私がローマで独りで始めたわけ 

頑張れない

多分 私を知っている大半の人が
私のことを、負けず嫌いだと思っている。と 想像しますが


私は 勝ち負けというものに一切興味がありません


そして 加えて
私は、自分はどの辺に位置しているかを知るための順位づけってもんにも


一切興味がない。のです



そして
ほとんど人が、私を「 頑張る人」だと思っているかもしれませんが



それも外れ


私ほど頑張るのが嫌いな人間はいません


頑張ると言う行為に没頭するためには
負けない。とか
自分の順位が気にかかる。とか言う モチベーションが必要であり
それがない私は 火のついていない暖炉に ただ薪をくべるようなもんで


火がついてないのだから 燃えません
だから頑張れない って事 になります


なんでこんな事を 考えているかと言うと、、
試験勉強を強いられているからです
空はこんなに青いのに
一日中 庭に寝っ転がって 亀を眺めていたいのに
私は、何もせず ただぼんやりしてるのが大好きなのです


それなのに
私は朝から 夕方まで
本とにらめっこをしています


負けても全然平気で
自分の位置付け とかにも 全然興味がない
そう言う私にとって、試験勉強ほど不毛なものはない。のです


私の脳は、身体と密接に繋がっているので
学んだものがすぐ身体の動きへと繋がる、
そう言うのは いいんだけど
スポーツ、、とかね
でも
今 挿入したものが、脳みそにただ蓄積され、速やかに放出されない
こういうのは、、


ダメなんですね

大体
冷蔵庫にものをたくさん入れておくの嫌いだし
貯めるって言う行為が 苦手なのです


悠々と自分のやりたい事を習得していくのは
誰もいないプールで 一人で悠々と泳ぐ行為にも似て
だからそこで 誰かと競泳しろと言われたら
せっかくの泳ぐ醍醐味が台無しになります
私にとって泳ぐとは、水と対話をする事なので

本との関係も同じで
もう随分長いこと 木陰でのんびり「私が読みたい」本を
ゆったり楽しんでいません



それじゃあ なんで大学なんかに入ったのだと 言われるでしょうが



それが
自分でもよくわからない。のです


理由がきちんとわからないのに やってしまう行為が
1つや2つ あってもいいのではないか。



思うことにしています




そんな私の重い心とは裏腹に
b0150335_10084162.jpeg


今年は豊作 、、らしい です



初のキュウリとトマトを収穫しました



余計なものは入れないで
うちで採れたオリーブオイルとお塩で頂きます


お百姓さんには申し訳ないのですが
自分で畑を耕し、そこで育てたお野菜は、どうしても扱いが丁寧になります


丁寧に切って
丁寧に味わって

頂く



食後の充足感が、お店で買ったお野菜とはるかに違う気がします



これこそ自然の恵み

b0150335_10031867.jpeg




ご馳走さまでした
















[PR]



by cocomerita | 2018-06-14 10:22 | | Trackback | Comments(23)
トラックバックURL : https://cocomerita.exblog.jp/tb/28366204
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2018-06-14 10:28
そんなに嫌なのに止めない気持ちがわかりません。
嫌でもやらなきゃならない必要があるのですか。
そうだとしたら、やらなきゃ。
ないならやめればいいのに。
Commented by eblo at 2018-06-14 12:12
ごめんなさい、笑ってしまいました。
外に出る形は正反対に近いのに、私とよく似ている。
「私は 勝ち負けというものに一切興味がありません」同じ、ただしゲームは上がりたいけど。
「自分はどの辺に位置しているかを知るための順位づけってもんにも一切興味がない。のです」同じ。
ただし、同年代で元気に動きまわっている人を見ると、いいな~とは思いますが、私も、とは思いません。
人間の順位付けなんて最初から意味不明だし。
「私ほど頑張るのが嫌いな人間はいません」
70年間で頑張った経験がありません、私の方が長い。

全然泳げなかったのを、プルーの端でぴしゃぴしゃとやっているうちに泳げるようになって、ノンビリ長く泳ぐのが好きでした。
コーチがつくと、奇麗にとか速くとかなるので、それだけは真っ平ごめんで。

上昇志向というのが無いのかも。
頑張らないから無いのか、上昇志向が無いから頑張らないのか、それは分かりませんが。

嫌がらせに聞こえるかもしれませんが・・・。
試験勉強頑張ってね。

Commented by eblo at 2018-06-14 15:22
上の方がコメントで言われたこと、耳が痛いです。
私も同じようで「嫌なんだけど・・・」とこぼすと「嫌ならしなければいいじゃない」と言われます。
どれも、しない選択も可なのですが、止めるという決断ができないんです。
嫌だから止める、それができないのだと思います。
逆に好きでやっていることを止める方が早く決断できます。
性格の問題なのかしら。
Commented by cocomerita at 2018-06-14 15:37
Ciao saheiziさん
嫌なんじゃなく辛いんです ははは
私 リハビリってした事ないんですけど、多分リハビリの辛さと似たものがあるのじゃあないかと、
そういう感じ
理由はわからないけど、どこかで完結させなきゃいけない
そのためには止めてはダメなんです

必要か必要じゃないかで割り切れない事もありますよね
目に見えないものに突き動かされるというか、、
本能とも言えるかな
何というか、猫はお腹が一杯でも鳥 獲ります
そういう感じかな 苦笑
あ、でもその時猫は辛いと思わないから、違うか、、
Commented by cocomerita at 2018-06-14 15:49
Ciao ebloさん
、、ゲームは上がりたい
わははは、一緒一緒
いや前から言ってますけど、似てますよ どこか、私たち。
上昇志向、、ありませんねえ
あれは目立ちたがりで、人を指図したい人に芽生える、、場合が多いし
もしくは、昔バカにされた事への復讐とか、
私は、大体高い地位って 実に居心地悪そうだから、嫌いだし
人に指図するくらいなら自分で自分の方法でやってしまった方がいいと思ってしまうタイプだしね

子供がね
一人で水に浮かび始め 一人でバチャバチャ 水をかきはじめ、そういう時に 自分がかつて「水泳教室」で習った、「みんながやってる」泳ぎ方をやにわに指導する親も嫌い
まさにフリースタイルでいいじゃあないかと、、
当然お教室関係 無理だし クスクス

人と足並み揃えろと言われると悪夢です
前に言ったかもしれないけど、運動会、遠足 修学旅行 大大嫌いでしたから ははは

夢の中で、毎晩答案を書いてるんですよ
野生の馬が調教される時ってきっとこういう心持ちなのでしょう

はい、やるからには、、、ね。
点はどうでも良いのです、
取り敢えず、これをクリアしないと前に進めないのです
ぁ〜ぁ〜、、

Commented by cocomerita at 2018-06-14 15:55
Ciao ebloさん
あのね、嫌なんじゃなく 辛いんです

ただ、、そーかも
好きな事を止める方が簡単
確かに
うわーこんなとこまで同じー (叫)

あ、そうだそうだ
私は、今まで何かを突き詰めてやったことがないのです
全て「どーでもよかった」ので 苦笑
だから 今回くらい 何かを突き詰めてやろうと、そう思った事を今思い出しました
つまり 修行 笑
優秀な坊主じゃあないから、修行で樽に籠もれと言われ、籠るには籠るんですが、お経の代わりに愚痴やら泣き言やらいう、そういうヘタレなタイプです 私は

今朝の夢では 口頭試験に落とされて、
もう止めてやるーーたくさんだーと喚いていました
、、、ほぼ病気です 苦笑
Commented by hisako-baaba at 2018-06-15 13:32
junkoさんは修業を始めちゃった訳?
修業はやめたくない、辛いのは当たり前だから?
乗りかかった船だから対岸まで行きたい?
猫ちゃんも亀ちゃんもいるから、乗り切れるんでしょうね。
私もそんな修行がして見たいな。
Commented by cocomerita at 2018-06-15 15:14
Ciao hisakoさん
いや、今に始まったことではなく、自分が好んでやらない。だけどやらなきゃいけない事は全て修行。にすることにしています 笑
修行だから、好き嫌い言う余地はないのです
愛してましたが、人と始終一緒に居られない私が ファビオと10年近く、朝から晩まで鼻を付き合わせて暮らしたのは、これもまた修行でした 苦笑
今彼と別な形で付き合っている、これは修行が軽減されたのだと ははは
今こうして勉強「させられている」のは、 勉強をきちんとしなきゃいけなかった時期に全くしなかったから、、
まあ、修行と言うより「宿題」です
「宿題」は やり残しが利きません
神さま忘れてるかなあ、と思っても、神さまはちゃんと、「私が済ませない」 限りは忘れた頃にまた差し出してくる ふふふ

対岸など見えていませんし、目指してもいないです
私の問題の一個は、目的が持てない。と言う事なのです
ですから、とりあえず
前に 示された道がある限り、とりあえず歩くだけかな?
休憩はしますし、寄り道も遠回りもしますが最後にどこに辿り着くか興味がありますから

だからねこれは「乗り切れる」とか「乗り切れない」とか言うそう言う深刻なものではなく、こんなものを深刻だと思っていたら、もっと深刻な修行をしている人々に申し訳ないですから、、まあ、いわゆる愚痴。です。
もう人生に必死になるのはとっくに止めています。 苦笑

Hisakoさん、何をおっしゃる!
Hisakoさんだって、日々修行してるじゃない
それも自ら修行を招き寄せたりして、そして喜んで、、
そう言うところ 似てるなあと思っています
まあ、私はhisakoさんの友達弟子だから、当たり前か、、 ふふふ

Commented at 2018-06-15 20:18
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cocomerita at 2018-06-16 00:37
Ciao 鍵コメさん
まだ癒えていない傷に触れさせてしまったでしょうか?
ごめんなさい
確かに仰る通り、誰かの愚痴を聴くという事は、物凄いエネルギーと忍耐を必要としますし、こちらがある意味安定していないとやりきれない、と言うか逆にこちらがやられてしまう危険性もありますからね

私はこういう性格なので、相手の愚痴の度が過ぎるとはっきり相手に言わないではいられなくなります、
その過去に愚痴をこぼした方も、はっきり教えてあげてよかったと思っています
鍵コメさん以外の方にも、もしかして同じ事をやっていたのかも知れないし、人はなかなか自分が度を越している事に気付かないものですから、気づかせてあげる。ということもやさしさであると思っています

私も母に会いたくて だからあんまり死ぬのが嫌でないという事もありますから、鍵コメさんのお気持ちもわかるような気がしますが、こういう言葉を聴いた事があり、それで私は私の母の思い出を母が最後に亡くなった「可哀想な」母の状態に留めておくのをやめました。
地獄も天国も私たちの意識、その波動が作るという事、
つまり地獄のようなところへ堕ちる人は地獄を意識の中に持っていた人 だという事
それと同じで、私の母の記憶が「かわいそう」な意識のままで留まっている事、その波動は、母が楽しいところに楽しく居られることを邪魔します
ですから私は、母が今は本当に素晴らしいところで、とびきり幸せに暮らしていると思っています
そしてその波動は母のいる所をより一層愛で満たすだろうと。
だから私は母を思い出す時、幸せでニコニコしている母を思い浮かべます
人間は、どう死んだかではなく、どう生きたかです、
私の母も鍵コメさんの姪御さんも、充実した人生をしっかり生き抜いたと思って居ます
だからね、できるなら 鍵コメさんが抱えているその悲しみから徐々に手を離して行った方がいいと思っています。
なによりも姪御さんのためにです。
そして私の母が、悲しんで暮らす私を見たら心痛めるであろうと同じに、姪御さんは鍵コメさんが鍵コメさんらしく明るく、楽しく 生きてくださる事をなにより望んでいると思うのです。
もちろん人生嫌なこともありますが、少なくとも彼らは彼らのために私たちが悲しみながら暮らす事は少しも望んでいないと思うのです。

Commented by Takeo at 2018-06-16 02:33 x
こんばんは、Junkoさん。

ここで敢えてこういうコメントを書くべきか、躊躇いました。けれども現在のわたしはほぼ自制心というものを失っているので、不躾と知りつつひとこと。

というのは、かつてここまでわたしとJunkoさんの意見が分かれたことがなかったので。
とはいえJunkoさんのことですから、わたしがいうことに別に改めて驚きはしないと思っています。



『私はこういう性格なので、相手の愚痴の度が過ぎるとはっきり相手に言わないではいられなくなります、
その過去に愚痴をこぼした方も、はっきり教えてあげてよかったと思っています
鍵コメさん以外の方にも、もしかして同じ事をやっていたのかも知れないし、人はなかなか自分が度を越している事に気付かないものですから、気づかせてあげる。ということもやさしさであると思っています』



わたしの場合、一昨日のインターバルから宣言(苦笑)しているように、これからは狂気への道を進むだろうと思っています。そこには多分に「愚痴」的要素も、「毒素」も含まれます。これまで以上に。

とはいえ、わたしが何を書こうと、それはわたしの自由だと思っています。

エドワード・サイードはこう言っています。

「もとより人を傷つけるつもりなどありはしない。けれどもわたしにとって大事なことは「いい人」になることではない。わたしに課せられているのは、わたしという、おそらく非常に奇妙な体験と、特異な考え方をもつ自分になによりも忠実であることだ」

これはわたしが発言するとき、ものを書くときにいつも従っているルールのようなものです。

わたしに関しては今後益々愚痴も多くなることはほぼ確実ですが、そう感じた時には、黙って遠ざかってください。
わたしは忠言に従って書くことの方向性を変えるという事はできません。

自分がおそらく特異な存在であることを知り、そのことに忠実であること。

わたしはこれからもこのスタイルで行きます。

どうかよい週末を。

Commented by Takeo at 2018-06-16 02:56 x
追記

人が亡くなった時の悲しみ、亡くならないまでも誰かを失った悲しみ喪失感はわたしなりにわかるつもりです。

そしてわたしはここでもまたJunkoさんとは意見を異にするのですが、愛する者なしで生きてゆくことはできません。

これも不規則発言であることを認めつつ、公表はJunkoさんに委ねます。

Commented by cocomerita at 2018-06-16 03:58
Takeoさん
多分 私の言葉への正面入り口から Takeoさんは入ってきていない、時々そう言う事がある。今回もそんな気がして居ます
まあ、どこから入ってくれても構わないのだけど 苦笑

筒だとか円錐形とかは見る角度によってその形を変えます
でも外から見た形が見る角度によってそれぞれ違っても、本体の円錐は円錐のままで変わらない
そういう事ではないかと、、。

愚痴とは、私にとっては これもまたコミュケーションの1つであり、私は、なんでも出ないよりは出る方に安心を覚えます
便秘より下痢、内出血より出血、発熱しかり、まあ、これは私の本能的なもんでしょうが、 笑

上のようなコメントのやり取りが始まったのは、愚痴を話す時は明るく話しましょう。と言っていたので、
いや愚痴を言う相手に、笑えとか、こうしろとか、側から注文をつけたら、もうその時点で、心のガス抜きにもなるであろう、「愚痴」にならなくなる。
ただでさえ、窮屈で制約の多い昨今 愚痴くらい自由に、その人の好きな形で言ってもらえばいいじゃあないですか。と私がコメントしたことから始まっています。

ですから
愚痴を言う方も勝手、好きに、好きなだけ言ってもらって構わない、
でも私は傾聴ボランティアとかじゃあないですから、自分の意見も言うし、いい加減にしておけば と思ったらそれを言う自由を有していると思っていますから、そう書いたままです。
だって会話なんですから。
Commented by cocomerita at 2018-06-16 04:03
続き

先日 こんな事がありました。
ロンドンに、3ヶ月前に引っ越した友人がいます。
彼女から良く 電話がかかってきます
私は正直言って電話の長話が苦手です
でも彼女はロンドンにまだ友人がいないせいか、はたまたイタリア語が喋りたいのか、かかってくると1時間は優に話します
それも自分の事だけ、、。
嫌な思いをしてロンドンに渡った子なので、2回までは聴いていました、こんなに親切にされたとか、こんなに褒められたとか、見ず知らずの街で親切にされているのは私も嬉しかったので、2度の電話とも同じ話であるに関わず、ふんふんと聴きました。
流石に、2度目には、気づいてくれる事を祈って、「それこの間 聴いたよ」と言いましたが、構わず話し続けます。
そして3度目の電話がかかってきて、 また同じ話しを繰り返します
そこで、私はこう言わざるを得なくなりました
あの、、その話もう3度目 おまけに私はあなたのお母さんとも電話で話してるから、それを含めると4度目で、賢いあなたが言ったことを覚えていないとは思えない。
意地悪に聴こえるかもしれないけれど、それって、ただあなたがその嬉しかった事を発音してそれを耳で聴いて、またその嬉しい事があった時の心地よさをもう一度味わいたいから、そのためだけにこうして繰り返してるんだと思うんだよね。
人から親切にされるのは嬉しいかもしれないけど、あなたがそう言う思いを今までしなかった事がおかしいのであって、これからちゃんとますます起きるに違いないのだからさ、
そんなに一個一個のことに舞い上がらないで、あ、親切にされた、今日はいい日だったな で終わりに出来ないかな?と言いました
これで縁が切れてもいいと思いました
そうしたら次の日彼女からメッセージが入って、ありがとう、あなたは本当の友達だと。
私の真意が、この簡単な説明で、説明し切れたかどうか、心もとないのですが、
多分ほとんどの人がこう言うことは言わないと思います
何も言わずに面倒臭いなあと思いながら、上の空で相槌打っている方が、簡単かもしれません
でも
私は、つまりこう言う付き合い方しかできないのです。

Commented by cocomerita at 2018-06-16 04:06
続き
Takeoさんが僕のスタンス変えないと言う。当たり前の事だと思います、Takeo さんのブログなんだから
私だって 好きなように好きな事を書いています。
しかしながら私も私のスタイルは当然変えません
変える必要などないからであり、そうやって違いが互いのスタンスを守りながら
その中で 色々な事を書き、それを互いに考察できるのなら、それこそ私たちが今まで行ってきたように、興味深い会話が成立すると思っています

それが、どうもしっくり来なくなった、そうしたら Takeoさんに、わざわざそう言ってもらわなくても、次第に足が遠のき、そのうち疎遠になる、これまた当たり前の事です。

Takeoさんは、ご自分の事を特異だとか狂気だとか良く仰っていますが、私にはそう言う事はあまり関係ありません
Takeo さんが特異であろうが 狂気であろうが、書いてくれるものが面白ければ読みますし、
その中で感じる事があればコメントするだけです。

エドワード サイートさんの言葉は、私もまたそれに心から共感するものであり、私が私に忠実でなくなったら、それは私が私Junko と言う一個の人間でなくなる事を意味します
そしてそれは私と言う生物のアイデンティティを捨てる事で、(捨てる理由もありませんから しませんけど、)それは私の生にナンセンスを突きつける事です。

ですから、どうぞ Takeoさん、ご自分に忠実で、Takeoさんのスタイルで行ってください
私は、そのTakeoさんのスタイルに惹かれて、Takeoさんのブログに足繁く通ってるわけですから、
しかしながら、繰り返しますが、私は多分それぞれの文章に感じた そのままの事を、今まで書いてきたように、これからも書くと思います
これが私のスタイルですから
こう言う事を予め言われたからと言って 怖気づいて恐る恐るコメントすると言うのは、それこそ私もスタイルではありません。
ですから もし私が書いた事が気に障るようでしたら、お気軽にお返事を書かないでくださればいいのです。そうすれば、私にもわかります。
そして 遠ざかりますから。
Commented by cocomerita at 2018-06-16 04:12
続きで最後 笑
それから、二個目に頂いたコメント
大事な人を失うと言うこと、その受け止め方は人それぞれであると思います
人ぞれぞれ、自分にあった受け止め方、、そしてそれをどこにどう締まって生きていくか その術が人の数だけ存在すると思っています

Takeoさんのおっしゃる事を聴いていると、みんな同じじゃあないといけないかのように聴こえてきます
私とTakeoさんには共感できることもあるけれど、全く相反するところもあります
だから、僕はそうは思わず、そこがあなたと違う。と Takeoさんは良く仰いますが、

でもそれって 至極当たり前の事だと思います。
好きじゃないもの、醜いと思うものに囲まれて、その中でどうやって折り合いつけて暮らして行くかが、人それぞれ違うように、、。
Commented by Takeo at 2018-06-16 04:29 x
返事をありがとう。

簡単な話じゃないでしょうか?

>私は、つまりこう言う付き合い方しかできないのです。

わたしもそうです。それでいいと思っています。

ただわたしが強い違和感を感じたのは、上記コメントの、

>気づかせてあげる。ということもやさしさであると思っています

というところです。

言葉での意思の疎通が時に非常に危ういこと、常に誤解される可能性にさらされていることを承知の上で、この一言を敢えて取りだすのは、

わたしは「意図して」「人にやさしく」という了見に抵抗を持っているからです。

それはわたしの中では「あなたのためを思って」というわたしの最も嫌いな態度に通じるように感じるからです。

わたしはおそらくこちら側の受け取り方に誤解があるのだろうという留保の上で、つまり「わたしはそういう態度は嫌いだね」とこちらの思い込みで一方的に裁くのではなく、敢えて、違和感を伝えました。

こういう場でのコミュニケ―ションは時に障害物競走の網くぐりに似ています。





Commented by cocomerita at 2018-06-16 06:59
Takeoさん

私もまた「やさしい」と言う言葉を安易に乱発することには、抵抗を感じるタイプですが、でもこの場合は ほかにどんな言葉が使えたか?と 考えてみましたが、やさしさ。としか言いようがありません

多分、やさしさという事の括りが私とTakeoさんでは違うのではないか。とも考えます
この場合、親切ごかし。と言う意味合いでもありませんし、気づかせて「あげる」と言っても 、、、「してあげる」と言うタイプの奢りもありません。

言っても知らんぷりしても こちらにとっては同じです、でもそこであえて
言いづらい事を言うと言う行為には、(まあ私は慣れていますが) 通常は 普段は使わないよっこらしょを必要とします。
そしてその結果起こりうる事をも覚悟しないといけません
そう言ったリスクを侵してでも、相手に誠実でありたいと言う思いはその人の良かれを思うからではのやさしさではないかと思うのです。
もちろん相手の反応によってはやさしいと評価されない時もあるでしょう。
しかしながら、人がだれかを思いやり、その人の良かれと思うことを行う時は、私だったらどうしてほしいだろうか?という事がまず 行動の指針になります
「 私だったら」私がしつこく愚痴を言っている時、くだらない事にいつまでも拘っている時 いい加減にしなよと言ってくれる人の方を有り難いと思います。

苦笑
私にとっては障害物競争ではありませんね
相手を納得させようとは思っていませんし、私の考えは良いも悪いも直線ですし、まあ、だからこそ誤解も招くのかもしれないのですが、直線で、シンプルであるからこそ、逆にそれを説明するとなると 難しく、嫌でもやたら長くなるのかもしれません
少なくとも私の側には、飛び越えるハードルはあったとしても、まとわりつく網はないように思います。


Commented by Takeo at 2018-06-16 16:00 x
こんばんは、Junkoさん。

>僕はそうは思わず、そこがあなたと違う。と Takeoさんは良く仰いますが。

自分では気づきませんでした。でもこれはいいわけではなく、自分の中では、「ぼくはAだと思うんだけど、あなたはBだと思うんだね。」という、改めて違いのおもしろさを確認しているような感じです。
勿論人間て、わたしのように自己否定の塊のような人間であっても、どこかしら、「自説の正しさ」のような感覚を引きずっているのかもしれません。

ただ意識の上では、わたしがJunkoさんとの相違を殊更強調するのは、決してそれが気に入らないという意味ではないということは憶えておいてください。

違うからこそ、こうやって、ああでもないこうでもないというやり取りが面白く感じられるのです。でもそれは決して「誰とでも」というわけではありません。

「なんか話通じないや」と思ってしまえばそこまでです。
違いが面白くて、話がどんどん積み重なっていくおもしろさも、なんだか話が通じない、価値観が嚙み合わないと感じることも、Q&Aサイトでのやり取りで経験しました。

「ためを思って」に関しては、わたしとの間には開きがありますが、それはそれで面白く読みました。(笑)

ちなみにわたしに関して言えば、「ためを思って」言われた一言で、あっさり撃沈します(苦笑)

それから言うまでもなく、わたしのブログへのコメントに関しては今まで通りでお願いします。
「反論」というよりは、違う角度からの光の当て方は、読んでいて面白いからです。

わたしの心はJunkoさんに比べてはるかに小さく狭いですが(苦笑)




Commented by cocomerita at 2018-06-16 16:29
Takeoさん
了解。

私はしつこいので、もう一言言うね
「 ためを思って」はね
隣の煩いおせっかいだけど意地悪でもある噂好きのおばちゃんに
「あんたのためなのよ〜〜」 とか言われたら
私は撃沈どころか 相手が撃沈するまで 一斉射撃を始めそうですが、、もしくは 軽蔑を相手がわかるまであからさまに顔にだしながら 立ち去るか、、 苦笑

しかしながら
私が ここで言うところの 「〜のため」 は、ただの愛です
愛と書きながら 赤面し 少しお尻がこそばゆくなりましたが、愛。 ふふふ
Commented at 2018-06-16 20:50
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Deko at 2018-06-17 10:23 x
おはようございます。junkoさんと何度かお会いして感じたことは、これまであるがままで生きてこられた普通出来る環境だったのでは?と感じました。シンプルライフも率先されていますね。あれもしたいこれもしたいという願望も見受けられないそれも育った環境その中でも意識の高い方だなあという思いも感じました。最近色々な出来事を見聞きする度人間はおぎゃと生まれた時に4/1の一生が。。。。。。年は分かり兼ねますがいくつになっても前向きに学ぶ姿勢は素晴らしいです。
Commented by cocomerita at 2018-06-17 15:05
Ciao dekoさん
私は小さい時から社会に順応する事にとても抵抗があり、だから学校でも会社でも 私本人にとっても、そして先生とか上司にとっても互いに不都合な事がしばしばありましたが、うちの母は 厳しい所もきちんとある人でしたが、その事を親から咎められたことがありません
社会にきちんと馴染みなさいと言われたこともありません
親が味方だと思って育てる子供は きっとこういう風になるのではないかと思います 笑

子供の頃勉強 嫌いだったんです
つまりしたくない事を人に強制されるのが嫌だったんです。、、が
今になって こうしてのこのこ勉強する
学費を払ってくれていた親に申し訳ないなあとしばしば思います 苦笑
最終的に 自分の学びたくない事までセットで勉強する羽目にはなっていますが、この辛い 辛いとこぼしながら、それでも自分の中で 何かが育っていく感覚は 結構気持ち良く、癖になります

育った環境かそれとも生まれもっての性質か
まさに鶏が先か卵が先か。に匹敵する問題ですよね
そう考えると両方かな?と思いますが
この歳で自分の好きなことをさせてもらえる事を非常に恵まれているなあと思っています

身に余るステキなコメントありがとうございます
豚もおだてりゃ、、ですので、褒めていただくと元気が付きます 笑

秋に帰ります
また会えますね。笑

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
黒い森の白いくまさん
MU PHOTO
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに。。    ...
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
オトナの社会科・中東から...
俺の心旅
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live
明日をもっと楽しく!した...
父ちゃん坊やの普通の写真その3

最新のコメント

Ciao Takeoさん..
by cocomerita at 17:55
上記のJunkoさんの意..
by Takeo at 16:30
Ciao antsuan..
by cocomerita at 03:44
Ciao hisakoさ..
by cocomerita at 03:34
いま、「貧乏」という言葉..
by antsuan at 16:18
Junkoさん 私も読..
by hisako-baaba at 13:46
Ciao antsuan..
by cocomerita at 07:37
>細かい事実はともかく、..
by antsuan at 07:06
Ciao Takeoさん..
by cocomerita at 17:35
こんばんは、Junkoさ..
by Takeo at 17:08

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル