私がローマで独りで始めたわけ 

広告対策用記事



スルーしてください


[PR]



# by cocomerita | 2018-10-10 22:56 | Trackback

閉ブログのお知らせ

長らく 親しく
私の遠吠えに お付き合いいただきましたが
ここで このブログを閉じることにいたしました。


何年続けたのだろう と 見てみたら
始めたのは 2008年6月
その前に 別な名前でブログをしていましたので
もう10年以上になります。



今までに何度もやめようと思いながら
引きづられ 引きづり ここまでやってきました。


10年ひと昔と言いますから
ここが 1つの区切りであるのかもしれません。


私の熱さは 触れれば火傷するかもしれない熱さ
所詮 人とは 交われないのだと 改めて感じています。
そんな中で
ほどほどのところで 語り合うブログの意味を常に自問自答していました


語る人間には それを形にする義務が生じると私は信じています
「言ってるだけ」 「書いてるだけ」は 簡単過ぎます
安倍政府を批判しながら
何もしないのであれば
私にとっては安倍政府を支持する人たちとあまり変わりない
ということです


私らしく
最後まで 辛口ですが、、



ありがとうございました
皆さまのご健康とお幸せを祈っております



さようなら















[PR]



# by cocomerita | 2018-10-10 22:55 | | Trackback | Comments(63)

2020年東京オリンピックに反対します






2020年 東京オリンピックに反対します



小出先生も 「 東京オリンピックに猛反対 」と知り
先生にお願いして
福島の原子力発電所事故後の福島原子力発電所の現状を踏まえた抗議文を
書いていただきました


その抗議文と私の抗議文を英訳し
世界中に散在する オリンピック委員会の支部 230カ国に
小出先生と私の抗議文を 東京から郵送しました
「 東京 」オリンピック で あるのですから 東京から発信すべき。
そのための帰国でもありました


この世界には 郵便が届かない国もあり
10カ国ほど 郵便局ではねられましたが
210通の手紙は 今 私たちの抗議の言葉を乗せて 旅しています


イタリアでは私の友人が ヨーロッパの新聞社、人権団体などに
この2通の文書を拡散しています



欲に面の皮を突っ張らした彼らが
小出先生のおっしゃることはともかく
私のような 一庶民の言葉を聴き入れ
すでに彼らに莫大な報酬をもたらしたオリンピックを中止することなどあり得ないと
充分過ぎるほどわかってはいても



沈黙は了承のしるし


黙っているわけにはいかないのです


こんな人道的に激しく外れた 恥ずべき バカバカしい「 お祭り」は
それでも
大半の国民に受けいれられ
再び 一個でも多くの金メダルを 我が国にと
黄色い歓声をあげる ナショナリストたち が巷に溢れかえるでしょう



安倍政権 云々と 批判する以前に
楽しいこと 陽のあたっているところ にしか 注意を払わず
社会の陰になっているところには 目もくれず
考えることをしない
そんな人々のことを 寂しく思います


長くなりますが


これが私が2020年 東京オリンピックに反対する理由です
小出先生の文書も読んでください


2020年東京オリンピック開催にあたり、選手としての参加、及び観客として来日を予定している各国の皆様が 予め了解しておかなければいけない情報が、日本側から全く伝えられていない事を危惧し、一日本人として 日本の正直さと尊厳を守るため
こうして筆を取る事を決意いたしました。
ここにその通知に関わる書簡を送付させていただきます。

私たちには、決める権利というものがあり、私はそれを尊重するものです。
然し乍ら、正しい決定を行うためには正確な情報が与えられていることが必須であり,関係者には、( この場合は主催者 ) その正確な情報を、それが主催者側に都合が良かろうが、悪かろうが、全て公開する義務があります。
東京オリンピック然りです。
東京オリンピックのために、来日するのは各自の自由ですが、その決定にあたり彼らが知らなければならない情報が明確に広く公開されていない事を危惧します。
つまり人々の「知る権利 」が尊重されていないのです。
果たして現在の東京は、オリンピックのような世界規模の祭典を行い、世界中から沢山の人を呼び寄せるのに相応しい場所なのでしょうか?
日本政府及び東京都は、来日する人々の安全を保証するために、最大かつ細心の安全対策を考えているのでしょうか?

2011年3月11日に、東関東大震災により引き起こされた福島原子力発電所の事故、
そしてそれに伴う大量な高濃度の放射能による大気中及び海への汚染
あれから7年経った今も福島原子力発電所は、収束はおろかその状況は悪化するばかりです。
実際 福島と東京がたったの230キロしか離れていないという事を、一体どれだけの人が把握しているのか? 疑問です。
わざわざチェルノブイリから230キロのところで世界規模の祭典を行いますか?
そして、わざわざチェルノブイリから230キロしか離れていないところに出かけて行きますか? それも家族連れで、、。

福島原子力発電所では、未だ溶け落ちた炉心の居場所さえ分からず、現場に近づくこともできず、そして 使用済み核燃料プールには、依然 放射能を発生し続けている使用済み核燃料が何100本も存在しています。
東京からたったの230キロのところで、いまだに人体の健康に著しく危険なあらゆる種類の環境汚染が続いているのです。
そして、何よりも忘れてならない事は、日本は地震大国であるという事です。
2018年6月には大阪で、そして、そのあとにも千葉でも地震がありました。
千葉は東京と福島の間に位置する県です。

私は、2020年の東京オリンピック開催に、2つの理由で反対しています。
一つは そんな危険を孕んでいる、汚染されている都市に (東京が汚染されていないと考えるのは、楽天的過ぎます) 世界中からわざわざ大量の観光客を招き入れるという事、
オリンピック開催時 地震が発生し、地震だけならまだしもその地震が福島原子力発電所の現在の状況を悪化させる可能性は否めません。
もちろん 何も起こらない可能性もあります。
しかしながら、私はどんな事を企画するにおいても、「 何も起こらないだろう 」
ではなく、何か起きた時の安全対策がその後ろ盾に考えられていなければならないと考えます。
とりわけ 大量の人々を一堂に集める場合は尚更です。
その安全対策、つまり会期中に福島原発の状況が悪化するような事が起こった場合のことを、東京オリンピック開催側が考慮に入れているとは思えないのです。
実際、彼らが福島原子力発電所の現状、福島の汚染の状況をしっかり把握しているかどうかさえも疑問です。
彼らが現在の福島第一原子力発電所の惨状を熟知しているとしたら、
まずオリンピックなどと言う世界的祭典の開催候補地などに名乗りを上げなかったでしょうし、そして そればかりか、ソフトボール競技を福島で開催するなどと言う事も考えもしなかったでしょうから。
地震の可能性とそれに準じた福島原子力発電所の状況が悪化することを想定して、開会前に安全対策を整えることを考慮する事は 必須です。
なぜならたったの230キロしか離れていないのですから。

もう一つの理由は、これは極めて人道的な問題でありますが、
福島原子力発電所の事故により、多くの人が家を失い、職を失い、故郷を汚染され、
そのために県外への避難を強いられました。日本中にまだ仮の住まいで身を小さくして暮らしている人々が数多くいるのです。
そればかりか、日本政府は 今年の春 そう言った自主避難者の方達への住宅補助を一方的に打ち切りました
そんな中で、彼らの苦難を知りながら、困っていない、被害に遭わなかった人々が東京でお祭り騒ぎに明け暮れる。
そんなことが人間として許されるのかと言う事です。

オリンピックに使えるお金があるのなら、まず困っている国民救済に充てるべきではないでしょうか?
祭りは、皆が幸せで平和でいる時にみんなで一緒に行うものであり
人の不幸を蔑ろにして 豊かな者たちだけで楽しむものではありません。
それは、オリンピックの本分に反しませんか?

世界中で弱者が彼らの力の無さゆえに、搾取され、搾取だけでは止まらず、
さらに彼らの人権をも踏みにじられています。
スポーツという媒体を通して、人種間の交友をはかり、人種差別をなくし、互いの親愛と友好を深めることが、オリンピックというものの本来の主旨ではなかったのでしょうか?
スポーツは貧富の差に関係なく 誰でも享受できる。と かつては謳われていましたが、そんなことはもはやおとぎ話になってしまっていますが、それでもなおオリンピック委員会とは、スポーツというものの根底に流れる フェアプレイ、平等の意識に乗っ取り、権力者側の便宜や利益を尊重するのではなく、民の側に立すべきものではないのでしょうか。
オリンピック憲章 オリンピズムの根本原則第2項において
オリンピズムの目的は,人間の尊厳の保持に重きを置く平和な社会の推進を目指すために人類の調和のとれた発展にスポーツを役立てることである。
と 謳っています。
オリンピック競技場建設のために、40年以上も住んでいた都営住宅からお年寄りが追い出されました。 アパートは取り壊され、オリンピックのための競技場建設の資材置き場になります。
資材置き場のために、住民を追い出す。
それが 人間の尊厳の保持に重きを置く平和な社会で行われる事なのでしょうか?
スポーツとは、お金を儲ける手段ではなく、それによって 心身を鍛え、平和を構築し守る精神を育てるものではないのでしょうか。


福島原子力発電所の事故以来、私たち国民に放射能の真実を、福島の事故の真実を
国内外に問わず、伝え続けてくださっている元京都大学原子炉実験所助教授であり、
環境動体解析、原子力安全および放射性物質の環境動態を専門とする小出裕章先生の
書簡を添付します。
世界に名だたる巨大な組織であるオリンピック委員会が、私たちのような一個人の言葉に耳を傾けて、すでに決定している事項を覆すような事は、恐らくあり得ないであろうと思いますが、その反面オリンピック委員会のような巨大な組織であったとしても、
事の次第によっては、とりわけ人道的に相応しくないと改めて見なされた場合においては、その決定さえも覆す英断を決行する。そんな素敵な事が起こってもいいのではないかとも考えます。

世界は一人一人の人間からできています。
その一人一人にそれぞれ守るべき自分と家族、健康、暮らしがあります。
昨今 私たちは、巨大なマネーというシステムの中に取り込まれ、その一個一個一人一人を尊重する良識を失っています。 非人道と言う線路を走っているこの現在の社会に、皆様方が正義という 一石を投じていただけるようなことがあったら、こんなに素晴らしい事はないと考えます。
今の社会には、正しくあれ 優しくあれと私たちを刺激する人間ドラマが足りません。

最後に
東京オリンピック開催に対する危惧をもうひとつ 付け加えさせていただきます。

皆さんは、日本の夏がいかに危険なものであるかご存知ですか。
もはや夏は汗をかいて冬の健康に備えるなどと言う のどかなものではなくなっています。
連日35―6度を平気で越える暑さに 今年は当然東京周辺でも
40度を超える地域が何箇所もありました。
東京は言うまでもなく、日本の大半の街は アスファルトで覆われていますし
日本の暑さには、尋常ではない湿気も伴います。今年の夏は 16日までの連休中に全国で14人が熱中症で死亡し、5616人が救急搬送されたのです。
そんなところで 競技ですか?
これは選手の方々はおろか、観衆の方々の健康被害、命の危険に関わるものです。
東京の夏を熟知する東京オリンピックの企画側が なぜわざわざ夏を選んだのか、
甚だ疑問です。

先にも申し上げましたが 私は東京オリンピックの開催自体にすでに述べた二つの理由で反対しています。
東京都が、オリンピックを辞退する事を心より望んでいますが、
もはや決定されてしまったオリンピック開催を取り消す事など 奇跡よりありえない事であるとも認識しています。
しかしながら、東京オリンピックを中止することができないとしても、開催時期をずらす事は出来るはずですし、そうするべきです。
それは、オリンピックに参加するアスリートたち、そして競技を見る観客の健康と命を守るためです。

以上
東京オリンピック開催にあたり、皆様が訪れるであろう東京の真の現状を伝えさせていただきました。
皆様方の国の選手各位 そして 東京オリンピック観戦を予定している国民の皆様に広く拡散していただき、彼らが彼らの常識で行くべきか行かないべきか 参加すべきかすべきでないか。を判断し、健全な決定を行なってくださる事を祈念します。
そしてオリンピック委員会の皆様におきましては、スポーツの本分に立ち戻っていただき、現在世界中で軽視されている人権を、深く尊重した立場を取っていただきたいと望みます。人権とは、私がわざわざ言うまでもなく、裕福な人間にも、そうでない人間にもそして権力者にも権力を持たない者にも、為政者にも人民にも 国籍の違いなく、皆に等しく平等に与えられ 互いに尊重されるべきものであると考えます。



楠本淳子





そして
小出先生の文書

フクシマ事故と東京オリンピック
小出 裕章(元京都大学原子炉実験所助教)

 2011年3月11日、巨大な地震と津波に襲われ、東京電力・福島第一原子力発電所が全所停電となった。全所停電は、原発が破局的事故を引き起こす一番可能性のある原因だと専門家は一致して考えていた。その予測通り、福島第一原子力発電所の原子炉は熔け落ちて、大量の放射性物質を周辺環境にばらまいた。
日本国政府が国際原子力機関に提出した報告書によると、その事故では、1.5×10の16乗ベクレル、広島原爆168発分のセシウム137を大気中に放出した。広島原爆1発分の放射能だって猛烈に恐ろしいものだが、なんとその168倍もの放射能を大気中にばらまいたと日本政府が言っている。
 その事故で炉心が熔け落ちた原子炉は1号機、2号機、3号機で、合計で7×10の17乗ベクレル、広島原爆に換算すれば約8000発分のセシウム137が炉心に存在していた。そのうち大気中に放出されたものが168発分であり、海に放出されたものも合わせても、現在までに環境に放出されたものは広島原爆約1000発分程度であろう。
つまり、炉心にあった放射性物質の多くの部分が、いまだに福島第一原子力発電所の壊れた原子炉建屋などに存在している。これ以上、炉心を熔かせば、再度放射性物質が環境に放出されしまうことになる。それを防ごうとして、事故から7年以上経った今も、どこかにあるであろう熔け落ちた炉心に向けてひたすら水を注入してきた。そのため、毎日数百トンの放射能汚染水が貯まり続けてきた。東京電力は敷地内に1000基を超えるタンクを作って汚染水を貯めてきたが、その総量はすでに100万トンを超えた。敷地には限りがあり、タンクの増設には限度がある。近い将来、東京電力は放射能汚染水を海に流さざるを得なくなる。もちろん一番大切なのは、熔け落ちてしまった炉心を少しでも安全な状態に持って行くことだが、7年以上の歳月が流れた今でも、熔け落ちた炉心がどこに、どんな状態であるかすら分からない。なぜなら現場に行かれないからである。事故を起こした発電所が火力発電所であれば、簡単である。当初何日間か火災が続くかもしれないが、それが収まれば現場に行くことができる。事故の様子を調べ、復旧し、再稼働することだって出来る。しかし、事故を起こしたものが原子力発電所の場合、事故現場に人間が行けば、死んでしまう。国と東京電力は代わりにロボットを行かせようとしてきたが、ロボットは被曝に弱い。なぜなら命令が書き込まれているIC チップに放射線が当たれば、命令自体が書き変わってしまうからである。そのため、これまでに送り込まれはロボットはほぼすべてが帰還できなかった。2017年1月末に、東京電力は原子炉圧力容器が乗っているコンクリート製の台座(ペデスタル)内部に、いわゆる胃カメラのような遠隔操作カメラを挿入した。圧力容器直下にある鋼鉄製の作業用足場には大きな穴が開き、圧力容器の底を抜いて熔け落ちて来た炉心がさらに下に落ちていることが分かった。しかし、その調査ではもっと重要なことが判明した。人間は8シーベルト被曝すれば、確実に死ぬ。圧力容器直下での放射線量は一時間当たり20Svであったが、そこに辿り着く前に530あるいは650シーベルトという放射線が計測された。そして、この高線量が測定された場所は、円筒形のぺデスタルの内部ではなく、ペデスタルの壁と格納容器の壁の間だったのである。東京電力や国は、熔け落ちた炉心はペデスタルの内部に饅頭のように堆積しているというシナリオを書き、30年から40年後には、熔け落ちた炉心を回収し容器に封入する、それを事故の収束と呼ぶとしてきた。しかし実際には、熔けた核燃料はペデスタルの外部に流れ出、飛び散ってしまっているのである。やむなく国と東京電力は「ロードマップ」を書き換え、格納容器の横腹に穴を開けて掴み出すと言い始めた。しかし、そんな作業をすれば、労働者の被曝量が膨大になってしまい、出来るはずがない。私は当初から旧ソ連チェルノブイリ原子力発電所事故の時にやったように石棺で封じるしかないと言ってきた。そのチェルノブイリ原発の石棺は30年たってボロボロになり、2016年11月にさらに巨大な第2石棺で覆われた。その第2石棺の寿命は100年という。その後、どのような手段が可能かは分からない。今日生きている人間の誰一人としてチェルノブイリ事故の収束を見ることができない。ましてやフクシマ事故の収束など今生きている人間のすべてが死んでも終わりはしない。その上、仮に熔け落ちた炉心を容器に封入することができたとしても、それによって放射能が消える訳ではなく、その後数十万年から100万年、その容器を安全に保管し続けなければならないのである。
 発電所周辺の環境でも、極度の悲劇がいまだに進行中である。事故当日、原子力緊急事態宣言が発令され、初め3km、次に10km、そして20kmと強制避難の指示が拡大していき、人々は手荷物だけを持って家を離れた。家畜やペットは棄てられた。それだけではない、福島第一原子力発電所から40~50kmも離れ、事故直後は何の警告も指示も受けなかった飯舘村は、事故後一カ月以上たってから極度に汚染されているとして、避難の指示が出、全村離村となった。人々の幸せとはいったいどのようなことを言うのだろう。多くの人にとって、家族、仲間、隣人、恋人たちとの穏やかな日が、明日も、明後日も、その次の日も何気なく続いていくことこそ、幸せというものであろう。それがある日突然に断ち切られた。避難した人々は初めは体育館などの避難所、次に、2人で四畳半の仮設住宅、さらに災害復興住宅や、みなし仮設住宅へ移った。その間に、それまでは一緒に暮らしていた家族もバラバラになった。生活を丸ごと破壊され、絶望の底で自ら命を絶つ人も、未だに後を絶たない。
 それだけではない。極度の汚染のために強制避難させられた地域の外側にも、本来であれば「放射線管理区域」にしなければいけない汚染地帯が広大に生じた。「放射線管理区域」とは放射線を取り扱って給料を得る大人、放射線業務従事者だけが立ち入りを許される場である。そして放射線業務従事者であっても、放射線管理区域に入ったら、水を飲むことも食べ物を食べることも禁じられる。もちろん寝ることも禁じられるし、放射線管理区域にはトイレすらなく、排せつもできない。国は、今は緊急事態だとして、従来の法令を反故にし、その汚染地帯に数百万人の人を棄てた。棄てられた人々は、赤ん坊も含めそこで水を飲み、食べ物を食べ、寝ている。当然、被曝による危険を背負わせられる。棄てられた人は皆不安であろう。被曝を避けようとして、仕事を捨て、家族全員で避難した人もいる。子どもだけは被曝から守りたいと、男親は汚染地に残って仕事をし、子どもと母親だけ避難した人もいる。でも、そうしようとすれば、生活が崩壊したり、家庭が崩壊する。汚染地に残れば身体が傷つき、避難すれば心が潰れる。棄てられた人々は、事故から7年以上、毎日毎日苦悩を抱えて生きてきた。
 その上、国は2017年3月になって国は、一度は避難させた、あるいは自主的に避難していた人たちに対して、1年間に20ミリシーベルトを越えないような汚染地であれば帰還するように指示し、それまでは曲がりなりにも支援してきた住宅補償を打ち切った。そうなれば、汚染地に戻らざるを得ない人も出る。今、福島では復興が何より大切だとされている。そこで生きるしかない状態にされれば、もちろん皆、復興を願う。そして人は毎日、恐怖を抱えながらは生きられない。汚染があることを忘れてしまいたいし、幸か不幸か放射能は目に見えない。国や自治体は積極的に忘れてしまえと仕向けてくる。逆に、汚染や不安を口にすれば、復興の邪魔だと非難されてしまう。
 1年間に20ミリシーベルトという被曝量は、かつての私がそうであった「放射線業務従事者」に対して初めて許した被曝の限度である。それを被曝からは何の利益も受けない人々に許すこと自体許しがたい。その上、赤ん坊や子どもは被曝に敏感であり、彼らには日本の原子力の暴走、フクシマ事故になんの責任もない。そんな彼らにまで、放射線業務従事者の基準を当てはめるなど、決してしてはならないことである。しかし、日本の国はいま、「原子力緊急事態宣言」下にあるから、仕方がないと言う。緊急事態が丸1日、丸1週間、1月、いや場合によっては1年続いてしまったということであれば、まだ理解できないわけではない。しかし実際には、事故後7年半たっても「原子力緊急事態宣言」は解除されていない。国は積極的にフクシマ事故を忘れさせてしまおうとし、マスコミも口をつぐんでいて、「原子力緊急事態宣言」が今なお解除できず、本来の法令が反故にされたままであることを多くの国民は忘れさせられてしまっている。環境を汚染している放射性物質の主犯人はセシウム137であり、その半減期は30年。100年たってもようやく10分の1にしか減らない。実は、この日本という国は、これから100年たっても、「原子力緊急事態宣言」下にあるのである。
 オリンピックはいつの時代も国威発揚に利用されてきた。近年は、箱モノを作っては壊す膨大な浪費社会と、それにより莫大な利益を受ける土建屋を中心とした企業群の食い物にされてきた。今大切なのは、「原子力緊急事態宣言」を一刻も早く解除できるよう、国の総力を挙げて働くことである。フクシマ事故の下で苦しみ続けている人たちの救済こそ、最優先の課題であり、少なくとも罪のない子どもたちを被曝から守らなければならない。それにも拘わらず、この国はオリンピックが大切だという。内部に危機を抱えれば抱えるだけ、権力者は危機から目を逸らせようとする。そして、フクシマを忘れさせるため、マスコミは今後ますますオリンピック熱を流し、オリンピックに反対する輩は非国民だと言われる時が来るだろう。先の戦争の時もそうであった。マスコミは大本営発表のみを流し、ほとんどすべての国民が戦争に協力した。自分が優秀な日本人だと思っていればいるだけ、戦争に反対する隣人を非国民と断罪して抹殺していった。しかし、罪のない人を棄民したままオリンピックが大切だという国なら、私は喜んで非国民になろうと思う。

フクシマ事故は巨大な悲劇を抱えたまま今後100年の単位で続く。膨大な被害者を横目で見ながらこの事故の加害者である東京電力、政府関係者、学者、マスコミ関係者など、誰一人として責任を取っていないし、処罰もされていない。それを良いことに、彼らは今は止まっている原子力発電所を再稼働させ、海外にも輸出すると言っている。 原子力緊急事態宣言下の国で開かれる東京オリンピック。それに参加する国や人々は、もちろん一方では被曝の危険を負うが、一方では、この国の犯罪に加担する役割を果たすことになる。






2020年 東京オリンピック開催を心から 恥じ
その開催に反対の意を表します


そのためには
私も喜んで
そして 率先して 「真っ当な」 非国民になります



b0150335_00561736.png



b0150335_00565029.jpeg







「 2020年東京オリンピック返上」という選択をマジで考えてみませんか

















[PR]



# by cocomerita | 2018-10-04 01:08 | 愚政府に物申す | Trackback | Comments(27)

独り



自分の存在を
少しでも 他より際立たせようと

少しでも 自分に得をと


あくせく
恥じることさえ せず
人のものまで 手を伸ばし 浅ましく掻き込む 卑しい人々



名もなく
野に咲く 花の美しさ を知らないか



激しく異なる価値観の中で
私はかつて感じたことのない 孤独を感じています



ささやかな日常と言う名の元に
自らの 無関心 無責任を 正当化する
哀しいまでに 無垢な人々



無垢と無知の違いはどこにあるのだろう



もはや この人たちとは
互いに 分かり合い 共有するものを 永遠に持たないであろうと言う


ある種の悟りにも似た諦め



彼らの胸を躍らす あらゆる類の数字は 私には何の意味もなく
彼らが追い求めて止まない 名誉も名声も


私には ただ おぞましいものとしか 映らない



私は 彼らの息がかからないようにと
数歩下がり
忌まわしいものでも見るかのように
感情の籠らない目で 見つめる




この国に
私のいる場所は 1センチ平方メートルさえもない




私の周りにあるのは
果てしない空虚と
ただ そこに吹く風















風は

どこに向かって吹いているのだろう


















[PR]



# by cocomerita | 2018-09-25 08:55 | | Trackback | Comments(16)

早速 あり得ない

東京に来ています



今回の東京は 1年半ぶり
一年半ぶりの 東京は さらに 「あり得なく」なっていました



時計がない
公衆電話がない



時計も電話も公衆と呼ばれるからには
公衆トイレが なくては ならないように
両者とも 都市の最低限の機能として 必須であると 私は思います



昨日
私は寝坊をしたので
私の日本用の「ガラ携」を ホテルに忘れました


連絡先は 私は常に手書きのアドレス帳を持っていますから
別に困らないのだけど
肝心の電話がない


あり得ない


そして
私は 今回 出発前 子亀たちの散歩に追われていて
時計を忘れてきました


よって
時間が 全くわからない


どの店を除いても
もはや壁に時計などを掛けている店はなく
やっと 昔ながらの薬局を見つけ
そこの時計で時間を確認


あり得ない


さて
朝のお出かけ前には
支度しながら ニュースでも聴こうと テレビを付けますが


なんとかと言う テニスの女性選手の話
中国のなんとか と言う 美人女優が行方不明になってる話
どのチャンネルも 流す映像まで同じ

やっと天気予報になったと思ったら
急に寒くなりましたと 渋谷の駅前を映し
道行く人に 今日は寒さ予防に どんな洋服にしたか。を尋ね
予報士は
いや、私もうっかりして 今日は短いソックスを履いて来てしまいました
ズボンを捲り上げて見せる
皆さん 長いソックスを、、


、、だと



はぁぁ??
いちいち こうして指導しなくても
雨が降ってたら傘を持って行くだろうし
寒そうだなと思ったら
それぞれが自分で 何を着ようか決めるだろうし


おかしいんじゃない?



そんなことで、いちいち 目くじら立てなくても、、
ではなく
こんな小さな事の積み重ねが 人々の愚鈍化を進める


私は 東京に来ると
人とよくぶつかります
なんでだろうと思ったら
東京の人は、周りを見ながらそれに合わせた自分の動きをしない。
という事に気付きました
彼らは 彼らの行きたい方向に向かって 一心に
自分の歩きたいリズムで 周りの流れを感知しません


この国は 社会として
一体 進化してるのか 退化してるのか
全くわかりません


私は退化していると思いますが、、。
こうなったら お天道様を見て 時間を見る。しかないのです



さて
昨日は 歌舞伎座で 念願の玉三郎さんを観てきました
休憩に 皆 自分の荷物を置いたままで 席を立つ



これまた
あり得ない事なのでした
まあ、この場合は 良い意味でのあり得ない なのですが。








b0150335_00365601.jpeg




予想通り
安倍さんが勝ちました
この国の悲劇と 彼らの茶番劇は まだまだ続き

私の腸は 怒りによる捩れから まだまだ解放されません















[PR]



# by cocomerita | 2018-09-22 00:44 | 毒を吐く | Trackback | Comments(12)

母亀に子亀 そして子亀

今日は
私の小さな友達のマリオが遊びに来ました
マリオは7歳です


マリオは、去年の夏に
うちの敷地にあるもう一軒の家に7月 一ヶ月だけ 親子で滞在しました


妹が産まれてから
たくさんの子がそうなるように
嫉妬で 妹を虐め始め
それ以外にもいろいろな問題が起きて
困ったお母さんは、彼を心のお医者さんに連れていきましたが
治りません



私はマリオの辛い気持ちがよく分かったので
朝から晩まで一緒にいました
一緒にヨットも作りました


b0150335_14531296.jpeg


私が水撒きしてると 彼は 毎日 付いて歩いて いろいろな話をしたものです



小さな妹を庇いがちなお父さんとお母さんの前で
私は しばしばマリオの肩を持ちました。
マリオが 大人に隠れて妹をつねると
私は彼を 追いかけて行って マリオをつねりました
痛いよね
これと同じことをあなたはやっているんだよと



一夏でマリオは、見違えるように 元気になりました
お医者さんにも もう行きません
マリオは時々お母さんの携帯で 私に電話して来ます
ベランダの大豆の芽が出たとか、、
私が上げたアロエがどれだけ大きくなったとか、、
彼は 草花や動物が大好きなのです


そして
今年の夏は、
マリオは 一人で 農家のおばあちゃんの家で ひと夏暮らしました。
だから 今日は 一ヶ月半ぶりの再会です


亀が産まれたとは言わず 庭にちょっとおいでよ
と 言ったら
何? 子亀でも産まれたの?
と お見通し
ジレッラの子亀を見せると
子供だったら 小さな子亀にだけ夢中になる ものですが
マリオは ジレッラのところにも ちゃんと挨拶に行くのです


ジレッラ 子供を産んで おめでとう。 エライね


去年の7月に うちに迷い込んで来たジレッラを見つけた時も 彼が一緒で
そして
ジレッラ という名前も 彼がつけたのでした


b0150335_02535516.jpeg



彼と彼の妹のアンナと
うちの庭で 子亀と遊んでいたら
なんと もう1匹 子亀が ひょろひょろ出てきました


うわー もう1匹いたよーー
兄弟が生きてて 良かったね
私たちは大喜び



一昨日 私が見つけた子より元気がないので
私たちは 子亀を手のひらに乗せて エネルギーを伝えます


夜は冷え込むので
子亀の体温の調節が 夜の間にできないのではないかと思い
私は朝になると 子亀を手のひらに 乗せて 温めます
それと同じように 両の手の平に包んで 元気をあげます



大家はただいま旅行中
もう1匹子亀を見つけたよー と連絡しようと思いましたが
動物が増えて ウキウキしている私と違って
彼女は 昨年亀1匹だからいいやとオッケーしたら
今年になって 子亀が増え 、まあ、子亀か、、
1匹だからいいやと思ってたら もう1匹 出てきたと


もしかして こりゃ大変な事になったと 蒼くなるかもしれないので
彼女のせっかくの旅を台無しにしないために
お知らせしない事にしました



動物を閉じ込めるのは 大嫌いなのですが
まだまだ小さな過ぎるので
隔離することにしました







これが彼のおうち


b0150335_06394818.jpeg



2匹になり



b0150335_06441559.jpeg

これで 寂しくもないし
退屈もしない。
かな?






名前は マリオの助けを借りて
ジジ と ジョジョ となりました


b0150335_02565707.jpeg

母と





元気ですくすく 大きくなぁれ



b0150335_07454461.jpeg














[PR]



# by cocomerita | 2018-09-16 14:53 | 生き物を救え | Trackback | Comments(17)

子亀がやって来た 「緊急署名 ペンギンを守る」


緊急署名を追記します






昨年の冬に孵った18000羽のペンギンの雛は
たったの2羽を残して 全て餓死してしまったそうです
環境の変化で 餌場が遠くなり
餌を探しに行ったお母さんペンギンが戻ってこれないからです
彼らを救うために、保護区の設置が求められます

目標署名数 1、000、000に 3200筆足りません



こぞって署名および拡散お願いします



中国語の試験が終わりました


これで
少なくとも 日本から帰国し
イタリアの 厳しい現実の世界に戻るまで
これからこなさなければいけない試験だとか
単位とかの心配とか から解放されて
何も考えず だらだら 過ごせるかと思うと


信じられないくらい 幸せな気分になりました
この気分が味わえるだけで 試験って 全く悪くないな


と思えます



さあ、これから自由に ぶらぶらしながら
日本に行く準備を心置き無く やるぞー


と 思っていたところで
車が動かなくなりました


私の住んでるところは
車がないとお買い物が 超不便です
特に 猫のトイレの砂とか、、牛乳とか 重いものは、、
日本に買って行くおみやげも買わないといけないのに、、


あーあー
なんで 私の人生 いつも こうして 何かしら ガタガタするのだろ。
と 空を見上げました


カルロッタ 流石に今度はもうお別れだな。
と 悲しく 覚悟を決めました



私の車の修理屋さんのマルコに 電話を入れます
とりあえず 持っておいで と言われ
保険会社に電話を入れました


私の保険には
車が動かなくなった時に牽引車を呼べるサービスが含まれているのです
明日でいいって言ってるのに
明日牽引車が欲しいなら明日電話しろと言われ
じゃあ、この際 今日中にやってしまおうと
、、、牽引車来るって言っても 一体何時間後に来るか皆目 当てにならないので
電話に出てくれた時に さっさと依頼してしまうに限るのです


普段なら 少なくとも1時間は待つ。はずが
家で寛いでいたら 10分もしないで 家のベルが鳴りました
牽引車です


車を持って行ってもらって
マルコが ジュンコ 今回は手の施しようがないよ。と 言ってくるのを待っていました



電話が鳴り
ジュンコ 直せるけど 200ユーロかかるよ いい?

彼は 私がこの超古い車をいかに愛しているかも知っていますが
それと同時に
そんな古い車の修理にお金をつぎ込ませたくない。とも 思ってくれているのです


もうダメだと諦めていた私の暗い脳裏に
神さま出現。のような光が差し込み
天国に流れているような たおやかな音楽が鳴り響きました


いや
大袈裟じゃなく ホントです



試験と同様
何かトラブルがあって
でも そのトラブルが 思ってもいなかった スムーズさで
スルスル 解決し始めた時に感じる
この幸福感


この気分が味わえるだけで トラブルってのも 全く悪くないな


と思えます



で、今日
友人のレナートと チャイニーズの人のやっている「 なんちゃって日本食」を食べに行った帰りに
カルロッタを 迎えに 行ってきました



こうなったら、直し 直し 一体何年乗りこなせるか 見ものだね
楽しみになって来た


と マルコと話しました


そして
私とカルロッタは、エンジン音も軽やかに 家に帰ってきました
ああ 楽しい



さて
家に帰り うちの庭に降りて行くと
石畳の上に 小さな生き物が




え。



b0150335_05103241.jpeg



きゃーーーーー 子亀



庭仕事をしていた フィリッポを呼びつけ
それからが大騒ぎ
たまたま 遊びに来ていたご近所さんたちと、、


どっから来たんだ
いや ジレッラが産んだんじゃない?
えー交配もしていないのに?

どっかから 鳥がくわえて来たのを
うっかり落としたんじゃない?
え。まさか
よりによって ジュンコんちの上で?
ジュンコんちだから 起きるんじゃない
こう言う変なことがーー


結局 結論は
信じがたいんだけど
去年の7月にうちにやって来た時 彼女はすでに交配済であった
この春 卵を排卵し
一ヶ月ほど前に 孵化して 出てきた。


と言うことになりました


大家は 普段は亀のいることなど すっかり忘れているくせに
子亀が産まれたと知った途端
亀をたくさん飼っているという友人に電話をかけたり
うるさくいろいろ指示し始め
私をイラっとさせました


鳥に喰われるから
植木鉢に入れろとか
挙句の果てには
友人のとこでも亀が産まれたから そこに預けようとか、、。


でもね
ちっちゃいけど 甲羅はもう硬い
と言うことは
少なくとも1ヶ月は 一人で生き延びてきたって事
もちろん
鳥に喰われもせずにだ


大体うちには鳥は舞い降りない
猫が3匹も手ぐすね引いてるってのに
のこのこ 舞い降りる阿呆な鳥はいない


私は生き物を 「閉じ籠める」 のが 苦手です
思わず喧嘩腰になる


それでも
大きめな鉢を用意して
土を入れ
飲み水入れを 埋め込み 彼の棲家を作り
上から網をかけました




しかし
子亀見れば見る程 かわいいーーーーー


b0150335_05212433.jpeg


そうそう
名前は カメ



いや
名前決めろ 決めろ と うるさいんで
じゃあカメでいいや と



命名苦手なんです
















[PR]



# by cocomerita | 2018-09-14 14:10 | 生き物を救え | Trackback | Comments(14)

良かったね

ここのところ
毎日 夕立が降ります



お陰で 庭の水撒きからは 解放されますが
プールでのひと泳ぎができません



プールに しばらく ご無沙汰してる事が
申し訳なく
今朝 起きて 一番に挨拶に行こうと思いつきました



まだ誰も起きて来ていない庭を横切り
プールサイドに行くと



黒いものが泳いでいるのが 目に入りました
泳いでいる

と言うよりも

ほぼ溺れているかのようで
必死で手足を動かしています
口から 空気の泡が出ています



うわっ
ハリネズミだ


早く 早くと
ドキドキしながら
プールに 備え付けの 落ちた枯れ葉を掬う網で
引き上げました



b0150335_04033280.jpeg

しっかり 丸まって
肩で大きく息をして
時々 プルプルと震えます



b0150335_04343022.jpeg


目をしっかり閉じて 息をしている動作以外は 動きません



頑張れ 頑張れ と
私はふーふーと 息吹( 生吹 ) を送ります

溺れた虫を 掬いあげた時に よくやるのですが
結構効き目があるのです

しばらく続けていると フーッと息を吹き返したりします
人口呼吸みたいなもんです




一体 何時間 この子はここで頑張っていたのだろう
と思うと
大きく息をしている背中が とても 愛おしくなりました



良く頑張ったね
エライぞ
エライぞ




うちの猫達は 辺り構わず 私の行くところ 行くところ ゾロゾロついて来るので
ハチ公猫と家のものに呼ばれていますが
今朝もまた 例にもれず
野次馬根性丸出しで 寄って来たのを
私に追い払われ


b0150335_04080902.jpeg





遠巻きに眺めます





目もしっかり閉じたまま
怖かった時間を消化するかのように
大きく し続ける呼吸以外は
身動き一つしないのです



そうやって
1時間近く いたでしょうか



丸まっていた身体を少し開いて
鼻をクンクン 言わせ始めました



b0150335_04163180.jpeg


ゆっくりと 顔を上げて





b0150335_04174539.jpeg
目を開け


もぞもぞ っと 起き上がり


b0150335_04191630.jpeg


歩いたっ

いやっほうぅぅぅぅ


b0150335_04211677.jpeg


まるで
お礼でも言うかのように 私の足元に近づいて 来て






そして
b0150335_04224287.jpeg


庭を横切って

b0150335_04232842.jpeg


トコトコと 薮の中に 入っていきました



せっかく助かった命
元気で たくさん長生きするんだぞー


と 彼の背中に 声にならない声で 声をかけました



ああそれにしても
私が今朝 プールに 挨拶に行こうと思い付かなかったら
私たちは 彼の死体を
プールに浮かんでる 彼に死体を発見する羽目になったのです


そう 思うと
ゾッとします



ああ よかった
ハリネズミが死なないで


どこのどなたかは 存じ上げませんが
私の耳元に プールに行きな。と 囁いてくれて


ありがとうございました



1時間近く 一緒に過ごしたので 妙に親近感
ハリネズミ 最高にかわいいです












[PR]



# by cocomerita | 2018-09-03 07:09 | 生き物を救え | Trackback | Comments(29)

非国民のススメ


特攻を9回命じられ
9回 生きて帰ってきた 陸軍の操縦士さんが いらっしゃいました


お名前は
佐々木友次さん



佐々木さんのことを書いた 「不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか」 の作者である
鴻上尚史
さん は こう語ります



「統率の外道l と指摘したとされる異常な作戦に突き進んだ空気は、戦後73年経って変わったのか



 ――特攻を生み出した日本社会のあり方は変わりましたか。

 「日大アメフト部の選手が悪質なタックルをした問題の構造が、特攻の構造とあまりに似ていて、怒りを通り越してあきれました。指導者側は選手が自発的にやったと言い、選手側は指示だったと言う。ただ選手は従わざるを得なかったわけで、僕らは同調圧力の強さの中で、つい忖度(そんたく)してしまう国民性なのです」


 ――「生産性」発言への自民党の対応には批判がありますが、9月の総裁選では、安倍首相3選の可能性が高いと言われます。

 「安倍さんがどうのというより、同調圧力が桁外れに強い国なんだという意識を持っているかどうかが、政治家の立ち位置を決めると考えています。それは自民党だろうが、共産党だろうが、僕はあまり区別していません。他人に合わせて行動するということは、自尊意識が低いこととセットなのですが、それをどれくらい問題だと考えているかで、人はずいぶん違うんだろうと思うんです」









一個一個の人の命の大事さ を 思ったら
どっちの国が 敗けたとか 勝ったとか


そんな事は
人一個の命の大切さの前には
ガキ大将のお山のてっぺん 誰が先に取るか? に 等しく
取るに足らない どーでもよい事です



そんな軍の思惑に巻き込まれ
それでも 家族を国を守ろうと 必死になってくれた方達に 頭が下がります



おかしい事をおかしいと
嫌なものを嫌だと

言えない哀しい 時代でした



戦争をしたがってる 政府に 再び 牛耳られてる国
私たちには
まだ おかしい事はおかしいと
Noと言える自由は まだ残っていると 信じます



「 黙って 俺らの決めた事にただ従え 」
とばかり
「国民」の 義務のみを押し付られて
黙って従うのではなく



誰が言おうが
おかしい事はおかしい
ダメな事はダメだと
出来ない事は出来ない と 一個一個 声に出し
そして
それを 一個一個 行為にして表す




私たちが 学校や社会で 巧妙に 教えられ 刷り込まれた
礼儀とか
文化とか
慣習とか と言う 嘘の衣を纏った
「 政府 もしくは経営者にのみ都合の良い」
社会人としての在り方 など



くそくらえ。




大体
今の政府のやってる事が
国民を鼻から舐めてる
ズルくて 人間の最低限の尊厳をも侵している事だらけ
なのですから



そんな国では
そんな 「おかしな国」の 流れに 逆流し
敢えて それは違う といい切り




むしろ
非国民 になる事が
人間として 真っ当な道 を貫く。
と言うことになるのではないかと


私は思っています




そう言う形でしか
私たちは、次に大人になる子供たちに 自由な社会は 残してあげられないのでしょうから
























[PR]



# by cocomerita | 2018-08-31 15:51 | 生き物を救え | Trackback | Comments(4)

薄いブランケット一枚分の秋

こちらは日増しに秋で

日中は そこそこ暑くなりますが
朝晩に至っては 寒いほどで
足元に置いてある 薄いブランケットを 朝方 手繰り寄せます


ブランケットの厚みの分 秋が近づき
そして
シャワーの熱いお湯が、肌に心地よくなったら、もう秋です



夏は一年の折り返し地点でもあり
夏が過ぎると
あとはまたいつものように 今年の終わりに向かって
時間は 駆け抜け



今年の夏は、 暑過ぎたせいか
いつものように 夏を ちゃんと愛して 味わってあげられなかった気がして


だから
こうして、あっさり背中を向けられると

え? と
思わず
引き留めたいような 申し訳ない気分になります。


今日は、
うちの敷地の中にあるもう一軒の家に 夏中来ていたエドが
お母さんといっしょに ボローニャに帰って行きました


エドは4歳です
8月中は、居るだろう、と思っていたので
エドが出発するから 挨拶に、、と呼びに来られて
ドキッとしました


心の準備が出来ていませんでした


エドにさようならを言いに行くと
彼が 寂しそうに 「舟 まだ作り終わってないのに。」
と言いました
先日 2人で 舟を作り始めたのでした



私の寂しい気持ちに 彼の寂しい気持ちが加わって
一瞬 泣きたくなりました
なんだか 取り返しのつかない事をした気持ちになりました
間に合わなかった と言うのが 嫌いです



私は、
大丈夫 私が作りおえて お父さんに持って行ってもらうから。と
言いました


彼らを乗せた車が 門から出て行って
残された私たちは


もう 秋だねと言いました


この時期は
毎年 何かやり残したことを たくさん残してきたような、
時間を無駄に過ごしてしまったような
そして
置いてけぼりにされたような


そんな気持ちになります



b0150335_18172377.jpeg


ダリオとマリオんちのアイーシャ
まだ仔犬の時に 下痢が止まらないからと
前の飼い主に保健所に連れて行かれそうになっているところを
2人に救われたのでした



時間が過ぎて行くと言うことを受け止めるのが
とても苦手なんだと言う事に気付きました


























[PR]



# by cocomerita | 2018-08-27 15:36 | ローマ | Trackback | Comments(12)

ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
黒い森の白いくまさん
MU PHOTO
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに。。    ...
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
オトナの社会科・中東から...
俺の心旅
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live
明日をもっと楽しく!した...
父ちゃん坊やの普通の写真その3

最新のコメント

Kimanbaさん 続き..
by cocomerita at 16:23
Ciao kimamba..
by cocomerita at 16:23
ブログを閉じられた後に初..
by kimanba at 13:02
Ciao anohiwa..
by cocomerita at 08:34
水浸しのイタリアの映像を..
by anohiwa at 21:06
Ciao hanaren..
by cocomerita at 17:20
あんまり書き込むとご迷惑..
by hanarenge2 at 14:30
Ciao 2018-11..
by cocomerita at 05:07
続きです。 あれ程の事..
by kanafr at 10:04
今年は、フランスも南仏だ..
by kanafr at 10:03

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧