私がローマで独りで始めたわけ 

家探し ① 〜 普通 ではだめ、、なんだ

友人達の


一体いつ ジュンコの怒りが冷め
家探しを諦めるのだろう、、と言う 遠巻きからの視線を受けながら


家探し 継続中


電話がかかってきて
どう? 元気? と 始まり

家を見に行った と言うと
電話の 向こうで ため息にも近い息遣いが聞こえてきて
思わず苦笑



怒りなど とっくに収まっている けれど
幻滅したと言う思いは そうそう簡単には 拭い去れない


今まで家を三軒 見に行き
どれもこれも 私の食指の その指先の先っぽにさえ 引っかからず



おーーーい!!
田舎の古びた一軒家ーーーーー! どこに居るーー??



サイトで探すだけでなく 不動産屋さんにも お願いし
しかしながら
どうやら
彼らは 私の求めているところが理解できない らしい



電車の駅が近くですし、歩いていけますよ

ー イヤイヤ 電車の駅など少しくらい遠くてもいいのです


お店も近くにありますし、買い物にも便利です

ー イヤイヤ 買い物など週に一度しかしませんから
店など どこにあっても 興味ないんです


庭がなければ と言うと
それこそ猫の額ほどの 箸にも棒にもかからない
私からしたら 庭ではなく 玄関先としか呼べないようなものを見せて、


ね、お庭もあるし と言う


孤立しますよ

ー それがしたいのだーーー



三部屋もありますしね

ー 三部屋の 三という数字を増やすために
無駄に仕切った空間など 使いづらい、しかない。
だいたい 私はドア ってやつ が大嫌いなのだ


普通過ぎて
全く一言も語りかけてこない家を見せて
きれいでしょ と言う


私が結婚適齢期だった時に
出会ったり 誰かに勧められたりした
「 普通の意識では条件が良い 」と言われる男性たちの顔がふと思い浮かんだ


彼らの 誰1人にも 私の興味はピクリともそそられなかった
なんでーー?? と いくら友人たちに訊ねられようが
そそられないものは そそられない



多分きれい とか ステキ の基準が違うのだなと 三件目で思いはじめる



確かに
今住んでいるこの家を 家探しの初日で見つけた事は
すごくラッキーな事だった のだ


友人のレナートも家を探していて
彼のは借家じゃなく 購入する家だけど
同じ分野なので、しばしば彼の家探しに付き合います


一昨日もうちの近所
アングイラーラ湖の近く(ちゃんと街です) に見つけた一軒を見に行き
とても 古い家で (私は古い家が大好き)
天井に古木の梁が渡ってる (私はこの類の天井が大好き)

この家は もうガンガン語りかけてきて
すっぽり包んでもらってる いい気分になる


買えば? とオススメする


その帰りに 彼のバイクの後ろに乗りながら
Affitasi 貸家 という看板をみつけた
急に止まってもらうわけにもいかないので (危険)


諦める


今朝早くに
うちのすぐ近所の家を見に行くから一緒に来てくれない?と
再び彼より電話があり


遠くではないので 付き合う事にする
現場に到着してみると
なんとあの私が 立ち寄って 見るのを諦めた看板があったところ
そのもの (運命?)


彼用の売り家を見た後で ( 今回は 全くダメだった)
帰り道

早速その看板に書いてあった電話番号に電話する (善は急げ)


、、、出ない


ま、いっか
それほど期待していたわけではないし、、
そう言えば 最近期待 と言うものをしなくなったなあ と考える
(いい傾向である)
(期待は 幻滅のお母さんです)

それから30分ほどして

私の携帯が鳴る
彼女 からだった


声がいい
話し方がいい
話がスムーズに繋がる
こっちの不動産屋さん特有の胡散臭さがない


この際 初めからちゃんと言っておくことにした


あの
少しくらい遠くてもいいんです
電車の駅なども遠くていいし
店など むしろ近所になくて良い
私は静けさを求めているから
人からむしろ遠いところでいいんです
猫が3匹います
庭 と言っても そんじょそこらの、、じゃなく 膨大な庭が欲しい
家の広さは最低 75平方メートル 最低です
狭いところにはいられない
だからそのためには多少不便であっても厭わない


彼女が最後にこう言った
あなた今はどこに住んでるの?
サンニコラです
サンニコラ いいところよねえ なんでまた 引っ越したいの?
借りた時にあった静寂が失われつつあるから、、
あ、ご近所さんとの問題?
まあ、そんなもんです


電話の向こうで大きく頷く気配


なんかこの人にはわかってもらえる気がしています (少し 期待してる)



b0150335_18093653.jpeg


今日は雨










[PR]



by cocomerita | 2018-01-12 06:11 | ローマ | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : https://cocomerita.exblog.jp/tb/27989793
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by anohiwa at 2018-01-11 20:39
家探しって本当に大変。
junkoさんの求めている家は いつ頃見つかるのでしょうね~~
こういうのって タイミングとか偶然とかがあるような気がします。 ウチも10年位見つけてて なかなかなかったのにある日突然、見つかった。

junkoさんのお好みのお家が早く見つかると良いネ!!
Commented by cocomerita at 2018-01-12 01:11
Ciao anohiwaさん
たしかに 人との出会いと同じ
運命みたいなものもあるでしょうねえ
たしかにタイミングもあるだろうし、、

家自体の住環境は 人間関係は抜きにして悪くない
むしろ 理想的なんで、、
急いで環境悪化させる事は避けたいのです。

またざわざわ 大勢人がやってくる夏前までに引っ越しできたらいいなあと思っています
Commented by green-field-souko at 2018-01-12 06:12
わかる。わかる。古い家はいいよねーーー
あえて築35年オーバーの部屋(庭までは無理だけど)を選び、
壁をとっぱらって猫と(陽と風と)暮らすわたしなので。

junkoさんも、そのうち、お家に〝呼ばれる〟と思うな。
理想の住まいと出逢えますように。
Commented by saheizi-inokori at 2018-01-12 09:37
いいなあ、そんな家に住みたいなあ。
Commented by cocomerita at 2018-01-12 17:36
Ciao 草子さん
そうなのよーー
草子さんもそうだよね!
古い家もそうだけど、古いものたちってさ
ただ 古いから、というのではなく、彼らがその時代丁寧に心を込めて作ってもらったから
なんかちゃんと魂入れてもらってるから 、語るべきものを持っているようで、
空気がね 全然違いますよね

私ね 日本でも実は 来るべき帰国に備え古家探しています
もはや東京には住む気 全然ないので
草子さんちのご近所に古家あったら教えてください 笑
Commented by cocomerita at 2018-01-12 17:39
Ciao saheizi さん
うちから大学に行くのに1時間半かかります
それでも 人の住居や人から遠ざかって自然と近く暮らせる代償としては真っ当ではないかと思っています

うちの前には何にもないんです
限りなく空が続いている
もはや 都会には戻れません 苦笑


Commented by sidediscussion at 2018-01-12 21:25
都会には戻れない、すなわち、日本にもどれない?
という事? 淳子さんね、日本に戻ったら、別荘と本宅と二軒持てば楽しいわよ。きっと。東京にお家持ってられるでしょ? そして、うーーんと田舎の広いところに別荘。生まれ変わったら、そうしたい。
Commented by cocomerita at 2018-01-12 21:43
Ciao sideさん
いや、日本にはその内帰らないとなあとは思っています
お婆さんになったらローマの暮らしはいろいろ大変ですから、
Marshaさんには反対されましたけど ふふふ
都会はもうダメ
ローマもダメ
ちょっと都会に長居すると変な疲れが溜まるし
まず東京には戻れないってことは確実

過疎地くらいの 山奥に行きたいと実は そう言う古い家を日本で探しているんです
いい家が見つかったら 帰るキッカケになるかもしれません ふふふ
Commented by けい at 2018-01-13 14:36 x
引っ越しは凄く疲れます。50台で今の家に
引っ越ししました。その時に今度この家を
出るときは棺のなかで、とおもいましたねー
自然が豊かすぎる場所、蛇、ムカデ、大かまきり
毎日悲鳴の連続でした。貴女に睨まれそうだけど
虫大の苦手、夜になるとほーほーとなく鳥、
寝床の中で寂しくて涙が出ました
初めて静かな場所に引っ越しをして私には賑やかで
便利な場所がいいと思いました
今は駅が近く賑やかで便利です。でも東京のような
素敵なcafeが無い、本屋もない。
歳をとると生まれて育った環境が恋しくなるとか。
1時間電車に揺られて騒々しい東京駅に着くと何故か
ホットします。 フフフ 貴女と私、正反対ねー
私これから過疎地に引っ越しをしたらたきっと
ボケ老人ににすぐになると思うわ。
東京徘徊老人になってます。
Commented by cocomerita at 2018-01-13 19:10
Ciao けいさん
笑 人はいろいろですね
私の友人たちも むしろ都会じゃないと、と言う人の方が多いので、私がここに引っ越すと決めた時もこんなに遠くでどうする気なのだ、と散々心配してくれたけど、遊びに来て納得はしてました、
それでも私はここではダメだと言ってたけど 苦笑

鳥がほうほう いいですねえ
うちもいろんな鳥の声が聴けますよ
夜にほうほうとか キーキー鳥の声だかすると、どんな鳥が啼いてるのだろうと想像するだけで楽しくなって ほのぼの眠りにつけるんです
そしてなによりも 生活音がしないのが何よりなんですよね
誰かのかける 、聴きたくもない音楽とか はっきり言うと話し声も耳の邪魔だし
朝起きるじゃないですか?
誰に見られることもなく、外に出て外の空気を吸える
昨日も朝方起きたら寝室の窓から 細い月が見えました
うちの前には何もないんです
そう言う何もない。と言うことが私にとっては何よりの贅沢で、そう言うの味わってしまうと 便利という名のもとの駅とか店とかそう言う存在が みんなどこかうざったくなるんですね
駅があれば人の通行が産まれますから、どこかざわざわするでしょ?だから駅のそばは嫌なんです
静寂ってすごい贅沢なことでもあると思うんです
風の音 鳥の声 時々飛行機が遠くを飛んでる、そう言う音しかしない空間ってすごい癒されます

この傾向 年々高まり、、このままいくと 仙人生活になるのではないかと 、まあそれができるならこんな至福なことはないけれど、、ふふふ

そうですね
けいさんと私 正反対ですね
色々な人がいるから 人口分布されて いいのかもしれませんね 笑
Commented by noboru-xx at 2018-01-13 20:15
日本では考えられないほどの贅沢な家探し・・・
だって日本なら別荘なみですから。

ただ私は、広い自己所有の庭はないけど、
あとは希望にそうようなところで住んでいました。

Commented by cocomerita at 2018-01-14 00:23
Ciao noboruさん
いやーーそんなことはないと思うけど、、
駅からひどく遠くていい、店も近くにいらない、不便でいい、と言ったら 日本でもまだまだあると思いますよ
イタリアでも みんな住環境より便利を重視するから、理想の住環境が得られづらくなる
だって便利なところは、人が集まる
その人数で許容スペース分けるわけだから 自然一人当たりの面積が狭くなる
イタリアでも一緒ですよ
私は便利だと人通りが多くなる ってこともあって、むしろ不便でもいいから誰もいないところ、と希望してるんで ふふふ

>、、、あとは希望にそうようなところに住んでいました、、
ね? あるでしょ? 日本でも笑
Commented by ♥ junjun at 2018-01-14 10:54 x
♪お引越しですか?
住むところを探すって大変ですよね。

チェジュに来て 両親が亡くなり住んでた大きな家を売り
代わりに住むところを見つけるのに 苦労した事思い出しました。
焦って決めたところは大失敗で 1年たたずに引っ越しました。
junkoさんの事だから そうそう妥協して何処でもって事は無いと思います。
早く、気にいる所が 見つかるとイイネ。
Commented by hisako-baaba at 2018-01-14 17:15
え!junkoさん、今の住まいより良いところを探すんですか!?
そりゃ大変でしょう。広い庭!ニャンコ達の自由。

将来日本に帰る時は過疎地に住む?それは良いかも。
貴方の条件に合う家が見つかりますように。
Commented by cocomerita at 2018-01-14 17:19
Ciao junjunさん
今住んでるところは物理的にはほぼ理想的で、だからここと少なくとも同じ条件を見つけるのは簡単じゃあないと覚悟はしています。
そうそう、引っ越したはいいけど 居心地悪くて、、なんて事にならないように、じっくりゆっくり探します

ありがとうございます
きっと見つかるとなぜか思っています 笑
Commented by cocomerita at 2018-01-14 17:31
Ciao hisakoさん
苦笑 そうなんです
簡単じゃあない事は重々承知
だからまた少し街から遠ざかるか、お家賃もう少し払うか、、それだけの価値がその家にあるか?っていう問題ですよね

いずれにしても彼女から遠ざかるために 住環境悪化させてもなんて思ってませんし、ラッキーなことに私の家と大家の家は離れてて 、私の家は全く別の方向向いてますから、顔を合わせる機会もそんなにないし、大家と友人でいなければいけない理由もないわけで、大家と店子という無機質な関係でいればいいわけで、だからゆっくりじっくり探します
できれば今年の夏に大家とその息子が再び庭を幼稚園へと変える前に移動できればと考えています
去年の夏は大家の息子の友人が二家族夏だけ 移住してきて 子供3人に彼らのいとことか毎日遊びに来て総勢8人
それが毎日でしたから
もうあの大騒ぎにも 付き合いたくないので、、

そうそう 本当に
過疎地くらい人がいないところが理想なんです

Commented by koubocyann at 2018-01-14 19:08
Cocomerita Junko様

年も明け、やっと落ち着いてきたので久しぶりのお邪魔です。こんにちは。何も知らなくって申し訳なかったな~と。いつも私に温かいメッセージを届けてくださっているのに。いろいろおありでしたね。
 おうち探し!大変でしょうね。何しろ、おうちなのか公園なのか(japanだったら 笑)わからないような夢のようなお住まいに住んでおられたのですから。
 ジレッタちゃんも連れて行ってあげられるのですか?じゅんこ様のことだから、環境が変わってかわいそうだから置いていかれるかな~。あなたがおられない方が、ジレッタがかわいそうと思いますが。
 わたし今年で50歳になります。今頃、まっすぐということの大切さをつくづく感じております。
自分をかえりみると何とも~ああすれば、こうしていればっていう思いばかりでうんざりします。
どうせ生きるなら、好きなことにまっすぐに歩んだほうが絶対いい。(人生、折り返しは生きてきたんで~言ってもいいかな~)。
じゅんこ様は、まっすぐな方ですよね。素敵だと思います。ぶつかったり、ある程度の強さも必要になるとは思いますが(笑)。まっすぐに生きる。そんなにたやすいことではないですもんね。でも、楽しいし、悔いもないんじゃないかと思います。自分を偽らずに生きていく、素晴らしい。
 人生後半戦、気持よく過ごせるおうちがみつかりますように。
また、楽しみにお邪魔させていただきます。いつも本当にありがとうございます。
Commented by cocomerita at 2018-01-15 07:37
Ciao koubocyannさん
新年は お商売やってらっしゃると忙しいですよね
おせちに飽きた方達が、きっと普段よりたくさんkoubocyannさんちの美味しいパンを求めにいらっしゃったと思いますから、、。
そう言えば母が生きてる頃 お正月が明けるなり、フランスパン買いに行ったっけなあーーと思い出しました

今年もどうぞ美味しくて身体にも心にもやさしいパンを焼いてください
こう書きながら ふとハウルの動く城のかまどの精を思い出しました
Koubocyannさんちにも居そうですね 笑

これは私の、我慢できないという欠点でもあると自覚はしているのですが、、分別がないのですよ ははは
私は社会のひっつりひっぱりがないので、こうして好き勝手にやっていけるのです
Koubocyannさんは、ご商売やってらっしゃるから 私みたいにかかって来るものと片っ端から 闘い 投げ飛ばすってわけにはいかないでしょう 苦笑
でも やっぱり我慢するって 多分心にストレス溜まることあると思います。
いやいや、koubocyannさんこそ素直なまっすぐな方だと私は想像しています
そういう素直でやさしい穏やかな方だから 魔法のパンが焼けるのだと私は思っています
ああ、いつか食べに それも突然行きたいなーー

ジレッラはね、、私は猫3匹で動物の許容量超えちゃってるので大家さんが我が家の敷地に残すことをオッケーしたという、つまり大家管轄なんですよ
お世話は全部私だけど、
、自分のものと思ってるかもしれません
できたら連れて行きたいですけどね

はい、ありがとうございます
きっと見つかると思っています
こちらこそいつもありがとうございます




Commented by marsha at 2018-01-15 11:02 x
婿探しとか家さがしとか 面倒ですねー。

ま、決まるときは案外簡単に決まるのよ。
巡り合いってそんなもんです。
夫も3日で決まったわ。
それでも添い遂げましたから。

家の建て替えの時も雑誌で見た家が案外良さそうと
思ったら夫も同じ記事を見ていたらしい。
その雑誌の編集長は夫の後輩だということで電話を入れて
尋ねたら、その建築家を紹介しましょうとなって、藤沢から翌日こちらへ尋ねてきてくれました。
傾斜の土地で地元の建築屋は難色を示していたのですが、この建築家は面白い土地だからやって見たいなどと言い直ぐに話がまとまりました。
こちらの予算を聞き、それから設計図を書いて二週間後くらいにまたやってきました。
デンマークに留学して北欧の建築を学んだという興味深い経歴の人でした。
意気投合して夫が彼に任せたいと言い出し、直ぐに家の取り壊し、整地、とトントン拍子に話が進みました。

決まる時には極簡単に決まるのですよね。

機が熟す時ってそんなもんです。

ま、とりあえずは今月20日ごろの試験でしたね。
大寒です。頑張ってねー。
Commented by cocomerita at 2018-01-15 18:08
Ciao marshaさん
そうですねーー
どっちもご縁とタイミングですよね
私もきっとmarshaさんと同じ 決めるのなら短時間。の方がいいかも、考え過ぎたら もうダメ、って感じ ははは
一緒に暮らす、のはいいけど 元々結婚ってあんまり興味ないのですが、
そういえば、
家探しも結構行き当たりバッタリでいい家に恵まれてきたかも、、(今のこの家は家探し初日で見つけましたし)

へーー
、、なんだかmarshaさんの家ってすごく素敵そう
Marshaさんもご主人もご自分の思い入れがちゃんとあって それをちゃんと手に入れようとちゃんと追求する方たちのようなので、、
ちなみに私もそう言う感じ
家だけに限らず
思い入れというか、自分のここだけは譲れない。みたいなのが 多分強い、だからなんでそこまで と言われ、自然と社会から外れる 苦笑

そうですよね
なんだか 今回はより一層運命感じています
だってね 去年の夏に子供8人とその家族にうちの庭侵犯されてから、来年の夏も同じ状況だったら嫌だな。と内心 非常に懸念してた、でもこうしてドラスティックに家を変えようとまでは思わなかったですから。
そこにこのバラの木の問題ですからね
もう時期だから他に行きなさいと言われている気がするのです
あとは 新しい巡り合いが 滞りなくやってきてくれるの待つと 笑

そうそう、よく覚えててくださいましたね 嬉
今月に27日 言語学の試験なので、今はそっちのが大事です
ありがとう、頑張ります!
こちらは大寒だと言うのに結構暖かいのです
マッサージに行って 庭仕事もそこそこにして 暖かくしてお過ごしくださいね
Marshaさんのお茶の時間は想像するだけで こちらまでまったりします
Commented by green-field-souko at 2018-01-16 17:10
junkoさん
こんなサイトを見つけました。
http://www.minka.or.jp/index.html

でもねえ、仮に引っ越すとしても雪の降らない土地がいいよーーー
病院や食料品店も近いに越したことはないしーーー
ド田舎の大変さを知っているわたしが言う!

試験なのね。がんばってください^^
Commented by cocomerita at 2018-01-16 18:04
Ciao 草子さん
ありがとう!
早速行って 民家トラストってページでステキな民家をたくさん見せてもらって うっとり夢膨らませていました
座敷わらしがちゃんといそうで、いいわ〜

雪は大変、やっぱりそこで生まれ育ってないと無理かもしれないと時々思います
医者は行かないから不要だし、商店も
私週に一回しか買い物行かないから 別にいいかなーと思ってるんだけど
草子さんちみたいに自分で少し栽培できたらいいなあ
ただこうしている間に自らの加齢は進んでいるということも思慮に入れないといけないよね 苦笑

そうなのよ
試験だってのに、家探しで落ち着かない
昨日も一件見に行った
ご近所で ロケーション抜群
ただ庭は地続きで ポツンと 四軒家が建ってる
庭の広さもほぼ完璧
ただね 思っても見ないことが明るみに、、
そのうちの一軒が犬 それも大型犬を2匹飼ってて 庭に放してると知り、退却
猫のために庭、、なんだけど、その猫がネックになってるという、、苦笑
もう一件は今週の土曜日
完全に一軒家だけど、さらに人里離れる
家が気に入っても勇気がいそうな場所ですが、
とりあえず見に行ってみます

まあ、あと何年生きるかわからないのだから、ああこんな不便なところに来てしまった という経験してもいいかもしれないなと思っています
ははは
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
黒い森の白いくまさん
MU PHOTO
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに。。    ...
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
オトナの社会科・中東から...
俺の心旅
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live
明日をもっと楽しく!した...
父ちゃん坊やの普通の写真その3

最新のコメント

Kimanbaさん 続き..
by cocomerita at 16:23
Ciao kimamba..
by cocomerita at 16:23
ブログを閉じられた後に初..
by kimanba at 13:02
Ciao anohiwa..
by cocomerita at 08:34
水浸しのイタリアの映像を..
by anohiwa at 21:06
Ciao hanaren..
by cocomerita at 17:20
あんまり書き込むとご迷惑..
by hanarenge2 at 14:30
Ciao 2018-11..
by cocomerita at 05:07
続きです。 あれ程の事..
by kanafr at 10:04
今年は、フランスも南仏だ..
by kanafr at 10:03

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧