私がローマで独りで始めたわけ 

一期一会だけじゃあ足りなかった

フィレンツェの友人に電話をしました


ここ数ヶ月
彼のことが やたら 私の耳のあたりで ブンブンしてるのです
あんまり ブンブンするので
夏休みのご挨拶を兼ねて 電話を入れました



私は電話が嫌いなのです
電話は いきなり相手の生活に割り込み
電話されたら 電話を受けた相手は 否応無く 電話に出ることを 余儀なくさせられる

それを 私は無神経だと思っているのです
ですから
緊急の用事以外で 私の方から電話をかける事は あまりありません


ツーツーと呼び出し音が鳴って
私はいつもの 彼の 「 おージュンコ 」と言う バリトンの声を待っていました
ところが
出たのは 違う声
あ、すみません 間違えました と電話を切ろうとすると


いや アレッサンドロの電話です
今出れないのです と言う答えが返ってきました


あ、会議ですか。 じゃあまた後でかけます と言うと


後でも出れないんです、声が出ないのです


あ、風邪ですか?


はい少し風邪も引いています と相手の人


じゃあ 後日電話します お大事にと伝えてください と言うと


その人が困ったようにこう言った
彼は声が出せないのです
私が彼の声です
でも あなたの言ってることは全部聴こえてるし、理解しています



何が起こったと言うのだろう
頭の中が 真っ白になって
次の言葉が口から出るまで 多分5ー6分かかったと思います


訳もわからないと言うのに
私の声は 泣き声になり


あの 元気なんですか?

はい

いつから、、

2年ほど前からです
(2年も彼に連絡を取っていなかったのだ)


今自宅ですか?

森に散歩に来ています


そうして
私は 彼が二度と声を出すことがないと 理解しました


おろおろしている私に その人は夜の8時以降だったら奥さんと話せると告げました


わかりました
8時過ぎに電話を入れます
アレッサンドロによろしく伝えてください




大学に向かうために 路面電車を待っていた私は
太陽がカンカン照りつける 真っ白な空気の中で
サングラスをかけて 泣きました


彼のことを思い出さない訳ではなかったのです
私たちは10年一緒に仕事をしました
ハンドバッグのコレクションを持って 私たちは 年に2回 日本に行きました
展示会に出展して 日本のお客様から オーダーを取ります
私と同じくらい 熱くて怖いもの知らずの彼と 失礼なクライアントを展示場の部屋から追い出したこともあります


彼は私にとって 兄のような存在で 私と彼の家族もとても仲良しでしたが
一緒に仕事をしている時とは 違い
私がバッグの業界から 身を引いてから
ますます忙しい彼の日常に、割り込む電話をかけたくなかった
ただ それだけのことでした



そして
彼は私にとって 一番 病気や不幸というものと 遠いところにいる人だったのです
だから
安心していました
あの人はいつも元気で幸せで 変わらず あそこにいる
そのうち お互いに時間ができれば すぐに会える と。


その後 奥さんが電話をして来て
私は詳しい事情を知ることになります
彼女は 病名こそ口にしませんでしたが、左足の不自由から始まったのだと言いました
彼の病気はおそらく ALS 筋萎縮性側索硬化症



会いに行くこと、、できるかしら?と 聴くと
もちろん と彼女
アレッサンドロもここで喜んでるわ



私には 大事な人が何人もいます
でも
時間がないので あまり会うことができないでいます


彼の奥さんとの電話を切ってから
私は すぐに 友人のお母さんに電話しました
ご無沙汰しているのです
90を過ぎていて
その友人よりも はるかに 仲良しな女性です


明日会いに行くね と言いました



一期一会は 私が母を失ってから 心に決めている事です
今この時が その人と一緒にいられる最後になるかもしれない
だから
私は その時に 言葉も愛も節約せず できる限りの心を尽くします


でも それだけでは 足りなかったのでした


大事だと思っているのなら
ご無沙汰などはしてはいけないのです



電車の時間を調べて
来週の16日に会いに行くねと電話しました
来週は週中に 祭日がありその日はイタリア中が 機能しなくなりますから
その後で


もうすぐ 会えるね と言いました


来週 会いに行きます

私は泣き虫なので
泣かないように 充分練習をしていかないといけません


私は 人生で起きる事は みんなわたし達の成長のための宿題なのだ。などと
エラそうなわかったような事を言います
確かに宿題なのかもしれないけれど
人生で大学など卒業しなくてもいいのです
小学校卒でいいじゃあないですか?


という事は、
そんなに難しい宿題など出してくれなくていいのですよ


なんだか やっぱり神さま
最近 理不尽です


今日は 一年で一番流れ星が見えやすい日です
外に出て
空を見つめます



そして 流れ星が流れたら
お願い事は 一つです
アレッサンドロの病気が治りますように



そして
もう忙しさにかまけて ご無沙汰するのはやめようと思いました






b0150335_06314096.jpeg

今 外から帰ってきました
流れ星 ふたつ 見つけました


1個目は もちろん アレッサンドロのため
2個目は 世界中で今困ってる人たちが幸せになりますようにと




私は奇跡を信じています

















[PR]



by cocomerita | 2018-08-11 06:37 | | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://cocomerita.exblog.jp/tb/28549855
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sakananoojisan at 2018-08-11 09:06
おはようございます。・・・そちらが何時かはぞんじませんが、日本は朝の8時45分です。・・・儂も、電話は苦手です。相手の顔を見ながらでないと、次の言葉が見つかりません。または、言葉が出ない。・・・普段は、畏まった公の席でスピーチする場合でも、濃度の濃い広島弁で話しますが、余程親しい間柄でない限り、電話では、事務的な口調でしか話せません。・・・儂の様に、半世紀以上も生きて居りますと、長生きすればするほど、死に別れや生き別れや、様々な別れを重ねて行きます。・・・出会いも多く重ねます。・・・「また、逢おうや。」と別れて、それ切りに成って終わったり、それ切りに成ったままだったり、・・・人伝に、「知っちょる?…彼奴、半年前に死んだんじゃと…。」と、二度と逢えない事を知り、後悔した事も何度か在ります。・・・愚者の儂は、良いアドバイスを持ちませんが、儂も、アレサンドロの為に祈ります。・・・そして貴女の為にも…シャローム、平穏が訪れます様に・・・土師より
Commented by saheizi-inokori at 2018-08-11 09:17
貴方が行くのを楽しみにしていますよ。
Commented by hanarenge2 at 2018-08-11 12:26
junkoさん
お知りになった時のショック。。。私にもよく分かります
ALSとは。。。。。

意識はずっと清明ですから
junkoさんの行かれるのを心待ちにしておられますよ

>私と同じくらい 熱くて怖いもの知らずの彼と
>失礼なクライアントを展示場の部屋から追い出したこともあります
拍手!!!
Commented by cocomerita at 2018-08-11 15:46
Ciao sakananoojisan
ありがとうございます
私は祈りの力を信じていますので、それも自分のためでなく 誰か他の人のために祈った時 それは摩訶不思議な力を発揮すると思っています

昔ブログで紹介した大好きな話があります
ある人が ある日身体からひょいと抜けて、ガイドの魂と一緒に地球の外に出ます
地球を眺めていると、地球の上で チカッ チカリと輝くものがあります。
あれはなんですか?と訊ねると、あれは祈りです。誰かが祈るたびに ああやってチカリと光を発します。とガイド
すると その時 チカリと言うよりも キラッ キラリとひときわ輝く光を見ます
あ、あれらは他のより光が強いようですが、何なんでしょう?
するとガイドはこう答えます。
あれは 誰かが 自分のためでなく 誰か他の人のために祈った光、
他の人のために祈ると光はより強いのです。

今、広島とローマで ひときわ輝くキラリが2つ瞬きましたね 笑

きっとsakananoojisanの祈り、キラキラと生き生きと届くと思います
アレッサンドロに伝えますね 笑
Commented by cocomerita at 2018-08-11 15:47
Ciao saheiziさん
誰か 大事な人に会うのを、どっちかが病気になるまで待つなんて、、情けないですよね 苦笑
Commented by cocomerita at 2018-08-11 15:58
Ciao hanarengeさん
私はずっと前からALSという病気を、これほど残酷な病はないと思って見てきましたが、まさか自分の身近で起こるんて思ってもみませんでした。

ALSは意識が清明ですから、余計辛いのだと思っています。
自分の身体がどんどん動かなくなる事を自分自身で意識して観察し続けなければいけない、明日朝起きたら、指は動くだろうか?目は見えるだろうか? と 不安な思いで眠りにつき、そして恐る恐る目覚めなければいけないなんて、酷すぎます。
幸い彼は日本の薬をバチカンの薬局を通して手に入れており、それで症状が進行するのを止めているそうです。

私達は、とてもよく似ていて、算盤が弾けず、小利口になれず、苦労したことのないもの特有でやけにやんちゃなので、本当に いろいろな経験をしたのです。
そういう話もたくさんして来ようと思っています

私は医学が好きではありません
でも 医学は必要なのだと、思い知り、この一年くらいで もっと進歩してくれないものかと思っています
勝手ですね 苦笑


Commented at 2018-08-11 20:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hisako-baaba at 2018-08-11 22:27
私も、会いに行きたいと思って19歳の時からの友人に連絡したら、亡くなられていました。去年のことでした。

お知り合いの訪問、間に合ってよかったですね。
「会いたい人には会っておこ」誰かの詩の一節でした。
Commented by cocomerita at 2018-08-11 22:46
Ciao 2018-08-11 20:47 鍵コメさん
そうなんですよねぇ
私はそういうところマメそうで マメじゃあないんです
ましてや相手が男性でバリバリ仕事してるとお邪魔したら悪いかな?とか思ってしまい、ついね、、
これからマメに連絡するようにしましょう
ただ連絡すると、会いましょうという話になるので、それもあって 最近はつい連絡を控えめにしてしまうのです
悪癖です 苦笑

20年は大変ですね
本当に大変です
頑張られましたね、奥様
愛ですね
私の友人もまさに「愛妻」が付いているので、孤独に苦しむことはないと思うので、その分安心です

私はね、天命ってのはあって変えられないけれど、運命はその天命の中で変えることができると思っています

Commented by cocomerita at 2018-08-11 22:49
Ciao hisakoさん
実はね、昔の彼が結構成功してて、昔はみんなから(少なくとも私の側から) 要するに 優良夫 候補じゃないと思われてて、反対されてたんで、その彼の成功が 嬉しくて、今度彼におめでとうのメイルとか、手紙でも出そうと思ってたんです
で、彼の会社の住所でも、、と調べてみたら、去年の春に突然亡くなっていました
ショックでした

ご無沙汰は、、ダメですね


Commented by anohiwa at 2018-08-12 11:12
若い頃は 便りがないのは元気なしるし、、、、、とか言ってました。
でも、私の年齢になると、チョコチョコ連絡をしないと、いろんな事が起こっています。
ご自身に起こってたり ご家族に何かが起こっていたり。

大切な方には たまに連絡をするのが良いかもネ。
junkoさん、辛いですね。
いろんな病気があるね、、、

ピンピンコロリ を願っている私ですが、どうなるのかな??
Commented by cocomerita at 2018-08-12 15:56
Ciao anohiwaさん
共通の知人もいましたし、何かあったら自然と知ることになるから、と安心していました
失敗 失敗!
今回の事で いろいろ考えさせられました

そして 私は今は医者には行かない。これで行くとこまで行く。と威張ってますけど
でも行かない訳には行かない病もあるという事
介護してくれるご家族がいないと、自分ではどうにもならなくなる病もあるのだと改めて認識しています

ピンピンコロリ出来るのも幸運の証ですね
お互い、若くはない身体 大事に使いましょう
あとは、、運を天に任せるっきゃあない 笑
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
黒い森の白いくまさん
MU PHOTO
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに。。    ...
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
オトナの社会科・中東から...
俺の心旅
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live
明日をもっと楽しく!した...
父ちゃん坊やの普通の写真その3

最新のコメント

Ciao 鍵コメさん ..
by cocomerita at 22:41
Ciao dekoさん ..
by cocomerita at 21:02
こんばんわ お帰りなさ..
by Deko at 19:13
Ciao saheizi..
by cocomerita at 13:00
Ciao ebloさん ..
by cocomerita at 12:55
退化してますよ。みんな思..
by saheizi-inokori at 09:47
一年半ぶりに帰ってきた日..
by eblo at 09:31
Ciao dekoさん ..
by cocomerita at 00:45
おはようございます。亀が..
by Deko at 08:35
Ciao tetsuro..
by cocomerita at 01:40

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル