言ってること以上の事実はないと思うけど、
nobさんが現地にいた16日以降いろんなことが起こってるのも確か
情報を鵜呑みにしてるわけでなく
こういう人々がいるのも確か
50歳以上の人がボランテイアでいらっしゃるのも、私はいろんな筋から聞いています
まあ、その筋があてになればの話だが...苦笑

いずれにしてもさ
中や近くで大変な思いして作業してる人達がいるのは確かで
私はね、祈る力も信じてるから
何もできないけど、みんなで祈れば奇跡は起こるかもと思うのよね
だから、こういう類のnobさんいうところのチェーンメイル
nobさんご指摘の将校云々ってのは別として...
こういう人が陰で頑張ってくれるってことを思い、感謝するだけでも、無駄でも有害でもないと思うんだけど

ところで、自衛隊って55歳までいたら誰でも将校になれちゃうの?
そんな簡単な世界?
普通の会社は、50までいても課長にさえならない人たくさんいるじゃない?
Commented by nob at 2011-03-25 20:34 x
まさか。
下っ端の兵隊さんや下士官は定年が早いのです。
兵隊さん(陸士)は30代だったな、下、准士官(曹、尉)は40代で定年退職させられちゃう。

50代半ばで現役自衛官だってことは、すなわち佐官クラス以上ってことなの。陸自なら部隊長以上、海自なら艦長だね、もちろん防衛大学卒ばっか。
そういう人たちなの。志願して別の部隊に入るなんてことはあり得ないし許されない、絶対に。
特殊武器防護隊、CRFっていうんだけどここの部隊長ってたしか一等陸佐だったと思うよ。一等陸佐の定年が56歳。ね?おかしいでしょ内容が。

ソースの根拠のはっきりしない報道も多いけど、せめてソースのない情報は疑ってみるぐらいでいいと思う。

ハートは熱く、眼と頭はクールに。
もちろん今このときも現地ではたくさんの人が努力してる。そこはとんでもなく危険な現場ですよ、それはもう間違えようのない事実。
そこをどうのこうの言ってるわけじゃないです。

でも情報っていうのは人を走らせるのです。良い方にも悪いほうにも。junkoさんもこうして情報を扱ってる人間の一人だから、そこはちゃんとわかって欲しい。
そう思って書きましたのさ。
以上です。
Commented by nob at 2011-03-25 20:40 x
P.S
作業服っていえば、レンホーが作業服の襟立てて着てんのみると超ムカつくんだけど。どう?
Commented by junko at 2011-03-25 23:11 x
Ciao nobさん
なるほどね~~
私はどうしてもこの記事を出してる人が信頼に値すると記事も信頼できるのではないかと思ってしまうところがあって、駄目だね―
一応、この記事リンクさせてもらった人にも言っておくね

情報扱ってるって言うかさ―
なんかねーいろいろ来るんです
載せてくださいって
そんなに人並みよりアクセス多くないと思うんだけどさ
でも更に気をつける
これからもなんかあったら言ってね
有難う

ところでレンホ―

死ね!
彼女は政界に登場した時から一度たりともいいと思ったことがない
Commented by kanafr at 2011-03-26 10:00
junkoさん なんて言っていいかわかりません。
驚きと申し訳なさで一杯です。
私を信用して記事にしてくれたのに..。
私の友人もこのメールを貰って義憤にかられて私の所にメールしてきたんだと思う。
本当に申し訳ないです。
Commented by nob at 2011-03-26 20:07 x
あー・・なんかすみません。そういうつもりでもなかったんですけどねぇ・・

ワタシこれがソーシャルネットワークの問題で同時に限界なのかな?って気がしまして。
ソーシャルメディアってのは本来は既存のマスメディアと違う目線で現場から発信されてゆくべきものです。その端的な例がNYの911同時多発テロだったと思います。
同じ切り口で同じ情報を繰り返して恣意的なコンテキストに誘導しようとするマスメディアに対して一般の市民が市民の目線で恣意的じゃない一次情報を発信したソーシャルメディア・・この功績はとても大きかったんじゃないかと。

だけど今回、この市民権を得たソーシャルメディアの暴走が目立つんですね。はっきりいえばデマの発生装置になっちゃった。嘘の救援依頼、嘘の事故情報、汚染情報、憶測、風聞その他もろもろが真偽を確認されることなく(確認しようがなく)簡単にRTされて拡散しちゃった側面があります。その実害がどの程度であったのかはもはや知るすべもありませんが・・
(続きます)
Commented by nob at 2011-03-26 20:15 x
人の不安や恐怖、憤り。もしくは善意、そういうものに訴える情報はたやすく人を走らせます。
特に今のように人の気持ちが不安定になってる時にはなおのことです。

ワタシ個人も含めてブログ、ツイッターで情報を発信、拡散できる環境を持ってる人はここんとこ肝に銘じておくべきなんじゃないかな?そう思ったのです。
不愉快な思いをさせてしまったならごめんなさい>Kanafrさん。他意はないのです。
ということで・・・また。
Commented by cocomerita at 2011-03-26 20:34
Ciao nobさん
nobさんのいいたいことはよくわかるし
私たちは情報を発信できる立場として、もっともっと気をつけなきゃいけないという警告と受け止めさせていただきます
以下 kanafrさんに書いたコメント
Ciao kanafrさん
確かにね、情報を発信できる人は、十分に気をつけなければいけないということなのでしょう
だから、こういうことを言ってきてくれる人の気持ちもわかる
でも、誤情報にもその種類っていうか程度の差ってのがあって
祈りましょうという呼びかけに応じて、それはそれほど深刻なご情報であったのか?っていう疑問を個人的に私は感じてます
akicosmosAサンが言ってるように、根っこの部分は伝わってる
そう考える私は甘いのかな?
Commented by cocomerita at 2011-03-26 20:38
Ciao kanafrさん
あー―心配しないでください
これからお互いにもう少し気をつけなきゃって言うことだと思う
みんなよかれと言う気持ちでやってることは確かだからね
気にしないでくださいね
で、
今回はkanafrさんが頼んだんじゃなく、私が読んで感動して、載せてもいいですか?と頼んだのよ
だから、私のブログでの記事に関して、kanafrさんの責任はない
私がもっと調べなければいけなかったことです

まあ、言ってきてくれる人がいるだけ有難いと思う
今までも十分気をつけてるつもりだったんだけどね
まだまだ足りないってことでしょう
場合が場合だからね
こちらこそ、わざわざありがとうね
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
黒い森の白いくまさん
MU PHOTO
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに。。    ...
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
オトナの社会科・中東から...
俺の心旅
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live
明日をもっと楽しく!した...
父ちゃん坊やの普通の写真その3

最新のコメント

Kimanbaさん 続き..
by cocomerita at 16:23
Ciao kimamba..
by cocomerita at 16:23
ブログを閉じられた後に初..
by kimanba at 13:02
Ciao anohiwa..
by cocomerita at 08:34
水浸しのイタリアの映像を..
by anohiwa at 21:06
Ciao hanaren..
by cocomerita at 17:20
あんまり書き込むとご迷惑..
by hanarenge2 at 14:30
Ciao 2018-11..
by cocomerita at 05:07
続きです。 あれ程の事..
by kanafr at 10:04
今年は、フランスも南仏だ..
by kanafr at 10:03

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧