私がローマで独りで始めたわけ 

人間なんて大嫌いだ 〜象の殺戮をやめさせる署名にご協力ください

試験勉強とは


私が普段 忌み嫌い あえて距離を置いている社会のシステムに
歩み寄り
そこに どっぷり浸かる と言うことで



身体も 脳みそもなんだけど
何より魂が疲れて 疲弊する


周りで 皆が 少しでもいい点を と
まあ当たり前でもあるんだけど
その あくせく の波動が私には ボクシングのボデイ ブローのように
ずしずし 食い込み 効いてくる



イタリアの試験は
鉛筆書き 禁止
後で 書き直したり書き足したりする のだろうから (少なくとも私の場合は )
答案用紙が汚くなる と思うけど 禁止
机の上に置いていいのは、 ペンと学生証のみ
おまけに
カンニングできないように 試験問題は 三通りあって
それが 各自 混ぜ混ぜに配られる


試験の後 一緒にチャイニーズランチに行った友人
テーブルに座って 足を組んだら
彼女の足首に
びっちり 論理とか 法則の名前とかが書いてあって
刺青ですか? と 大笑い




ここ数日は
死んでも勉強しないぞと心に決めたけど
それでも
少し心に元気がない


心が萎れている
そんな時 私は大好きな映画を見て エネルギー補給をします



始めに見たのは
宮崎駿監督の 「 ハウルの動く城」
宮崎監督の作品が好きなのは
そこには いつもやさしさゆえに発生した強さ
その強さに裏打ちされた、素朴なやさしさが流れている


たとえ それがお話の世界であったとしても
そう言う 限りなく自然の美しさに近い、

つまり雨の降った後に葉っぱに残って お日様の光に輝く滴だったり
びっくりするほど 透き通った声で 高らかに歌う鳥のさえずりだったり
飛び込んで来た蝶々の足の細さだったり

そういう
自然の営みと同じ類の美しさを宿す 人間の感情に触れ


ガソリン給油するみたいに
そういうのが どんどん 私の中に心地よく 染み込み
見終わったら 心も身体も 潤ってて 大きく深呼吸 伸びをした



そして
その次に見たのが
「 もののけ姫」


鉄を取るために
獅子神に守られている森を壊そうとする人間たち
獅子神の首は不老不死の効能があるから と 帝から命じられ首を取ろうとする人間たち

彼らの手から森を守ろうとする
狼に育てられた少女サンに
未だ古代からの教えを守って暮らしを営む東の国から来たアシタカ

話の始まりは 人間に殺された恨みの神に化身したイノシシが
アシタカの村を襲うところ から始まる



サンは
「 人間なんて大嫌いだ」 と叫び
アシタカは
「 森と人間 一緒に暮らしていけないものか」 と 森を攻めようとする人間たちに叫ぶ



私はサン
あっけらかんと ぼんやりと
何もわからない わかろうとしない人々に
木の命も人の命も 虫の命も 皆同じ 命であり その重さを持つ

どんなに言っても 無駄だと思い始めている

生の基本を異にする人とは付き合えない



東京に行きたくない。 のは そのせいでもある
私が生まれ育った 私の東京は 人間の欲に激しく蹂躙翻弄され
今 悲鳴を上げている

と 私の耳には届くのだから



火を噴く武器で
襲われても居ないのに
のどかに暮らす動物たちを追い詰め 殺し
その頭を 大邸宅の暖炉の上に飾る人々
象の足をスツールにする人々
皮を剥いで お洋服や 絨毯にする人々


極寒のアラスカに住んでるわけではなかろうに


つまり 無駄な殺戮
落ち葉の始末が大変だと簡単に木を切る人々
慰霊のために 世界一の大きなクリスマスツリーを作りましょう なんて
本末転倒な戯言 嘘を 振りかざし
長い間生きてきた木を平気で切る人々
そして
その木の命を惜しむことなく ただ派手だからと群がり 大騒ぎするちゃちな人間たち


本当の美しさを知らない 無知で乱暴な人々
人間なんて大嫌いだ


私たちは生あるものの命をいただいて生きている
肉を食べるな とか
魚を食べるな と言っているのではない

でも その命いただく時に
私たちの生を維持するために 失われた生に ありがとうとは言えないものか


日本の 「 頂きます 」は
「 慎んで その生 頂きます」
から来ているのだと私は思っています


作ってくれたお母さん にではなく
そのために犠牲になった生き物たちに
あなたがたの生を
「 頂きます」 と


象牙を取るために
象の殺戮やめない人々

「人間やめなさい」

って 多分 もうとっくに 人間などではなくなっているだろうが、、。




Hisakoさんのところから いただいて来ました

「 象の殺戮 阻止しましょう」

署名 と 大々的に拡散 よろしくお願いします
署名は ⬇︎から




中国では クローン モンキーが 2匹生まれたそうですが
それで 一体 何をしようというのですか?


人間 このままで 行くわけない


と 私は思っています


b0150335_20385531.jpeg


美しい と言うのは こういうものたち
そして

それを愛で 敬い 守る 心



思い上がるな人間
お日様の万物を満遍なく照らし暖める 日差しさえ 作れないくせに


そんなに 優れていると思うのなら
光合成でも してみやがれ
















[PR]



by cocomerita | 2018-01-31 08:53 | 生き物を救え | Trackback | Comments(25)
トラックバックURL : https://cocomerita.exblog.jp/tb/28057033
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by eblo at 2018-01-31 12:15
http://sho.jugem.cc/?page=0&cid=31

祥さんの短歌と樋爪愛子さんという方の版画です。
やっと紹介できるようになりました。
暫しの心の休息に。
Commented by anohiwa at 2018-01-31 13:49
孫が今夢中なのが

となりのトトロ
魔女の宅急便
崖の上のポニョ
アナと雪の女王    です。

宮崎駿さんの画とストーリーには 夢と優しさが溢れていて大人も一緒に観ていられます。
孫の心にも "優しさ" が 育ってくれると嬉しいと思っています。


戦時中の上野動物園の象の話を思い出してしまいました。涙が出ます。
思いあがった人間のやった事は 許されない事だと思います。
Commented by cocomerita at 2018-01-31 18:23
Ciao ebloさん
ありがとうございます
拝見しました
いろいろお手数お掛けしたみたいで、恐縮と言うか
嬉しかったです 嬉
Commented by cocomerita at 2018-01-31 18:30
Ciao anohiwaさん
宮崎駿監督はとても大事なことを映像でもって伝えてくれますが、でも子供はそれだけでは育たない
その後ろにちゃんと子供を愛し育む家族のいる家庭があることはやはり必須だと思います
そういう意味では りーちゃん きっといい子に育つと思います
とんとんを始め cocoちゃんやanohiwaさんのような素晴らしい家族の愛情にたっぷり包まれていますもん

戦争時は、戦争だったから市民の危険を避けるため と言うもっともそうな理由が捏造できたかもしれないけど、
で。今は?
過去の殺戮を悼むことなく、
わざわざアフリカに行って 殺戮を楽しむ

彼らは、紛れもなく殺戮者であり犯罪者であると思います
本人に自覚がないのなら、社会がそれを突きつける、やめさせるべきだと思います
拡散もよろしくお願いします
Commented at 2018-01-31 20:39
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cocomerita at 2018-02-01 00:01
Ciao 2018-01-31 20:39 鍵コメさん
ご丁寧にーー!
わざわざ 報告してくださらなくてもわかってますよ 署名してくださったこと

いつもありがとうございます
Commented by eblo at 2018-02-02 13:45
祥さんからcocomeritaさん宛のコメントが届きました。
回します。

cocomerita さん こんにちは

cocomerita さんは、イタリアにお住まいなんですね。
ここのアンダーライン付きリンクをクリックしたら、
イタリアでした。

「えごの花」、見ていただいてありがとうございました。

>ところで 仰ってらっしゃる版画と言うのは、lえごの花」のところの版画ですよね?
サイトには ほかの絵も載ってるので、

サイトにはほかの絵も、というのがよくわからないのですが、
ブログには、歌画集「えごの木」の中にある絵(版画)以外のは
ないんじゃないかなぁ、と思うんですけど。
(歌のモデルになった風景や物の写真はあるけれど。)

あのエゴの樹、ほんとうに見上げるような大木で、
武蔵野というか東京中でも、あんなに大きな、えごの木は、
どこでも見たことがないです。
今、住んでいる町にも武蔵野の名残りを残す雑木林も
えごの木も沢山見ることは出来るけれど、
みんな細い木で、抱えきれないような大木はみたことがない。
桜や辛夷以上に白い花が満開になると見事で。

それなのに、引っ越して何年か経った頃、
伐られちゃっていました。中央線の電車からでも見えていたのに、
悲しかったです。

みんな簡単に伐っちゃうんですね。
育つには100年もかかった樹でも、
この町で見つけた大きな大きな辛夷の樹、
羽根を広げた白孔雀のような辛夷の大木も、
一昨年の市の毎年の剪定の時期に伐られてしまいました。
(その時は、予算でも余っていたのか、
桜の並木も、丸坊主にされて。)
桜も惜しかったけど、その大きな辛夷は、
どこにもないような美しい辛夷だったから、
ほんとうに残念でした。
Commented by cocomerita at 2018-02-02 17:58
Ciao ebloさん そして 祥さん
こんにちわ

祥さんからの、、という事ですが、、、
ここにお返事して読んで頂けるのかなあ。。

教えていただいた「銀河最終便」(いい名前ですね)
エゴの花 版画 短歌集のところの版画と 5/31の街角の海 のところの版画とそして そのまた下に別のエゴの木 というタイトルのところの版画とそれぞれなんだか手が違うように見えるのです
同じ作家さんの作品かなあと、
それで色々な、、と伺ってみたわけです

木の切り株を見ると猛烈に怒りが湧いてきます
人の死体を見てるのと わたしにはほぼ同じなわけで
何もできず 逃げる事はもちろん、叫ぶことも恐怖で身体を震わせることも許されないその木たちが 身体にノコギリの刃を当てられたその瞬間を想像してどうしようもない気持ちになります
その怒りが 上で書いた怨みの神になってしまったイノシシとリンクするんです
人はね、大袈裟だと言うんです
でも私にとっては たかが一本の木ではなく一個の踏み躙られたいのちにしか見えません
そしてとても大切なものの喪失に変わりはないのです。

人々の無神経はこう言うところから派生し、知らないうちに魂を染めていきます
美しいものに触れ、いのちを大事にしないことに慣れるという事は、その人を内面から巣食っていきます
お母さんの手がかかったご飯を食べないと舌が麻痺して美味しいものがわからなくなる、のと同じこと
そうして私たちはどんどん 無骨でいい加減で乱暴で傲慢になって行きます
言葉の美しさも然りです。
だから まだそういう事がわかる感性を残している人が必死で守らないといけないと思っています

祥さん 美しい言葉をこれからも歌に詠み続けてください
Commented by eblo at 2018-02-02 19:00
ハイ、回覧板します。
祥さんがパソコンを修理しますと書かれているので、直接こちらにコメントを書けないのかもしれません。

回覧終了しました。
800字以内という案内が出たので二つに分けました。
こちらと同じようにすぐには内容が見られないので心配ですが、多分大丈夫でしょう。
Commented by eblo at 2018-02-02 19:39
私が「cocomeritaさんは蚊もハエも殺さない」と書いたら、祥さんからまたコメントが届きました。
こちらにも回覧します。回覧板当番喜んでやっています。

ハエや蚊も殺さない。
そうですか。
私にはできませんが。
ハエや蚊で思いだしました。

私の友人が、ちょっとした女優だったんですけど、
自殺未遂をして、その後遺症で車椅子生活になると、
お医者さんにも、もう一生治らないと言われていた時、
(実際には、少し脚を曳くだけで治ったんですけど。)
もう一度、死にたい気持ちになるくらい絶望して、
神様は、何で私なんかに命を与えたんだろうと、
私なんかに生きる意味なんてないと思ったみたいなんですけど、
あるときハエが止まっているのを見て、
神様はハエにも蚊にも命を授けたんだ!と、
生きる気になったそうです。
彼女は、その後、ジャズを唄ったり、舞台に出たり、
映画にも少し出ていました。
結婚して子どもも生んで、昔のようにではないけれど、
地道に和製ビリー・ホリディのような歌を歌っていたけど、
3.11のあった年の3月に、心臓麻痺で亡くなりました。  
Commented by cocomerita at 2018-02-02 21:16
Ciao ebloさん
お手数かけます
ありがとうございます。
Commented by cocomerita at 2018-02-02 21:29
Ciao ebloさん
それではお言葉に甘えて、、 笑

いや 流石に 蚊は 殺します
でもなるたけ 入ってこないように、入ってきても追い出すようにしています
それ以外は ハエも蜘蛛もミミズも殺しません

私ね、人生で与えられる全てのことは 全て神さまからのただ私たちの良かれ 私たちの成長を願っての宿題だと思ってるんです。
それが嫌いで辛いと 私たちはそれを不幸と呼び、気に入ると幸福と呼びますが、宿題を出した側の思いは皆私たちへの愛 故。だと、
だから起きることは皆ウェルカムで受け入れて、どうせやらないでおいても消えてなくなるわけではないので、やらなければいけない事はさっさとやってしまおうと思って励んでいます。
でもね、でもね もし私がその女優さんと同じ立場になって 自分の自由を奪われたら、一人でできることが激しく限られて なんでも誰かに頼まないといけない境遇になったとしたら、それでもありがとう宿題だーーと言って明るく励めるか? という事には大いに疑問があります。
家族のいない私にとって お腹が痛いくらいなら良いんだけど、歩けなくなる 動けなくなる というのは致命傷な訳で、その類の宿題がもし発生してしまったら、、多分 私の人生の中で 最大の超えなければいけない難関になると思っています。
怖いのはそれだけ、、。その女優さん えらいなああ、。
なにかを悟って逝かれたから、今頃すごく良いところにいらっしゃるでしょうね

自然と密に暮らしていると そうして学ばせてもらえることが日々あります。
雨が降っても風が吹いても寒くても極暑でも、水をもらえなくても 愚痴一つ言わず、地面に根を下ろしている木々たちには ほんとうに頭が下がります、
だからこそ そういう、言わない 言えない生き物の沈黙をいい事に好き勝手に振る舞う人間を心から軽蔑します。

ありがとうebloさん
Commented at 2018-02-02 22:56
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cocomerita at 2018-02-02 23:58
Ciao 2018-02-02 22:56 鍵コメさん
早速読ませていただきました
鍵コメさんがおっしゃってる事に感動しました
鍵コメさんは 深くてたくましくて そしてやさしく粗野な方ですね


Commented by tomoyoshikatsu at 2018-02-03 08:41
おはようございます

「 クローン猿 」………中国!
10数年前、、、「 ゴルゴ・13 」と云う漫画で
中国が「 毛沢東 」の クローン人間を造っている、、、

世界の「 優秀な女性 」を 拉致してきて
毛沢東の 遺伝子を組み込んだものを 卵子と結合させて…………

その情報を 察知した イギリス( アメリカ? )が スナイパー デューク 東郷 に 施設ごと破壊させる!!!

漫画家は、、、数十年先を見据えた !絵を描いていると思いましたよ

最近は 「 核弾頭 」が 打ち上げられた 数秒後に
ロケットを 破壊する!!!
2週間程前に 読みました

核の影響のない 上空破壊でした!!!
漫画ですけど わかる人には わかるんでしょうね………
理論的に、、、、
Commented by cocomerita at 2018-02-03 09:11
Ciao tomoさん
今や私たちが生きている現実は下手なSFの世界より非現実的で無機質ですよね 苦笑
命のかけがえさ 大事さが全くわからなくなったのは、人間が生き物としての尊厳を失い、自分たちに到底手に負えない、目に見えない世界、大いなる自然への畏敬畏怖を忘れたことも、生き物としての道理から大きく逸脱してしまっているから故だと思います。
普段は空さえ仰ぎ見ない、道端の花さえ目に止めない癖に、皆既月食とかお花見とか、そういう時だけ大騒ぎの恥を知らない美味しいどこ取りにうんざりします。
Commented by sidediscussion at 2018-02-04 12:33
人間はこのままでは、、、、、、

淳子さんの心の奥には希望があるのですか。

私はいいたかないけれど絶望しかないです。

破滅の始まりがもう始まっているような気がしています。
Commented by cocomerita at 2018-02-04 17:50
Ciao sideさん
もしかして絶望感の方が多そうだけれど、希望も絶望もあんまり気にしていません
どうせ私がそのどちらかを見る事はないと思うので、。
私が産まれる前から 徐々に腐ってきた国家です
それを蘇らせるのには、きっとそれ以上の長い長い年月と沢山の人々の善き思いや勇気が必要だと思っているので、、

ただ 前にも言ったかもしれないけれど、
いつもガンジーが言ったというこの言葉は気にしています

「あなたがすることのほとんどは無意味であるが、それでもしなくてはならない。そうしたことをするのは、世界を変えるためではなく、世界によって自分が変えられないようにするためである 」
何もしない、何もしなかった自分ではいたくないので、
そして
世界によって自分を変えられる。なんて まっぴらごめんなので、。

Commented by antsuan at 2018-02-05 10:55
生き物は植物であれ動物であれ、皆、感性をもっていると思います。仏教で云う輪廻を一神教社会も意識するべきでしょうね。
Commented by cocomerita at 2018-02-05 12:00
Ciao antsuan
一神教ならまだしも、、もはや日本は無神教国家
信じて拝むのは金と地位
動物の方がよっぽど情緒深いとさえ感じます 苦笑

日本人の牙(つまり強み)が細やかな感性とそれに準じて育まれた美しい日本語、および宗教観(新興宗教観ではなく、神様や目に見えないものを重んじ尊み畏怖する心)
だとしたら、第二次世界大戦敗戦で戦勝国であるアメリカから、それを故意に奪われ、そしてそう言った日本ならではの美と智慧をないがしろにすべく洗脳された結果であると私も感じています。
つまりもはや日本人は牙を抜かれた生き物であり、触覚を失った虫に等しい
勘どころか思考も働かなくなっているから、だからアメリカなんかに寄りかかり 困ったらアメリカが助けてくれるなんてことを、国民大半が信じきっている
彼らは肉屋 私たちは畜舎で飼われている家畜、もしくは 象牙を取られるために簡単に殺される象たちに等しいと言うのに。
その無垢さがむしろ恐ろしいです。
誘導するには赤子の手をひねるほど簡単なのですから。
Commented by at 2018-02-05 16:03 x
こちらのコメント欄では初めての投稿になります。
ebloさん経由で、いただいたコメント、拝読しました。

私のブログ、重複ばかりの支離滅裂な入れ方で、
入れっ放しの短歌倉庫。
紙で保存できないので、WEB上にあるブログを利用して
保存しているだけという。しかも『銀河~』だけでも、
2004年から放りっ放し。
見直してみれば、恥ずかしいこと限りなし。
少し整理しないといけませんね。


いただいたコメントで、考えてしまったのは、

>私ね、人生で与えられる全てのことは 全て神さまからのただ私たちの良かれ 私たちの成長を願っての宿題だと思ってるんです。
それが嫌いで辛いと 私たちはそれを不幸と呼び、気に入ると幸福と呼びますが、宿題を出した側の思いは皆私たちへの愛 故。だと、



私も、だいたいは、そんな風に思います。
キリスト教でも、「試み」のような感じですし、

淡々とこのかなしみに耐えること イエティの棲むネパールの空

と、歌でも書きましたが、仏教でも「修行」のように考えるようです。

堪えられない人には試さないとか、
その人に堪えられないほどの重さは課さないとか。

だいたいは納得しますけれど、
どうしても納得できないのが、
広島や長崎で原爆の投下を受けた人たちです。
もちろん絶対の悲惨はそれだけではないのですけれど、
戦争や飢餓、選挙や何かで、
何らかの形で国家体制や政策に、
間接的にせよ関わっている大人はともかく、
社会を構成している一員とはいえ、
何の責任もない乳幼児まで
神さまはお試しになるのかと。
罪を問うのかと。
それは愛なのかと。
生きとし生けるものの罪、原罪なのかと。
だとしても、酷過ぎませんかと。

乳幼児に、堪えられるか、修行と思えるのかというのはないと思うし、だとしたら、何なのか。
絶対悪や残酷な惨状、どのようにも思いようがない。
神さまからの宿題で、愛だとするなら、
一生かけて考え感じるしかないなぁ、と思っています。


Commented by cocomerita at 2018-02-05 18:11
Ciao 祥さん
改めて初めまして、
そうそう、あの時はebloさんにお手数掛けましたね 笑
山羊さん郵便が頭の中で流れていました、、ふふふ
でもこう言うのも悪くないなあなんてちょっとワクワクしました。楽しかったです

私も同じです
広島長崎でいきなり頭の上から爆弾落とされた、そして苦しみ、治療を満足に受けることもなく死んでいった子供たち、そして子供達だけでなく苦しんで亡くなっていった大人の方達も
そして現在なお苦しんでいる方たちも含め、彼らの事を考えると、私も怒りで訳がわからなくなります。
東関東大震災 それに続く原発事件の時もそう思いました。
なぜ、彼らがこんな酷い目に遭わなければいけなかったのか?!
そんな彼らに いえいえ、これは宿題ですよ、なんて とてもじゃあないが言えません。

でもね 私はやっぱり神様の大慈大悲を信じている、と言うか信じたいのです。
神様みたいな存在の方の思惑を私たちが全部理解しようと思う方が間違っているのだと。
そもそもただでさえ質も出来も悪い人間 そんな事が出来たらますます思い上がり横暴傲慢になるでしょうから、、。
そうして、 神様のなさることは私たちには全てはわからない。何故なら彼は私たちの見る未来よりもっともっと先のそしてもっともっと深いところを見ているから、、と言う立ち位置に私はたどり着きました。
でもね、わからなくても必ず意味があるんだと思うんです。
彼らが意味なく酷い目にあって苦しんで死んでいった。などとは思いたくない。
そこで私はこう思う事にしました
誰でもその人の生の長さを変えることはできない
ですから その生が終わったら、とにかく逝かなきゃいけないわけで、どんな形の死であろうと、その次のステップに入るためのきっかけであると。
私が困難も苦しみも宿題であると思っているように、人生は過去に積んだ魂の汚れを祓って、この現世で魂の成長を促す場だと思っているのですが、言ってしまえば、人生の最後にきっと総試験の点数みたいなのが出るのだろうと、(例えが変でごめんなさい) で、その点数と言うか、現世での人生が終わる時にその人個人がどこまで辿りつけたか、って言うのがきっとどこかに出てくると思うんです。

〜続きます
Commented by cocomerita at 2018-02-05 18:15
続き

ですから、長崎とか広島とか そして東関東大震災で亡くなった人たちとか、そう言う辛い逝き方を余儀なくされた人たちは最後に一気にボーナスもらえてるのだと、。
だって物凄く大変な経験を最後にしたのだから、
だからその分 ぐんと上がる
私は輪廻転生信じていますから、そうしたらぐんと上がっただけ、次は必ずさらに物凄く霊的に深い人間で そしてさらに実りある有意義なそして幸せな人生に生まれ変わってくると。
そう思うようになりました。

生とは人生とは 時間ではなく どうやって生きたかであって、それが赤ちゃんで一ヶ月の命であったとしても、彼は 彼の人生を生き切ったという事で彼は彼のその人生見事に全うしたのだと。

私ね 神様って私たちにいつも私たちのキャパよりほんの少し難しい課題を与える、と思ってるんです。
なんでもそうだけど、少し無理して 少し頑張らないと力ってつかないものですから、
そういう時 彼は私たちに出来るはずだとわかっているけど、私たちのその課題を受け取った時の嘆きもわかっていらっしゃると思うわけです
で、彼はその時に かわいそうだなあ、でも頑張りなさいと彼自身も少し心を痛めて課題を投げかけて来てくれるのだと、そう思っているのです
そしてそれこそが、神も辛いけど神自身も全うしなきゃいけないお役目、神の大慈大悲であると思っています。







Commented by antsuan at 2018-02-09 12:04
上のコメントを拝読すると信仰論で盛り上がっているようですが、仏教では「無」を意識することによってその悩み疑問を解決していますね。
0はインド人が発明したと云われていますが、無を理解したものでなくては気が付かない意識だと思います。
Commented by cocomerita at 2018-02-09 15:56
Ciao antsuan
信仰ではない。と思います
信仰とは人間がでっち上げたものを、仰ぎ見ることですから、そういうことではないと考えています
だって人生は宿題 ってのは、例え方はともかく人生の本質だと思うからです

多分 それがもしかして今の社会の問題の根本かもしれませんね
無やゼロを理解するためには 、叡智と謙虚さが何より求められますが、それを持っている人が一体何人いるか?
多分これもまたいつもantsuanが言っている政策の一つかもしれないけど、物を大量に与え 物への崇拝を扇動し、物で酔っ払わせて骨抜きにする

そういうことかもしれません
それにまんまとハマってる方も方だけど、、。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
黒い森の白いくまさん
MU PHOTO
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに。。    ...
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
オトナの社会科・中東から...
俺の心旅
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live
明日をもっと楽しく!した...

最新のコメント

Ciao turnipm..
by cocomerita at 10:22
Ciao けいさん お..
by cocomerita at 10:13
Ciao sideさん ..
by cocomerita at 10:02
どうも人は、というか生き..
by turnipman at 21:07
似ている私と。。。 放..
by けい at 14:44
知的な好奇心満載の淳子さ..
by sidediscussion at 08:41
Ciao 2018-0..
by cocomerita at 07:31
Ciao hisakoさ..
by cocomerita at 02:22
Junkoさんの回復早す..
by hisako-baaba at 06:41
Ciao Takeoさん..
by cocomerita at 17:51

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル