私がローマで独りで始めたわけ 

カテゴリ:思( 63 )




惜しむ

昨日まで 笑い 弾けていたものが



急に 黙り込む



人の身体って なんなんだろう



電気が通らなくなった 扇風機?



それでも



時は流れ続けて



時間の流れを追うのをやめた その身体だけが 過去へと取り残される



重たい身体 を 脱ぎ捨てたあと



魂は 自由になるのだろうか?



私は おろおろと 



その置き去られた身体を 振り返る



ついさっきまで 笑い 弾けていた あの身体を



あんなに 優雅に 楽しく踊っていた身体を



肉体を抱えて歩くのは 難儀だ



肉体と言う肉が 魂が先に歩くのを 阻むから



肉体の その肉の重さは 



上へと羽ばたこうとする 私たちを阻み 



大地へと 引きずり下ろす



小さいころから 自分の誕生日が嫌いだった私は



主役になると言うことが不得手 と 言うこともあるけれど



私は生まれてきたくなかったのではないか?と ある日ふと 思った




肉体を持つことは 羽ばたける両足に重りをつけること



エーテルみたいな気体でいること の ほうが



存在しているのは よっぽど簡単な気がした




最後に会った時の 彼女の弾けるような笑顔と



祭壇に飾られているであろう 



微笑んでるだろう その遺影とが



私の中で ぐるぐる交差し



こんなはずじゃあなかった



と 小さくつぶやく



今は ちょうど お通夜の時間



人気者の彼女に 最後のお別れをする人々の列は



きっと 果てしなく長いことだろう



私のエーテルの部分が その葬列の片隅に   
いたら いい
 


ごめんなさい
駆けつけられなくて



私の有難う と サヨナラが



遠すぎて 届かない気がする



b0150335_2113925.jpg

[PR]



by cocomerita | 2011-12-08 21:26 | | Trackback | Comments(33)

歳を重ねるということ

わたしの定宿のある武蔵小山で

有る異変 を 発見した

このあいだの6月に 帰って来た時は いなかったのに

駅の周りに ホームレスの御老人たち がいる

何人かで たむろしておしゃべりしてる時もある

ご老人のホームレスは

気になる

これからどんどん寒くなるから 

よけい 気になる

不況だから お家賃払えずに 追い出されたのだろうか?

若いうちには なんとでもできると思うけど
歳をとって 家を失い
路上で暮らす羽目になった 

その思いは如何ばかりか

老人が 安心して暮らせない


そんな社会は最低 だ

実力主義も いいけれど
社会は

最低限 人間らしい生活を送れる

その最低の一線は 全ての人に 保証すべき

じゃない?

歳を重ねた人たちが安心して暮らせない国など

先進国だなんて ちゃんちゃらおかしくて 呼べないでしょ?



どこの国でも
歳をとると言うことは 何か 嫌なことのように 淋しいことのように思われてるけど

私たちの人生は

生まれてきて
乳児の時を過ごし
幼児の時を過ごし
少年 青年 壮年
そして 老年を迎える

それは 人間が生き物である限り 当たり前のプロセスで

老年のその時期も 
生まれてきたことと同じくらい 私たちの人生の大切な一部だ

愛さないわけにはいかないでしょう

初めの部分はいいけど あとはだめ
ここはいいけど あそこはだめ

自分自身の一部を認め 一部を否定する

そんな都合のいいようには 行かないでしょう



             

                          だよね?



友人と 土佐料理屋さんに行く

味の薄い私には ちょっと味が濃すぎたけど

b0150335_23573472.jpg


このカツオの藁焼きは 最高――だった

b0150335_2358099.jpg


    うめ――!!


あ~~あ~~~
この日本食三昧も いよいよ秒読みに入りました...

[PR]



by cocomerita | 2011-11-21 23:59 | | Trackback | Comments(22)

進化という名の退化



      

どっか勘違いしてない??


と 思うんですけど

私たちは―――

先進国で―

近代人でーー

より  ズ―――と 進化 してる


つまり 古代人よりも ある意味 賢く なっている....

なんて...



    へ??



今 進化 って 言いました??


                     賢くなってる って??
      


      んなわけね―のよ





不在通知を受け取って 郵便局の本局に 荷物を取りに行った

b0150335_104222.jpg


一瞬整然としてるように見えるでしょ――
混乱は 写真撮ってるわたしの後方にある

朝の11時

郵便局に着いて 番号札をとると

b0150335_1192930.jpg



      ぎゃいーーーーん




電光掲示板のただいまお取り扱い中の番号は

b0150335_2323266.jpg




     キャい―ーーん 

わたしの前に 60人 の人がお待ちになってる勘定

いや もうこういうの いいかげん 慣れてるんですけどね

でも
60人 ってのは むしろ 記録かも

こういう時に
こっそり 窓口に近づいて

あの―― 荷物受け取る だけなんだけど――

なんて 割りこみ でも 企てようもんななら

局中に溢れかえってる人々の憎しみの視線で


ハリネズミ
b0150335_16498.jpg

    状態   になるしね


これだからーーー 中国人は――
なんて
悪い評判 更に 落としてしまう ってのも

   偲びないしね

   こっちの人は 日本人は超お行儀がいい と思ってるから
   行儀が悪いってだけで こいつは中国人と決めつけるのは 

   を見るより明らか
   
b0150335_23262334.jpg


     ....なんで



涙をのんで おとなしく待つ ことにする

しかし
近代化 作業の簡易化を招くべく 行なったであろうコンピューターの導入がさ

作業を繁雑にし
よって 待ち時間が増え
大切な紙 という資源を 大量に 浪費することになるって

   
      どうよ


私がイタリアに住み始めたばかりの頃は

コンピューターなんて導入してないから

小包受け取りにいくとね

そうそう そうだったわよ
小包受け取り窓口ってのがあったのよ ね



誰もいなくてもね
その辺を歩いてる人捕まえて やってもらえた

なんでかって
小包台帳と照らし合わせて
わたしの持ってる番号と合わせて
払う税金があれば そこで払って
そのお金を 彼らは引き出しにひょいと入れ
私はサインをし
はいよ と渡してくれる小包を受け取る

      それだけでよかったわけよ

それが 今はですよ
わたしの持ってきた不在通知と台帳と照らし合わせ
コンピューターに なにやら がちゃがちゃ インプットし
(ちなみに私のサインは不要   おかしくね??)

税金を払うのに、振込用紙をコンピューターで がちゃがちゃ インプットし
それで 終わりと思いきや
また違う書類をプリントアウトしーー

要するに
一人につき 紙二枚の浪費

一局でこれですよ
イタリア全体だったら

       どんだけ~~?




そうそう 銀行も同じ

このあいだ銀行にお金をおろしに行った

でね
全部50ユーロ札でくれるから

50ユーロ札を一枚10ユーロ札に替えてくれと言った
  ~イタリアの店はいまだ50ユーロ札 非常に嫌がるのよね

そうしたら
コンピューターで何やら がちゃがちゃ 打ちこみ
紙にプリントアウトし
サインしろという

    へ?

50ユーロ1枚を 10ユーロ 5枚に替えるだけの話ですが...

今や銀行員
金勘定なんてしないのよ
お金もいじらない

コンピュータにインプットしたものを 機械が吐き出す
それをお客さんに
      手渡すだけ

両替も同じ
コンピューターにインプットしたあと
50ユーロを機械に入れる
そうすると 機械が10ユーロ五枚 ペロッと 吐き出す仕組み

それをお客さんに 

ただ   手渡すだけ

私が銀行員だったら
このシステム導入された途端
私を あほか泥棒のどっちかと思ってるのか? 

と 辞めてるけどね

    マジで...


これが 退化 と言わずして なんぞよ

だから みんな何も考えなくなる...

話は長くなったけど...

原始に還ろう!! 


編集後記:
小包を開け

早速おためし

   むっふっふ


b0150335_10374739.jpg
              A面

   むっふっふ

b0150335_10401735.jpg
              B面

   むっふっふーーー

b0150335_1041832.jpg
 

あーー気持ちよかったーーー

      ぽっかぽか~~

   ~ファビオも やけに 気に入っておりましたー


marshaさん
誠に  ありがとうございました!!


[PR]



by cocomerita | 2011-10-23 10:52 | | Trackback | Comments(57)

変わらなかったら 滅びます

いい気になって
太陽に近づきすぎて
羽根の蠟が解けて

   
  墜ちた     イカルス

今の人間と同じじゃない?
原子力は 疑似太陽を作る ようなもん

近づきすぎたら
   
   

  破滅します

youtibeからの
「単なる 」 映画の予告ビデオ
貼りつけよう と思ったら
セキュリテイー上できないって

  なんで?

それでは こちら を見てください

「ヒバクシャ ~世界の終りに」 
鎌仲ひとみ監督作品





 変わらなかったら

  滅びます





またまた 署名お願いします

 福島の子どもたちを守るための緊急署名
  ~避難・疎開の促進と法定1ミリシーベルトの順守を

1.特に放射線量が高い地域において、避難・疎開・夏休みの前倒しを促進すること。
  とりわけ、子ども、乳幼児、妊婦の避難・疎開を実施すること。

2.子どもを含む県民の内部被ばく検査(ホールボディカウンターによる検査)を実施すること。

3.低線量被ばくのリスクを軽視する山下俊一・長崎大学教授を、現在の福島県の放射線リスク・アドバイザーおよび県民健康管理調査検討委員会から解任すること。

4.現在の法定の年1ミリシーベルトを順守すること。
 内部被ばくも含めた事故直後からのトータルな線量を含めること。
 年20ミリシーベルト(毎時3.8マイクロシーベルト)基準を撤回すること。
 食品の暫定規制値に関しては、年1ミリシーベルトが可能な値とすること。

署名フォームと詳しくは こちら FoE Japan へ



せめて 子供たちだけはを守りたいです  
   大人が盾になっても...




目を覚まさないとね 日本人

 変えなかったら
    
       滅びます

 
b0150335_144932.jpg
    
[PR]



by cocomerita | 2011-06-27 18:01 | | Trackback | Comments(46)

誰かに何かをしてもらったら お礼をしろと 親に教わらなかったか!!

心癒す桜の季節に願いをこめて…

ありがとう!と言いなさい

私の母は
誰かに 何かをいただいたら すぐに 開けてみなさい
そして それをお味見して 美味しかったです と言ってお電話しなさい

そして
その方に 次に直接会った時には
この前はどうも..と 直接お礼を言いなさい

と 言っていた

イタリアに来て
パーテイーや お夕食に呼ばれる機会があり

パーテイーのあと お礼を言って帰る
次の日 昨日はありがとう と電話を入れる
そして
次に会った時 この前はどうも とお礼を言う

イタリア人の間では
そんなに何度もお礼言わないでいいよ―― と笑われたけど

これは母の教え
曲げるわけには行かない のだ

確かに
何度も言う必要はないかもしれないが
最低一度くらい キチンとお礼を言うのは人間としての

最低の常識

それもできない 日本のあほ政府

お願いだから これ以上 国の恥をさらさないでください

今日更新した記事で 海外の皆さまからの心のこもった支援をご紹介した

そしたら 私のお目付け役 nobさんから これ を読めと

早速読んだよ
 nobさん私の師匠だし...


またかよ――

で 口より手の早い私 
さっそく 外務省HP に抗議メールを打つ

以下 私のメール
こんにちわ
今回の未曾有の被災に当り、海外から受けた援助、寄付は、計り知れないものと
思われます。
その中には、過去に日本が支援行為をしたことのない国もあると思います
その彼らの国境を越えた行為が、被災者の人達はもちろんのこと、
私たち日本国民の心に勇気を与えてくれていることも確かであり、
日本国政府の原発問題に関する国際的問題はともかく、
日本国政府として、各国の主要新聞に謝辞の掲載を行うことは、国家として、
人間として、最低の礼儀であると思います。
即刻135か国の主要新聞に政府としての謝辞の掲載をすべく動いていただくことを
求めます。
予算など国の尊厳の危機の前には、どうにでも ひねりだせるものであると信じます。
これ以上国辱を重ねないために、即断、即行をお願いします。



せっかくの世界中の皆様の厚意を 
日本人が真摯な心と感謝の思いで言うけとめてない
なんて思われたら それこそ 顔向けできないよ

生活費を割いて送ってくれてる人もいるんだぞ!

脳ミソの機能だけでなく
心も麻痺した政府 の 操縦する日本と言う船は
このままでは 迷走して 大洋の彼方に消えるだろう

皆さん
早速 ガンガン 外務省に抗議メイル打ってください

これからは 
国民が政府、官僚のやり方に干渉していく時代 です
なんてったって 最低の礼儀もわからない木偶の坊の集まりですから

これ以上 恥の上塗りを重ねさせない ためにも



よろしくお願いしたいと思います


b0150335_0283041.jpg
 テラスの初ジャスミンが咲いた
[PR]



by cocomerita | 2011-04-16 00:30 | | Trackback | Comments(18)

「二人の少年兵」に涙する

二人の少年兵
人間魚雷?
神風特攻隊??

  ふざけんじゃない!

一人の人間の命を
その彼らの生活を

なんだと思ってるんだ!!


国のため
天皇のため

と 根も葉もないことを 吹き込まれ
最後まで嘘をつかれ  騙され

本当は 何よりも大事な家族を守るため

戦争で大事な命を落としていった人たち

戦争で犠牲になった人達の話を聞くと
鳥肌が全身に ざわっ と広がり
いいようもない怒りがこみ上げる


だから 正直言うと 日の丸は嫌い

戦争は 国をあげての国民に対する 巨大な詐欺行為

だから 正直言うと 天皇も嫌い

悪いことをやったり
故意でなくても 間違えてしまったりしたら 
まずは その迷惑をかけた人に 謝る のが普通の行為でしょうよ
いくら自分のお父さんがやったことでも 天皇は殉死した方たちに、詫びを入れるのが
人間の筋 だと思うのよね

なんかね
日本復興 っていうのもそっからな気がするのよ
過去に行った悪いこと ずるいことを なぁなぁ で 
ごまかしながらここまで来たから
国の礎が そっから腐り始め 崩れ 異臭を放つ

天皇の事を好きな方もいるだろうが
天皇制を否定してるのではなく

天皇が国の象徴というのなら
彼が まず誰よりも 天に正しい人 なり のお手本
示すべきじゃあなかろうか

そうすればね
ただそれだけで

多くの英霊の魂が 救われる と思うのです

一人の国民の命は
一人の天皇の命と
全くその重みを同じくして

                 尊い


b0150335_1924589.jpg

[PR]



by cocomerita | 2011-01-29 19:29 | | Trackback(1) | Comments(57)

最近ね


最近ねー

ますます 本当に自分が思ってることしか言いたくない
なんかの事情で それが言えない場合は 黙ってる  

ほうがいい  と思うようになった

お愛想や
おべんちゃらや
社交辞令で ごてごてに飾った会話など

化粧をしすぎた女性 のように 暑苦しくて

言霊の宿る隙もない だろうから





... と 言いながら

今日はブログ朋のmayumiさんとランチ
b0150335_1942547.jpg


いくら話しても話し足りない

黙ってることなんて できるのか?
私...

[PR]



by cocomerita | 2011-01-15 19:23 | | Trackback | Comments(42)

どいつもこいつもサラリーマン

年の始めに腹が立つ メデイアと菅との持ちつ持たれつ

b0150335_22453987.jpg

私が
どいつもこいつもサラリーマン 

と ある種の軽蔑をこめて呼ぶ時は

それは 職業差別でもなんでもなく

明らかに 他人のふんどしで相撲を取ってる奴 
を 指す

この 他人のふんどしで相撲を取ってる奴は 
いまや あらゆるところに ごろごろしてる

お給料をもらっていながら それに値する作業を提供しない奴
会社の経費で 飲んだり食ったりし続ける奴ら

現在の真実を伝えることを疎かにしてるメディアしかり

一番多いのが 公共機関

国民が存在する限り
国民の首には その公共機関を支える お金貯蔵所へと 
酸素でもあるお金が  自動的に流れるパイプがしっかり付いている

だから 彼らにはある意味 経済危機は関係ない

普通の会社なら
会社の売上がおもわしくなければ 減給や リストラもありうるが
公共機関に働く人々には そのリスクが 最も少ない

それは政治家しかり

酸素が足りなければ
増税という名で パイプを ちょっと広げる だけで良い

先ず始めに 当然行うべき 節約 を考えることもなく
          パイプをちょっと広げるだけで良い

国民から 簡単に 大事な酸素を奪い
てめーたちは 何もせず 大きな 気もちのよい深呼吸をし続ける

自分の生活を支えているのが 限りある 国民の血税であるという意識がない

意識がないばかりか
その自分の能力のなさを恥じ
自分が運よく もしくは 抜けめなく 勝ち取ったその座に値するべく 
その能力を高めようと努力する 慎ましさと 責任意識もなく

その貧しい能力しか提供できず
国政にダメージしか与えてないくせに

国民はそれに感謝しろと言わんばかりに 威張りまくる

政治家、官僚 ひいては 市長 区長
どいつもこいつも
国民に雇われている 雇われ人 である

雇うほうにも 雇われるほうにも お互いに礼儀はあると思うけど
でも一般的には
お金を払ってるほうが 立場が強く 発言力があるのは 一般の常識です

毎日8時間働きます。と契約したのに、週に2日 4時間しか働かなければ
ふつうは 解雇 です

それが何で
政界にはいると 一般の常識が ものの見事に逆転するのかわからない

今 政治家になるのに必要なもの
1 恐ろしいほどの 面の皮の厚さ
2 てめーの能力もジャッジできないほどの 知性の欠如
3 国民がむしろ主人で あんたは それに雇われてる公僕 
   という厳然たる事実も把握できない 現状把握能力の欠如

 責任感などあっては 彼らの政治活動に 邪魔になるだけ
  よって 責任感は持ってはいけない

政治家こそ
会社という大木の陰によって安堵してはいけない 人々なのに
こいつらは 安堵するどころか 涎たらして居眠り している
この大木からは 自動的に 木からリンゴが落ちてくるので 取りに昇る必要もない

恥ずべき 最悪のサラリーマン は こいつらだ

恥を知れ!!
  ...恥を知ってたら、さっさと辞職してるわなぁ~~

いい加減にしろ!!


このままでいいのかなあ
怒るだけ ってのに もう疲れた

何かやらなきゃいけない気がする
本当に 
何かやらなきゃいけない気がする




b0150335_22341120.jpg
このままでは
日本に夜明けは 到底 やって来ない

[PR]



by cocomerita | 2011-01-07 21:43 | | Trackback | Comments(25)

究極のテーブルセッティング

イタリアのお正月は

    短い

元旦のみで すぐに日常の生活が始まる

やれやれ...



知り合いのイタリア人が 日本人観光客向けに お料理のお教室開きたいそうで

見に来てくれない?

と 友人に 頼まれたから
行ってきた

メニュー カリフラワーのインパナートに
スピナッチのフリッタ―タ ...

b0150335_20464661.jpg

 


あのさーー
私から言わせると、インパナートなんて、フライだし
スピナッチのフリッタ―タって、ただのホウレンソウの卵焼きじゃん

そういうのって教えるもんでも
教わるもんでもない と思うんだけど

そういうことで

 お金とっていいの??

と いうことで お仕事はお断りする

そこでふと思ったのが
今 日本で流行ってるらしい
テーブルセッテイングのお教室 とか言う奴

b0150335_19555862.jpg


この間も 日本で友人と話したんだけど
ああいうことをお仕事にしてる人って
海外2-3年、長くても5年未満在住って人が多い

まあ、それ以上になると
このテーブルセッテイングって奴も 完璧に日常に入り込んでしまって
珍しくも何ともなくなる のかもしれない が

ああいうことって 一から十まで教えることなのかなあ といつも思うのだ

お料理教室って奴もさ
それ相当のこと教えてくれるのならともかく

カポナータなんて ただの八宝菜じゃん と思ってる私は
そういうもんを ただ相手がイタリアン知らないってだけで
厳かに もったいぶって 教えて
お金なんていただいていいのかな―― と思う  わけよ

私的には ちょっと エセ

そんなのただで教えてあげるよ の世界だからさ

私的に言うと
究極のテーブルセッテイング っていうのは

田舎に行った時に
あの田舎のおばちゃん達がさー

さ―ー 喰え 喰え
      全部喰え 


と テーブルじゅう セッティングも何もなく
お野菜の煮物だの
お赤飯だのの大皿で いっぱいにしてくれた

b0150335_19562590.jpg

あの お膳 だと思ってるんで


何を ビジネスにしてお金をいただくかはそれぞれの勝手だけど
私はこういうことには
関わりたくない 

 新年早々君も相変わらず
    仕事を選ぶねえ
 と紹介してくれた友人 苦り顔

通訳業界も一緒
一日何時間と決まってて
それぞれのタリフがあって ギャラをいただく
追加になると一時間につき何千円 と ギャラが加算される

お食事に付き合うと いくら

私はそれがいやで
そういうのをもらったことがない

私が行きたいと思うのなら お食事も付き合うし
一日のギャラを払ってもらったら
仕事が終わるまで 何時まででも付き合いますよ

自分の胸元にタクシーのメーター下げてるように
時間でカチカチ料金上がるなんて
そんなのなんか 世知辛くて 淋しくなる

て ことで

今年も


武士は食わねど高楊枝
b0150335_2053014.gif



君らの食いぶち くらいは しっかり稼いであげるから
b0150335_21393115.jpg


b0150335_211226.jpg


心配しないでくれたまえ 

[PR]



by cocomerita | 2011-01-02 21:03 | | Trackback | Comments(54)

もし...



もし 

彼が

こうして  世界に語りかける ことが可能であったなら




世界はどのようになっていただろうか?


心を打たれる言葉
正直でいればいいのだと勇気づけられる出来事
いるだけで 私も頑張れると思ってしまう そんな素晴らしい人達
そんなモノが 不在の 今日この頃

[PR]



by cocomerita | 2010-12-12 22:47 | | Trackback | Comments(24)

ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
黒い森の白いくまさん
MU PHOTO
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに。。    ...
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
オトナの社会科・中東から...
俺の心旅
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live
明日をもっと楽しく!した...

最新のコメント

Ciao けいさん そ..
by cocomerita at 05:25
同窓会70歳を最後に解散..
by けい at 09:37
Ciao hanaren..
by cocomerita at 21:35
junkoさんの会いたい..
by hanarenge2 at 19:32
Ciao antsuan..
by cocomerita at 14:41
Ciao saheizi..
by cocomerita at 14:38
みんなで一緒に年をとれば..
by antsuan at 13:29
私は会社の同期会をずっと..
by saheizi-inokori at 09:41
Ciao Takeoさん..
by cocomerita at 06:49
Ciao Takeoさん..
by cocomerita at 06:12

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル