私がローマで独りで始めたわけ 

<   2018年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧




日本で ここまでできるだろうか? アルメニアの市民革命


小国アルメニア、抗議デモで強権と腐敗から国を救う



b0150335_01453936.jpeg




<長期政権を敷いたあげく、憲法改正の国民投票を強行して、さらに独裁を続けようとしたサルキシャン前大統領に、国民の力を見せつけた>

南コーカサスにある旧ソ連構成国のアルメニアでは4月23日、セルジ・サルキシャン首相が辞任を表明。11日間にわたって展開されたデモは、時として抗議デモが政治を変える力を持ち得ることを国際社会に知らしめた。

サルキシャンは、抗議行動を率いた野党指導者の「ニコル・パシニャンが正しく、私は間違っていた」との声明を発表。「首相の座を辞することにした。この国の平和と協調を願っている」とした。


続きは ⬇︎ をクリックしてください



小国アルメニア、抗議デモで強権と腐敗から国を救う
“Newsweek Japan”


治安部隊の一部 および軍隊までもが デモ隊側についた事が転換点となり
サルキシャン大統領の辞任決意を促したのだそうです。



すごいなあ

と 私は少し 羨ましかった のです


日本人に
果たして

ここまで 出来るだろうか? と



沖縄の辺野古 高江で
いくら雇われているとは言え、
正悪も考えることなく
従順に 権力側の手先となって 同じ国民 庶民である県民を征伐する警官の人たち


彼らに尋ねたい



職務を終わり
家に帰って ひと息ついて

これで良いのだろうか?と
あなた方の良心は痛みませんか?




もはや 駅の階段さえ ひとりでは 上れないであろう
飽食に緩んだ肉体と 悪企みに蝕まれた精神の、
あの腐った政治家たちは


彼らのような従順な歩兵たちがいなければ
何もできないのでしょうから


いっそのこと こうして 彼らの手先になって
なにかと国民を制圧する 警察官の人たちが
一二の三 で ヤーメタ! と 言ってくれたら


相当 面白い



日本に住んでいる、心ある人たちが
安倍政権を倒そうと 躍起になって
来る日も来る日も デモを続けてくれていますが

そのご苦労と求めるところは 理解できても
私は その怒りに参加できず 静観しています
日本の人たちが いよいよ デモをやっているぞー と嬉しく思うはずが
全然嬉しくない のです



どうも私は怒りの湧きどころが 人と違うらしいです


私は 政治家の行う賄賂には あまり腹が立ちません

政治家の汚職 賄賂なんて 言ってみれば 彼らの日常な訳で
もはや 朝のおはよう
もしくは 息をするに等しいわけで
ちっちゃな汚職 賄賂なんて
おそらく ほとんどの政治家が とりわけ選挙区の地元では
お裾分けと 同じ軽さで行なっているのだ と思いますし

頼んだ人も少なからずいるはずで
金額が少ないなら良くて 大金になったらいけない と言う理屈は通らない


確かに
今回のような大金を
福島や、熊本の人たちのために 使って欲しい
そして
そんなお金があるなら 広島のまだ認定されていない被爆者の人たちを
ちゃんと認定してくれればいいのに


とは 思うけど


安倍さんや麻生さんを倒しても
それで終わる訳ではない わけで


日本の国の頭上に陣取って
見えない服従 および支配を強いているアメリカというものをどうにかしないと



首相も大臣も 金太郎飴同様
安倍さん居なくなったって
また彼と同じような ポチ総理しか選ばれない
選んでいるのは 日本国ではない訳ですから



そうして
こうやって みんなが 安倍さんを目の敵にして
彼に集中して 怒っている間に
この混乱に紛れて 放送法の改正とか 東京都迷惑防止条例の改正とかが
粛々と まんまと そしてこっそり 進められているわけで、、

なんだか逆に嵌められている気もしたりします



そして
誤解は招きたくはありませんし
デモが無駄だと言っているわけでも
暴力を奨励しているわけでもありませんが


でもお行儀の良いデモってそれでもデモなのかなあと ふと思います

お行儀の良さの中に、リスクを冒さない範囲で 納めている
波風を必要以上に立てない方が良かろうという、ある種のさじ加減がないか?
そしてそのさじ加減がある限り
デモはデモの本質を貫ききれないのではないか と。


そして
私が なによりも 腑に落ちないのは



なぜ
福島原発で起きた惨事の後、家も家族も仕事も つまり過去も未来も根こそぎ奪われた沢山の人たちが、加害者でもある国から 不当な扱いを受け続けていた時
そして
福島の自主避難の人たちの住宅補助が打ち切られた時



人々はここまで 怒らなかったのか? ってこと
そこで 私は少し哀しくなります



国と電力会社との巨大な癒着が引き起こした
その事故の被害者への軽視
そして 引き続き
加害者である政府から 合法を装い 行われている人権侵害行為

沖縄然り

遵守されるべき 国民としての 「普通に 暮らす」権利を こうして堂々と侵されている人々が この狭い国土の中で必死に闘っているというのに


そっちの方が
私にとっては
はるかに 「怒る」 に 値します


だって人権ですから

何度も言ってるけど
福島で被災した人たちの人権を
沖縄の人たちの人権を
広島の人たちの人権を 尊重できない国家が


あなたの人権 私の人権を重んじる 訳がない

この事は 国家の基本的体質における重大な問題です



遠い国に住んでいますので
デモに参加してる訳でもないので
他人事、何もしないくせに
何言ってヤンデエ と言われても仕方ないけど



私は最近 至る所で見、聞き、読み 感じる その怒りや憎しみが
なぜか とても痛くて いたたまれない気持ちになります




もしガンジーさんが 権力側のイギリスに 対して
彼のがんとした 徹底した「非服従」という主義を
切羽詰まった者の持つ「強さ」で 貫き通すこと なく
「非暴力」でありながら 自らのリスクを冒す こと なく

怒りと憎しみだけで 闘ったとしたら
インドの 独立は なし得なかったと思うので。





最後に
人は 権力とお金に、なぜか弱いものです
アルメニアの新しいリーダー ニコル パシニャン氏 が その甘い罠にはまり
前首相の同じ轍を踏む事なく


新しい 自由で豊かなアルメニアを
国民の意思と共に、築きあげてほしいと祈ります


















[PR]



by cocomerita | 2018-04-29 14:59 | 愚政府に物申す | Trackback | Comments(26)

クラス会のお知らせが来たらしい

クラス会のお知らせが届いたらしい


ちなみに
私はクラス会が嫌いなので
一度も参加したことはありません


あの頃の友人たちの 小学生や中学生の顔を
今の彼らの おじさんやおばさんの顔に重ね合わせて 見なければいけない


って事は

当然 自分もそう見られるのであり
だから 気恥ずかしくもあり
昔の良くも悪くもある記憶が 台無しになる気がして
私の記憶の中に居るあの子達は
決しておじさんおばさんであってはいけない のです



わざわざ 覗いて見なくてもいいもの ってある。 んです
少なくとも私の中では



私が会いたいなあと思う子達は
みんな 行方不明者のリストに載っている子です
実は私も本来なら 行方不明者リストに 載せられていたはずが
実家の近所にずっと仲良くしている同級生がいて
彼が参加した時に 彼女はイタリアにいますから来れません。と
言ってくれたらしく
辛うじて 行方不明者と称されるのを免れました


会いたい顔は、クラス会をいそいそ企画する人たちではなく
こうして 行方不明になってるままの子達で
そう言えば
あの頃から みんな 群れてなかった

もちろん私も


そう思い出しました



私が大好きだった 寡黙で決して群れない林くんや
絵の具が買えないので、
美術の時間にはいつも私の横にひっそりやって来た策ちゃんや
すごくやさしいいい子なのに、義母のお母さんに有る事無い事でっち上げられ、
施設に送られた、、 名前忘れた、、顔ははっきり覚えてるのに、、
2ヶ月くらいしか一緒に居られなかったけど

あ、横山さん
そうそう そういう名前だった


会いたい人はそんなにたくさん居ない


担任の小林先生には会いたいけど
彼ひとりに会うために
あえて こういう集まりに参加する。気にはなれず

去年手紙を書きました


イタリアに住んでいるということ
小学四年生の時に
小山くんから虐められていた私に
「 気にする事ないぞ、あいつはお前のことが好きだから わざとやってるんだから」

と言ってくれた 事
虐められることは 別に対して気にはしていなかったけど
ちゃんと 見てくれているんだなという事が嬉しかった という事

そして
先生みたいに こうして生徒の一人一人をちゃんと見てくれている教師がもっといたら
虐めや
そして虐めで自ら命を絶つようなところまで追い詰められる子供は少なくなると思います
ありがとうございました


と 書きました


小林先生は多分もうおじいさんで
私がおばさんになってるように
みんな それぞれ おじさん おばさんになっている と思うと
やっぱり 少し お尻がこそばゆい気分で



やっぱり 会いたい彼らにも 会わない方がいいかもしれない
と思います




林くんが、変なおっちゃんになってたら嫌だもの



b0150335_08281421.jpeg


ローマにも やっと春























[PR]



by cocomerita | 2018-04-18 09:04 | | Trackback | Comments(20)

空気なんて読まない

少し前から
日本では
「空気を読む」という言葉 がもてはやされ

この国の日本語を愛さない人々は
早速 この言葉を KY (ケーワイ) などという
見るも聴くも無残でチャチな短縮語に

変換した



言葉は、一字一句 丁寧にはっきり そして最後まで きちんと発音するものなのだ


曖昧で緩い人間ほど
平気で 曖昧な文章を書き
曖昧な言葉を発する


政治家、官僚がその最たるもので
麻生さんの発する言葉においては お馬鹿が露呈され過ぎて 苦笑しか浮かばないし
安倍さんは、日本語を小馬鹿にし 侮辱している最たる人だ



「空気を読む」


クソ喰らえ
あなたに言われる筋合いはない


私は
少なくとも子供に「空気を読め」とは教えたくない


私たちに「空気を読む」事を求めるのは
概して 空気を読まれて便利な人々 だからだ



つまり能力も人望もないのに やたら威張り散らし チヤホヤされたい政治家 や 会社の上司
威張ってるばかりで 全く生徒に愛されていない学校の教師
どっかのボランティア団体の「人助けやってる 私は良い人」を表情に漂わせ
インテリという空気を 香水でもあるかのように慇懃無礼に纏う人々
気難しい、と言えば 聴こえは良いが、ただの自己中のわがままな ご近所人


つまり 相手の真意を聴きたくない人々
つまり なんでも自分の思うように動かしたい人々


私の聴きたくない言葉は 言ってくれるな
私の聴きたくない言葉は言ってくれるな


私が望んでいる事を黙ってやれ
私が望んでいる事を


黙って さっさと やれ


お互いに信頼のある人たちの中では、わざわざ「空気を読む」なんて行為は、
必要ない
互いに悪意がないと知っているから
互いに 気軽に
互いに 率直に その考えを言い合って
万が一
鱗に触れる発言があった としたら
その場でそれはどういうことか? と尋ねればよい

やってほしい事があったら やってくれる? といえば良い

こっそり傷ついて
不満を溜めて
あの人にあんなこと言われたとか
ああして欲しかった とか 恨みがましく 第三者に愚痴る必要などない


空気を読むという事は 本来の意味は違っても
今の世では ( お得な) 風向きを読み
その場を誰が仕切っているか (その)臭いを嗅ぎ

そして
そこで 上手く立ち回れという事


私たちが そうやって うまく立ち回ろうとした時点で
そこに本当の信頼関係、本当の人間関係が培われる可能性は著しく減る

相手の顔色を伺って おどおど接し
そつのない言葉を選んで いる限り
互いに 心から分かり合うこと はない


本当に 大好きな人と 本当にわかりあいたいと思ったら






b0150335_05192546.jpeg


下手な小細工など しない に限る




















[PR]



by cocomerita | 2018-04-11 14:37 | 毒を吐く | Trackback | Comments(25)

ソウイフ国デワタシハ死ニタイ 〜 高畑勲監督の言葉を心して聴く

「 火垂るの墓」 「平成狸合戦ぽんぽこ」「かぐや姫の物語」 の高畑勲監督が亡くなった
享年 82歳

b0150335_20142937.jpeg




監督は「戦争のできる国」造りをなんとか止めようと活動していたと言います。

2014年には特定秘密保護法に反対するデモに参加し、その後もデモへの参加は継続、15年の安保法制の際には講演会などでメッセージを発信し、また、沖縄基地問題にも精力的に関わり

 16年には、実際に辺野古と高江に足を運び、警視庁機動隊員の派遣中止を東京都公安委員会に勧告するよう求める住民監査請求に請求人のひとりとして参加。

その年の年末には、高江ヘリパッド建設中止を求めるアメリカ大統領宛の緊急公開書簡の賛同者にも名を連ねた と言います





「『火垂るの墓』は反戦映画と評されますが、反戦映画が戦争を起こさないため、止めるためのものであるなら、あの作品はそうした役には立たないのではないか」

「攻め込まれてひどい目に遭った経験をいくら伝えても、これからの戦争を止める力にはなりにくいのではないか。
なぜか。
為政者が次なる戦争を始める時は
「そういう目に遭わないために戦争をするのだ」と言うに決まっているからです。自衛のための戦争だ、と。
惨禍を繰り返したくないという切実な思いを利用し、感情に訴えかけてくる」

神奈川新聞 15年1月1日付


b0150335_20151954.jpeg



「『火垂るの墓』のようなものが戦争を食い止めることはできないだろう。それは、ずっと思っています。
戦争というのはどんな形で始まるのか。情に訴えて涙を流させれば、何かの役にたつか。感情というのはすぐに、あっと言うまに変わってしまう危険性のあるもの。
心とか情というのは、人間にとってものすごく大事なものではあるけれども、しかし、平気で変わってしまう。
何が支えてくれるかというと、やはり『理性』だと思うんです。
戦争がどうやって起こっていくのかについて学ぶことが、結局、それを止めるための大きな力になる」

東京・ポレポレ東中野で行われた、映画監督・三上智恵氏とのトークイベント
昨年4月


b0150335_20170529.jpeg



「政府が戦争のできる国にしようというときに“ズルズル体質”があったら、ズルズルといっちゃう。戦争のできる国になったとたんに、戦争をしないでいいのに、つい、しちゃったりするんです

「日本は島国で、みんな仲良くやっていきたい。『空気を読み』ながら。
そういう人間たちはですね、
国が戦争に向かい始めたら、『もう勝ってもらうしかないじゃないか!』となるんです。
わかりますか? 
負けちゃったら大変ですよ。敗戦国としてひどい目にあう。
だから『前は勝てっこないなんて言っていたけれど、もう勝ってもらうしかない』となるんです」

東京都武蔵野市での講演会にて
15年7月

b0150335_20235543.jpeg


「『戦争をしたとしても、あのような失敗はしない。われわれはもっと賢くやる。70年前とは時代が違う』とも言うでしょう。
本当でしょうか。
私たちは戦争中の人と比べて進歩したでしょうか。
3・11で安全神話が崩れた後の原発をめぐる為政者の対応をみても、
そうは思えません。
成り行きでずるずるいくだけで、人々が仕方がないと諦めるところへいつの間にかもっていく。
あの戦争の負け方と同じです」

神奈川新聞

b0150335_20174296.jpeg




「『普通の国』なんかになる必要はない。
ユニークな国であり続けるべきです。
戦争ができる国になったら、必ず戦争をする国になってしまう。
閣議決定で集団的自衛権の行使を認めることによって9条は突如、突破された。私たちはかつてない驚くべき危機に直面しているのではないでしょうか。あの戦争を知っている人なら分かる。
戦争が始まる前、つまり、いまが大事です。
始めてしまえば、私たちは流されてしまう。だから小さな歯止めではなく、絶対的な歯止めが必要なのです。それが9条だった」

神奈川新聞

b0150335_20243544.jpeg



「なんとかしなきゃと言いながら、無力感が強いですね。
安倍政権には(自衛隊南スーダン派遣の)日誌のことも、森友学園も、すごい不祥事が続いていて、でも、なんでそんなことになっているのかを考えたら、えらいことでしょう? 
『政権を維持するため』ですよね、簡単に言えば。忖度であれ、なんであれ、どういうメカニズムかは知りません。もちろん、それは改善する必要があるんでしょうが、しかしどっちにしても、それを支えようという力があれだけ働いているのが露骨にわかるにもかかわらず、これで崩れないというのは、もうちょっと考えられない。本当に信じられない

昨年4月の映画監督・三上智恵氏とのトークイベント にて




そして 彼は去年の年賀状にこう記す


皆さまがお健やかにお暮らしなされますようお祈りします
公平で、自由で、仲良く、平穏な生活ができる国
海外の戦争に介入せず
国にどこにも原発と外国の部隊がいない
賢明強靭な外交で平和を維持する国
サウイフ国デ ワタシハ死ニタイ です



サウイフ国デワタシモ死ニタイ です







b0150335_20140267.jpeg


高畑監督の無念が晴れ
彼が冥土でのんびりできる日がやって来るのだろうか



この記事は literaに掲載された記事を元に書かせていただきました















[PR]



by cocomerita | 2018-04-07 21:41 | 戦争反対 | Trackback | Comments(19)

朝の思考

こちらは 先週末から夏時間

今まで8時だったのが、自動的に9時になる
つまり1時間損する勘定です


お陰で
夜の7時でも 外は明るい
2、3日前の6時だったわけですから、、 当たり前か


それで
また時が経った。とは思えるけど

空気が緩んできたり
雑草が急に目につくようになったし
うちの亀も冬眠から目覚めたし



人間が無理やり作る 夏時間よりも
亀が目覚める亀時計や
雑草が大地から感じる草時計

のが 信憑性に溢れてて 感じが良い


待ちに待ったイースター休暇に入り
公然と朝寝坊できるって言うのに
この習慣ってやつは恐ろしいもので
朝の7時にぱっちり目が覚める


体内時計と言うけれど
これって どこにあって 何が操作してるのか


私の時計は
果たして 春を感じてるのか? と考える



私は目覚めたけど
猫たちは それぞれの位置に陣取り ピクリともしない


不二子は 私の首の上 狐の襟巻き状態で寝てるし
スウィットは 私の足の間 で寝てる


ので
起こすのが忍びないので
ベッドの中で うつらうつら 半睡状態で 思考を遊ばせる


窓から外の木や空を見ながら 考えた



ノアの方舟

私がノアだったら
動物も虫も植物も木も みんなお付いで乗せるけど
人間だけは乗せない、、、だろう


私 ノアは それらの生き物のお世話係で
一人だから生殖活動も行わない
だから 私が死んだら 人間という種は 地上には


残らない


b0150335_17092900.jpeg



そうすれば 無事に まんまと

地上天国が出来上がる



b0150335_17125763.jpeg


今安倍政権が 官僚も巻き込んで大騒ぎで



彼らって 見れば見るほど 醜い面構えの人々だなあと 思う
質問に答える 官僚の周りに 小性のように かしづく人々の

気概も感情も すでに殺してしまったかのような 爪楊枝の先にくっついてる
ただの印 のような無感情な顔にも

人間って
どう転んでも 美しくは生きれない

真っ直ぐに
自然の摂理に沿っては 生きれない動物なんだな


彼らの発言と一緒に 空中に吐き出される毒を持った息も

いや 違う 毒さえ 潜まない ただの臭い息だ



こんなに 無駄に醜い そして根性の腐った動物は 今まで 見たことがない



だから
ノアの舟には 絶対に乗せない








































[PR]



by cocomerita | 2018-04-03 21:04 | | Trackback | Comments(26)

ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
黒い森の白いくまさん
MU PHOTO
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに。。    ...
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
オトナの社会科・中東から...
俺の心旅
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live
明日をもっと楽しく!した...
父ちゃん坊やの普通の写真その3

最新のコメント

Ciao saheizi..
by cocomerita at 21:33
大掃除が終わったところで..
by saheizi-inokori at 20:59
Ciao Dekoさん ..
by cocomerita at 03:59
Ciao anohiwa..
by cocomerita at 03:52
Ciao hisakoさ..
by cocomerita at 03:47
こんばんは 素晴らしい..
by Deko at 20:38
何かを成し遂げる事って ..
by anohiwa at 20:30
Junkoさん 良き友..
by hisako-baaba at 14:32
Ciao saheizi..
by cocomerita at 15:21
銀キノコって、どんなの?..
by saheizi-inokori at 09:47

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル