私がローマで独りで始めたわけ 

極めて不愉快

私のブログに


誰が来ようが
そして
私が誰を受け入れようが


それは100% 私の問題であり


わたしは
政治家じゃあないんだからさ

ああいう人と交友があるらしいですね
感心しませんな

などと言うような事を 言われる覚えはない


私は
どんな性格であろうが
どんな職業であろうが
どんな思想であろうが

共感など していなくても
排除 はしない

私は
どんな人とでも 私の方からは コミュニケーションを打ち切らない

実際 今までに 一人だけいる
どーしても我慢ならなかった人
影で悪口を言っていた
影で、、という事が気に入らなかった



それ以外は
側から どんなに不毛に見えたとしても
不毛な対話など あり得ないと思っているし
私は分かり合うための言葉を惜しまない


それがたかがブログの訪問者 だとしたら なおさらで


笑っちゃうのよ
こう言う事を言って来る人々



私はそういう意味で 民主主義
日本の人々が信じ込んでる 「なんちゃって」民主主義じゃなく


本当のやつね


自分と考え方が違うという事で 人を排除したら
それこそが ファシズムの始まりであり

差別している人を 私が差別したら
それも差別になる


私はその罠に はまらない



随分 昔にも そういう事があったっけ


あの人と付き合ってるなら
このブログには来ない と
お好きにどうぞと言った


私は ブログを自分のために書いてるから
誰が来ようが
誰が来なかろうが

大して 気にしない

来たい人は来るでしょうし
来たくなければ来ない

だけの話で


アクセスなんてものも 全く気にしていないのだから、、。



それにも関わらず
今回は 極めて 不愉快


家の中に 土足でズカズカ入って来られた
例えば
謂れの無い嫌疑を受けて
警察が家宅捜査に来て 家にズカズカ入って来て
家のものを触りまくり ひっくり返して

で 帰って いった


そう言う不快さが残っている


あの人との関係は、、とか
あの人が あなたのブログに来てるから、、


暗に
なぜ 排除しないのだ
排除しろと 言わんばかり



その批判の対象になった人間を庇っているのではなく
私の「決める」自由を侵害されたことに関して


不快感を否めない


全く 人間という生き物は、、、


極めて扱いづらく


複雑すぎて 不可解な 変な生き物


面倒臭いから
いっそのこと コメント欄を閉じてしまおうか とも思ったけれど


それもまた 影響を受けた事になるので
やめた


しかしながら
極めて不快


こう言う事を言って来る 本人たちに
そう言う自覚はあるのだろうか


そう言う小さな言動が
社会のおぞましい差別や 格差を形成し
その土壌に栄養を与えていることに



極めて 理解に苦しむ


人間は
面倒くさい



スヤスヤ 眠っている猫たちを見ながら、、
君らの方が なん100倍も優れているね と 思いながら



人間は 面倒くさく
そして 極めて 不遜である



b0150335_11585905.jpeg


亀のかわいいお尻でも眺めて お口直し する

















[PR]



by cocomerita | 2018-07-08 12:11 | | Trackback | Comments(23)
トラックバックURL : https://cocomerita.exblog.jp/tb/28432611
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by eblo at 2018-07-08 13:00
ブログを始めて2年以上になって、最近分かってきました。
ブログでもコミュニティーができるんですね。
始めたばかりの頃「ブログ友」という言葉が入ったコメントを頂いて「そのうちあなたにも分かります」と。
今は分かります。
文章を書いているだけなのに、やはり共感を求めているのでしょう。
どんなことでも共感はうれしい、それが人間。

そしてもう一つ分かったこと。
その記事の中身が私の考えと違ったらコメントは書かない。
それこそ、たかがブログですから。
コミュニティーの一員になると、そこの歯止めをきかせるのが難しくなる、そんな気がしています。
まさに、ネトウヨさん現象。

コミュニティーとブログ友とは違うんでしょうね。
意見が違っても言い合える関係がブログ友では。
私にもブログ友ができて、メールアドレスを教え合いました。
文章を読んで尊敬できると思った方たちなので、嬉しいです。

ブログって「その程度」でいいのではないでしょうか、目くじら立てなくても、です。
Commented by cocomerita at 2018-07-08 14:53
Ciao ebloさん
> 記事の中身が私の考えと違ったらコメントは書かない

そう言う傾向はあるなあと、感じ始めていたけど
少なくとも 私は はいはい、そうですねえ ごもっとも と
ただ入れるだけのようなコメントは求めていません
表面的な 波風立てない共感など求めていませんから

ですから いくらでも 私の考えとは違うコメント残してくれていいんです、むしろ大歓迎
でも なんであの人と付き合ってるんだ とか
あの人と付き合ってるから もう来ませんとか
そこまで踏み込まれる謂れはない という事です
2個前の「広告記事対策、、」のところのコメントを呼んでくださればわかります

私が 「仲良し」とか 「親友」とか「仲間」とか言うのに 一切興味がないのは、その人たちだけで固まる、組を作る、そして自分たちの考えや好みと違う人を排除する傾向が生まれやすいからです。
コミュニティなんてくそくらえ、だもん
で、ブログというものが、そう言う 「ただ 気の合う人たちの間で なあなあと集まる」事を強いるのであれば、明日にでもブログやめます

たかがブログされどブログ
ブログだから誰が見ても誰がコメント残してもいいんじゃないの
それをなんであの人が?とか
あの人が来るから来ませんとか
よくそう言う事 言えるな と思うんです
小学生レベルです
なんとかちゃんと遊んでるから、あなたとはもう遊ばなーい って事でしょ?
私が言ってることは、ただの目くじら とは違います
Commented by stanislowski at 2018-07-08 16:19
あれれれ?私のコメントが波紋を呼んでいる???
あれは、互いに根拠を調べ探り、自らの言葉を以って対話しようとするお二人の姿がいいなと思ったものですから。
私はしんどくなってぶん投げちゃうところを、「じゅんこさんは深いねー、頑張れるねー」って。

ひとはみな望む答えだけを信じていくものと分かった現在、他人と違えど、どうかどうか殺しあわないようにと願います。

疑問に思うことを率直に聞く、多分、EUに来てから出来るようになったのかも。
「分かりません。出来ません」と言えることのなんとい生き易さ。解き放たれたのかもしれません。
言い換えれば自分で自分を守る術を身に付けるということかな。
Commented by eblo at 2018-07-08 16:19
ちょっと誤解があるようなので。
「目くじら立てなくても」は個別にではなく、私たちのブログ記事全部についてです。
専門家がその専門分野で間違ったことを発信したら。
例えば地震の専門家がブログで「近いうちに地震がありそうだ」これはまずいと思います。
でも、素人が同じことを言ったとしても気にすることは無い。
そういう意味です。

それと同じ感覚で、素人のブログに批判的なコメントを入れない、私はそうしています。
面と向かって話すときとは違います。

多分、まだブログに対して実生活と同じような距離感は感じていないのだと思います。
批判し合うとしたら、もっと親しくなって会って話すときかもしれません。
出発点がブログからではそれは無いような気がしています、今のところは。

cocomeritaさんと違うところがまた出ましたね。
Commented by cocomerita at 2018-07-08 16:24
Ciao stanislowskiさん
ううん、違います
Stanislowski さんの言わんとしてる事は、わかっていました
多分 今教えてくださってる事だろうと、、
だから、そういう風にお返事したよね?
そうじゃなく
それにかこつけて 来た人がいるものですから、。
Commented by cocomerita at 2018-07-08 16:33
Ciao ebloさん
素人であろうが、専門家であろうが、公にものを言うという事には責任が伴います
もしその人が読者の多い人だったとして、彼、もしくは彼女の書いたことをそのまま信じる、共感する おまけに誰かに話す、そう言うことをする人もいるでしょうし、そしてそう言う些細な事もまた 情報の伝播になるわけです、そうして、あ、この人が言ってるから私もーと
その尻馬に乗って言っても良いと思い始める人もいるだろうということです。

ネットの不快な書き込みがその良い例でしょう?
赤信号みんなで渡れば怖くない って言う社会ですから

私は 私の一言にも責任を持ちますから、思ってもいないことをその場しのぎで発音するくらいなら、沈黙を選びます
ブログであろうが、単なる携帯のメッセージであろうが、なあなあで緩い関係には、全く興味がないと言うことです

私とebloさんの大きな違いは、私は極めて強気 、それに比べてebloさんは控えめ そこのところだと思います
ブログもコミュニケーションにツールの一部
真剣になります

冷房は私も大嫌いですが、、 ははは
Commented by eblo at 2018-07-08 18:31
私は自分の書く能力に全く自信が無いから。
書き手と読み手が完全に共感することはできないと思っています。

ブログを始めた頃、私のブログ記事に様々な評価のコメントをする方がいました。
私が意図しない読み方をしてくるのです。
「どうしてこんな風に思うのだろう」
毎回何度も自分のブログを読み返して、句読点の位置を頭の中で変更して、違う理解をするような場合を想像して、やっと返事を書いていました。
疲れてしまって、最後は「もっと読む力を付けてください」と捨て台詞で拒否しました。
本当は、私の書く力なんでしょうけど。

私は、素人のブログを信じる信じない、それは読者の判断だと思います。
ウソは書きませんが、知らずにウソになっているかもしれない、そこまで責任はとれません。
書く限りは、リンクを貼るにもいくつかの記事を読んで、納得できるものを載せている積りです。

それでも、それが間違っていたら、知った時点で訂正すればいいし、訂正する必要すらないとも思います。
所詮素人ブログなのですから。
信じたあなたが悪いのよ、そういう事です。

ネトウヨさんたちは騙されている、客観的に見てそんなところがいっぱいあります。
でも、いちいち、あなたは騙されているよ、教える必要はないでしょう、勝手に騙されていればいいんです。
その記事を信じて拡散する人も同じく。
不快なら読まなければいいだけです。

こちらは、コメントでではなく、自分の主張としてなるべく客観的な記事を書けばいい。
それが私のスタンスです。

cocomeritaさん相手に生意気なことを言ってしまった。
何と怖いもの知らずだこと。
Commented by cocomerita at 2018-07-08 19:27
Ciao ebloさん
私はそうは思いません
「所詮 」素人ブログなどと思って書いたこともありません
ブログ云々ではなく、私は自分が発する言葉、それが書き言葉であっても、話し言葉であっても 相手が子供であろうが、虫であろうが、真剣です
それは 受け取る相手と言うよりも、私と私の言葉に対する関係性かもしれません

たしかに、受け取る側の理解度とか気にはしていられません
人の好き嫌いと同じく、関与できないものです
そして 騙されていますよ などと教えようとしているわけでもありません
(一方だけしか見ていない人の視線を変えるのは遥かに困難です)
私は 嘘は発信したくないのです
私が辿りつけたところの、今のところこれが一番本当に近い と私がジャッジしたことを書くだけ、あとは読む側が判断すればよい。と考えます
そして
万が一 間違いがわかったら 謝罪して訂正します
過去にすでにやってるしね
それはebloさんのやってる事と同じでしょ

私たちの違いは、
多分 私は自分のブログをたかが素人の。とは微塵も思っていない事
真剣にやっていれば、そう言う人が集まるのを知っていますし、だから 入れるコメントも 頂いたコメントへのお返事も真剣に書きます。

所詮素人 と言ってしまったら、
それじゃあ プロと言われる、新聞記者たちが垂れ流ししてるデマはどうなの?ってことになる
プロとか素人とかが問題じゃなく、その人の人となり、生き方が問題なのだと考えます
プロでなくても真剣に社会と向かい合い、しっかり見張り、調べ 書いている人は少なからずいて、私はもちろん読んだ後で 興味があれば 個人的に調べたりもしますが、彼らの言うことは、下手な記者の書く記事より遥かに信頼しています。

結局ね
Ebloさんも私もきっと語り方が違うだけで、書くときの姿勢は同じだと思いますよ

ちなみに
私は、よく吠えますが、噛みません
Commented by hisako-baaba at 2018-07-08 21:44
Junkoさんはよく吠えるけど、噛まないんですね。笑!

どういうことかわかりませんが、人気のあるブログだから、厄介な人もやって来るんでしょうね。

私は、変な人は変なまま、議論しても相手は変わらないから、自分の家族や親戚でない限り、無視します。
放っておけば実害はないから。
ムキになって言い負かしたこともありましたけどね。
Commented by cocomerita at 2018-07-08 21:56
Ciao hisakoさん
えー知りませんでした? 笑
噛みませんよ

いや全然人気もないです
でもね、来てくれる人と言うのは、やっぱり何かしらご縁があるからだと思うんですよ
こんな星の数よりも多いブログの中で わざわざ私のところを見つけて来てくれた
やっぱり偶然じゃあないでしょう

言いたい事はいつも歯に衣着せず、時には失礼かなと思うほど ガンガン言わせてもらっています
それでも懲りることなく やって来る
それならそれで良いじゃあないかと思うのです

だから それをさ、 他の人があなたはこう言う人とブログで付き合ってるから、もう付き合いませんとか言われると
あなたの知ったこっちゃあない。 と思うのです

そう言う何気な言葉や行為が括りとか 壁とか を作るのだと、今の政府を作ったのは国民の責任もあるのと同じ理由で、大きな社会問題は こう言った何気な事から生まれた、栄養をつけて大きくなって行くのですから。
Commented by Takeo at 2018-07-09 07:53 x
Its none of my business. (私には関係のないこと)

わたしは怒っているか?「ノー」
「わたしは不愉快か?」「ノー」
「わたしは悲しいか?」「ノー」

「ナン・オブ・マイ・ビジネス」(わたしとは関係のないこと)と思っています。
けれどもここまで悪しざまに言われているので、「不毛」と知りつつ一言だけ。

先のわたしの投稿全文です

--------------------------------------------------
こんばんは。

stanislowski の投稿に共感しました。

あるQ&Aサイトで知り合って、わたしがブログを始めた2008年(10年前)頃からのネット上の友人(おそらくJunkoさんと同世代の女性です)がいました。

彼女はその後、どちらかというと、反韓嫌中といっていい男性と(やはりネット上で)親しくなりました。

わたしは根が狭量な人間ですから、その人本人がそうでなくとも、「レイシスト」或いは「ファシスト」の気のある人と親しくしている人とはどうしても友達という関係を続けていくことができませんので、彼女と彼との関係を優先し、わたしは身を引きました。

今後ともこのブログは拝読するつもりですが、コメント(のやり取り)はこれが最後という事にしたいと思います。

短い間でしたが、密度の濃いお付き合いをいただき、どうもありがとうございました。

よい週末を過ごされますよう。

--------------------------------------------------

(つづく)
Commented by Takeo at 2018-07-09 08:09 x
(つづき)

いったいどのように読めば、わたしがあなたの(ネット上での、あるいは実生活上での)交流に「難癖」を付けているという風に読めるのでしょう?

一体どのような資格で、どのような権利で、人の交友関係に容喙できるのでしょう?

「あなた自身がそうでなくとも、右寄りの傾向のある人との交流を持った人と友達になることは、わたしの心情-信条(=潔癖症)故にできない。だからわたしは(以前そうしたように)以後コメントをすることを控えます。」
(つまり「ブログ友だち」(だったとしたらですが)としてではなく、まったくの第三者的な、いち読者として今後ともブログを拝読します。」と伝えたつもりです。

なおその上で

「短い間でしたが密度の濃いやり取りができました。ありがとうございました」
とお礼を述べました。

>暗に
>なぜ 排除しないのだ
>排除しろと 言わんばかり


>私の「決める」自由を侵害されたことに関して

書いていて苦笑が漏れます。

極端な被害妄想は見苦しいですよ、とだけ言っておきます。
「民主主義」の履き違えについても、ここでは触れません・・・

では。





Commented by cocomerita at 2018-07-09 09:06
Takeoさん
被害妄想などではありませんよ
そう思うのはTakeoさんの勝手ですが、私は被害妄想ということから一番遠い所にいます 苦笑
ただ 不快だったから不快だと書いたのです

こう言う事を言われるのは、上にも書きましたが初めてではありません
言われる度にうんざりします
これも上に書きましたが、なんとかちゃんと遊んでるんなら もう遊ばなーい と言う
これも小学校中学 高校と散々聴いたセリフです
まあ、だからこそ反応してしまったのかもしれませんが、


Takeoさんは その人の書く文章とその人を一緒にしないと言いました
そう言いながら、その人とその人のブログに訪問するたったの一人の人を捕まえて その人の存在によって 私自身をジャッジする
人にはそれぞれ物差しがあると思いますが、私が引っかかったのはそこです
自分が書いた文章で非難、批判されるのなら 理解もできますが、、


付き合っていると言うことは、ある意味共感を伴うものであると私は考えており、私は彼と共有するものを持ちませんから、付き合っていると言うことになるかどうか疑問であり、ただ私は自分の考えと違う考えの人を簡単に排除しないと言うだけのことです
自分と同じ考えの人とだけ、そうそう そうですね、ごもっともと言い合う
そんなつまらない事はないと思います。
まあこれも個人の生き方ですが、

民主主義を履き違えているとおっしゃる
私は間違っていないと答えますが、
私の考え方はこうであるという事が大事なのであって、それにつける名前の有無やそれが適性であるかどうかは 今回の場合二元的な問題です
間違っているのであれば、 いるのであれば、ですが、そのうちそれに気づく機会はやって来るでしょう

こう言う形で終わることになってしまったことを残念にも思いますが、でもきっとこう言う形で終わるように始まった。のかもしれません

私もありがとうございました と申しあげました。
過去の交流に感謝をすることと、最後のTakeoさんの考え方、やり方を全く理解できずむしろ不快だった事、それをは不快だと言葉にする事とは 別個の問題です


Commented by cocomerita at 2018-07-09 09:27
最後に申し上げますが
Takeoさんは このコメントをくださる前に ずっと私のコメントを無視し続けていましたよね

ですから ほかの方のコメントを待って それに同調するのではなく、もっと前に ご自分の意思を伝えてくださったら良かったのにと思います。
それが、リスペクトではないでしょうか
無視することは、一番失礼な行為であると私は思っているので、そのTakeoさんの行動も私には引っかかっていました

それがなくて 、この今回のコメントだったら
ここまで不快には感じなかっただろうと思います
いずれにしても 全ての事に始まりと終わりがあり、その命の長さがありますから
どう終わったか、いつ終わったかはあんまり問題ではないと思っています
大事なのは どう過ごしたかでありますから
Takeoさんとのやりとりは とても興味深く楽しかったですよ

改めてお礼を申し上げます

それでは お元気で
気持ちの良い夏を過ごしてください
Commented by Takeo at 2018-07-09 16:58 x
P.S.

>Takeoさんは このコメントをくださる前に ずっと私のコメントを無視し続けていましたよね

コメントを無視?
ではなくて、こちらにコメントしなかった、という意味ですよね。わたしのブログには最近コメントを頂いていませんでしたし。

「大きくなるな」の記事など、とてもいいと思いましたし、「期待は幻滅の母」についても、考えるところはありました。

「a」さんのこともありましたが、ここのところ孤独耐えがたく。Junkoさんのところに(いつものことですが)たくさんのコメントが寄せられ、「人徳」などという賛辞を聞くと、自分がひどくみすぼらしく感じられ、られて居たたまれなくなるのです。
それに昔から「オン・オブ・ゼム」にはなるまいという気持ちがあるので、まぁ妬み、僻み半分でコメントするのを敢えて避けていました。

(この「Them(They)」という言い方も気に入らないと思いますが。)

その両方の理由で既に「限界」は感じていたのですが、わざわざ「もうコメントしない」という宣言をしに来る必要があるのか?と迷っていました。

それをさせたのは、やはりこれまでのやり取りへのお礼を伝えたい気持ちが勝ったからです。
「これまでのお礼」を伝えるには、なぜ「これまで」なのかの理由を添えねばなりません。故にもう一つの理由である「a」さんにも言及しました。
ですから主は「お礼」「理由」(aさん)は従です。

Junkoさんがどう考えようと、感じていようと、(「人徳」を否定しようと)この人気にはもうついていく気力はないと思いました。

ただお礼だけは・・・と思った次第です。

Commented by cocomerita at 2018-07-09 19:00
Ciao Takeoさん
私のブログにコメントがないからって、無視されたなんて思いませんよ
多分記憶しているだけで4本か5本くらいは、Takeo さんのところにコメントを入れました
他の人のコメントが届いているのですから、私のだけが届いていないという事はあり得ないと感じました
でもTakeoさんがそうおっしゃるのであれば 、なにかの不具合で一個も着いていないのでしょう

ただそう言うことが偶然に重なるって事も 偶然ではなく、必然で、私たちの交流の運命だったってことかもしれませんね

苦笑
人徳? そんな事書いた人いましたっけ?
覚えてもいません
そういう事言われても別に嬉しくないし、、
褒め言葉って好きじゃあないと言うか、なんとも思わないんです
私は人と大きく違っているので、( 常識から大きく逸脱していると言う意味です。)
なので 常識の範囲内で真っ当に暮らしている人には、うわーーと見えるらしいですね
友人が 私のことを絶滅危機種だと言いましたが、ただ珍しいだけです

人気なんてありませんよ
なんでみんなそう思うかな?
アクセスだって、そりゃあ福島の炊き出しとかやってる時には、結構ありましたけど、今はほんと細々なんだけどなー 困笑
まあ、私はお酒一杯でヘロヘロになるのに、酒豪に見えるらしいですから、印象とは恐ろしいものです

でもね、誤解ではあってもTakeoさんから無視されてると思った時に、私の存在は もしかしてTakeoさんに「 痛い」のかな?と 思ったことがあります
(今風の表現ですみません、嫌いでしょ?こう言うの。でも一番この状態を表しているので、使わせていただきます。あっさり読み流してください)
私の近くにいると言うことは、それが空間的に離れていても、どうも 結構きついらしいのです
昔日本の実家に帰ってたとき、隣に姉が住んでて 甥と姪がいたんですが、私がイタリアに戻ると、その当時5歳の甥が ホッとひと息ついていると言われたことがあります
だから、その限界というの、わかる気がします 笑
Commented by cocomerita at 2018-07-09 19:04
続き

、、、 人気なんてないっつーのに
憎々しく思っている人も結構いると思いますよ
ストーカーまがいの嫌がらせをされた事もあるしね
でも私 怖いものなしだし、そう言う嫌がらせのコメントにも、丁寧に最後まで付き合っちゃうから 逆に相手が疲れて止める
で、口から先に産まれてるんで、何か言っても 口八丁でコテンパンにやっつけられるから 出てこないだけですよ


ま、という事で
私が残念だったのは 誤解から これでおしまいにします。と言われたこと。
でも限界という事で言えば、私も感じていた事であり、納得できます
ありがとう

コメントに入れたんだけど
Takeoさんさ、全然キモくないですよ
むしろいい感じです
そういう意味でも自分に対しても間違った印象持ってない?
この際だから 全部言っておきますが、
まあ、私が言うまでもないのだけど、( だってわかってるでしょ?)
円柱を横から見たら四角だけど、上から見たら丸なんです。
一方から見て決めつけちゃうのは、可能性を殺さないかな?と
私の事はどうでもいいけど、Takeoさん自身に対して。
なんだか勿体ない感じ
少しお付き合いさせてもらったけど、Takeoさんは自分が信じ込んでいるのとは、、むしろ真逆で みんなに愛されてますよ 私も含め。
そう言うのさ、皆さんからいただくコメントで感じませんか?
私は読んでて感じますけどね

ふふふ
ま、こう言う事を いちいち言われるのも疲れるんでしょ
わかります
最後まで 私のしつこさに付き合ってくれてありがとうございました

Takeoさんの幸せは、祈ってますよ
そんなもん要らないと言わないでね ははは


Commented by Takeo at 2018-07-09 21:09 x
P.P.S.

そうでしたか。前にコメントが送信できないと言われた後に、承認なしで送信即公開という形にしました。そして3人の常連さん(?)のうち、Junkoさんからのコメントが途絶えたのが、ちょうど、わたしが辺見庸について盛んに話題にしたときと重なっていましたので、そのせいで、コメントくれないんだなと、思っていました。
残念に思いましたが、彼は今取り上げたいテーマだったので。「諦めて」いました。
ブロガーとJunkoさんはとことん相性が悪いようですね。こちらもそのような事情を知り様がないので・・・

「痛い人」と感じたことは一度もありません。ただの一度も。またしつこいと感じたこともありません。
ああいうのがブログの醍醐味だと思っていますから。
いつでもコメントをたのしみにしていましたよ^^

最後に白状しますが、「Aちゃんと遊んでいるからもう遊ばない」という子供は今もわたしの中にいることを認めます。わたしの親友もそうでした。

「キモオ」についても同じで、こういうことについては
多分死ぬまで治らないと思います。

「愛されざる者」という感覚も。

これからも一読者としてブログ、読ませていただきます。

最後まで真摯なお付き合いを感謝します。




Commented by cocomerita at 2018-07-10 03:29
Ciao Takeoさん
あ、辺見さんの時ね、
で、辺見さんの事と一緒に西部さんの事書いてなかった?
いや、私は西部さんが好きなので、実はあの時こそ、たくさん書いて、(いつものように) 何通も (いつものように)流したんですが、、、
読んでもらえなかったようで残念です
西部さんとは一度会ってみたかったなと思います 笑

ふふふ
そうですね
きっとそうだと思いました
正直な人は好きです

多分 Takeoさんがそう思いたがってるんだよね
それなら、仕方ないけど
でも キモくないですし、
まあ、Takeoさんはレアな人物ですから
だから大衆受けはしないかもしれないけど、
(したくもないでしょ? 笑)
好きな人は好きだと思いますよ
Takeoさんみたいな人

Takeoさんさ
もしかして、愛されるのが怖いのではないですか。
愛されなくなったら嫌だから、、
ここで私のあの「期待しない」が登場するのですが
気持ちなんて移ろいやすいもんですから、今日好きだと言われても、一生愛すと約束されたわけではない
今の気持ちを呟いてるだけで、、、

満開の桜にさ、
あーーーそのままでーー!! と お願いしても無理なのだと同じように、、
移ろいやすいから 脆いから余計に美しく感じたり、大事にしようとか思うんじゃあないかな
私は、逆に永久不変なものは苦手です
だから古ぼけないプラスチックもビニールも嫌いです
今日 今 好きと言ってくれたらそれで良くない?
また明日別な人が言ってくれるかもしれないのだし

しつこいと思った事ないと言ったよね
ふふふ
だから最後に
Takeoさんはキモくもないし、ウッデイアレンにも似てないし、「 愛されるざる者」では、残念ながら ない。
何故って私が好きだから ははは
一人に好かれちゃったら、もうその時点でアウトです

こちらこそ、最後までお付き合いいただきありがとうございました
Takeoさんのような方が この世に埋もれているという事を知った事は、私にとっては ある種の収穫でした
それでは、お元気でね





Commented at 2018-07-10 16:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cocomerita at 2018-07-11 00:11
Ciao 鍵コメさん
了解です ☺︎
Commented by けい at 2018-07-11 08:35 x
毎日暑い日が続いています。ここのコメント全部
興味深く読ませて頂きました
言葉の難しさ、怖さを感じます。そして人を救う
言葉も思い浮かべます
対面しての言葉ですと、スルーできる言葉も文字に
すると、引っかかる事ってありますよね
一つの言葉でも慎重に何度も読み直してからコメントを
書いても後で反省する事多しです
junkoさん!大好きです ローマは梅雨はないですか?
お元気で暑い日々を乗り切ってください。
私、老々介護のしんどさを味わっていますが元気です
Commented by cocomerita at 2018-07-11 14:44
Ciao けいさん
言葉は、難しいですね
特に書き言葉は、、。
相手の顔を見て話していれば、いろいろと説明を加えたり、言い方を変えたり、細かな軌道修正もできるのでしょうが、書き言葉は、書いてどんと投げ出したら、後は相手の理解と繊細さにお任せですからね

私は、、でもね、書き言葉にも言霊は宿ると思っています
丁寧な書き方をされても嫌だな、、と思う時がありますし、
淡々とした書き方でも 脈々と思いが伝わってくる時もあります
それは、書き手の思い次第なのだろうなと、
私は、腹を立てた時さえも、悪気と言うものがないので、いつかはわかってもらえるだろうと 思っているので、ある意味容赦がなくなります、
まあ、それがお間違いなのかもしれませんが、、 苦笑

でも、今回のようにお互いに悪意がなかった場合
話し込むことによって、、、なんと言うかな、、
馴染んでいく、と言うか、解れて行くというか、こうして論じ合っていても、最後にはなんとなくさわやかで暖かいものが残る
これもまた言葉の不思議な力だと思っています

時々けいさんの事を思います
どうしていらっしゃるかな、と
時々は、カメラを背負ってお散歩してらっしゃいますか?
時々は、出かけてくださいね
息抜きになるでしょ?
イタリアには、梅雨がありません
今年の春は、、それでも雨が多かったのですが、今や夏真っ盛り
毎日水撒きです
花や草も暑い1日の後、喉が渇いているだろうと思うと、手が抜けず、全員にくまなく、なので、時間がかかります、、がいい運動でもあります

私も、お目にかかったこともないのにけいさんの事が大好きです ふふふ
ご主人様もお大事に、、。

けいさんも、賢く、所々で、手を抜いて穏やかな夏をお過ごしください
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
黒い森の白いくまさん
MU PHOTO
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに。。    ...
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
オトナの社会科・中東から...
俺の心旅
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live
明日をもっと楽しく!した...
父ちゃん坊やの普通の写真その3

最新のコメント

Ciao anohiwa..
by cocomerita at 20:55
あれ? まだ戻ってきて..
by anohiwa at 17:32
Ciao anohiwa..
by cocomerita at 13:43
先の事は分からない、、、..
by anohiwa at 12:04
Ciao dankkoc..
by cocomerita at 00:57
ciao cocomer..
by dankkochiku at 22:11
Ciao junjunさ..
by cocomerita at 14:58
♪ junkoさんのブロ..
by ❤ junjun at 13:22
Ciao cocoちゃん..
by cocomerita at 05:36
"さようなら"か・・・ ..
by coco at 05:06

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル