私がローマで独りで始めたわけ 

人でなしのくに

ただ形だけ、人の形をしている。
のではなく


人として 人たらん そんな人間でいたいと思います
人である。という事は
人でなし でないこと

人である事は
弱者に思いを馳せ
何ができるか 問う前に その手を差し出す事である


倒れている人
疲れて座り込んでいる人
苦しんでる人 が 求めているのは
何をしてもらえるか?ではなく
その差し出される手だったりするからだ
そして
それを私は共感と呼ぶ


差し出して
その手を取り合ったら
そのあと何ができるか一緒に 考えれば良い


人は
周りにいる 様々な小さないのちを尊び 大切にします

人は
周りにいるそれぞれのものの自由と、
そしてそこから生まれる選択を尊重します


人は 人の上にも下にも人を作らず ( 福沢諭吉は嫌いだが)
人の上にも下にも いかなるいのちをも置きません



人でなし でない人々は
人でなしな市議会議員も
人でなしな市長も
人でなしな総理も

決して選ぶことはありません


人でなし でない人々は
行政に頼る前に
自分で動きます

重い荷物に四苦八苦している人がいたら
一緒に運んであげる
気分が悪そうにしてる人がいたら
大丈夫ですかと声をかけてみる


それは福祉課に委ねておけばいい事、ではないからです



調布駅前の樹木たちが
彼らのいのちを守ろうと必死になっている心ある市民の人たちの声にも関わらず
本日 4本の木が伐られました

以下
調布駅前 南口広場樹木を守る会 より届いた報告です

 本日22日の抗議行動へのご参加、ありがとうございました!

雪まじりの冷たい小雨の中、朝早くから50人近い市民、議員に駅前

広場にお集まりいただき、抗議の声を上げてくださいました。

 8時半からのスピーチやシュプレヒコール、歌などによる抗議のな

か、9時半ごろからフェンスの中からチェンソーの音が聞こえてきま

した。泣きながらスピーチする人、フェンスの中に入って「チェンソーを止めて!」と叫ぶ人、外でコールする人、抗議に加わる通行人などで騒然としてきました。

        (後ろに、Iさんが撮影された写真を添えます)

 市の部長席に「この抗議の声が聞こえないのか?」と電話し、都市

整備部の八田部長と街づくり課の鈴木副参事が広場に来ました。

私たちは、この工事は強硬過ぎる、認められない、と 

・今日の工事はストップすること

・市長がこの場に出てきて私たちと話し合いをしてほしい 

と要請したところ、一旦市庁舎に戻って調整すると席を外しましたが、その間も大きな樹の枝打ちなどが行われ、結局3本の樹(シラカシ、椿ともう1本)が伐られていたのです。

その後昼休みでの工事中断後、部長が1時過ぎに返事を携えて戻りました。

*今日の工事としては、枝払いしたものの片づけが終ったら、2時ろ今日の作業はストップする

*市長はここにきて皆さんと話す予定はない

とのことです。

 明日の工事はやるのか? との問いには、

*それはこれから役所に戻って調整する、会に知らせる

とのことでしたが、夜10時頃に電話で、明日の工事は今日と同じようにやりたい、と伝えてきました。

 明日、今日と同じように来られる人は来て下さると助かります。

 今日は座ることもできず、4時間に渡る立ちっぱなしの行動でご負担

をおかけしました。無理せず、ご判断をお願いいたします。


                  


なぜ市長は きちんと話し合いを持たないのでしょうか?
なぜ 市民が ここまで身体を張らなければ その意思を伝えられないのでしょうか?
なぜ 自らの意思を伝えるために 叫ばなければいけないのでしょうか?
日本は民主主義ではなかったのでしょうか?



樹木たちに
人でなしが牛耳る この社会に生まれてきた災難だと
今度はせめて抵抗できる存在に生まれ変わってください と
人でなしの人間ばかりで ごめんなさい と

毎回 毎回 謝る事に いささかうんざりし
謝ることしかできない自分に泣きたくなる


樹木の叫びが聴こえませんか?


木だけでなく
殺傷処分にされる犬や猫たち
彼らのいのちを簡単に扱う 人間たちの頭上に 稲妻落ちろと 祈ります


もしくは
そうやって簡単にいのちを奪う その人たちが せめて一晩
伐採される一本の木に
殺傷処分を待つ犬や猫に

なった 悪夢を見ることを、、、。



調布市に抗議のメイルをお願いします
何度も言っていますが、音を立てるしかないのです
これは木のいのちの軽視だけにとどまらず
市民の権利への軽視でもあります


当選しちゃったら こっちのもん と思わせておいてはいけないのです


調布市都市整備部街づくり事業課事業計画係





b0150335_00391045.jpeg








[PR]



by cocomerita | 2018-02-23 09:02 | 生き物を救え | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://cocomerita.exblog.jp/tb/28154142
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Takeo at 2018-02-23 16:44 x
こんばんは、Junkoさん。

最近は外国人が日本を誉めそやす(?)讃えると言ったTV番組があるそうですが(あくまで新聞の受け売りです)わたしはTVを持っていないので。

昔から海外のSNSの友人に自分は日本人であるということを明かすのが恥ずかしくて仕方ありませんでした。

もうひとつ。
わたしは政治的なことに関わるにはあまりにも脆弱な心身しか持っていません。
つまり日本の政治から目を背けなければわたしは文字通り、生きていけないのです。

樹よりも自分のいのちが大事かと言われれば一言もありませんが。

『ヴァージン・スーサイズ』という映画で、庭の木が伐られることを知った姉妹たちが樹に身体を結わえ付けて、「私たちの木です」と抵抗していたシーンを思い出しました。おそらく彼女たちは強制的に樹から排除されたはずです。
わたしはそういう現実を直視するには弱すぎるのです。

ただこの国が滅びるなら一緒に滅びてもいいと思います。完全なる消滅という意味で・・・

Commented by cocomerita at 2018-02-23 18:44
Ciao Takeoさん
昨日4本の木が伐られました
樹木を守ろうと活動している方から報告のメールをいただきましたが、それを読みながら 私ならまさに今伐られようとしている木の前に立ちはだかり、木を抱きしめて伐るなら私から伐ろと叫んだだろうと考えていました
まあ、日本人の人にそこまで要求するのは無理だと思うので、寒い中集まってくれただけでも有難いと思っていますが、苦笑
そこでのTakeoさんのコメントで、私が考えたのと同じ事を奇しくも書いてくださっていて、少し笑いました。

私は立ってる者は親でも使えと 政治家にもメイルを送り続けています。小池都知事に菅さんにも送りました
下手な鉄砲でも 最後の弾が切れるまで 打ち続けることが、樹木に対する私の思いです。
私は多分彼らを守りきることはできないでしょう
でも私ができることは全てやらないわけにはいかないのです。
私も強くはありません
昨日4本の木が伐られたと聞いて泣きました
今日も何本かの木がきっと伐られているだろうと思うと、申し訳なくて泣けてきます
そして 私は人間を憎み、恨みます
憎む 恨む という語彙は、普段の私の語彙にはない言葉なので、こう書きながら 自分でぞっとしたりします。
私は神さまを信じていますが、お願いごとは絶対にしません。
でもね、今回は神様とご先祖さまにも介入を、できたらお願いしたいと祈りました

私も自分が滅びることには何の異論も恐怖もありませんが、そこで木や動物たちを道連れにして欲しくはない、と、せめて まず最初にこの超有害生物である人間が滅びて欲しいと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
黒い森の白いくまさん
MU PHOTO
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに。。    ...
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
オトナの社会科・中東から...
俺の心旅
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live
明日をもっと楽しく!した...
父ちゃん坊やの普通の写真その3

最新のコメント

Ciao 鍵コメさん ..
by cocomerita at 22:41
Ciao dekoさん ..
by cocomerita at 21:02
こんばんわ お帰りなさ..
by Deko at 19:13
Ciao saheizi..
by cocomerita at 13:00
Ciao ebloさん ..
by cocomerita at 12:55
退化してますよ。みんな思..
by saheizi-inokori at 09:47
一年半ぶりに帰ってきた日..
by eblo at 09:31
Ciao dekoさん ..
by cocomerita at 00:45
おはようございます。亀が..
by Deko at 08:35
Ciao tetsuro..
by cocomerita at 01:40

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル